goo

駿河湾、沼津沖で不穏な動き

本年8月より、静岡県沼津市の沖合い、駿河湾内で船舶の活発な動きが報告されています。その顕著なものが、次の三つです。

(1)若干の移動を伴う地球号の停泊
(2)沼津市片浜海岸における海上自衛隊による揚陸訓練
(3)9月22日夕刻、漁船ではない数10隻の船影


写真1:沼津市内浦湾から望む海上の地球号

(1)について、上記写真1は、同地域に居住する方が今月初めに撮影した海底掘削船地球号の写真です。8月下旬頃から、沼津沖数キロ圏内に少しずつ移動しながら停泊しているとの連絡を受けています。

(2)以下は、沼津市より沿岸地域の住民に流された自衛隊訓練に関する告知内容です。
◆放送日
 平成30年8月22日(水)、17時10分 放送
◆放送対象地域
 原東、片浜、今沢、第二、第三、第四、我入道、静浦、内浦、西浦、戸田
◆内容
 市役所からお知らせします。明日、海上自衛隊等が今沢基地を使用します。駿河湾で操業する船舶は、自衛隊の船に接近しないようご注意下さい。
担当課:総務課 TEL:055-934-4712

訓練の僅か1日前に、突然告知がなされています。複数の海上自衛隊関係者に尋ねたところ、そもそも、沼津に今沢基地なる、在日米軍所属の揚陸訓練場が存在していることを知らなかったし、訓練の場合、通常は地域住民に1ヵ月前には告知するのが通例なので、今回の場合、本当に緊急であったか、沼津市側が早期の告知を怠ったとしか考えられないと返答を受けています。緊急の揚陸訓練だった場合、その緊急性にどのような背景があったのか気になるところです。

なお、8月の揚陸訓練には英国海軍が参加しています。在日米軍・英国海軍・海上自衛隊の各国連合軍がいったい何を目的として訓練を行っているのか、また、地球号がこれにどう絡んでいるのか、あるいは無関係なのかもたいへん気になる所です。私は、これらの動きを

自衛隊を偽装した各国別働隊訓練(*1)

と推測します。ターゲットは当然ながら駿河湾でしょう。駿河湾の何が?という点に関してはまだ情報が分析できていませんが、その答の鍵となるのが、地球号の出現であると考えられます。

*1 各国別働隊:朝鮮、モンゴル、ネパール系など一見日本人と見分けのつかないアジア人種による外国軍部隊。アジア諸国にて当事国軍への成りすまし、潜入工作などを行う。123便事件では、自衛隊と在日米軍に2重在籍した朝鮮人系部隊80余名が事件処理に投入され、事件後に部隊ごと消滅させられたと聞く。なお、消滅とはその人命も含む。

(3)この1ヵ月の動きに加え、漁船でない船団の突然の出現も気になります。本日現在時刻、海上自衛隊の大型護衛艦「伊勢」が佐賀県の唐津港に寄港しています。情報筋によると、沼津沖の船団の動きと今回の伊勢の唐津寄港には関連性があるとのことですが、その詳細は不明です。


写真2:本日(23日)唐津の友人から送られてきた伊勢艦上の写真(一般公開中)


 * * *


最近の新聞の社会面で、「不正融資問題」で話題になった駿河銀行。その駿河銀行の本店が沼津市にあるということも、何か引っ掛かります。また、伊藤忠商事が所有していた山林を市に寄贈し、その山林の開発に防衛省が関っているなど、防衛関係者複数が関与する気になる噂も聞こえてきます。その他、沼津市内では街の再整備事業が急ピッチで進められていることも、何やら背後の動きを感じさせる兆候とも見て取れます。今後、静岡県沼津市、駿河湾における動静から目が離せません。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Hot spring or Cooling water

When I stayed in Philippine, I was invited by my friend to go to the pool resort together away from my home. The name of the resort is "Balungao Hot Spring Resort ".


(The coordinate value for Google map : 15.867372, 120.686200)

The strange thing I felt there is that the area around the resort was guarded by army soldiers with holding real guns under their shoulders even though there is no military facility near there. Some of them walked around inside the resort and sometimes talked to us.

After enjoying the swimming, my friend complained his legs were swollen red. We couldn't understand what had happened, then I collected the pool water into a plastic bottle.

At home, we inspected the water by using a phase contrast microscope. Surprisingly, we found many sparkling particles in the water sample. That is a typical phenomenon when water contains strongly charged particles or radioactive materials.

From the following two points of view, I concluded the reason for the symptom my friend suffered comes from the pool water highly contaminated with radioactive materials.
1) Armed soldiers protecting something
2) Hot spring in a place of no volcanic zone

Isn't it more reasonable if we think there is a military nuclear facility under the ground and the hot spring uses the cooling water of the facility?

Recently, the existence of underground nuclear power facilities is becoming obvious in Japan, so I dreadfully worry that some of or many of hot springs we know also reuse the cooling water of nuclear facility.


Even in a residential area near Tokyo, Japanese people can enjoy natural hot spas. Of course, if it is truly NATURAL.


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

認めたくない、日本の憂うべき現状(13) -北海道、嘘だらけの節電呼びかけ

2018.09.19 追伸



本当に2割の節電が必要だったのか?というのは本ブログの主張ではありますが、何はともあれ、計画停電が強行されなくなってよかったです。震災地域の早期の復興を願ってやみません。


少しは自重してくれると思ったのですが、日本国政府や電気事業連合会の面の皮はだいぶ厚いようですね。本日もこんなニュースが流れました。


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3516204010092018MM0000/

どうしても、北海道全域での総電力量の話に持って行きたいようですね。それほど、大電力長距離送電の神話を死守したいようです。そりゃそうでしょ、長距離送電ができないとなったら、いったい、我が家の電気はどこから来ているのかという話になるし、巨大な発電量の(地上)原子力発電所を建設・再稼動させろという議論の根底が崩れてしまいますからね。

繰り返しになりますが、大電力長距離送電ができないという物理的な根拠は「大電力送電の大嘘」を熟読していただきたいと思います。

それでは、今回大停電を経験した北海道をはじめ、日本の電力供給がどのようになっているか、改めて説明したいと思います。今回は図を用意したので、それをよーくご覧ください。


図1:日本の電力はこのように供給されている(クリックして拡大)
   神話の中ではC管区も不通区間も存在しない

図に描かれていることが説明の全てですので、改めて解説を加えるのはどうかとも思いますが、ご覧のように、私たちが発電所と認識している場所からは、せいぜい20km先にしか送電できないのです。北海道の場合は次の火力発電所まで100km以上離れたりしてますから、本当ならその間に幾つも発電所がなければ、その間の多くの地域には電力供給などできないのです。

それでも、人々はそこに居住し、当たり前のように電気を使っています。どうしてなのでしょう?そりゃ発電所があるからです。しかし、地図の上でも見渡す限りでもそんなものは存在しない。そうなれば、どこに発電所があるのですか?

 地下しか考えられないでしょう。

そうなんです。地下に発電所があるから、火力発電所から何10キロ離れていても、そこから電力が供給されるのです。そして、地下の場合は酸素を大量に消費する火力発電所は無理ですから、水力か原子力しか選択はありません。水力の場合は水量と高低さが要求されますから、地下の場合それは大工事になります。いかんずく、発電方法は原子力に限られることになります。

そんな地下原子力発電所が日本の地下に推定1万箇所以上は作られ、秘密が漏れないよう、地上社会に戸籍のない地下住人数10万人が保守に当たり、私たち国民の為にせっせと電気を作ってくれているのです。技術革新のおかげで、原子力発電装置は一般に知られる大型原子炉から、コンテナサイズ、最小のものはラグビーボールサイズにまで小型化されています。ここまで小さくなれば、地域の需要に見合うよう、出力の調整は自由自在なんです。

こうやって、日本の原子力発電依存度は95%超、ほぼ全ての電力を原子力に依存することになったのです。LNGだの太陽光だの風力だの、エネルギーミックスなんて掛け声自体が端から世迷い言なんです。さて、ここで一つ疑問が生じます。

 高濃度汚染された核廃棄物や使用済み核燃料はどこに行くの?

そう、それこそがこのシステムの一番の問題点で、はっきり言って、それらは地下で山積み状態です。排水だって垂れ流しです(*1)。地上に溢れ出すのも時間の問題でしょう。一部は山口県の石灰採掘場跡などに詰め込まれているようですが、核廃棄物の最終処分場などまじめに考えられていないのは明らかです。何たって収益第一ですから。そして、それこそが、地下原子炉の存在を公にできない一番の理由なのです。

*1 排水垂れ流し:都市のヒートアイランド化、海水温の上昇、温暖化の最大の原因は地下原発からの排熱や温排水なのです。一部は温泉などに有効利用されていますが、私は入りたくないな。


だから、ブラックアウトなどという無茶苦茶な理論を、経済産業省や各電力会社は一生懸命国民に植えつけようと必死なのです。そしてブラックアウトを説明するには、大電力送電の限界を知られてはならない。今回の北海道全域停電も、自分達がこれまで国民に説明し続けてきた神話が如き〇カ理論を浸透させるため、恣意的に発生させたものなのです。

図2 ブラックアウト神輿図(左:間違い、右:現実)
  あのね、最初からみんなで担いでいないんですよ(笑)
  全域停電はわざと、わざとなんです


つまり、2割節電の呼びかけなど神話を維持するためのポーズでしかない。計画停電が有り得るとしたら、止まった厚真火力発電所の近隣である、安平、厚真、苫小牧、むかわ辺りまでで、その地域以外で計画停電を起すことは、詐欺以外の何ものでもありません。同地域内にしても、厚真発電所の発電量は元々過剰ですから、政府の秘密地下施設への供給さへ止めれば、地上の生活者が停電の不利益を蒙る必要はないはずです。

北海道民のみなさん、政府・北海道電力の道民を愚弄する横暴に断固抗議して下さい!経済的損失を受けた方は電力会社を訴えてください。そして、彼等が地下で何をやっているのか、その真実を暴き出してください。北海道選出の代議士や、道内自治体議会の有志は、党派を超えて団結し、一丸となって道民の生活と権利を守ってあげてください。それができないようならば、今すぐ政治家を辞めてください。


あなたは率先して辞めよう


電気事業連合会の勝野哲会長(左)と北海道電力の真弓明彦社長(右)は検察に出頭してください。詐欺、不正経理、廃棄物処理法違反など罪状は山ほどあるでしょうから


 * * *


最後に、全国の大電力系エンジニアに問いかけます。あなた方の仕事は利用者に嘘を吐くことなのでしょうか?そんな仕事を、家族や知人に胸を張って伝えることが出来るのでしょうか?今一度、よくお考えください。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【緊急】北海道全域停電について

※18/09/07 (真)ブログに補足記事を掲載しました


本日未明、北海道で大きな地震が発生し、この記事を最初に掲載した時点で、北海道の全域が停電していると報じられていました。政府発表では、停電の理由を次のように述べてます。

 ・北海道の電力需要の半分を供給している火力発電所が止まった
 ・周波数の同期が乱れるので他の火力発電所も止めた


全部嘘です


 
本件について明らかな嘘を公言した世耕弘成経済産業相

150万戸分もの大電力が、わずか一箇所から広大な北海道内に供給できない理由は、「大電力送電の大嘘」をお読みください。全域で停電が起きているのは道内各地にある地下原発が連鎖的に緊急停止したからです。地上からの予備電源供給が途絶え、地上発電所近くの地下原発から次々と連鎖的に緊急停止が起こった、それがそもそもの原因です。周波数とか直接関係ありません、素人を煙に巻く言葉です。

私が推測する地震発生から停電までの経緯です。

 1 安平町周辺にある広大な秘密地下施設の地盤が崩落
 2 大規模地震を誘発
 3 地上火力発電の停止
 4 地下発電施設への予備電源供給の停止
 5 連鎖的に地下原発が緊急停止

その他、地下原発が緊急停止した理由に、地震により地下原発電力供給エリア内の送電施設などが倒壊し、急な抵抗減少に伴う過給電による障害を避ける目的もあったと考えられます。なお、地盤が崩落したのは、この夏続いた台風による雨の影響が大きいでしょう。

今回の地震で大分の中津のように地下施設の一部が露になった箇所があると思います。地元の方はそのような写真を積極的にSNS等へ投稿して頂きたいと思います。すぐに消される場合は、むしろ確度が高いと考えてください。自衛官や消防士の偽装を施した地下施設関係者にも要注意です。

予備電源が復旧されれば、電力はすぐに供給されます。もちろん、お近くの地下原発から。なお、発生経緯などから鑑みて、放射能等の地上への影響はほとんど無いと考えられます。

電気を専門にされている方、現在勉強している方、この件について本気で調べてみてください。きっとあなたも日本国政府の嘘が見抜けるはずです。世耕大臣、北海道民・国民を愚弄した虚偽会見の責任はとっていただきますよ。


■政府は地下施設従業者の救助を

Wikiペディアによると、北海道電力の苫東厚真発電所は1,2,4号基を合わせた最大発電量が165万kWとあります。確かに大電力でありますが、大電力が長距離送電できないことは再三このブログでお伝えした通りです。その有効範囲を半径20km範囲とすると、地図上では以下図の円の範囲にとどまることになります。お気付きのように、空港のある千歳市にすら供給できていない可能性があります。



都市への電力供給ができないのに、何故巨大な発電施設を建設したのか?今回の停電事故では「バランス」が言い訳の一つになっていますが、そのバランスとは、上記円内において成立する言葉なのです。つまり、発電量に見合う大消費施設がこの円内にあるということを暗に示しているのです。私はそれを、政府がひた隠しにしている巨大地下施設と想定しています。そして、地中深くに建設されたその施設こそが、地下地盤の崩壊により今回の地震の原因となったと考えます。

発電所が機能を止めた理由も、地震による物理的被害だけでなく、電力の大消費施設が突然失われたことによる電気的障害も大きな原因であったと考えられます。そのメカニズムを以下に説明します。電力をW、消費を電気抵抗のR、そこに流れる電流をIとしましょう。この関係式は次のようになります。

 W=R×I2

この状態でバランスが取れていた時、突然Rの値が小さくなったらどうなるでしょう?その値をRsとします

 Rs << R

するとこのバランスをとるために電流値Iは一気に増加します。それをIbとします。

 Ib >> I

Rsが0に近づくほど、Ibは無限に大きくなろうとします。すると、送電経路が電流値増加による磁場の圧縮力に絶えられず、放電したり最悪の場合発火するようになります。それが発電施設そのものを破壊するのです。

今回の場合、発電所が損傷した主原因はどちらかというと後者の方でしょう。それよりも私が気になるのはそれだけの電力を扱う地下施設の規模です。軍事目的か何かの研究機関かはわかりませんが、施設の規模もさることながら、相当数の人員がそこに従事していたはずです。その中には、私が地下住人と呼ぶ、地上社会に戸籍のない人たちが多数含まれると予想されます。その数数千人、いや数万人でしょうか。その人々が、おそらく、地下施設の崩落により相当数傷ついているはずです。

私が日本国政府に望むのは、戸籍があろうとなかろうとそれらの人々を救助し適切に保護することです。そのためには、これまで吐いてきた嘘を認め、事実を公表した上で国家的な収容プロジェクトを開始することです。このブログは、優秀な国家官僚の方々もお読みになっていると思います。今こそ皆様の勇気ある英断を私は望みます。

 * * *

日本の電力の95%以上が原子力発電によって賄われている。本日の地震は、これまで騙され続けてきた日本国民に、初めてその現実を実感させてくれた貴重な出来事だったかもしれません。


"Aber der Staat lügt in allen Zungen des Guten und Bösen; und was er auch redet, er lügt—und was er auch hat, gestohlen hat er's."
zitiert aus "Auch sprach Zarathustra" von Nietzsche

「国家が語る言葉はどれも嘘であり、国家が保有するものはどれも盗んだものである」
ニーチェ「ツラトゥストラはかく語りき」より



キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

広島・長崎、73年後の真実(3) - 偽装された核爆発

本日8月15日は73回目となる終戦記念日です。平和への思いを大切にしつつも、そもそも戦争が何を目的に行われたのか、その考察を止めることなく続けるのが、今に生きる私たちの義務だと思います。

人は元来、死に至る争いを求める生き物ではないはずです。戦争への自然な拒絶反応はどうやって取り除かれるのか、観念的な平和論だけでなく、祖先を戦争に絡め取った悪魔的な思想や大衆心理操作技術について、私たちは理解を深め、それに対処していかなければなりません。今日の記事が、それに少しでも寄与できれば幸いです。


■原爆に対する思い込みを分析する

当然のことですが、多くの読者様は原爆直後の広島・長崎の実態を直接見たわけではありません。しかし、各種情報ソースにより、原爆に関して様々な情報を与えられています。そして、実態を何も知らない一般の方々が、原爆と聞くと何を連想するのか?その心象について、それぞれの事象を、それを裏付ける写真と共に分析してみましょう。

 1)爆風を伴う強力な大爆発 (裏付け:建築物が吹き飛んだ広島・長崎市街の写真)
 2)放射線焼け焦げた遺体 (I裏付け:真っ黒に焦げた遺体)
 3)戦後の放射線障害 (裏付け:現代まで続く被爆者への保障)
 4)上空に湧き上がったキノコ雲 (裏付け:広島のキノコ雲)
 etc.


一般的な論調では、上記数点を全てひっくるめて原爆の特性と思い込まされています。しかし、よく考えれば、それぞれ別々の物理的特性であることは明らかです。その視点で上記4点を書き直せば

 1')強力な爆発力のあるものが爆発
 2')強力な放射線の照射
 3')放射能がそこにあったという事実
 4')爆発後の一時的な対流現象
 etc.

となります。要するにそれぞれの物理現象が狭いエリア内で短時間に連続発生すれば、原爆と呼ばれるものと等価になるのです。


■キノコ雲は核使用の証明にならない

上記4点で注意しなければならないのは4)のキノコ雲です。世間ではキノコ雲が目撃されれば、すぐに「核爆弾が使われたのではないか?」というそそっかしい論評が巻き起こりますが、キノコ雲は多少爆発力の強い物が爆発すれば普通に見られる現象です。ガソリンに点火しても黒いキノコ雲が見られます。これは、最初の爆発力により、地表での反射を含めた上昇気流が発生し、それが高速で圧力の低い中心部に集まりながら、上空で減速した時点で四方に拡散すると考えれば、難なく説明できることです。ですから、

 キノコ雲=核爆弾

は完全な誤りであり、実際には

 キノコ雲=爆発物の爆発

と解釈するのが正しいのです。つまり、キノコ雲という事象を見ただけでは、それが核爆発に因るものかどうかは判定できないのです。これにより上記4)は、核爆発を証明する事実とならないことが分かります。


■大爆発の原因について考える

1)については、エネルギーによる説明が最も多いようです。短時間内に起こる物質的なエネルギーの解放が爆風や熱に変るとされています。原爆が持つエネルギーについては、その説明として

 E = mc2

という、1905年に発表されたアインシュタインの特殊相対論における「質量とエネルギーの等価」がよく用いられるようですが、そこでエネルギーに転換された質量がいったいどのようにあれだけの爆風や光を発する物理的プロセスを経るのか、それを詳細に説明する文献に出会ったことがありません。どこかにあるのかもしれませんが、それはこちらの勉強不足なのでごめんなさい。

さて、爆発現象がエネルギーの放出で説明できることなら、同じくエネルギーを放出する化学反応を用いれば同様の説明は可能であるはずです。広島・長崎の場合は大爆発ですが、大量の化学反応物質を用いれば、核爆発と呼ばれる物理現象と等しい爆発を起すことは可能です。この場合、問題となるのは、その大量の化学反応物質をどのように設置し、どのように反応させるかという、現実的なオペレーションとなります。そんなのは現実的に無理、だからこそ核が使われたのだと思いたくなりますが、

 化学反応の否定 → 核 

とするのは、議論としてはあまりに乱暴過ぎます。未知の化学・物理的反応があるのかも知れませんし、既知の気体を上手に使えば広島・長崎級の爆発を起すことは充分可能だと言うのが私の見解です。その具体的実行方法(*1)にはついては仮説を用意してありますので、後日これを公表したいと思いますが、ここでは、

 大爆発=核使用

と一概に断定できないことをぜひご理解ください。
*1 具体的実行方法:
ここで、「長崎の原爆はなかった」で出したお題、広島と長崎に共通する社会インフラは何か?の答が関ってきます。既に多くの方から正解を頂いておりますが、その答は

 市電

です。この答と原爆偽装のカラクリについては追ってご紹介いたします。


■放射線や放射能は核爆発由来とは限らない

3)の放射線や、多くの人が苦しんだ4)の残留放射能はまさに、原爆の悲劇性の象徴とされ、また、原爆の特殊性を物語る代名詞とされています。しかし、この二つは1)、4)の爆発と本来関係のない物理現象です。それを繋げるのが原爆の超臨界爆発に関する理論なのですが、実は、超臨界爆発が発生していなくても、両者は存在し得るのです。つまり、

 放射線・放射能の存在=超臨界爆発の発生=核爆発

とは断定できないのです。

どういうことかと言えば、現在でもレントゲンなど医療の現場、そして各種工業用など、人工的に放射線(γ線)を発生させることは普通に行われています。問題なのは同時に大量発生させることが可能かどうかということでしかなく、その為には大電力と放射線源たる大量の放射性物質(放射能)が必要となります。

ここでお気付きのように、予め大量の放射能が用意できるのなら、爆発とは一切関係なく、爆発後からでも地上に撒き散らせば、史実として報告されているような原爆後の悲劇は観測され得るのです。

そうすると、大電力と大量の放射能はどこからやってきたのか?となりますが、それを説明するのが、1900年頃にはとっくに完成していたと思われる、全国主要都市における地下原発の存在です。詳しくは「認めたくない、日本の憂うべき現状(8) - 中西部地下原発マップ」を再読していただきたいのですが、要するに、核爆発など実際に起きなくても、私たちがこれまで認知していた原爆の効力は、ほとんど説明可能だと言うことです。

加えるなら、広島の原爆直後に降ったとされる黒い雨。この黒い雨こそが、大量の放射性物質を含み、戦後、広島の市民を苦しめた元凶であると、私は推測します。もちろん空中への放射能散布と人工降雨技術を取り入れてこれを行ったと考えられます。どちらも空中に化学物質を撒くだけですから、当時の技術で充分実行可能であったでしょう。長崎の場合は、二度も黒い雨を降らすとさすがに疑われるので、放射性物質の空中散布だけに留めたか、あるいは、米国軍の投下した爆弾型カプセルの中に、予め大量の放射性物質が詰まっていたのかもしれません。
今回の記事でまた「地下原発」が出てきました。この地下原発こそが近・現代の産業エンジンであったことを私たちは受け入れ、認めなければ、ここ数百年の歴史を正しく理解することは叶いません。

私の説を「妄想」と一笑する前に、あなたが今現在使われてる電気がどこから来ているのかもう一度よく考え、できれば鉛筆と紙を用意して再計算してみてください。何度も繰り返しますが、大電力送電は物理的に不可能なのです。では、どこからその電気は来ているのでしょう?詳しくは本ブログの過去記事「認めたくない、日本の憂うべき現状(9) - 大電力送電の大嘘」をよくお読みになってください。



 * * *


今回は敢えて深入りしませんが、非核爆発説で一番肝心なのは、何故、米国が日本に原爆を投下したという捏造史が、日本は元より世界中に正史として通用しているのかという点です。日米の戦争共謀はもちろんのこと、世界を動かす権力は、原爆・核戦争という神話に何を求めていたのでしょうか?

これは余談でも誇張でもなく、この原爆神話こそが、同じく日米ソ共謀の痕跡が見られる1985年8月12日の日本航空123便撃墜計画に向けた歴史的展開の中で、絶対に欠かせない要素であったと、朧げながら分かってきました。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ