Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



この前ショパンのバラード1番の特集やったら、龍さんという方からコメントをいただいたのですが、龍さんの好きなところはこのサビと言うか盛り上がるところと。
いや、もうね、まったくそうなんですよね。
人によって好みは違うけれども、ここが嫌いな人はいないでしょう。
少なくともそこをいいと思わない人はバラード1番を聴かないでしょう。

Chopin - Ballade No. 1 - Horowitz 1947

でも、わたくしなどがそうですけど、もっと違うところを聴いてあーだこーだと言いながら、その盛り上がる部分を聴くんですよね。
これはたぶんいささか歪んでいて、曲に対して過剰なストーリーを望んでいるのではないかと。
ショパンはかなり精神的に病んでいて、バラードの1番などを聴くとその辺りをいろいろと想像あるいは妄想してしまうわけですね。
ショパンが曲を作る時にいろいろなストーリーを考えたいたり、精神の闇が曲に反映していたりというのはそれはわからないんですが。(たぶんあまり関係ない)
でも、別に妄想は自由だし誰かの作品に勝手な解釈をつけるのも自由ですよね。まあ、あんまりおかしなこと言ったらアホ扱いされますけど。

これを、現在生きている人に対してやりたがるのがいるんですね。
しかも立場の弱そうな人に。
大日本貧困警察とか、貧困評論家とか。
NHKで出てきた生活が苦しい人というのを、そんなのは「本当の貧困じゃない」と言って叩きまくる類のやつら。
スケートの選手に定番の感動ストーリーを求めるのも気持ち悪いですけど、なんで他人に「俺の考えた理想の貧困者」像を求めるのですかね。
まったく気持ち悪いです。
妄想は脳内だけにしたいものです。
少なくともフィクションと現実の違いは認識しないとね。


ところで津田大介が、東浩紀の弁護に走りました。不当に叩かれ過ぎだと。
東が叩かれているのは、今回の「棄権運動」とその動機だけが理由ではないですからね。
あのバカはずっと市民運動を否定してきたのです。市民が積極的に政治参加するのをバカにして来たのです。
レイシストが増長したら左翼のせいにしながら、反差別運動にはケチをつけまくると。もちろん自分は何もしないで。
デモにケチをつけて、政治は政治家任せにして自分は何もしないと。
「安倍は辞めろ」といったら、アベのかわりを用意しないで「辞めろ」と言うのは無責任だと。誰が用意するんだ?総理大臣だからなりたいやつはいっぱいいるぞ?
かわりを用意するとは一体どのような行動を言っているのかもわからない。
それでいて糞解散したら、糞だから棄権だ。みんな棄権しろだと。

選挙以外の政治活動を否定しておいていざ選挙になったらその選挙すら否定したら、それは主権者としての権利放棄しかないわけですからね。
単に頭悪いのか家畜思考なのかその両方かということなのであります。
東はずっとこれまで一般市民にのやることにケチをつけて来たのだから、いくら叩かれても仕方ないですね。
だいたい前原と同じぐらいは叩かれていいんじゃないかなぁ。


今日はフランス組曲なのだ。(特に意味はないです)
ヘブラーさんの5番がないので6番。
J S Bach - French Suite 6 - I. Haebler

5番はこちら。
J S Bach - French Suite 5 - D. Prag

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 東浩紀は正直... 日本は1年以... »
 
コメント
 
 
 
コメントの一面に取り上げていただき光栄です ()
2017-10-12 22:11:25
 こんにちわ

 バラード1番について、先日の私の感想に論評をいただき光栄です。しかも、コメントの第一面に取り上げていただき恐縮です。
一番伝えたい萌える箇所をズバリ言い当てて下さり、とっても嬉しいです。
ホロヴィッツ(1947年)も聴かせていただきましたが、なるほど! 優等生的なツィマーマンやアシュケナージとは違う感情の激しさをも隠すことなく表現していますネ......こういう演奏も好きです。
 さて、フランス組曲も聴かせていただきました。
この世の喜怒哀楽でもなく清らかな天国でもなく、ただただ美しい世界に連れていってくれます。
まるでベートーヴェンのピアノソナタ30番の第一楽章の世界と同じように感じました。
 ありがとうございます。
 
 
 
ピアノを弾く以上 (stravinspy)
2017-10-15 00:46:58
感情もコントロールされているはずなんですけどね。
ツィマーマンはそういうところで非常に上手くやっていると思うのですが、ホロヴィッツはあっち側に行ってしまってる感じですよね。

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。