ごじゃ満開

いすみ市内外の隠れた情報と
ちょっとしたエッセイ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワイドに 皐月賞

2016-04-16 07:27:03 | ワイドに攻める馬券講座
まずは、
熊本地震で
被害に遭われた方々に
お見舞い申し上げます。

救助活動や復旧作業等に
ご尽力されてる方々に
労いの意と敬意を表します。

------------------------

先週の桜花賞は
辛(カラ)くも
2着3着のワイド的中。

1着(13)ジュエラー
馬体重494kgに絞ってきた。
やられちゃいました。

さて、
今週は
牡馬クラッシック第一弾。

チマタでは、
3強だか4強だかと
言っているが、
はたしてどうだか。

4月17日(日)
3回中山8日 11R
第76回
皐月賞(GI)
芝2000m 右回り
発走15:40

お天気悪そうね。

過去の皐月賞、
1980年代まで遡ると、
馬場状態が
稍重・重・不良のときが
8回ある。
そのとき1着となった
馬8頭の共通点を
見出してみた。

【1】前走
芝1800m重賞勝ち
芝2000mOP勝ち
芝2000m重賞連対
いずれかに該当。
かつ、
負けがあっても
掲示板(5着以内)を
はずさない堅実さが必要。
これは、
良馬場でもほぼ同様。
少々甘く見て、
芝1800以上の重賞で
勝馬から0.2秒以内の
着差であれば及第点。

【2】2歳デビュー
1985年のミホシンザン以外、
全ての馬が
2歳でデビューしている。
ただし、
ミホシンザンは
1985年1月デビューで
新馬戦を勝っている。

【3】朝日杯不出走
全ての馬が
2歳チャンピオンを決める
前年の朝日杯に
出走していない。

上記すべて
クリアしたのは、
(3)マカヒキ
(4)アドマイヤダイオウ
(5)マウントロブソン
(11)サトノダイヤモンド
(13)プロフェット
(14)ロードクエスト
(18)ディーマジェスティ
以上の7頭。

ここから消去法。

前走とのレース間隔は
同年2月第2週以降に
出走していることが条件。
それ以前は消し。
(11)サトノダイヤモンド
(13)プロフェット

さらに、
東京・中山の出走経験の有無。
関西馬であっても
関東初上陸は消し。
(4)アドマイヤダイオウ

さらにさらに、
2戦目以降、
東京・中山・京都・阪神の
4大競馬場以外で
出走した馬も消し。
(5)マウントロブソン
(14)ロードクエスト

あともうひとつ、
「2戦目には勝鞍」
デビュー3戦目以降での
初勝利は残念ながら消し。
(18)ディーマジェスティ

はい、
残りました。
1着大本命!
◎(3)マカヒキ

以下、
上記7頭のうちから、
東京・中山いずれかにおいて
馬場の悪いレースで
勝った経験のある
○(18)ディーマジェスティ

次いで
▲(5)マウントロブソン

この3頭で勝負だ。
コメント   この記事についてブログを書く
« ワイドに 桜花賞 | トップ | TOKYO 2020 Emblem »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワイドに攻める馬券講座」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事