goo

オスプレイも出現-駿河湾、沼津で動き

※この記事は、(旧題)「駿河湾、沼津で今沢基地使用の広報」を加筆修正したものです。

本日夕刻、沼津市役所から住民に向けて次の広報が出されました。

基地と言っても、砂浜しか無い所なので上陸演習かと思いますが、住民に周知する間もほとんどなく、こうも唐突に訓練を始める理由とはいったい何なのでしょうか?

◆放送日
 平成31年1月28日(月)及び30日(水)、17時10分 放送
◆放送対象地域
 原東、片浜、今沢、第二、第三、第四、我入道、静浦、内浦、西浦、戸田
◆内容
 市役所からお知らせします。明日、海上自衛隊が今沢基地を使用します。駿河湾で操業する船舶は、自衛隊の船に接近しないようご注意下さい。
担当課:総務課


 
 上動画は昨年1月に今沢基地で揚陸訓練を行ったときのもの

 
 昨年12月、沼津上空を飛行するオスプレイ
 在日米軍横田基地所属機、もしくは米海兵隊機と思われる
 https://youtu.be/CpNLJ0P76_M

 
 オスプレイの拡大写真。ローターを横向きにして水平飛行している
 2018年12月5日 沼津市内浦湾岸にて筆者撮影

海上自衛隊の動きがここに来て活発になってるのは何故か?また、現地報告者の話では、ヘリコプターや航空機の編隊飛行、明らかに在日米軍の航空機も頻繁に目撃されるようになっています。

昨年10月、やはり突然決まったオスプレイの米軍横田基地への配備は、現在駿河湾で進行している何かと関係があるのでしょうか?なお、上記の動画及び写真は、筆者がたまたま現地調査に訪れた時に撮影したものです。

まるでこの動きと歩調を合わすかのように、上記動画の撮影場所、沼津市の内浦湾を舞台にするアニメアイドルグループ「ラブライブ サンシャイン Aqours」の露出が、昨年暮れのNHK紅白歌合戦出場から、今月正月休みの映画公開、そして東京の山手線でラッピング電車を走らすなど、かなりの資本を投下して行われているのが気になります。
 
 都会に現れたラッピング電車。このアニメキャラに莫大な資金投下を行う理由は?


何にせよ、今年は駿河湾から目が離せない年になりそうです。現地に揚陸訓練を見学に行かれる方は、

 訓練隊員が本当に日本人なのか?

よく観察しておいてください。どんなに日本人隊員に似せても、どこか修正できない癖は残るものです。

 
 「エコノミスト2019 世界はこうなる」で表紙になった駿河湾から見た富士山


(新)ブログ関連記事
 最近、沼津市で起きてる動き
 ・駿河湾、沼津沖で不穏な動き
 ・駿河湾、沼津沖で不穏な動き(2)
 ・駿河湾、沼津沖で不穏な動き(3)
 ・駿河湾、沼津沖で不穏な動き(4)

 エコノミスト表紙と駿河湾
 ・エコノミスト2019-表紙の解読
 ・Que Rêvait Le Grand Shogun? (仏語記事)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 韓国海軍レー... 123便事件と芸... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   新規登録