障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害年金~海外にいた場合

2012-07-06 | 社労士の障害年金
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

障害年金を受給する条件のひとつに、「保険料の納付要件」があります。

が、留学や仕事などで海外に長期間いた場合、年金保険料の納付義務のある被保険者ではありません

海外に住んでいた間は、「任意に加入する被保険者」です。大抵の方は加入しておらず、被保険者になっていません。

帰国して、国内在住のため強制被保険者となり、帰国1カ月後に初診日がある場合、保険料の納付要件は満たされるのでしょうか?

答えはYESです。

任意未加入期間(海外在住期間)は、強制被保険者期間ではないため、納付義務はありません。

納付義務がなかった期間については「保険料の納付要件」は満たしている、とみなされます。

ただし、海外在住であったことはパスポートなどにより、証明しなければなりません。


前回のブログでご参考に、慢性疲労症候群・化学物質過敏症・線維筋痛症の「照会様式」を添付できませんでした。
こちらのHPにファイルを載せることができました。良かったらご覧ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

See you tomorrow!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀

コメント   この記事についてブログを書く
« 障害年金~慢性疲労症候群な... | トップ | 障害年金~線維筋痛症 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の障害年金」カテゴリの最新記事