Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



大会前、中盤と前線は凄いメンバーなので、いつも(守りを固めるパターン)と違うイングランドが見られると思ったけど、ルーニーは怪我で出遅れ、オーエンも不調で、今一ですぅた。
しかもオーエンは怪我で消えるし、とどめにルーニー退場だし。。。
ジェラードはやはり出来・不出来が大きい気がするなあ。ランパードは安定しているけど、今日の試合(ポルトガル戦)はルーニーの退場ですっかり守りまくりのイングランドになってしまったのでランパードのよさがでなかった。
そんな中、ハーグレーヴスがとても頑張っていたようです。

はっきり言って試合内容は良くなかったなあ。ポルトガルは前の試合でレッドカードの二人を欠いていたし、(9人でやった)疲れもあったようで動きが良くない。
イングランドは途中で一人減って、ひたすら守るのみだしね。
最後は(PK戦)、キーパーのリカルドが神のごとくセーブを連発して、ヒーローに。

ユーロ2004でも同じ組み合わせがあったわけですが、これは同じ延長&PK戦でやっぱりポルトガルが勝ったけど、内容は凄かったでし。
出だしでオーエンが見事なシュート。そのまま守りきるかと思いきや、終盤にポルトガルがポスティガのゴールで追いつく。
延長の後半にルイ・コスタが決めてヒーローになるかと思うと、その5分後にランパードがお返し。
ほんとに死闘だぜー。

しかし、PK戦はこれまたすごくて、いきなりベッカムが(芝がおかしかったんだけど)、大はずし。ところがポルトガルは3人目にヒーローになりそこねたルイ・コスタがはずして、どつぼ。
5人では決着がつかず、サドンデスに。
七人目で、キーパーのリカルドがなぜか素手で守ってセーブした。
リカルドはこれでどうやら自分に神がおりてきたと思ったらしい。自分から次のキッカーになっって、ちゃんと決めてヒーローに。わら

そして、今日はというと、なんと4本のPKを全部さわって、3本とめた。これはやっぱりイングランド戦にはリカルドに神がおりてきていると見ていいですね。(なぜだ?)

まあ、ルーニー出場停止でFWのいないイングランドより、デコもコスティーニャも戻るポルトガルのほうが準決勝は楽しめるけど(フィーゴもいるし)、めちゃくちゃ疲れてるだろうなあ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )