対人緊張症、神経症、うつ病、明るくなる等、認知行動療法(人生勉強療法)、既に3000話以上の具体的な話を書いています。

対人緊張、対人恐怖、神経症、うつ病、等の心理療法、認知行動療法、人生勉強療法。電話、スカイプでも通院と同じように治ります

とても簡単な話、対人緊張症、神経症、うつ病は正しい客観的な情報が十分に得られるようになれば治ります。

2017年11月30日 | ぜひ知って欲しい話

とても簡単な話、対人緊張症、神経症、うつ病は正しい客観的な情報が十分に得られるようになれば治ります。

 

はっきり言うと、医師や製薬会社が対人緊張症、神経症、うつ病に薬を使いたいから、対人緊張症、神経症、うつ病は病気だと断言して言い続けています。

その影響でとても苦しんでいる人たちが逆にとても多くなっているという現実があります。

薬で治るのでしたら全く問題はないのですが、薬は症状を抑えるだけで本当に対人緊張症、神経症、うつ病を治す方法ではないのです。

ですから、病気だと教えられていますから、一生、難病に掛かっているというような意識で苦しんでいる人たちがとても多いのが現状です。

 

しかし、対人緊張症、神経症、うつ病の人たちは病気ではないのです。

何度もこのブログで書いていますが、ほとんどの人たちが身に付けている足し算引き算や新聞が読める程度の漢字の読み書きが出来ていないと同等のレベルの必要な人生勉強、自分や自分の周りを客観的に見る等の能力が不足している為に病気によく似ている状態になっているだけです。

 

対人緊張症、神経症、うつ病の皆さん、また、ご家族の方々へ。

医師の薬は症状を抑えるだけですから本当の意味での治ったには 一生 薬を飲み続けてもなりません(治りません)。

 

しかし、とても簡単な話、対人緊張症、神経症、うつ病は正しい客観的な情報が十分に得られるようになれば治ります。

客観的な情報が十分に得られていないから間違った判断をしているだけですから。

逆に言うと、安部総理大臣でもトランプ大統領でも間違った情報しか得られなければ対人緊張症、神経症、うつ病のようになってしまいます。

 

ぜひ、病気という事と薬という事を考えて欲しいと思います。

 

☆無料資料の請求方法など

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※注意、郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、振り込み時に、「メッセージを送付する はい いいえ」と画面に出ますが、「いいえ」を選択して下さい。「はい」を選択すると100円ゆうちょ銀行に取られてしまいますし、メッセージを書かなくても誰からの振り込みか名前が通帳に記帳されますからメッセージは不要です。

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は一月に3回まで0円、4回目から123円掛かる事になりましたので、4回目、5回目の振込金額は6000円のセラピー料金から123円を引いた5877円を振り込んで下さい。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

コメント

対人緊張症、神経症、うつ病の原因と治す方法をとても簡単に書きました。

2017年11月29日 | 対人緊張症、神経症、うつ病を治す

対人緊張症、神経症、うつ病の原因と治す方法をとても簡単に書きました。

 

対人緊張症(対人恐怖症、社交不安障害、社会不安障害など 症状としては赤面症、吃音、多汗症、チックなど)

神経症(不安神経症、パニック障害、摂食障害、精神的な過敏性腸症候群など)

うつ病(うつ病全般、ただし、外因性うつ病は外す)

 

これらを医師は病気だと言って、病気だと広めていますが、病気だと言う一番の理由は薬を使うからです。

薬を病気ではないものに使うのは問題がありそうでしょう。

しかし、原因から見たら一般的な病気ではありません。

もっとも適切な言い方は「多くの人たちが身に着けている能力を身に着けられていないから勘違いの恐怖心を強く感じている状態」です。

例、足し算引き算が出来ないから多くの人たちは怖がらないスーパーマーケットのレジを怖がるのと同じです。

 

原因は「人は何を考えているのか?等の客観的な情報が得られていない」「第三者から見たらという客観的な情報が得られていない」「客観的な妥当な未来予測が出来ない」等から著しい客観的な情報不足がずっと続いている。

そして、著しい客観的な情報不足が続いているから間違った判断をしている。(多くの人たちが恐怖を感じないものに強く恐怖を感じる等。)

結果、対人緊張症、神経症、うつ病になっている。

 

治す方法 多くの対人緊張症、神経症、うつ病で困っていない人たちと同程度の客観的な情報を得られるようになれば正しい判断が出来るようになりますから簡単に治ります。

 

備考、具体的には、このブログに書いている「新入社員のA君B君の話」のA君がB君のように客観的な情報が得られるようになれば治ると皆さん分かると思います。

 

結論。正しい客観的な情報を得られるようになれれば対人緊張症、神経症、うつ病は簡単に治ります。医師の薬や開き直り、言い聞かせ、気をそらす等では治りません。

 

☆無料資料の請求方法など

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※注意、郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、振り込み時に、「メッセージを送付する はい いいえ」と画面に出ますが、「いいえ」を選択して下さい。「はい」を選択すると100円ゆうちょ銀行に取られてしまいますし、メッセージを書かなくても誰からの振り込みか名前が通帳に記帳されますからメッセージは不要です。

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は一月に3回まで0円、4回目から123円掛かる事になりましたので、4回目、5回目の振込金額は6000円のセラピー料金から123円を引いた5877円を振り込んで下さい。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

コメント

勘違い宇宙人。対人緊張症、神経症、うつ病の人たちは「まるで宇宙人のように」回りの人たちからしたら思えるのです。何故、これくらいの事で学校や会社を辞めるの? 等々です。

2017年11月28日 | 対人緊張症、神経症、うつ病を治す

 勘違い宇宙人。対人緊張症、神経症、うつ病の人たちは「まるで宇宙人のように」回りの人たちからしたら思えるのです。何故、これくらいの事で学校や会社を辞めるの? 等々です。

 

 人間は自分の出来る事は他人も出来ると往々に考えてしまいます。

 

ですから、例えば、足し算引き算が出来なくて困っている人が居ても、

新聞に出てくる程度の漢字の読み書きが出来なくて困っている人が居ても、

本人が「足し算引き算が出来ないから困っている」「新聞に出てくる程度の漢字の読み書きが出来なくて困っている」と告白しない限り、

 

まさか、足し算引き算が出来ない 新聞に出てくる程度の漢字の読み書きが出来ない とは想像もしないでしょう。

 

対人緊張症、神経症、うつ病の人たちは、自分が対人緊張症、神経症、うつ病だという事を 当たり前ですが 隠します。

 

対人緊張症、神経症、うつ病ではない多くの人たちの中には、「対人緊張症、神経症、うつ病だと隠さないで言えばいいじゃないか」と思う人が居るかも知れませんが、逆に足し算引き算がや新聞に出てくる程度の漢字の読み書きが出来なかったら あなたは必死に隠すはずです。

 

優位に立っているから告白すれば良いと思うわけで、優位に立っていなければ中々出来ません。

 

さて、対人緊張症、神経症、うつ病の人たちは隠そうとします。

また、周りの人たちに、対人緊張症、神経症、うつ病だと知られてしまったとしてもそもそも回りの人たちは対人緊張症、神経症、うつ病の事をほとんど知識として知りません。

 

話がここで一周しますが、 人間は自分の出来る事は他人も出来ると往々に考えてしまいます。

するとどうでしょうか?

自分だったらそんなに苦労する事なく出来る事が出来ないという事自体が理解不能になります。

すると、周りの多くの人たちは、特に会社や学校の中では サボっている 真剣が足りない 場合によっては からかわれている と勘違いをされて怒り出したりします。

そして、学校や会社を辞めたりすると更に理解不能です。

何で、学校や会社を辞めたのだろうか? となって、回りの人たちからは まるで宇宙人のように思われてしまうのです。

 

必要な人生勉強が出来るようになれば周りの人たちと同じように感じられ、同じように考えられますから宇宙人ではなくなります。

医師の薬や森田療法等の開き直り、言い聞かせ、気をそらす、自分を騙す、あきらめる等を駆使しても、何とか今を生きる事が出来るだけで宇宙人のままです。

本当に楽になりたければ、足し算引き算が出来るようになる 新聞に出ている程度の漢字の読み書きが出来るようになる という方法しかありません。

薬や開き直り等は簡単に言うと 誤魔化している だけです。

誤魔化しているだけでは本当の解決には 当たり前ですが なりません。

そして、せっかく産まれて来たのに、とても辛い苦しい人生を生きる事になります。

とても残念な人生ですよね。

 

☆無料資料の請求方法など

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※注意、郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、振り込み時に、「メッセージを送付する はい いいえ」と画面に出ますが、「いいえ」を選択して下さい。「はい」を選択すると100円ゆうちょ銀行に取られてしまいますし、メッセージを書かなくても誰からの振り込みか名前が通帳に記帳されますからメッセージは不要です。

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は一月に3回まで0円、4回目から123円掛かる事になりましたので、4回目、5回目の振込金額は6000円のセラピー料金から123円を引いた5877円を振り込んで下さい。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

コメント

ご連絡は携帯電話090-2233-6654へお願いします。固定電話0898-22-3755はセールスの電話ばっかりですので積極的に出なくなりました。

2017年11月18日 | 心理療法ハッピーライフ

ご連絡は携帯電話090-2233-6654へお願いします。固定電話0898-22-3755はセールスの電話ばっかりですので積極的に出なくなりました。

 

YouTube で ケント・ギルバートさんが、

「固定電話にはセールスや売り込みのファックス等がほとんどだから最近は固定電話が鳴っても出ない事にしている。親しい人なら携帯電話に連絡をくれるし、必要だったら留守番電話にメッセージ゜を残してくれるから。」

とおっしゃっていました。

私もその通りだと思います。

元々皆さんになるべく携帯電話090-2233-6654にお電話をください。

と、私はお願いしていますから、固定電話に掛かってくるのは95パーセントくらいはセールスです。

ですから、心理療法ハッピーライフの固定電話はクライエントさんからのファックスを受けるのが最も重要な仕事になっています(笑)。

 

ですから、携帯電話090-2233-6654にご連絡をお願いします。

私の携帯電話は掛け放題の契約をしていますからすぐに私の方から掛け直しますし、

私が出張等の出先でも携帯電話では出られますからね。

私が携帯電話090-2233-6654に出られなかったらメッセージを残して置いて下さい。

また、メッセージを残すのが嫌でしたら、携帯電話からのお電話が履歴に残っていたら私の方から掛け直しています。

 

という理由で、携帯電話090-2233-6654へお願いします。

 

心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋からのお願いです。

 

☆無料資料の請求方法など

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※注意、郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、振り込み時に、「メッセージを送付する はい いいえ」と画面に出ますが、「いいえ」を選択して下さい。「はい」を選択すると100円ゆうちょ銀行に取られてしまいますし、メッセージを書かなくても誰からの振り込みか名前が通帳に記帳されますからメッセージは不要です。

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は一月に3回まで0円、4回目から123円掛かる事になりましたので、4回目、5回目の振込金額は6000円のセラピー料金から123円を引いた5877円を振り込んで下さい。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

コメント

余談の話から入ります。 心理療法ハッピーライフは加計学園 岡山理科大獣医学部の近くです。歩いて20分くらいかな(笑)。

2017年11月04日 | 対人緊張症、神経症、うつ病を治す

 余談の話から入ります。 心理療法ハッピーライフは加計学園 岡山理科大獣医学部の近くです。歩いて20分くらいかな(笑)。

 

「そうなんだ」と思われるでしょうが、本当の話、今年、国会を騒がせた 加計学園 岡山理科大獣医学部 (今治) は心理療法ハッピーライフから歩いて20分くらいです。

子供のころに通った小中学校よりも近いです。

 

ところで、このブログを読まれている人たちはインターネットに深く係わっていると思いますからご存知だと思いますが、

朝日新聞、毎日新聞、東京新聞等、NHKをはじめとしての地上波のテレビ局は、そろって 森友,加計問題 いわゆる モリカケ問題で一方的な偏ったフェィクニュースと言ってもいい報道をした事をご存知でしょう。

そして、真実はネットの中にあるという事でしたね。

そして、実際、ほとんどの日本人は朝日新聞、毎日新聞、東京新聞等、NHKをはじめとしての地上波のテレビ局に騙されませんでした。

 

インターネットの世界にはとても大量の情報があり、もちろん変な情報もたくさんありますが、中には正しい、画期的な素晴らしい情報もあるという事です。

新聞やテレビ等の情報はモリカケ問題で分かりましたとおり、色々な利害関係等によって出されています。

新聞やテレビの情報はすべて正しいと思える時代ではなくなったと思います。

 

対人緊張症、神経症、うつ病は 簡単に言うと 病気ではない。

必要な人生勉強をすれば根本から治る。

というのが心理療法ハッピーライフの主張ですが、これは実際に心理療法ハッピーライフのクライエントさんが治っていますから正しいと証明出来ていますが、医師や薬メーカー等との利害関係がありますから中々新聞やテレビ局は報道しませんから情報が広がりません。

しかし、お願いです。

私のブログ等の内容を 疑いながら 本当なのか? と論理的に科学的に検証して欲しいのです。

対人緊張症、神経症、うつ病のあなたが根本から楽になる(根本から治る)貴重な情報(唯一の方法と言っても良いです)ですから。

 

よろしくお願いします。

 

 ☆無料資料の請求方法など

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※注意、郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、振り込み時に、「メッセージを送付する はい いいえ」と画面に出ますが、「いいえ」を選択して下さい。「はい」を選択すると100円ゆうちょ銀行に取られてしまいますし、メッセージを書かなくても誰からの振り込みか名前が通帳に記帳されますからメッセージは不要です。

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は一月に3回まで0円、4回目から123円掛かる事になりましたので、4回目、5回目の振込金額は6000円のセラピー料金から123円を引いた5877円を振り込んで下さい。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

 

 

コメント

目指せ! カツオ君!カツオ君とマスオさんの話(サザエさんの話No.2です)。対人緊張症、神経症、うつ病の人たちへ、 目指せ! カツオ君! です。カツオ君の方がマスオさんより人生勉強のレベルは上です。

2017年11月03日 | ぜひ知って欲しい話

目指せ! カツオ君!カツオ君とマスオさんの話(サザエさんの話No.2です)。対人緊張症、神経症、うつ病の人たちへ、 目指せ! カツオ君! です。カツオ君の方がマスオさんより人生勉強のレベルは上です。

 

心理療法ハッピーライフの有料セラピーのクライエントさんに、

「テレビのサザエさんのカツオ君は将来どれくらいの可能性で対人緊張症、神経症、うつ病になって精神科、神経科、心療内科に行くと思いますか?」

と質問をすると、ほとんどの人は

「カツオ君は将来、大人になっても、対人緊張症や神経症、うつ病で困る事はまずないでしょう。」

というような内容を答えますが、

「では、マスオさんはどうでしようか?」

と聞くと、ほとんどのクライエントさんは、一呼吸おいてから、

「マスオさんは今は平社員のようだから大丈夫だけれども、出世して部下が出来たら、部下と上司の間に挟まれると神経症やうつ病になるかも知れない。」

というような事を答えられる人が多いです。

 

マスオさんはアニメの設定では早稲田大学を卒業しているようですから、頭がとても良いです。

年齢もカツオ君よりだいぶ上です。

しかし、人生勉強は小学校5年生のカツオ君の方が(まだまだ子供っぽい所は多いですが)総合的には上のように思えます。

 

★人生勉強には、学校の勉強が出来る出来ないは直接的には関係ありません。

(稀に、学校の勉強が出来るようになれば対人緊張症、神経症、うつ病が治ると勘違いをしている人がいます。)

 

★人生勉強には、年齢も直接的には関係ありません。

(対人緊張症、神経症、うつ病の原因を経験不足だと思っている人が居ますが違います。対人緊張症、神経症、うつ病の人たちも、それなりの経験をしているのに、経験から人生勉強が学ばれていないのです。)

 

★人生勉強と人生経験を混同する人が居ますが違うものです。

何十年も意識不明で病院のベットに寝ていたとかでしたら確かに人生経験不足ですが、対人緊張症、神経症、うつ病で苦しまれていても、それなりの人生経験は十分に積まれています。

人生経験から人生勉強が得られていない、人生勉強が学ばれていないのが、対人緊張症、神経症、うつ病の人たちという事が言えます。

 

★人によっては、もっと人生経験を積めば対人緊張症、神経症、うつ病は治ると思っている人たちがいますが、今までの人生経験で人生勉強が得られなかったという事は、妥当な未来予測としては、高確率で、もっと人生経験を積んでも人生勉強は余り出来そうにないと思われます。

 

★そういう人は仕方がないですから認知行動療法等で学ばれる事をお勧めします。

 

☆無料資料の請求方法など

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※注意、郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、振り込み時に、「メッセージを送付する はい いいえ」と画面に出ますが、「いいえ」を選択して下さい。「はい」を選択すると100円ゆうちょ銀行に取られてしまいますし、メッセージを書かなくても誰からの振り込みか名前が通帳に記帳されますからメッセージは不要です。

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は一月に3回まで0円、4回目から123円掛かる事になりましたので、4回目、5回目の振込金額は6000円のセラピー料金から123円を引いた5877円を振り込んで下さい。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

コメント

簡単な話。簡単な内容。対人緊張症、神経症、うつ病の原因の認知の歪み(にんちのゆがみ)とは何か? 言葉の通り、認知がゆがんでいる状態です。勘違い病。大勘違い病。

2017年11月02日 | ぜひ知って欲しい話

 簡単な話。簡単な内容。対人緊張症、神経症、うつ病の原因の認知の歪み(にんちのゆがみ)とは何か? 言葉の通り、認知がゆがんでいる状態です。勘違い病。大勘違い病。

 

今日は簡単な内容です。

対人緊張症、神経症、うつ病の原因は認知の歪み(にんちのゆがみ)です。

認知の歪みとはどういう事なのか?

具体的に考えて見ましょう。

 

対人緊張症、神経症、うつ病の人たちが居る場所は特別な場所、例えば、北朝鮮の収容所の中ではありません。

日本の中のとても安全な場所です。

その証拠に自分の意思で自由に精神科、神経科、心療内科に多くの対人緊張症、神経症、うつ病の人たちは行けています。

そして、この日本の中を多くの対人緊張症、神経症、うつ病でない人たちの認知は安全で安心できる場所となっています。

しかし、同じ場所(日本の中)に居るのに、対人緊張症、神経症、うつ病の人たちの認知は危険な場所、危機状態だと間違った認知(認知の歪み)をしているのです。

 

簡単な話し、対人緊張症、神経症、うつ病は、それだけです。

必要な人生勉強不足という認知が歪んでしまう根本原因はありますが、

簡単に言うと、対人緊張症、神経症、うつ病の人たちは、多くの人たちが安心している場所、安全だと心の底から思っている状況と同じ場所、同じ状況にいるのに、勘違いをして、妄想が暴走してとても強く怖がっているだけです。

 

ですから、簡単な話し、薬では治りません。

簡単な話し、必要な人生勉強をして、多くの対人緊張症、神経症、うつ病で苦しんでいない人たちと同じような認知になれればすっきりさわやかに治ります。

 

対人緊張症、神経症、うつ病は あえて病名を付けたら、勘違い病 という事に、簡単に言うと、なります。

 

最後に、北朝鮮の収容所の中で危機を感じている認知をしている人は本当に北朝鮮の収容所の中は環境が劣悪、危機状態ですから正しい認知をしている事になります。

しかし、今の日本の中で危機を感じる認知をしているのは 大勘違い という事です。

 

対人緊張症、神経症、うつ病は、『勘違い病』 『大勘違い病』 という事です。

 

☆無料資料の請求方法など

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※注意、郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、振り込み時に、「メッセージを送付する はい いいえ」と画面に出ますが、「いいえ」を選択して下さい。「はい」を選択すると100円ゆうちょ銀行に取られてしまいますし、メッセージを書かなくても誰からの振り込みか名前が通帳に記帳されますからメッセージは不要です。

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は一月に3回まで0円、4回目から123円掛かる事になりましたので、4回目、5回目の振込金額は6000円のセラピー料金から123円を引いた5877円を振り込んで下さい。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

コメント