goo

本音が出ただけのCOP28

遂に本音が出ましたね。その潔さにむしろ清々しさすら覚えます。

A la COP28, Emmanuel Macron énumère les priorités de la France pour faire face au dérèglement climatique.

Paris a notamment lancé une initiative pour mettre fin aux financements privés de nouvelles centrales à charbon et signé une déclaration visant à tripler les capacités nucléaires d'ici à 2050.



COP28において、エマニュエル・マクロン仏大統領は気候変動に立ち向かうフランスの優先事項を列挙した。

フランス政府は、とりわけ民間による新たな炭素依存型発電への支援を停止するとのイニシアチブを打ち出し、2050年までに原子力発電能力の3倍化を目標とする宣言に署名した。

和訳:日月土
引用元:ル・モンド A la COP28, Emmanu‥ 

しかし、何言ってるんでしょうね?

フランスも日本も、いわゆる先進国の発電事情なんて、どの国も既に

 原子力依存率99%以上

に決まっているじゃないですか。現代文明というのは、原子力と言う究極の発電システムによって囲われた鳥籠みたいなものなのです。

フランスの高速鉄道TGV(テ・ジェ・ベ)も日本の新幹線も、高速走行に必要な高エネルギーを生み出しているのは原子力なんです。

 関連記事:
 ・中国新幹線事故 - 中国を笑えない日本 
 ・TGVは原子力で動いていた 

何度も言いますが、

 大電力は長距離送電できない

のであって、遠くの発電所から電気が送られて来るなんて言うのは、読者の皆さんが勝手に思い描いている、あるいは思い描かされている「妄想」なんです。

どうして、そう言えるのかの理論的説明は既に済ましていますし、メルマガでは各電力会社の本店が実際に使用している地下電源について具体的な地理情報を掲載しています。詳しくはそちらの記事を読んでいただきたいのですが、私が問題にしたいのは、

 大量の原子力発電施設による弊害

がいよいよ深刻になりつつあるということなのです。

ご存知の様に、原子力発電は完全に密封されている訳でなく、大気や海水に少しずつでも有毒汚染物質が放出されているのですから。そんなものが世界中に何百万基もあれば、世界がどうなって行くか予想は付きますよね?他にも使用済核燃料の廃棄や施設の老朽化問題もあります。福島の汚染水放出なんて、今更取るに足らない問題なのです。

二酸化炭素は大量に存在しても直ぐに人を殺しませんし、むしろ生体に取り込まれ体の一部となります。しかし、これら放射性有毒物質は一定量を超えれば直ちに人体に悪影響を与えますし、その汚染状況は長期に渡って残ることになります。

呼吸している生物にとって「二酸化炭素削減」という掛け声は論理的には「シね!」と言っているに等しく、これに「原子力3倍に!」という言葉が加わると「とっととシんでくれ!」という意味にも取れるのです。

 関連記事(理論):
  ・大電力送電の大嘘 
  ・電気の嘘と国家詐欺 

3日前に(真)ブログ記事「祝!アレ(A.R.E)流行語大賞に」でそれについてチラッと触れましたが、現実に進んでいる出来事はそんな生易しいことではありません。

未来の出来事は簡単に予測できませんが、その傾向は今後確実に皆さんの健康、お子さんたちの健康に現れて来るでしょう。

2011年の福島の時の例でもお分かりの様に、この問題には逃げ場がありません。もう地上に隠れるところはないのです。

このままでは手遅れ必至なのですが、COP(気候変動会議)などという世界的茶番劇のその裏で、実際に何が起きているのか、まずはそれを冷静に考えて頂きたいのです。全てはそこからです。

なお、これは皆さんご自身の問題であることを、くれぐれも忘れないでください。


TU ERGO NOLI ORARE PRO POPULO HOC NEC ADSUMAS PRO EIS LAUDEM ET ORATIONEM ET NON OBSISTAS MIHI QUIA NON EXAUDIAM TE
あなたはこの民のために祈ってはならない。彼らのために嘆きと祈りの声をあげてわたしを煩わすな。わたしはあなたに耳を傾けない。
(エレミヤ書 第7章16節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土


コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

沖縄大停電と重大計画

本日午後、沖縄で嘘八百の暗号報道が報じられました。まずはその報道をご覧ください。


県内で11万8千8百戸にのぼる大規模停電



 きょう午後1時50分ごろ沖縄本島全域で11万8千8百戸にのぼる大規模な停電が発生しました。

 本島中部の発電所にて何らかのトラブルが起きたためとみられています。

 沖縄電力によりますときょう午後1時50分ごろ本島中部を中心とする県内21の市町村でおよそ11万8千8百戸が停電しました。

 停電は少なくとも沖縄電力が県内で送電する総戸数の「1割以上」に上るとあって県内では各地で信号機が消えたり家族連れなどで賑わう飲食店が突然真っ暗になるなどの事態が報告され週末の沖縄に混乱が広がりました。

 停電は午後3時57分ごろに全面復旧しています。

 沖縄電力によりますと停電の原因は中城村の吉の浦火力発電所で何らかのトラブルが発生したためとみられていて、トラブルの詳しい原因についてはまだ分かっていません。

 県警によりますとこの停電によるけが人は現在、確認されていません。

引用元:YAHOOニュース(琉球朝日放送) https://news.yahoo.co.jp/articles/55050c85ddb2308a7a61ea58c91721308d9dafcf

沖縄電力の吉の浦発電所については、過去記事「沖縄電力本店の地下電源」にて次のように書いています。

 吉の浦発電所の電源は緊急時及び停電時の
 立ち上げ用電源と位置付けられている

停電時用の緊急電源が停電の原因になった?普通に考えてもちょっとおかしいですよね。今回は11万8千8百戸の停電ということですから、おおよそ12万戸が平均30アンペアを使用しているとすれば、その総電力は

 36万キロワット

となり、定格50万キロワットの吉の浦発電所の7割に及びます。この計算には工場や空港、リゾートホテルなどの大電力消費施設は含まれていませんから、実際にはこの緊急電源だけでは供給能力不足だと言えるでしょう。

供給能力以外にも、何度も申し上げているように「大電力の長距離送電は不可能」であるという物理的な制限が考慮されていません。この報道では21箇所の市町村がどこを指しているか不明ですが、沖縄本島の南から自治体の数を数えれば、名護市までがその範囲となります。

残念ながら、吉の浦発電所から名護市まで大電流は絶対に送電できません。ですから21市町村で停電があったと言うのもおかしな話と言えるのです。

こんな回りくどい物言いよりも、同上記事で沖縄電力本店の電力が全て複数の地下電源で賄われている現実を直視すれば、火力発電所一つのトラブルで、広域かつ長時間の停電など起こる訳がないことがお分かりになると思います。

当然ですが、それら地下電源の全てが原子力発電であることは言うまでもありません。


■それではこの停電は何だったのか?

この報道、そもそも出て来る数字に特徴があるのに気付きます。

 ビデオ動画の時間:  1分17秒    ⇒ 117
 影響を受けた自治体: 21市町村   ⇒ 21 または 12
 停電した戸数:    11万8千8百戸 ⇒ 11, 88

「117」は神数と呼ばれる特殊な数字ですし、11や88などはマジックナンバー「11」の倍数となります。カルト集団が好んで使う数字と言うことができます。

また「停電」とは、何かが「停止」した意味にも取ることができます。

これを暗号報道として解読した場合、色々なパターンが考えられるのですが、私は次のように読み解けると考えます。

 11月12日の計画(88)は中止(停電)となった

つまり、本日実行される計画が中止になったことを伝えるため、敢えて複数の地下電源からの電源供給を止めて、沖縄の中央部で停電騒ぎを起こしたと考えるのが一番合理的な解釈なのです。

ただし、これだけ目立つ停電を2時間強も続けた訳ですから、その計画も極めて重大かつ大規模なものであった、一部の勇み足など絶対に許されないものであったと考えられるのです。

その計画とは何か?私の予想では先日の記事「38年振りのアレ」でも掲載した、次の報道が一番に頭に浮かぶのです。


その答が何かはあくまでも私見ですのでここでは述べません。この記事の主役である佳子さまが、本日11月12日の午後1時、渋谷区でのイベントに出席されていたことが、大きなヒントであるとお伝えします。

またこの件は、地下電源の存在を隠匿する組織体、電力会社、マスコミ、そして重大計画を企てるカルト的集団が一枚で繋がっていることを示しているとも言えるのです。


FUGITE ABITE VEHEMENTER IN VORAGINIBUS SEDETE QUI HABITATIS ASOR AIT DOMINUS INIIT ENIM CONTRA VOS NABUCHODONOSOR REX BABYLONIS CONSILIUM ET COGITAVIT ADVERSUM VOS COGITATIONES
ハツォルの住民よ/逃げよ、落ち延びよ/深い谷に隠れよ、と主は言われる。バビロンの王ネブカドレツァルが、お前たちを攻める計画を練り、お前たちを滅ぼす企てを立てているからだ。
(エレミヤ書 第49章30節)



キリストの御国にて記す
管理人 日月土

コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガザ紛争第3の実行者

現在紛争中のガザ地区で病院が爆発。民間人に多くの犠牲者が出ているようで、本当に痛ましいです。

What We Know About the Explosion at the Hospital in Gaza
Much is unclear about the strike that Palestinian authorities say killed hundreds.
Palestinian authorities blamed the explosion on an Israeli airstrike, but the Israeli military said a failed rocket launch by a Palestinian armed group caused the blast.CreditCredit...Abed Khaled/Associated Press
Hundreds of people were feared dead after an explosion at a hospital in the Gaza Strip on Oct. 17, a little over a week after the Palestinian group Hamas staged a terrorist attack on Israel that killed 1,400 people and led Israel to declare war and begin bombing the territory.

Hamas, which controls Gaza, blamed the blast on an Israeli airstrike.

Israel said it was caused by an errant rocket fired by another armed group, Palestinian Islamic Jihad, which denied the assertion.

引用元:The New York Times https://www.nytimes.com/2023/10/18/world/middleeast/gaza-hospital-israel-hamas-explained.html

イスラエル、ハマスの双方が爆発の原因は自分たちではないと言い合ってますが、これはどちらが嘘を吐いているのかという問題ではありません。

どちらも嘘を吐いていないが、どちらも嘘を吐いている。そして、この一件を機会に意図して敵側を非難していると考えるべきでしょう。

上記ニューヨークタイムスに掲載された動画が信頼できるものであると仮定しますが、爆発炎上の前に大きな風切り音が収録されています。かなりの高音なので、それ相応の高速で移動している物体が飛翔してきたと考えられます。

ここで、通常のロケット弾ではないと想像されますが、だからと言って実行犯はイスラエル側とも言い切れません。

ガザ紛争に関する報道では、イスラエルvsハマスという2元対立で語られることが多いのですが、紛争や戦争には多くの利害関係者が関わっていることを忘れてはなりません。

私の信頼できる情報筋から得た情報では、このミサイル攻撃を実施したのは

 米国海軍

であると伝えてきてます。


画像:東京23区の6割程の小さなエリアに米空母を派遣?

そう言えば、この夏にハワイのマウイ島で起きた大火災が、米国海軍の特殊兵器によって起こされたこともまだ記憶に新しいですね。

 関連記事:Compensation of the Cruel Sun

このミサイル、一発で見事に病院に命中させていることから、病院内に誘導信号装置が設置されていたと考えられますが、それはつまり、パレスチナ人民の内部に米海軍の工作員が紛れ込んでいた事を意味しています。また、そのような飛翔体の動きをイスラエル側が見逃すはずもありません。

よくできたマッチポンプと言う訳なのですが、こんな茶番で苦しむのはいつも無実の市民たちなのです。

私は今回の事件を、世界の海軍ネットワークが次の世界計画へ向けて動き出した象徴と捉えています。もちろんその中には日本の海上自衛隊も含まれています。

おそらく、高齢で時々ボケ症状の見えるバイデン米国大統領は何も知らされていないであろうし、日本の岸田首相など鼻にもかけられていないでしょう。

この海軍ネットワークが大きく動いた事例として、1985年の「123便事件」が挙げられるのですが、それについてはこれまで詳しく触れてきませんでした。しかし、現在のこのような事態を鑑みて、そちらの情報についてもそろそろ出すべき時が来たと考えています。

旧日本海軍、海自関係者の方は次の人物写真をよく見てください。



この方と123便事件がどう関わるのか、そしてこれを読んでいる関係者の皆さんがどのように関わっていたのか、そろそろ隠し事は無しと行きませんか?


CONVERTIMINI SICUT IN PROFUNDUM RECESSERATIS FILII ISRAHEL IN DIE ENIM ILLA ABICIET VIR IDOLA ARGENTI SUI ET IDOLA AURI SUI QUAE FECERUNT VOBIS MANUS VESTRAE IN PECCATUM
イスラエルの人々よ、あなたたちが背き続けてきた方に立ち帰れ。その日、人々はそれぞれ、かつて、自分の手で造り、それをもって罪を犯した銀の偶像と金の偶像を退ける。
(イザヤ書 第31章6,7節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土

コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

50年目の不具合

前回の記事「津波発生メカニズムの誤謬」、及び(真)ブログ「109を巡る妄想」で今月9日の出来事に関する幾つかの事柄、及びそれを匂わす表現が近年のメディア作品の中に比較的多く見られる事などについて触れました。

これに関連して、次の事象についても、それらの流れの一つとして触れた方が良いのではないかと思われるのです。


(以下略)

引用元:テレ朝ニュース https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000319252.html


日頃、送金等でお世話になっている全銀ネット、それが10月10日の朝から一部の銀行間で使えなくなったというのだから大変です。

同記事によると、1973年の運用開始以来、このシステムでこのような不具合は初めてだというのですから、むしろ私はそちらの方に驚きました。

何を隠そう、私もシステム屋の端くれだった時代があり、その時に金融システムのソースコード(プログラム)をレビュー(閲覧)することがあったのですが、その致命的バグを含むコードには驚愕したものです。

 こんなシステムが現在の金融を支えているのかぁ・・

そう思ったのは確かなのです。

「もしもシステムがこの動作を選択したら、一発でシステムダウンだよなぁ、ああ恐ろしい」そうやって身震いしたものの、そのような致命的現象が発生する確率は非常に少なかったし、実際にそのシステムで世の中が回っていたのだから、最後には

 世の中はそんなもの

と達観したのを覚えています。

これは随分と昔の話だし、現在はそれなりにチェックが厳しいとは思うのですが、所詮人間の作るものですから穴は必ずあります。それでも、50年間運用を続けてきたことには元システム屋として敬意を表するしかありません。

そんな堅牢なシステムが50年の運用を経た今年の10月、10日の朝から11日いっぱいまでほぼ止まってしまったというのですから、ちょっと普通じゃないと思うのは当然です。

もしもの話ですが、9日に大津波が日本の沿岸を襲い、その翌日に銀行間システムが今回の様に止まってしまったとしたら、被害の渦中で送金や決済が止まり、日本中大パニックになってましたよね?

50年後の不具合、表記を変えれば五十(ごとう)となりますが、あのアニメ作品と関連しているのではないかと、またもや変な考えが湧き上がってきます。

そうなると、「もしかして初めからシステム障害は予定されていた?」と思うのが人情ですが、それではあまりにも邪推が過ぎるというものですから止めておきましょうか。


関係者向け画像:The entrace to the backdoor. The national route 311 goes through the town.

何はともあれ、半世紀も安定稼働してきた最もセキュリティが堅固なはずの金融システムがこのようにクラックされてしまうのですから、国が進めているマイナンバー制度がどれほど危険なのか、言われなくても分かるはずです。

大切な国民データを預かる訳ですから、私だったら、100年位のテスト実績を積んでから導入を検討しても良いと思うのですが、お役人にはこんな小専門家の声に耳を傾ける気はないでしょうね。


ET EXTENDET MANUS SUAS SUB EO SICUT EXTENDIT NATANS AD NATANDUM ET HUMILIABIT GLORIAM EIUS CUM ADLISIONE MANUUM EIUS ET MUNIMENTA SUBLIMIUM MURORUM TUORUM CONCIDENT ET HUMILIABUNTUR ET DETRAHENTUR IN TERRAM USQUE AD PULVEREM
モアブはそこで手を広げる
泳ぐ人が泳ごうとして手を広げるように。しかし、巧みな手の業を重ねても
主はその誇りを打ち倒される。
主はお前の城壁の砦と塔を砕き
打ち倒して地の塵に伏させる。
(イザヤ書 第25章11-12節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

津波発生メカニズムの誤謬

これは、何と大きなミスなのでしょう。地震とは何か、津波とは何か、改めて考えさせる出来事です。

津波の発生原因は「地震なのか不明」 気象庁が予測で津波注意報を発表できなかった理由とは
10/9(月) 12:23配信


気象庁はきょう午前、鳥島近海で発生した地震に伴い、関東地方から九州地方にかけての太平洋沿岸の一部に津波注意報を発表し、正午現在、最大で60センチの津波が観測されました。

しかし、気象庁は今回、地震発生直後に予測で津波注意報を出すことができず、「津波の原因は地震なのか不明」とも話しています。津波注意報は10月5日にも発表されています。鳥島近海で、いったい何が起きているのでしょうか。

気象庁は、きょう午前5時25分頃に鳥島近海で発生した地震について、関東地方から九州地方の太平洋沿岸の一部に津波注意報を発表したことに伴い、午前8時40分に緊急記者会見を行いました。

この記者会見で、気象庁の担当者から驚くような発言がありました。

気象庁 下山利浩 地震情報企画官
「今のところは地震という形で資料に載せていますが、原因自体は、まだ詳細は不明な状況です。地震と言っていいか、ちょっと難しいところというのは実はあります」

関東地方から九州地方の太平洋沿岸の一部で観測されている津波をもたらした原因が、実は地震かどうか、わからないというのです。
(以下略)

引用元:YAHOOニュース(TBS NEWS DIGI)


津波と言えば昨年1月、気象庁さんはトンガでの地震にかこつけて、何とも不思議な津波警報を出しました。あの伝説の

 311津波

です。詳しくはこれに関連する次の記事を見て頂きたいと思います。

 ・迷惑な津波
 ・迷惑な津波(2)
 ・迷惑な津波(3)

気象庁さんが出される津波報道の信頼性はこの時大きく崩れたので、今更、津波の発生原因が分からないと宣言されても特段驚きはしません。むしろ、やっと分からないことを「分からない」と宣言したことに清々しい思いすら覚えるのです。

さて、この「分からない宣言」で問題になるのは、これまで地震と関連付けて報道されてきた津波警報が、

 本当に地震による海底面の変化が発生原因なのか?

という点なのです。

大津波と言えば、2011年3月11日の東日本大震災のものが記憶に新しいですが(正真正銘の311津波です)、この時の津波に関しても不思議な現象が起きていたのはご存知でしょうか?それは

 大津波が東日本の沿岸だけを襲った

という事実なのです。

海底面の変化で海水が流動するならば、移動する海水は発生源から全方向に均等に動き出すと考えられます。移動海水量は方向によって変化せず、移動距離によって拡散していくものの、東北であれほどの大津波が起きたのならば、陸地による障壁のない北海道東部沿岸やロシアのカムチャッカ半島、北米沿岸でもそれなりの規模の津波が観測されていなければ辻褄が合わないのです。果たしてそのような津波報道はあったでしょうか?

私の記憶では、そんな事実はなかったと覚えているのですが、トンガで起きた地震で日本が3mの津波(気象庁予想)を被るというなら、東日本大震災でも同じことが太平洋沿岸諸国全てに言えたのではないでしょうか?

要するに、まるで東日本東岸だけを狙ったように一方的に津波が発生したのではないかと疑っている訳で、そんな津波が果たして地震などによる海底地形の変化で起きるのかと言いたいのです。

少なくとも、今回の津波は「地震との関連は分からない」と気象庁さんは言い切っているのですから、それでは、津波発生の原因は何かというのがやはり重要となります。

結局のところ、この議論は

 地震と津波の発生には直接の因果関係はないかも

という疑問形で終わるのですが、少なくとも海底で地震があっても、直ちにそれが津波の発生を意味しないことが分かってきたといえるでしょう。


関係者向け画像:The temple to which the sea obeys docilely.


※津波の発生原因については次回のメルマガで取り上げたいと思います。


■10月9日の符号

日本全国で津波が観測された最中、この日には世界で大きな出来事がありました。

 ・アフガニスタン西部で大地震 2000人以上死亡か?
 ・イスラエルガザ地区で紛争  1500人程度死亡か?

これで、日本でも大津波が起きていたら世界的大パニックとなっていたかもしれません。

ガザ紛争では、数千発のロケット弾がイスラエルに向けて発射され、イスラエルも臨戦態勢を敷いたようですが、そんな何千発ものロケット弾が監視の厳しいに自治区に持ち込まれたことに疑いの目を向ける向きは非常に少ないようです。

世界で最も優秀な諜報機関と言われるイスラエルのモサドがそんなミスをするのでしょうか?陰謀論的に考えると、多国籍企業の武器商と大国、司法改革で政治的窮地に追いやられているネタニヤフ政権が結託して起こしたと見る方がよっぽど理解しやすいのですが、どうなのでしょうか?

そんな細々したことよりも、やはり

 日本とイスラエルが窮地に立たされる

という構図の方が、世界を大きく動かす両軸となるような気がするのですが、果たしてそんなシナリオがあったのかどうか、しばらく様子を見なければなりません。


ECCE ENIM DOMINATOR DEUS EXERCITUUM AUFERET AB HIERUSALEM ET AB IUDA VALIDUM ET FORTEM OMNE ROBUR PANIS ET OMNE ROBUR AQUAE FORTEM ET VIRUM BELLATOREM IUDICEM ET PROPHETAM ET ARIOLUM ET SENEM PRINCIPEM SUPER QUINQUAGINTA ET HONORABILEM VULTU ET CONSILIARIUM SAPIENTEM DE ARCHITECTIS ET PRUDENTEM ELOQUII MYSTICI
見よ、主なる万軍の神は
支えとなり、頼みとなる者を
また、パンによる支え、水による支えをも
エルサレムとユダから取り去られる。
勇士と戦士、裁きを行う者と預言者
占い師と長老
五十人の長と尊敬される者
参議、魔術師、呪術師などを取り去られる。
(イザヤ書 第3章1-3)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ