goo

Christmas Dream

I had a special dream for coming Chistmas. The daughter of Red Dragon and the wife of White Rabbit will dance together to "Waltz of the Flowers" at foot of Golden Gate Bridge.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中国無人偵察機を自衛隊が撃墜?-B氏セミナー(12/1)のご案内

本年9月の記事にて、中国の潜水艦が豊後水道に潜伏し、なおかつミサイルのような飛翔物の航跡が目撃された旨をお伝えしましたが、その後、国際軍事評論家B氏が情報収集を進めたところ、一連の観測事象は当日同地域に中国の無人偵察機が飛来し自衛隊のミサイルにより撃墜された事実を示すものだと、連絡がありました。

一般報道にその事実を示すものは見当たりませんが、関連報道として次のようなものはあります。

---- 転載ここから ----
タイトル:
 「無人機が警告無視なら撃墜も 対処方針、首相が了承」
URL:
 http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102001001919.html

本文:
 政府は、領空侵犯した無人機が退去要請などの警告に従わない場合には有人機と同様に撃墜を含めた強制措置を取る方針を固めた。政府関係者への20日の取材によると、安倍晋三首相は今月11日に小野寺五典防衛相から対処方針の報告を受け、了承した。

 9月に中国軍の無人機が日本の防空識別圏に入り、沖縄県・尖閣諸島付近に飛来したことを受けた対応。防衛省・自衛隊を中心に今後の対策を協議した結果、中国が開発中の無人機は高性能のカメラやレーダーを搭載していると分析し、有人機と同じように警告を識別できると判断した。
---- 転載ここまで ----

報道では無人機の飛来場所は尖閣諸島付近、撃墜処置は将来の対策のように報じられていますが、実は豊後水道沖での撃墜の既成事実が存在し、後追いで法的解釈を付加したものとは考えられないでしょうか?時期といい、日本政府の対応のタイミングといい、無理は無いように思います。

B氏によるとこの11月22,23日も中国軍のツポレフTu154型爆撃機が無人偵察機を機体に装着して尖閣列島付近に飛来したそうです。これらの動きに中国側のどのような意図が含まれているのか、B氏は現在も分析を進めているとのこと。これらの情報が事実だとすれば、日中は軍事的に一触即発の状況下にあると言えそうです。


写真1:中国軍のTu154(報道サイトから)
一般には情報収集機と報じられているが、爆撃仕様も施されている(B氏)

昨日も上空を自衛隊の戦闘機、輸送機がいつもより多い頻度で飛んでいきました。どうやら私のいる土地でも自衛隊による大演習が行われているようです。政府や報道機関が真実を伝えなくなった今日、専門家の情報と自分の目で確かめた事実を照らし合わせことでしか、もはやこの国の現実を知る術はないのかもしれません。


 * * *


本ブログでお馴染みのB氏が東京で定例セミナーを開催します。ご専門の軍事・金融についてのお話となります。本記事の内容に関心がある方は、会場でB氏に直接尋ねてみられてもよいでしょう。なお、同セミナーは他サイトでも告知されており、そこにはB氏の実名も記されています。もはや実名を出してもよいとのことですが、過去記事との一貫性を保つため、本ブログでは匿名のB氏で通させていただきます。


-------- 以下セミナー案内です --------


テーマ:『アメリカと日本の新時代の幕開け』

 ◎ドルを支えるために円がアジアの国際通貨に格上げされる。
 ◎極東の軍事戦略に置いても、中心の役割を担うことになる日本。
  これは日本の意志なのか、単なる他国の戦略上の都合によるものか。


【直前情報】
・中国の領域拡大は、日米同盟の強化に対する牽制。防衛省が尖閣諸島の強化を前提に駆逐艦を追加配備予定。また、尖閣諸島に飛行した中国の無人偵察機を自衛隊のF15が撃墜した可能性あり。積極的に自衛権を行使するようになった自衛隊は、新たな日米同盟の表れなのか。

・日銀の黒田総裁就任時から決まっていた、日米関係の強化と対中国を見据えた日本がアジアの防衛を担う役割。それに伴う大量の円の米国債への投資。

・122兆円規模の日本の厚生年金、国民年金、さらには、昭和天皇が持っていたカナダの金鉱の権利などが、米国国債への投資に当てられる予定。そして、米国に投資された資金が、日本の財界に再投資しされる。キャロラインケネディー駐日米大使は、日本の財界とのパイプを広げるのが目的か。過去に見ない日本政府の歓迎ぶりが目立つ。

・日本の都市部の主要カ所で、米国の資金による開発の話しが浮上。神谷町と虎ノ門との間の森ビル近くに新たな駅の建設。東京駅近隣の再開発、大阪梅田の再開発など。

・中国の資本が、シンガポールや香港、上海を経由して東京に入ってきている。中国の富裕層の資金の移動が本格的に開始したのか。中国内の治安の悪化、戦争突入の可能性を見据えた動きなのか。


【主なトピックス】
・キャロラインケネディー新駐日米大使が11/15に着任する。この日は、歴史上では、海軍兵学校70期の卒業式の日であった。帝国日本海軍と深い関係のあるキャロライン父親、ケネディー元大統領のイメージを最大限に利用する戦略に出た。映画『PT-109』が示すようにケネディ元大統領はPT-109の艇長としてソロモン諸島方面で哨戒に就いていたところ、日本海軍により、炎上、沈没の憂き目を合うこととなった。

・アメリカの経済を助け、ドル崩壊を止めるための役割が日本である。その為の戦略がTPPや円の力をより強大にさせる円をアジアの国際通貨にすること、日本の軍備を増大させ対中国の脅威となるべく育てて行くことである。
-軍備の拡大のためには、軍事機密の保護が必要となる。そのために秘密保護法が必要になる。
 -円がアジアの国際通貨となるためには、金の裏付けが必要となってくる。これが、国際通貨当局の話し合いで言われていることである。潜在的に多くの金を保有していると噂される日本。いよいよ天皇の金塊の出番となるのか。
 -TPPにおいては、農産物のことが常に話題を呼んでいる。農産物のことだけが日本にとっての本当の驚異なのだろうか。農産物に隠れた、アメリカが求む本当の障壁撤廃は何か。今回のソルトレークシティーでは、公共工事のことが盛り込まれた。

・米国の対中戦略は、日本を使った中国の締め付けである。米国のドル破綻の危機以上に中国の経済崩壊を願う意図が随所に読み取れる。その中で、日中戦争の可能性もあるのだろうか。

・天皇の金塊を交えて、如何に日本の力が大きいか、これから如何に日本が活躍するかが目立ってくる時代になるだろう。国境を越えた幅広い人脈を持つ麻生財務/金融担当大臣がこれからどう動いて行くかも見ておく必要がある。

・ボロジュウムが通常の8倍も検出され、2004年のアラファト前議長の毒殺説が浮上している。イスラエルの暗殺だとフランスの調査は示しているようだ。身内が行った犯行である可能性もあるだろうが、真実が路程するには裏がある。イランの核開発の問題では、アラファトと同じようにイラン大統領を暗殺する可能性があったが、これは、イスラエルが爆撃も暗殺も行わないというサインであるとも受け取れる。このまま、イランの核問題は、収拾に向かうのか。

・シリア情勢は、PLO(パレスチナ解放機構)の支援を受けて激しくなってきている。また、アメリカの力は一辺倒では無くなってきているだ。

・アメリカのジョージブッシュなどの六隻の船が、台風30号の被害の救援に待機していた。日本の緊急援助隊は、フェリーで移動しているが、フェリーが移動不可能になっている。何故このルートを台風が通ったか。レイテット島、そして、ベトナムに通っているという不思議さ。日本に来ないで何故ここに向かったのか。安倍首相は、ASEANをまわり、自衛隊の派遣の調整を行う。より日本の活躍の場を与えるための戦略とも受け取れる。


====================================================================

日時:2013年12月1日(日)13時開場 13時30分から16時50分

会場: 中央区立築地社会教育会館 第3洋室
東京都中央区築地4丁目15-1
http://g.co/maps/zgww4
03-3542-4801

定員: 30名

受講料:3,500円、 学生 500円、 高校生以下 無料
 ※費用は当日ご持参下さい。

講師:国際軍事評論家 B氏
元内閣調査室

主催:B戦略研究所

参加申し込みフォームはこちらから
http://ciss.johocan.com/smr
※当日参加も可能です。

====================================================================

※私(日月土)は本セミナーの運営に直接関与していません。詳しくは主催者にお尋ねください。

-------- セミナー案内ここまで --------


遠つ祖霊の始まりの地より
管理者 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「被曝治療と自称Dr.」について、本サイトの見解(11/17追記)

11月1日に木下黄太氏のブログに次のような記事が掲載されていたことに関し、過去それに関わった立場からコメントを発信します。

--------転載記事ここから--------
記事タイトル:
「血液監察医」「高度顕微鏡」「点滴」等の用語、フィリピンで被曝治療をすると言う自称Dr.に注意せよ!

本文:
 下記のようなメールが福岡で出回っていると通報が入りました。被曝影響を怖れる人たちをカモネギ扱いをしている輩がいまだに跋扈しています。前にも伝えています。このことを行っているグループも当然のことながら、メールを出している連中も、同じ穴のムジナと思います。

=================================================
突然なんですが、血液監察医の××先生が今福岡にいます。血液観察と診察で1万円ですが、数日福岡にいるとの事でした。血液観察は被曝状態や臓器不全、がん、腸の状態など高度顕微鏡でその場でみてくれます。先生は東京大学出身でフィリピン政府医師免許を持つ方です。非常に多彩な知見がありあれだけ血液を詳しくみれる監察医は日本ではそういないと思います。ご興味がおありでしたら診察をうけてみては如何でしょうか?
=================================================

この自称医師は、日本の医師免許を持っていないと思われます。

そして、高精度の顕微鏡で、血液が被曝している様子があるといって、画像を見せて、フィリピンなどに渡航して高額の治療を奨めるようにする手口です。

血液監察医なんて単語は初耳です。

ネット上ではドクター××と自称していたケースもありますが、最近は本人は表で名前を出していないことが多いです。摘発をおそれている可能性が高いです。

この話にバンダジェフスキー博士の写真なども使って、悪質な誘導をしているブログを見つけました。勿論、博士本人や僕たちのグループはこの連中とは何の関係もありません。
⇒http://nueq.exblog.jp/page/2/ (バンダジェフスキー博士の写真などを無断につかっていますので、完全におかしいサイトです。話になりません。今後もこれを続けるようなら、警察に通報します。)

ここを見ると、「封印史研究会 事務局」 と名乗って、東京や大阪でセミナーをしているようです。これも入口でしょう。

この話は、大分からはよく聞こえてきこえてきていて、頻繁にセミナーもしているようです。

 今回の福岡まわりでメールが出回ったのは、被曝を懸念している人たちの中で、FBなどで以前に関わりのあったタイプの人が流していると通報が入ったものです。問題があって、こちらがまずいと思い、放射能防御プロジェクトから、一年半ほど前に辞めて頂いて、その後は、何のかかわりもない方の所業と聞いています。この方がグループを立ち上げて寄付を募り、それに関してのクレームが、僕のところに聞こえてきたこともありました。そのころから、論外だなあとは思っていましたが、こういう話は、どこまでも進行するものですかね。

 時間の経過とともに、いよいよはっきりしたのは、被曝懸念をしているから「仲間だ」は間違いであるという事です。被曝を懸念している共通項があっても、最低限の医学的知見を認めないこと、さらにはマルチ商法的な取り組みの勧誘を平気で行う輩もいますし、それを擁護する人間もいました。

 今回は、高額で、尚且つ、国内では法的に許されない、フィリピンでの血液の点滴療法に、人を誘導している話です。全く許されません。

 こんな馬鹿な話に騙されないで下さい。いくら被曝に関して、医師達が対応しないことが横行しているからと言って、当たり前の医学知見を何もかも否定しないで下さい。そういうあなた達の愚かな心が、こうした鵺の様なものを招きよせているのです。

 これを行っているグループはいずれ因果応報になると僕は思いますし、これに関わって勧誘していた人も同じ話だと僕は思います。合掌。

--------転載記事ここまで--------


まず、現在、私(日月土)は2012年4月よりこの自称Dr.と一切の連絡を取り合っていないことを明確にしておきたいと思います。

肝心の被曝治療の中身ですが、記事でも書いてきたように、その有効性は認めるところですが、「治療技術」「治療体制」として未だ完成されたものでないことに懸念を感じています。つまり、手探りの実験レベル以上のものではないということです。

次に自称Dr.の医師資格についてですが、正規の医学を学んだ経験はお有り(*1)で、知識については私も認めるところです。しかし、日本の医師資格は取得されていません。比国の医師資格取得については私も初耳であり、昨年は所持されてなかった資格をどうして今年になって取得できたのかは私もわかりません。元々日本の医師資格等があるならば比較的容易だとは思いますが。疑問がある方は比国の資格証書を見せていただくべきでしょう。

私は、この被曝治療は今でも内部被曝に対する有効な一手だと思っており、自称Dr.に同治療法が一般に受け入られるため、安全性を確保するための改善点などを進言してきましたが、このように漏れ聞こえてくる現在の活動からは、それらの改善が成された形跡はなく、木下氏にこのように書かれてしまうことを非常に残念に思います。

私の立場をもう一度明確にしたいと思いますが、被曝治療は未だ実験レベルであり、国内法的にも患者の立場は保護されていません(*2)。それを承知で被験者として治療を受けられるなら、それは個人の選択ですので何も咎められませんが、実情について詳らかに説明されていないのならばかなり問題です。私にも同治療に関する様々な相談が入りますが、現在の状況では自信を持ってこの治療を紹介できないと感じています。


*1 正規の医学履修(11/17追記):これもご本人から聞いたプロフィールであり、確認した訳ではありません。医学領域の学識を信頼して、嘘はないだろうと私個人が希望的に断定したものです。

*2 国内法による保護(11/17追記):比国政府の認定医師による比国内での治療行為であれば行為自体に不法性は認められませんが、もしも、そうでないとすれば日本の国内法により行為の適法性が判断されます。


 * * *


多くの方々が、それなりの金額を積んで遠くフィリピンを訪れている現状を知った今、同治療方法、および治療体制の何が有効で、何が問題なのか、また、私がどうして同治療法に関する記事掲載を取りやめたのか、その辺の経緯についてお知らせするのが、過去に関連記事を書いた者の責任と感じています。次回以降の記事ではそれらについて具体的に触れたいと思います。

管理者 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )