ごじゃ満開

いすみ市内外の隠れた情報と
ちょっとしたエッセイ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

買いづらい 天皇賞(秋)

2015-10-31 17:05:06 | 買いづらい馬券講座
先週の土日は
セガレどもの
バレーボールの試合で
銚子まで応援。
(遠いっ!)

土曜は予選リーグを
2-0・2-0・2-0で
リーグ1位抜け。

日曜、
なんとか決勝まで上がる。

菊花賞の発走時刻だというのに、
車のラジオも聴ける状態にない。

決勝戦の相手は
苦手とする高校。

2セットを終え1-1。

一進一退の試合展開。

大声出しすぎたか
ノドはガラガラ。

叩きすぎたか
ウチワもメガホンも
キタンキタン。
(ゴメンナサイ)

菊花賞の結果も
気に掛かる。

ハラハラ、
ドキドキ。

そして最終セット、
序盤からリードを許すも
27-25で劇的逆転優勝。

父ちゃん母ちゃんら、
大盛り上がり!

っで、
菊花賞。

先週の予想では、

3連複
(9)アルバートドッグ
(11)リアルスティール
(15)ジュンツバサ

などと言っておきながら、
気になってた2頭
(4)キタサンブラック
(17)リアファル
を付け加えて
5頭のBOX買いをしたら
的中してしまった。


この日は
45歳最後の日。

バレーは優勝するは
菊花賞は的中するはで
良い締めくくりとなった。

さてさて、
46歳最初の予想は
どうなんだ?

11月1日(日)
4回東京9日 11R
第152回
天皇賞(秋)(GI)
芝2000m 右回り
発走15:40

メンバー的には
少々小粒(!?)

人気を背負うのは
武豊騎乗
(9)エイシンヒカリ

ここまで
9戦8勝。

今回がGI初参戦。

デビュー戦を除く8戦は
すべて逃げ戦法。

前3走、
武豊騎乗の逃げで
3連勝。

ん~、
なんだかイヤな予感がする。

「武」で
「逃げ」で
「天皇賞(秋)」

そう、
サイレンススズカの
悪夢を思い出す。

17年前、
あの日のレースも
11月1日。

大本命に推した俺。

にもかかわらず、
あ~だこ~だ、
あ~だこ~だ・・・
(詳しくはWEBで調べて下さい)

(9)エイシンヒカリ
はずせない1頭だが
本命にはし難い。

っじゃ、
本命はというと、
これまた悩む。

過去10年の勝馬の前走、

毎日王冠(GII)(6頭)
札幌記念(GII)(2頭)
宝塚記念(GI)(2頭)

というステップだ。

『勝馬の条件』
として、
前走がこの3つのレース
いずれかに出走していた、
というのを必須としよう。
ただし、
2ケタ着順は除く。

あてはまるのは

(1)(2)(5)(7)(9)(12)(13)(14)(16)

の9頭。

ここで
期待の1頭は
(16)イスラボニータ

昨年の皐月賞馬。
7ヶ月の休み明けを叩いた
前走の毎日王冠。
3着に甘んじるも
勝馬から0.2秒差。
そのレースの勝馬は
エイシンヒカリ。
そのときの斤量は
エイシンヒカリ56kg
イスラボニータ57kg
今回は定量58kg。
(3歳牡馬と牝馬は56kg)
上がり3Fは
イスラボニータのほうが
速かった。

「おしっ!イケル!!」
と思ったのが
枠順発表前。

東京2000m不利とされる
外8枠に入ってしまった。

ここ10年、
8枠の馬は
3着すらない。

「ん~・・・」

あらためて
自分なりにデータを解析。

「おゃ?」

騎手、
前走と同じ、
もしくは
乗り替わったとしても
外国人騎手のテン乗り。

上記9頭、
コレにあてはまるのは、

(1)(2)(9)(12)(13)(14)(16)

の7頭。

っで、
勝馬の馬齢は4歳か5歳。
※例外2009年カンパニー(8歳)

(9)(12)(14)(16)

で4頭。

レース中の位置取りは
中団もしくは
中団からやや後方。

(12)(14)

あ、
人気薄2頭。

っで、
この2頭での
芝2000m実績と
左回りの適正が
どちらが上かというと、

(12)ダービーフィズ

決定しました。

父ジャングルポケット
(父の父トニービン)
母マンハッタンフィズ
(母の全兄マンハッタンカフェ)
という、
タフな左回りには
モッテコイの血統。

乗り替わりで
C.デムーロ騎手。

1着の条件としては
大穴です。

ということで、

◎(12)ダービーフィズ
○(9)エイシンヒカリ
▲(1)ディサイファ
外そうと思った
△(16)イスラボニータ
そんでもって
△(14)ステファノス


え?
今年に入って
宝塚記念を含めて
重賞5勝をマークした
(8)ラブリーデイ
ですか?
ふふん、
東京コースでは
芝1800m以上の重賞で
3着すらないですよ。
おもいきって
馬券から除外します。

ははん、
なんてな。

当たるワケねっぺ。
コメント

買いづらい 菊花賞

2015-10-23 19:59:51 | 買いづらい馬券講座
前回の投稿が
札幌記念。

いや~、
お久しぶりです。

お楽しみにしている
コアな方々には
大変申し訳ないと存じます。

この秋のGI、
すでに2戦を消化したが、
その予想すらできない
慌ただしさ。

ちょっと
スイッチ切り替えて
やってみますか。

10月25日(日)
4回京都7日 11R
第76回
菊花賞(GI)
芝3000m 右回り(外)
発走15:40

二冠馬ドゥラメンテ不在で
混戦か!?

王道路線は
皐月賞→ダービー→神戸新聞杯
それに当てはまるのは
(11)リアルスティール
(16)タガノエスプレッソ
2頭のみ。
(16)は2歳時に
朝日杯(GI)にも出走し
弥生賞を経てきた
王道中の王道路線。
だが成績はイマヒトツ。

個人的には
前走セントライト記念を勝った
(4)キタサンブラック
を推したいが、
距離がどうか・・・
父ブラックタイドは
ディープインパクトの全兄。
歴史的名馬と
全く同じ血統なのだが、
どうも距離的に難点がある。
(16)も同じ父。
本命には推しづらい。

別路線組みも
セントライト記念からは
そのキタサンブラックに
負けた奴らばかり。
条件戦勝利組も
斤量の利があったからこそ。
アテにはできない。

満を持して
ダートから芝に転向し、
神戸新聞杯を
逃げ切って勝った
(17)リアファル
淀の3000mを
逃げ切れるのか?
セントライト記念を
逃げ粘って2着に食い込んだ
(8)ミュゼエイリアン
(17)を追走するのか
はたまたテンから行くのか。
逆に
(17)が(8)に行かせて
好位追走か。
最初の3コーナーが
カギとなる。

序盤のペース、
少々速めなら
(1000m通過0.59.0~1.00.0)
ここは、
芝2000m以上の
良馬場のレースで
上がり3Fを
常に34秒台以下で
差してくる馬に注目したい。

(2)サトノラーゼン
(3)タンタアレグリア
(9)アルバートドッグ
(10)ブライトエンブレム
(11)リアルスティール
(15)ジュンツバサ
(17)リアファル

となる。

18頭中7頭。

ここはもう、
軸は、
(11)リアルスティール

以下は、
伏兵注意な様相。

馬柱見てたら、
(9)アルバートドッグ
(15)ジュンツバサ
を推したくなった。

3連複
(9)アルバートドッグ
(11)リアルスティール
(15)ジュンツバサ

さぁ、
あなたの馬券に
この3頭のいずれかを
絡めてみてください。

はい、
残念でした。
コメント

景虎(初代:本田景虎)

2015-10-23 19:24:34 | Weblog
ブログ更新、
2ヶ月も
ほっぽってた。

いけませんね。

さてさて、
今週は菊花賞ですが、
競馬予想ブログは
後回しにして、
ウチの軽トラのお話し。

平成8年、
都内からUターンして
家業に専従。

この地域での生活で、
仕事柄や土地柄、

「やっぱ軽トラ欲しいよな」

と考えるようになる。

平成12年のある日、
仕事の関係で
自動車ディーラーの
店長さんとお話ししてて、
そんなコトを
ポロッと口にしたら、
すぐに見っけてきてくれた。

当時、
太東の梨農家さんが
使用してたものらしい。

ホンダの軽トラ。

初年度登録平成6年。

ホンダの軽トラだから
『本田景虎』(ホンダカゲトラ)
と勝手に命名した。

当時の走行距離は
およそ43000km。

それから15年あまり。

今日現在、
211692km。



・・・、
ずいぶん乗ったな。

ペンチとニッパだけ買いに
秋葉原まで行ったっけ。

現場の田ンくろで
スタックして
泥まみれになったっけ。

スーツ着て
アチコチ行ったっけ。

渋滞の首都高も
強風のアクアラインも
大型にあおられた圏央道も
ガマンで走ったっけ。



ん~ん~、
あれやこれやと
思い出せばキリがない。



以前にもこのブログで
この軽トラがらみの記事を
いくつかアップしたが、
(たとえば2012-05-10
今回でこれが最後であろう。

傷みや不良箇所が
だいぶ目立ってきた。

特に、
ラジエーターまわり。

“ウォーターポンプ”の不良。

水漏れもあり、
冷却水が循環しなくなった。

このところ毎日々々、
水を足しながら
ダマシダマシ乗ったが、
ちょっと走っただけで
異臭がする。

エンジンが焼けている。

さすがにもう限界である。

車検は
来年の9月まであるが、

「・・・、っしゃぁねぇな」

と決意した。



つい最近、
地元の情報通のある人と
この軽トラの話をしたら、

「おぅ、あそへ使ってねぇのがあるお」

って教えてくれた。

近所である。

早速、
その軽トラの持ち主に
話してみると、

「おう、持ってってイイよ」

と即答された。

っで、
持って来ちゃった。


この続きは
近々にアップします。
コメント