goo

宮城でまた地震-地震は人為的に起こされる

気象庁の担当者(裏方)さん、今度の実験は齟齬が出なくてよかったですね。これなら誰が見ても普通ぽい地震に見えますよ。おめでとうございます。

福島県沖でM6.2 宮城と福島で震度5弱を観測


2019/08/04 20:06 ウェザーニュース

4日(日)19時23分頃、福島県沖を震源とする地震が発生し、宮城県石巻市、亘理町、福島県双葉町で震度5弱を観測。関東から東北にかけての広い範囲で震度3~4の揺れを観測しました。

地震の規模を表すマグニチュードは6.2、震源の深さは50kmと推定されます。この地震による津波の発生はありませんでした。
防災科学技術研究所による速報解析によると、西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型の地震と見られます。

福島県沖を震源とするマグニチュード6以上の地震は今年の3月11日以来、宮城県や福島県で震度5弱以上の揺れを観測するのは2017年以来のことです。(宮城県 2017年2月28日以来、福島県2017年10月6日以来)
(以下略)

引用元:ウェザーニュース https://weathernews.jp/s/topics/201908/040165/?fm=tp_index


ついでに、今回の地震をモデルに、日本列島の半分を揺らすのにどれくらいのエネルギーが必要なのかを計算してみました。本当なら減衰率とか振動時間とかを考慮して精密にはじき出したいのですが、私もそこまで暇ではないので、ざっくりとやらせてもらいました。

まず次のような条件だと仮定します。

・揺れた面積:おおよそ15万平方キロメートル
・反重力方向への総移動幅(全域平均):10cm
・土質の密度: 3.0g/cm3 (一様の変成岩と仮定)
・平均の深度:25km (50kmの半分)


図:8月4日の地震域

計算過程は省略しますが、広島級原爆で15万発分、それより10倍強力だと言われる現代の核弾頭で1万5千発分のエネルギー量が必要であると結果が出ました(*)。また、これは揺れた西側半分の数字なので、東側を含めると震源付近では核弾頭3万発分、実に世界が保有している全核兵器のさらに倍以上の分量のエネルギーが震源付近に瞬間的に発生したということになります。

*原爆・核弾頭:簡単のため、こういう表現を使わせてもらいました。そもそも私は、核兵器はこの世に存在しないと考えており、その根拠及び、広島・長崎で起きた出来事の真相については、このブログで記事にしていく予定です。


この計算は、あくまでも縦揺れについてのみであり、横揺れは考慮してません。また、これだけのエネルギーが極短時間かつ平均的に陸地だけにかかったことを想定してますので、実際にエネルギーが波として伝わるなら、当然震源からの距離の2乗に反比例する減衰分を考慮しなければなりません。つまり、震源付近に生じたエネルギーはこの計算よりさらに巨大であったと想定されます。

正直、これだけのエネルギーが狭い領域で生じる根拠をプレートテクトニクス、ましてや局所的な断層のズレで説明することはできません。また、仮にこれだけのエネルギー放出が海底の地下50kmで本当に発生したのなら、恐ろしいほどの巨大津波が発生するでしょう。

つまり、特定の震源一点から地震波が伝わってくるというこれまでの地震発生モデルは、少なくとも大地震においては全く現実的ではないのです。2011年の関東東北大震災は海底に埋め込まれた核爆弾によって起されたと信じているDEEPな陰謀論者さんが多いようですが、仮に1000発埋め込んでも、あの規模の地震は絶対に起こせません。陰謀論を標榜する方は、まず中学校の理科と数学をおさらいすることから始めてみられては如何でしょうか?


 それでも、大きな地震は実際に起き、震源から遠ざかるにつれて震度は小さくなるのが観測される


だから特定震源はあるのでしょうか?その常識が通用しなかったのが、先月7月28日の未明に起きた異常震域と呼ばれる地震だったのではありませんか?

 関連記事:異常震域報道の異常


では、大地震はどのように起きていたのか?一箇所の震源に全てのエネルギーが集中していたと考えるのは、前述のとおり無理な話ですから、震源地から離れるにつれて徐々に小さくなるようなミニ震源が地下の比較的浅いエリアに分散していたと考えるしかありません。図にすると以下のようになります。


図:震源の段階的移動-小さな×印はミニ震源

こんなに上手く震源が連動して活動するものなのか?当然自然には無理だと考えられます。つまり、ミニ震源の連動は人為的に制御されていると考るのが妥当なのです。先月28日の異常震域も、本来、三重沖の震源に連動させて発動させるべき2段目のミニ震源を間違えて東北で発動させてしまった。あるいは、仙台沖に設置された初段の震源を動かすつもりが、何を間違ってか三重沖を動かしてしまった。要するにシステム的な誤動作、あるいは人によるオペレーションミスです。そのために、あんなチグハグな世にも奇妙な地震が起きたのではないでしょうか?

以上より、私の結論はこうなります。

 今も昔も、全ての地震は人工的である

と。そして、次に問題となるのは、ミニ震源を揺らすメカニズムと、中世の大地震など科学史的な観点による状況の説明です。これらについては現在解明中であり、近々その詳細をお伝えできるかもしれません。


 * * *


先の東日本大震災はもちろんのこと、100年近く前の関東大震災も人為により行われたと私は見ています。来るぞ来るぞと警告が続いている東南海地震も、やはりボタンのスイッチを押さなければやってくるような地震ではないでしょう。地震への恐怖が莫大な公共投資・民間投資を生み、実際に大地震がくれば多くの犠牲者を生むとともに、巨大な建設需要が転がり込みます。現在の東京も、大地震があったおかげで大規模な区画整理ができたことを忘れてはなりません。

この地震発生メカニズムと制御テクノロジーを理解したとき、私たち日本人は地震の恐怖から完全解放されるのだと思います。最近になってそのメカニズムの一端が見えてきたこと、また、それに干渉する術が少しずつ分かってきました。全面解放の日は意外と近いのではないかと予想してます。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土


追伸:
 8月4日の地震が起こる少し前に、大阪で空の異変があったようです

引用元:匿名の投稿より http://www.hira2.jp/photo/kumo-20190804.html

「反薄明光線:太陽と正反対の方向に光線の柱(光芒)が放射状に収束して見える現象」と言うらしいですが、どう見ても光が収束しているのではなく、光の連続性が部分的に途絶えていますよね。しかもバックグラウンドの青空が赤色散乱もせず遠くの地平線まで続いている。天球投影システムの不調でしょうか?当然ながら地震制御システムと連動しているのでしょう。気象担当者(裏方)さんたちの日々のご苦労が窺い知れます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ダブル高気圧で嘘もダブル

毎日暑い日が続きますね。昨年も猛暑でしたが、今年は夜風が涼しいというか冷たさも感じるので、その点はずい分楽です。そう言えば今朝も蜩(ひぐらし)が鳴いていました。熱中症に気を付けて、この残暑を乗り切りましょう。

猛暑の原因 “ダブル高気圧”とは?
2019年7月29日 月曜 午後0:01

気象庁は29日午前、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。

岩手・釜石市では、すでに35.5度を記録するなど、29日も全国的に暑くなる見込み。

この暑さ、長く続くおそれがあるということだが、実は“ダブル高気圧”が原因とみられる。

ダブル高気圧とは、太平洋上で発達する太平洋高気圧と、中国の上空で発達するチベット高気圧という、高度が異なる2つの高気圧が重なりあって、日本の上空を覆っている状態。

普段、日本の夏は、太平洋高気圧に覆われているが、さらにその上にチベット高気圧が覆いかぶさることで、いわば、ふたをするような形になり、熱がこもるために、猛暑になる確率が高くなるという。

「災害レベル」といわれた2018年の猛暑の時期にも、チベット高気圧が重なってダブル高気圧になっていて、埼玉・熊谷市では2018年7月23日に、観測史上歴代1位の41.1度を観測した。

今週の各地の予想最高気温を見ると、特に福島では、1週間通して猛暑日予想となるなど、各地で厳しい暑さとなるとみられる。

そして、少なくとも8月上旬までは、ダブル高気圧の影響でこの暑さが続く見通しで、特に内陸では、猛暑日が続くとみられる。

こまめな水分補給や休息など、十分な熱中症対策が必要となる。

引用元:FNN PRIME https://www.fnn.jp/posts/00421560CX/201907291201_CX_CX


気象庁が演出する夏気分を壊したくはありませんが、何なのですか「ダブル高気圧」って?メディアが色んな説明をしておりますが、以下の図が分かり易そうなので拝借いたします。


図:ダブル高気圧の説明
引用元:西日本新聞 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/434209/

えーとですね、この説明はとっても気持ち悪いんです。二つの高気圧帯が上下で接触すると以下の様になると思うのですが・・・


図:上下に配置された高気圧帯モデル


①と③の場合は相対的に低い方の圧力帯域は高い方から侵食され、最終的に両者の中間的な圧力に均一化されるはずです(実際には高度によって傾斜配分されるはずですが)。また、②の場合は互いに同圧力なので、「ダブル」と二つあることを強調する意味が全くありません。

図の矢印を見ていただくとお解かりなると思いますが、二つの高気圧帯が上下重なっても、相殺される圧力もあるので、下降気流がダブルになるなんてことはありません。

また、地表は開放系です。高山で四方を囲まれた盆地でもない限り、下降気流による熱的圧縮が起こるはずがありません。あるとすれば、元々高温の空気が高空の低温域から送り込まれ続けているということになりますが、それも説明になっていません。よって、一番考えられるのは地表近くに何か別の熱源があって、それが上空に抜けないということなのですが・・・とにかく熱力学的物理法則をあっさり無視したこれまでの説明を納得しろというのも無理な話です。

それに加え気象庁が発表した次の台風進路予想図を見てください。


図:九州へと向かう台風8号(2日15時)
引用元:tenki.jp 台風情報

低気圧の塊である台風が、まっしぐらにダブル高気圧帯に突入するという予想ですか・・・あれっ、台風って高気圧に阻まれて帯域の縁(へり)を迂回するんじゃなかったのですか?そもそも、高層圏まで到達する台風の雲が、日本に近づく時は偏西風の影響を受けず、離れるときは偏西風に乗ってハイ加速というこれまでの説明も何か変ですよね?何にせよ力学的な全ての偏位は均一化に向かう、これが物理法則です。

気象庁の予報官さん、天気なんだから解からないものは解からないでいいのです。取ってつけた適当な屁理屈をさも科学的根拠のように公表するのだけはやめてください。子供たちに真似をされても困りますので、よろしくお願いします。そうそう、今年の暑さはお得意の「地球温暖化」の影響ではないのですか?(笑)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土


追伸
 気象システムの不調による担当者(裏方)のご苦労は理解しておりますが、東北・北海道まで南部同様に暑くしてはかえって不自然な印象を国民に与えるだけです。ベトナムなど低緯度地域の国から来られた外国人が「日本の方が自国より暑い」と嘆いておられるのをご存知でしょうか?早急に調整のやり直しをお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

異常震域報道の異常

28日未明の地震ですが、いくら素人相手だからと言って、この報道はないでしょう。今後、同じような地震が頻発するでしょうから、今のうちに指摘しておきたいと思います。


異常震域とは?三重が震源で宮城が揺れた理由。
震源の深さは速報値で約420kmとかなり深く、南海トラフ巨大地震とは別とみられます。
ウェザーニュース


019/07/28 08:27 ウェザーニュース

7月28日(日)3時31分頃、東北から関東の広範囲で震度3以上の揺れを観測する地震がありました。震源は遠く離れた三重県南東沖で、地震の規模はM6.5です。

南海トラフ巨大地震は震源の深さが10kmから40km程度とされていますが、今回の震源の深さは速報値で約420kmとかなり深く、別系統の地震とみられます。

深発地震による異常震域とは

模式図

今回の地震は非常に深い所で発生する「深発地震」と呼ばれるものです。震源に近い東海や近畿では震度1以下となっている一方、関東や東北に強い揺れが到達しました。

多くの地震では震央から同心円状に揺れの強い地域が分布しますが、今回の地震は震源が深かったことで、地震波が伝わりやすい太平洋プレートに近い地域が大きく揺れる「異常震域」と呼ばれる震度分布となりました。

三重県南東沖で今回のような大きな深発地震が発生するのは、2003年の11月12日以来です。

また、1984年1月1日にはM7.0の地震が発生し、東京都千代田区や横浜市で震度4を観測しました。こうした地震は津波の発生こそないものの、大きな揺れを伴うことがあるため、注意が必要です。


震源は南海トラフ巨大地震と別

日本列島周辺のプレート

南海トラフ巨大地震は、フィリピン海プレートが陸のプレートに沈み込む場所で発生する巨大地震です。想定される震源の深さは10kmから40km程度とされています。

一方今回の地震は、震源の深さが速報値で約420kmと、かなり深い地震でした。日本海溝から西に向かって沈み込む太平洋プレートの中で発生した地震とみられます。

これらの違いから、今回の地震は南海トラフ巨大地震との直接の関連は無いものとみられます。


震源から離れた地域で長い揺れを観測

ウェザーニュース

ウェザーニュースが独自に設置している、生活環境の揺れを観測する「Yureステーション」のデータを見ると、東京都板橋区の鉄筋の建物9階では40秒前後の強めの横揺れがあった後、さらに1分以上微弱な揺れを捉えていました。

引用元:ウェザーニュース https://www.huffingtonpost.jp/entry/mie-region-of-abnormal-seismic-intensity_jp_5d3d031ce4b0a6d637407f48



そもそもプレートテクトニクス理論は仮説であり、プレートの存在が確認されたことは一度もありません。仮にプレート理論が成立するとみなしても、この報道では以下の点が不明です。
     
  1. 太平洋プレートが他のプレートに比べて地震波が伝わりやすい根拠が示されてない
  2.  
  3. 太平洋プレートの境界線は関東から北海道の沿岸にかけて平行に走っているが、なぜ宮城以北の揺れが小さかったのか説明がない
  4.  
  5. 地図で示される震源はフィリピン海プレート内である。太平洋プレート内で起きた地震と断言する根拠は何か?(おそらくフィリピン海プレートの下に潜り込んでいると言いたいのでしょうが、いつ誰が確認した事実なのか、プレートの存在すら確認できてないのに)

仮説の上に組み立てられた仮説、結局デタラメじゃないですか、気象庁さん。お天道様が相手なんだから解からないものは解からない、そう言えばいいのですよ。

関連記事:今はもう秋


キリストの御国にて記す
管理人 日月
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

はやぶさ2、初号機とは違うのだよ!

前回の記事でお知らせしたはやぶさ2の偉業を称えるため、物理を勉強中の高校生でも分かるよう、その制御技術の凄さを数字を使って説明したいと思います。光速で20分先の宇宙で、こんなことが行われているんだと理解していただければ幸いです。高速じゃありませんよ。


まず基本データから。これは簡単にWikiから拝借しました。

 小惑星リュウグウの質量(M): 4.5 × 1011 [kg]

 はやぶさ2の質量(m): 600 kg

 重力定数(G): 6.6740831 × 10-11 [ m3/kg・s2]

さて、万有引力の法則から、はやぶさ2にかかる引力(F)は次のように導かれます。

 F = f(r) = G・M・m / r2 [N]

そして、リュウグウからはやぶさ2にかかる重力加速度(a)は重心からの距離(r)の関数になるとします。

 a(r) = F/m = G・M/r2 ≒ 30/r2 [m/s2]

さて、上式で r = 1 [m] とすると、つまり、リュウグウの重心から1m付近では、地球の3倍の重力(3G)ほどの力がかかることがわかります。

これを、距離rの関数としてグラフ化すると次の図のようになります。


図1:リュウグウの重心から距離と重力加速度
   ※その後補助線の位置と関連箇所を修正しました

リュウグウの直系は700m程度ということなので、仮に着陸地点を重心から300m位離れた表面と仮定すれば、その部分での重力加速度は上グラフより

 a(300) = 0.00033 [m/s2]

つまり、地球の重力加速度の10万分の3.3という極めて低い数値になり、ほとんど浮遊している状態であると考えられます。ですから、「着地」というプロセスそのものに意味がありません。敢えて言うなら「接地」でしょうか?だからこそ、劇団JAXAさんは今回は「タッチダウン」という用語を使用しているのでしょう。


図2:デモCGにおけるはやぶさ2のタッチダウン体勢
   https://www.youtube.com/watch?v=OR-vN1xyfF0

なので、はやぶさ2のデモCGにあるような、リュウグウからの重力に引かれて「よいしょ!」と接地するようなシーンは実際にはあり得ないと言えます。重力は殆ど働かないのですから、実際は、マッハ50以上の超高速でリュウグウと並走し、時間をかけて徐々に徐々に近づくしか、方法はないはずです。下手に角度を付けて接地すると、力積作用であっという間に宇宙の彼方へはじき飛ばされてしまいますからね。

デモCGであのように分かり易く表現しているのは、国費100億円以上も掛けた国家プロジェクトですから、一般納税者に分かりやすく説明しなければならない、そのために多少演出を入れた配慮の結果なのでしょう。本当にありがたい心配りで、私も嬉しくて涙が出そうです。

はやぶさ2がリュウグウにはじき飛ばされる理由

はやぶさ2を質量mのパチンコ玉、リュウグウを質量Mのボーリング球に例えて図で説明します。高校生の読者諸君で理系専攻ならば高校物理の「力積」または「運動量保存の法則」でこれを習うはずです。教科書を読みながら考えてみましょう。

なお、速度V,vはベクトル表記です。vyを充分小さく、すなわちvの角度を充分小さくして接近しないと、パチンコ玉はボーリング球にはじき飛ばされるのが分かると思います。

これを、40分の通信タイムラグをものともせず、直系6mの指定範囲にタッチダウンさせるからこそ神業なのです。


図:パチンコ玉接近中


図:接触後にはじき返されるパチンコ玉
  接触時に両者同じ力を受けるが、速度変化は軽いパチンコ玉の方が大きい
  両者マッハ50以上で移動しており、僅かな速度変化も観測には致命的

この議論以前に、どうやってはやぶさ2をマッハ50以上まで加速したのかも謎なのですが、そこは宇宙劇団、あっと驚くウルトラC(神業)を考案したに違いありません。皆で考えてみましょう。

 1. ISSでブースト用ロケットを組み立てていた
 2. ガンダムに押してもらった
 3. そもそもリュウグウに辿り着いてなかった
 4. その他(               )


でも、劇団JAXAのCG担当者さん、これはやり過ぎですよ↓

図3:リュウグウを周回するはやぶさ2

リュウグウからの重力が殆ど働かない中、どうやって周回するんですか?並走するだけでもたいへんなのに、ぐるっと一周だなんて!燃料を使って自力で周回運動しないといけないんですよ?そんな制御を往復通信時間40分、時間の読取り精度は0.1m秒単位以上で本当にやれるんですか?帰りの燃料のこともあるでしょうに。

国民へのサービスに一生懸命なあまり、無理筋な説明をされても恐縮しますし、物理を勉強中の学生さんが勘違いしてもいけません。どうか、過剰な演出は以後控えて頂きますよう、それだけはお願いします。

最後に、宇宙劇団JAXAさん、いつも夢をありがとう。励ましの言葉を私から。

初号機とは違うのだよ、初号機とは!

すみません、ガンダム世代なもので・・・


 * * *


えっ?爆薬による金属片発射は何だったのかって?そんなのは私たちを楽しませる冗談だって事くらい、さすがに分かりますよ(笑) 探査ロボットのマスコット然り。


図4:殆ど無重力なのでリュウグウに向かって自然落下しない
   射出すればその反動で本体の軌道が変わる


参考図1:瓦礫は浮いてると思うのですが・・まあ、いいか。人類の歴史的偉業を影から支えてくれた映像スタッフを労いに、今度、狸の里を見学に行きたいと思います。劇団本体が世界的な注目を浴びて忙しいでしょうから、お出迎えは不要です。


参考図2:映像制作現場想像イメージ


参考図3:標高約700mの愛知県鳳来山を背景に、手前20m程先にある1m四方の物体がどのように見えるかをシミュレートしてみた。奥に見える鐘楼まで約400mなので、3番目の加工写真はリュウグウの400m上空では大体こう見えると言うこと。本当に着陸したなら、地平は遠くにもっと緩やかな曲率で見えるはず。劇団JAXAさんの提供するCG映像はもちろんとして、1km上空から撮影したとされる写真画像もスケール感がデータと全く異なるのは明らか。そもそも、小惑星を照らす光はどこからやって来てるの?露光を開いたとしたら手前の探査衛星がくっきり写り過ぎ。地表に影も写っていないし。まあ、演出だからどうでもいいのですが。


今年のアカデミー賞最優秀作品賞は、宇宙劇団JAXAさんに獲ってもらいたかったです。あまりにリアルに作り込み過ぎたのが仇となりましたかね?本気で学術映像だと思ってしまった方々が多いようです。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祝!はやぶさ2小惑星着陸

今朝、遅い朝食をとっている時に、速報で「はやぶさ2、小惑星リュウグウに着陸」のニュースが入りました。劇団JAXAの皆様、世界的に電力不安定が懸念される中、取り合えず目的が達成できておめでとうございます。


図1:喜びのスタッフ
「はやぶさ2」タッチダウン運用ライブ配信より
https://www.youtube.com/watch?v=rYkJoKs33oo


図2:神業の制御
「はやぶさ2」説明動画より

それにしても、3億4千万キロかなた、光速で片道20分、往復で40分もかかる通信速度で衛星を6mの着陸範囲を収めるとは、まさに神業です。どんなテクニックを使えばそんなことができるのか、改めてお話を伺いたいです。

なぜなら、JAXAのホームページにはリュウグウの公転速度が記述されておらず、仕方ないので、小惑星帯の移動速度範囲を調べたら

 17km/s ~ 25km/s

とありました。速度に幅があるのは太陽からの距離に依存するからということになっています。これって、音速に例えるなら

 マッハ50~マッハ73

の超高速で宇宙空間を移動していることになります。仮にリュウグウの移動速度をマッハ50とすると、1往復通信40分の間に、リュウグウは40,000km以上も(地球3個分以上)その位置を変えてしまうことになります。これは、1秒処理が遅れると距離にして17kmもの誤差が生じる計算となります。すると、針の穴着陸の為には最低でも0.1ミリ秒単位、ストップウォッチ以上の時間制御が要求されることが分かります。

つまり、制御スタッフは20分前のリュウグウの位置データを見て、その40分後の正確な位置を高精度で予測制御しなければならないのですから、これが如何に神業なのかが分かります。物理的には、まずはやぶさ2をリュウグウと平行に等速楕円運動させ、見失わないよう、徐々に接近させる操作が要求されます。ちょっとでも軌道を誤れば、リュウグウはあっという間に視界から遠ざかってしまうはずですから。

こんなことは、地上からの制御だけでは絶対に不可能でしょう。おそらく、はやぶさ2の本体に優れた自律制御システムが内蔵されていたからこそ、今回の偉業が達成できたのだと思います。どうやってリュウグウの速度まで加速したのか、どうやって平行楕円軌道に乗せたのか、どうやって、見失うことなくリュウグウに接近させたのか、お話をお聞きしたいことは山ほどあるのですが、とりあえずそういう風に理解しておくことにします。

おせっかいかもしれませんが、この制御のもの凄さを理解してもらうために、リュウグウの公転速度をホームページにしっかり記述されるのがよろしいかと思います。

並々ならぬ努力を重ねた劇団JAXAの皆様には、私から次の画像をお祝い代わりにお送りします。私も皆さんの、一般国民になかなか理解されない、目に見えぬ努力を見守っている一人であることをご理解ください。


図3:着陸前日(21日)に北海道胆振地方で起きた震度6弱の地震(×印は震源)


図4:前図白線の意味
   函館市街地に線を引く訳にいかないのです


図5:そういえば、北海道新幹線H5系、これも「はやぶさ」でしたね


図6:25日はアカデミー賞、受賞者が手にするのはオスカー(小惑星)像
   女優のジェーン・フォンダさんは主観で選びました


図7:(追加画像)ヒントが欲しいというリクエストにお応えして掲載


図8:(追加画像)ガンダムにより押戻される小惑星
知人より示されたはやぶさ2の加速方法。物理法則的にスイング・バイ方式では絶対に加速(=正確には速度ベクトルの絶対値の増加)はできないので、案外これが正しいのかも。問題はどうやってガンダムを宇宙空間に配置したかです。ISSで密かに作っていたのか?


関連記事:
 (真)ブログ「補足-北海道全域停電


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ