goo

駿河湾、沼津沖で不穏な動き(3)

これは、前回同名タイトル記事の続編です。

本日19時、沼津から報告がありましたので、原文を掲載します。文面より明らかな監視があるとのこと。また、これから台風が強まると思いますので、報告者さんの安全をお祈り申し上げます。

日月土 様

台風が近づきつつある9月30日、こんな大型台風接近中の最中でも、「ラブライブ サンシャイン」関係のヲタ車両が複数台が内浦沿岸に来ておりました。同時に、本日夕方4時過ぎですが、内浦湾(内浦三津)から見て、かなり近い場所に、大型船3~4隻が停泊しておりました。

大型船3~4隻の内確認できたのは、
 ・地球号(江浦~獅子浜地区付近の沿岸部)
 ・駿河湾フェリー(長井崎沖合い辺り)
の2隻。その他の2隻か3隻の船舶については、漁船ではない大型船(白い工作船・黒系の大型船)でしたが、各船舶が「淡島」(内浦重寺)を取り囲む様に、具体的には、船頭が「淡島」を向いている状態で取り囲む様に停泊しておりました。

現在、大型台風が来ており、船舶の避難措置と捉えるのが妥当だとしても、地球号の様な巨大船が、沼津市江浦の沖合い=鷲頭山の直ぐ近くのたいした港湾設備がない所に来るものなのでしょうか?

長年同地に住んでおりますが、ちょっと、これまで見た事のない光景でしたので、ご報告させて頂きます。なお、明らかな監視があり、写真を撮れませんでしたが、目視にて、地球号等を確認出来ております。また、アニメに登場する「長井崎中学校」については、もう半年位前より、毎日、夜間に電気がついております。

■地球号に関する静岡新聞記事

沼津に関する前回の記事を掲載した今月26日、秋篠宮殿下が静岡を訪問されていたようです。


9月27日刊、静岡新聞紙面より(クリックして拡大)

「ふじのくに茶の都ミュージアム」ですか。放射線遮断に有効な茶木で埋め尽くされた牧の原台地にある博物館ですね。三ケ日も井伊の里、堀川城の激戦で有名な場所です。でも、地元の静岡新聞ではそれよりも大きな扱いで大深度探査船「ちきゅう」のことを取り上げています。

地球号、大忙しですね(笑)。確か、29-30日は日本財団の下部団体が企画した地球号の見学ツアーが組まれていたと思ったのですが、この台風でおそらく中止になったでしょう。マントル研究大いに結構です。「人類初のプレート境界資料」とありますが、何の物証もなくプレートの存在が追認されている現在のいい加減な地球科学を、ぜひ真っ当な学問にしていただきたいと思います。


■ラブライブ サンシャイン参考資料

アニメ「ラブライブ サンシャイン」における実在風景の再現性についてよく調べたサイトがありましたのでご紹介します。
http://tsurebashi.blog123.fc2.com/blog-entry-430.html

同サイトより、淡島と長井崎中学校の紹介画像を抜粋しました。

・淡島


・長井崎中学校


なぜここまで内浦湾にこだわるのか、現在同湾で起きている異変と何か関係があるのか?それが本ブログが追うテーマとなります。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

駿河湾、沼津沖で不穏な動き(2)

これは、前回同名タイトル記事の続編です。

23日に記事を掲載して以降、数10隻の船団の姿は見られなくなりましたが、昨日25日、地球号(*1)らしき船影と、それに伴走する2隻の船が沼津の沖合いにあることを目撃されています。
*1 地球号:正式には地球深部探査船「ちきゅう」なのですが、簡単のためここでは地球号と呼びます。なお、地球号は国立研究開発法人海洋研究開発機構が運用しています。簡単に言って政府機関の船です。

また、この数日、2機のヘリコプター編隊が海上および沼津市の伊豆半島寄りの上空を時より低空で飛行しているのが目撃されています。編隊飛行とのことですから、民間機である可能性は極めて低いでしょう。

これに関連しているのかどうかわかりませんが、昨日25日に、駿河湾に臨む鷲頭山(わしずやま)の上空で1機のヘリコプターがホバリングしている様子が写真に収められています。


写真1:9月25日、鷲頭山の山頂付近をホバリングするヘリコプター
   ※小さくて見えづらいのはご容赦ください


図1:沼津内浦湾地図
   赤枠は地球号が活動していると思われる海域
   鷲頭山の西側山麓の海岸沿いに旧沼津御用邸跡がある

合わせて、内浦湾周辺で日本財団のロゴを貼り付けた他県ナンバーの車両が昨年頃から頻繁に目撃されています。日本財団といえば、その前身は日本船舶振興会であり、その英称が「Sasagawa Nippon Foundation」というように、故笹川良一氏のカラーが極めて強い財団です。笹川氏といえば、国際勝共連合の創設者としても有名ですが、故人のプロフィールについてはここでは触れません。

ここで注目すべきは、日本財団の後援は旧帝国海軍閥であることです。実は国内最高機密の海戦資料は、防衛省や外務省でなく、日本財団の図書館にあると言われ、防衛省の高級情報官は今でもそこに通って研究すると言います。この話は、同財団が国権力を超えて旧海軍系人脈と深い繋がりを保持していることを示唆しています。

沼津の内浦湾は、かつて海軍技術研究所音響研究部が設置されていた極めて旧海軍色の強い土地柄ですが、そこに、旧海軍閥と関係の深い日本財団関係者が頻繁に出没することには何やら符号するものがあります。

国内最大規模の資金力を有する公益財団と旧海軍との繋がりが、戦後73年を経過した現在でもあるとしたら、いったい彼らが駿河湾で何を画策しているのか、たいへん気になるところです。少なくとも同地域にお住まいの方々は、故笹川会長の掛け声よろしく「戸締り用心、火の用心」を怠ってはならないと思います。


動画1:ボートレースの収益金、本当は何に使われているのでしょうか?
    右はちょっと気味の悪い日本財団のロゴ(心理トリガー除去済)


■本件に関するこれまでの登場人物(団体)

 ・海洋研究開発機構(日本国政府機関)
 ・海上自衛隊
 ・在日米国海軍(*2)
 ・英国海軍
 ・沼津市
 ・スルガ銀行(旧名 駿河銀行)
 ・伊藤忠商事
 ・防衛省
 ・日本財団(旧帝国海軍系)
*2 米国海軍:今沢基地の管轄は米国海兵隊から海軍に移ったと見られます


■追記

それにしても、今回の記事で取り上げている内裏湾は人気アニメ?「ラブライブ サンシャイン」の設定舞台にピッタリと重なるのです。しかも、登場する風景や建築物が現実のそれをほぼ忠実に再現しており、なぜそこまでやるのかと疑問を感じさせます。ドラマやアニメによる聖地化がブームになっており、それが狙いとも言えますが、何故に都会から離れ軍事色の強い沼津の内裏湾を選んだのか不思議に思います。マーケッティング的にはもうちょっと都心に近い場所の方が効果は高いのに。確かに景色は美しい場所ですが、果たして理由はそれだけでしょうか?


図2:アニメ「ラブライブ サンシャイン」より
   この絵柄、直視するにはオジサンにはイタ過ぎます・・・
   セーラー服はその名の通り水兵服(海軍服)です。それが最初の共通項
   現実は中学校なのを女子高に設定変更した理由が見えてきます


動画2:ラブライブ サンシャインのコンサート試聴動画
    これはもう私には理解不能です。でも盛況ですね


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

駿河湾、沼津沖で不穏な動き

本年8月より、静岡県沼津市の沖合い、駿河湾内で船舶の活発な動きが報告されています。その顕著なものが、次の三つです。

(1)若干の移動を伴う地球号の停泊
(2)沼津市片浜海岸における海上自衛隊による揚陸訓練
(3)9月22日夕刻、漁船ではない数10隻の船影


写真1:沼津市内浦湾から望む海上の地球号

(1)について、上記写真1は、同地域に居住する方が今月初めに撮影した海底掘削船地球号の写真です。8月下旬頃から、沼津沖数キロ圏内に少しずつ移動しながら停泊しているとの連絡を受けています。

(2)以下は、沼津市より沿岸地域の住民に流された自衛隊訓練に関する告知内容です。
◆放送日
 平成30年8月22日(水)、17時10分 放送
◆放送対象地域
 原東、片浜、今沢、第二、第三、第四、我入道、静浦、内浦、西浦、戸田
◆内容
 市役所からお知らせします。明日、海上自衛隊等が今沢基地を使用します。駿河湾で操業する船舶は、自衛隊の船に接近しないようご注意下さい。
担当課:総務課 TEL:055-934-4712

訓練の僅か1日前に、突然告知がなされています。複数の海上自衛隊関係者に尋ねたところ、そもそも、沼津に今沢基地なる、在日米軍所属の揚陸訓練場が存在していることを知らなかったし、訓練の場合、通常は地域住民に1ヵ月前には告知するのが通例なので、今回の場合、本当に緊急であったか、沼津市側が早期の告知を怠ったとしか考えられないと返答を受けています。緊急の揚陸訓練だった場合、その緊急性にどのような背景があったのか気になるところです。

なお、8月の揚陸訓練には英国海軍が参加しています。在日米軍・英国海軍・海上自衛隊の各国連合軍がいったい何を目的として訓練を行っているのか、また、地球号がこれにどう絡んでいるのか、あるいは無関係なのかもたいへん気になる所です。私は、これらの動きを

自衛隊を偽装した各国別働隊訓練(*1)

と推測します。ターゲットは当然ながら駿河湾でしょう。駿河湾の何が?という点に関してはまだ情報が分析できていませんが、その答の鍵となるのが、地球号の出現であると考えられます。

*1 各国別働隊:朝鮮、モンゴル、ネパール系など一見日本人と見分けのつかないアジア人種による外国軍部隊。アジア諸国にて当事国軍への成りすまし、潜入工作などを行う。123便事件では、自衛隊と在日米軍に2重在籍した朝鮮人系部隊80余名が事件処理に投入され、事件後に部隊ごと消滅させられたと聞く。なお、消滅とはその人命も含む。

(3)この1ヵ月の動きに加え、漁船でない船団の突然の出現も気になります。本日現在時刻、海上自衛隊の大型護衛艦「伊勢」が佐賀県の唐津港に寄港しています。情報筋によると、沼津沖の船団の動きと今回の伊勢の唐津寄港には関連性があるとのことですが、その詳細は不明です。


写真2:本日(23日)唐津の友人から送られてきた伊勢艦上の写真(一般公開中)


 * * *


最近の新聞の社会面で、「不正融資問題」で話題になった駿河銀行。その駿河銀行の本店が沼津市にあるということも、何か引っ掛かります。また、伊藤忠商事が所有していた山林を市に寄贈し、その山林の開発に防衛省が関っているなど、防衛関係者複数が関与する気になる噂も聞こえてきます。その他、沼津市内では街の再整備事業が急ピッチで進められていることも、何やら背後の動きを感じさせる兆候とも見て取れます。今後、静岡県沼津市、駿河湾における動静から目が離せません。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Hot spring or Cooling water

When I stayed in Philippine, I was invited by my friend to go to the pool resort together away from my home. The name of the resort is "Balungao Hot Spring Resort ".


(The coordinate value for Google map : 15.867372, 120.686200)

The strange thing I felt there is that the area around the resort was guarded by army soldiers with holding real guns under their shoulders even though there is no military facility near there. Some of them walked around inside the resort and sometimes talked to us.

After enjoying the swimming, my friend complained his legs were swollen red. We couldn't understand what had happened, then I collected the pool water into a plastic bottle.

At home, we inspected the water by using a phase contrast microscope. Surprisingly, we found many sparkling particles in the water sample. That is a typical phenomenon when water contains strongly charged particles or radioactive materials.

From the following two points of view, I concluded the reason for the symptom my friend suffered comes from the pool water highly contaminated with radioactive materials.
1) Armed soldiers protecting something
2) Hot spring in a place of no volcanic zone

Isn't it more reasonable if we think there is a military nuclear facility under the ground and the hot spring uses the cooling water of the facility?

Recently, the existence of underground nuclear power facilities is becoming obvious in Japan, so I dreadfully worry that some of or many of hot springs we know also reuse the cooling water of nuclear facility.


Even in a residential area near Tokyo, Japanese people can enjoy natural hot spas. Of course, if it is truly NATURAL.


The Sun, The Moon and The Earth
Written on the ground of Jesus Christ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

認めたくない、日本の憂うべき現状(13) -北海道、嘘だらけの節電呼びかけ

2018.09.19 追伸



本当に2割の節電が必要だったのか?というのは本ブログの主張ではありますが、何はともあれ、計画停電が強行されなくなってよかったです。震災地域の早期の復興を願ってやみません。


少しは自重してくれると思ったのですが、日本国政府や電気事業連合会の面の皮はだいぶ厚いようですね。本日もこんなニュースが流れました。


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3516204010092018MM0000/

どうしても、北海道全域での総電力量の話に持って行きたいようですね。それほど、大電力長距離送電の神話を死守したいようです。そりゃそうでしょ、長距離送電ができないとなったら、いったい、我が家の電気はどこから来ているのかという話になるし、巨大な発電量の(地上)原子力発電所を建設・再稼動させろという議論の根底が崩れてしまいますからね。

繰り返しになりますが、大電力長距離送電ができないという物理的な根拠は「大電力送電の大嘘」を熟読していただきたいと思います。

それでは、今回大停電を経験した北海道をはじめ、日本の電力供給がどのようになっているか、改めて説明したいと思います。今回は図を用意したので、それをよーくご覧ください。


図1:日本の電力はこのように供給されている(クリックして拡大)
   神話の中ではC管区も不通区間も存在しない

図に描かれていることが説明の全てですので、改めて解説を加えるのはどうかとも思いますが、ご覧のように、私たちが発電所と認識している場所からは、せいぜい20km先にしか送電できないのです。北海道の場合は次の火力発電所まで100km以上離れたりしてますから、本当ならその間に幾つも発電所がなければ、その間の多くの地域には電力供給などできないのです。

それでも、人々はそこに居住し、当たり前のように電気を使っています。どうしてなのでしょう?そりゃ発電所があるからです。しかし、地図の上でも見渡す限りでもそんなものは存在しない。そうなれば、どこに発電所があるのですか?

 地下しか考えられないでしょう。

そうなんです。地下に発電所があるから、火力発電所から何10キロ離れていても、そこから電力が供給されるのです。そして、地下の場合は酸素を大量に消費する火力発電所は無理ですから、水力か原子力しか選択はありません。水力の場合は水量と高低さが要求されますから、地下の場合それは大工事になります。いかんずく、発電方法は原子力に限られることになります。

そんな地下原子力発電所が日本の地下に推定1万箇所以上は作られ、秘密が漏れないよう、地上社会に戸籍のない地下住人数10万人が保守に当たり、私たち国民の為にせっせと電気を作ってくれているのです。技術革新のおかげで、原子力発電装置は一般に知られる大型原子炉から、コンテナサイズ、最小のものはラグビーボールサイズにまで小型化されています。ここまで小さくなれば、地域の需要に見合うよう、出力の調整は自由自在なんです。

こうやって、日本の原子力発電依存度は95%超、ほぼ全ての電力を原子力に依存することになったのです。LNGだの太陽光だの風力だの、エネルギーミックスなんて掛け声自体が端から世迷い言なんです。さて、ここで一つ疑問が生じます。

 高濃度汚染された核廃棄物や使用済み核燃料はどこに行くの?

そう、それこそがこのシステムの一番の問題点で、はっきり言って、それらは地下で山積み状態です。排水だって垂れ流しです(*1)。地上に溢れ出すのも時間の問題でしょう。一部は山口県の石灰採掘場跡などに詰め込まれているようですが、核廃棄物の最終処分場などまじめに考えられていないのは明らかです。何たって収益第一ですから。そして、それこそが、地下原子炉の存在を公にできない一番の理由なのです。

*1 排水垂れ流し:都市のヒートアイランド化、海水温の上昇、温暖化の最大の原因は地下原発からの排熱や温排水なのです。一部は温泉などに有効利用されていますが、私は入りたくないな。


だから、ブラックアウトなどという無茶苦茶な理論を、経済産業省や各電力会社は一生懸命国民に植えつけようと必死なのです。そしてブラックアウトを説明するには、大電力送電の限界を知られてはならない。今回の北海道全域停電も、自分達がこれまで国民に説明し続けてきた神話が如き〇カ理論を浸透させるため、恣意的に発生させたものなのです。

図2 ブラックアウト神輿図(左:間違い、右:現実)
  あのね、最初からみんなで担いでいないんですよ(笑)
  全域停電はわざと、わざとなんです


つまり、2割節電の呼びかけなど神話を維持するためのポーズでしかない。計画停電が有り得るとしたら、止まった厚真火力発電所の近隣である、安平、厚真、苫小牧、むかわ辺りまでで、その地域以外で計画停電を起すことは、詐欺以外の何ものでもありません。同地域内にしても、厚真発電所の発電量は元々過剰ですから、政府の秘密地下施設への供給さへ止めれば、地上の生活者が停電の不利益を蒙る必要はないはずです。

北海道民のみなさん、政府・北海道電力の道民を愚弄する横暴に断固抗議して下さい!経済的損失を受けた方は電力会社を訴えてください。そして、彼等が地下で何をやっているのか、その真実を暴き出してください。北海道選出の代議士や、道内自治体議会の有志は、党派を超えて団結し、一丸となって道民の生活と権利を守ってあげてください。それができないようならば、今すぐ政治家を辞めてください。


あなたは率先して辞めよう


電気事業連合会の勝野哲会長(左)と北海道電力の真弓明彦社長(右)は検察に出頭してください。詐欺、不正経理、廃棄物処理法違反など罪状は山ほどあるでしょうから


 * * *


最後に、全国の大電力系エンジニアに問いかけます。あなた方の仕事は利用者に嘘を吐くことなのでしょうか?そんな仕事を、家族や知人に胸を張って伝えることが出来るのでしょうか?今一度、よくお考えください。


キリストの御国にて記す
管理人 日月土
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ