goo

突き上げる揺れの熊本地震

6年前に大きな被害を出した熊本地震、その熊本で昨日また大きな揺れを観測したそうです。震源は八代市の山間部のようですが、熊本市在住の方からは「けっこう揺れた」との報告を受けています。




引用元:YAHOOニュース(日テレニュース) https://news.yahoo.co.jp/articles/500078cbf10c35c1712926e0338fe9c02db53800



図:震度分布(引用tenki.jp)

素朴な疑問なのですが、活断層の活動領域って具体的にはいったいどのような物理状態を表しているのでしょうか?要するにずれやすくなった断層が走っているエリアということなのかもしれませんが、それならば、どうして震源となった1点もしくは狭い領域の運動で、九州のほぼ全域が揺れるような物理現象が起きるのか、その運動エネルギーを単純計算しただけでも、恐ろしいほどのエネルギーが震源から発生したことになり、震源付近の地形がそのまま維持できるとはとても考えられません。

また、他の報道では「突き上げるような揺れ」という事象も報告されており、断層のズレ程度でどうして地表全体を瞬時に上昇させるような縦方向の強大なエネルギーが生じるのかも説明できないのです。むしろ、断層の形成はこれまでの地震の結果と考える方が自然なのです。

要するに、この報道内容は言葉を変えて言えば「大地震がいつ起きるかなんて分からないからしばらく注意しろ」と言ってるだけであって、地震の本質に特段迫っている訳ではありません。もっとも、そんな話は他の大型地震にも当てはまることですが。

 関連記事:能登は地震が多いけど

以下の写真は今回の地震に関する情報であり、地震の発生メカニズムについてある程度その本質を押さえている方々に向けたものです。これ以上の説明はしませんので、写真を見てその意図をご推察頂けますようお願いします。


写真1:今回の震源近くの山間部(県道のループ構造に注意)


写真2:今回の地震との関連個所(35.053, 135.932)

一言添えるなら、皆様が「人工地震」と呼んでいるものが、従来の物理科学的な尺度で説明できるものではないこと、また、その技術に到達したグループがこの世に複数存在していること、その点をご理解いただきたく思います。


ET IN ZELO MEO IN IGNE IRAE MEAE LOCUTUS SUM QUIA IN DIE ILLA ERIT COMMOTIO MAGNA SUPER TERRAM ISRAHEL
わたしは熱情と怒りの火をもって語る。必ずその日に、イスラエルの地には大地震が起こる。
(エゼキエル書 第38章19節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

経済産業省の虚偽広報に注意

もう同じ議論を繰り返すことにウンザリなのですが、またもや経産省が誤ったアナウンスを発令しようとしています。


画像1:6月26日経済産業省HPより 

この議論は(真)ブログ記事「まだ言ってる、根拠なき電力ひっ迫」で既に述べているので繰り返しませんが、分かり易さのために次の図を作成しました。


画像2:経産省が述べている電力ひっ迫の根拠

要するに東京電力管轄内の最大発電総量が予想電力需要総量に対してギリギリであるから節電しろということなのですが、曲者なのはこの「総量」なのです。

どうして交流電気を総量で計算するのか、その物理科学的根拠を経産省も電力会社も口をつぐんだまま何も説明しようとしないのです。

私は何も、電力は無限にあるとかひっ迫自体が嘘だとか言うつもりはないのです。無駄なエネルギー使用を無くすため節電することも必要だと思っています。問題なのは「総量」計算を盾に東京電力管轄内の利用者全員に嘘を吐き、半強制的に節電を強いていることなのです。

実際に電力供給がどのように行われているかは、下の画像3を見ていただければ分かると思います。


画像3:電力供給の実際

電力供給が送電ブロック単位で行われていることは、3月の東北地震で間欠的に停電地区が発生したことで証明されています。東京電力も一部の発電所の送電を止めたと発表しているのです。つまり、電力は総量的には供給されておらず、ブロック単位で供給されているのです。

もちろん、画像3が示すようにひっ迫するブロック、明らかに供給不足に陥るブロックが出て来る可能性はあります。ならば、

 節電の発令は該当ブロックだけに出せばよろしい

のです。

それをせず、このように総量表示に拘り続け、全ての電気利用者を欺くその裏には、電力供給、即ち発電がブロック単位で行われているという事実を絶対に公表できない理由があるからでしょう。もしもそれを認めれば、2011年の東日本大震災の時に行われた

 計画停電・輪番停電は全くの嘘

ということになり、嘘による停電によって失われた損失を、経産省および各電力会社は損害賠償しなければならないからです。またれっきとした詐欺ですから、刑事罰も避けられないと予想されます。

おそらく、この夏に本当に電力不足に陥りそうな送電ブロックは確かに存在するのでしょう。だからこそ経産省は昨年の秋から電力不足を言い出した。あるいは、電力不足を理由に、2011年と同様、国民の経済活動をコントロールしようと計画しているとも考えられます。

しかし、経産省や電力会社が面子を保つために必要もない節電に協力させられるのは、利用者としてはまっぴらごめんですし、経済操作であるならばなおのこと言語道断というものです。

今回の電力ひっ迫について、上記経産省HPでは問い合わせ窓口を設けているようです。このブログで書いていることが正しいかどうか、まずはここに電話を掛けてこう尋ねてください。

"交流電気は水やガスのような物質ではなく波動状のエネルギーです。単純な加減算はできないはずなのに、どうして電力需給を総量表示で議論するのか、その技術的根拠を丁寧に説明してください"

と。



電力基盤整備課の小川さん及び各担当者の皆様、誠意あるご回答をよろしくお願い申し上げます。

 関連記事:認めたくないFITの憂うべき現状


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アフガン大地震と半月刀

石川県能登半島で大きな地震が起きて幾日も経っていないのに、遠くアフガニスタンでも地震が起き、こちらでは多くの死傷者が出る惨事となっているようです。


(以下省略)

引用元:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013684841000.html


干しレンガによって建てられた弱い構造など、耐震性において日本の家屋とは比較になりませんが、それにしてもどうしてこんな大地震が起きてしまったのでしょう?

報道におけるプレート理論による説明では、どうやらこの辺は、ユーラシアプレートの下にインドプレートが潜り込む断層型地震の起きやすい地域と言うことですが、米国国務省配下の国際開発局が作成したレポート(*)によると、今回の震源域は全く外れている訳ではありませんが、必ずしも地震多発地帯とは言えないところにあるようです。

*レポートURL:https://pubs.usgs.gov/of/2005/1264/pdf/OFR-1264.pdf


画像1:今回の震源域とプレートの関係図


画像2:今回の震源域と断層型地震の発生地域

そもそも、過去一度もその存在が確認されたことのない「プレート理論」なる仮説理論で、本当に地震が説明できるのかという根源的な疑問はあるのですが、従来理論に従っても今回の地震はちょっと何かが違うようです。

複数のプレートが入り組んだ画像1を見て最初に思い起こされるのが、同じく複数のプレートが入り組むとされる我が国日本です。


画像3:日本のプレート(画像引用 Weather News)
    ※フォッサマグナと123便遭難地点は筆者が加えたもの

そして、もう一つ気になる共通点が、2001年の911同時多発テロをきっかけに、アフガニスタンは昨年の8月末まで凡そ20年間も米国軍に占領されていたことです。同じように日本も在日米軍という形で現在でも事実上占領されている状態に限りなく近いという点が挙げられます。

その事実を示すかのように、3つのプレート(北米・ユーラシア・フィリピン海)が入り組むとされる、本州のフォッサマグナ(大地溝帯)の上空が、在日米軍の横田管制区として日本の飛行機が自由に飛べない空域に指定されていることです。

 関連記事:改めて問う、横田空域とは何なのか?

ここからは私の推測となりますが、プレート理論などという絵空事などではなく、米軍及び日米両政府はこれらの地域で地震が多発する本当の理由を既に把握しており、それを何か軍事利用するため米軍を駐留させている、あるいはさせていたのではないかと考えられるのです。

今回の話題においては蛇足となりますが、1985年の日航123便事件はこの空域内で起きており、この状況と事件が全く無関係であるとは考えられません。

いずれにせよ、不確かなプレート理論に拠らない新たな地震メカニズムの解明が求められているのは確かなようです。


画像4:太古の叡知は人類の平和共存の為に正しく使われるべきです


ERIT BENEDICTIO TUA VIVES GLADIO ET FRATRI TUO SERVIES TEMPUSQUE VENIET CUM EXCUTIAS ET SOLVAS IUGUM EIUS DE CERVICIBUS TUIS
お前は剣に頼って生きていく。しかしお前は弟に仕える。いつの日にかお前は反抗を企て自分の首から軛を振り落とす。
(創世記 第27章40節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Belle Bell

We had 2 large earthquakes these two days at Suzu city in the tip area of the Noto peninsula.

Suzu means "bell" in Japanese and "Sarutahiko" - one of the well-known gods' names in Japanese myth - is also called "Beautiful bell (Belle bell)".

If an ancient Sherman were living now, he/she could have told us the cause for those quakes.

It is probably a story going back more than 10 thousand years ago.


quake on June 19


quake on June 20


the epicenter of the quakes. Japanese keyhole-shaped burial mounds resemble ancient bronze bells (dotaku), but for what?


waterfall in Akagi mountain

能登半島で大きな地震が発生し、震源地となった珠洲市(すずし)では被害も出ているようです。被災された皆様におかれましては謹んでお見舞い申し上げます。

同地についてはここ数年の地震多発地帯として、また、メディアに頻出するキーワード「スズ」に関連する地名としてブログ上で取り上げてきました。

 関連記事:鈴鹿のスズカ姫

何がどう関連するのか、未だ分からないことばかりですが、何よりも住民の皆様がこれからも無事に過ごせますよう、お祈り申し上げたく思います。


GIGANTES AUTEM ERANT SUPER TERRAM IN DIEBUS ILLIS POSTQUAM ENIM INGRESSI SUNT FILII DEI AD FILIAS HOMINUM ILLAEQUE GENUERUNT ISTI SUNT POTENTES A SAECULO VIRI FAMOSI
Now giants were upon the earth in those days. For after the sons of God went in to the daughters of men and they brought forth children, these are the mighty men of old, men of renown.
当時もその後も、地上にはネフィリムがいた。これは、神の子らが人の娘たちのところに入って産ませた者であり、大昔の名高い英雄たちであった。
(Genesis 6-4)


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

認めたくない、憂うべき日本の現状(23)-Vaccine Based in Japan

※6/12に関連記事を(真)ブログに掲載しました。

Dear brothers

I recognized your blood-shedding effort to maintain the current biological project but feel so sorry for knowing the recent missing of core items from your facility.

Giving it up is supposed to be one of your choices.


The R&D facility of KMb in Kikuchi city, Kumamoto
(cited from Google)


UH-60JA of JGSDF flying around me and passing over right above me several times in Kikuchi. Thank you for your heartful welcoming demonstration (8 June).


The factory of Pfizer in Taketoyo city, Aichi


UH-60JA of JGSDF flying over above me in Taketoyo. Thank you for your welcoming demonstration (10 June).

2年前の記事「新型コロナウィルスと蘇る亡霊」では、日本の旧陸海軍が現在国内にあるウィルス・ワクチン研究開発企業と、歴史的にどのように結びついているかをチャート図で説明しています。

熊本県は言わずと知れた旧日本陸軍最大の拠点ですし、愛知県の武豊は現在でも弾薬を製造し、時々爆発事故を起こす日油(にちゆ)株式会社の化薬工場が置かれています。どちらも旧陸軍、そして現在の陸上自衛隊にとっても重要な土地と考えられますが、熊本の菊池市に国立伝染病研究所系列の「KMバイオロジクス」の研究所が置かれ、武豊市には今話題の「ファイザー」の研究所兼最終工場が置かれていることは、単なる偶然とは片付けられません。

歴史調査を目的として、今週、私は両方の土地を訪れたのですが、図らずも現地で同様の手厚い歓迎を受けることになってしまったのです。最初その意味がよく分からなかったのですが、こうして行程を振り返ることにより、そこが日本の軍事(バイオ関連含む)にとって極めて重要な拠点であることに気付いたのです。


図:菊池と武豊。菊池は巨大地下施設の存在が疑われる阿蘇外輪山の麓であり、武豊は軍都「豊橋」から三河湾内の西対岸に位置する

実は今回と同じような出来事が、5月に実施した北陸地方の歴史調査でも起きたのですが、驚くことに、そこで見えてきたのも、バイオ関連企業のD社(今はまだ伏せます)の存在だったのです。

面白いのは、私が探っている日本古代史の重要地点と、裏事情を含む現代の軍事的重要拠点が全く別の物ではなく、どうやら関連し合っているという点なのです。

歴史的切り口については(神)ブログに書いていくことになりますが、今回の調査を含め、今はまだオープンにできない情報については、メルマガで可能な限り先行してお知らせする予定です。


CIVITATEM FORTIUM ASCENDIT SAPIENS ET DESTRUXIT ROBUR FIDUCIAE EIUS
知恵ある人はひとりで勇士たちの町に上り/その頼みとする砦を落とすこともできる。
(箴言 第21章22節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする