Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



火星同盟日本支部 北海道東ブロック

2005秋ブロック大会要領

大会目標 地球における火星人ネットワークの充実

1、道東における新たな火星高校の設立

遠軽火星高校の火星科が「火星婦は見た」の人気にも関わらず女子以外の入学が出来なかったことから、校名変更、火星科の学科変更を余儀なくされたため、新たな火星人学校の設立が急務となっています。
新たに学校法人の認可を得ることは時間的に困難であることから、既存の私立校の買収を優先的に考慮し、私立高校のある各都市、釧路、帯広、北見の会員は、買収の可能性、予算の見積もり、必要な人員などを大会時に提出してください。

2 食料調達

現在のところ、概ね順調ではあるが、この3ヶ月の調達状況の報告と、今後の計画を提出して下さい。
特に火星にqwimする会員の健康状態には、昨今心筋梗塞が流行っていることなどを鑑み、各出張所とも十分に気を使い、場合によっては変更なども考慮し、実際に変更がある場合は火星にも連絡を必ず入れてください。

3 メディア進出

すでに進出しているインターネット以外の既存メディアについて、進出の必要性などについて、各自大会前に意見をまとめておいてください。


注 移動手段について

参加者は、極力qwimによって移動してください。また、事情によりqwimが出来なずに犬ぞりを利用する場合は、宿泊先、犬のつなぎ場所など十分に考慮すること。

禁止事項

宇宙船により地球人を攻撃、建造物を破壊する行為。
緑色の全身タイツを着用して、地球人の家屋内にqwimし、その私生活を覗いたり、セクハラをしたり執筆活動の邪魔をすること。特に集団で行った場合は厳罰に処す。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




火星の食糧事情というのは、実はかなり厳しいのであります。

実際の問題として火星ではあまり食べ物になるものがありません。地球に比べればはるかに人口がは少ないものの、食料の自給率を考えると「人間がいっぱい」、まあ地球的に言うと「火星人がいっぱい」なわけです。

私達が地球にqwimして来ているわけは、まさにここにあります。地球の食材を火星に運んでいるわけです。
ちなみに、どの火星人も地球までqwim出来るわけではなく、したがって火星-地球間をqwimできる火星人の役割は非常に大きいのです。
頻繁に地球に来るため、地球についてを研究したいと考えている者には都合がいいですが、他の事に従事したいと願う向きにはいささか不評です。

火星は寒いので、塩辛い食べ物が比較的好まれます。
もっとも人気のある食べ物は、「塩辛丼」です。
火星では、これは日本料理だということになっています。確かに日本では、ご飯も塩辛も食べますが・・・。
一般の火星人には「~丼」というのは全て日本料理と認識されているようで、「キャビア丼」「チャーハンかに玉丼」「ハルマゲ丼」「欽丼」などが多くの日本料理店のメニューに並んでいます。
なかには、塩辛丼にプリンを乗せて食べる人もいます。

さて、私達が地球からいくら食料を運んでも、やはり全ての火星人の胃袋を満たすことは出来ません。
火星オリジナルの食材があります。
火星は地表では野菜などは、なかなか栽培できないし、地表で家畜を飼うのは不可能です。もちろん、野生の動物などはいません。
やはり地下で、栽培や飼育することになります。
地下で植物を栽培するということになれば、やはりモヤシ系、所謂スプラウトが自然と多くなります。まあ、栄養はあるのですが、そればっかりではね・・・。
そして家畜は鶏類です。地球のブロイラーをさらに改良したポイラーという種類があって(これはミウラさんと言う人が改良したものです)、これはなかなかホットです。w

そして、月に何度かの配給食。
私は西連邦に所属しているので、その呼び名はソイレントグリーンといいますが、必要な栄養がそれだけで足りるもので、まさに貴重な栄養源なのですが、味がね。
どうしてもソイレントグリーン塩味とかソイレントグリーンバーベキュー味とか、塩辛味とかが欲しくなりますが、それらも配給が決まっています。
中央政府高官には、塩辛味が多く流れているという噂もあります。

このソイレントグリーンは火星でとれるいろんな食材を混ぜたものですが、一部には、お爺さん、おばあさんを安楽死させて、それを混ぜているなんて噂もあります。まさかね。。。。
ちなみに、東合衆国では、呼び名が異なっていて、ブリリアントグリーンといいます。

さて、私ですが、地球にqwimしてきていたのはいいのですが、地球で倒れて、そのまま当分qwim出来ない体になってしまいました。
しばらく故郷にはかえれそうもありません。

しくしく。


コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




おかしなものを見つけました。

http://www.netdisaster.com/

TARGETに適当なURLを貼り付け、MARS ATTACKを選択すると、円盤が出てきます。

サイトを破壊できます。


すでにHPのほうなどでも紹介していますが、火星人はこんなことしません。ぷんぷん。


それと地球にきて、体調を崩しています。まず重力のせいか酷く肩が凝ります。

風邪もひいたようです。ウイルス対策には結構気を使ったつもりでしたが、さすがに地球のウイルスは違います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「参政権」というのにはわけがあります。「限られた情報」から適正な対応をとるということについては、彼らの一部は非常に優秀なものを持っているわけです。
実際に彼らの意見(?)をもとにして様々な判断を下すという状況は多いのです。

そんな中で参政権を与えようという意見がでることはある意味では当然といえるでしょう。
もちろん、全てのバイオロイドがそのような能力を持っているわけではないので、参政権をあたえる対象になりえるバイオロイドは一部だということになりますが。

また、そのようなことから、すでに様々な決定の場に実質上参画しているが故に今さら参政権を与えなくてもいいと考える人たちもいます。
さらにはバイオロイドに「判断」させることを好まない人たちもいます。
もちろん。フレーム問題というものにこだわる向きもあります。完全に解決したわけではないからですが、これが問題となるなら参政権以前のことであって、さしたる問題ではないと思います。
人間とは違っていてもフレーム問題は人間をヒントにすることでほぼ解消しています。(実際のところ、完全に解消あるいは解決してしまったら、人間の立場がないと思います。)

ではバイオロイドたちはどうなのか、ということなのですが、彼らはあまり積極的にこのような権利を主張しません。
一つには、バイオロイド保護法というものがすでにあるからですが、これはせいぜい生存権程度のものです。
彼らのとくに地球で言う国家に属するバイオロイドの一部は、ほぼ人間と同じような活動形態、まあつまり生活と呼んで差し支えない日常を営んでいるわけで、ならばいくつかの社会権もあっていいのではないかという話がでてきたわけです。
人間と同じような生活をさせるというのは、つまり将来的には完全に国家の保護の下で国家が管理していると予算が足りなくなるからで、当初はごく一部のバイオロイドに実験的に実施していましたが、特に大きな問題がないということで(些細な問題はその都度解決)、徐々に増えてきています。

ところが先にも述べたようにないオロイドたちはあまり積極的ではありません。
そのあたりの詳細については、いずれまた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Mine's broken down.

So I came here.


という意味不明な話はおいといて、ようやく火星でもオフィシャルブログを出すことが閣議で決定しましたので、引っ越してまいりました。
これ以前のブログは、ブックマークにあります。見てみてね。

地球の皆さん、どうぞよろしくお願いします。


今、火星では、バイオロイドに参政権(ならびにその他の権利)を与えるか否かということが話題の中心になっています。
人間(まあ、こちらでいえば火星人ということになりますが)の間では意見が分かれています。
ある人たちは「人間でもないのに」という、至極最もな理由から反対しています。
時期尚早という意見も聞かれます。
当初、バイオロイドに参政権を与えるという考えを☆◎(^-^)/女史が言い出した時、賛成する人は少数でした。
現在でも慎重論が多く聞かれます。
(特に参政権、所有権については反対の立場をとる人が多いようです)

これについてバイオロイドたちはどう思っているか、というと、実は意見が分かれています。
バイオロイドといっても、近年生まれたものは成長も早く優秀ですが、初期のものはやはり能力的にきびいしため、とても参政権どころかいくつかの権利さえも与えられるレベルではありませんでした。(もちろん、保護はされてきました。それなりに)
そのため、彼らに権利を与えるなどということはとても考えられなかったのです。
当然、本来、そのように作られたはずがありません。
バイオロイドたちもそのあたりを理解していて、

ソニーのSDR-4Xが人間の姿とそっくりになったからといって、誰も権利などとは考えないんでしょう。
そういうことです。

しかしながら、先に述べたように近年は様々な部分で人間と変わりなく、もちろん、ある部分では明らかに人間よりも優れている(そうでないともともと作る意味がなかったわけですから)彼らが、ただ人間の思うがままになっていることを疑問に思う意見が出ることも確かに不思議ではありません。

さらに詳しい話(例えば、もし与えた場合と、このまま与えなかった場合についての考察など)は次回述べますが、こういうことについて地球の皆さんはどう思いますか。
ご意見などを頂けたら幸いです。
私は、バイオロイドたちの意見が分かれているということが結構重要なことだ思うのです。
(もちろん、それだけではないですが)





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )