息苦しい世の中で 自由に語り合える空間を

自由でも民主でもない この日本を もっともっとよりよく変えていくことができるように たくさんの知恵を語りましょう。

小池氏の当選に 毎度の落胆

2016年07月31日 21時15分44秒 | 教訓
女性だから?
グリーンのイメージが奏した?
自民に反旗を掲げたから?
どう考えても東京都も国もよくなるはずのない人物なのに。
やはり有権者の、政治教育、卒業後の政治的経験が、あまりにも少ないからか。
三流の市民が選ぶ、三流の政治家。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母との散歩

2016年07月30日 09時25分57秒 | 教訓
朝5時半。母に乞われて散歩に出る。
毎朝、20分ほどの散歩を欠かさないとのこと。83歳。
愛知県西尾に、妹夫婦と住む母は、毎年訪れるたびに小さく、弱くなっていく。
祖父母が、毎年訪れる息子や娘、孫を見て、「ああ、また一段と大きくなったね」と言うのとは裏返し。もちろん「小さく」なんて言えやしない。
用水路があちこちにある西尾の道。私の腕につかまりながらトボトボあるき、一軒ごとに、「ここの娘さんは学校の先生をしていてね」「この土地は売りに出してるんだけど、ほら前が墓地だからなかなかねえ」「2年で3人も立て続けに亡くなって」などとガイドをしてくれる。
蒸し暑い朝。蝉の元気な鳴き声が束で耳に入る。

時間よ、戻れ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビには報道されないなあ

2016年07月30日 01時06分42秒 | 教訓
小池氏の朝鮮学校の無償化への「それはないでしょ!」との絶対反対の態度、歴史教育に対する偏見については、まったく報道されない。なにか、自民に抵抗するリベラルみたいに報道されているが、とんでもない!
私たち教師としては、候補者の中では、一番当選させたくない人物だ。
騙されてはいけない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

権力と完成度

2016年07月29日 15時23分48秒 | 教訓
選挙の結果を見るたびに、教育に携わるものとして、学校教育にも多大な責任があることを思わずにはいられない。
「政治」について、児童、生徒にまともに語れる教師が圧倒的に少ないこと。権利について、憲法について、主権者を育てることについて、まともに考え、導くことのできる教師が、私の周りにはほとんどいない。いや、いなくなってきている。
だから、「未来の日本、世界を作り上げるのは君たちだ」と語る場面はないし、話し合いもすぐに多数決で決めようとする。
「多数決」は、そもそも、議論を尽くして、意見が別れたときに、「とりあえず」決めること。実行して、それが正しかったか検証する、少数意見も検討してみる、それが必須だろうが、それは考えもしない。そんな教師と子どもがたくさん生まれている。
主体的に、協同して世界を変えていく。そんな発想から遠ざかり、いかに上手に世間を渡るか、従順に振る舞うがが至上の目的になる教育。
その結果が、いまの選挙にも反映しているのだろう。
もちろん、安倍政権のあまりにも酷さに、目覚めた若者、市民権少なくない。しかし、彼ら彼女らは、学校教育を終えて、社会にもまれ、鍛えられた面々だ。

学校教育に未来はあるのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金儲けについて

2016年07月10日 12時14分37秒 | 教訓
「金儲けを目指さないと、あなた方の生活は保証しませんよ。さあ、どうなんですか?」
これが安倍内閣の突きつけた選挙の選択肢だ。
命よりも金を。
平和よりも金を。
倫理よりも金を。

さて、どうします?

大企業は金儲けしたが、いまだに生活は楽にならない現実からして、彼の論理は嘘八百だということが明らかなのに、まだ信じている人はたくさんいるのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加