goo

「学」とは何か-日月神事から

私の事を日月神示を引用して、科学偏重の神の破壊者だと批判する方が居ます。私の書いた科学系記事を読んでどうしてそんな解釈になるのか、その時点で理解に苦しむのですが。



その方の引用ロジックが著しく間違っていると思われるのでここで指摘しておきます。

[月光の巻、第三十四帖]
 かみかかりはよしなされよ。
 そなたは学に囚われて御座るぞ。
 科学を越えて神の学に生きて下されよ。
 そなたは自分で自分の首をしめるようなことをして御座るぞ。
 自分で勝手に小さい自分の神をつくってゐるぞ。
 一度その神をすてなされ、

この引用を以って、私を「学に囚われた」偏狭な人物だと指摘されたいのでしょう。しかし一方、日月神示にはこういう一文もあります。

[日月の巻~第11帖]
 学も神力ぞ、神だぞ。学が人間の智恵と思っていると とんでもないことになるぞ。

引用文中の「科学を越えろ」とは、学を修めてきた人に向けられた言葉です。これまで学をさぼってきた人たちを肯定している訳ではありません。学無き審神者(さにわ=霊言の判定役)は神力なき審神者と心得るべきで、そんな審神者が何人集まっても正しい判定などできるはずがありません。

科学の限界は科学を学んだ当人が一番よく知っています。それは学んだからこそ到達した境地なのです。そこから目指した神と、これまで学びをさぼってきた人たちが目指す神が全く違うことを理解する必要があります。

日月神示は記述全体で一つの意味をなす、他者ではなく読む者に向けた気付きのヒント集だと私は捉えています。日月神示を語ろうと思うなら、通しで最低10回、できればそれ以上は読み込む必要があります。そうでないと、都合の良いところだけ拾い読みして何かを予言したり誰かを批判して終わりの有害文書となってしまいます。

私はクリスチャンですが、聖書以上に日月神示にも目を通しています。これまで20回に届かないくらいは通読したでしょうか。しかしそれでも、その意味の1/100も理解できたとは思っていません。ですから日月神示を語る資格は私にもないのかもしれません。

しかし、世の中にあまりにも安易な引用、霊言・予言の類が出回っているので、私なりに「読み方」の注意を喚起させて頂きました。

こういう話に関心がない方にはお詫び申し上げます。本の勉強、学校の勉強もそれなりに大事なのだと理解して頂ければ幸いです。


 * * *


 よきことは 人にゆづりて 人をほめ 人たてるこそ 人の人なる
 (春の巻 第35帖)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あの日から三年目を迎える前に

3年前の8月12日「JAL123便墜落事故-真相を追う-あれから32年、一の年へ」という記事を掲載しました。そして、あと1か月半でいよいよその3年目の同月同日となります。

同記事を改めて読み返して、私が今現在どのように思っているのか、それを以下にまとめてみました。記事本文にも追記してますので、合わせて読み返して頂ければありがたいです。


 * * *


私は今、人は「未来のことは分からない」し「未来を見たように語るべきではない」と考えるようになりました。例えそれが信仰する神のお告げだとしても、それを仲介するのは人間です。言葉や他の表現に変わった時、そこには弱き人間である仲介者の私情が入ることは避けられません。お告げとは、各自が心で受け取り、各自がそれを解釈する、それで良いのだと思います。どんなに頑張ったって人は必ずいつか死ぬのだし、生死はそもそも神なる存在(あるいは自然の摂理)が取り扱う領域です。神による「従わなければ命はない」などというお告げは、そもそもアプリオリなことを強面に言ってるだけで、人はただ、良く生きればそれで良い、そう思うようになりました。しかし、だからと言って皆が好き勝手に生きれば必ず世の中に軋轢が生じます。「どうすれば皆が良く生きられるのか、それを考え実践せよ」、私には神が人に向けてそう問いかけているように思うのです。


 * * *


123便事件の調査はなかなか思ったように進みませんが、この事件を通して世の中をどう見たらよいのか、自分の人生において大切な教訓を授かったのは確かだと言えます。

この世の軋轢が最も歪んだ形で現れた123便事件(私はそう思っています)、この真相を知ること、知らせることで、ほんの少しでも世の中が良くなれば、それ以上のことは望むべくもありません。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

The Returned Arrow Touched Time-Space Softly

Dear Magicians of Time-Space

This accident may be a kind of gentle warning. Technical cheats you've made look admirable inventions for me, but cheats are nothing but cheats and someday you have to compensate as much as you looted from innocent people.

Unless you change your bad habit, you'll encounter more serious cases that could make your cheats revealed to the public.

京成押上線青砥駅で列車脱線 けが人の情報なし 東京 葛飾
2020年6月12日 11時52分

12日午前、東京・葛飾区にある京成電鉄の青砥駅の構内で、押上線の普通列車が脱線しました。京成電鉄によりますとこれまでにけが人の情報は入っていないということです。

京成電鉄によりますと12日午前10時15分ごろ東京・葛飾区にある京成電鉄の青砥駅でホームに入ってきた押上線の上りの8両編成の列車が脱線しました。

8両ある車両のうち、後方2つ目の1両が脱線したとみられ、乗客はすでに全員が列車を降りたということです。これまでにけが人の情報などは入っていないということです。

この列車は午前10時13分に京成高砂駅を出発し、午前11時8分に京急線の羽田空港第1・第2ターミナル駅に到着する予定でした。

会社は脱線の原因について調べています。

この影響で押上線は午前10時15分ごろから青砥駅と八広駅の間で運転を見合わせています。

一方、京成本線と成田スカイアクセス線は一時、運転が見合わされましたが、これまでに運転が再開されています。
(以下略)





引用元:NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200612/k10012467831000.html


この事故は不思議な事故です。脱線自体は時々起こることですが、どうしてパンタグラフが車体から分離して架線に引っ掛かったのでしょうか?こんなのは見たことがありません。

おそらくこれは、最近の電車の制御方式に関係していると考えられます。最近の電車は雨が降っても車輪は滑らず、人を満載してもスムーズに急加速し、しかも乗客を前のめりさせることもなく、ちゃんとホームドアの前で停止できますよね。物理的にはアンビリーバボーな技術なのです。

おそらくあの制御技術を使っているのではないかと思いますが、あれの制御に失敗すると僅かな誤差で今回の事故のようになることは十分考えられます。

万全を期して登場した技術なのでしょうが、どうして今回こんなことになったのか?私は原因はこれ(以下の図)が説明していると思うのです。



 「青」砥 → 「青」木昆陽 → 大宮公園 → 氷川神社
 青「砥」 → 「砥」鹿神社 → アラハバキ → 氷川神社
 四ツ木 → 世継ぎ
 四ツ木+八広 → 48 (「4月8日に岡田有希子さんを思う」)
 キャプテン翼 → 頭領(元首)+翼 → 飛行機に乗った元首(天皇?)
 綾瀬川 → 「氷川と綾瀬と昭和天皇と-皇室への呪い


京成電鉄と言えば「おかしな停電、関東でも」で取り上げたように、一昨年の秋、全線を丸一日運休させたことがある会社です。その後、鉄道が立て続けに止まり始めたのは記憶に新しいかと思います。

先月末より、この手の警告めいた出来事が続いています。ここでは、呪術と超ハイテクの違いは紙一重であると覚えておいてください。

※追記
6月13日朝8時頃、京成線利用の知人から写真が送られてきました。公式には今朝の7:45に完全復旧とアナウンスされています。念入りに検査したようですね。


With lots of love


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

The Longest Flight of a Hornet

Dear friends of the land of Kangaroos

A few days ago, we've just found the piece of the plane that might remind you of your old friend who was lost in the sky. The second lieutenant is now waiting for you and his family in the place where he is.

Please call on him there. I left a mark on the map below for your convenience.


(36.002782, 138.708977)

かつて本ブログでは、御巣鷹の尾根周辺で発見された様々な軍機の破片を紹介してきました。その後、表面に出ているものは123便事件隠蔽関係者によってほとんど回収されてしまったのですが、それでも土に埋まった物が、風雨に晒され時々地上に顔を覗かせることがあります。

以下の写真は、最近発見された機体破片です。上記地図はその発見現場です。これがどこの国の何という機体のものなのかは、上記英文を参考にしてください(日を置いて正式に公表します)。







この破片が示す事実とは、123便事件はもはや米ソ対立という一般論、米ソ共謀などという陰謀論も超えた、国境なき世界の秘密であるということなのです。この秘密を解く鍵は、封じられた古代日本の成立史を解き明かすことでしか得られないと私は考えます。

これまで、古代よりこの秘密を守り続けてきた家や組織が私の調査にとって大きな障害でしたが、時節が訪れ、彼らもこの戦闘機と同様、日本の地から排除されるかどうか選択を迫られる状況に変わりつつあります。

123便事件の真相が明らかにされるに従い、驚くような事実が連続して公表されるでしょう。直ぐには受け入れられないとは思いますが、読者様におかれては、これから何を聞かされても動じない心の準備をお願いいたします。

With lots of love.


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

The Door to the Place

Dear friends in Kyushu

Oyama-afuri shrine in Isehara city reminded me of the exciting days with you in Fukuoka.

However, I'm so sorry to inform you of the grace period. Whether you want or not, you must return all of your privileges of the shrine back to the original owner not so long before this summer.

I don't think an unallowed occupation of the land of great ancestors deserves your lives.

I just would like to have a face to face talk with you concerning your withdrawal within a few weeks.


Image 1: Oyama-afuri shrine in Isehara city


Image 2: Please check my message left here


Image 3: The shrine and the JAL flight 123 on map


Image 4: "Rumeso", what kind of food isn't it? :-)

昨日、123便事件関連調査のために神奈川県伊勢原市の大山阿夫利神社へ行ってきました。同神社下社前から123便が最初の異常を報告した相模湾が一望できるはずだったのですが、あいにくの雨天により雲がかかり相模湾は見えず終い。少し残念な思いをしましたが、その代わり、古い歴史がある同神社をたっぷりと観察することができました。

時は上代(神武天皇以前)、こちらのカミ(上代の天皇のこと)がどうしてこの地に祀られることになったのか、何故に摂社が天満宮なのか、それについては歴史専門ブログ(神)日本の黒い霧でお伝えする予定です。

なお、私は神話に根差した歴史ロマンなど語るつもりは毛頭ありません。大山阿夫利神社のカミと123便事件は、この国の2000年来続く未解決案件を通して切っても切れない関係にあるのです。

With lots of love


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ