息苦しい世の中で 自由に語り合える空間を

自由でも民主でもない この日本を もっともっとよりよく変えていくことができるように たくさんの知恵を語りましょう。

良かった だけでは軽すぎる

2014年03月28日 00時09分20秒 | わたしごと
よかった、だけでは軽すぎる。
48年。
人生の大半だと言ってもいいだろう。
年老いた袴田さんが釈放されて、カメラの前に立ったとき、涙があふれて止まらなかった。

「1966年に静岡県の一家4人が殺害、放火された「袴田事件」で死刑が確定した元プロボクサー袴田巌(いわお)死刑囚(78)=東京拘置所在監=の第2次再審請求審で、静岡地裁(村山浩昭裁判長)は27日、再審開始を認める決定をした。村山裁判長は「捜査機関が重要な証拠を捏造(ねつぞう)した疑いがあり、犯人と認めるには合理的疑いが残る」と判断。「拘置の続行は耐え難いほど正義に反する」と刑の執行停止(釈放)も決めた。
 死刑囚の再審開始決定は免田、財田川、松山、島田の無罪確定4事件と、後に覆された2005年の名張毒ブドウ酒事件の名古屋高裁決定に次いで6件目。
」(朝日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三連休にならず

2014年03月22日 22時32分07秒 | 教育を考える
この時期は、通知表、指導要録、教室の整理、新しい年度の教育計画の印刷や製本などなど、短期間にいくつもの「待ったなし」の仕事が
どっと押し寄せます。
今日、10時過ぎに学校に行くと、すでに5人の先生が仕事をしていました。
私も最後の学級通信を作成したり、クラス分けの資料を作ったり・・・
あっという間に昼になっていまいます。

明日も、つづきをしなくては・・・

こんなことだから、本も読めない、教養とも文化とも離れていく教員が多くなる。

早く終えて、たまった本を読みたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若さ ゆえの不満と希望

2014年03月08日 22時06分50秒 | 素人の劇評
3月8日(土) 14:00-
「CRIMERS」劇団超ダッシ 北池袋 新生館シアター

2時の部に行きました。 「相棒」を彷彿とさせる内容で、それなりに楽しんで観ることができました。 しかし、しかしです。 それが舞台上の演技となると不満が多々残ります。 まず第一に、やはり役者さんの演技力です。台詞をかむのは、このチームが初日であることを差し引いても、残念ですし、ストーリー中心の劇であるためか、奥行きという点で「今一歩」という感じがしました。 第二に、役者さんの年齢構成。みな若く、それだけで「軽さ」を感じさせてしまうものです。客演として、1人でも長老がいたら・・・という思いがしました。 とはいえ、若いというのは、それだけ可能性が無限であるということでもあります。さらなる稽古と成長を望みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加