goo

シン・緊急事態宣言

いやー、この数字で緊急事態宣言が約1か月延長されることになりました。これはある意味すごいことです。ここから分かるのは

 1.メディアは嘘つきである
 2.専門家は嘘つきである
 3.政府もまた嘘つきである

そして、嘘をつかれた私たち国民が次に考えなければならないのは、

 どうして彼らは嘘をつくのだろうか?

ということです。もっとも、政府やメディアが国民に嘘をつくなんてのは1985年の日本航空123便事件の時に既に体験済みであり、何を今更な感じがしなくもありませんが。

今後、本ブログが取り上げる話題の焦点は、コロナウィルスの実体よりも、むしろ彼らがこの貧弱な数字で嘘をつかざるを得ない理由、世の中で実際に何が起きていて、これから何が起ころうとしているのか、それに移って行きます。


画像1:New York Times の集計(5/2 日本時間13:50)
    日本の人口10万人当たりの死者数は1人にも満たない(<1)
    しかも、死亡者の殆どが高齢者や併発症のある方でもある

COVID-19 turning out to be huge hoax perpetrated by media
Media hyped the virus and alarmed Americans to the point of shutting down the economy

By Joseph Curl - - Tuesday, April 28, 2020
ANALYSIS/OPINION:

When the postmortem is done on the media’s coverage of COVID-19 (and it will be), it will be clear that the virus was no Black Plague — it’s not even the flu on a bad year.

SARS-CoV-2, which causes COVID-19, has killed 56,749 Americans as of Tuesday.

That’s not good. But it’s not as bad as the 2017-2018 flu season, when 80,000 -plus perished. And it’s a long cry from what all the experts were warning about just a few weeks ago: First, they predicted 1.7 million Americans dead; then they redid the models (this time apparently entering a few more “facts”) and said 100,000-240,000 dead.

Now, a major model relied on by the White House Coronavirus Task Force predicts about 70,000 dead by the end of August.

And for that we shut down the U.S. economy?!

As the coronavirus swept across China, then Europe — then everywhere — the U.S. media breathlessly reported every terrifying number, almost gleefully. Their ratings soared, of course, as they scared the hell out of every American, many of whom have stayed home for the last 40 days, emerging only to buy toilet paper, but even then clad in masks and tiptoeing in fear.


COVID-19 はメディアによって捏造されたデマであると判明した
メディアはウイルスを喧伝し、経済を停止させるところまでアメリカ人を警告した

Joseph Curl著 2020年4月28日(火)

分析/オピニオン:

メディアによるCOVID-19報道について検証が行われた時(今後も行われ続けるだろうが)、今回のウィルスが黒死病とは違うことがはっきりするするでしょう。それは最悪期のインフルエンザにすら及ばないのです。

Covid-19の起因となるSARS-CoV-2により、火曜日の時点で56,749人のアメリカ人が死亡しました。

もちろんそれは良いとは言えません。しかし、8万人以上が亡くなった2017年から2018年のインフルエンザシーズンほど悪くもないのです。そして、それはほんの数週間前に全ての専門家が警告し続けた頃からの長き叫びとなっています。最初に、彼らは170万人のアメリカ人が死亡すると予測しました。 それから、彼らは(感染)モデルをやり直し(今回の場合は明らかにいくつかの「事実」を取り入れたようです)、10万人から24万人が死亡するだろうと言い直しました。

現在、ホワイトハウスコロナウイルス対策チームが信頼する主要なモデルは、8月末までに約7万人が死亡すると予測しています。

では、私たちはいったい何のために米国経済をシャットダウンしたのでしょうか?!

コロナウイルスが中国、そしてヨーロッパ、そして至る所に広がりを見せる中、米国のメディアは恐ろしい数字を息をのむように報道しました、ほとんど歓喜してるかのように。当然の如く、報道への関心は急上昇しました。メディアは全てのアメリカ人を恐怖に陥れ、その大多数がこの40日間家にこもり、トイレットペーパーを買うためだけに外に出るようになったのです。それもマスクを着用し恐怖のためそろり足で。
(訳:日月土)

引用元:The Washington Times https://www.washingtontimes.com/news/2020/apr/28/covid-19-turning-out-to-be-huge-hoax-perpetrated-b/


やはりこの数字がおかしいと思った私の知人が、周囲の人に「なんでコロナが怖いと思うのか?」と尋ねて回ったところ、一人を除いて答はみな同じだったと言います。

 だってテレビが怖いって言ってたよ

こういう人たちはテレビでプルトニウムが健康に良いと言えば、さっそくプルトニウム入りの食品を買い求めるのでしょう。

唯一の合理的な返答は、「治療法やワクチンがまだ未開発だから」というものだったそうです。これは確かに言い得ているのですが、それならば決定的な治療法が確立していない癌についても尋ねてみたいものです。

日本国民が生涯に癌に罹患する確率は50%で、2019年の日本のガン死亡者数は38万人と数字が出ています。これは1日平均1000人以上が癌で死亡する計算となります。今年の2月初旬から4月末まで、世間がコロナで400人死んだと大騒ぎする中、おおよそ9万人の癌患者が静かにこの世を去っていた計算となります。

本当に深刻な問題から目を逸らせようとするいつものやり口が、これほど露骨に現れたことも今までなかったでしょう。むしろ、これを契機にメディアや専門家、政府の在り方を正せないようなら、やはり私たちそのものが愚かであったと、後の歴史家は記述するに違いありません。

読者の皆様へ

 最近おかしな夢、嫌な夢を見るようになっていませんか?例えば現実とちょっとだけ違う世界にいるような夢。住む家は同じだが周りの景色が違う、配偶者が昔別れた恋人だった、などの夢です。

 既に始まっている人も、まだの人も、これからこういう夢を頻繁に見ることになるでしょう。ここでこんなことを書くのも、これが、彼らが皆様を家に閉じ込めようとする理由の一つだからなのです。

 何が起きているのかは、私が知り得る限りのことを整理した上で追って説明したいと思いますが、今はまだ、次のアドバイスを残すのみとします。

「どんなに嫌な夢を見ても、ただの夢と放逐せずそれを受け入れ、現実世界の問題としてどう解決したらよいのか、常に解決の道を模索してください。頼れる人は誰も居ません。夢の世界で問題を生み出したのはあなた自身であり、それを解決できるのもあなたしか居ないのです。」



キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

マスクは本当に品薄なのか?

アベノマスクが配布されたとか、されていないとか。不良品があったとかなかったとか。マスクの販売は抽選になるとかならないとか。アベノマスクの納入業者に本ブログでお馴染みのあの大手商社が含まれているとかなんとか・・・とかく、マスクを巡る話は何かが変です。

以下はホーチミン滞在中の元情報本部自衛官さんのブログに掲載されている写真です。日本よりも感染者の発生が後発のベトナムは、この1週間で新たな感染者はいないとか。マスクもご覧の通り、日本資本のイオンモールには豊富に品があるとのこと。


画像1:店頭に並ぶ豊富なマスク(ホーチミンで)
    ブログ「(元)情報本部自衛官が真相を語る?」さんより

基本的に他国からの輸入が多いベトナム。国内電機メーカーまで生産体制に入ってる日本で、どうしてマスクが手に入らないのか?

コロナ報道の異常な過熱感は私だけでなく多くの方が指摘していることではありますが、まさか数字だけの危機演出に飽き足らず、それを庶民に実感させるため、特定品目を計画的に品薄にしているとしたら、そんな罪なことはありません。

もしかしたら、港や洋上に停泊している貨物船の中に、大量のマスクがストックされているかもしれません。あのオイルショックの時のトイレットペーパーのように。

俳優の岡江久美子さんがお亡くなりになったのはとても残念なことですが、その一件から分かるのは「コロナは怖い」よりもむしろ「放射線治療は怖い」ではないでしょうか?今の報道だと、崖から落ちても、交通事故で死んでも、検査が陽性なら全部「コロナ死」にされてしまいそうです。それでも、平均で日に1000人は亡くなる癌死亡者に比べれば大した数字ではありません。癌治療の現場は事実上の医療放棄なのです。

とにかく、感染症による世界終末計画だけがシナリオ通り進行し、実態がそのシナリオに全く追いついていない、そんなちぐはぐな、あるいは間抜けとも言える状況を呆れて見ているのは果たして私だけなのでしょうか?


* * *


自粛強要?の影響で生活が苦しくなってきた、来月が不安だという声もちらほら聞こえ始めてきました。この先、経済苦で生きていけなくなった人も、やはり「コロナ死」にカウントされるのでしょうか?「コロナで死ぬか金(マネー)で死ぬか、それが問題だ」とならないことを祈ります。なぜなら、どちらも本当に人の生き死にを左右する問題だとは思えないからです。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

桜散れども国はまた咲く

あなたに送る最後の言葉

親鳥は小さな雛を全力で守りますが、飛ぼうとしない若鳥に手を貸すことはありません。 あなたは落ちかけた枝にいつまでしがみ付いてるつもりなのでしょうか? 私たちはもうすぐその枝を離れます。二度とあなたを助けることはできません。結果がどうなろうと、それはあなたの選択なのです。

少なくとも、あなたが望んだ世界は、あなたが今それを見ているように、あなたの前にしか現れないと言うことだけはできます。だからこそ、世界の全ての人々が良い未来をデザインするよう私は望むのです。

Derniers mots pour vous

Les oiseaux parents protègent les petits poussins de toutes leurs forces, mais jamais les jeunes oiseaux n'essayant pas de s'envoler. Voulez-vous toujours rester sur la branche qui s'effondre? Nous sommes sur le point de s'en aller, et nous ne pourrons plus jamais vous aider. C'est votre choix quel que soit le résultat.

Nous pouvons dire au moins que le monde que vous voulez n'apparaîtra que devant vous comme vous regardez en maintenant. C'est pourquoi j'espère que toutes les personnes dans le monde conçoivent un bon avenir.


最近「百日後に死ぬワニ」という4コマ漫画が話題になっていることを、ほんの数日前に知りました。目を通したら、地下鉄サリン事件の起きた3月20日に連載終了(100日目でワニ君が死亡)ということで、ここまであからさまなのはどうなんだろうと思っているところです。

いよいよこの手の呪いもオワコン化してきたのかなと考えれば悪いことではありませんが、最終話13コマ目のラストシーンが気になったので、それについて少し言及しておきます。


画像:「百日後に死ぬワニ」ラストシーン (引用元:ねとなび)

日本と言えば桜の花、そして日本人は桜が咲き誇る姿だけでなく、それが散る姿をも愛でると言われますが、本当でしょうか?確かに、一斉に花を散らす姿は壮観ではあります。

現在、桜の代表格で花見の主な対象となっているのは「ソメイヨシノ」ですが、桜の樹は同種交配しないので、同じ花の樹を増やしたいなら接木などで増やすしかありません。つまり公園や街路樹などで見かけるソメイヨシノは全て江戸時代以降に増やされた同じ個体のクローンなのです。

そしてクローンであるからこそ多様性がなく、各地域毎にほぼ一斉に花を付け、ほぼ一斉に花を散らすのです。つまり、一斉に花びらを散らすあのイメージは近年になって人工的に作られたものなのであり、日本古来の美観とは到底言えないものなのです。

そして、桜の季節が学校の卒業シーズンに重なることから、桜の散る様は「別れ」を想起させ、その「別れ」のイメージが親しい人との別れ、すなわち「死」を想起させるようになってきたのだと考えられます。

軍歌の「同期の桜」などはそのイメージを更に次の様に昇華させています。

 貴様と俺とは 同期の桜
 同じ兵学校の 庭に咲く

 咲いた花なら
 散るのは覚悟

 みごと散りましょ
 国のため

まあ、軍歌ですから死ぬことを美しく見せようとするのは当然ですが、花の散る様を自ら潔く死ぬことのイメージに、それも価値あることの様に見せかけているのは明らかです。

それが良いか悪いかをここで問うつもりはありませんが、これだけははっきり自覚しておいた方が良いでしょう、

 桜の花散るを人生の儚さ、死に結び付けるイメージは近年作られたもの

だということを。あるいは何かの意図を持って植え付けられたものと言ってもそんなに言い過ぎではないかと思います。

本来ならば、花が散った後には葉が茂り、実を付ける、樹木の最も命輝く時期を迎えるのです。ですから、花の散るを見る私たちはもっと未来に希望を抱いて然るべきなのです。

「令和」という今の元号は、万葉集の花見の宴の記述から取られたものです。そして、当時花見の対象にされたのは「梅の花」です。梅はまだ寒さが残る季節に仄かな香りと共に春の到来を告げる花です。そして、梅の花を愛でた人々は、その花を見て、それから過ごしやすくなる日々を思い喜びと希望に胸膨らませたに違いありません。

今は令和ですよ。ワニ君はきっとどこかで元気に生きているに違いありません。

※この漫画の簡単な言霊呪術の分析をしたので、ご興味のある方は「皇居を狙え-呪術から見た地下鉄サリン事件」をご覧ください。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

中東戦争、準備は整ったのか?

昨年末、唐突に自衛隊の中東派遣が決まったと思ったら、大晦日にはゴーン氏逃亡の報道。年が明けてからは米国のイラン司令官殺害宣言と、それに対する報復としてのイランのミサイル攻撃。そして、未だに原因不明とは言うものの民間機がテヘラン近郊で墜落と、何やら慌ただしい動きが報道されています。

これら事象は中東地域内で接点を持ちますが、そのど真ん中に我が国の首相がのこのこ乗り込むというのですから、一体全体どういうことなのでしょうか?


図:中東で何が計画されているのか?

それにしても、イラン司令官の殺害もイランの弾道ミサイルによる反撃も、どちらも軍・政府発表ですから、どこまで報道内容通りなのか怪しいものです。そういうプロパガンダこそが現代の情報戦争の様式ですから額面通り受け取って良いものかどうかには注意を払わないといけません。

極端なことを言えば、スレイマニ司令官は殺されておらず、ミサイルだって発射されていない可能性だってあるのです。米国・イランとも共に国内問題を抱えているはずですから、両国政府が手を握って国内引き締めのために紛争を仕掛けたとも考えられるのです。それは、ミサイルの反撃を受けても再報復をしない米国の動きから推察されます。

そんなシナリオを知ってか知らずか、日本政府は自衛隊艦船の「調査」派遣をそそくさと決め、紛争が起きてからも、安倍首相が悠然とイラン以外のアラブ三国を訪れるというのですから何をかいわんやです。

そういう観点で年末年始の事象を俯瞰すると、あのゴーン氏の逃亡だってどこまで本人の意志だったかどうかも怪しくなります。保釈の身とはいえ、料金を含めてあれだけ緻密な逃亡計画を当人自身が打ち合わせしていたのならば、日本の公安や警察はすぐにキャッチするはずです。電話やメール、ラインのやり取りだっていくらでも傍聴可能ですから。

その監視をかいくぐって逃亡を許したのですから、ゴーン氏本人が直前まで何も知らされないまま逃亡のお膳立てが作られと考えるのが自然です。それだけのことをやるからには、おそらく、その背後に一国の政府が関わっているのはもちろん、日本国内にも協力者がいたのではないかと考えられるのです。これについて、記者会見で脱出劇について本人が何も語らなかったのが一つの証左とは言えないでしょうか?

 参考:
  なぜ今ゴーン氏逮捕なのか
  日産はトヨタか
  ゴーン氏逃亡報道に見る123便事件

上図を見て思うのは、中東地域を中心とした何か大きな計画が、我が国を含めて何か画策されているのではないかということです。もしかしたら、我が国こそこの計画のキープレーヤーなのかもしれません。

123便関連の資料に目を通していると、123便事件はイランの核開発と関わるのではないかと疑う説も散見します。同説の信憑性について調べたことはありませんが、私の調査では、少なくとも日本という国が、世界屈指の核生産国、石油生産国であることは間違いないと見ています。その意味で、イランにおける核と石油の問題は、そのまま日本の問題と直結するとしても、大きく間違うことはないでしょう。

 参考:
  九州核ネットワーク
  石油と日本
  福岡イエローケーキ工場
  川内原発再び(九州核ネットワーク2)

中東でどんな計画が仕組まれているか知りませんが、この紛争の最中、ウクライナ航空機が墜落したのは確かなようです。私は、同機はこの計画に巻き込まれたと見ていますが、そうだとしたら、犠牲となったのはここでも民間人であり、世界は123便事件のあの悲劇から何も学んでいないのだと落胆するばかりです。


* * *


追記(12日 02:19AM)

11日の午後、イランがミサイル誤射を認める公式見解を出しました。

 ウクライナ機「誤って撃墜」とイランが声明

ウクライナ機にはカナダ国籍の乗客が多く乗機していたと言います。おそらく、この誤射事件の背景にはカナダの旧宗主国の英国、および同国と歴史的関係の深いフランスが関わっているものと予想されます。

外交ではイランに一定の理解を示すカナダを含む欧州ですが、その実は中東戦争実現に向けて工作を続けており、その潜入人員が自国の戦場化を避けたいイラン軍部に追われていた。ギリギリ民間機に駆け込み無事イランを脱出できたと思われたところ、ミサイルというイラン側の強硬手段によって撃ち落とされることになった。

私は今回の墜落の顛末をそう読みます。

どんな経緯であれ、罪のない民間人が巻き込まれた事実は変わりません。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

ローマ教皇来日とテロ未遂

昨日11月20日、次のような報道がありました。一見ただのボヤ騒ぎなのですが、各局大々的に報道していたのが印象的です。こういう場合は暗号報道(記事平文中に隠喩で別内容を伝える報道)である可能性が極めて高いのです。

経済産業省で出火 ごみ収集車から火や煙 けが人なし
2019年11月20日 10時36分

20日午前、東京・千代田区霞が関の経済産業省の地下2階の駐車場で火が出ていると東京消防庁に通報がありました。地下にとめてあったごみ収集車から一時、火や煙が出たということで、消防は出火原因を調べています。


20日午前10時すぎ、東京・千代田区霞が関の経済産業省の地下2階の駐車場で火が出ていると東京消防庁に通報がありました。

消防が現場に駆けつけたところ、地下の駐車場にとめてあったごみ収集車から一時、火や煙が出たということです。

消防によりますと、積んでいたごみが若干焼けたということで、すでに煙も収まり、けが人はいないということです。

経済産業省の館内では、一時、避難誘導のアナウンスが流れましたが、30分ほどして避難の必要はないというアナウンスに切り替わったということです。

東京消防庁は出火原因を調べています。
(以下略)

引用元:NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183751000.html


基本的に、伝えるべきことは包み隠さず伝えよという考え方なので、私は暗号報道を積極的に取り扱う気はないのですが、今回の場合は重要な内容を含むと考えられるので、表面だけ簡単に解読してみます。

■数字の解読
各社、報道文は微妙に異なりますが、上記NHK記事を含め共通しているのは次の3点です。

 ・20日
 ・10時
 ・地下2階

通常は全部を足し算することから始めますが、ここでは地下2階の「地下」に注目します。地面より下ということは「マイナス」を意味しますので、ここは次の様に計算します。

 20 + 10 - 2 = 28

この数字の意味するものは、おそらく日付、11月28日でしょう。何故なら、全てを足し算すれば32で11月の日数をオーバーすること。そして仮に10を引くような計算をしても、当日の20日より過去の日を差してしまうからです。(地下=マイナス)と捉えることで絶妙に今月の月範囲に収まります。

更にこれの裏づけとしては、今週の23日にローマ教皇が来日することがあげられます。教皇の滞在期間は23日から26日まで。よって、その期間を微妙に外しているとも考えられるからです。


■では何が予定されているのか?
日付が決定しているなら、次はその日にどのようなイベントが組まれているかということになります。ここで注目するのは、やはり共通キーワードの「ごみ収集車」です。

文字通り理解しても何も出てきませんので、ここでは語呂合わせを使って数字かその他の文字に変換してみます。

 ごみ収集車 → ごみ+収集+車 → 53+収拾+48 → 5348+収拾

ここで非常に恐ろしいその内容が見出されました。何故そう解釈できるのかは読者様に考えて頂きたいのですが、5348は次の様に解釈できます。

 天皇に逆らう

つまり、天皇襲撃計画です。それを収拾して28日ですから、つまり全体の意味はこうなります。

 本日(20日)予定していた天皇襲撃計画は28日に変更された

どうやら、ローマ教皇が来日する前に今上天皇を亡き者にするのが当初の目的だったと考えられるのです。これに経産省がどう絡むのかも重要な点ですが、それについては解読を省略させていただきます。なお、以上はあくまでも私個人の解釈であり、これが事実であると断定するものではありません。


ローマ教皇フランシスコ氏


■暗号報道について元プロの見解
元情報本部自衛官さんの記事「報道に込められる暗号とは???」では、防衛省の情報本部においても

 情報の9割はオープンソース

であると明言されています。オープンソースとは社会で普通に飛び交う一般的な情報のことです。ここから、暗号的に加工された情報が、私たちの目に触れる形で行き来し、それを国内有数のインテリジェンス機関が収集分析している実態が窺えるのです。なお、同文中、本ブログに向けた過分な評価には少々恐縮しています。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
« 前ページ