goo

New World Festivals

Today we're seeing a lot of festivals run around the world. Russia-Ukraine battle festival, food shortage festival, climate change festival, soar price festival, and the infection festival.

I feel so happy to live in the festival-full world. With a lot of thanks to this world, I'm preparing to open the information concerning the source of these powers, "Underground Nuclear Reactors".

I opened only 2 cases to the public so far on blog articles in Japanese, one of them is about the Bali island in Indonesia where G20 is to be held this November. There are big and small 972 reactors even in the narrow peninsula of Bali. Don't you think it's so exciting?

For example, one of 80 sites located in the peninsula has 42 underground reactors at a maximum depth of 270 meters below sea level around the center coordinate (-8.84549, 115.12324).

It must be a kind of joke that world prominent decision-makers will talk about sustainable development for the world by using electric energy generated in an unsustainable fashion. But It's no problem because it's a FESTIVAL!

Link: The Island of Gods Covered with Reactors (Japanese)


On the next occasion, you will see the reactor information about the organization ( photo below) gathering attention from worldwide now.


The Headquarter of the Organization in Geneve, Swiss


Bill, you are great!


A villa in Karuizawa, Japan, owned by the greatest contributor to the organization. From where does the electric power come? I already have an answer.

How many reactors, how much power, precise location with its coordinate, I believe that that info would make you more familiar with the organization and him.

Happy Festivals!

Quick response isn't it?

cited from https://mainichi.jp/english/articles/20220721/p2a/00m/0bu/003000c


ADHUC CARNES ERANT IN DENTIBUS EORUM NEC DEFECERAT HUIUSCEMODI CIBUS ET ECCE FUROR DOMINI CONCITATUS IN POPULUM PERCUSSIT EUM PLAGA MAGNA NIMIS
As yet the flesh was between their teeth, neither had that kind of meat failed: when behold the wrath of the Lord being provoked against the people, struck them with an exceeding great plague.
肉がまだ歯の間にあって、かみ切られないうちに、主は民に対して憤りを発し、激しい疫病で民を打たれた。
(Numbers 11-33)


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はてなブログさんへ

姉妹ブログ、「(真)日本の黒い霧」を運用しているはてなブログさんで、本日また接続障害が起きました。



既に復旧しているようですが、6月29日に同ブログ記事「電力ひっ迫と小川課長」で東京都庁の電源位置情報を暗示した直後に障害が起きましたが、これで3回目です。

ちょっと多過ぎやしませんか?



私も通信周りの仕事をしていたことがあり、システム維持のたいへんさは良く理解しておるつもりです。今回の件について特に詮索する気もないのですが、もしも、当局から何か言われているなら、ダッシュボードなどを通してご相談ください。本件以外にも不当な業務介入と思われる事案がありましたら、そちらも承ります。

指示を出した機関名・担当部署名及び担当者氏名、そして同機関の電源情報を公開し、はてなブログさんの日々のご心労・ご苦労に報いたいと思います。遠慮は不要です。

それも憚られると言うなら、こちらの判断で実行しますのでどうぞご安心ください。

過去、皆さんが今見ていらっしゃる(新)ブログに当局の介入があったのですが、その時には当局の指示系統を公開しています。今回もここまでやるかどうかは今後の成行き次第ですが、はっきり言って面倒なので避けたいと思っています。

 関連記事:日本は法治国家なのか?

どうしてそんなことが分かるのか?そのヒントは「AU通信障害の真相」の中でチラッと触れていますよ。ネットセキュリティなど神話でしかありませんから、仮想通貨なんぞ怖くて私は手が出せません。

はてなさん、いつもありがとうございます。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

AU通信障害の真相

7/2のAU通信障害では私も難渋しました。



(以下略)

引用元:ITmedia https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2207/04/news056.html


私の考える原因はこの報道記事とは全く異なります。そして同じように考え真相をより深く知る学者やエンジニアが他にもいるはずです。なぜなら、世間に知られている通信原理がそもそも辻褄が合わないからです。

専門家向けのお話なので、詳細は仏語で記述します。


Que se passe-t-il lorsque 2 types de vitesse perdent leur synchronisation et interfèrent ?

VoLTE nécessite un autre processus pour synchroniser les données vocales mis sur des flux de données de différentes vitesses, c'est pourquoi la récupération de la fonction téléphone a été retardée par rapport à la transmission des données. La différence de vitesse est générée lors du processus de conversion de la vitesse plus rapide que la lumière en vitesse théorique, telle que 4G ou 5G.


S'il vous plaît, faites-moi savoir la théorie sur la façon de transmettre des signaux à l'hyper dimension.


Désolé pour la mauvaise illustration ci-dessus, mais je pense que quelqu'un qui sait cela peut comprendre ce que je veux dire. C'est un péché de détourner les biens d'autrui sans permission.

本当は総務省の方々もご存知なのでは?

超高速通信技術はとっくの昔に完成しており、これまでは技術の発展を装いわざわざ通信速度に制限を掛けて小出しにしてきただけなのです。その方が商売は長続きしますからね。このギミックが4Gから5Gへと移行する現在、その混在環境が仇となったようです。

しかしまあ、この辺の基幹技術が公になると、これまでの通信事業の価格体系が通信機器メーカーと結託した坊主丸儲けシステムであったと露呈するだけでなく、これから始まる5G計画は元より、軍事・警察・金融通信システムのセキュリティ信頼度が一気に崩壊する可能性もあります。超高速領域はその性質上アクセスフリーですから。

関係者の心中は察しますが、それでもやっぱり、嘘を吐くのはよくありませんよ。

 関連記事:5Gは光速を超えたのか?


いくら何でも持ち上げ過ぎでは?この話はもう忘れて欲しいということですね

いらない情報かもしれませんが、これでも、履歴書の元職にはネットワークエンジニアと書かせて頂いている専門家のつもりです。専門誌への寄稿や著書(共著)もあるのですが、おそらくどなたもご存知ないでしょうね(笑)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の着せ替え人形

本日某所で以下のテーマについてお話をする予定です。



簡単に言えば、ウクライナ劇場は大根役者たちによる下手な芝居で、NATOなる世界大戦準備委員会も呪術によって設計されているということです。

残念なのは、その呪術の出所がこの日本で、何年も前からこのプランが練られていたということです。そして、この呪術には不審死された俳優の三浦春馬さん、竹内結子さんも組み込まれています。

なお、ここで言う日本とは日本政府の意味ではありません。そもそも日本政府自体が少々くたびれた着せ替え人形ですから。そう言えば今月10日に全国で人形選びの儀式が行われますね。

 関連記事:予め決められていた北欧2国のNATO加盟

これを設計した日本の呪術者に一言申し上げるなら

 お気の毒に

の一言でしょうか。まあ、せいぜい頑張ってください。

この呪術の組み立ては4世紀頃の史実がベースになっているのですが、それについては、(神)ブログでご紹介して行く予定です。

 関連記事:佐瑠女神社と三浦春馬の呪い


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

勿来の関・逢坂の関

※投稿同日に追記があります。

昨日の(真)ブログ記事「電力ひっ迫と小川課長」の最後の方に、福島の変電所でヘビが丸焦げになったとの奇妙な報道記事を追加掲載しています。

いわゆる暗号報道の類なのですが、同ブログ記事ではその発信者を特定し、私からのメッセージを返信として書き加えています。

この追記から数時間後、再返信と思われる報道が出されました。あまりないケースなので、ここで紹介します。



引用元:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220630/k10013695391000.html


同ブログ記事をしっかり読まれた読者様なら、福島の火力発発電所が停止したところで、東京など首都圏の電力事情に何ら影響がないことは既にご理解頂けているかと思います。

しかし、この報道の意図がそこでないことは、報道文に3・6・9の数字が選択的に使用されていること、ヘビ丸焦げ事故と同じ福島県内の事故という状況からはっきりと見て取れるのです。

この暗号報道の文脈を読み解く鍵は「勿来(なこそ)」であり、勿来が古来から和歌に詠まれる名所であることを知っていれば、解釈は実に容易なのです。

 吹く風をなこその関と思へども道もせに散る山ざくらかな
 (源義家)

 さもこそは 勿来の関の かたからめ さくらをさへも とどめけるかな
 (俊頼)

ここから先の解釈は読者の皆様にお任せしますが、どうやら「電力不足祭」に向けた主催者の意志はたいへん固いとお見受けしました。


以下、主催者様への伝言です

私の祭への参加をたいへん嫌っておられるようですが、どうかそんなことを言わず逢坂の関を超えさせて頂けますようお願い申し上げます。主催者様が思われるような嫌な男ではありませんので、ここはぜひお見知りおきを。

次回からは座標によるピンポイント情報も掲載しますので、祭が盛り上がること必定です。特に見識の高い海外のお客様がたいへん喜ばれること間違いないと思いますよ。

岸田総理、萩生田経産大臣、十倉経団連会長にもよろしくお伝えください。

 
 逢坂を超えるもかたしさくらはなしなとのかぜの吹くを待たなむ

敬具


以下追記です


引用元:YAHOOニュース(FNN) https://news.yahoo.co.jp/articles/5e9e1e85bda128b0a23db8d0c1923905dc1a248f

お祭に参加表明したばかりなのに残念です。次の予定は冬だったでしょうか?開催する際にはまた声をおかけください。小川課長、たいへんでしたね。お疲れさまでした。萩生田さん、担当課の人たちには特別ボーナスくらい出してあげてくださいよ。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ