五十の手習い足払い

五十歳を過ぎて始めたブログも18年目に突入。
山梨に住む新しモノ好きのオヤジが自分の趣味や日々の暮らしをつづります。

お知らせ

2022年10月02日 | 日々のつれづれに

 

 

突然ですが、しばらくの間ブログをお休みいたします。
誠に申し訳ありません。

 

 


避難所開設

2022年09月19日 | 日々のつれづれに

台風14号に備えて、八乙女公民館が自主避難所になりました。
今日、公民館の主事からLINEで連絡が入りました。

役場が避難所の指定をしたので、私たち役員がやることは無い(というか、ルールが決まっていない)のですが、果たして避難してくる人がいるかどうか。
小さな公民館の和室だけでは、せいぜい二家族分くらいなものですが。

防災士会では大規模な避難所の運営マニュアルの準備を進めていますが、八乙女公民館のような小さな避難所でも、それなりのマニュアルが必要だなと感じています。
短期間でもそこに住もうと思ったら、集まった人たちで担当を分けて運営しなければあんりませんから。
「避難者は(避難所の)お客様ではない」
このことは、避難してくるすべての方にご理解いただきたいところです。

さて、

大きな台風なので、我が家でもそれなりの準備はしました。
といっても、戸締りと、外にある軽そうなものを仕舞うくらいのこと。
台風が日本海側を進んだ時の南風は、山梨県内にはあまり吹き込みませんから、風の心配はあまりしなくていいと思いますが、問題は雨。

明日の出勤時には雨のピークが重なりそうなので、先日と同じく長靴を用意して出かけようと思います。
身延線が早々と運休と決まりましたので、高校生はいない反面、車を使った通勤者が増えるので、道路は渋滞するかもしれません。
気を付けて走りたいと思います。


検査結果

2022年09月15日 | 一病息災

先週のCT検査の結果は問題なし。
再発の恐れはこれでほとんど消えたようです。
と、医師の話。
次回の検査は半年後です。

ついでに眼科に寄って、こちらも定期検査。
目を見張らせておいて、風を当てる検査(好きではない)。
瞳孔を開く目薬を点けてから眼底の撮影(もっと好きではない)。
結果は、こちらも異常なし、でした。
次回の検査は半年後です。

瞳孔周りの検査があるだろうと思っていたので、クルマではなく徒歩での通院。
帰路はサングラスをして、人目を避けるように(!)路地を通って帰宅しました。
明るすぎて、サングラス無しでは歩けないほどでした。

例の炎症もすっかり収まり、安穏な日々が戻ってきました。
ちなみに、今日は「こむぎ」の体重測定の日。
すでにピーク体重を迎えているようで、結果は前回より28グラム減の2,304グラムでした。


「こむぎ」の半身浴

2022年09月13日 | ウサギと暮らす

元来ウサギは水に入るのを嫌い、また全身の毛を自ら舐めて清潔に保つので、入浴は必要ない、と言われておりますが。

最近「こむぎ」がトイレ以外のところで用を足すことが増えてきました。
それも「大」の方を...。

一つには、食欲が戻ってきたことでトイレの量が増え、金網を超えて盛り上がってしまうために、他所でするようになったのでは?という説。
もう一つは、「こむぎ」が寂しがってか、あるいは他の感情があってか、トイレとは別の場所にしてしまうのではないか?という説(私は後者推しです)。

いずれにしても、そんなことで「こむぎ」のおしりにフンが付いたままになっていることが増えてきました。
最初は嫌がる「こむぎ」を押さえつけて、濡れティッシュでふき取る、ということをしていたのですが、場合によっては拭きとれないくらいに大量に、あるいは軟らかすぎてきれいにふき取れないことも増えてきました。

こうなると、テキメンにマットが汚れてしまいます。
見るに見かねて「こむぎ」を風呂場に連れて行き、二人がかりで洗ってあげることにしました。
「こむぎ」を抱えて、お湯の入った洗面器に下半身を浸して、丁寧に洗ってあげます。
最初こそ嫌がって暴れますが、お湯が気持ちいいのか、最近は大人しく洗われるままになっていることが多くなりました。

その後、タオルで丁寧にふき取ってあげてケージに戻してやります。
最初は結構時間がかかりましたが(朝の忙しい時なので)、最近では短時間で洗い終えることができるようになりました。
最後は汚れたマットを綺麗に拭き掃除して終了。
これが二日に一度くらいの「日課」になっています。

「こむぎ」が半身浴の気持ちよさを覚えて、「粗相」をすることに罪悪感を感じなくなるのは困りますが...。

上はトイレをしているように見せかけて、実は寝ている「こむぎ」。
じっとして、しかも鼻が動いていない時には眠っているのですね、目は開いていても。


国民のために

2022年09月09日 | 日々のつれづれに

英国のエリザベス女王が亡くなられました。
96歳。
1926年生まれということで、私の母より一歳年上です。

在位70年といいますから、私が生まれる以前から女王だったことになります。
21歳の誕生日の時には、「私の人生が長くても短くても、皆さんや王室への奉仕にささげることを誓います」とスピーチをしました。
このときの映像がくりかえし流されました。
女王は、まさにそのとおりの人生を歩んだと言えるでしょう。

国葬にふさわしい人ですね。


CTと抗生物質

2022年09月07日 | 一病息災

再発防止(監視)のためのCT撮影を行うために、町内の総合病院に出かけました。
診察は三か月ごと、CT撮影は半年に一度です。
町内なのでいつもは歩いて出かけるのですが、雨それも強い雨の予想があったのでクルマで出かけました。

いつものルーティンで、検査前の採血・採尿と問診があったのですが、そこで医師から告げられたのは、白血球の著しい増加と指標としている「ある数値」の悪化でした。
8年前には、この数値の悪化から生検を経て、別の病院での放射線治療へと至ったので、一瞬「また?」とも思いましたが...。

医師が言うには「再発の兆候ではなく、炎症を起こしているのでは?」との見立てでした。
そういえば、少し痛みがあったような。
先生から抗生物質の処方箋を出していただきました。

今日のメインだったはずのCT撮影は、あっという間に終わりました。
結果は、尿のサンプル検査とともに来週教えていただくことになりました。
帰りに薬局によって、薬(抗生物質、朝晩二回5日分)をいただいてきました。

抗生物質、おそるべし。
昼と夜、二回服用したことで、微かな痛みは無くなりました。


大津町の案山子

2022年09月05日 | 日々のつれづれに
仕事場近くの散歩コースである甲府市大津町の荒川(笛吹川支流)土手近くの田んぼに、今年も2体の案山子(かかし)が姿を見せました。
もうそんな時期なんですね。
 
2体とも、黒い鳥(カラス?)の人形をぶら下げた竿を握っているというシュールな姿ですが、遠くからだと人間にしか見えません。
思わず「暑いのにご精が出ますね」とでも声をかけたくなる感じです(というのは大げさですが)。
 
 
近くで見たら、マスクもしていましたよ。イナホが垂れる頃まで頑張ってください。
 
私にとって案山子と言えば、さだまさしさんの曲しかありませんが(笑)。

検査の結果と

2022年09月03日 | 一病息災

金曜日の検査の結果は、数値的にはまずまずのものでした。
およそ一か月半の間、体重を維持できたことが大きかったのかと思います。
毎晩、お風呂に入る際に、必ず体重を測っていた(記録はしていませんが)のが、体重維持の意識付けには良かったのかなと思います。

とはいえ、標準範囲を超えている数値もいくつかあって、依然として規則正しい食生活と運動を続けなければいけないのは変わりません。
仕事に行くと、昼は必ず散歩をしていますが、やはりそれだけでは運動不足でしょうか。
だいぶ暑さも和らいできたので、休み中も定期的に歩こうかと思います。

つくづく思うのは、健康は大切だな、ということ。
日々を過ごす気構えというか心持ちというか、そこから違いますからね。
健康であることが、どんなにありがたいことかをあらためて思いました。
下世話な話ですが、一か月の薬代の支払いもばかになりませんし。


明日からは仕事

2022年08月30日 | 日々のつれづれに

午前中、クラブを持って練習場に行きました。
この四連休で二度目。

しかし、なんと練習場はまさかのクローズ。
修繕を行う業者さんのクルマがたくさん来ていました。
この機会に他の練習場を覗いてみることも考えましたが、結局どこにも寄らずに家に戻りました。

連休中、仕事が無いわけではなくて、余った時間をデスクワークに充てることにしました。
おかげで有意義な午前中になりました(と負け惜しみ)。
練習の方は、家の中での素振りとパッティングのみでした。

午後から歯医者さんに行って、詰め物が取れたのを直してもらいました。
そのあと妻と近くのスーパーに買い物に出かけましたが、往き帰りとも細かな雨の中でした。
秋雨前線の影響のようですが、西に向かう台風が強い(というか猛烈な、という表現)勢力になったので、そのせいもあって、この先ぐずついた天気がしばらく続くようです。

夕方、無尽の仲間にLINEを入れて、次回(9月3日)もお休みにすることに決めました。
新規の感染者数が減り始めており、第7波もピークを過ぎたとはいえ、県内でも毎日千人を超えている状況では、今しばらく様子を見た方がいいという意見になったのです。

明日から二日間お勤めがあり、金曜日には内科の定期検査があります。
一か月半前の結果から、どのようになっているかで今後の対応が決まるという大事な検査です。
その先もCT検査や眼科の診察が続き、その後には今回延期になった内視鏡検査が控えています。

秋が迫ってきて、仕事もまた忙しくなってきます。
病気との長い付き合いが続きます。


ワイヤレススピーカー

2022年08月28日 | 日々のつれづれに

甲府市の家電量販店(あえて名を秘す)に妻と出かけました。
最近、ある仕事でテレビから少し離れた部屋にいることが多く、そこで使うワイヤレススピーカーを買うためです。

店内には何種類ものスピーカーが置いてありました。
価格も2千円程度のものから2万円近いものまであり、選ぶのに迷うほど。
その中で選んだのは、オーディオテクニカ社の製品(型名 AT-SP767XTV)、価格は1万5千円程度でしょうか。

ワイヤレススピーカーには大別して二つの通信方式があり、一つはBLUETOOTH方式、もう一つがこの2.4Ghzデジタルワイヤレス方式です。
BLUETOOTH方式の方がパソコンやスマホとの親和性が良さそうだったのですが、そんなに複雑な接続利用は考えていなかったし、何よりもセットアップがシンプルなのがありがたいです。

設定は本当に簡単で、テレビのイヤホンジャックと送信機(本体の下部)をケーブルでつなぐだけ(ACアダプタも接続する必要があります)。
これでスピーカー本体の充電が始まります。
あとは、本体を好きなところに持って行って、電源ボタンを押して音量を調節すれば、テレビから離れた場所でも聴くことができます。

細かい話をすると、テレビ側の設定で、テレビ本体のスピーカーとイヤホンに同時に音声を出力するように設定しておいた方がいいかもしれません。
これにより、それぞれのスピーカーを個別にオンオフして使うことができるのです。