Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



ここでは毎度のことですが。
2~3ヶ月、ネットをお休みしようかと思いまして。

今月はずいぶんたくさん書いたので、暇な方は読んでみてください。
全部読んでる人はいないに違いない、という予測のもとに言ってますが。

分量としてはかなりあると思うのであります。(といっても映像が多いけど)

ネットに復帰したら地味に再開したいと思います。
レイアウト変えたい。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんのひねりもないタイトルですが、内容も同じくまったく何の工夫もありません。

以前も出ましたが、日本で美人バイオリニストというとやはりこの人ではないかと思います。
諏訪内晶子 on TV, 2001 [2/3]
諏訪内晶子 on TV, 2001 [3/3]
こんな感じですね。
映像はいっぱいあるんですけど、演奏中のこれっていうのがないんですね。
去年か一昨年あたりにBSで見たときの演奏はなかなかだったんですが、そういうのがないです。
(どうも、にこっと笑ったときの顔が、あまり感じよくない気がする・・・)
Bartok - Violin Sonata mov.4 A.Suwanai
これも、いい感じなんだけど、思いっきり横が詰まってますからねえ。
しかし、ドキュメンタリー系が多いですね。

続いて、海外の人たち。
J.S.Bach - Violon Sonata No.1 Adagio
Alexandra Hjortswangという人(アレクサンドラ・・・・読めない。。)が自分でアップ(本人の名前でアップ)してます。暗くてよくわかんないけど。。。

Vaughan Williams - The Lark Ascending
こちたは、すでに結構活躍してい人のようです。あまり美人とはいえないかも・・・
ドレスも不思議。ジャニーヌ・ヤンセン(Janine Jansen)
しかし、曲がなかなかいいのだ。ボーン・ウイリアムスの「揚げ雲雀」という曲です。

J.S.Bach - partita in E
なんというか、激しくビジュアル系で売っている雰囲気。子供は見ちゃだめ系のもあるんだなあ。

J.S.Bach - partita in E
反対に、地味なキャラの人かな。リーザ・バティアシヴィリ(Lisa Batiashvili)さんです。

続いて、過去に出てますが、やはりはずせません。
J.S.Bach - Violin Concertos
ヒラリー・ハーンであります。

Korngold - Violin Concerto mov.1
コーンゴールド(あるいはコルンゴルド?)という作曲家の曲。
ヒラリー・ハーンの映像は山のようにあるんですが、映像がびしっとしてるやつは、音がひどく小さいとか、音がいいやつは映像じゃなくて写真になってるとか、両方揃ったのがなかなかない。

S.Prokofiev - violin concerto No.1 mov.2
いろいろあるので関連映像で察してみてください。

ええと、再び、一旦日本に戻ります。

宮本笑里
この人、どこまでクラシックかはわかりませんが、
It's A Small World - Vanilla Mood
この、ピンクの人と区別がつきません。で、宮本笑里という人のブログに経歴がたくさん書かれていたので、見たけど何も書いてません。しかし、うぃきぺでぃあのヴァニラ・ムードのとこを見ると、やっぱり同じ人でした。

川井郁子
こういう人もいますね。

再び、海外に。
シベリウス国際バイオリンコンクールというところで、出てきた人たち。

J.Sibelius - Violin Concerto Mov.3
wei wen という中国の人です。(3位)
よくわかんないけど結構かわいいっぽい。

そして、優勝したのはこの人。
S.Prokofiev. Violin Concerto No. 2
アリーナ・ポゴストキーナ、と読むんでしょうか。
これは反則ですね。コンクールですからね。目のやり場に困るのでは?


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

トラコミュYOU TUBEで音楽を3倍楽しもう


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




意外にも続き。
パッサカリアとシャコンヌがどのくらいわかったか、ということについて、つまり学習の成果がちゃんと上がっているのかを確認しようということなわけです。
そこで、もう一度、これを聴いてみるわけです。パッサカリアとフーガ。
J.S.Bach - Passacaglia in C Minor BWV.582
そうすると、おお、同じ低音のフレーズがかなりしつこく繰り返されてます。
なるほど、これはパッサカリアか、ってなわけですね。
一方、シャコンヌですが、バッハのシャコンヌはちょっと長いしわかりにくいんではないかと、考えまして、
他の人のを探してみますた。
まず、前回の投稿でわかりやすかったヘンデルでさがすと、いきなりこのようなページを見つけました。
about G.F.Handel - Chaconne in G HWV.442
【1733年刊。シャコンヌは3拍子の変奏曲で、I,V,IV,Vという和声進行が特徴である。南米で生まれ、スペインに持ち込まれた舞曲が基になっており、17世紀初頭に鍵盤楽器のためのシャコンヌが生まれた。このヘンデルの作品は最も代表的な「シャコンヌ」の1つ。ヘンデルの『ハープシコード組曲』第2巻の第9番にあたる。8小節の主題に62の変奏曲がついている。】
こんなこと書いてます。(ちなみにパールマンとズーカーマンがやった曲ももとはハープシコード組曲です。(第1巻より)
しかし、視聴できるのはわずかで、この曲をあちこち探してみましたが、残念ながらなかったのでした。
ようつべにかすかにあったんだけど、曲がちゃんと聴けるようなものではなかったのでした。
そこで、別のを見つけたのです。バッハのシャコンヌはあれぐらいしかないけど、ヘンデルは結構作ってます。
ちなみに、これもハープシコード組曲です。
G.F.Handel - Chaconne in G HWV.435 (後藤 正孝)
【シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種で、パッサカリアもほぼ同様の様式の楽曲。ゆったりしたテンポの3拍子が特徴である。ヘンデルはチェンバロ曲として複数のシャコンヌを残している。このト長調のシャコンヌはもっとも演奏機会の多いもの。21の変奏からなり、第1変奏から第8変奏までが第一部、第9変奏から第16変奏の短調、アダージョの部分が第二部、以後ト長調が再現する21変奏までの三部で構成されている。】
右側にMP3の試聴音源があるです。ちゃんと全部聴けるです。解説を見て聴くと非常に構造がわかりやすいですね。第一部も、第5変奏からぐっとスピード感がましている、という具合に4つずつ前後に分かれていることがわかります。次の8つも同じですね。一つの変奏の長さは短くて、4つで1セットという感じで、その中では少しずつの変化にとどめてますね。
こういののがシャコンヌだぞと。
それにしてもこれはなかなかの名曲であります。なんだかバッハのゴールドベルクと似てるとこ多いですね。変奏の変わり目とか、左手とか。こっちのほうが明らかに先に作られてます。
ようつべにも同じ曲があったので、一応、リンクするです。
G.F.Handel - Chaconne in G HWV.435
これだと、ゴールドベルクとは似てない気がする。でも、まるでバッハな感じだ。(こちたはアマの演奏者です)
やっぱり上の後藤さんのほうがいいですね。
(って、映像を使っておいて文句いうな・・・)

んーー、シャコンヌやパッサカリアの定番がバッハではなくてヘンデルのだったら、もっと後の作曲家も作ったんじゃないかなあ。バッハがいろんな意味で重くしすぎたのではないだろうか。。。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

トラコミュ
クラシック・CLASSIC


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




変なタイトルでありますが、曲名ではなくこの二つの話であります。
というか、これは自分のお勉強でし。
一応、前回の続きから入ります。
J.Brahms - Symphony No.4 mov.4 - Sabata BPO
ロドリーゴがまねしたこの曲のこの部分は、「パッサカリア」なんですが、
短いフレーズを繰り返しながら少しずつ変化させているという感じですね。
ただ、普通の(?)変奏曲とも違う感じです。変奏曲ていうと、もっと長い、こうフレーズというよりはパラグラフかそれ以上の繰り返しって感じですし。(あくまでも感覚的なものですから・・)

J.S.Bach - Catata BWV.150
(バッハのカンタータ150番)
2分半ぐらいしたところからの部分(第7曲)が、パッサカリアということなんです。
ブラームスはこれをいただいたらしい。でも、そんなにピンとこないよね。
(ちょと、演奏とか厳しいんですが、ほかにないのだ)
まあ、とにかくブラームスがすばらしい作業をしていることがわかます。

それでですね、
とりあえず、パッサカリアの代表。
J.S.Bach - Passacaglia in C Minor BWV.582
J.S.Bach - Passacaglia in C Minor - Fugue
パッサカリアとフーガでつ。

続いて、シャコンヌの代表。
J.S.Bach - Chaconne from BWV.1004 - H.Hahn 1/2
J.S.Bach - Chaconne from BWV.1004 - H.Hahn 2/2
シャコンヌ。(そのまんまやん)

と、これらを踏まえて進むであります。

wikipedia - chaconne
うぃきのシャコンヌがわかりやすいのでリンクするです。

あんまりシャコンヌはパッサカリアと区別がついてないようだ。オスティナート・バスというのを用いたという点で同じっぽい。
しかも、どちらもスペインあたりが始まりっぽい。どちらももそもそもは舞曲っぽい。
↓こんなん書いてますね。
【このころ、チャッコーナといえば次のような定型のオスティナート・バスを持っていた。】
たたー たたー たたー たたー って感じ。
ま、バッハのシャコンヌの最初が、ゆっくりだけど、たたーたたー♪ ってなってますね。
おそらく昔は、だいたい同じリズムを繰り返していたんでしょう。
わりと元気に踊るような曲だったんじゃないかと。
短いフレーズがどんどん移り変わっていく、かなり活発な曲であったかも知れないわけです。
それを、バッハが重々しくしてしまったのかなあ。

下のやつなんかがそのイメージにぴったりかもです。
Handel-Halvorsen - Passacaglia
ヘンデルの鍵盤用の曲をハルヴォルセンという人が二つの弦楽器用に編曲したものですが、まさに、短いフレーズを少しずつ変化させながら繰り返している、元気な(体を動かしたくなるような)曲であります。これだと曲の雰囲気も造りも非常にわかりやすいです。
(まあ、それでも踊るには無理があるけど。ショパンのワルツと同じですね)
ちなみに、始まりのリズムは、たたー たたー たたー ってシャコンヌと同じだなあ。

一方、バッハと同じ時期の作曲家のパッサカリアがあるです。
Weiss Passacaglia type A
Weiss Passacaglia type B
どっちも同じなんですけど、下のほうがビジュアル重視。わら
ヴァイスという作曲家のパッサカリアです。
バッハのシャコンヌの途中ちょと明るめのところと似てますね。部分的に雰囲気はそっくり。
まあ、元気に踊るというのではなく、非常に趣のある曲、という感じです。
これはリュート(昔のギター)の曲のようですが、バッハのシャコンヌもよくギターで演奏されますね。

J.S.Bach - Chaconne - Andres Segovia 1/2
J.S.Bach - Chaconne - Andres Segovia 2/2
そういうわけで、セゴビアの演奏です。

結局、この二つがどう違うのかわからないのであった。
【どちらもスペインあたりが始まりっぽい 】と書いてみたものの、シャコンヌは中南米が発祥という話も。
パッサカリアはオスティナート・バスがきっちりしているが、シャコンヌは、旋律を繰り返すのではなく、和音進行の「形」を繰り返すなどという話も。しかし、それだと中南米が発祥といのは無理があるなあ。
それじゃあ、シャコンヌは、もともと(17世紀あたりまで?)は快活な舞曲であったが、その後バロックのおじさんたちによって、2拍目が強い(あのバッハのシャコンヌの始まりように、チャチャー チャチャー って感じの)重い変奏曲の一種となった。
こういうのでどうだろ。。。。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

トラコミュ
YOU TUBEで音楽を3倍楽しもう


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




結局、やや続いてます。
それで、「巧言令色鮮し仁」なんて言葉があるぐらいだし、口八丁な人について胡散臭いと感じる感覚というのはあるわけで、こういうのは日本人のいいところかな?と思わないでもない。

しかし、日本人はうそ臭い話にだまされないかというと、まったくそんなことは無いですね。
まことに不思議というか、いかにもインチキくさい話にだまされるっていうのがずいぶんあるわけですね。
いかにもおかしな宗教、明らかに詐欺っぽい詐欺、そういうのにはまる人というのは後を絶たない。
もちろん、そういうことをやる人も後を絶たない。両方いないと成立しないし。。。
あるいは、なんで郵政民営化の選挙だっていったらそれに乗っちゃうんだろ、という疑問のタネは尽きないわけですが、
要するに騙されたいのではないだろうかね。
いつもどんなものにでも哲学してたら疲れるわけですね。何でも懐疑的になっていたら肩がこるわけですね。
自分で考える、自分で判断してその自分の行動に責任を持つのが面倒になるのだ。
思考停止は楽なのよ。
「一年で元金が二倍になります。私を信じなさい。」って言ったって、普通、信じるわけないんだけど、もう、判断を放棄してしまうのではないかと。
嘘であっても、責任は自分にはないとか、そういう世界に入っているのではないだろうかねえ。

たとえばでつよ、無重力の空間にポンと放り出されたとするでつ。一応空気はあるでつ。
ミニミニロケットみたいなのが背中とかあちこちについていて、ブシュッと噴射すれば動く、つまり姿勢の制御や移動などは可能だとするでつ。しかし、かなりそれは難しい、そんな状況だとします。
まあ、これが自由な状態ってとこですかね。

実際のところ、これは非常に不安定なわけでつ。というか非常に不安を感じるだろね。
そこに、「このロープで体を縛れ。安心できるところに連れて行ってあげるよ。私を信じなさい。」ってなことを言うやつが現れたら、やっぱ信じる人間が多いかもね。
楽だもんね。依存したくなるよなあ。変なとこに連れてかれたら、連れてったやつのせいにすればいいんだしね。まあ、もちろんそいつが悪いということについては間違いはないんだけどね。

*************************************************

では、今日の一曲。
20世紀の作曲家・ロドリーゴ(J.Rodrigo)の「ある貴紳のための幻想曲」。
セゴビアのために書かれた曲であります。
Fantasia para un Gentilhombre (2) - Narciso Yepes
第2楽章。演奏はイエペスだぜ、イェ~。
それはともかく、スタート後、1分10秒ぐらいから良く聴いてくらはい。
これを踏まえて、
Brahms - Symphony No.4 mov.4 - C.Kleiber
ブラームスの交響曲第4番の第4楽章であります。
0分32秒からよく聴いてくらはい。

続きまして再び「ある貴紳のための幻想曲」。
Fantasia para un Gentilhombre (4) - Narciso Yepes
第4楽章であります。
これを踏まえて、
Gaspar Sanz - Canarios - Angel Romero
そのまんまですが、これはもちろんわざとです。
しかしですね、アンヘル・ロメロのこの演奏、ええでんなあ。

追記
ああ、リンク2つもミスってました。それで見ちゃった人、ごめんなさい。(4時27分)

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

トラコミュクラシック・CLASSIC


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんというか、アメリカ人には演説の名人というのが結構いますね。
あるいは、演説とは違うけれどもスポーツ選手など、超一流になると、ほぼ常に非常に立派なコメントを残す人とかいますね。けちのつけようが無い、そんな感じの。

アメリカと日本の土壌の違いといってしまえば、まあ、それまでよ。。。
・・・ではつまらないか。。。

その昔のJFKなんかは演説というか、演出がうまいと言うので有名だったですね。
今は、オバマ候補が非常に演説がうまいと評判です。
まあ、発言内容の文面について自分でどこまで考えているかはともかく、話し方などはやはり本人の能力でありましょう。

日本の場合、こういう人はまずいないですね。
アメリカと日本の土壌の違い、と、また同じこといってますが、ほぼ単一の言語でだいたい単一の民族で長年やってきた島国の日本と人種の坩堝、当然、言語も複数、という中でやってきたアメリカという国の違いというのは大きいのだ。

よく言われることだけれども、いろんな人種がいるアメリカという国ではちゃんと明確な形にして表現しないと、伝わらないんですね。言語も文化も違う人たちがわらわらといるわけですから。
そのような人たちの間でのコミュニケイションでは、空気を読むというのはちょと無理があるのであります。
もちろん、慣れた人たちの間では可能ですが。。。

また、日本の場合、論語の影響も見逃せませんね。わら
「巧言令色鮮し仁」というのがあるでし。まあ、これは単純に「口がうまい」というのとは違う(まして演説がうまいというのとは違う)のだけれども、同じく論語には「剛毅木訥、仁に近し」というのもあるようで、こうなるともう「口八丁」なやつよりは、無口なやつのほうが仁がありそうだよね、てなことになるであった。
まあ、それは有る意味で否定できないでせう。
「口だけのやつ」というのは厳然と存在するのである。(あんまり他人のことは言えんが・・)
本来、「話が上手」と「仁がある」というのは別の問題なのらよね。
話がうまくて仁もある人もいれば、どっちも駄目なやつもいるかもしれん。「人間色々」(byコイズミ)でんがな。
しかし、「悪いやつほど良く喋る」といわれれば、そうかもしれんような気がする。
それに、「不言実行」というのがある。
良いことを実行するのが「仁」だとすれば、だまって実行するのは、非常な美徳であると感じる。
「有言実行」はもちろん正しいのだが、「有言不実行」は最悪なのだ。
「不言不実行」は、仁はないとは言えども有る意味で誠実である。「できないことは言わない」だけなのかも知れない。
「有言不実行」は不誠実この上ない。そんなら黙っているほうがいい。口にするというのは自己の宣伝にもなるしね。
CMでやたらと「信用」とか「信頼」を強調していた会社が、がっつり法令違反やってたなんて、別にいまさら驚かないですしね。
「コンプライアンス」なんてことを言ってるCMもありますね。法令守るのは当たり前だろ!

しかしだ、そうであっても日本の政治家は演説が下手だよな。実行できないから黙ってるというわけでもない。宣伝なら散々やってるわけだし。なんというか有言不実行の極みだろうね。
どうせろくな絵が描けないなら、その絵の説明は多少うまくてもいいんじゃないだろうか?
ま、本来、そういう問題ではないんだけども。。。

なんか、微妙に続きそうだ・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




I have a dream で有名なMartin Luther Kingの演説の話であります。

The full version of Martin Luther King's speech
演説の振るバージョンですが、こりゃ長いです。
そこで、
The Martin Luther King - I have a dream
ええと、この際ですね、あの字幕は無視してください。。。なはは

一応、一部抜き出し&意訳。

I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: "We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal."
私には夢がある。 いつの日か この国が 立ち上がり、わが国の信条である『私たちは、全ての人間は平等に造られているという真理を自明の ことと考える。』という言葉の真の意味を実現するlことになるという夢が。 

I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.
私には夢がある。いつの日か ジョージア州の赤い丘の上で、 かつての奴隷の子孫たちと かつての主の子孫たちが、 共に兄弟愛のテーブルに着くことができるようになるという夢が。

I have a dream that one day even the state of Mississippi, a state sweltering with the heat of injustice, sweltering with the heat of oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.
私には夢がある。 いつの日か 、不正義の 暑さに苦しみ 抑圧の暑さにうだっている このミシシッピ州でさえも自由と正義のオアシスに変えられるという夢が。

I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.
私には夢がある。いつの日か、私の幼い四人の子どもたちが、彼らの肌の色ではなく その人格の深さによって評価されるような国に住むことになるという夢が。

I have a dream today!

おいらには今夢があるのら。

*******************************************

てな感じでありますが、長くなるので、言いたいこと&文法解説(←意味あるのか?)は夜にでも。

いやしかし、ここの「ジャンル」の無さ(というか偏りぶり)にはちょっと驚くのら。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あんまり語ってもしょうがないので、がんがん行きます。
Haydn - Cello Con No.2 mov1 - Jacqueline du Pre
ハイドンの2番の最初です。合わなそうだけど合ってます。ていうか、これはかなり気に入ってます。

Saint-Saens Allegro appassionato in B minor, Op.43
サン=サーンスのアレグロ・アパッショナートってそのまんまの曲です。

F.Mendelssohn - Song without words in D
メンデルスゾーンの「無言歌」。サン=サーンスのとまったく同じシチュエーションですが、共にピアノはお母さんが弾いてます。

Beethoven - Cello Sonata No.3 part1
バレンボイムとのベートーヴェンです。ちょっと音が小さいのでボリュームあげてね。ていうか録音が良くないかな。

続きましては、シューベルトの「鱒」であります。パールマン、ズーカーマン、デュ・プレ、メータ、バレンボイム
リハーサル風景からあるんですが、最初の部分、ズーカーマンが不気味なので(わら)、飛ばしました。
下の映像は本番前の楽屋の様子からです。最初、パールマンがチェロで熊蜂やってるのにけっこうびっくりですが、その後、パールマンと変顔のデュ・プレがメンデルスゾーンのバイコン・第3楽章をジャズ風に演奏したら、刺激を受けたメータが、パールマン仲良くと半分ずつ第1楽章を弾きますた。
ブラームスのバイコンもでてきますたね。
それはともかく、
F.Schubert ''The Trout' mov.1(1)
ええと、シューベルトの「鱒」です。第1楽章の途中まで。
F.Schubert ''The Trout' mov.1(2) m,ov.2(1)
続きから、第2楽章の途中まで。
F.Schubert ''The Trout' mov.2(2) m,ov.3
第2楽章の途中から第3楽章。
F.Schubert ''The Trout' mov.4
F.Schubert ''The Trout' mov.5
第4楽章と第5楽章です。
ううんと、全体を通して、バイオリンが聴こえ過ぎな気がします。録音のバランスですかね。。

んで、最後はやぱ~りエルガーのチェロコン全曲。
Elgar Cello Concerto mov.1
Elgar Cello Concerto mov.2
Elgar Cello Concerto mov.3
Elgar Cello Concerto mov.4 1/2
Elgar Cello Concerto mov.4 2/2
この曲、この人が演奏しなかったら、かなり無名だったと思うのであります。
ゴールドベルクもグールドが弾かなかったら同じことになっていたでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
トラコミュクラシック・CLASSIC

トラコミュYOU TUBEで音楽を3倍楽しもう


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NHKで工専の学生がロボット作って対戦してるあれとは違います。
ドヴォルザークのコンチェルトってことなわけです。ドヴォルザークは他にも(というか他の楽器の)コンチェルトは作ってますが、なんというか知名度が違います。
この曲はおいらも結構好きで、複数のCDを持ってるでありますが、やっぱりロストロさんのが安心でしょうかねえ。。。

・・安心という言葉を使ったのには一応わけがあります。
デュ・プレの演奏。例によって全身全霊を込めているかのような演奏なのですね。
しかし、この曲にはやっぱりあわないのら。
そこまで細かいニュアンスが必要か?と、そういう部分が・・。
少なくともぼくがこの曲に期待するのはそういうところではないのでありまして、 なんかこうのんびりしたいとか、しばし都会の喧騒を忘れたいとか(嘘です。都会に住んでません)、この曲が持っている雰囲気味わいたくて聴くわけです。
もちろん、「この曲の持っている雰囲気」などというのは、おらの勝手なイメージにすぎないし、仮に、おらのだけではない「この曲の持っている雰囲気」の共通イメージというものがあったとしても、その通りに弾かねばならない理由などないし、そういう先入観なしにこの曲を聴いたときに、この曲の新たな良さがわかるのかもしれないのでありますが、そうだとしても、デュ・プレの演奏は、やはり「凄すぎてむしろしんどい」気がするのであります。
これって、「1/fゆらぎ」の話をしてるのとかわらんかな。。。

Dvorak - Cello Concerto mov.1 1/2 - Rostropovich
Dvorak - Cello Concerto mov.1 2/2 - Rostropovich
まずは打1楽章。ロストロおじさんに、ジュリーニとロンドンフィルであります。

Dvorak - Cello Concerto mov.2 1/2 - Rostropovich
Dvorak - Cello Concerto mov.2 2/2 - Rostropovich
第2楽章。

Dvorak - Cello Concerto mov.3 1/2 - Rostropovich
Dvorak - Cello Concerto mov.3 2/2 - Rostropovich
第3楽章であります。
ドヴォルザークって人は、とにかくメロディメイカーとして有名なわけですね。親しみやすいメロディーが次から次に沸いてくるかのようなそういう人なわけです。
「新世界」なんてどこを聴いてもわかりやすいメロディーで驚きの曲ですが、それがあだとなって通俗名曲になりすぎた気さえします。
この曲も見事ですね。土臭いリズムにぴったりのメロディーが乗っかっています。

って、一曲だけだと、ちょと物足りない気がするので(演奏もひとつだし)、ロストロポーヴィッチのミニ特集でも。

Saint Saens- Cello Concerto mov.1 1/2
サン・サーンスの協奏曲です。

Beethoven - Triplo Concerto
ベートーヴェンのトリプルコンチェルト。オイストラフ、リヒテルと一緒。贅沢だな。

最後は、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番であります。
J.S.Bach - Cello Suite No.1 Praeludium
プレリュード。(ずいぶん軽い気がしますが・・)
J.S.Bach - Cello Suite No.1 Allemande
アルマンド。
J.S.Bach - Cello Suite No.1 Courante
クーラント。
J.S.Bach - Cello Suite No.1 Sarabande
サラバンド。
J.S.Bach - Cello Suite No.1 Menuetto
メヌエット。
J.S.Bach - Cello Suite No.1 Gigue
ジーグ。

にほんブログ村 クラシックブログへ

トラコミュクラシック・CLASSIC


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




っていうと、凄い有名ってのはあんまりなくて、とにかくドボコンが抜けた存在なわけですが、それ以外でおいらが好きなのは、とりあえず以下の2曲なのであります。

Haydn - Cello Con No.2 mov.1 1/2 - M.Rostropovich
Haydn - Cello Con No.2 mov.1 2/2 - M.Rostropovich
ハイドンの2番です。1番に比べてまったりした始まりになっています。非常にハイドンらしいというかなんというか。チェロという楽器はバイオリンとは違うわけですから、こういうまったりした雰囲気のものがやはりチェロには似合います。
一方、ハイドンも才気走ったモーツァルト風の曲とは違いますね。もっとシンプルでのんびりした感じです。チェロっていうのがぴったりな気がする。

Haydn - Cello Con No.2 mov.2 - M.Rostropovich
Haydn - Cello Con No.2 mov.3 - M.Rostropovich
第3楽章がまたまた~りとしていてとても良いであります。にこにこ

続きまして、
Boccherini - Cello Concerto No.9 mov.1
Boccherini - Cello Concerto No.9 mov.3
ボッケリーニという人が作曲したのであります。クラシックファン以外でこの人の名前を知っている人は滅多にいないと思いますが、チェロ協奏曲を12曲も書いてますです。
それで、この演奏は13歳の少年であります。ヨーヨーマのがあるんだけどこれが妙な演奏というか、こう・・昔と違うんですよね、解釈ってやつが。
どう違うかというと、聴いてみればわかります。
Boccherini - Cello Concerto No.9 mov.1
Boccherini - Cello Concerto No.9 mov.3
同じ曲か?ってぐらい違いますね。
おいらはデュ・プレの演奏のハイドンの2番と一緒になったCDのやつを聴いてきたので、このヨーヨーマ&トン・コープマンの演奏よりは、13才の少年の演奏のほうが聴きやすいのであります。
そのCDの演奏、ハイドンのほうはようつべにアップされてるんですよね。ボッケリー二があるとよかったのに。。。

ドボコンは次回にするとして、ちょとエルガー。
Elgar - Cello Concerto mov.1 - Yo-Yo Ma
エルガーっていうと、ジャクリーヌ・デュ・プレなんだけど、ちょとですね、このヨーヨーマと弾き方を見比べてほしいのであります。
ヨーヨーマのこの軽いタッチ。右手も左手も楽そうに弾いてますね。これを踏まえて、
Elgar - Cello Concerto mov.1 - Jacqueline Du Pre
デュ・プレの弾いてる姿を見るであります。
もう、全身全霊をこめて弾いてるという感じですね。実際、きこえてくる音もそんな感じなわけで、ほんとにこれで寿命を縮めたのではないか、なんてわけのわからないことを考えてしまいます。

今日のおまけ。
Luigi Boccherini-Menuet
ボッケリーニのメヌエット。名前は知らなくてもこの曲はみんなきいたことあるですよね。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
トラコミュYOU TUBEで音楽を3倍楽しもう


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さっきの投稿はずいぶんいい加減でした。反省。
さっそくフォローするです。
ヌレエフ(馬のほう)は、競走馬としてはひどく気の毒で、映像のやつは1位入線も降着だったんですが、このあと病気になって引退。
だから、映像がないんですけどね。そこで、子供たちの活躍でも。マイラーを中心にクラシックディスタンスの名馬も出してますが、
ヌレエフの子で凄いのは、なんといってもミエスクであります。
ダビスタでは、「サヨナラ」という名前で有名ですた。
1000 Guineas 1987 - Miesque
日本で言うと桜花賞みたいなもんですが、残り400m(2ハロン)の時点で中段の馬群にいるです。そこから大外に持ち出して、最後は一気。
母の名前はPasadobleというんですね。これはPaso doble のことなんでしょうかね。だとすればやっぱり「踊り」関係ですが。

Breeders' Cup Mile 1987 - Miesque
Breeders' Cup Mile 1987 - Miesque
ブリーダーズカップ2連覇。
なんというか、ヌレエフ自身がマイラーっぽかったんですが、ミエスクは完全なマイラー。G1を10個勝ったんですが、ほとんどがマイルのレースです。
競馬カードを箱で10個買った(大人買いか!)とかと違います。
牝馬なので牝馬限定のレースもありますが、そうでないのが6個もあるですからね。史上最強のマイラーと言われるのであります。
まあ、この馬はこれだけではなく繁殖に入ってもすごかったんであります。
最初の子がキングマンボであります。これはG1を3勝したであります。(2頭目もG1を3勝)
Prix du Moulin de Longchamp 1993 - Kingmambo
ぎりぎりです。ミエスクも勝っているので母子で勝利しますた。
キングマンボは父がミスタープロスペクターというころで、競馬ファンなら誰でも知ってますが、大種牡馬です。
なので、ものすごい血統ということになります。ということでやはり種牡馬として活躍するわけですが、
まずは、エルコンドルパサーです。完全な万能タイプで、デビューから3戦はダートでした。
新馬戦 - エルコンドルパサー
性格的に他の馬を怖がるかもしれなかったので、道中は離れた一番後ろにつけて、直線に入ったら、大外を回してなるべく他の馬と関わらないように走ったのだそうです。
後ろとは7馬身差ですが、2着と3着が大差。(10馬身以上)
2戦目は同じように走って、9馬身差。2着と3着が7馬身だったはずです。
キングカメハメハというのもいますた。ひどく弱そうな名前なのに、めちゃくちゃ強かった不思議なやつです。故障がもったいないお馬さんでした。


SWAN LAKE
さて、ダンサーのほうのヌレエフですが、こんどはまじめな白鳥の湖です。にしし

んで、ニジンスキーの映像はないけど、写真などがあるのでちょと行くです。
Nijinsky - photos
音楽は、ゴールドベルクのアリア。(グールドの81年盤)

Nijinsky - George Barbier
ジョルジュ・バルビエの絵。曲はショパンの前奏曲16番であります。
バルビエの絵については
Nijinsky - George Barbier
こちらがわかりやすいですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
トラコミュ
名馬紹介、名馬の想い出


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ヌレエフです。昨日、ニジンスキーなので今日はヌレエフです。
ニジンスキーは馬の映像ばかりでした。なぜかというとダンサーのニジンスキーの映像はないからなのだ!!
まことに残念。
そのかわり馬の映像はいろいろありました。さすが馬主がニジンスキーの生まれかわりと思っただけのことはあります。

今回は違うぞ。
馬のほうの映像がほとんどないのだ。(これはこれでやはり残念であります。)

1980 - 2000 Guineas Stakes
一着入線も降着になった2000ギニーの映像だお。
レースシーンはこれだけ。。。いや、速かったんですよ。映像がないだけです。
しくしく。
しかし、やつは種牡馬として名馬を次々とだしたし、孫もひ孫も凄いのがたくさんいるぜ。

一方、ダンサーのルドルフ・ヌレエフは映像がごろごろあるです。

LES SYLPHIDES - Fonteyn-Nureyev, ROB 1963 1/4
伝説のマーゴット・フォンテーンとのコンビで、レ・シルフィードであります。
LES SYLPHIDES - Fonteyn-Nureyev, ROB 1963 2/4
LES SYLPHIDES - Fonteyn-Nureyev, ROB 1963 3/4
LES SYLPHIDES - Fonteyn-Nureyev, ROB 1963 4/4
まとめてゴー。音楽はショパンのワルツだらけですね。
ちょっとこう、ヌレエフとかの踊りがすぐに出てきませんが。。。

Giselle - Fonteyn-Nureyev
ジゼル。まあ、超伝説ですね。

Romeo & Juliet - Fonteyn-Nureyev
ロメ・ジュリ。もう伝説だらけだ。

SwanLake - R.Nureyev
白鳥の湖であります。うひゃひゃ。


にほんブログ村 クラシックブログへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日というかなんというか。
まずニジンスキーの方の補足。
ちょと忘れていたものがあるものですから。
ニジンスキーは35年ぶりに英国三冠をとったんですが、その35年前の1935年に英国三冠をとった馬はバーラムであります。
以前書いたと思うんですが、この年はABC殺人事件が書かれた年です。(重要か?)
ABC殺人事件は、Aで始まる名の土地でAで始まる名の人を殺す、次はBで・・・というふうにいくわけですね。
その最後の場所がD、ドンカスターでDで始まる人を殺す話です。
んで、その予告の日はドンカスター競馬場でセントレジャーが行われる日だったわけです。
書かれたのは35年ですが話の舞台は36年です。未来です。
話にはセントレジャーのレース(ゴールシーン)が出てきます。勝ち馬の名前もでます。
小説ではハーフラッキーという名前の馬が勝ちます。わら
で、実際の36年のセントレジャーのレースはボズウェルという馬が勝ってます。
ここまでなら特に何もないんですが、あのデヴィッド・スーシェのポアロシリーズでは、不思議なことにバーラムが勝つのであります。
とにかく不思議でっす。
1935 - Bahram wins the Epsom Derby
映像は、セントレジャーではなく、英国ダービーでバーラムが勝ったところです。

1933 - Hyperion wins the Epsom Derby
もうひつつ。その2年前のダービー。3秒の映像です。(わら)
いや、まったく関係ないんだけど、ハイぺリオンなんて血統表でしか見たことないから、ちょっと面白くて。。。
あれですよ、ダン・シモンズのSFではありません。(これ、SF好きな人は必ず読んでね)

もうひとつ、クラークのダイアスパーシリーズっていうかそんなのがあったですね。
人類の未来の姿として、宇宙に進出していろんな星を開拓して住む、そういう繁栄した姿をまずは思い浮かべたいわけですが、
アシモフのスペーサーみたいにあまりに他の人たちとの関わりがなくなって、対人恐怖症みたいなことになる(ようするに人口密度がひくすぎるんだなあ。)とかいうひきこもり状態というのも「繁栄」とちょと違う方向なんだけど、
ダイアスパーみたいに人類という「種」による「ひきこもり」状態というのは、まったく「繁栄」とは異なる姿ですね。
しかし、これって結構想像できてしまうんですよね。アンチユートピア小説なら、いくらでもありそうなわけだ。
人間て、こういうの好きなんじゃないかなあ。集団ひきこもり。
なんかこう狭い世界で生きたがる傾向があるような気がするんだよね。
あんまり狭いのは嫌だけどあんまり広いのも怖いというか。。。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日付が変わってしまいましたが、お亡くなりになりました。
Boys be ambitious!のおじさんではなくて、スリランカに住んでいたSFの人であります。

わたくしてきには、クラークっていうと、まずは「幼年期の終わり」であります。
クラークの凄いのは「わくわく度」なのであります。
「幼年期の終わり」は、始まりがインディペンデンス・デイのように、巨大円盤が世界中の都市の上空に停泊するというものであります。
(いうまでもなく、「幼年期の終わり」のほうが先であります。)
こんな始まりなら「いったいこれから何がおきるのだろう」と誰でも思うでありますね。
んで、その後はわりと地味であまり意表をついていない展開だなあ、と思いきや意外な事実(ってフィクションだけどさ)が判明したり、最後はもうなんだかわからんぜ、と言う展開で最初の「わくわく度」を裏切らない話になっているのであります。
なんというか終わり方としては、ネタばれになるので書きませんが(わら)、ある種の悟りまたは絶望あるいは諦念というかそういうものを抱かざるを得ない話になっておりまして、とにかくかつてナンバーワンの海外SFとされてきたものであります。

Pink Floyd - Childhood's End
日本語の題名は違うけど(「大人への躍動」)、原題が同じChildhood's Endというだけで内容は関係ない・・・

ついで、「宇宙のランデヴー」ですね。
これも「わくわく度」という点では凄いものがあるであります。センス・オブ・ワンダーというSFのもっとも重要なものがこの小説にはぴったりとついて回るのでありますが、非常に意表をついているのは、まったくオチがないことであります。
「え?これで終わりなの?」という展開です。ま、結局はシリーズで4作目まで作られましたが。さすがに、あのまま終わっちゃいかんよね。
だって、あれでは犯人がわからないまま終わった推理小説みたいなものだもの。(要するに何も解決しない)


さて、もうひとつあげるとすると、2001年ではなく3001年であります。
いや、はっきり言って、今、生きている僕らがですね、1000年後に文明がどうなっているかなんてことは想像もできないよなあ、と思わずにはいられない話であります。
これが面白いのはいまの僕らの視点で描かれていることであります。主人公が2001年の人なんですね。3001年の人じゃなくて。
一応、シリーズ最終作なので、ケリはついているんだけれども、何かが足りないということはいえます。
「宇宙のランデヴー」と共通したところがあって、推理ものが好きな人にはまず物足りないです。「結局、どういうものなのよ。」とか「どんなやつ?」とかそこがわかんない。
犯人はわかったけど、そいつがどんなやつなのかわからない、あるいは、凶器は見つかったけどどのように使用されたのかがわからないとかそういう感じ。

2001 - Also Sprach Zarathustra
ではでは。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
トラコミュ映画が好きなんだよ


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




普通に考えて、1回の分量が多いと思われるので、少し減らします。
今日はニジンスキーの映像を見つけたので、びしびし行きます。
Prix de l'Arc de Triomphe
以前、凱旋門賞の話をしたときに↑書いてるので、だいたい省略。

2000 Guineas Stakes 1970 - Nijinsky
2000ギニーであります。まず、英国1冠目。なんだか良くわかんないけど、勝ったのがニジンスキーだということがわかります。2着はイエローゴッドのようです。
とりあえず、これで7連勝。

Epsom Derby 1970 - Nijinsky
ダービーであります。英国2冠目&欧州1冠目。2着はジル。
このあとアイリッシュダービーに勝って9連勝。

King George 1970 - Nijinsky
キングジョージであります。欧州2冠目。これで10連勝。実況は何をいってるかほとんどわかんないけど、ニジンスキーってのとレスター・ピゴット(騎手)といってるのはわかります。わら
このあと、病気になります。

英国三冠がかかるセント・レジャーはほんとはでたくなかったのであります。長くて疲れるし、権威は落ちてました。凱旋門賞とれば欧州三冠です。病気もしたし、休みたいところですが、いろいろな思惑があります。
ドン・カスター競馬場では、セント・レジャーが盛り上がったほうがいいのです。ファンも35年ぶりの英国三冠馬を見たいのでありました。
St Leger 1970 - Nijinsky
セント・レジャーであります。これで英国三冠達成。11連勝。しかし、かなり疲れたのであります。

結局、凱旋門賞は直線でよれて2着になります。しくしく。
しかし、この馬はまったく悲劇の名馬ではありません。
なにしろ、取引価格が当時の(カナダで)史上最高額。飛びぬけた競走馬としての成績。そしてこれまた飛びぬけた種牡馬としての成績。

凱旋門賞のは映像がないので、かわりに
Prix de l'Arc de Triomphe - DancingBrave
ダンシング・ブレーブの末脚でもどうぞ。すごいんですが、メンバーもすごいです。
かなりの実力馬がにも入れません。3着のトリプティクって、すごいんです。
日本に来たときの映像。
Fuji Stakes
とんでもないです。
こんなのをあの位置から差しきるのは異常です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

トラコミュ
名馬紹介、名馬の想い出


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ