対人緊張症、神経症、うつ病、明るくなる等、認知行動療法(人生勉強療法)、既に3000話以上の具体的な話を書いています。

対人緊張、対人恐怖、神経症、うつ病、等の心理療法、認知行動療法、人生勉強療法。電話、スカイプでも通院と同じように治ります

うつ病を治す(13) 不安は恐怖ではない、あなたの味方です

2010年06月30日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(13) 不安は恐怖ではない、あなたの味方です


2010年6月30日(水)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆本題(うつ病を治す為の第13歩)


今日は不安の処理に関してのお話です。

うつ病、社会不安障害、神経症の人たちは不安の処理がうまく出来ていません。

不安の処理がうまく出来ていないから、うつ病、社会不安障害、神経症になっているとも言えるのですが、これは能力の問題ではなく知識と価値観の問題なのです。

足し算引き算が出来ないからスーパーレジが怖いというレジ病の話(何度もこのブログで書いている例え話です)を思い出して下さい。

脳が悪いという能力の問題ではなく、足し算引き算の方法を知らないという知識の問題と今まで足し算引き算を勉強する必要があるという価値観がなかったというのが問題です。

うつ病、社会不安障害、神経症の人も原因に焦点を当てると同じようなものです。

ですから、認知行動療法などの心理療法で効果が出るのです。


さて、「不安は恐怖ではなくあなたの味方です」と急に言われても全く信じられないという人たちが多いと思います。

実際に心理療法ハッピーライフに来られる方のほぼ全ての人が『不安=恐怖』という認知をしています。

しかし、よく考えて下さい。

あなたの心の中にあなたを怖がらせる悪魔が住んでいると思いますか?

あなたの心の中に悪魔は住んではいません。

では、似たような話を書くと、小学生の子供の母親が朝、子供が学校に出かける時、「ハンカチ持ったかい? ティッシュ持ったかい? 体操服を置いているけれども今日は体育はないんだよね。」という風に言いそうでしょう。

この母親は子供を怖がらせようと思って言っているのではなく、子供が困らないように、子供の事を思って、大丈夫ですか? 備えてますか? という事を言っているのです。

当然ですが、母親は子供の味方です。

あなたの心の中から出てくる不安もこの母親と同じで、あなたの事を思って、大丈夫ですか? 備えてますか? とあなたに問い掛けているのです。


★このように、うつ病、社会不安障害、神経症は考え方や認知、価値観を正しく修正すれば自然になくなります(治ります)。


大丈夫です(笑)。


☆皆さんへ

ここに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になる人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

人生を会社経営に例える (対人緊張症、神経症、うつ病、共通)

2010年06月29日 | 心理療法ハッピーライフ
人生を会社経営に例える (対人緊張症、神経症、うつ病、共通)


2010年6月29日(火)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


今日のお話は対人緊張症、神経症、うつ病、共通です。

実際のセラピーでクライエントさんによく話す内容なのですが、

「あなたが会社経営をしているとしましょう。あなたはあなたが思った通りに経営して行きますか?それとも、あなたはこうした方が良いと思っても情報を出来る限り集めて客観的に分析をして場合によっては自分のこうしたいという気持ちを抑えて会社経営をしますか?」

皆さん、もうお分かりだと思いますが、このような聞き方をすると全ての人は、「自分がこうした方が良いと思っても情報を出来る限り集めて客観的に分析をして場合によっては自分のこうしたいという気持ちを抑えて会社経営をします」と言い切ります。

会社経営と自分経営はとてもよく似ています。

自分経営も自分はそうだと思っても情報を出来る限り集めて客観的に分析をして場合によっては自分の考え方は違うと多くの困っていない人たちは修正をしています。

対人緊張症(社会不安障害、対人恐怖症)、神経症(パニック障害、摂食障害など)、うつ病の人たちは十分な情報を取らないで(実際は十分な情報を取る方法を知らない)自分が思った通りに自分経営をして倒産している自分経営を続けているようなものです。

医師の薬は倒産している苦しさを紛らしているだけで、何年も何十年も医師の薬を飲み続けても、決して良い人生にはなりません。

良い人生にしたいのでしたら、『自分は病気』という間違った考え方から『人生経営に失敗している自分自身の資質(多方面からの情報を取るなど)に問題がある、そして、問題を解決する』という気持ちに変えなければ何も始りません。

会社経営と自分経営、よく考えて下さい。


☆皆さんへ

ここに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になる人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(12) 自分の不安や恐怖をパーセントに置き換える

2010年06月28日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(12) 自分の不安や恐怖をパーセントに置き換える


2010年6月28日(月)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆本題(うつ病を治す為の第12歩)


今まで、相手の立場になって見る、鳥瞰、過去のデータチェックと多方面からの洞察の勉強をして来ました。

これから重要なのは『分かったと納得の法則』です。

『分かった』では『分からない』より大きな前進ですが『納得(全くその通り)』という気持ちにならなければうつ病や神経症、対人恐怖症はなくなりません。

『分かっちゃいるけど止められない』しかし、『納得したら止められる』という事です。

毎回、例えに使っている赤面症の人で考えてみましょう。

毎日、会社で何度も赤面をして会社の上司や同僚や部下が自分の赤面の噂をしていて怖いという30歳の男性が、相手の立場になって見る、鳥瞰、過去のデータチェックをしてみたら、どうも自分が思っていたのと違うように思える、という気持ちになるはずです。

心理療法ハッピーライフのセラピーでは私がクライエントさんの言動などを注意深く見ていますからその折その折必要な助言をしていますが、このブログを読まれている人には出来ませんからセルフチェックをする方法をお教えします。

★最初は、

絶対に会社の上司や同僚や部下は自分の赤面の噂をしている、自分の赤面の噂をされる事は怖い。

という心理状態(認知の状態)から、相手の立場になって見る、鳥瞰、過去のデータチェックをしてみたら、どうも自分が思っていたのと違うように思える、という気持ちになるはずですから、紙に書きながら、何十パーセント会社の上司や同僚や部下は自分の赤面の噂をしていないと思えるか、何十パーセント自分の赤面の噂をされる事は怖い事ではないと思えるかを整理して頂く方法です。

答えはもう分かっているでしょうから、これをもっと整理して100%怖くない事だと納得できれば赤面症は自然になくなっています。
(うつ病や神経症、社会不安障害は簡単に言うと情報不足による勘違いですから情報が十分に入手できるようになれば勘違いはなくなります。)

★うつ病や神経症、社会不安障害は脳障害のある人など一部の例外を除けばこのように認知が十分出来ているかどうかの精神的な問題だけなのです。
だから医師に掛かって薬を飲み続けても治らないのです。
しかし、このように認知が十分出来るようになれば医師に掛かる必要はなくなり、薬も必要なくなり、治ります。

大丈夫です(笑)。


☆最初に、

ここに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になる人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(11) 過去のデータチェック (危機を確率的に見る)

2010年06月27日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(11) 過去のデータチェック (危機を確率的に見る)


2010年6月27日(土)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になる人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(うつ病を治す為の第11歩)


本日は多方面からの洞察の一つ、過去のデータチェックです。

この過去のデータチェックは相手の立場になって見る、鳥瞰と違いイメージ力を使ってはいけません。

不安な事とか怖いと思っている事柄を自分や自分の周りの人たちの過去の経験に照らし合わせて客観的に確率的にどれ位の危機かを判断して『被害妄想』に歯止めをかける方法です。

前回、前々回の赤面症の人の例で考えてみましょう。

毎日、会社で何度も赤面をして会社の上司や同僚や部下が自分の赤面の噂をしていて怖いという30歳の男性の過去のデータチェックをしてみましょう。

この男性の30年間の過去の経験の中で赤面をして大変な事が起こったというデータをチェックして頂きます。

そして、この男性が知っている人たちの過去の経験の中で赤面をして大変な事が起こったというデータをチェックして頂きます。

もうお分かりだと思いますが、嫌な経験はあっても本当に大変な目に合った経験はありません。

中には赤面症で会社をクビになりましたという人もいるでしょうが、赤面症で会社をクビになるわけがありません。

よくよく聞くと赤面を苦にして自分自身で会社を辞めたり無断欠勤をしてクビになっているのです。

今までの自分自身の経験や自分の知っている人たちの経験に照らし合わせて、今、とても悩んでいる事柄が確率的にどれ位、これから本当に危機になるのかという事です。

赤面症でからかわれたりした事はあるでしょうが、彼は客観的に自分自身の経験を顧みたら嫌な事はあっても怖い事はないのです。

いままでの自分自身の経験や自分の周りの人たちの経験の中で赤面をして大変な危機になった経験がないのにどうしてこれから大変な危機が来ると予測するのでしょうか?


★妥当な未来予測ではないという事に気付いて頂く方法です。

★妥当な未来予測でないと納得できたら被害妄想は消え去ります。



◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(10) 客観視をして危機でない事を納得する (危機ではない)

2010年06月26日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(10) 客観視をして危機でない事を納得する (危機ではない)


2010年6月26日(土)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になる人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(うつ病を治す為の第10歩)


『妄想』特に『被害妄想』に歯止めをかけるために、鳥瞰(ちょうかん)という客観視をして頂いています。

やりかたは簡単です。

自分が大空を飛ぶ鳥の姿をした神様になって怖がっていたり苦しんでいるもう一人の自分を客観的に見てどう思うかという事をして頂きます。

前回の赤面症の人の例で考えてみましょう。

毎日、会社で何度も赤面をして会社の上司や同僚や部下が自分の赤面の噂をしていて怖いという30歳の男性が、大空を飛ぶ鳥の姿をした神様のあなたに助けを求めに来たら、あなたはどうしますか?

クライエントさんによって話す内容に多少の差はありますが、『危機ではない』という認識を皆さんが持ちます。

それを自分自身にも当て嵌めて頂きます。

すると、嫌だけれども、恥ずかしいけれども、寂しいけれども、危機ではない、という答えを出されます。


★今まで大変だと思っていた事柄が危機ではなくなったのですから『妄想(被害妄想)』はなくなって行きます。



◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(9) 妄想の実例(思い込みの世界)

2010年06月25日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(9) 妄想の実例(思い込みの世界)


2010年6月25日(金)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になるが信じられないという人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(うつ病を治す為の第9歩)


昨日、
★『妄想』や『被害妄想』の発想は誰でもありますが、多くのうつ病や神経症や対人緊張症ではない人たちは、多方面からの洞察力で論理的に客観視をして『妄想』や『被害妄想』に気付き自分でストップを掛けているのです。
という内容を書きました。

本日はクライエントさんによく話す『妄想(被害妄想)』の実例を書きます。


☆30歳の赤面症の男性が私のセラピールームに無料セラピーを受けに来たと思って下さい。
私が詳しく聞くと、
「毎日、会社で3回も4回も赤面をしています。そして、上司や同僚や部下が赤面をする度に大笑いをするのです。」と言います。
私が「本当に大笑いをするのですか?」と聞くと、
「上司も同僚も部下もいい大人ですから声に出して笑ったり顔に出して笑ったりはしませんが、心の中では私が赤面をする度に大笑いをしているのです。特に、私がトイレに行ったり所要で出掛けたりしたら仕事を放って私の赤面の話を上司も同僚も部下も一緒になって大笑いをしているんです。家に帰ったら奥さんや子供と私の赤面の話を夜が明けるまで毎日大笑いをしながら話しているんです。」と言います。
私が、「本当ですか? 例えば、あなたの赤面の話をしている場面を、あなた自身、実際に見たり聞いたりした事がありますか? また、あなたの赤面の話を家でしているという話を聞いた事がありますか?」と聞くと、
「みんな、巧妙に話をしているのでしょう。私は私の噂をしている場面を見た事はありませんがそうに違いないのです。絶対に噂をしているのです。」と断言します。

この話を読まれて多くの人は「変な人だなあ」と思われたでしょう。
『人の事は良く分かる』という言葉がありますが、『人の振り見て我が身を直せ』、このブログを読まれているあなた自身がうつ病や神経症、対人緊張症などで困っているのでしたら大小の違いはありますが同じような所は必ずあります。
『人の振り見て我が身を直せ』というようにして欲しいのですが、(たまに、私は対人緊張症がありますから、被害妄想のような考え方をするのは仕方がないのですが、というような言い方をする人がいますが、これは我が身を全く直す気がない、という人です。『人の振り見て我が身を直せ』をしなければ一生辛いままです。)上記の例は人の立場になって洞察をしていないから、逆に言うと、このような素晴らしい夢のような『妄想(被害妄想)』が出来るのです。

うつ病も対人緊張症(対人恐怖症、社会不安障害)、神経症(パニック障害、摂食障害など)は相手の立場になって見るとかの洞察力がないから、なれるので、人並みの洞察力を身に付ければ、うつ病や対人緊張症、神経症にはなれないのです。

さて、上記の赤面症の男性ですが、上司の立場になって見たら、仕事を放って置いて赤面症の噂をする事を許すでしょうか? また、上司が自ら赤面症の噂に加わるでしょうか? 若い女性の立場になって見たら、今日はデートかも知れません。興味も何もないこの30歳の男性の噂に加わるでしょうか? 仮に噂に加わったら仕事が片付かなくてデートに遅れるかも知れません。また、各々の人たちの自宅でもこの男性の噂を夜が明けるまでしているでしょうか? 自宅では子供の話や将来の話、夫婦の話、近所の人の話、親戚の話など色々な話があるのではないでしょうか? ましてや皆人間でしょうから、人間でしたら毎日夜が明けるまで起きていられる分けがありません。

さて、お分かり頂けましたでしょうか?

★『妄想(被害妄想)』は人並み以下の洞察力だから思い込めるので、人並みの洞察力を身に付けたら、逆に『妄想(被害妄想)』の世界に入れなくなります。



◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(8) 妄想に歯止めをかける

2010年06月24日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(8) 妄想に歯止めをかける


2010年6月24日(木)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になるが信じられないという人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(うつ病を治す為の第8歩)


昨日の続きです。

客観視が出来ないと『妄想』になってしまいます。

昨日、書きました相手の立場になって見るという客観視を使う事で、「まさか、それはないだろう」と『妄想』や『被害妄想』にストップを掛ける事ができます。

誰でも『妄想』や『被害妄想』になり掛ける時はあります。
しかし、相手の立場になって見るなどの洞察をする事で、客観的に論理的に見て、「まさか、それはないだろう」と歯止めが掛かっています。

歯止めの掛かっていない人たちは『妄想』や『被害妄想』になりますから、対人緊張症や神経症、うつ病になったり『うぬぼれている人』になってしまいます。

例えば、新入社員のA君B君が一緒に部長に怒られたとしましょう。
A君B君共に、「怖い。クビになるかも知れない。」と思ったのですが、A君は洞察力の弱い人だとすると、「怖い。クビになるかも知れない。」のままですから会社に出社できなくなったりうつが出て来てうつ病になったりする可能性があります。
しかし、B君は最初は、「怖い。クビになるかも知れない。」と思ったのですが、部長の立場になって見たら、一年前後の時間を掛けて新入社員を学生の中から選別をして、高い費用を掛けて研修をして、やっと配属された新入社員を部長はクビにしたくて仕方がないわけがない、と客観的に論理的に気付いて、妄想に歯止めが掛かり、いつの間にか、「怖い。クビになるかも知れない。」という思いは消えてしまい、何事もなく会社に出社していつものように仕事をしている事でしょう。

★『妄想』や『被害妄想』というキーワードで検索されている人たちが多くいますが、『妄想』や『被害妄想』の発想は誰でもありますが、多方面からの洞察力で論理的に客観視をしてストップを掛けているのです。

★逆に『妄想』や『被害妄想』をなくすには、多方面からの洞察力を身に付けて論理的に客観視をしてストップを掛けられる人になれば良いのです。

★そうすれば、うつ病も対人緊張症や神経症も治って行きます。

大丈夫です(笑)。



◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(7) 何故、間違った考え方になっているのか?

2010年06月23日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(7) 何故、間違った考え方になっているのか?


2010年6月23日(水)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になるが信じられないという人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(うつ病を治す為の第7歩)


この当たりまで来ると「面倒だ」「やる気がしない」「やはり治して欲しい」「治してくれないんだ」というような考え方を持つ人たちが出ていると思います。

うつ病の原因のおかしな考え方(認知の歪み、間違った価値観)を持っている人は持っている理由があります。

多方面からの洞察能力が十分に身に付いていない、人と自分の正しい心の関係が最低必要な所が出来ていない、不安の処理の仕方を知らない等の頭が悪いわけではありませんが人生勉強不足があります。

人生勉強が足りないから依頼心の強い甘えた考え方をしているのか、依頼心の強い甘えた考え方をしているから最低限必要な人生勉強が出来ていないのか、個々の人たちの問題ですから分かりませんが、大なり小なり甘えがあります。

しかし、『敵は本能寺にあり』、あなたのうつ病や対人緊張症、神経症の原因はあなた自身の甘えから来ている、若しくは、甘えがあったら多くの困っていない人たちと同じような考え方(認知、価値観)にはなれません。


さて、前回の続きですが、原因が対人の問題の人は多方面からの洞察力を身に付けて人と自分の正しい心の関係作りをしなければいけません。

原因が不安の処理が出来ない人は不安の処理の仕方を身に付けなければいけません。

では、本日は多方面からの洞察力の一つ、『相手の立場になって見る』のお話です。

クライエントさんの中には「自分は対人緊張症ですから人一倍、人の事を気にしているのですから相手の立場になって見るという事はとても多くしています」という人もいますが、対人の問題のある人でこれが良く出来ている人に私はまだ会った事がありません。

人は白人でも黒人でも黄色人種でも基本的に同じような考え方をします。

例えば、戦争で敵同士になったら、敵という立場ですから、相手を憎み、殺さないと殺されますから殺そうとします。
しかし、戦争が終ったら、敵という立場が変わりますから、今までとは違う考え方や認知、価値観を持ちます。

それが会社の上司だったり、近所の人やクラスメートだったり色々なケースがありますが、相手の思考する基本的な立場を理解して自分自身がその立場になればどのように思うかを考えればだんだんその人はどのように考えているか? これからどんな行動をするか等が推測できて来ます。

人が何を考えているか? これからどんな行動を取るか? 或る程度高い確率で予測できれば、人はそんなに怖くなくなって行きます。



◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

認知行動療法が広まると医師不足が解消し、対人緊張症や神経症、うつ病の患者が治る。良い事が一杯ある

2010年06月22日 | 心理療法ハッピーライフ
認知行動療法が広まると医師不足が解消し、対人緊張症や神経症、うつ病の患者が治る。良い事が一杯ある


2010年6月22日(火)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


★★★日本の常識が大きく変わり始めています。

昨日も書きましたが、皆さんも気付き始めていると思いますが、対人緊張症(社会不安障害、対人恐怖症)や神経症(パニック障害、摂食障害など)、うつ病は医者に治してもらうものと思っていても医師の投薬治療だけでは治りません。
また、皆さんが知っているカウンセラー(来談者中心療法)などでも治りません。

対人緊張症(社会不安障害、対人恐怖症)や神経症(パニック障害、摂食障害など)、うつ病は日常生活が出来ない状態ですから一見病気に見えますが、原因はおかしな考え方(認知の歪み、間違った価値観)です。

このおかしな考え方(認知の歪み、間違った価値観)をノーマルな考え方や認知、価値観に修正すると自動的に治ります。

しかし、精神科医や心療内科医が不要になるわけではありません。

原因はおかしな考え方(認知の歪み、間違った価値観)ですが、辛くて仕方がないのですから、症状を抑える精神薬は必要です。
(例えば、考え過ぎて頭がガンガンする時は病気ではありませんが頭痛薬を飲まなければやって行けない時もあるでしょう。しかし、本当の頭痛の原因の考え過ぎを何らかの方法で止めれば頭がガンガンするのはなくなります。)

精神科医や心療内科医が不要になるわけではありませんが、今と比べると必要とする人数は大幅に減ります。

折角、難しい勉強をして医師になられたのですから、余った医師たちは勉強をし直して足りないと言われている産婦人科医や小児科医などに転向して頂く事で、医師不足が解消するかどうかまでは私は分かりませんが、世の中は大分違って来るはずです。

また、患者(クライエントさん)も、投薬治療で治すという事が常識であり続ける限り、症状を抑える為に強い薬、強い薬と変わって来て、副作用を抑えるための薬と薬漬けにされる人生から本当に治った人生を楽しむ事が出来ます。


だんだん良い時代になって来ましたよ(笑)。

大丈夫です(笑)。

希望を持って下さい(笑)。


◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

日本の国会で『うつ病に認知行動療法がとても高い効果がある』と公明党、山口代表が代表質問をしました

2010年06月21日 | 心理療法ハッピーライフ
日本の国会で『うつ病に認知行動療法がとても高い効果がある』と公明党、山口代表が代表質問をしました


2010年6月21日(月)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


皆さんもご覧になったかも知れませんが、H22年6月15日、公明党の山口那津男代表が、参院本会議で、菅直人首相の所信表明演説に対する代表質問の中で、うつ病治療に認知行動療法がとても効果が高いという発言をしました。

下記は公明党の山口那津男代表のうつ病に関しての発言内容です。
出典、公明党ホームページ http://www.komei.or.jp/news/detail/20100616_2569

『21世紀型の新しい福祉政策について、特に喫緊の課題である、うつ対策と介護に絞って伺いたい。

うつ病は誰もが身近に接する疾病となっています。うつ病患者は約250万人。不安障がいなどの気分障がい全体では、実に1000万人を超えています。もちろん日本だけの現象ではなく、WHO(世界保健機関)の将来予測では、2020年には総疾病の第2位とまで言われています。

しかし、患者のうち4分の3は医療機関での治療を受けていません。まず、職場のメンタルヘルス対策の推進、かかりつけ医の研修事業の拡充など、早期発見の体制整備を図るべきです。

また、治療法では、公明党が推進してきた「認知行動療法」が本年4月の診療報酬改定で健康保険が適用されましたが、まだまだ圧倒的に専門家が足りません。先進的に行ってきた沖縄県の精神保健センターでは、実に92%の方が改善したとの成果が出ている治療法です。認知行動療法のさらなる推進、早期発見から治療体制への充実、社会復帰までの支援体制の充実について、総理はどう取り組まれるのか、答弁を求めます。』


★★★日本の常識が大きく変わり始めています。

皆さんも気付き始めていると思いますが、うつ病や社会不安障害、神経症は医者に治してもらうものと思っていても医師の投薬治療だけでは治りません。

何故ならば、うつ病や社会不安障害、神経症の原因は間違った考え方(認知の歪み、間違った価値観)ですから、医師の処方する薬を何年何十年飲んでも本当の原因の間違った考え方(認知の歪み、間違った価値観)は変わりません。
また、来談者中心療法(通常カウンセラーと呼ばれている人たち)は原因の間違った考え方(認知の歪み、間違った価値観)に焦点を当てないで結果の症状に主に焦点を当てますから皆さんがご存知の心理療法ではうまく行きません。
しかし、認知行動療法は原因の間違った考え方(認知の歪み、間違った価値観)の修正を行いますから受け入れて頂ければ心底から楽になります。


★★★日本の常識が大きく変わり始めています。

☆☆☆うつ病や社会不安障害(対人緊張症、対人恐怖症)、神経症(パニック障害、摂食障害など)の本当の原因は間違った考え方(認知の歪み、間違った価値観)です。

★★★これからの新しい日本の常識はうつ病や社会不安障害(対人緊張症、対人恐怖症)、神経症(パニック障害、摂食障害など)は医者に治してもらうものではなく、自分自身の間違った考え方(認知の歪み、間違った価値観)を修正して治すというものに変わって行くでしょう。

☆☆☆心理療法ハッピーライフではクライエントさんの間違った考え方(認知の歪み、間違った価値観)を多方面からの洞察力を身に付ける、人と自分の正しい心の関係作り、不安の処理の仕方などの人生勉強をしながらクライエントさんの間違った考え方(認知の歪み、間違った価値観)を修正して頂くお手伝いをしていますから何年も何十年も精神科や心療内科に通っても良くならない人が数ヶ月で治っています。

大丈夫です(笑)。



◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(6) うつの原因を見つける

2010年06月20日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(6) うつの原因を見つける


2010年6月20日(日)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になるが信じられないという人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(うつ病を治す為の第6歩)

今までに書いて来た通り、『うつがあればうつ病、ではありません』。
あなたを診察してうつ病とカルテに書いている医師も過去には絶対にうつを感じた事はあります。
『うつ上戸になっているのがうつ病』という事です。
(この事に疑問のある人は紙に書きながら論理的に整理をして下さい。頭の中だけで考えていても分からない人はいつまで経っても分かりません。)

では、うつという感情はどのように発生しているのかを原因と結果の法則で考えて見ましょう。

★原因(悪い未来を予測している思考パターン)→結果(うつ、たくさんのうつ、うつ上戸)

という仕組みになりますから、あなたが結果としてうつを出す原因の悪い未来を予測している思考パターンを探しに行きましょう。

実際のセラピーでしたら最初の無料のセラピーの時間に『カウンセリング用紙(無料資料に入っている)』に記入をして頂いていますからそれを基に私とのディスカッションの最中に対人関係の思考パターンが強いとか不安の処理が出来ない思考パターンが強いとかお話をするのですが、ここではそのような事はできませんから皆さんが紙に書きながら、具体的にどんな思考パターンからうつが発生しているのかを調べましょう。

うつを発生させる思考パターンは大きく分けると『対人緊張、対人恐怖』と『不安を恐怖だと勘違いをしている、不安の処理が出来ない』の二つに分けられます。

ちなみに、読者の中には『対人緊張、対人恐怖』は『社会不安障害』で『うつ病』とは違う。
『不安の処理が出来ない』のは『不安神経症など』の神経症ではないかと思われている人たちがいると思います。
これは結果に焦点を当てている人たちが分類しただけで原因からみたら一緒になるのです。


★原因(対人緊張、対人恐怖があり明日も悪い事が起こりそうだと予測をしている)→結果(うつが出ている)
★原因(不安を恐怖だと勘違いしているから不安が消えないと不安の通り悪い事が起こるだろうと予測をしている)→結果(うつが出ている)

お分かり頂けましたでしょうか?

うつをたくさん出している思考パターンを紙に書きながら整理しながら探しに行きましょう。
よく分からない人は『新入社員のA君B君の話』のA君とB君の思考パターンの違いを練習問題としてやってみましょう。


◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

PTSD、トラウマは過去の終った事で力は全くない

2010年06月19日 | 心理療法ハッピーライフ
PTSD、トラウマは過去の終った事で力は全くない
(過去の出来事を整理、克服できない人たちがPTSDやトラウマに力があると勘違いして、あたかもPTSDやトラウマに力があるように自分自身で見せ掛けている)


2010年6月19日(土)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は実際に心理療法ハッピーライフで高い効果の出ている内容を書いています。
気になるが信じられないという人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(トラウマ、PTSDは過去の終った事で力は全くない)

最近、私のブログに対しての匿名のメールがありました。
より理解して頂くのに丁度良い教材になりそうですので匿名の差出者(匿名ですから私自身どこの誰か全く分かりません)への返事も兼ねて引用させて頂きます。

まずは匿名のメールを読んで下さい。

『ブログでのPTSDに関する記事を読ませて頂きました。

そして、下記のまとめについてどうかと思いメールを差し上げました。

「PTSDを引き起こした事件は終わっている、
過去の出来事で過去の出来事が今のあなたに影響を与えてはいない」
という事を理解、納得して頂く事でPTSDは治ると記載されていますね。

あなたがどのようなPTSDを想像しているかわかりませんが、
このやり方をとっているカウンセラーや医者がどれだけ患者を苦しめているか、
ご存じでしょうか?

PTSDといっても、様々な患者さんがいらっしゃるでしょう。
ちょっとした人間関係のトラブルの方もいれば、ひどく人権を傷つけられた人等。
最近の陰湿なイジメだと、
学校に行けば靴箱がぐちゃぐちゃにされていて靴は無くなっており、
教室に入ると死ねとの文字が黒板にズラリ。
机にも書かれていて、誰がやったかは知らんぷり。
そのうち何十人かで、殴ったり蹴ったりの暴行。
そのままリンチされ、トイレの便器に頭を突っ込まれ便器の水を飲まされる。
食事の際には、弁当のおかずなどをぶつけられ、
そのうち弁当箱にチョークの粉をたくさんふりかけられ、
弁当も食べられなくなる。

学校で教科書や服が切り裂かれるのは当たり前。
はがいじめにされて、目の前で持ち物が壊されるのを殴られながら見届ける始末。

そういうイジメが多発しているのをご存じでしょうか。
集団で陰湿なイジメが行われる事だってあります。
ただの省けではありません。

集団で、無視するのは当たり前。
学校で変な噂を流されるのはもちろん、
ネットでも名指しで死ね等の暴言が多数書き込まれている事は、
ニュースでもご存じでしょう。

文章ではなかなか伝わらないでしょうが、
はらわたが煮えくりかえるようなツライ経験を
どうにもならずに抱えている人は全国に多数います。

学校というものは恐ろしいもので、集団でイジメをします。
味方は、イジメられるのが怖くなり敵にまわります。
ごめんね、○○の言いつけだからといって、
仲のいい友達も一緒になって殴ったりの肉体的苦痛はもちろん、
「お前なんか生きている価値もないんだよ。
キモイ。死ね。生んだ親をうらめ。ははは」

なんていうイジメも多発しております。

目の前で、妻が暴行され殺された。
自分は殴られ重傷を負い、それをただ見守る事しか出来なかった。


あなたはこれらの人に、
「昔の事だから今のあなたに影響を与えている事はないので安心してください」

そう言えますか??

私ならとてもじゃないけど言えません。

彼らにとって過去のツライ思いでをせっかく打ち明けたのに、
それを否定されるようなものですから。
昔の事だから、話をまともに聞いてくれないのかという風に受け止められます。

あなたは、他人の過去の出来事は、過去の事だとわりきれるかもしれません。
しかし、彼らにとっては、人間的にひどく侮辱され、無力感を感じ、
どうにもならないような苦しみを何年も何十年も持ち続けているのです。
出来事は過去の事であっても、そう簡単に忘れされるような事件ではないのです。

そんな簡単に忘れられるようなささいな出来事であれば、
わざわざ病院で相談もしないでしょう。

PTSDで今現在も、他人を許せないような出来ごとにあい、
やるせなくツライ気持ちを抱えている人はたくさんいます。

しかし、「過去の事だから」という言葉だけは、
絶対に使って欲しくないと思います。
それは、さらにその人を傷つけ苦しめるという事を認識して頂ければ幸いです。

長文になりましたが、失礼します。』


★さて、ここからは私の文章です。

この匿名の人は『原因と結果の法則』という事が理解できていません。

ですからこのようなメールを書いたのでしょうが、一つのブログに事細かく説明を書く事は出来ませんから、事細かに説明を書いていたら一つのブログを書くのに一冊の本を書く量ほどの文章を書かなければいけなくなりますから、他のブログに書いている事は省略しています。
カウンセラー(来談者中心療法)や森田療法、医師などは結果に焦点を当てて原因をまず見ません。
しかし、認知行動療法は結果に焦点を当てるのではなく原因に焦点を当てるのが基本ですからこの『原因と結果の法則』という考え方を理解していなければいつまで経っても分かりません。

当然ですが、『結果』だけが存在する事はありません。
必ず結果には『原因』があります。
しかし、今の人たちは結果だけを見る人達が多いので簡単に解決できる事も複雑にして何が何だか分からなくしている事が多いのです。
その典型的なものが対人緊張症(社会不安障害)や神経症(パニック障害、摂食障害など)や脳に異常のないうつ病です。

PTSDのお話に戻りますが、この匿名の人のメールに
「PTSDを引き起こした事件は終わっている、
過去の出来事で過去の出来事が今のあなたに影響を与えてはいない」
という事を理解、納得して頂く事でPTSDは治ると記載されていますね。
と書かれていますが、

この人の二つ目に理解して頂いていない事は『分かったと納得の違い』です。
この事に関しても他のブログで書いていますから、上記の『結果と原因の法則』と『分かったと納得の違い(分かったと納得の法則)』は基本的な考え方ですから省略をして書いています。

『分かったと納得の違い(分かったと納得の法則)』の説明ですが、多くの人たちは結果だけに焦点を当てていますから『分かった=十分』という考え方をしていますが、学校のテストや仕事は『分かった=十分』で良いのですが、私たち自身の問題は分かっただけでは不十分です。
例えば、禁酒、禁煙、勉強、ダイエットなどがそうです。
お酒を飲んではいけない、タバコを吸ってはいけない、勉強しなくてはいけない、食べ過ぎてはいけないと分かっていても出来ません。
このような経験は誰でも経験しているはずです。
しかし、本当にその通りだと納得したら、禁酒、禁煙、勉強、ダイエットなど簡単に出来ます。
分かっただけでは納得していませんから無理して結果だけを出そうとしている状態なのです。

では、『原因と結果の法則』と『分かったと納得の違い(分かったと納得の法則)』を理解して頂いた皆さんと匿名さんへの返事をします。

「PTSDを引き起こした事件は終わっている、
過去の出来事で過去の出来事が今のあなたに影響を与えてはいない」
という事を理解、納得して頂く事でPTSDは治ると記載されていますね。

この事を説明しましょう。

◎まず、大前提ですが、PTSDやトラウマは現在進行形ではなく終った事です。
匿名さんの書かれているような酷いいじめを受けている現在進行形の人はセラピストや医師に助けを求めるのではなく警察や教育委員会、両親などに求めなければいけません。

◎という事はPTSDやトラウマが辛いと医師や私の所に来られる人のPTSDやトラウマは終ってしまっている過去の出来事です。
ここで過去の出来事に関して客観的に考えてみましょう。
例えば、日本史で習った関が原の戦いは過去の出来事です。
過去の出来事に力があったら、新幹線は関が原を通りますから、関が原の当たりを通る度に矢や鉄砲の弾が飛んで来たりして恐ろしいですよね。
しかし、こんな事は絶対に起こりません。
上記の内容が理解、納得出来るのでしたら匿名さんの書いている酷いいじめも過去の終った出来事で関が原の戦いと同じく過去の出来事には力がないという事が分かります。
実は、今の日本人は結果にしか焦点を当てていない人たちが多いのでこのような事にさえも気付いていない人たちが多くいるのです。

◎では、終ってしまった出来事があたかも力を持っているように思えるのは何故でしょうか?
例えば、人前に立つと赤面してしまう、人前でしゃべるとどもってしまう(吃音)という人がいるとしましょう。
もうお分かりだと思いますが、人が赤面や吃音(どもり)させているのではなく、自分自身が赤面や吃音(どもり)させているのです。
しかし、思考パターンの回路が出来ていますから『結果』だけしか見ない人にはいつまで経っても自分自身が自分自身に命令をして赤面したり吃音(どもり)したりしているという事に気付かない人たちは多くいます。

◎これをPTSDやトラウマに置き換えて考えてみましょう。
PTSDやトラウマは確かに終った出来事です。
しかし、PTSDやトラウマがあるから日常生活が出来ないという人たちは多くいます。
例えば、『酷いいじめを受けたから人が怖くなって人の中に入れなくなった』とか中には『学生時代に酷いいじめを受けたから会社でもPTSDやトラウマのせいでいじめられている』と言う人までいます。
ここで『原因と結果の法則』を使って考えて見ましょう。

★原因(PTSDやトラウマ)→ 結果(PTSDやトラウマは終ってしまった出来事だから今に何の力もない)
注、客観的に見た状態。本人が『分かったと納得の違い(分かったと納得の法則)』の通り、原因のPTSDやトラウマは終ってしまった出来事で今に影響を与える事はできないと深く納得しなければ「そうかも知れない」と言うくらいでこのようにはならない。

★原因(過去の出来事がまた起るのではないかと怖がっている、人生勉強不足で同じような状況になると過去の出来事と同じようになると未来予測をして怖がっている)→結果(人が怖くて人の中に入れない、人が怖いから会社の中でもうじうじしているから嫌われていじめられる等)

★原因(過去の思い出したくない思い出はあるが人生勉強をして同じ失敗はしないだろうという考え方になっている)→結果(嫌な思い出は嫌な思いでのまま、当事者に怒りを感じ続けているかも知れないが本人はPTSDやトラウマという意識は持っていない。)

という事になります。

◎最後に、思い出したくない悪い思い出は誰でも持っています。
ただ単に思い出したくない悪い思い出か、PTSDやトラウマのように思うか、の違いは人生勉強の差です。
ほとんどの人は(私も)いじめにあった事があります。
そして、ほとんどの人は(私も)人生勉強をして次に同じような状況に出会っても負けない自分になる勉強やそういう状況に陥らないように生きる生き方などを人生勉強します。
しかし、人生勉強をしない人たちは考え方や認知、価値観は同じままですから、次に同じような状況になると同じような事が起こるだろうと未来を予測していますから、本当は存在していないPTSDやトラウマにおびえて、場合によっては赤面症の人や吃音(どもり)の人のように自分自身の力でPTSDやトラウマによって苦しめられているように一人芝居をしています。
もちろん本人はまさか一人芝居をしているとは思ってもいませんが。

ですから、有名な話ですが、PTSDはベトナム戦争の帰還兵が平和なアメリカに戻ってきているのに恐怖におびえているという現象で出来た新語です。
実際のセラピーはそれなりに複雑になりますが、PTSDの帰還兵自身が自分のベトナム戦争は終ったという事を深く納得する事と人を殺してしまったという悔恨は宗教的な価値観などが生んでいますから困らない考え方や認知、価値観に修正すると楽になるはずです。
何故ならば、ベトナム戦争以前にも戦争は数え切れないほどありました。
しかし、以前はまだまだ生きるのに必死ですから悩む余裕がなかったからPTSD自体がなかったのです。
PTSDは豊かになって悩む余裕が出てきたから生まれた摂食障害とおなじようなものなのです。

皆さん、匿名さん、お分かり頂けましたでしょうか?



◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(5) うつ病に価値を持っていてはいけない

2010年06月18日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(5) うつ病に価値を持っていてはいけない


2010年6月18日(金)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は実際に心理療法ハッピーライフで高い効果の出ている内容を書いています。
気になるが信じられないという人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(うつ病が治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(うつ病を治す為の第5歩)

『うつ病』だけではなく『社会不安障害』や『神経症』の人たちは『病気でありたがる心』を持っています。

例えば、
『うつ病という病気に掛かってしまったのだから仕事が出来なくても仕方がない』
『うつ病という病気に掛かってしまったのだから自分は可愛そうな存在で自分は悪くない』
などの価値、利益があるのです。
もちろん、うつ病を治したい、社会不安障害を治したいと思っているし、言葉でもそう言うのですが、気付いていない人たちは多くいますが、心の中に相反した価値、利益をまず皆さんは持っています。


言い換えれば『猿の壷』状態になっています。
『猿の壷』状態になっているとうまく行きません。
(猿の壷とは壷の中に金平糖や麦が入っている壷の中で手を握り締めているから手を壷から出そうとしても出せないというお話です。)


ちなみに、トラウマとかPTSDなどもそうです。
結果と原因の原因から見たら終ってしまった事なのに本人が猿の壷状態になって手放そうとしない状態なのです。


☆考え方(認知、価値観)を多くの一生精神科や心療内科に行く事のない人たちと同じように修正すれば自動的にうつ病や社会不安障害、神経症はなくなりますから、うつ病や社会不安障害、神経症に価値、利益はない事に気付いて納得して下さい。



◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(4) うつがあるからうつ病ではない

2010年06月17日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(4) うつがあるからうつ病ではない


2010年6月17日(木)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は実際に心理療法ハッピーライフで高い効果の出ている内容を書いています。
気になるが信じられないという人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回5000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験からしたらおそらくクライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(うつ病が治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(うつ病を治す為の第4歩)

『うつがあればうつ病』という間違った考え方に囚われている人たちがいます。

囚われていなくても『うつがあってもおかしくない』という考え方は中々できていません。

考えて下さい。

『うつ』は人間の正常な感情の一つで「今まで一度もうつを感じた事はない」という人がいたら嘘をついているか、うつを感じた事を忘れているか、異常な人間のどれかです。

あなたを診察して『うつ病』と診断した医師も異常な人間ではないでしょうから、絶対にうつを感じた事が何度もあるはずです。
若しかすると、目の前の医師は何らかの事情でうつを感じている最中かも知れません。

1.『うつがあるからうつ病という間違った考え方に囚われている人はこの間違った考え方から脱出しなければいけません』

では、全ての人はうつを感じるのにうつ病の人は何処が悪いのでしょうか?

それは思考(認知、価値観)です。

例えば、或る会社は社員の約半分がうつ病などで精神科や心療内科に通っているというのでしたら環境が悪過ぎるのが原因ですから環境を改善させなければいけません。
しかし、新入社員のA君B君の話のように、一緒に部長に怒られて自分だけがうつ病になってしまったというのでしたら、それはその人の思考(認知、価値観)が悪いのです。
『思考(認知、価値観)が悪いから泣き上戸や笑い上戸のようにうつ上戸になっている状態です。』
当然ですが、思考(認知、価値観)が悪いのですから医師の薬を何年も何十年も飲み続けても悪い思考(認知、価値観)は全く変わりません。
医師の薬はお酒と同じように酔うと嫌な事が忘れられるというのと同じなのです。

具体的には、『部長に怒られる』→『目や耳で感じる』→『思考(認知、価値観)』→『感情(嫌だ、恥ずかしい、うつ等)』

という関係になります。
『部長に怒られる』『目や耳で感じる』は同じですが、『思考(認知、価値観)』が悪い、特殊なものになっていますから)『感情(嫌だ、恥ずかしい、うつ等)』でうつが出て来て辛い辛いと病院に通っているのです。
辛い時は薬を飲んで少しでも楽にならなければいけませんが、薬を飲んで並行してあなたの悪い、特殊な『思考(認知、価値観)』を多くの精神科や心療内科に行く必要のない人達と同じようにしなければうつ病はいつまで経っても治りません。

2.『うつ病のうつはあなたの悪い、特殊な思考(認知、価値観)が出している。楽になりたいのでしたら、あなたの悪い、特殊な思考(認知、価値観)を普通の多くの人たちの思考(認知、価値観)に修正しなければいけません。』


◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法


★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント

うつ病を治す(理解を深める) 「もう○年経ったのにまだ治らないのか?」

2010年06月14日 | 心理療法ハッピーライフ
うつ病を治す(理解を深める) 「もう○年経ったのにまだ治らないのか?」


2010年6月14日(月)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


☆最初に、

ここに書いている内容は実際に心理療法ハッピーライフで高い効果の出ている内容を書いています。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる、薬も飲む必要がなくなる(うつ病や社会不安障害、神経症が治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


☆本題(番外編、理解を深める)

「病院に何年も通っているのにまだ治らないのか?」
と会社や家族、友人に言われたという人たちは結構多くいます。

結果に焦点を当てる人たちや結果に焦点を当てる心理療法(例えば一般的にカウンセラーと呼ばれている来談者中心療法など)の人たちは、
「理解されていないからそんな言葉を言うのですね。」
「もっと社会全体がうつ病の事を理解しないといけないですよね。」
このような言葉を言いそうです。

しかし、うつ病は結果からみたら病気ですが、原因から見たら病気ではなく人生勉強不足(人は何を考えているのか? 客観的に自分や自分の周りを見たら本当に危機なのか? 過去のデータから見て危機を予測するので妥当か? 不安の処理の仕方が分からない等の人生勉強不足)が原因です。

ですからここで過去に書いた足し算引き算が出来ないからスーパーのレジが怖いと思う『スーパーのレジ病の話』と同じなのです。

足し算引き算が出来ないからスーパーのレジが怖いと思う人にどんなに薬を飲ませ続けてもカウンセラーのように話を聞き続けてもいつまで経っても足し算引き算が出来るようになるわけがありません。

病院の薬はお酒のようなものです。
酔っている時は不安やうつがなくなりますが酔いが醒めると全く同じ状態になります。

病院の薬は治すのではなく症状をお酒のように抑えているだけです。

カウンセラーなどの結果に焦点を当てる心理療法も少しは人生勉強のお手伝いになる場合もありますが、そもそも来談者中心療法でうつ病や社会不安障害、神経症のケアをしてはいけないのです。

来談者中心療法の基本的な考え方は『答えはクライエントの中にある』という事です。

足し算引き算を知らない人の中に足し算引き算が出来るようになる答えがあるわけがありません。

ちなみに、来談者中心療法の創始者ロジャーズは「来談者中心療法は健康な人用の心理療法で精神科や心療内科に行くいわゆる病者の心理療法ではない」と言っているのですが日本では何でもかんでもカウンセラーにという間違った風潮になっています。

特にうつ病の人が来談者中心療法を受けるととても辛くなる可能性が高いです。
数年前、インターネットでふと見つけたのですが、『うつ病専門の来談者中心療法のカウンセラーです』という人がいましたが恐ろしいと思いました。

うつ病や社会不安障害、神経症の人たちは元々人生勉強不足なのですからこの人たちの中に答えはないのです。

うつ病や社会不安障害、神経症の人たちが来談者中心療法のカウンセリングを受けたら余計に苦しむだけです。


★結論

もうお分かり頂けたと思いますが、病院に何十年通って何十年も薬を飲み続けても、原因の人生勉強不足は同じですから、薬を飲んで気を落ち着かせている、そして、元々知っている方法、気をそらす、開き直り、言い聞かせ、逃げる、諦める、などの方法を使って社会適合しているように見せているだけで決して治ってはいません。

本当に治ったと言える時は人生勉強が出来るようになって多くの一生、精神科や心療内科に行く事のない人たちと同じような考え方になった時です。

ですから、病院の薬を飲んで「治った」と自他共に思っている人がいても、それは何とかバランスを取っているだけです。

何か、気をそらす、開き直り、言い聞かせ、逃げる、諦める、などの方法で対処出来ない事に遭遇するとしっかり再発します。

何故ならば、多くの困っていない人たち(新入社員のA君B君の話のB君のような考え方をする人たち)と同じような考え方になっていない、治った振りをしているだけだからです。


★私は見かけではなく原因から人生勉強をして本当に楽になる治る事をお勧め致します。

ちなみに、100人中99人とか98人が出来ている事ですから皆さんも真剣に勉強をしなければいけませんが多くの困った人たちと同じような考え方をする事が出来ます。

大丈夫です(笑)。


◎心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法


★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業12年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。
コメント