goo

At Senkaku Islands, Has Warfare begun?

Just a while ago, my information source told me that something warfare had begun at Senkaku Island.

I don't know to what extent the conflict is. But the source also advised that I have to stockpile food and water and prepare durable shoes.

Please attention to the coming public information by the government.


Senkaku Islands

事実確認はできていませんが、念のため水・食料の備蓄と丈夫な靴を用意しておいてください。

※追記
記事掲載から一晩経過しましたが、一般報道では何も報じられていないようです。同海域周辺では過去にも空中戦が発生し、自衛隊機が撃墜されたにも拘わらず一切報じられることはありませんでした(国際軍事評論家B氏談)。

欧州の空母が太平洋アジア地域に向けて派遣されるなど、目に見える動きがあります。この海域はおそらく次の計画のターゲットの一つでしょう。何か起きた時の準備くらいは始めておいて良いかもしれません。


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

ワクチソ接種は有効なのか?

※この記事では隠語を使用しています。

先週、都内で人と合い、居酒屋で食事をしました。鯛のお刺身をジュースでいただくと言う、なんとも情けないシチュエーションに溜息が出ました。

お酒がジュースに替わっただけで、人と接触する状況は何も変わりません。どうしてこんな無意味な施策を打ち出してくるのか、これじゃ居酒屋さんや利用客への嫌がらせと同じじゃないかと、今更ではありますが愚痴も出ます。

さて、ジャーナリストの堤未果さんが提供している有料講座のプロモーション動画を観ていたら、次のようなシーンに出くわしました。これはたいへん参考になるので、ここで紹介したいと思います。


画像1:ファイザー製ワクチソの有効率が95%である根拠(色枠は筆者による)

 参考:堤未果の月刊アンダーワールド

ここでは、新潟大学名誉教授の岡田正彦氏が登場し、ファイザー社が提出した論文を精査した上で、その問題点を指摘しています。

まず、その治験方法ですが、4万人の治験者をワクチソ接種者とプラシボ(偽薬)接種者に分け、その効果の現れ方を比較検討したと言うものです。

ファイザー社は、接種後の治験者の中で、後にPCR陽性が確定した人数を抜き出し(画像1の赤枠)、そこだけを見て次のように有効率を計算しています。


画像2:有効率の計算方法

ワクチソを接種した治験者の間ではこんなに陽性者が少なかったですよ、と言いたいわけです。しかし、この計算方法に対して、岡田教授は次のように苦言を述べているのです。

「論文には、PCR検査を受けてない軽度の症状者の人数も記載されており(画像1のオレンジ枠)、その数字を含めて計算しなければ正しい数値とは言えない」

おやおや、どうやら、治験者全員にPCR検査を受けさせた訳ではないようです。おそらく症状がはっきり見られた人に限って検査を行ったのでしょうが、そんなことをしてたら任意にいくらでも数字が作れちゃいますよね。

それはさておいて、それなら未検査の軽症者も含めて有効率を計算するとどうなるか、それが以下の図です。


画像3:軽症状者を含んだ有効率の再計算

あらら、100%近い有効率があっという間に半分以下になってしまいました。この数字だけ見ると、ワクチソが有効なのは10人接種した中で2人以下ということになってしまいます。

これを次のようなグラフにしてみました。


画像4:上記の数字をグラフ化


このグラフの僅かに赤い部分、実はここだけを上手に抜き出し比較することで、ファイザー社は有効率95%などという、大仰な数字を喧伝しているのです。しかし、オレンジ色の軽症状者まで含めて見ると、両者の違いは目立たなくなるのです。

さて、このグラフでは、ワクチソ接種群の方がちょっとだけ分が良いようにも見えますが、実際のところはどうなのでしょう?実は、この治験の母数である、4万人という数字がここではすっかり抜け落ちているのです。

表に現れていない治験者数を「その他」とします。そして、その他の人々はPCR検査を受けておらず、症状もない人の群だとします。大雑把に健常人と考えてよいかと思います。これらの人々を画像3のグラフへ省略せずに描き加えると次のようになります。


画像5:全体ではほとんど差異がない。

画像5のグラフが示す結論は極めて明快です

 ワクチソに有意な有効性は認められない

というか、接種・非接種関係なく

 ほとんど感染症などにかかっていない

のです。こんな、必要性も効果もあるかどうか分からず、遺伝子組み換えという、将来リスクが極めて高い未知の医療技術を、多くの国民に受けさせようというのですから、今のワクチソ政策自体にかなり問題があるのです。いや、全く意味がなくむしろ危険であると言えるのです。

 参考:末代に至る責任

コラム「統計マジック」

このように、データの一部だけを抜き出して、物事を大きく見せる手法は昔から行われ、その極端な使用例として、現在進行中の例の感染症報道が挙げられます。

人口10万人の町で、ある年に1人だけ人口が減ったとします。翌年、3人減った時、彼らはきっとこう言います、

 「人口減少数が去年の3倍になった!(たいへんだ!)」

3人減っただけなのですが、嘘ではありません。こうやって人々の印象をコントロールするのです。実際には、この町の人口にほとんど変動はなかったと見るのが正しいのです。

がん患者の年間死亡者数は38万人(一昨年)、1日で1000人以上が亡くなられます。例の感染症でこれまでどれほどの数が亡くなられたでしょうか?1年以上の累計でやっと1万人超です。

メディアが1万人の死者で大騒ぎしている中、がんで約40万人の国民が亡くなっています。政府が国民の命と健康を守ると言うなら、どう考えてもがんに対して緊急事態宣言を出すべきでしょう。

メディアが伝える情報よりも、メディアが伝えない情報にこそ真実があるのです。数字を見るときは報道に出てきた数字だけではなく、報道に出ない数字にも注目してください。そして、常に全体の中で現象を見るようにしてください。

こんな、義務教育を受けていれば誰でも分かる数字のカラクリを、国会議員(与野党共)や厚生労働省の役人、そして肩書だけは立派な医療の専門家は理解できないと言うのでしょうか?それもまた違うでしょう。

私たちはそろそろ、彼らに向かって「製薬会社からいくら貰ったんだ!」と追及の声を挙げないといけません。そして、飲食店経営者など、無意味な政策によって大きな損害を被った方々は、行政に対し損害賠償請求を起こす段階に来たのだと思います。


 * * *


※画像1には、重症化率の計算方法も書かれていますが、ここでもなぜか「PCR陽性」が「感染」に自動変換されています。当然ながら両者の意味は異なります。このようなそもそも根拠の薄い数字を更に他の計算に使っても意味がありません。よって重症化率の説明はここでは割愛します。


PRO QUO SOLLICITA TIMUISTI QUIA MENTITA ES ET MEI NON ES RECORDATA NEQUE COGITASTI IN CORDE TUO QUIA EGO TACENS ET QUASI NON VIDENS ET MEI OBLITA ES
誰におびえ、誰を恐れて、あなたは欺くのか。/あなたは私を思い出しもせず/心にかけることもなかった。/私が長らく沈黙してきたので、私を畏れないのか。
(イザヤ書 第57章11節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

末代に至る責任

※一部隠語を用いています

もう30年近く前の話になりますが、私のごく近い身内が末期の脳腫瘍に罹り、少ない余命の中、死を待つのみの状況となりました。

何とか命を救う方法はないかと、当時の最先端医療についての情報を読み漁りました。その中に、レトロウィルスを用いた「遺伝子治療」というものがありました。幸い、私の専攻分野が生体高分子(蛋白質・リボ核酸等)の物理構造の研究であったため、この分野の文献を読み解くのに苦労することはありませんでした。

遺伝子治療とは、無毒化したウィルスに正常遺伝子コードを組み込み、さらにそれを細胞核に侵入させ、病因となっている遺伝子を部分的に書き換えるという、それまでの外科的手術や薬剤の投入、または放射線治療とも全く異なる新しい治療方法として当時は期待されていました。

しかし、その治療法には多くの克服しなければならない点があります。それは

 1)組み換えたコードが独立した機能に留まるのかは不明

つまりこういうことです。A-B-Cという遺伝子列があった時、Aが単体で機能する場合もあれば、A-B、A-C、など複合的な関連性がある場合も考えられるのです。つまり、Aという機能をA’に組み換えることによって、A'-B、A'-Cという未知の組み合わせが発現してしまう、最悪の場合は新種の病気を作り出す危険性があるのです。

 2)遺伝子の改変は次の代に引き継がれる

そしてこの治療で何より危惧されるのが、組み換えられた遺伝子が子から孫へと継承されてしまうことなのです。もしも、世代継承後に遺伝子組み換えが有害であったと判明した場合、その時は既に有害遺伝子情報が広まってしまっているのです。

ですから、この遺伝子治療は極めて精密かつ慎重な治験を求められるのです。幸い私の身内は病状重篤かつ子孫を残す機会は考えられなかったので、大学病院の担当医に、人体実験でよいから遺伝子治療が受けられないかと、随分と無理を言ったものです。

もちろん、当時はデータも殆どないし、海のものとも山のものとも言えない、本質的に危険なこの治療法について、首を縦に振る医者はいませんでした。


 * * *


しかし、驚きました。あれから30年近くが経過しましたが、遺伝子治療が治療法として確立したとは聞いたことがありません。それなのに、重篤な患者ではなく、健常者に対して遺伝子組み換え技術を投入しようという動きが現在加速しているのです。

そうです。例の感染症対策の決定打として提供されているあのワクチソです。上述しましたが、本来この手の手法の安全性は、少なくとも3世代以上の追跡調査を通して検証しなければ確認できるものではありません。つまり、最低でも半世紀以上の治験期間が必要です。どう考えたら、一昨年に発生したと言われる例の感染症に対して、自信をもって安全だと言い切れるのでしょうか?

しかも、納豆などの大豆食品には「遺伝子組み換え大豆不使用」とありますが、それだけ遺伝子組み換え食品には敏感なのに、自分自身が遺伝子組み換えの対象、すなわち「遺伝子組み換え人間」となることに、人々が全く無頓着である現在の状況は、まさに「憂うべき現状」なのです。

ワクチソが今後、世代を経てどのような影響を与えるのか、イラストにしたので読者の皆様にはまずこの意味をよく考えていただきたく思います。


画像:今回のワクチソの原理(今までのとは全く違う)
解説:これまでのワクチソは、生産物である抗原を体内投入していたが、今回のは身体そのものを抗原の生産工場に作り変えようという発想なのです


画像:遺伝子組み換えは末代まで続く(世代を経て変異することも)
解説:致死率がインフルエンザ以下と言われる例の感染症リスクを取るのか、それとも末代まで続くリスクを取るのか、若い世代にはよく考えて頂きたい


以上で少しお分かりいただけたでしょうか?この観点から、私は、自分の子の世代、結婚適齢期の世代にはこう忠告したいと思います

 ワクチソを打った相手とは結婚するな

これはかなりひどい発言かもしれませんが、私の本心でもあります。そして時間が経過するにつれ、結婚相手だけではなく、相手の親がワクチソ非接種者であることの証明を求めることになるでしょう。

ワクチソパスポートなる言葉があるようですが、状況が理解できている人にとってはむしろ

 ワクチソ非接種パスポート

が必要となる時代がやって来ようとしています。

既に高齢の現総理大臣が接種したところで痛くも痒くもない話かもしれませんが、若い世代にとっては重い刻印となることでしょう。そして、彼らにその責を負わせたしっぺ返しは、やがて全世代に及ぶことになるはずです。


UMBRAE ENIM TRANSITUS EST TEMPUS NOSTRUM ET NON EST REVERSIO FINIS NOSTRI QUONIAM CONSIGNATA EST ET NEMO REVERTETUR
我々の年月は影のように過ぎ行き、死が迫るときには、手のつけようがない。死の刻印を押されたら、取り返しがつかない。
(知恵の書 第2章5節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

The Curse of 1949 at Matsukawa Ended

When the ancient queen appeared on the hill of Matsukawa in Fukushima prefecture, one of the three mysterious affairs concerning the former Japan National Railway shall begin to tell the truth.


a large rock set up at the bottom of the hill
[37.675567, 140.466036]


the place train crash occurred
[37.666636, 140.474747]


photo of the train crash at the time (wiki)


a big picture drawn by rail lines, and a funny-shaped rock sticking out from the ground near the crash site
[37.665683, 140.476433]

To understand the affair, we have to know something laid under the hill surrounded intentionally by rail lines. It must be a footprint of ancient times.

1949年8月17日に発生し、列車転覆により3人が死亡した松川事件は、故松本清張先生の作品である「日本の黒い霧」でも取り上げられた、日本の未解決事件の一つです。

この元祖「日本の黒い霧」では、当時台頭してきた労働者運動を取り締まるため、事件は政府とGHQ・キャノン機関等による謀略だったのではないかという説が述べられています。

長い裁判の末、容疑者は全員無罪となるものの、レールを取り外すなど大掛かりな工作を行った、複数人いたのはほぼ確実と思われる真犯人達は捕まらないまま、事件は時効を迎えます。

この事件を日米政府vs共産勢力なる政治的事件として捉えている限り、真相は永久に分からないままでしょう。しかし、「この場所でどうしても人に死んでもらう必要があった」と考える人々がいたらどうでしょうか?

そんなことを考える人物が本当に居るのか?居るとすれば、その人物像と目的は何なのか?その答を得るためには現場をよく知らなければなりません。

それを調べに、つい先日、私は福島まで足を運びました。そして、そこが歴史的に極めて特殊な土地であることに気付きました。

この事件の骨格は、その36年後に発生する123便事件とも無縁ではありません。むしろ、両事件共、動機も目的も共通している人々の犯行であると考えられるのです。ただ、その発想があまりにも一般人のそれからかけ離れているため、私たちは気付かないだけなのです。

日本とは本質的に呪術の国であり、日本人は呪術の民である、それを認めた時、初めて不可解なこれまでの未解決事件の真相が見えてくるのだと私は考えます。ミステリーと言われ続けてきた終戦直後の国鉄3大事件(松川事件・三鷹事件・下山総裁事件)も、視点を切り替えればもはやミステリーではなくなる可能性があります。

松川事件の本質的部分は、123便事件同様、今後(神)日本の黒い霧にて、古代史関連事項として取り上げることになります。

 参考:呪術視点による事件の分析例
  ・皇居を狙え-呪術から見た地下鉄サリン事件


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( )

北朝鮮拉致問題と123便事件

本ブログで、前々から本格的に手を付けようと思いながら、リソースの関係上中々そこに至らない重要トピックがあります。それはどなたでもご存知の

 北朝鮮拉致問題

です。

北朝鮮による日本人拉致と思われる事件が発生したのは1960年代。その後、1970年代後半まで日本国内で拉致事件が続くと認識されていますが、日本政府が拉致認定したのは、実際の被害者の一部でしかなく、疑わしいケースまで含めればその数は1000人に迫るという調査もあります。

また、新潟で拉致された横田めぐみさんの例などのように、拉致被害は日本海側中心というイメージが強いのですが、現実には関東など、地域に偏りなく日本全国で起きているようなのです。

日本国民が外国の工作員によって突然連れ去られる、こんなことは、日本が国体を有する本当の国家であるならば決して看過してはならないことですが、現実には日本国政府の対応はこの問題に対してひどく及び腰であるばかりでなく、国内の一部機関が日本人拉致に協力しているのではないかという疑いすらあります。


私は別の命令系統に属する国内別働組織が拉致に関与していると推測しています
参考:5月27日は日本海海戦の日

私があれこれ書き立てなくても、この問題について長年携わってきたエキスパートは既にいらっしゃるので、今回は、来る5月に開催されるその方々が出演されるライブ配信について宣伝させていただきます。詳しくは下記リンクを訪ねてみてください。


外部リンク:https://in.powergame.jp/sira4_2104_a?cap=HS1 (PR動画は4月12日まで)

拉致事件が頻発した1960、70年代は123便撃墜計画の準備期間と重なります。また、123便事件の直前に発生したグリコ森永事件と国内朝鮮系組織との関係については、私も以前から疑っている点でもあります。

しかし、私が拉致問題と123便事件との共通項として最も重要視しているのは、両事件とも

 日本政府・警察が事件の真相を隠そうとする

点に尽きるのです。上記PR動画では警察が堂々と虚偽のDNA鑑定を公表した例を取り上げていますが、その事例は、全く辻褄の合わない事故原因(圧力隔壁の修理ミス)を123便の事故報告書に記載したその対応と全く同質の話なのです。

また、ライブの出演者たちも、拉致事件の調査中に尾行されたり、身の危険を感じたことは何度もあったそうですが、その状況とは、123便事件を調べ続けてきた私の体験と何も変わらないことは言うまでもありません。

北朝鮮による拉致事件の解明が、単に北朝鮮との外交問題としてだけではなく、日本国内に巣食う何らかの二重権力機構の解明、そして123便事件の真相解明に繋がるのではないかと私は予想します。

そして何よりも、

 連れ去られた同国民を救い出す

、それができなくてどうして日本人であることを誇りに思えるのか?、まさにそういうことを言いたいのです。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
« 前ページ