ごじゃ満開

いすみ市内外の隠れた情報と
ちょっとしたエッセイ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワイドに 東京優駿(日本ダービー)

2016-05-28 18:22:11 | ワイドに攻める馬券講座
5/8NHKマイルカップ

撃沈。

翌週から
本腰入れて
予想する時間がなく、
ブログアップすることが
できませんでした。

当予想コーナーの
数少ないファンの方々には
たいへん申し訳なく思います。

ほんとスミマセン。

5/15ヴィクトリアマイル
5/22優駿牝馬(オークス)

たいした予想もせず
ちょろっと買ってみたが
案の定、
共に撃沈。
(馬券画像はありません)

「やらなきゃいいのに」

と自分でも思う。

でも、
今週はダービー。

やるよ。

5月29日(日)
2回東京12日 10R
第83回
東京優駿(日本ダービー)(GI)
芝2400m 左回り
発走15:40

優勝した馬の共通点を
自分なりに調べてみた。

・連勝経験がある
・騎手乗り代わりではない

この2つの事項を
満たしているのは

(1)ディーマジェスティ
(3)マカヒキ
(5)エアスピネル
(8)サトノダイヤモンド
(9)マウントロブソン
(10)スマートオーディン
(11)アジュールローズ
(12)リオンディーズ
(13)レッドエルディスト
(14)ヴァンキッシュラン

ん~、
10頭もいる。

大混戦だ。

どう絞るか・・・

過去30年の記録を見直した。

前述の
「騎手乗り代わりではない」
に加えて、
「騎手の騎乗回数」
に注視。

・日本人騎手ならば同じ騎手で3回以上
・外国人騎手ならば同じ騎手で2回以上
・または「外国人ひと括り」で3回以上

必ずいずれかに当てはまる。

上記10頭から
これらに該当するのは、

(1)ディーマジェスティ(蛯名4回)
(5)エアスピネル(武5回)
(8)サトノダイヤモンド(ルメール4回)
(9)マウントロブソン(外国人4人で4回)
(12)リオンディーズ(Mデムーロ3回)

過去20年を
見直してみたら、
2007年勝馬
ウォッカ(牝)を除く19頭は
すべて芝1800m以上の
オープンクラス以上のレースで
勝っていた。
ちなみに、
そのウォッカの父
タニノギムレットも
2002年のダービー馬である。

(1)ディーマジェスティ
(3)マカヒキ
(8)サトノダイヤモンド
(9)マウントロブソン
(10)スマートオーディン
(14)ヴァンキッシュラン
(17)プロフェット

さらには、
過去10年の勝馬の
オープン特別以上のレースで
「上がり3Fメンバー中最速」
というレースが
1度でもあったことが判明。

それに当てはまるのは、

(1)ディーマジェスティ
(3)マカヒキ
(5)エアスピネル
(7)ロードクエスト
(8)サトノダイヤモンド
(10)スマートオーディン
(12)リオンディーズ
(13)レッドエルディスト
(18)プロディガルサン

上記条件に
すべて名前が挙がったのは
(1)ディーマジェスティ
(8)サトノダイヤモンド
次いで
(3)マカヒキ
(5)エアスピネル
(9)マウントロブソン
(10)スマートオーディン
(12)リオンディーズ

この条件で
素直にやれば

馬連
(1)-(8)

三連複2頭軸
(1)(8)-(3)(5)(9)(10)(12)

が本線予想。
   
だがしかし、
競馬の祭典「日本ダービー」!

「伊勢志摩サミット」
もやったことだし、
一発狙ってみっか!

◎(12)リオンディーズ
○(5)エアスピネル

この2頭は
昨年暮れの朝日杯FS(GI)で
1着リオンディーズ
2着エアスピネル
だった。
2頭とも
1800m以上の重賞レースは
未勝利なのだが、
父は同じ
2004年ダービー馬の
キングカメハメハ。
母はなんと、
2005年オークスで
タイム差なし
クビ差の1、2着の、

1着シーザリオ(リオンディーズ)
2着エアメサイア(エアスピネル)

である。

なんだか
因縁めいたものを感じる。

前走の皐月賞では
この2頭は
脚を余しての4着5着。

血統的には
距離は問題ないはずで、
むしろ、
距離延長は大歓迎だ。

馬連(5)(12)

「5+12=17」

「ジュウナナ」

「ジィナナ」

「G7」

それに
サミット議長
安倍晋三の「三」

▲(3)マカヒキ

ワイドボックス
(3)(5)(12)

今回は
こんな予想です。

スミマセン。
コメント   この記事についてブログを書く
« ワイドに NHKマイルカップ | トップ | 横断幕~鹿児島から~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワイドに攻める馬券講座」カテゴリの最新記事