goo

呪いの映画とその仕組

一昨日出演したLIVE放送で「11月計画」の話題を取り上げましたが、その計画がどのような呪術的コンセプトで組み立てられていたのかまではお話できていませんでした。

それを集約したのが以下の図です。


図:あの映画を既にご覧ならもうお分かりですよね?

申し訳ありませんが、もう2度とこの仕組が使われることはないでしょう。

目くらましを含め準備は周到だったようですが、そういうのはもう通用しないと思いますよ。関係者はお疲れ様でした。

 関連記事:
 ・すずめの戸締まりは令和のドラえもん
 ・金閣下、ご返信ありがとうございます
 ・廃墟で振り返る少女
 ・ライブ出演資料の配布

急かずとも弥勒の御代となりぬれば 別たつ宮の会うぞたのしき


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Au Moins Cent Morts?

C'était un petit tremblement de terre qui attirait à peine notre attention et intérêt. Si vous pouvez voir l'état du sous-sol à l'épicentre, cependant, vous pourriez vous rendre compte que notre monde est profondément lié à un autre monde, ≪Le sous-sol≫.


L'épicentre


L'épicentre est situé au pied ouest du mont Hakkoda


Commentaires sur Twitter :
≪J'ai senti que c'était probablement une explosion qui s'était produite sous le sol. Ça a l'air effrayant, ça va?≫
≪Quelque chose est drôle. Ce n'était pas un tremblement de terre de niveau 1. Il doit être fabriqué par des fantômes d'Hakkoda.≫


La carte du futur plan de construction de la production d'énergies éoliennes dans la préfecture d'Aomori


Tsugaru est devenu la Mecque de la production d'énergie éolienne.

秋田・青森の海岸線、山麓が巨大な羽状構造物の建設ラッシュで何やら凄いことになっています。

しかし、不思議ですよね、水やガスじゃあるまいし交流電気は単純に合成なんてできないし、そもそも大電流の長距離送電は不可能なんです。つまり電力需要の無い所に建設するのは物凄く非効率というか、無意味です。じゃあ、いったい何のために北の果ての人気のない場所にドンツク建てているのか?

よく考えればその理由は極めて明瞭です。もっともそれを理解するためには、もう一つのまだ見ぬ世界を知らなければなりませんが。

 関連記事:風力発電で電力消費

最後に、日本国籍はない人たちかもしれませんが、今回の犠牲者には心よりご冥福をお祈り申し上げます。また、放射性物質の処理は慎重にお願いします。こっそり豊島区の公園とかに埋めないでくださいね。


Pourquoi l'élu du communauté a-t-il dû mourir sous une affaire de détournement? Qu'y a-t-il vu?


Le Soleil, La lune et La Terre
Écrit sur la terre de Jésus-Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

金閣下、ご返信ありがとうございます

김정은각하, 회신해 주셔서 감사합니다!


金正恩氏の娘 初公開の狙いは?専門家が紐解く



※3、2、1、発射~

これは日本時間11月19日の午後3時に放送された朝鮮中央テレビの映像。きのう18日、北朝鮮の金正恩総書記が長距離弾道ミサイル「火星17」の試射を視察したと報じました。ミサイルは平壌空港から発射され最高高度は6000キロを超え、飛行距離はおよそ1000キロ。1時間を超える飛行時間の末、日本海の予定水域に着弾したということです。

金正恩総書記(19日付け労働新聞から)
「敵が核攻撃手段で脅威を与え続けるなら核には核で、正面対決には正面対決で応える」

ミサイル発射を見守る金総書記。その横に白いコートを着た少女の姿が…別の写真には金総書記と手をつなぎ李雪主夫人も一緒に映り込む様子も…北朝鮮メディアは金総書記と一緒に映る少女は〝娘〟だと報じています。娘の姿が公式に伝えられるのは初めてです。公開された娘の写真は全部で5枚。白いコートに黒のパンツ、赤い靴を履いて父の正恩氏に寄り添いながらミサイル発射現場を視察しています。


朝鮮中央テレビ アナウンサー
「歴史的な重要戦略兵器試射場に金総書記は愛する子と夫人と共に出向いた」

今回は娘を借りて北朝鮮の偉大さ祖国愛を見せつけようとした

突然公開された金総書記の娘の姿。なぜミサイル発射の現場を見せたのでしょうか?専門家に話を聞きました。

龍谷大学 李相哲 教授
「子どもに見せたのは北朝鮮の子どもに我が国に誇りを持てということを見せている気がします。今回は娘を借りて北朝鮮の偉大さ祖国愛を見せつけようとしたのでは…」
(以下略)

引用元:YAHOOニュース(テレビ朝日) https://news.yahoo.co.jp/articles/053b6edcd05ea12b4b2c107a0b00dc55308f2f96


娘を表に出してきた意図は何なのか?

大学教授や国際政治の専門家があれこれ見当違いな解説をされているようですが、こんなのは暗号報道の基本セオリーを知っていれば、初心者でも難なく解読できる入門レベルの通信文です。

本来なら細かく解説したいところですが、どうやらこれは今月19日未明に投稿した(真)ブログ記事「すずめの戸締まりは令和のドラえもん」へのダイレクト返信のようなので、私信の一般公開はさすがに遠慮したいと思います。

ただし、解読の為のヒントはちょっとだけ残しておきますね。次のキーワード・キーナンバーに込められた意味について、同ブログ記事の記述及びそのリンク先との関連から割り出してみてください。

 1) 少女(おとめ)
 2) 3、2、1
 3) 17、18、19
 4) 白黒赤
 5) 正面対決

 
 지옥에나 가라, 일본

この報道及び映画「すずめの戸締まり」に紐付けられた November Project (11月計画)については、次回配信のメルマガではもちろん、今週末に某YoutubeチャンネルのLive配信にゲスト出演するので(声のみ)、その時にじっくりと説明したいと考えています。

なお、最近勢いを増してきた「北朝鮮ミサイル祭」に参加すべく、応答記事の第一弾は既に準備済みです。よって、金閣下、いつでも発射オーライです。また、日本国政府もJアラートを派手に鳴らして頂けますようお願いします。EXPLOSIVEな内容にご期待ください。

さあ、皆でお祭を盛り上げましょう!

여러분, 축제를 많이 즐기자!



キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Results of The November Project

Dear brothers.

The door has gotten opened although it should be closed by Belle this month.


Open the door to the god


Open the door to the goddess


"Suzume" is coming soon (11 November)

4月に知床で起きたあの遊覧船事故から半年以上が経過しました。現地はそろそろ雪の季節を迎えます。結局あの事故は何だったのでしょうか?

  "Kazu I" = 11

 関連記事:知床遭難に関する未確認情報

With lots of love

The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北朝鮮ミサイルの下手過ぎるシナリオ

以前から、「日本国政府の打ち出の小槌」、「困った時の北朝鮮」とは言われてましたが、祝日の朝からメディアを使っての大騒ぎ、よくやりますよね。



引用元:産経新聞 https://www.sankei.com/article/20221103-IUX7HFZ24VN3VILHFE2P7O6MSA/


大体、日本を狙うも何も、北朝鮮が政治的に中国やロシア側に打てるはずがないのだから、残る方角は日本海に向けてに決まってるじゃないですか。

それに、数日前まで米韓が史上最大規模の軍事演習という事実上の挑発をしておきながら、「ドヒャー、北朝鮮がミサイルを打ってきた!!」はないですよね。そんなの初めから織り込み済みだったはずです。もしも、それが予測出来ていなかったとするなら、あまりにも間抜け過ぎじゃありませんか?

そう言えば、昨日には自衛隊の戦闘継続能力のため防衛費の増額、その為に増税も止む無しみたいな報道もありましたが、結局、戦争増税のための布石作り、世論作りが目的なのではないでしょうか。そうなると今回のシナリオの首謀者は日本の財務省辺りとなりますが、どうなんでしょうね?

しかし、コロワクといい、節電要請といい、値上げラッシュといい、あまりにも段取りの悪いお祭が続き、私もいい加減目が回りそうです。

そんなに北朝鮮ミサイル祭が所望ならば、北朝鮮国内の軍事用地下電源を一般公開するので、ぜひとも米韓軍でそこを叩いて祭を一気に盛り上げてください。明日以降のミサイル発射を公開OKサインと見なします。김정은 각하, 결단을 부탁드립니다.

必要なら北朝鮮との紛争シナリオを想定した、日本国内の地上設置型爆弾の埋設場所も詳細に公開しますよ。周辺住民に避難してもらう必要があるので、起爆はブログ公開後にお願いしますね。

大事な喧嘩友達をそこまで追い詰められない?日本国民をここまで追い詰めといてどの口が言うのかです。だったらもう少しマシなシナリオを考えてくださいよ、まったく。


そもそも、何人目の正恩さんなんだよ!という話もあります


こんなものも引っ張り出して準備してますよ


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする