goo

北朝鮮ミサイル祭

今日は朝から何だか賑やかでした。テレビを付けたら、どの局も北朝鮮のミサイル発射で大はしゃぎ、これはもう

 🌺北朝鮮ミサイル祭🌺

とでも形容した方が良いのではないでしょうか?


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=S6zg7y7YIuo

そして、お決まりの様に「北朝鮮が核実験を再開かぁ!」と脅威の強調を繰り返します。

本ブログの読者様なら既にお分かりの様に、現代科学において「原子核」の存在証明自体があやふやなのに、どうしてそんなものを恐れなければならないのでしょうか?

 参考サイト:核爆弾関連記事ガイド

そもそも、大陸弾道弾の飛行原理自体にも科学技術的に不明確な点は幾つも見つかるのです。これを箇条書きにすると次のようになります。

 ・翼のないミサイルが揚力をどのように得ているのか不明な点
 ・空気の薄い(あるいは殆ど無い)超高高度を反動エンジンで推進している点
 ・再突入の際の高熱で電子機器が損傷しない不思議

これは一般のロケットにも言える話で、ゆっくりと上昇する打ち上げ映像を見れば分かるように、ロケットブースターによる飛行は、砲弾やロケット花火の様に大きな初速で打ち出す、いわゆる弾道飛行ではありません。

建前上はエンジンによって逐次推力を得ていることになっていますが、空中に留まるための揚力、あるいは浮力についてはどのように得ているのか謎が多いのです。翼がありませんから、本当なら少しでも傾いたらそのまま倒れてしまうでしょう。

 関連記事:翼で飛べないジャンボジェット

また、仮に上昇が叶っても、噴射型反動エンジンが反作用の失われる超高高度を飛行できる訳がないのですが、それでも実際に飛んでいるようなので(これも一般人には確認できないことですが)、そうなると、ロケットや弾道ミサイルは、公にされていない別の原理、私が言う所の未知の原理(ブラックテクノロジー)を使っているとしか考えられないのです。

こんな簡単なことをロケットエンジニアや各国軍の技官が気付いてないはずもなく、思うに、「そこには触れないように」ということで、どの国も仲良く示し合わせいるのでしょう。

実は、この飛行原理を理解した時、襲来する敵国ミサイルを一瞬で飛行停止に追いやることは意図も簡単なのです。そして、その技術を大国は持ち合わせていますし、北朝鮮に技術供与しているだろう日本が持っているのも当たり前の話です。

要するに、戦争ごっこなのでそれに水を差すような話を誰もしないだけなのです。それを知らない世界の人々は、「核の脅威だ!」、「ミサイルが飛んでくる」と大騒ぎしてるだけなのですが、私としては、もうこういうのは止めましょうよと言いたいのです。

そうすると、「長崎や広島はどうだったんだ!」、「水爆実験は何だったんだ!」という話になりますが、そんなのは大きな地上起爆に放射能・放射線をミックスすれば、見た目だけの疑似核爆弾が出来上がってしまうのです。

ですから、次の第三次世界大戦シナリオに向けて、世界の主要都市には疑似核爆弾がせっせと設置されているのですが(※)、この恐怖演出を完遂するのに必要なのが、やはり

 大電力

なのです。

※このお祭を一層盛り上げるため、必要とあれば設置場所情報も出して行く予定です。実は、遠回しにですが、これまでにも記事中で触れていたりします。

この電源問題を議論せずして戦争(ごっこ)は語れないのですが、最新のメルマガでは国内軍事系地下電源の情報を一つ出させていただきました。1基当たり最大170万kw/hの出力を誇る巨大な原子炉が複数設置された軍事用電源です。予定より少し遅れてしまいましたが、この情報を少しぼかしたものを(真)ブログでも公開する予定です。

パンデミックや北朝鮮のミサイルに熱狂するのもお祭らしくてよいですが、まずは皆さんが普段使用している電気についてもう少し深く考えることをお勧めします。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京水没計画-緊縮財政を続ける理由

今月10日に実施された参議院選挙。どれだけ議論されたか怪しいですが、争点はやはり、財務省が堅持し続けて居る「緊縮財政」・「PB黒字化」をこのまま続けて良いのかどうかというところでしょう。

蓋を開けてみたら、緊縮財政・改革路線を党是とする維新の会が議席数を伸ばしたのだから、財務省の敷いた既定路線はこのまま続くことになりそうです。

これは経済評論家の三橋貴明さんが、かなり前から主張しており、私も基本的に同意できること、というより当たり前の話なのですが

 国家会計は家計と違う

ということ、つまり、国は通貨発行権を有するのですから、歳入額に拘わらず

 必要額を調達することは可能

だということなのです。極端な言い方をすれば、皆さんが納税する必要も基本的にはないのです。もちろん、分配の公平性を維持するために政策的な徴税に意味が無いと言ってる訳ではありません。

 三橋貴明さんのブログ:新世紀のビッグブラザーへ

多くの人が「赤字国債=国の借金」と勘違いしているようですが(私も以前はそう思っていました)、ここで、では「その借金は誰が取り立てるのか」、そこを考えてもらいたいのです。

紙幣の場合、日銀が発行することになっていますが、日銀とは政府が株式の過半数を有する事実上の国営企業です。その日銀が国債を買い取る形で通貨を発行する、すなわち、国債発行とは国が自分の為に紙幣を刷る行為と同じなのです。「自分の刷ったお金を自分が取り立てる?」そんな〇カな話が通るはずありませんよね。

ですから、「借金」という言葉のイメージに惑わされて「国が借金まみれでたいへんだー!」と心配する必要などどこにもないのです。「国債発行残高」とはいわば「通貨発行総額」という単なる数字を表現しているだけなのです。繰り返しますが我々が想像するところの「借金」ではないのです。

もちろん、社会のニーズ以上に通貨を発行し過ぎればインフレーションが起きる懸念はありますが、その社会ニーズを創造するのはそれこそ国会の役割なのです。その国会がまず財政出動で社会ニーズ(=需要)を喚起しなければ、そもそもお金が社会に回ることなどあり得ないのです。また、社会ニーズと財政出動額がマッチしていれば急なインフレの懸念もないのです。

こんな当たり前のことを知ってか知らずか、日本はこの30年間、〇カの一つ覚えみたいに「ムダを削れ!」「改革だぁ!とにかく改革だぁ!」を叫び続けてきました。「投資をしろ!」と言っても、国が未来ビジョンを示さなければ投資しようにもできない話なのです。その結果が今の停滞した日本社会だとまだ気付かないのでしょうか?

この話を責任論として推し進めると、どうしても政治家及び財務官僚の無能さ、あるいは彼らの悪意という結論に至らざるを得ないのですが、政治家はともかく、日本の優秀な財務官僚が無能とは言えず、やはり、彼らの狡猾な悪意こそが無意味な「緊縮財政」をゴリ押ししているかのように取らざるを得ません。

巷では、財務官僚が中国に取り込まれた、米国に取り込まれた、日本を売ったなどと様々な説が飛び交っていますが、何にせよ何かの大きな計画に従って彼らが忠実にそのかじ取りをしていると考えるのが一番あり得そうだとは言えます。

ここで、次の報道記事を見て頂きたいと思います。


NTT 本社機能の一部を2都市に分散 大規模災害時も業務継続へ
2022年7月25日 21時32分

NTTは大規模な災害時にも業務を続けられるよう、都内にある本社機能の一部を、群馬県高崎市と京都市の2つの都市に分散させる方針を固めました。ことし10月から試験的な運用を始め、本格的な導入に向けた課題を検証することにしています。

関係者によりますと、NTTは首都直下地震などの大規模な災害時にも業務を継続できるよう、東京 千代田区にある持ち株会社の本社機能の一部を東京以外の都市に分散させる方針です。

具体的には、東京から新幹線など複数の交通ルートがあり、津波などのリスクが低い群馬県高崎市と京都市に、災害対応にあたる部署や総務などの拠点を新たに設けることにしています。

引用元:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220725/k10013735781000.html


大企業の首都東京からの転出についてはここ数年続いている傾向ではありますが、日本を代表する通信大手のNTTさんが、ここまではっきりと「災害時」を理由として本社機能を移すというという話には大きなインパクトを感じます。

この記事を読んで私が最初に思い浮かべたのが次の図になります。


図:東京水没計画(海水面が20m上昇した時の予想図)

これは情報筋から聞いた話で裏も取れていないのですが、実は、東京の首都機能を完全リセットするための人工災害計画の青写真が、日本国政府の内部で既に作成されているようなのです。

上図には参考までに両毛線の経路を記載していますが、利用者がけっして多いとは言えない両毛線が今まで維持され続けている理由も、

 将来の首都旅客輸送路線として確保されている

からだということらしいのです。要するに、東京水没後の新首都として群馬県の「高崎」が想定されていることになります。

これは新都市計画というか陰謀論というか、とにかくここまで聞く限りトンデモなお話なのですが、NTTさんが「高崎」を選んだという時点で、にわかに真実味を帯びてきます。何故なら、国内大手の通信機能を支えるだけのインフラが高崎に整備されている、あるいは整備されることが確定していない限り、こんな選択はできないからです。

また、群馬県や埼玉県北部にお住いの方ならご存知かもしれませんが、JR高崎線の高崎寄り、本庄駅から倉賀野駅、あるいはそれと並行する国道17号線の周辺が、ここ数年急速に都市開発されているのが観測されているのです。

倉賀野駅周辺に新しく大規模地下アレが整備されたとの情報が私の元には入っており、真偽不詳ながらも、この新都市計画に妙に符合するのも見逃せないポイントです。都市機能を支えるだけの電源が無ければ、そもそもこの計画自体が成立しないのは言うまでもありませんから。

ここで、再び冒頭の国家財政の話に戻ります。

財務官僚が「緊縮財政」・「PB黒字化」を理由に財政出動を拒む真の理由、それは

 関東における公共インフラの大量破壊が近い

からなのではないか?

これは、1960-1970年代の高度成長期に、東京を中心に大量に建設された(地下アレを含む)公共インフラの老朽化がいよいよ無視できない状況となり、補修や代替設備への付け替えなど効率の悪い方法ではなく、いっそのこと全部スクラップにして新しい物を作ってしまえという発想が政府内にあるのではないかということです。

要するに壊すものにわざわざ金を投入してもしょうがないから、また、あからさまに関東だけ支出を減らす訳にも行かないので国家財政そのものの支出を意図的にサボタージュしているのではないか、そのような推察が成立するのです。

もちろん、こんな話があって欲しくはないし、私の個人的な妄想で終わってもらいたいのですが、そうとでも考えないと、日本の優秀な財務官僚さんたちが固執する、この常軌を逸した詭弁「PB黒字化」(*)を私は説明できないのです。
*PB黒字化:こんな事を言ってるのは日本だけです

最後に一言だけ、

 財務官僚の皆さん、掴まされていることにまだ気付きませんか?

追記


https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=7s8Bo16c8o8
これ、「東京が消えた」って言ってますよね?


ET STABIT IN LOCO EIUS VILISSIMUS ET INDIGNUS DECORE REGIO ET IN PAUCIS DIEBUS CONTERETUR NON IN FURORE NEC IN PROELIO
彼に代わって立つ者は、王国の栄光のためにと、税を取る者を巡回させる。しかし、幾日もたたないうちに、怒りにも戦いにも遭わずに滅び去る。
(ダニエル書 第11章20節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

急拡大する祭

この2年間、いったい何をやってるんだろうと思いつつ、また、このお祭り騒ぎにそろそろ飽きを感じつつも、主催者諸国の必死の演出に免じて私も少しだけ祭の盛り上げに協力したいと思います。



コロナニュース:バイデン大統領がウィルス陽性に

2回の接種と2回の追加接種(ブースターショット)を済ませているバイデン大統領に、「軽い症状が見られる」とホワイトハウスは伝えています。免疫回避性を有する新しい変異種が原因で、このウィルスは多くの国で急拡大しています。

2022年7月22日

引用元:The New York Times Covid News: Biden Tests Positive for Virus
※米国で起きてることも日本と大差ありませんが、報道では陽性(test positive)と呼んでる分、多少は良心を感じます。日本では感染(infection)ですから、明らかに言葉の用法が間違っています。


うーん、去年の今頃、政治家も、医療関係者も、テレビのコメンテーターも力を込めて言ってましたよね?

 2度の接種で日常に戻れる

と。この話はいったいどこに消えてしまったのでしょう?政府や放送局から何か公式の釈明なり会見などありましたか?今まで出された言動を普通に評価したら、これはただの

 嘘吐き

ですよね?

どこかのウィルス専門家が「このウィルスには未知の部分が多い」とか言い訳していましたが、それだったら

 ちゃんと分かってから接種しろ

となるのが、まともに小学校を卒業した人の至るべき結論のはずなのですが。

前にもご紹介しましたが、某公共放送の提供しているデータを読めば、次の様に接種を始めてから確実に死亡者が増えているのが見て取れます。


確実に増えている死亡者数。重症化予防が聞いて呆れます(笑)

接種行為自体が数字を増やしている可能性もあるのですが、これだけではまだ断定できません。しかし、少なくとも

 接種に効果は認められない

とだけは言えそうです。

始まってから2年以上、これだけ状況が見えてきたにも拘わらず、それでも理不尽が罷り通るということは、これはもう、今起きてる状況とは

 お祭

であると解釈するしかありません。

世の中には、岸和田のだんじり祭りやスペインの牛追い祭など、死亡者が出る危険な祭はいくらでもありますし、それ位じゃないと面白くないのかもしれません。

それならそれで祭を楽しむというのが私のスタンスですが、まさか、祭だと思わず本気で今の状況を憂えている人なんか居ませんよね?もし居られるとすれば、そちらの方が「憂うべき現状」だと私は思ってしまうのです。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地下アレに投資しましょう

(真)ブログでは、コロコロ祭新規感染者数増加応援キャンペーンとして、地下電源情報の公開を始めました。

 関連記事:古都の夏が暑い理由 - 地下電源情報(2)

既に多くの皆様が、日本国政府が推し進めて居るコロコロ騒ぎが何かおかしい、先日の安倍元首相襲撃事件は何か変だと気付き始めているのは存じておりますが、私はこれらを政府主催の壮大なお祭だと捉えています。

 関連記事:襲撃と接種と人形たちの未来

そこで、そのお祭を盛り上げるべくこの企画を開始したのですが、実はこれに類した情報開示はこれまでにも何度か行っているのです。

その1例として、4年前の2018年4月に掲載した「Why not invest in the underground nuclear power ?」(地下アレに投資しましょう)をご紹介します。

この記事は日本の大企業に向けたメッセージなのですが、このメッセージが成立する背景には、経団連加盟企業など、一部上場企業を対象にした

 地下アレ投資ファンド

が存在しているという事実があるのです。

これらの投資ファンドを運営するのは皆様がよくご存知の国内大手銀行であり、その出資者もやはり皆様がよくご存知の有名企業ばかりなのです。

地下電源の存在自体が違法なのはもちろんですが、その違法で、しかも国民の健康に重大な影響があると懸念される材料までも、こそこそと商売の種にしてきた大胆さには呆れてものが言えません。コンプライアンスとかいったいどの口が言っているのでしょう?

最近、グローバル資本に向けた批判的なフレーズに

 今だけ、金だけ、自分だけ

というものが良く聞かれますが、これはまさに、この極めて刹那的なファンドに群がる国内企業群についても言えることなのです。

もちろん、民間企業だけでこんなことができるはずもなく、ここには経産省など日本国政府はもちろん、権威として彼らの行動を保証する旧皇族たちの姿も見え隠れするのです。


写真:地下電源開発による特定疾病の増加を見越し、旧皇族メンバーの庇護の下で海外からあの保険商材も導入された。国内保険他社がこの分野に参入できない理由がここにある

更に言うならば、ここには日本の人口にカウントされない、いわば地下住民とも呼べる数百万人規模の国家操縦のエキスパート集団が控えているのです。彼らが居ればこその地下電源開発なのです。

4年前の今頃は、こんなことを正面から切り出せば「頭がおかしい」と言われるだけでしたが、世の中の全てがお祭の様におかしくなってしまった今であればこそ、この話を理解してくださる方も少しはいらっしゃるのではないかと、淡い期待を抱きつつお伝えしています。

そうは言っても何が何だかという方が大半でしょうから、まずは今回のキャンペーンでどのような情報が出て来るのか、心を愉快に、半ば冗談だと思いながら見守って頂ければ幸いです。

追記

7/15 21:00 現在。必ず出しますのでしばしお待ちください。


HUMILIABERIS DE TERRA LOQUERIS ET DE HUMO AUDIETUR ELOQUIUM TUUM ET ERIT QUASI PYTHONIS DE TERRA VOX TUA ET DE HUMO ELOQUIUM TUUM MUSSITABIT
お前は倒されて地の下から語り
お前の言葉は塵の下から鈍く響く。
亡霊のようなお前の声は地の下から聞こえ
お前の言葉は塵の下からかすかに響く。
(イザヤ書 29章4節)


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

襲撃と接種と人形たちの未来

あの開いた口が塞がらない、奈良県で起きた安倍元首相襲撃寸劇から2日が経過し、いよいよ本日が参議院選挙の投票日です。

ネットでは様々な寸劇情報が飛び交ってますが、本件に関しては一昨日投稿した記事「安倍元首相襲撃の変な話」に掲載した次の画像を見ればもう十分でしょう。


画像1:いつもの迷女優さん

そして、こんな画像も出てきました。近年のネット市民さんの観察眼の高さには、本当に驚かされます。


画像2:京王線内刺傷事件の迷男優も居た。笑って仕事するな!(笑)

この目を疑うような茶番は、日本国政府や大手マスコミが主導的立場であるのはもちろん、警察、医療関係者、そして与党自民党の協力無くしては成立し得ないのです。それを否定するのなら、どこでも良いですからこの"迷女優"・"迷男優"さんの素性と、今回の襲撃事件に居合わせた理由を明らかにしてもらわなければなりません。

以上を鑑みれば、今回の選挙では少なくとも自民党への投票はあり得ないのですが、結果はおそらくその逆でしょう。どんな結果が出ようとその尻拭いをするのは日本国民なのですから、後から「選択を誤った」などと悔やまないようにだけはお願いしたいと思います。

このように、政府・マスコミ・専門家が一体となって事実の大隠蔽と捏造を行ったのは、37年前の日航123便事件の時に既に目にしている事であり、500人以上の死亡者を出しながらそれを実行し切った事実と比較すれば、今回の寸劇も特段驚くべきことではありません。残念なのは、底抜けに善良でお人好しの日本人が、何度も何度も繰り返し騙され続けているその姿なのです。


画像3:123便遭難現場に現れたニセ自衛隊員(参考:「31年目の真実」)

それも人徳なのかという見方もできますが、死んでしまったら元も子もありません。


画像4:ブースター接種で増えるコロ死亡者
    (NHKさんもたまには良い仕事をします)

上の画像はNHKの集計データを元に導いた数字を並べたものです。これを見て明確に言えるのは

 接種を始めてからコロ死亡者は激増している

という紛れもない事実なのです。いったい何のための接種なのか?2年前、安倍元首相のアベノマスクに始まったコロコロ騒動ですが、蓋を開けたらこの有様。昨年、「2度の接種で日常に戻れる」と国民に接種を強力に促した政府はこの結果についていったい何を弁明したのでしょうか?

画像1の右上の写真を良く見て欲しいのですが、ここにも、政府による接種キャンペーンに菅元首相と共にあの"迷女優"さんが写っているのです。

この事実を見て読者の皆様は何を思うのか、そこまで私は立ち入れませんが、未来を決めるのは皆様一人一人の御判断であり、その責任を負うのも皆様であると言う、しごく当たり前の言葉を以って本記事の締め括りとさせて頂きます。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ