対人緊張症、神経症、うつ病、明るくなる等、認知行動療法(人生勉強療法)、既に3000話以上の具体的な話を書いています。

対人緊張、対人恐怖、神経症、うつ病、等の心理療法、認知行動療法、人生勉強療法。電話、スカイプでも通院と同じように治ります

パニック障害のあなたへ 

2019年05月11日 | パニック障害

パニック障害のあなたへ 

 

パニック障害のあなたへ

医師はパニック障害を病気だと言っていますが、病気ではありません。

ですから、医師の薬を飲み続けても、本当の意味でのパニック障害は治りません。

 

パニック障害の本当の原因は多方面からの客観視の能力不足や不安の処理の能力不足です。

それの証拠に、パニックになっているあなたやパニックになりそうなあなたの周りの人たちは平気でしょう。

特に、新幹線や飛行機を恐れている人たち、周りの人たちを見てください。

平気どころか、くつろいでいますよ。

 

周りの人たちは、第三者の目から自分自身を客観的に見て、危機ではない、としっかりと把握しています。

しかし、残念ながら、パニック障害のあなたは、第三者の目から自分自身を客観的に見る能力が弱かったり、中には、全く出来ない人もいます。

 

お医者さんの薬は気持ちを落ち着かせてくれているだけで、例えるならば、お酒のようなものです。

お酒に酔っている時は大丈夫でもしらふに戻ったら大丈夫ではありません。

残念ながら、医師の薬を何十年飲み続けても本当の意味でのパニック障害は治らないのです。

 

では、本当の意味で治す方法は、というと、

多くのパニック障害ではない人たちと同じように多方面からの客観視のレベルの高い能力を得る事や

多くのパニック障害ではない人たちと同じように不安の処理のレベルの高い能力を得て、

多くのパニック障害ではない人たちと同じように感じて、同じように考えられるようになる事です。

 

パニック障害は病気ではなく、必須の人生勉強が不足している事が本当の原因です。

パニック障害ではない人たちと同じくらいのレベルの客観視や同じくらいの不安の処理の能力を身に付けたら、簡単に治ります。

 

パニック障害の人たちを、パソコンに例えると、パソコンの故障ではなく、ソフトが不足している状態です。

 

 

★2019年1月7日より、無料資料を請求した方(何年も前でも可です)で、普通コース、願望コースを考えられている人に(1回コースは除外)、一時間の無料の質問にお答えをする時間(質疑応答の時間)を設けました。詳しくは2019年1月6日のこのブログをご覧下さい。

 

心理療法ハッピーライフは必須の人生勉強をお教えしている所です。

★心理療法ハッピーライフの有料セラピーに興味のある人に無料資料を郵送(クリックポスト、矢野裕洋の個人名で市販の茶封筒で発送、商品名は無料資料と通常はしますが、ご希望でしたらオークション落札品などに変更可能しています。

希望者は郵便番号、住所、氏名をメール a@happylife.jp 電話090-2233-6654 0898-22-3755出ない時は留守番電話にはっきりとメッセージを残して下さい。ファックス0898-22-3755 手紙(はがき)は〒794-0006愛媛県今治市石井町1-4-96 心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋まで

☆無料資料をご請求して頂いた方は、1時間の無料説明を受ける事が出来ます。ご希望の方は無料資料に入っているカウンセリング用紙を記入して、お電話で1時間の無料説明を申し込まれて下さい。090-2233-6654お電話を頂きましたらこちらから掛け直します。

セラピー料金は1時間6000円です。

コメント

パニック障害の人たちは、とてもホラー映画を楽しめるし、ホラー映画を見なくても日常生活がホラー映画になっている人たちです。

2019年03月28日 | パニック障害

パニック障害の人たちは、とてもホラー映画を楽しめるし、ホラー映画を見なくても日常生活がホラー映画になっている人たちです。

 

昨日のブログで、ホラー映画は多方面からの客観視が量、質、共に不足しているパニック障害とか対人緊張症、神経症、うつ病の人たちの方が、多くの対人緊張症、神経症、うつ病ではない客観的な情報が量、質、共に十分に取れている人たちよりリアルに怖がる事になりますから楽しめる、という書き方をしました。(注、パニック障害は神経症の中の一つです。)

何故そうかというと、客観的な情報を十分に量、質、共に取れる人たちはホラー映画を見ていても、何処かで、作り物だよ、とか、嘘だよ、というように客観的な情報が覚めさせてしまうからです。

しかし、パニック障害を初め、客観的な情報不足の人たちは、客観的な情報からのストップが掛かりません。

ですから、際限なく怖がれるのです。

 

日常生活もそうです。

客観的な情報がとても不足していますから、日常の判断材料は 主観 になります。

しかし、ストップを掛ける役目をしている客観的な情報が大きく不足していますから、主観が暴走して妄想状態にホラー絵画を見ていない日常生活でも、本来怖くない事を妄想から怖がって生きているのです。

(注、大変辛いと思いますが、一言で言うと、勘違いなのですが。)

パニック障害の人たちはパニック発作を起こしますが、パニック発作を起こさないレベルの人たちも同様です。

例えば、赤面症の人を例にすると、

1 毎日3回も4回も会社で赤面をしているのを上司や同僚や部下は笑いながら見ている。

2 今は会社が黒字経営だから大丈夫だけれども会社の経営が上手く行かなくなったら赤面症の自分が最初にリストラされるに決まっている。

3 リストラされたら、失業保険はお金を納めているから何とかもらえるだろうが、赤面症の自分を雇ってくれる会社は世の中に1社もない。

4 やがて、家族にも見捨てられて、一人ぼっちになって、生活保護を受けようと市役所に行っても赤面症の人に生活保護は出せないと言われて追い返される。

5 最後は、道に倒れていても赤面症だと全ての人に知られているから誰も助けてくれなくて、餓死をして死ぬんだ。

上記の1~5を読まれて極端だと思われた人も多いでしょうが、心理療法ハッピーライフに来られる必須の人生勉強不足の対人緊張症や神経症、うつ病の人たちは、客観的な情報が圧倒的に不足していますから、主観が暴走して妄想状態になるのにストップが全くと言ってよいほど掛かりませんから、このような日常生活も、主観の暴走から酷い妄想になって、ホラー映画を見ているような状態なのです。

 

楽になりたければ、超簡単です。

客観的な情報を十分に取れるようになれれば治ります。

セラピー料金は掛かりますが、入学試験の勉強をした時くらいの真剣で必須の人生勉強を心理療法ハッピーライフで勉強して頂ければ2~3ヶ月でホラー映画のような日常生活ではなくなります。

大丈夫です。

 

 

★2019年1月7日より、無料資料を請求した方(何年も前でも可です)で、普通コース、願望コースを考えられている人に(1回コースは除外)、一時間の無料の質問にお答えをする時間(質疑応答の時間)を設けました。詳しくは2019年1月6日のこのブログをご覧下さい。

 

心理療法ハッピーライフは必須の人生勉強をお教えしている所です。

★心理療法ハッピーライフの有料セラピーに興味のある人に無料資料を郵送(クリックポスト、矢野裕洋の個人名で市販の茶封筒で発送、商品名は無料資料と通常はしますが、ご希望でしたらオークション落札品などに変更可能しています。

希望者は郵便番号、住所、氏名をメール a@happylife.jp 電話090-2233-6654 0898-22-3755出ない時は留守番電話にはっきりとメッセージを残して下さい。ファックス0898-22-3755 手紙(はがき)は〒794-0006愛媛県今治市石井町1-4-96 心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋まで

☆無料資料をご請求して頂いた方は、1時間の無料説明を受ける事が出来ます。ご希望の方は無料資料に入っているカウンセリング用紙を記入して、お電話で1時間の無料説明を申し込まれて下さい。090-2233-6654お電話を頂きましたらこちらから掛け直します。

セラピー料金は1時間6000円です。

1回からセラピーは受ける事が出来ます。 

コメント

ホラー映画と客観視とパニック障害 ホラー映画を鑑賞するには客観視が弱い方が良いけれども、人生は客観視が強くできた方が良い人生になります。

2019年03月27日 | パニック障害

ホラー映画と客観視とパニック障害 ホラー映画を鑑賞するには客観視が弱い方が良いけれども、人生は客観視が強くできた方が良い人生になります。

 

昨日のブログでは、幽霊の正体見たり枯れ尾花とパニック障害を比べて、客観視が十分に出来れば枯れ尾花だと分かるのに客観視が十分に出来ないとずっと幽霊が居ると錯覚をして本当は怖くない状況なのに怖がって生きるのがパニック障害だと書きました。

(注、他の対人緊張症や神経症、うつ病も原理は同じです。)

 

今日は、ホラー映画とパニック障害を比べてみましょう。

正直、私は怖いのは苦手(嫌)ですから、ホラー映画やお化け屋敷などは、見ようとしませんし、入ろうともしません。

しかし、好きな人は、恐怖心を感じる事が快感につながるようです。

 

当たり前ですが、ホラー映画もお化け屋敷も作り物で嘘です。

ホラー映画はドキュメンタリー映画ではなく、嘘っぱちの映画だ、という事は小さな子供でなければ十分に分かっています。

十分に分かっていますが、嘘っぱちだと分かられている事を乗り越えてどれだけ怖がらせるかが製作者たちの腕ですよね。

 

パニック障害の人たちのパニック発作を起こす原因は十分な客観的な情報が多方面から量、質、そろって不足しているのが原因です。

(注、対人緊張症、神経症、うつ病の人たちも基本的に同じです。)

しかし、十分な客観的な情報が多方面から量、質、そろって不足しているパニック障害の人たちの方がホラー映画を鑑賞するには適していますから、ホラー映画を、めちゃくちゃ怖がる事が出来ますから、とても満喫する事が出来るでしょう。

しかし、十分な客観的な情報が多方面から量、質、そろって十分に得られる人たちは、このホラー映画は嘘の作り物で、現実ではない、と、心の何処かで覚めている部分があるのです。

 

さて、さて、ホラー映画をリアルに現実と同様に怖がれるという素晴らしい鑑賞能力をパニック障害の人たちは持っています。

それが乗じて、現実社会でも情報不足から怖くないものを怖がってパニック発作を起こしたりします。

しかし、心理療法ハッピーライフなどでセラピーを受けて、多くのパニック障害ではない客観的な情報を多方面から、量、質、共に十分に得ている人に変ると、以前と比べると、ホラー映画が大幅に楽しくなくなるでしょう。

 

パニック障害の皆さんにお伺いします。

やはり、ホラー映画を楽しめなくなるのはとても嫌ですから、人生で勘違いのパニック発作をしても、今のまま、変わりたくないと思いますか?

そうではなく、ホラー映画は、以前ほどは楽しめなくなっても、現実の人生での勘違いのパニック発作が出ないようにしたいですか?

よろしければ、メール a@happylife.jp 等でどちらを選ぶか等のご感想を頂ければうれしいです。

 

 

★2019年1月7日より、無料資料を請求した方(何年も前でも可です)で、普通コース、願望コースを考えられている人に(1回コースは除外)、一時間の無料の質問にお答えをする時間(質疑応答の時間)を設けました。詳しくは2019年1月6日のこのブログをご覧下さい。

 

心理療法ハッピーライフは必須の人生勉強をお教えしている所です。

★心理療法ハッピーライフの有料セラピーに興味のある人に無料資料を郵送(クリックポスト、矢野裕洋の個人名で市販の茶封筒で発送、商品名は無料資料と通常はしますが、ご希望でしたらオークション落札品などに変更可能しています。

希望者は郵便番号、住所、氏名をメール a@happylife.jp 電話090-2233-6654 0898-22-3755出ない時は留守番電話にはっきりとメッセージを残して下さい。ファックス0898-22-3755 手紙(はがき)は〒794-0006愛媛県今治市石井町1-4-96 心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋まで

☆無料資料をご請求して頂いた方は、1時間の無料説明を受ける事が出来ます。ご希望の方は無料資料に入っているカウンセリング用紙を記入して、お電話で1時間の無料説明を申し込まれて下さい。090-2233-6654お電話を頂きましたらこちらから掛け直します。

セラピー料金は1時間6000円です。

1回からセラピーは受ける事が出来ます。 

コメント

幽霊の正体見たり枯れ尾花 パニック障害の正体を考えて見ましょう。

2019年03月26日 | パニック障害

幽霊の正体見たり枯れ尾花 パニック障害の正体を考えて見ましょう。

 

パニック障害の人は多いです。

しかし、とても重要な事ですが、パニック障害の人は誰でもパニックになる所でパニックになるのではなく、多くの人たちは全く平気なのにパニック障害の人たちだけがパニックになるという症状です。

 

さて、江戸時代の戯作者が、幽霊の正体見たり枯れ尾花、という諺を作ったと言われています。

幽霊の正体見たり枯れ尾花の解説】 「尾花」はススキの穂のことで、幽霊だと思って恐れていたものが、よくたら枯れたススキの穂だったという意味から。 疑心暗鬼で物事を見ると、悪いほうに想像が膨らんで、ありもしないことに恐れるようになるということ。インターネット内の故事ことわざ辞典より

 

この話を使ってパニック障害の人を考えて見ましょう。

幽霊の正体見たり枯れ尾花、の解説では「幽霊だと思って恐れていたものが、よくたら枯れたススキの穂だった」と書いていますが、よく見る事の出来る人はそれで良いでしょうが、よく見る事の出来ない人はどうなるのでしょうか?

周りのほとんどの人たちはよく見る事ができますから、よく見たら、枯れたススキの穂だ、と分かればパニックになる事は全くないでしょうが、

中には、よく見る能力のない人も居そうです。

すると、よく見る能力のない人は、周りの人たちは安心しているのに、一人だけパニックになっている、パニック発作を起こしている、ように思えませんか?

 

実は、パニック障害の本当の原因はこの事なのです。

心の情報の取り方、多方面からの客観視が十分に出来ない人は、上記の、よく見る事が出来ない人と同じなのです。

ですから、パニック障害の人は周りの全ての人たちが安心しているのに、一人だけパニック発作を起こすのです。

 

この話の中に根本からパニック障害をなくす方法がありますよね。

薬を飲んだりして、一時的に落ち着いても、本当にパニック障害をなくしたいのでしたら、他のパニック障害にならない多くの人たちと同様に心の多方面からの客観視が出来るようになる事ですよね。

 

パニック障害にならない多くの人たちと同様に心の多方面からの客観視が出来るようになる事に興味がある人は、ぜひ、無料資料をご請求して下さい。

無料資料の請求方法は下記に書いています。

 

★2019年1月7日より、無料資料を請求した方(何年も前でも可です)で、普通コース、願望コースを考えられている人に(1回コースは除外)、一時間の無料の質問にお答えをする時間(質疑応答の時間)を設けました。詳しくは2019年1月6日のこのブログをご覧下さい。

 

心理療法ハッピーライフは必須の人生勉強をお教えしている所です。

★心理療法ハッピーライフの有料セラピーに興味のある人に無料資料を郵送(クリックポスト、矢野裕洋の個人名で市販の茶封筒で発送、商品名は無料資料と通常はしますが、ご希望でしたらオークション落札品などに変更可能しています。

希望者は郵便番号、住所、氏名をメール a@happylife.jp 電話090-2233-6654 0898-22-3755出ない時は留守番電話にはっきりとメッセージを残して下さい。ファックス0898-22-3755 手紙(はがき)は〒794-0006愛媛県今治市石井町1-4-96 心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋まで

☆無料資料をご請求して頂いた方は、1時間の無料説明を受ける事が出来ます。ご希望の方は無料資料に入っているカウンセリング用紙を記入して、お電話で1時間の無料説明を申し込まれて下さい。090-2233-6654お電話を頂きましたらこちらから掛け直します。

セラピー料金は1時間6000円です。

1回からセラピーは受ける事が出来ます。 

コメント

パニック障害とお化け屋敷の共通点は情報不足

2019年03月10日 | パニック障害

パニック障害とお化け屋敷の共通点は情報不足

 

パニック障害の人達に、

「必須の人生勉強が十分出来ている人達はパニックになってもおかしくない状態になってもパニックにはなりません。」

というお話をすると、パニック障害の人達はパニックになるのが当たり前と考えていますからびっくりします。

何故、必須の人生勉強が十分出来ている人達はパニックになってもおかしくない状態になってもパニックにならないのかというと、パニック状態になっても良い事は何もないからです。

逆にパニックにならないで平常心を保っている方が助かる可能性が有るからです。

例えば、飛行機に乗っていてトラブル状態になっても、皆さん冷静だったとかという話を見聞きした事があると思います。

パニックになっても良い事は何もないからです。

逆にパニックになったら、飛行機が何とかトラブルを回避して緊急着陸したけれども、まだ、安全とは言えない状態の時、パニックになっていては速やかな脱出が出来ないでしょう。

 

さて、今日の題名の、パニック障害とお化け屋敷の共通点は情報不足、のお話ですが、

人間が怖がる状況は大きく分けると二つあります。

一つは危機だという情報が来ている時。

もう一つは危機だという情報は全くないのに情報自体が少ない時です。

何故、お化け屋敷を怖がるかと言うと、最大の理由は、中を真っ暗にしているからです。

人間は目から40%~60%くらいの情報を取っているそうです。

そのほぼ半分の情報が真っ暗になると遮断されて情報が来なくなるからです。

その証拠に明るいお化け屋敷を皆さん知らないでしょう。

 

パニック障害も情報不足から強い恐怖心を感じてパニック状態になるのです。

パニック障害でない十分な客観的な情報を得ている人達も日々の中で「怖い」と思ったり感じたりします。

しかし、客観的な情報を十分に得ているから、この「怖い」という感情を明確化したりして整理します。

パニック障害の人達は客観的な情報を十分に得られない情報不足の状態に居ますから、

「怖い」と感じたり思ったりしても客観的な情報を使って明確化等の整理が出来ません。

そして、「怖い」と感じている、思っている主観が暴走して妄想状態になっているのがパニック障害の人達です。

 

もちろん、パニック障害の人達は頭が悪いわけではありません。

知能が低いわけでもありません。

必須の人生勉強が十分に出来ていないから客観的な情報不足になっているだけの人達です。

だから、必須の人生勉強をして十分に客観的な情報を得られるようになれば、もうパニックになる事はなくなります。

お化け屋敷の中から外に出たら手の平を返すように怖くなくなるのと同じようにです。 

 

★2019年1月7日より、無料資料を請求した方(何年も前でも可です)で、普通コース、願望コースを考えられている人に(1回コースは除外)、一時間の無料の質問にお答えをする時間(質疑応答の時間)を設けました。詳しくは2019年1月6日のこのブログをご覧下さい。

 

心理療法ハッピーライフは必須の人生勉強をお教えしている所です。

★心理療法ハッピーライフの有料セラピーに興味のある人に無料資料を郵送(クリックポスト、矢野裕洋の個人名で市販の茶封筒で発送)しています。

希望者は郵便番号、住所、氏名をメール a@happylife.jp 電話090-2233-6654 0898-22-3755出ない時は留守番電話にはっきりとメッセージを残して下さい。ファックス0898-22-3755 手紙(はがき)は〒794-0006愛媛県今治市石井町1-4-96 心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋まで

☆無料資料をご請求して頂いた方は、1時間の無料説明を受ける事が出来ます。ご希望の方は無料資料に入っているカウンセリング用紙を記入して、お電話で1時間の無料説明を申し込まれて下さい。090-2233-6654お電話を頂きましたらこちらから掛け直します。

セラピー料金は1時間6000円です。

1回からセラピーは受ける事が出来ます。 

コメント

パニック障害の原因はもちろん必須の人生勉強不足ですが、主観が暴走して妄想状態になってパニック発作を起こしています。

2019年01月27日 | パニック障害

パニック障害の原因はもちろん必須の人生勉強不足ですが、主観が暴走して妄想状態になってパニック発作を起こしています。

 

以前も書きましたが、10年位前までは電話やスカイプでのセラピーは行っていませんでしたから、東京、大阪、北海道、九州、沖縄など遠方から多くの方をお迎えしていました。

そのクライエントさんの中に、パニック障害で新幹線や飛行機が怖いけれども、治したいから無理をして新幹線や飛行機に乗っていらっしゃった方々が多くいます。

当然、セラピーの中で最も気になる事は帰りの新幹線や飛行機の中でパニック発作を起こすのではないかという不安です。

題名にも書きましたが、他の対人緊張症、神経症、うつ病も明確化をしたら同じようなものですが、主観が暴走して妄想状態になって強い恐怖心を感じて症状を出します。

ですから、主観がどのように暴走しているのかを客観的に一緒に考えて主観が暴走しなくなれば、他のとても多くの人たちは新幹線や飛行機に乗客として平気に乗っているのですからパニック障害の人も平気で乗れるようになります。

パニック障害の人も他の平気で新幹線や飛行機に乗る人も同じ人間ですから。

パニック障害の人たちは、身体的には何の異常もありません。

古い言い方ですが、「二人は、普通に恋をして、普通に結婚しました。しかし、一つだけ違っていた事は、奥様は魔女だったのです。」というフレーズで言うと、

「パニック障害の人もパニック障害ではない人も体的には何も変わりません。しかし、一つだけ違っていた事は、パニック障害の人は必須の人生勉強が十分にできていないのです。だから主観の暴走に客観的なストップが掛けられなくて、同じ世界に生きているのに、妄想状態からの間違っている強い恐怖心でパニックを起こすのです。」

こんな感じでしょうか?

ですから、帰りの新幹線や飛行機を私と一緒に客観視を徹底的にしたら、怖くなく自宅に帰れるようになります。

何故ならば、それが、本当の事、新幹線や飛行機を怖がらない事が真実、と言って良いでしょう。

私と一緒に客観視をすると、パニック障害の人たちは、皆さん、主観の暴走が止まります。

ですから、私がパニック障害の人の傍らにずっと付いていれば大丈夫になりますが、

ずっと私がクライエントさんの傍らに居られるわけがありませんから、自分自身で必須の人生勉強の中の特に客観の勉強等を積んで、自分自身で主観の暴走にストップを掛けられるようになって頂きます。

自分自身で主観の暴走にストップが掛けられるようになったら、パニック障害が治った、という事になります。

 

★2019年1月7日より、無料資料を請求した方(何年も前でも可です)で、普通コース、願望コースを考えられている人に(1回コースは除外)、一時間の無料の質問にお答えをする時間(質疑応答の時間)を設けました。詳しくは2019年1月6日のこのブログをご覧下さい。

 

★心理療法ハッピーライフの有料セラピーに興味のある人に無料資料を郵送しています。

希望者は郵便番号、住所、氏名をメール a@happylife.jp 電話090-2233-6654 0898-22-3755出ない時は留守番電話にはっきりとメッセージを残して下さい。ファックス0898-22-3755 手紙(はがき)は〒794-0006愛媛県今治市石井町1-4-96 心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋まで

☆無料資料をご請求して頂いた方は、1時間の無料説明を受ける事が出来ます。ご希望の方は無料資料に入っているカウンセリング用紙を記入して、お電話で1時間の無料説明を申し込まれて下さい。090-2233-6654お電話を頂きましたらこちらから掛け直します。

セラピー料金は1時間6000円です。

コメント

パニック障害になる人とならない人の違い。パニック発作というパンドラの箱を開けた後の明確化の差。

2019年01月12日 | パニック障害

パニック障害になる人とならない人の違い。パニック発作というパンドラの箱を開けた後の明確化の差。

 

最初に、パニック障害の原因は必須の人生勉強不足から、客観的な情報不足や妥当な未来予測の能力や明確化の能力不足から、安全か危機か の状況判断が十分に出来なくて、周りの人たちは安全だと認識しているのに、勘違いの強い恐怖心が発生してパニックを起こします。

ですから、必須の人生勉強(生きるのに必ず必要な人生勉強)が良とてもく出来ている人たちは、逆に、本当の危機の状況になっても、パニック発作にはなりません。

なぜ、本当の危機なのにパニック発作が出ないかと言うと、考えてみたら当たり前ですが、本当の危機の時にパニック発作になっても悪い事はあっても良い事はない、パニック発作を起こさない方が生き延びられる可能性が高いからです。

例えば、昔見たドラマか映画の中で、数人の男女がエレベーターに閉じ込められるというシーンがありました。数人の中には、エレベーターに閉じ込められた事でパニック発作になった人もいましたが、閉じ込められたエレベーターの中でパニック発作になられても良い事は何もありません。逆に、パニックにならない人たちが、どうしたらこのエレベーターから脱出できるかを考えているのに、パニック発作を起こしている人の世話を追加でしなくてはいけなくなるのです。

ですから、もう一度書きますが、必須の人生勉強(生きるのに必ず必要な人生勉強)が良く出来ている人たちは、本当に危機の状況になっても、パニック発作にはなりません。

問題は、必須の人生勉強が十分に出来ていないけれども、今までの人生を何とかやりくりして来た(精神科、神経しか、心療内科に患者として行く必要がなかった)、必須の人生勉強がギリギリ出来ているような人たちです。

このギリギリ必須の人生勉強が出来ている人たちの中で、おそらく半数くらいの幸運な人たちは、一生、パニック発作にならないと思われます。

しかし、残り半数くらいの人たちはパニック発作になる可能性があります。

もちろん要因や原因はあります。

とても疲れていたり、酷い寝不足だったり、大きな悩み事があったりするとギリギリ何とかパニック発作を起こさないように処理してきた事が出来なくなり、多くの人たちは安全だと認識している所で勘違いの強い恐怖を感じてパニック発作を起こす可能性が高まります。

また、上記しましたエレベーターの話のように、必須の人生勉強が良く出来ている人たちは困った状況になったけれどもパニック発作を起こすような恐怖の状況ではないと認識しますが、ギリギリ必須の人生勉強が出来ている人たちは環境に負荷が掛かったらパニック発作を起こす可能性が高まります。

体調や環境に負荷が掛かってパニック発作を起こしてしまった人たち(通常は要因や原因が複数重なっている)が、また、二つのグループに分かれます。

一つ目のグループは、起こしてしまったパニック発作をしっかりと明確化をして、あの状況は怖いと認識する状況ではなかったと深く反省して理解する人たちです。このグループの人たちは、いわゆる、医師が病気だと言っているパニック障害にはなりません。ほとんどの人たちは精神科や心療内科に通う事もないでしょう。

もう一つのグループは、起きてしまったパニック発作の明確化などをほとんどしないで、次に、再び、パニック発作が起きたら怖いと恐れる事に焦点を当てている人たちです。このグループの人たちは、まず、例外なく、今まで大丈夫だった事を怖がり始めたりします。具体的には、一人になるのが怖い、外出するのが怖い、電車や車に乗るのが怖い、眠るのが怖い、等々です。

この二つのグループの違いは、パニック発作を起こしてしまったという事は共通ですが、最初のグループの人たちはパニック発作を起こした自分は勘違いをしていたので、本来、ギリギリですが、自分の平常心を持ち続けていたらパニック発作は起こさなかったはずだ。だから、次に、似たような状況になっても、パニック発作を起こした理由が十二分に分かったから起こさないと思考しているのですが、二つ目のグループの人たちは、自分で起こしたパニック発作の検証をしないで、再び、パニック発作が起こる事を強く恐れて、「ああなったら怖い、こうなったら怖い」と主観が暴走し始めて、今までは恐れていなかった状況や事柄を強く恐れるようになって日常生活が出来なくなったりします。

どちらにしてもご安心下さい。

パニック発作やパニック障害の原因は必須の人生勉強不足ですから、心理療法ハッピーライフで、必須の人生勉強をしっかりと勉強して、多方面からの客観視などを強化したら、一生、パニックにならない、必須の人生勉強が良く出来ている人になれますから。

ご安心して下さい。

ただし、パニック発作やパニック障害を病気だと思っていたら、薬で安心したり、開き直りや気をそらす等でコントロールは出来ても、一生、パニックの事を忘れられる出口にはたどり着けないですよ。

 

★2019年1月7日より、無料資料を請求した方(何年も前でも可です)で、普通コース、願望コースを考えられている人に(1回コースは除外)、一時間の無料の質問にお答えをする時間(質疑応答の時間)を設けました。詳しくは2019年1月6日のこのブログをご覧下さい。

 

★心理療法ハッピーライフの有料セラピーに興味のある人に無料資料を郵送しています。

希望者は郵便番号、住所、氏名をメール a@happylife.jp 電話090-2233-6654 0898-22-3755出ない時は留守番電話にはっきりとメッセージを残して下さい。ファックス0898-22-3755 手紙(はがき)は〒794-0006愛媛県今治市石井町1-4-96 心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋まで

☆無料資料をご請求して頂いた方は、1時間の無料説明を受ける事が出来ます。ご希望の方は無料資料に入っているカウンセリング用紙を記入して、お電話で1時間の無料説明を申し込まれて下さい。090-2233-6654お電話を頂きましたらこちらから掛け直します。

セラピー料金は1時間6000円です。

コメント

ジャニーズ事務所に所属するアイドル2人が「パニック障害」であることを相次いで公表。パニック障害は認知の歪みが原因です。ぜひ、数ヶ月で治る心理療法ハッピーライフのブログを教えて下さい。

2018年11月29日 | パニック障害

ジャニーズ事務所に所属するアイドル2人が「パニック障害」であることを相次いで公表。ニュースで見ました。パニック障害は必須の人生勉強不足から来ている認知の歪みが原因です。ぜひ、数ヶ月で治る心理療法ハッピーライフのブログを教えて下さい。

 

先ほど、yahooニュースで、ジャニーズ事務所に所属するアイドル2人が「パニック障害」であることを相次いで公表し、療養のため活動を休止した。

というニュースを見ました。

昨日からこのブログのパニック障害の過去のブログが異常に多く見られている原因が分かりました。

 

よろしかったら、このお二人に、この私のブログの存在も教えて上げて下さい。

パニック障害の人たちは、多くのパニック障害ではない人たちと同じ世界、同じ場所、同じ環境に居るのにパニックになる、パニックになりそうで怖い等で日常生活に影響が出ますが、

パニック障害ではない人たちと、同じ世界、同じ場所、同じ環境に居るのですから、パニック障害ではない人たちと同じような感じ方、同じような考え方になれれば、綺麗さっぱりと、治ります。

例えば、『死ぬのが怖い』というパニック障害(注、医師の診断ではパニックに重きを置けばパニック障害で、不安に重きを置けば不安神経症になったりします)の人も居ます。

『仕事や日常生活が忙しい時は、死ぬ事を、忘れているのだけれども、眠る時とかに、ふと、いつか自分は死ぬんだ、と思ってしまうと怖くて怖くてパニックになってしまう、これは小さな子供の頃からずっと続いている』

等の人たちが居ますが、いつか死ぬのはパニック障害でない人もパニック障害の人も同じ、同じ環境に居るのです。

『死ぬのが怖い』という人に一番良い問題解決の方法は、死なない人、になってもらえば一番良いのでしょうが、それは無理です。

では、どうするのかというと、不安の処理だとか、恐怖の明確化などの必須の人生勉強が十分に出来ていないから日常生活に支障が出るほどの、パニックになる(パニックになりそうになる)ほどの恐怖になるのです。

てすから、心理療法ハッピーライフでは、計画的に、カリキュラム的に必要な必須の人生勉強をして頂き、多くのパニック障害ではない人たちと同じような感じ方、同じような考え方になって頂く事で、結果、パニック障害がなくなる(治る)という事をしています。

医師の投薬治療や長期休養では上手く行っても落ち着くだけで、多くのパニック障害ではない人たちと同じような感じ方、同じような考え方にはなれませんから、とても高確率で再発します。

問題は原因から解決しなければ本当の解決にはなりません。

心理療法ハッピーライフのセラピーは独自の教科書を使ってセラピーをしますから、電話(携帯電話、固定電話)やスカイプで受けられます。

スカイプでは海外の人もお受けしています。

今回のニュースでは、ジャニーズの二人は休業するそうですが、心理療法ハッピーライフの電話やスカイプのセラピーでは通院は不要で仕事を続けながら、空いた時間で、セラピーを受ける事ができます。

ですから、休業などしないで、会社や学校に内緒で治す事ができます。

パニック障害の場合は、しっかり必須の人生勉強を勉強して頂ければ、一週間に一度のセラピー(1時間~1時間半)で、1~2ヶ月くらいでパニック障害はほぼ収まります。(症状だけですと、もっと早く収まる人もいます。)

そして、原因の感じ方、考え方の修正まではまだ数ヶ月は掛かりますが、根本から楽になります。

 

よろしければ、ジャニーズのお二人に、必須の人生勉強をして、認知の歪み(多くの人たちと感じ方、考え方が違っている)を修正して、根本から数ヶ月で治す方法がある事を教えて欲しいです。

また、医師の投薬治療と平行して治療をする事もできます。大丈夫です。

ジャニーズのお二人以外の人も、会社や学校に知られないで数ヶ月でパニック障害は治せますから、ジャニーズの人のように、一生の病気、などと勘違いをしないで下さい。

おそらく、パニック障害は一生の病気、と思っている人たちの原因は、医師の投薬治療やカウンセラーなどの開き直りや言い聞かせ、気をそらす等の治療しかしていないからで、原因の認知の歪み(多くの人たちと感じ方、考え方が違っている)を修正したらとても簡単に、早く、そして、綺麗さっぱり治ります。

大丈夫です。 

コメント

或るクライエントさんからのメールを本人の好意的なお申し出を頂きましたのでそのまま載せます。本来、クライエントさんの声は、私は、嘘を書いている所を見た事もありますから、逆に載せたくない、内容で判断して

2018年10月16日 | パニック障害

或るクライエントさんからのメールを本人の好意的なお申し出を頂きましたのでそのまま載せます。本来、クライエントさんの声は、私は、嘘を書いている所を見た事もありますから、逆に載せたくない、内容で判断して欲しいという気持ちです。

 

たまに、

「クライエントさんの声を載せていないですね。」とか

「クライエントさんの声を探しましたが見当たりません。」

「クライエントさんの声をぜひ読みたい。」

という事を言われますが、私は、嘘のクライエントさんの声を張り出している所を知っています。

当時、10回13万円の料金を取る東京の或る心理療法でしたが、申し込んだ人に強制的に目の前で「クライエントさんの声」を書かせるのです。そして、大きく張り出しているのですが、もちろん、張り出すのは都合の良いものだけで、中には、そこの経営者が筆跡を真似て書き直して掲示しているものもありました。

お客様の声(クライエントさんの声)を読みたいというクライエントさんの気持ちも分かりますし、

広告としてとてもインパクトが強いという事も、当然、私も知っていますが、実際に嘘を書いている所を見ましたし、ちゃんとしている所の方が多いでしょうが、中には、延々と「良かった」「良かった」と言うお客様の声だらけの広告などを見ると、私は、嘘だろうと思えて来ます。

という理由で、私は、クライエントさんの声を載せたくない、内容で判断して欲しい、と思っています。

ちなみに、良くなられたクライエントさんが最も私に言う言葉は、

「もっと早く心理療法ハッピーライフのセラピーを受ければ良かった」

という言葉です。

 

下記のメールを頂いた方は、10月2日のブログ 題名 普通コースのクライエントさんからのメールの言葉です。 

今では当たり前のように電車に乗ってますが、今日も電車に乗っていたら、ふと、『そういえば電車に乗るとパニックになっていたなぁ』と思い出しました。今思うと『あれの何が病気なんだか』と思えますよ(笑)。

のブログと同じクライエントさんです。

ありがたいお言葉を頂きましたので、私のブログとしては、例外的に、有り難く、再度、掲載させて頂く事にしました。

お心遣いを頂きまして、本当に、ありがとうございます。

 

お疲れ様です。

フレーズ。いくらでも遠慮なく矢野先生のブログにお使いください。

昨日も通勤ラッシュ時に電車に乗ったんですが、パニックには程遠い状況でしたし、怖いとか不安とかの感情は頭をよぎりませんでしたよ(笑)。

矢野先生のブログにもありますように、パニックなどになるのは自分で自分を怖がらせている思考がそうさせているだけであって、ウイルスなどで感染する訳でもなく、電車に乗ると即病気になるなんてことも有り得ませんし、パニックになる電車も存在しませんしね(笑)。

 

心理療法ハッピーライフ  ご案内  セラピーの申し込み方

☆無料相談 

電話 15分まで新規の方無料(15分を超して相談を続けたい方、2回目の相談の方は6000円のセラピー料金が掛かります。)0898-22-3755 090-2233-6654 電話に出ない場合はなるべくメッセージを残して下さい。匿名可。言って頂ければこちらから掛け直します(掛け放題の契約をしています)。

メール a@happylife.jp 随時メールで質問等をして来て下さい。匿名可。

心理療法の種類    認知行動療法 人生勉強療法 

(多くの人たちと同じような考え方、同じような感じ方になって頂くお手伝いをする事で、対人緊張症、神経症、うつ病などを治し、、ポジティブになる、不登校など多くの人が出来る事を出来るようになる等を実現させます。) 

☆    効果 ほとんどの人が早く心理療法ハッピーライフのセラピーを始めれば良かったのにとおっしゃっています。

(論理的に、科学的に考えて頂ければお分かり頂けると思いますが、対人緊張症、神経症、うつ病の人たちは多くの人たちが怖がらない事を怖がっているのですから多くの人たちと同じような考え方、同じような感じ方になって頂ければ治ります。ポジティブになりたい人は多くの人たちの中でも必須の人生勉強が良く出来る人たちになれば人生が大きく良い方向に変わります。不登校の子も多くの子が学校に行けているのですから多くの子と同じような考え方や感じ方になれれば学校に行く事が出来るようになります。 

☆    料金 1回(60分~90分)6000円 セラピーを申し込む前に6000円を振り込んで下さい。

(ゆうちょ銀行にセラピーを申し込む前に6000円を振り込んで下さい。ゆうちょ銀行同士は、記号16110 番号18486591 名義 矢野裕洋(ヤノヤスヒロ) ゆうちょ銀行以外からは、店名六一八 店番618 普通預金 口座番号1848659) 

☆    セラピーの受け方 固定電話、携帯電話、スカイプ、来訪から選んで頂きます。効果は変わりません。電話料金はこちらから掛けますから無料です。 

☆    申し込み方 

料金6000円を振り込みましたら、電話かメールで予約日時を決めますから電話かメールを下さい。電話の場合、留守番電話になりましたら必ずメッセージを残して下さい。こちらから掛け直しますので。 

☆    すぐにセラピーを受けたい方 すぐにセラピーを受けたい方は料金を振り込み後、すぐにお電話を下さい。私が空いていましたらすぐにセラピーを始めます。(空いていなかった場合は最も早い日時でお受けします。)

☆    問い合わせ 簡単な問い合わせはメールでお受けしますからメールを下さい。 

☆    効果が出ないだろうと思われる場合はご返金します。統合失調症や精神的な問題ではなく内科的な問題が疑われる等の場合は医師に行って頂き、診断結果によってはご返金を致します。 

☆    他のコース 普通コース(独自の教科書を使って対人緊張症、神経症、うつ病を治すまで責任を持ってご指導します。)願望達成コース(独自の教科書を使って願望が達成できるまで責任を持ってご指導します。)の二つのコースがありますが、全ての人は、ます、1回コースを申し込んで下さい。 

☆経歴 代表の矢野裕洋は、東京で雇われのセラピストの後、心理療法ハッピーライフを19988月に愛媛県松山市にて開業しまして現在に至ります。開業21年目です。

 ☆    営業時間 午前9時~午後9時 土日祭日も営業しておりますが、不定期の休日を設けています。 

☆    住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス。スカイプ名、ブログ、ホームページ、ユーチューブ、ツィッター 

794-0006愛媛県今治市石井町1-4-96 心理療法ハッピーライフ 代表セラピスト 矢野裕洋

携帯電話090-2233-6654

固定電話0898-22-3755

ファックス0898-22-3755

メールアドレス a@happylife.jp

スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ブログ https://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959 3000話以上記載。

ホームページ http://www.happylife.jp/

ユーチューブ ユーチューブ内の検索で 矢野裕洋 と打ち込んで頂くと8本

ツィッター https://twitter.com/yasuhiroy  

☆2018年6月より LINE トークCARE のセラピストをしています。

コメント

パニック障害を第三者の目で観察してみましょう。対人緊張症、神経症、うつ病の人に役立つと思います。

2018年02月12日 | パニック障害

パニック障害を第三者の目で観察してみましょう。対人緊張症、神経症、うつ病の人に役立つと思います。

 

パニック障害で比較的に多い症状は新幹線のような電車でドアが閉まると

「閉じ込められた」「もう出られない」

という誤認知(認知の歪み)が発生してパニック発作を起こす症例です。

 

さて、第三者の目から見てみましょう。

新幹線のような電車が発車前にドアを閉めます。

ドアを閉めるという事を多方面から考えて見ましょう。

一番目はパニック障害の人の発想ののように「閉じ込められた」という見方がありますね。

他には、ドアが開いたまま高速運転をすると乗客に危険が及ぶ可能性がありますから「乗客を守る」という見方もありますね。

他には、「発車しますからもう乗れません」という事を教えているという見方もありますね。

他にも色々あるでしょうが、小さな子供が、

「パパ、電車のドアは何故閉まるの?」

と聞かれたパパはどう答えますかね。

パニック障害ではないパパは「乗客を守る為」と答えると思うのです。

 

お分かりいただけましたか?

心の視野、、認識の視野が狭いからパニック障害になっています。

必須の人生勉強をして心の視野、認識の視野を広げればパニック障害は治ります。

 

小さな子供に電車のドアが閉まるのは「閉じ込める為、もう出られない」というパパに育てられた子供の将来が大いに心配ですよね。

 

☆無料資料の請求方法など

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)



★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※注意、郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、振り込み時に、「メッセージを送付する はい いいえ」と画面に出ますが、「いいえ」を選択して下さい。「はい」を選択すると100円ゆうちょ銀行に取られてしまいますし、メッセージを書かなくても誰からの振り込みか名前が通帳に記帳されますからメッセージは不要です。

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は一月に3回まで0円、4回目から123円掛かる事になりましたので、4回目、5回目の振込金額は6000円のセラピー料金から123円を引いた5877円を振り込んで下さい。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

コメント

パニック障害は何故起こるのか? 勘違いから来ている自作自演の症状。小さな子供と同じようなシステムです。

2016年09月03日 | パニック障害
パニック障害は何故起こるのか? どうしたらパニック障害は治るのか? 勘違いから来ている自作自演の症状。小さな子供と同じようなシステムです。


心理療法ハッピーライフの無料資料の中に、

『人はパソコンによく似ている、パソコンの故障には機械の故障とソフトの故障がある、人も同じようなもの、対人緊張症や神経症、鬱病などの認知の歪みが原因のトラブルはソフト(心)の問題で体の問題ではない、何故ならば、心理療法などで心を整理したり客観視の能力等を向上させたら精神科や心療内科に行く必要が実際に無くなっている(治っている)』

という内容の書類があります。

更に具体的に言うと、パソコンが故障した時、必ずウインドウ10なのかウインドウ8なのか?、バージョンはいくつか? 聞かれます。

しかし、精神科や心療内科、神経科では人生勉強の上達度など全く考慮していません。

知能(知恵遅れ)に問題がある人は考慮しますが、知能に問題がなければ、皆、人生勉強のレベルは同じと考えているから、体の病気だろうと結論付けているのです。

ここが大間違いなのです。

同じく、心理療法ハッピーライフの無料資料の中に、『新入社員のA君B君の話』という書類があります。

内容は、

『同じ大学を卒業した同じ年齢のA君とB君が同じ会社に新卒で就職をして、一緒に研修を受けて、同じ部署に配属されて、任された仕事を一緒にして大失敗をして、一緒に部長に怒られたら、A君は必要な人生勉強が出来ていないから怖くて怖くてもう会社に来られなくなりましたが、B君は人生勉強が十分に出来ていますから翌日以降も何の事もなく出社し続ける』

というような内容です。

お分かり頂けると思いますが、A君は大学を卒業しているのですから知能(知恵遅れ)の問題は全くありません。

しかし、自分や自分の周りを客観視する能力や不安の処理の仕方等を得る為の人生勉強が出来ていないから、B君を含めて多くの人たちが嫌だけれども怖いとは認識しない事柄を勘違いで強い恐怖として感じるのです。

しかし、医師は知能(知恵遅れ)に関してはチェックをしますが、このような自分や自分の周りを客観視する能力差や不安の処理の能力差などは全く考慮していません。

ですから、大間違いですが、体(脳)の病気だろうという結論に達しているのです。

その証拠に、新入社員のA君がB君と同じように自分や自分の周りを客観視する能力や、不安の処理をする能力を身に付けたらB君と同じに出社し続ける事が出来るようになるでしょう。


さて、パニック障害は何故起こっているのか?

どうしたら治るのか?



という事ですが、上記している通り、パニック障害の人に知能(知恵遅れ)の問題はありません。

また、パニック障害を訴えても通常の人間ドックのような検診では体の異常はありません。

パニック障害の人は、必要な人生勉強が出来ていないから、学校に例えると通信簿の人生勉強の項目が1ですから、他の人たちは怖くないという情報を十分に得られているから、ちんぷんかんぷん の状態なのです。

例えば、新幹線のような電車の中に居てもリラックスしているのですが、パニック障害の人は

『ドアが閉まった』⇒『閉じ込められた』

『窓が空かない』⇒『酸欠状態で呼吸が苦しい』

等になっているのです。

ところで、パニック障害の人は、小さな子供が、大人から見たら怖くない事を、『怖い、怖い』と怖がっているのに似ていませんか?

そうなんです。

パニック障害の人たちは知能に問題はありませんが、自分や自分の周りを客観的に見る能力や不安の処理の能力が子供の頃と同じとは言いませんが、子供に近いのです。

ですから、ちいさな子供のように、大人は全く怖くない事を『怖い、怖い』と大人のくせに怖がるのです。

では、どうしたら治るか?

医師の薬や開き直り、言い聞かせ、気をそらす、逃げる、等はその場しのぎで本当の解決にはなりません。

必要な人生勉強をして、他の多くのパニック障害ではない人たちと同じように、多くの大人の人たちが怖くないと感じているものは怖くないと感じられるようになれば原因から問題解決という事になります。


個別の話は無料セラピーの中で詳しくお話をします。


心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋 



★☆★☆★☆心理療法ハッピーライフの無料資料の請求方法、無料セラピー(1時間無料)の受講方法、連絡先など


★更に詳しくは 心理療法ハッピーライフ ホームページ http://www.happylife/jp をご覧ください。


★心理療法ハッピーライフの専門分野はうつ病、神経症、対人緊張症、トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格の改善、ポジティブになる等です。

料金は一回1時間6000円です(超過料金は一切頂いていません)。

独自の教科書を使ってのセラピーですからお電話やスカイプでも来訪されるのと同じ効果があります。

ですから、遠方の方もご安心ください。

有料セラピーのコースは普通コースと3回プラスアルファーコースの二つがあります。

根本的な考え方、感じ方から修正して対人緊張症や神経症、鬱病等をコース中に治して、更に生まれて来て良かったと自分自身が思える所までを目指す普通コースと、

明確化(客観的にはっきりさせる)したら全く怖い事ではないという人生勉強をして対人緊張症や神経症、鬱病等の症状を抑えて、日常生活でとりあえず困らなくなる事を目指す3回プラスアルファーコースの二つです。

☆具体的には、

うつ病(外因性のうつ病の方は前もってお電話でご相談をお願いします。他のうつ病は全てOKです。)

 神経症(パニック障害、広場恐怖症、摂食障害、精神性の過敏性腸症候群、諸々の恐怖症、摂食障害、自律神経失調症、心臓神経症、不安神経症、不定愁訴など、諸々の不安症等)

対人緊張症(対人恐怖症、社交不安障害、社会不安障害、SAD、赤面症、どもり、多汗、緊張による手足の震えやチック、等々)でお困りの方へ。

トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格など。

ポジティブになるに関しては、友達が出来ない、恋人が出来ない、仕事、勉強が出来ない、人より自分は劣っていると思う等の劣等感、願望達成、心美人、心美男になりたい等、認知の歪みが原因にあるものは認知の歪みを修正する事で人生を好転させる事が出来ます。


★心理療法ハッピーライフの無料資料の請求方法
 

心理療法ハッピーライフ(認知行動療法、人生勉強療法)の無料資料は、1時間の無料セラピーを受ける為に必ず必要です。


☆無料資料の請求方法

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は0円、無料です。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

尚、家族の無料セラピー(1時間)と本人の無料セラピー(1時間)を共に日を改めて受けられます。

★クライエントさん、クライエントさんの家族などの個人情報は当然ですが秘密厳守いたします。
コメント

パニック障害は病気ではありません。原因は勘違いです。客観的な情報が十分に得られていないから判断を間違って

2016年08月17日 | パニック障害
パニック障害は病気ではありません。原因は勘違いです。客観的な情報が十分に得られていないから判断を間違っている状態です。ですから、症状ではなく現象です。


よくあるパニック障害の症状(正しくは病気ではありませんから現象)に、新幹線のような電車に乗って、ドアが閉まるとパニックになるというものがあります。

パニック症の人たちは、何度も同じ症状(正しくは病気ではありませんから現象)を体験していますから太陽が東から昇って西に沈むのと同じように絶対的な真理のように思っていますが、全く違います。

絶対的に真理ではなく、自分自身が毎回起こしている、自作自演が本当の姿です。


では、なぜ、自作自演をしているのかと言うと、客観的な情報が十分に得られないから主観中心になって間違った強い恐怖心を感じているからです。

具体的には、ドアが閉まったら閉じ込められた、もう出られないというような考えをするのですが、だれがあなたを閉じ込めたのでしょうか?

だれもあなたを閉じ込めてはいません。

ドアが閉まるのは電車の中の人たちを守るためで、次の停車駅になると必ずドアは開きます。


客観的な情報の得方の一つに「明確化」があります。

宜しければ、ドアが閉まったら怖い理由を箇条書きで紙に書いてみましょう。

すると、出られない、という事を皆さんはよく書きますが、安全の為に確かに出られないように新幹線のドアは閉まったのですが、次の駅に着けば必ず開きます。

出られないという事はあなたが新幹線で移動をする事を望んだのですから、望んでいないのでしたら新幹線にあなたは乗っていないでしょうから、あなたが了承している事てす。

そして、出られなかったら何が怖いのでしょうか?

出られなかったら、自由が少々束縛されますから(しかし、自分で納得して新幹線に乗ったはずですが)しいて言えば、嫌ですが、怖い事は何もないはずです。

他に、自分のパニックを起こしている姿を人に見られたら怖いという事を次によく書かれますが、これは勘違いの恐怖心から起こしている自作自演です。

勘違いをなくせば良いのです。

三つ目に多いのは酸欠状態になるという事ですが、周りの人や車掌さんや売り子のお姉さんは酸欠になって苦しそうですか?

ぜんぜん苦しくないようですね。

しかし、自分は苦しいという人も多くいますが、それは勘違いの恐怖心から来ている自作自演です。

また、過去に何人、新幹線の中で酸欠になって死んだ人がいますか?

誰も居ません。

0人です。


パニック障害の人は病気ではありません。

知能や知識がない人でもありません。

必要な人生勉強が足りていないから自分や自分の周りを十分に客観視が出来ないから、勘違いの恐怖心を感じて『一人お化け屋敷状態』になっているだけです。


大丈夫です。

病気ではなかったのですから、ラッキーな事に、必要な人生勉強をして他の多くの人たちと同じように客観的に感じられたり客観的に考えられるようになればきれいさっぱりとパニック障害は消え去ります。

大丈夫です。

病気ではなかったのです。

ラッキーなのです。



★☆★☆★☆心理療法ハッピーライフの無料資料の請求方法、無料セラピー(1時間無料)の受講方法、連絡先など


★更に詳しくは 心理療法ハッピーライフ ホームページ http://www.happylife/jp をご覧ください。


★心理療法ハッピーライフの専門分野はうつ病、神経症、対人緊張症、トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格の改善、ポジティブになる等です。

料金は一回1時間6000円です(超過料金は一切頂いていません)。

独自の教科書を使ってのセラピーですからお電話やスカイプでも来訪されるのと同じ効果があります。

ですから、遠方の方もご安心ください。

有料セラピーのコースは普通コースと3回プラスアルファーコースの二つがあります。

根本的な考え方、感じ方から修正して対人緊張症や神経症、鬱病等をコース中に治して、更に生まれて来て良かったと自分自身が思える所までを目指す普通コースと、

明確化(客観的にはっきりさせる)したら全く怖い事ではないという人生勉強をして対人緊張症や神経症、鬱病等の症状を抑えて、日常生活でとりあえず困らなくなる事を目指す3回プラスアルファーコースの二つです。

☆具体的には、

うつ病(外因性のうつ病の方は前もってお電話でご相談をお願いします。他のうつ病は全てOKです。)

 神経症(パニック障害、広場恐怖症、摂食障害、精神性の過敏性腸症候群、諸々の恐怖症、摂食障害、自律神経失調症、心臓神経症、不安神経症、不定愁訴など、諸々の不安症等)

対人緊張症(対人恐怖症、社交不安障害、社会不安障害、SAD、赤面症、どもり、多汗、緊張による手足の震えやチック、等々)でお困りの方へ。

トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格など。

ポジティブになるに関しては、友達が出来ない、恋人が出来ない、仕事、勉強が出来ない、人より自分は劣っていると思う等の劣等感、願望達成、心美人、心美男になりたい等、認知の歪みが原因にあるものは認知の歪みを修正する事で人生を好転させる事が出来ます。


★心理療法ハッピーライフの無料資料の請求方法
 

心理療法ハッピーライフ(認知行動療法、人生勉強療法)の無料資料は、1時間の無料セラピーを受ける為に必ず必要です。


☆無料資料の請求方法

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は0円、無料です。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

尚、家族の無料セラピー(1時間)と本人の無料セラピー(1時間)を共に日を改めて受けられます。

★クライエントさん、クライエントさんの家族などの個人情報は当然ですが秘密厳守いたします。
コメント

パニック障害とカツオ君の押入れの話。間違っている事なのに、中々、常識が変わりません。

2015年12月23日 | パニック障害
パニック障害とカツオ君の押入れの話。間違っている事なのに、中々、常識が変わりません。


★パニック障害に関して、相当多く書いて来ましたが、中々間違っている常識から正しい常識に変わりません。

もっと頑張るしかないのかなと思います。


★さて、パニック障害は病気で医師に掛かって薬を飲んで治療を受けるというのが今は常識でしょう。

しかし、間違っています。

そもそもパニック障害は病気ではなく、自分や自分の周りを十分に客観視が出来ないから、勘違いで、パニックになっているだけです。

勘違いをしているだけですから、全く、病気ではありません。

以前から、パニック障害の人たちの中の症状としてとても多い電車の話をたくさん書いて来ましたが、自分ひとりが怖がっているだけで、周りの人たちは全く怖がってはいないという事が分かっていないだけなのです。

(注、分かったと納得の法則で或る程度の深い分かったにならなければ、分かっているけれども止められないになります。)

具体的には、新幹線のような電車を想像して下さい。

まず、電車のドアが閉まったら「閉じ込められた」と思って強い恐怖が出ると、電車に関してのパニック障害のほとんどの人たちは言います。

しかし、周りの人は「やっと出発か!」等を思っているくらいで恐怖は全く感じていません。

また、新幹線のような電車は窓が開きませんから、これも電車に関してのパニック障害の人たちが酸欠になると訴えます。

そして、確かに息苦しいと言うのですが、周りの人たちは本を読んでいたり、スマートフォンを見ていたり、寝ていたりしていますし、回ってくる車掌も売り娘のお姉さんの全く平気です。

とても変ですね。


★これは、少し前によく書きましたが、サザエさんの弟のカツオ君の話とそっくりだと思います。

カツオ君が小さな時は押入れに閉じ込められる事をとても恐れましたが、カツオ君は人生勉強の良く出来ている子ですから、他の子よりも早く押入れを怖がっていたけれども押入れは本当に怖いのか? という客観視が出来るようになったのです。

押入れは暗い、狭い、閉じ込められるのは心地良くない、しかし、押入れは家の中じゃないか! 嫌な事はあっても怖い事は何も無いじゃないか! という感じになり押入れに閉じ込められてもぜんぜん平気になる(記憶ですが)話をテレビで見たと思います。


★パニック障害も広場恐怖症(医師の中にはパニック障害が進行すると広場恐怖症になると言います)も、カツオ君が出来る程度の自分や自分の周りの客観視が出来ていないのが原因です。


★こんな馬鹿みたいな事で折角の人生を棒に振るのは止めましょう。

有料セラピーを申し込まなくても良いですから、無料セラピーを受けられて下さい。

(無料セラピーを受ける前に必ず無料資料を請求して頂きます。請求方法は下記に書いています。)

あなたの例を使って本当に勘違いだと分かるように丁寧にご説明をします。

無料セラピーを受けただけでも大丈夫になりましたと言う人も居ます。


★パニック障害は病気ではありません。

常識が間違っています。

私はこの間違った常識を変える為に頑張っています。


★☆★☆★☆心理療法ハッピーライフからのお知らせ(無料資料の請求方法、無料セラピー(1時間無料)の受講方法、連絡先など)


◎重要  最新のお知らせ  現在、◎1回コース(少しでも楽にしたいコース)のセラピー料金を当面の期間、一時間(1回)3000円にしています。(従来6000円)半額にしています。



★心理療法ハッピーライフの専門分野はうつ病、神経症、対人緊張症、トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格の改善、ポジティブになる等です。

☆具体的には、

うつ病(外因性のうつ病の方は前もってお電話でご相談をお願いします。他のうつ病は全てOKです。)

神経症(パニック障害、広場恐怖症、摂食障害、精神性の過敏性腸症候群、諸々の恐怖症、摂食障害、自律神経失調症、心臓神経症、不安神経症、不定愁訴など、諸々の不安症等)

対人緊張症(対人恐怖症、社交不安障害、社会不安障害、SAD、赤面症、どもり、多汗、緊張による手足の震えやチック、等々)でお困りの方へ。

トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格など。

ポジティブになるに関しては、友達が出来ない、恋人が出来ない、仕事、勉強が出来ない、人より自分は劣っていると思う等の劣等感、願望達成、美人美男になりたい等、認知の歪みが原因にあるものは認知の歪みを修正する事で人生を好転させる事が出来ます。


★心理療法ハッピーライフの無料資料の請求方法
 

心理療法ハッピーライフ(認知行動療法、人生勉強療法)の無料資料は、1時間の無料セラピーを受ける為に必ず必要です。


☆無料資料の請求方法

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は0円、無料です。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後8時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

尚、家族の無料セラピー(1時間)と本人の無料セラピー(1時間)を共に日を改めて受けられます。


★不眠(リラックス、心を落ち着かせる)用の心理療法のCD(無料)

不眠は大変で辛いですから、不眠(リラックス、心を落ち着かせる)用の心理療法のCD(無料)をご希望者に無料で差し上げています。

詳しくは、2013年12月22日のブログ、 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131222 をご覧ください。


☆同じものをユーチューブ(YouTube)にもアップしました。

題名は、『眠れるようになるリラクゼイション スイッチ 全身弛緩法 』です。

特に眠れない時などにお使い下さい。



★クライエントさん、クライエントさんの家族などの個人情報は当然ですが秘密厳守いたします。

詳しくは、2013年12月19日のブログ「個人情報は秘密厳守してくれますか?」というご質問をお受けしました。当然、秘密厳守を致します。http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/e/3d575ff31cc7c911234cecb59870b523 に詳しく書いていますのでご覧ください。


★☆★無料セラピー(1時間)に関して。(説明)

「このブログに書いている内容は、本当なのか、確かめてやろう」で構いません。

宜しかったら、心理療法ハッピーライフの無料セラピーを受けてみましょう。

私の仕事は認知行動療法の知識を広める事も仕事だと思っていますから、有料セラピーに進まなくても構いません。

無料セラピーでは個別に楽になる道筋を具体的にお教えしますから、ご興味がありましたら無料セラピーを気楽に受けられて下さい。
(無料セラピーを受ける方法は下記をご覧ください。)


☆心理療法ハッピーライフを終了された人たちがよく言う言葉です。

『もっと早く心理療法ハッピーライフに来ていれば良かった』

よくそうおっしゃいます。



☆個々のご相談は無料セラピー(1時間)の中でお願い致します。

ちなみに、無料セラピーは無料資料の請求をしてからです。


★心理療法と宗教は全く関係ありません。

詳しくは、2013年12月25日のブログ「心理療法と宗教はぜんぜん違います。例えば、大学の心理学科は宗教学科ではぜんぜんないですよね。http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/e/07357848b2c5fdf4adf60876ec53237e」 に詳しく書いていますのでご覧ください。
コメント

炭坑のカナリア 周りの人たちは平気なのに自分だけパニックになるのは何故? パニック障害を治すヒント。

2015年05月01日 | パニック障害
炭坑のカナリア 周りの人たちは平気なのに自分だけパニックになるのは何故? パニック障害を治すヒント。


炭坑のカナリア というりは、炭鉱には目に見えない有毒ガスがいつの間にか発生しているかも知れないから有毒ガスに敏感なカナリアの入った鳥かごを先頭の人間が持って炭鉱を進んだという話です。

電車や飛行機などの交通機関でパニックを起こしたり、起こしそうで乗れないという人は結構たくさんいらっしゃいます。

でも、周りの人たちは平気ですよね。

周りの人たちを炭鉱のカナリアだと思って下さい。

炭夫の人たちはカナリアが元気だという事は安全な状態だと認識して安心して炭鉱を進んで行くのです。

自分の周りを客観視できていないから周りの人たちが安全だと教えてくれているのに一人だけ危険だとパニックになっていると思いませんか?

ヒントですからご自身で色々考えて欲しいです。


★☆★☆★☆心理療法ハッピーライフからのお知らせ(無料資料の請求方法、連絡先など)


★心理療法ハッピーライフの専門分野はうつ病、神経症、対人緊張症、トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格の改善、ポジティブになる等です。

☆具体的には、

うつ病(外因性のうつ病の方は前もってお電話でご相談をお願いします。他のうつ病は全てOKです。)

神経症(パニック障害、広場恐怖症、摂食障害、精神性の過敏性腸症候群、諸々の恐怖症、摂食障害、自律神経失調症、心臓神経症、不安神経症、不定愁訴など、諸々の不安症等)

対人緊張症(対人恐怖症、社交不安障害、社会不安障害、SAD、赤面症、どもり、多汗、緊張による手足の震えやチック、等々)でお困りの方へ。

トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格など。

ポジティブになるに関しては、友達が出来ない、恋人が出来ない、仕事、勉強が出来ない、人より自分は劣っていると思う等の劣等感、願望達成、美人美男になりたい等、認知の歪みが原因にあるものは認知の歪みを修正する事で人生を好転させる事が出来ます。


★心理療法ハッピーライフの無料資料の請求方法
 

心理療法ハッピーライフ(認知行動療法、人生勉強療法)の無料資料は、1時間の無料セラピーを受ける為に必ず必要です。


☆無料資料の請求方法

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

ヤマト運輸 クロネコメール便にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は0円、無料です。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後8時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

尚、家族の無料セラピー(1時間)と本人の無料セラピー(1時間)を共に日を改めて受けられます。


★不眠(リラックス、心を落ち着かせる)用の心理療法のCD(無料)

不眠は大変で辛いですから、不眠(リラックス、心を落ち着かせる)用の心理療法のCD(無料)をご希望者に無料で差し上げています。

詳しくは、2013年12月22日のブログ、 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131222 をご覧ください。


☆同じものをユーチューブ(YouTube)にもアップしました。

題名は、『眠れるようになるリラクゼイション スイッチ 全身弛緩法 』です。

特に眠れない時などにお使い下さい。



★クライエントさん、クライエントさんの家族などの個人情報は当然ですが秘密厳守いたします。

詳しくは、2013年12月19日のブログ「個人情報は秘密厳守してくれますか?」というご質問をお受けしました。当然、秘密厳守を致します。http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/e/3d575ff31cc7c911234cecb59870b523 に詳しく書いていますのでご覧ください。


★☆★無料セラピー(1時間)に関して。(説明)

「このブログに書いている内容は、本当なのか、確かめてやろう」で構いません。

宜しかったら、心理療法ハッピーライフの無料セラピーを受けてみましょう。

私の仕事は認知行動療法の知識を広める事も仕事だと思っていますから、有料セラピーに進まなくても構いません。

無料セラピーでは個別に楽になる道筋を具体的にお教えしますから、ご興味がありましたら無料セラピーを気楽に受けられて下さい。
(無料セラピーを受ける方法は下記をご覧ください。)


☆心理療法ハッピーライフを終了された人たちがよく言う言葉です。

『もっと早く心理療法ハッピーライフに来ていれば良かった』

よくそうおっしゃいます。



☆個々のご相談は無料セラピー(1時間)の中でお願い致します。

ちなみに、無料セラピーは無料資料の請求をしてからです。


★心理療法と宗教は全く関係ありません。

詳しくは、2013年12月25日のブログ「心理療法と宗教はぜんぜん違います。例えば、大学の心理学科は宗教学科ではぜんぜんないですよね。http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/e/07357848b2c5fdf4adf60876ec53237e」 に詳しく書いていますのでご覧ください。
コメント

周りを見ましょう。周りの人たちがおかしいのか? 貴方がおかしいのか? 例えばパニック障害では。

2015年04月25日 | パニック障害
周りを見ましょう。周りの人たちがおかしいのか? 貴方がおかしいのか? 例えばパニック障害では。


最初に書いて置きますが、パニック障害に自律神経など全く関係ありません。

パニック障害を本当に治したかったら勘違いを無くす事です。


症状を自分自身が出しているシステムは、対人緊張症も神経症も鬱病も同じなのですが、ここではパニック障害で電車の中でパニックになるという比較的に多い症状を例にしましょう。

ちなみに、パニック障害は神経症の一つと考えています。


電車の中でパニック発作を起こしている人を想像して下さい。

質問です。

1.パニック発作を起こしているのは一人だけですか? 何人もですか?

通常は一人だけですよね。何人もパニック発作を起こしているケースは事故になりそう等の環境の問題が有る時だけですよね。

2.パニック発作を起こしている人が特殊だと思いますか? パニック発作を起こしていない他の多くの乗客の方が特殊だと思いますか?

通常はパニック発作を起こしている人の方が特殊ですよね。他の多くの乗客が特殊なケースは、例えば、他の乗客が過酷な軍事訓練でも受けて特別な任務を持っている等の人くらいしか私には想像が付きません。

3.パニック発作を特に電車の中で起こす人は病気でしょうか? 病気の人でしたら特に電車の中だけでパニック発作を起こすというのはおかしいと思いませんか?

客観的に見たら、電車の中だけでパニック発作が出るという病気、と考えたらこれこそおかしいと思います。しかし、本人は、まず真剣に病気だと思っているのですが、おかしいと思いませんか?

例えるのならば、お化け屋敷の中で毎回とても怖がっている人、押し入れに閉じ込めたら毎回とても怖がる子供によく似ていませんか?

お化け屋敷の中や押し入れの中は本当は安全なのに自分自身の身の危険を勘違いから感じているという事です。

そして、毎回毎回、電車に乗ると勘違いをして怖がる、という事は、毎回毎回、お化け屋敷の中で怖がる、毎回毎回、押し入れに閉じ込めると勘違いをして怖がるのと同じシステムですから、まさか自分自身が症状を出している、自作自演で症状を出しているとは思っていないのですが、実際は、毎回毎回、自分自身が症状を出しているのです。

しかし、自分自身で症状を出しているとは全く思ってもいませんし、現実に電車に乗るたびにパニックになるから、病気だ、と勘違いをしているのです。


本当に楽になりたかったら、病院の薬や開き直りや言い聞かせ等では多少の楽になしなれませんから、周りの人たちがおかしいのか? 貴方がおかしいのか? あなた自身を見ている他人になったつもりで観察して下さい。


答えは、自分自身が症状を出している。病気ではない。等々。

ここが楽になる為のスタートラインです。


大丈夫です。

電車の中でパニックにならない圧倒的に多くの人たちと同じような感じ方、考え方になれれば楽になれますから。

小さな時は押し入れに入れられたら怖くて怖くて仕方がなかったでしょうが、今は押し入れに入れられても怖くも何ともないはずです。

必要な人生勉強をすると、客観視優先の考え方や感じ方が出来るようになります。

すると、この押し入れと同じように電車の中や色々な場所、色々な人、等々、多くの人たちと同じように怖くなくなり、人生に余裕が出来て、良い人生にする事が出来るようになります。

大丈夫です。

希望を持って下さい。



★☆★☆★☆心理療法ハッピーライフからのお知らせ(無料資料の請求方法、連絡先など)


★心理療法ハッピーライフの専門分野はうつ病、神経症、対人緊張症、トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格の改善、ポジティブになる等です。

☆具体的には、

うつ病(外因性のうつ病の方は前もってお電話でご相談をお願いします。他のうつ病は全てOKです。)

神経症(パニック障害、広場恐怖症、摂食障害、精神性の過敏性腸症候群、諸々の恐怖症、摂食障害、自律神経失調症、心臓神経症、不安神経症、不定愁訴など、諸々の不安症等)

対人緊張症(対人恐怖症、社交不安障害、社会不安障害、SAD、赤面症、どもり、多汗、緊張による手足の震えやチック、等々)でお困りの方へ。

トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格など。

ポジティブになるに関しては、友達が出来ない、恋人が出来ない、仕事、勉強が出来ない、人より自分は劣っていると思う等の劣等感、願望達成、美人美男になりたい等、認知の歪みが原因にあるものは認知の歪みを修正する事で人生を好転させる事が出来ます。


★心理療法ハッピーライフの無料資料の請求方法
 

心理療法ハッピーライフ(認知行動療法、人生勉強療法)の無料資料は、1時間の無料セラピーを受ける為に必ず必要です。


☆無料資料の請求方法

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

ヤマト運輸 クロネコメール便にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は0円、無料です。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後8時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

尚、家族の無料セラピー(1時間)と本人の無料セラピー(1時間)を共に日を改めて受けられます。


★不眠(リラックス、心を落ち着かせる)用の心理療法のCD(無料)

不眠は大変で辛いですから、不眠(リラックス、心を落ち着かせる)用の心理療法のCD(無料)をご希望者に無料で差し上げています。

詳しくは、2013年12月22日のブログ、 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131222 をご覧ください。


☆同じものをユーチューブ(YouTube)にもアップしました。

題名は、『眠れるようになるリラクゼイション スイッチ 全身弛緩法 』です。

特に眠れない時などにお使い下さい。



★クライエントさん、クライエントさんの家族などの個人情報は当然ですが秘密厳守いたします。

詳しくは、2013年12月19日のブログ「個人情報は秘密厳守してくれますか?」というご質問をお受けしました。当然、秘密厳守を致します。http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/e/3d575ff31cc7c911234cecb59870b523 に詳しく書いていますのでご覧ください。


★☆★無料セラピー(1時間)に関して。(説明)

「このブログに書いている内容は、本当なのか、確かめてやろう」で構いません。

宜しかったら、心理療法ハッピーライフの無料セラピーを受けてみましょう。

私の仕事は認知行動療法の知識を広める事も仕事だと思っていますから、有料セラピーに進まなくても構いません。

無料セラピーでは個別に楽になる道筋を具体的にお教えしますから、ご興味がありましたら無料セラピーを気楽に受けられて下さい。
(無料セラピーを受ける方法は下記をご覧ください。)


☆心理療法ハッピーライフを終了された人たちがよく言う言葉です。

『もっと早く心理療法ハッピーライフに来ていれば良かった』

よくそうおっしゃいます。



☆個々のご相談は無料セラピー(1時間)の中でお願い致します。

ちなみに、無料セラピーは無料資料の請求をしてからです。


★心理療法と宗教は全く関係ありません。

詳しくは、2013年12月25日のブログ「心理療法と宗教はぜんぜん違います。例えば、大学の心理学科は宗教学科ではぜんぜんないですよね。http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/e/07357848b2c5fdf4adf60876ec53237e」 に詳しく書いていますのでご覧ください。
コメント