障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害年金と税金

2012-03-19 | 社労士の障害年金
こんにちは!社労士の吉野千賀です。

週末は雨でした。雨だから安心とマスクなしで過ごしたら、今朝はくしゃみの嵐です。みなさんはいかがお過ごしですか?

障害年金と税金

社会保険の給付には、課税のものと非課税のものがあります。

<課税のもの>

老齢基礎年金、老齢厚生年金、旧年金制度の老齢年金、通算老齢年金 → 雑所得

 計算例(65歳以上):120万円までは所得金額はゼロとして計算(課税なし)
           330万円までは120万控除した額の5%
国税庁:公的年金等の課税関係 ←ご参照ください

<非課税のもの>

障害年金、遺族年金
傷病手当金、雇用保険の基本手当(失業給付)など

60歳代になり、老齢年金・障害年金どちらの受給権がある方は、どのような組み合わせで受給するのか考える時に、課税か非課税かの要素も考慮するといいかと思われます。

障害年金は非課税です。

遡及請求が認められて一時金として受け取る場合も非課税なのは、助かりますね。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所は、全国規模のNPO法人「障害年金支援ネットワーク」の会員となりました。皆様のお役に立てるよう、一層の努力をしてまいります!

初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

See you tomorrow!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害年金~働いている場合 | トップ | 障害年金~診断書の種類 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の障害年金」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事