アトリエ time

くり みさこの笑顔と元気のブログ 
JAA認定アロマインストラクター・センセーションカラーシステムティーチャー

キレイと幸運と癒し☆

2015-06-16 16:37:04 | MEMO
しっかり癒し 癒されることの大切さ。

人は癒されていると
不思議と善いことばかりになっている。

その人自体に余裕が生まれるからだ。

癒すとは・・・和らげる。

調べると「~を和らげる」と言う意味が出てきます。

身体や心の痛みや苦痛を和らげる作用もあれば
空間や関係を和らげる作用もあると思うし

しいては目には見えない
思考や感情を和らげる作用にも繋がる。


私たち人間が生きていくための要素全てに
関わってくる 関わることのある存在です。


「和らぐ 緩む ゆとりが生まれる。」

これこそ幸運を掴む重要な要素です。

なんにでも遊びが必要です。
車のブレーキだて遊びがなきゃ危険です。

人もガチガチに決め付けられ 締められ 見張られていたら。。
それはもう危険です。

「和らぎを加え 緩みを生み出し ゆとりを持つ。」

それだけで周りを見渡せる自分になれば
自分自身の姿に気づくことも出来る。

一辺倒見方だけでなく
360度どこからでも見渡せることに気づくはず。

そして「受け入れる」スペースがあることに気づきます。

「一旦受け入れる。」

この心得は自分を幸せに導く最初の一歩。

ゆとり 余裕があるからこそ出来る行為。

幸運の波長が生まれる行為。

それをどう受け入れ受け止めるかは
直感を頼りに。
または360度の感覚で。

自分を癒してみよう。
こんなにも癒されたかっただなんてって
気づくと思います。


キレイになっていく姿が見えます。
キラキラと輝きだすお目目が楽しそう。

ぜひ幸運とキレイを手にする癒しの心得を
自分のものにしてみて下さい。





ありがとうございます
ごめんなさい
許して下さい
愛しています。


くり みさこ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつでも☆

2015-06-10 16:54:40 | MEMO
本当に大切なものは
そんなに多くない。

だからこそ大切なものは
かけがえのない 大切なものなんだ。

何かと換える事のできないものだから。

何かと変えられるものならば
なんて楽でお気軽なんだろう。

そうもいかないものだから
大切で大切でたまらない。

大切なものに気づかされるとき
とてつもなく安堵の思いに心が埋まる。

それ程 それ程
大切で 大切なものなんだ。



自分を犠牲にしてまでも。



ありがとうございます
ごめんなさい
許して下さい
愛しています。


くり みさこ


大切なものを守りたい。

そう思う思いはいつだって
そっちが優先になってしまう。

大切なものがいつで
そのままでいられるように。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり好きなもの☆

2015-06-10 16:09:42 | MEMO
身に付いているものは
身に付きやすいものは

やっぱり好きなもの。

一度しか見たり・聞いたりしていないものでも
自分の好きな分野のものは
頭の中に印象として残っている。

好きだから持ち得ている知識とリンクさせ
自分の意識の中で理解できるからだ。

そして頭の中でタグを付け
容易に整理できるのも特徴。

安易にジャッジもしない。

幅を持ち また自分の知識と無意識に保管できる。

面白いことで
すらすらと言葉にもできる。

何でこんなに詳しいのだろうっと
自分でも思ってしまうくらいに。



そんな風に好きは使い勝手がいい。

だからこそ好きを自分に役立てるのが
一番ハッピーへの近道。


自分の好きを見つけよう♪
自分の好きを知ってみよう♪

持ってる好きに気づいてみよう♪






ありがとうございます
ごめんなさい
許して下さい
愛しています。


くり みさこ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スピーディー☆

2015-06-02 17:02:27 | 日常time
6月に入って2日。
あっという間に時間が過ぎている感じです。

今月のテーマ
即 行動。

流れがスピーディーなのかなぁ。


ありがとうございます
ごめんなさい
許して下さい
愛しています。


くり みさこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月☆

2015-06-01 18:02:18 | 日常time

今日から6月です。
今年の半分に差し掛かって参りました。

早いような しっかりと過ぎている様な。

今月は 即 行動がキーワードのようです。


ゆっくり急いでみようと思います。


ありがとうございます
ごめんなさい
許して下さい
愛しています。


くり みさこ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加