goo

なぜ今ゴーン氏逮捕なのか

昨晩、夕食が終わったその時間にテレビのテロップに「ゴーン氏逮捕」の速報が流れました。以下はその直後の朝日のニュースです。

羽田に降り立ったゴーン容疑者を… 捜査は一気に動いた
2018年11月19日20時37分

 日産自動車(本社・横浜市)での自らの報酬を過少に申告した疑いがあるとして、東京地検特捜部は19日、同社会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕した。代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)も同容疑で逮捕した。

 特捜部の発表によると、ゴーン会長とケリー代表取締役の2人は共謀のうえ、2010~14年度の5年度分の有価証券報告書に、実際はゴーン会長の報酬が計約99億9800万円だったにもかかわらず、計約49億8700万円と過少に記載した疑いがある。

 19日夕、ゴーン会長が飛行機で空港に到着したタイミングを機に、東京地検の捜査は一気に動き出した。朝日新聞の記者がその一部始終を見た。

 羽田空港の滑走路に、ジェット機が降りたのは午後4時35分ごろ。機体のエンジン部分には「NISSAN」の社名に似た記号「N155AN」が黒い文字でプリントされていた。
(以下略)

引用元:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASLCM6H22LCMUHBI01F.html

東京地検は何年も前から不正の実態を掴んでいたようですが、なんで今なんでしょうね?実は、この前日に、もう一つ気になる情報がネットに流れています。


ナベツネにいったい何が?「読売グループが緊急幹部会議を開催」の情報でマスコミが大慌てになった理由
11月17日(土)21時0分 LITERA

ナベツネが亡くなったんじゃないか──。読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邉恒雄氏の死亡説が昨晩からネット上に流れ、大きな騒ぎになっている。

 今朝にはジャーナリストの田中稔氏も〈昨晩、渡辺恒雄氏が亡くなったとみられる。読売は安倍総理の帰国まで公表したくないようでなかなか認めないが、各社、予定稿準備しているとの情報。〉とTwitterに投稿。その後、Yahoo!のランキングでも「渡辺恒雄」がトレンド1位となる事態に。

 しかし、その一方で、新聞やテレビはいまだ一切、このことに触れていない。どういうことなのか。全国紙の政治部記者に問い合わせてみた。

「じつは、昨日、読売本社で緊急のグループ幹部会議がおこなわれたという情報が飛び込んできた。そこから“ナベツネに何かあったのでは”という話が広がり、各社、取材に動きはじめたんです。ただ、いま現在は緊急幹部会が開かれたという話以上の情報がなく、まだ裏は取れていない。しかし、一方で健在を裏付ける具体的な情報も取れない。ナベツネも92歳ですから、なにがあってもおかしくない。それで、各社も訃報の予定稿準備や裏取り取材に走り回っているという状況です」
(以下略)

引用元:LITERA https://lite-ra.com/2018/11/post-4375.html


以上二つのニュースと、ここ1週間の福岡に関する報道から、出来事を時系列に並べてみました。

 11/14 「ヒルトン福岡」が駐日キューバ大使の宿泊を拒否との報道
 11/15 元福岡銀行頭取の佃さんが変死
 11/15 自民党本部、投票日直前に福岡市長候補高島氏支持を表明
 11/16 読売グループ緊急幹部会議(ナベツネ死去説のネット流布)
 11/17 麻生副総理、福岡市にて高島候補の応援演説
 11/18 福岡市長選挙で高島氏当選
 11/19 ゴーン氏逮捕

時間的経緯として、以上の出来事がみごとに噛み合っていると感じるのは私だけでしょうか?佃さんの変死も奇怪ですが、高島氏楽勝と言われた福岡市長選挙にわざわざ自民党本部が投票日3日前に異例の支持表明を行い(報道では高島氏が要請したことになっている)、地元福岡県選出の麻生副総理を現地に送っているあたりが、また異例中の異例です。普通に考えれば、麻生氏が福岡に出向く理由作りとしか思えません。
 
 麻生副総理と高島福岡市長

ゴーン氏ですが、その手腕とプロフィールについては色々と他所で語られているのでここでは細かく説明しません。一点気になることを挙げれば、ブラジルからの移民として仏ミシュランに入社し、在籍6年で社長に就任するや経営を建て直し、ルノーにヘッドハンティングされるや、日産との提携を実現し業績のV字回復、後に三菱自動車とも資本提携して世界第2位の自動車生産グループを築き上げます。経営の天才と言えばそれまでですが、才能だけでここまで昇り上がれるとは普通は考えられません。資本力と大きな権限を有する何かの後押しがあったからこそ可能であったと考えられます。
 
 カルロス・ゴーン氏

一方のナベツネさんですが、この方の黒い噂はいくらでもネットに転がっていますので、新たに言及はしませんが、敢て取り上げるなら、日本の原子力政策と深く関わってきたことでしょう。ここで、読売グループと地下で生産を行っている九州闇経済界との関係が疑われてくるのです。
 
 死亡説も流れてるナベツネこと渡邉恒雄氏と亀山上皇木像
 6mの巨大木像は読売新聞社から福岡の箱崎神宮に寄贈されている

核生産と密接に関連するのが軍事です。三菱は当然として、日産やトヨタが純粋に民生用自動車だけを作っていると考えるのがそもそも認識不足で、日産がミサイル開発の子会社を持っていることは有名ですし、トヨタなどは海外に軍事用ロボット工場を建設し生産をしています。日本からの武器輸出は原則できないことになっていますが、エンジンや車台、その他の半製品なら輸出可能であり、それらを海外工場で他社の武器とアセンブルすれば、あっという間に軍事用品が完成します。それを当地から再輸出すれば、日産やトヨタブランドの兵器が世界に出回ることになるのです。経済のグローバル化って本当に素晴らしいですね。そして、戦争には発電や武器としての核が必要ですから、同じビジネスルートとして九州の闇経済界が絡んでくるのは当然の話です。実際には、これに三池炭坑跡や筑豊地方の炭坑跡などで密かに生産されている人造石油も絡むので、市場における影響力は相当に大きいはずです。

軍需は莫大な市場ですから、そこに各国政府、各国企業の様々な利害が絡むのは当然で、核と石油を基軸に世界で一人勝ちの九州闇経済界と日本の隠れ軍事産業に対し、本拠地福岡の市長選挙をきっかけに何とか楔を打ち込もうという動きが、政府と自民党本部を慌てさせただけでなく、今回のゴーン氏の電撃逮捕、読売の緊急幹部会議に現れたのではないかと私は分析します。もしも、この分析通りだったら

 トヨタ崩壊の日が訪れるのは案外近いかもしれません。


最後に、ゴーン氏を世界企業の経営者に押し上げた「何かの後押し」についてですが、ゴーン氏の出生地がブラジルということから、この方についても言及する必要が出てきました。今回はあまり気乗りしませんので、詳細は今後の記事といたします。


この方は戦後ブラジルに移住し、すでに故人です。第二次世界大戦中、沖縄の離島で島民を実験台にした生物兵器の開発に関わっており、移住先が遠いブラジルである意味は、地球の真裏から日本を支配するです。なお、名前のヒントはこの文中に示されてます。


 関連記事:(新)ブログ「福岡が熱いかも」シリーズ(1)~(4)
      (真)ブログ「佃さん変死が他殺である理由
      (新)ブログ「蘇る亡霊(20) 石油と日本


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福岡が熱いかも(4)

高島さん、当選おめでとうございます。公約の福岡ロープウェイでぜひ日本国民を大笑いさせてください。期待しています。今後も「福岡シリーズ」で福岡の街を応援していきますので、邪険になさらずどうぞお付き合いください。次回からは来年の福岡県知事選挙を照準に記事を提供したいと思います。



福岡の地下開発関係者ならば、上図を見れば何を意味しているかお分かりかと思います。佃さん変死の件で組織を引き締めたつもりでしょうが、それも逆効果であったこと。皆様にしばらく時間を与えますので、この結果をよくお考えになり、これからどう身を処せばよいかご判断ください。特に小川洋福岡県知事、よろしくです。長い夢から目覚める時が訪れました。

鉄平のヤマト発進せり
レイテ島より愛を込めて

 関連記事:「佃さん変死が他殺である理由


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福岡が熱いかも(3)

明日はいよいよ、福岡市長選挙の投票日。私の大好きな福岡をもっと素敵な街にするため、福岡市民の皆さんはよく考えて投票されるようお願いします。

いまさらですが、次に市長に当選された方は、市民の命を守るために全力で取り組んで頂きたいと思います。私が福岡で今一番危惧しているのは、福岡空港東側の志免町にかかる地下に作られたウラン精製工場です。

玄海原発が事故や他国から攻撃を受けても福岡市民にとっては脅威ですが、このウラン精製工場がバンカーバスタータイプの対地下施設攻撃兵器などで破壊されれば、福岡市は一発で放射能地獄と化すでしょう。その脅威を取り除くためにも、市内および近隣の全ての核関連施設(*)を即時停止させることが望まれます。果たして次の市長はその決断ができるでしょうか。

もっとも、そこまでの規模なら県知事以上の権限が必要かもしれませんが。その時は小川さん、よろしくです。


(33.597883, 130.461756)
ご丁寧に、核燃料輸送用に市営地下鉄の第二空港線まで敷設されているようです。これに接続するJR九州の筑肥線に地下線があるかどうかは未確認ですが、おそらくあるでしょう。筑肥線を通じて、ウラン鉱生産地である佐賀県の伊万里、有田を結んでいます。その途中に玄海原発があるのがとても分かりやすいですね。

* 核関連施設:福岡市内にある地下原子炉の数は、私の推定で大小含めて2千基前後と見ています。いきなり全部を止められませんので、徐々に停止させていく計画も急遽策定する必要があります。

日本の原子力開発プロセスで、これまでウラン精製をどこで行っているのか謎でしたが、やっとスッキリしましたね。同時に、どうして九州の方が関東よりも放射能汚染がひどいのか納得できます。

311で関東から九州に移住した皆さん、そろそろ戻りましょう!


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福岡が熱いかも(2)

※追記があります(2018.11.16)

前回の記事「福岡が熱いかも」を掲載して以来、私の周囲で、九州出身の雰囲気と殺気を漂わせた人を多く見かけるようになりました。私も福岡に長いですからね、当地の人がかもし出すとんこつスープ臭ならぬ独特の雰囲気はすぐに分かりますが、まあでも、おそらくそれは気のせいでしょう(笑)。

今回は、福岡に関する小ネタを一つ

「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
毎日新聞2018年11月14日 12時20分(最終更新 11月14日 12時39分)

 米ヒルトングループ系列のホテル「ヒルトン福岡シーホーク」(福岡市中央区)で今年10月、駐日キューバ大使が米国の経済制裁対象国の政府関係者であることを理由に宿泊を拒否されていたことが分かった。情報提供を受けた福岡市が調査に乗り出し、国籍による宿泊拒否は日本の旅館業法に違反しているとして行政指導した。

 キューバ大使館などによると、カルロス・ペレイラ駐日大使と大使館員の2人が10月2日、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスに所属するキューバ人選手を激励する目的などで福岡市を訪問。シーホークに1泊する予約をしていたが、手配した旅行代理店を通じて「キューバの要人は宿泊できない」とホテル側から連絡を受けた。

 大使らは急きょ旅行代理店が用意した別のホテルに宿泊した。このため大使館は同5日付で外務省に対して「この恥ずべきエピソードは遺憾だ。日本の主権も侵害している」と外交文書を送付。大使夫妻が4月にシーホークに宿泊した際は同様のトラブルはなかったという。

 旅館業法第5条は、伝染病や風紀を乱す行為などの危険がある場合を除き、国籍や性別などを理由に宿泊拒否はできないと定めている。外務省から厚生労働省を通じて連絡を受けた市は、ホテル側に聞き取り調査をして同法違反を確認したうえで行政指導した。

 関係者によると、ホテル側は市の調査に「キューバは米国の制裁措置国になっているため本社の指示で政府関係者としての予約をキャンセルした。個人的に泊まるのは問題ない」と説明したという。

 ヒルトングループの広報担当者は「米国企業として米国の法律を順守したが、旅館業法の認識不足で誤った判断をした。行政指導を真摯(しんし)に受け止め、今後の対策を検討したい」と話した。【蓬田正志、安部志帆子、志村一也、佐野格】

引用元:毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20181114/k00/00e/040/281000c

注:あのヒルトンが大使級要人の名前を事前に把握してない訳ないですよね(笑)

ペレイラさん、お気の毒でしたね。横綱稀勢の里の連敗でちょっと盛り上がらない大相撲九州場所(於福岡)ですが、それでも福岡市は、食事もおいしいし、面白いものがいっぱいあって、私も大好きな街です。ぜひ、これに懲りずにまた福岡を訪れてください。

次に福岡を訪ねた時は、ぜひ、私がお勧めの「山の上ホテル」をご利用ください。非常に眺望の良い高台に立地し、福岡市内が一望できるだけでなく、その夜景も見事なものです。


山の上ホテル


(33.572997, 130.383290)

この辺の道は狭く曲がりくねってますし、渋滞でなかなか車が進まないこともあります。もしも、大使が特別に選ばれたエリートなら、空港から福岡地下モノレールの小笹駅利用がたいへん便利です。麻生副総理にでも利用を申請してみてください。福岡市長選挙の結果次第では、モノレールが一般開放されるかもしれませんので、利用されるなら早い機会にどうぞ。もしかしたら、系列の「山の下ホテル」の地下特別宴会場や地下スポーツ施設にご招待されたり、VIP専用地下ルームに宿泊できるかもしれません。

近くには第十代崇神天皇の御陵もありますが、ホテルに比べたいへん粗末にされています。日本という国の本当の成り立ちと現状を貴国にご理解頂くまたとない機会になるかと思います、ぜひご検討ください。せっかくですから、次は日本の最先端技術を結集した現代の古墳、福岡の地下サイクロトロンをご紹介しましょう。


場所は現地でお探しください(監視カメラがあります)


■追記(2018.11.16,01:45)

福岡
大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

毎日新聞2018年11月15日 18時40分(最終更新 11月15日 22時38分)

頭部に打撲痕、左あばら骨3本骨折 県警が司法解剖へ

 15日午前5時25分ごろ、福岡市中央区の大濠公園の池に同市中央区大濠1、元福岡銀行頭取、佃亮二(つくだ・りょうじ)さん(87)が浮かんでいるのを散歩中の女性が見つけて110番した。駆け付けた消防隊員が救助して市内の病院に搬送したが、佃さんは約1時間半後に死亡が確認された。福岡県警が司法解剖して死因を調べるとともに、何らかの原因で池に転落したとみて事故と事件の両面で捜査している。

引用元:毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20181116/k00/00m/040/041000c

注: 15日5時25分 > 1+5 = 6 , 5, 2+5=7 > 567 > 666

地下開発関係者への見せしめですか。佃亮二さんといえば、日銀営業局長として1985年(123便事件が起きた年)のプラザ合意において、三重野康副総裁の下、日本の金利誘導を主導した方ですよね。優秀な人を亡くしました。ご冥福をお祈り申し上げます。

ところで小川洋福岡県知事、穏やかじゃないですね。何をそんなに焦ってるのでしょう?そうか、来年は知事選挙でしたね。もはや福岡市だけの問題ではないと。そりゃそうですよね、県庁・福岡警察本部前の東公園地下にある違法建築物もなかなか立派ですからね。分かりました、世界も注目の福岡地下シリーズでしっかりご紹介しましょう。楽しみにしていてください。麻生副総理、七社会の皆さんにも、ちゃんと取り上げるからとよろしくお伝えください。みんなのハート逮捕しちゃうぞ ♥(笑)

 
左から、亀山上皇像、千手観音、小川知事
福岡市の東公園にどうして亀山上皇像なのか?「なぜ亀山上皇像なのか」という説もあるが、正確ではない。同市内の箱崎神宮にも亀山上皇の神像が祀られているが何故なのか?実は、明治以降の日本産業史において極めて重要な意味を持つのだが、それを理解するには日本の呪詛技術について知らなくてはならない。

 たまなるは たまあらずして たらまなる すくひのひじり いでよれんげに

小川氏は元特許庁長官。私にとって身内のようなものなので、敢えてこれまでの考えを改めるよう警告する。


■追記(2018.11.16,10:15)

こちらのニュースも参考まで。

自民が現職の高島宗一郎氏「支持」決める

引用元:毎日新聞 https://mainichi.jp/senkyo/articles/20181116/k00/00m/010/078000c

注:高島さんがお願いしたことにしないと、自民党県連・市議団は納得しないでしょうね

高島さん、ロープウェー公約はどこに行ったの?

自民党県連も市議団もばかにされたままでいいの?


投票日3日前に、突然自民支持決定ですか・・・麻生副総理もわざわざ選挙応援でお国入りとか。保守楽勝と言われてるのに、ずい分と力が入りますね。間違いなく、これは日本国政府の判断でしょ。仕方がないか、関係者に死人まで出ちゃったんですからね。狙った訳ではありませんが、福岡が熱いです。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福岡が熱いかも

今日から大相撲九州場所、会場の福岡国際会議場で熱い戦いが始まります。同時に、その福岡市では福岡市長選の選挙運動期間がちょうど折り返し地点を迎えています。

その候補者は次の2名です。


神谷 貴行さん(無・新)  高島 宗一郎さん(無・現)

私が注目したのは現職の高島さんが示した公約、「ロープウェー建設」です。それについては以下の西日本新聞記事が参考になります。


都市ロープウエー、福岡市長選の争点に 現職高島氏「渋滞緩和に必要」 新人神谷氏「暮らしにお金を」
2018年11月09日 06時00分

 博多の大通りの上空をロープウエーが行き交う-。福岡市長選(18日投開票)で、博多駅と博多港エリアを結ぶロープウエー構想の是非が争点として急浮上している。現職の高島宗一郎氏(44)=無所属=が、博多港エリアで計画する大型再整備を視野に「渋滞緩和に必要」と導入を公約の目玉の一つに掲げたのに対し、新人の神谷貴行氏(48)=同、共産推薦=は「暮らしにお金を」と真っ向から対立。国内でも例のない都市型ロープウエーを巡る論戦は、地元財界も巻き込み熱を帯びている。

 「建設費は地下鉄より大幅に割安なのに輸送力は半分もある。輸送力やコストなどを比較して一番妥当だ」。高島氏は8日夜、同市中央区で開いた個人演説会で、ロープウエーの利点を力強く訴えた。

 すでに米ポートランドなどの先行事例を視察。昨年12月には、政治資金パーティーで「私の夢」として実現に強い意欲を示した。

 福岡市でロープウエー構想が浮上したのは3年前。市が公募した博多港ウオーターフロント(WF)地区の再整備に関する民間アイデアで、JR九州などが博多駅との約2キロを結ぶ交通手段として提案したのだ。

 福岡市はWF地区を博多、天神に次ぐ「第3の核」と位置付け、港湾の岸壁延伸などを進めてきた。クルーズ船の寄港は3年連続で全国最多となり、将来的にホテルや商業施設を誘導する大型再整備を進める計画だ。課題はアクセスの不便さ。現在の公共交通はバスに限られる。高島氏は「今でもイベント時は人が混雑し、渋滞緩和への期待は大きい」と構想の意図を語る。さらに「元気な福岡」の象徴として全国に発信したい考えだ。

 一方の神谷氏は4日の告示後、第一声で「ロープウエーはきっぱり中止し、そのお金を皆さんの暮らしと福祉に使う」と訴えた。 市によると、海外の都市型ロープウエーの事業費は1キロ当たり13億~64億円。仮に市が公設で事業化する場合には巨額の公費が必要とされる。神谷氏は「都心部ばかりではなく、生活地域の渋滞解消を」と主張し、高島市政を「開発偏重」と批判する。

 関係者の受け止めはさまざまだ。発案者のJR九州首脳は「整備費が安価かつ魅力的」と後押し。博多駅を起点とする新たな公共交通機関の拡大を歓迎する。一方、すでに同ルートには連節バス網も整備されており、地元企業幹部は「採算性などを含めて考えれば、バス専用道の方が現実的」と慎重論を語る。

 市議会でも「観光の目玉になり街の魅力が高まる」(高島氏に近い市議)と推す声がある一方で、「都市交通として使い勝手が悪いのでは。部品落下など安全面の不安もある」などと難色を示す与党市議もおり、賛否は割れている。

=2018/11/09付 西日本新聞朝刊=

引用元:西日本新聞 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/fukuoka_city_election/article/464153/

いやー、この時代にロープウェーですか、しかも交通渋滞緩和が建設理由だと・・・私もこの辺に住んでたことがありますが、絶句です。

ここは、博多駅と国際会議場を結ぶ目抜き通りで、写真で分かるように、片側4車線の広々とした通りで、距離は2kmもありません。確かに朝夕は混雑することもありますが、高々その程度の距離ですからね。それを言ったら、天神の渡辺通りの渋滞を何とかしてもらいたいですよ。

確かに、平成最後のおばか公共事業として全国から注目を浴びることは間違いないですよね。もしもそれが狙いだったら、高島さんて稀代の天才かもしれません。福岡市民にとってはいい迷惑かもしれませんが。

しかし、沼津市の再整備事業は総額2000億円ですから、この公共事業もたかが知れてます。沼津市は人口20万程度でやっとこさの中核市、一方、福岡市は人口150万人超の大政令市なんですから、こんなショボイ公約で何やってるんだかって話です。沼津の額もそれはそれで異常ですけどね。

茶化してばかりじゃいけませんので、私から高島さん、もしくは神谷さんに選挙公約の提案があります。それは

 福岡地下モノレールの一般開放 (*゚∀゚*)b!

です。

埋め立てが中心で元々地盤の弱い福岡市内。その中で唯一地盤の堅固な帯状の地域に筑肥線という国鉄の支線が通っていました。1983年、この博多-姪浜間は廃線となり、代って国鉄線は福岡市営地下鉄に乗り入れることになります。

地表部分については、現在は道路(現筑肥新道)や住宅地などになっていますが、この地盤の好条件を活かして地下にはトンネルが掘られ、今では、政府高官・民間エスタブリッシュメント専用の地下モノレールが敷設されています。モノレール式の軌道を選んだのは、それほど深いところを走っていないため、振動が地表に伝わらないよう、ゴムタイヤで走行するモノレール方式が最適と判断されたためです。だってバレちゃいますからね。

 
 福岡地下モノレールの予想ルートと停車駅(線は適当です)
 他にも支線がありますが、それはまたの機会に

この線は竹下駅近くを通り、福岡空港まで延伸されました。小笹のイエズス会修道院の下と姪浜のマリノアシティに大きな地下施設があり、そこに停車駅もあります。この選ばれし人々は福岡空港からこれに乗って、渋滞フリーで施設に向かえるようになっています。20年くらい前、これに乗ったことのある人のお話だと、その時には自動運転も導入されており、なかなか快適だったとのことです。福岡空港駅でガードマンに銃を突きつけられた時はちょっとビビったと言ってましたが。

完成からそれなりの年数が経過したことだし、そろそろ福岡市民に開放(*)し、空港へのアクセス路線として利用すれば、東西の移動が不便で困っている福岡市民から大喝采を受けること、間違い無しだと思います。これ、選挙公約にいかがでしょうか?なお、詳しいことは、福岡市の道路下水道局・交通局の担当責任者、または日本工営福岡支店さんに聞いてくださいね。

 
 2016年11月8日の博多駅前大陥没
 当地の地盤の弱さは折り紙つき、隠れた地下開発は必ず露呈します

 
 福岡市長選挙 投票前トレーニング STEP①足腰(大臀筋・大腿四頭筋)
 選挙行くのに頭はいらないか。これじゃあ、ロープウエー公約が出てくる訳だ・・・

* 開放:開放もなにも違法建築なんですから構造物の強制収用及び関係者の逮捕が当然でしょう。日本が本当に法治国家ならまずそれを実行するべきです。尤も、福岡県警は非合法組織に極めて及び腰、というか非合法組織と結託している機関ですから、まず警察内の粛清から始めないといけませんね。



キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ