息苦しい世の中で 自由に語り合える空間を

自由でも民主でもない この日本を もっともっとよりよく変えていくことができるように たくさんの知恵を語りましょう。

教訓5 反省しない者は 上に立つ資格はない

2014年02月23日 21時30分30秒 | 教訓
当たり前のことだ。

安倍首相には、自分の言葉や考えに酔っている感がある。
こんな人物が上に立っていると思うとぞっとする。

「NHKの籾井勝人(もみい・かつと)会長(70)が1月25日の就任記者会見で従軍慰安婦を「どこの国にもあった」などと発言した問題で、籾井会長は今月12日の経営委員会で「大変な失言をしたのでしょうか」と疑問を呈し、発言に問題はなかったとの認識を示していたことが23日、分かった。議事録は28日に公開される予定。」(毎日)

この人物も懲りない1人だ。
もともと確信をもって会見をしたのだろうから、なんの疑いもなく持論が正しいと考えているにちがいない。
困ったものだ。

しかし、これで辞任させる力を、国民が持っていないことにも憂慮する。

情けない我が国

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小林多喜二 虐殺の日

2014年02月21日 22時38分01秒 | わたしごと
うっかりしていた。
昨日2月20日は、小林多喜二が虐殺された日。
秘密保護法は、この出来事を想起させる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごめんで済めば警察はいらない

2014年02月11日 12時23分48秒 | 教訓
巧言令色少なし仁
浮いた言葉には警戒せよ

安倍首相のメッセージも、なんの感動も覚えない、「浮いた言葉」「使い古された言葉」の羅列だ。
これ自体を読む限り、なんの害もない。
しかし、彼の言おうとする中身について考えてみれば、これまでの彼の言動からして、「笑っちまうよな」の類なのだ。

「先人の努力に深く敬意を表すとともに、平和と繁栄を更に発展させ、次の世代も安心して暮らせるよう引き継いでいくことは我々に課された責務であります。『建国記念の日』を迎えるに当たり、私は、改めて、私達の愛する国、日本を、より美しい、誇りのある国にしていく責任を痛感し、決意を新たにしています」

神国日本のために戦った軍人と同義の「先人」
武力で隣国を屈服させての「平和」
持てるものだけにしか与えられることのない「繁栄」
日本が過去に犯したことには目をつぶって、ただやみくもに「愛する」ことを強調
他国よりも優位に立つことだとする「誇り」

なんと幼稚で、短絡的で、危険な考えだろう。

自民党の中からも、この暴走を抑えようとする勢力が出てもいいのではないかと思うが、その可能性も皆無となった、絶望政界なのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紀元節

2014年02月11日 10時58分20秒 | こんなもの いらない
天皇制の恩恵
そんな祝日のうちのひとつ

謹んで返上したい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不気味 不吉 失望

2014年02月11日 10時49分59秒 | わたしごと
都知事選で、とりわけ20代男性が、投票した人のうちで4人に1人の割合で田母神候補に票を投じたことが報じられていた。
威勢の良さをかったのか、石原慎太郎の「歯切れの良さ」(中身はないにせよ)に共感したのか、本当に「強い日本」「排外的な
歴史観」を支持したのかはわからないが、恐ろしい数字である。

体制順応型人間養成教育とも言える学校教育の「成果」なのかもしれない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰が痛い

2014年02月09日 17時36分13秒 | わたしごと
朝から雪かき
いやー やりがいあり!
幸い暖かくなったために、どんどんと溶けてくれたのこともあり、
昼食、休憩をはさんで、日没近くまでやっていた
玄関、駐車場、通りまでの私道、ほぼ完璧!

腰が重い
しかたないか

さて都知事選の投票に

最近は「出口調査」とやらで、投票時間が終わった瞬間に、「当確」の報道がなされる。
まったく白けてしまう。
今回もまた当選しそうにない候補者に入れる我が身。

奇跡を信じてはいるが、めったにないことが「奇跡」だから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加