対人緊張症、神経症、うつ病、明るくなる等、認知行動療法(人生勉強療法)、既に3000話以上の具体的な話を書いています。

対人緊張、対人恐怖、神経症、うつ病、等の心理療法、認知行動療法、人生勉強療法。電話、スカイプでも通院と同じように治ります

感情の前に考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)がある

2009年03月14日 | 心理療法ハッピーライフ
感情の前に考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)がある


2009年3月14日(土)
心理療法(認知行動療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


今日のブログは先日書きましたブログ、
「拒食症も新幹線の手すりで腹を立てるのも同じ理由」
の関連の話です。

上記のブログの中で、感情は、考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)に基づいて発生している。
だから、考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)が変われば発生する感情も変わって来るというお話を書きました。


今日、皆さんに伝えたい事は 『感情』 が一人歩きしているのではなく、考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)と対になっているという事です。

多くの人たちは感情を何とかしようと考えます。

例えば、対人緊張の人は、緊張という感情。
神経症の人は、不安という感情。
うつ病の人はうつという感情。
などです。

感情だけを何とかしようと思いますから、
気をそらしたり、開き直ったり、言い聞かせたり、逃げたりする、自分を騙す系統と
お酒や薬を飲んで自分の脳の機能を低下させようとする系統をまず選びます。

しかし、このような方法では、その場しのぎでしかなく、根本的な解決になっていないのは皆さんお分かりのはずです。

考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)を修正しなければ、本当に楽な治ったあなたにはなれないのです。

では、対人緊張症や神経症、うつ病の人たちが、考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)を修正する事は難しいことなのでしょうか?

答えは、難しくありません。

想像してください。
あなたの小学校時代の同窓生、100人の内、対人緊張症や神経症、うつ病で困っている人たちは何人いると思いますか?
この質問はクライエントさんによくする質問ですが、2~3人、多く言う人でも10人までです。

小学校時代の同窓生、100人の中、90人以上の人たちが出来ている事を身に付ければ良いのですから簡単です。

本当に簡単なのです。

しかし、難しいと言う人は多くいます。
それは、
感情だけ何とかしようと思って、気をそらしたり、開き直ったり、言い聞かせたり、逃げたりする、自分を騙す系統とお酒や薬を飲んで自分の脳の機能を低下させようとする系統をして来たけれども楽になれなかったという事を根拠にしています。

間違った方法をして来て、上手く行かなかった事を根拠に、新しい方法を難しい、と言っているのです。

お分かり頂けましたでしょうか?


今日のまとめです。
1. 感情だけが一人歩きしているのではなく、感情の前に感情を生じさせる、考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)があり、感情と対になっている
2. 感情だけを何とかしようとする、気をそらしたり、開き直ったり、言い聞かせたり、逃げたりする、自分を騙す系統とお酒や薬を飲んで自分の脳の機能を低下させようとする系統では根本的な解決にはならない。
その場しのぎ。
本当には楽にならない。
治らない。
3. 100人の中、90人以上の人たちが出来ている、考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)を身に付けられれば本当に楽になる。
治る。
4. 3の考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)の修正をする事を難しいと思っている人たちは、2の自分を騙す系統と自分の脳の機能を低下させようとする系統で上手く行かなかった事を根拠にしている。
実際に3の考え方(思考パターン、信念、人生哲学など)の修正をする事を試みた経験はない。




ご質問、ご意見、ご感想を
a@happylife.jp
にお気軽にお願い致します。
私は世の中の精神疾患に関しての「社会意識」を修正して行きたいと思っています。




明日は新しい内容で書く予定です。




「無料資料」の請求方法
心理療法ハッピーライフの認知行動療法のセラピーに興味が有る方は、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。
心理療法という言葉が気になるという人が或る程度いらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)でお送り致します。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですからお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。
ヤマト運輸メール便にて約50枚ほどの資料を無料でお送り致します。
心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp
心理療法ハッピーライフは1998年開業ですから12年目になります。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 心理療法はセラピスト(カウ... | トップ | 自殺に関しての絶対に覚えて... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
考え方というと・・・ (kimochi)
2009-03-15 03:25:30
はじめまして・・・
私は、昨年の9月に姑から「病院へ行きなさい」と言われ、しぶしぶ病院へと行ったわけです。
経営者の妻として、家庭と会社の切り替え不備(つまりは社長であって旦那として考えていなかった)旦那としては20年も前に捨てていたのにもかからず、ずっと社長として生活を共にしていたわけです。
そして、昨年9月、(ずっと前からかも・・)社長としての素質も『ゼロ』と私が認識してしまったのです。(社長は私を当てにしすぎて、経営者TOPとして必要のことまで私に委ねていた)
20余年前から睡眠障害(徹夜で仕事なんて当たり前でしたし、旦那が帰ってこないので徹夜で待っていたり、飲み屋街へ探しに行ったり)は認識していましたし、生きていくのが嫌になっていて、灯油をかぶって自殺未遂もしました。(今生きているので、当時は、旦那に灯油をかぶった私を見せて、私の苦しさを見せ付けてやりたかったのかもしれません。また、外面のよい姑たちへの復讐として、私の身体を灯油で焼いて、近所へ見せ付けてやりたいとの願望もありました)
実家から『子供がいるのに離婚は駄目!』と言われ、この会社で私を必要とされる状態まで私自身を導いて、子供たちが大きくなってから別れる!を目標に猛烈に仕事へと没頭してきました。
そして、前述のように、昨年の9月、社長の馬鹿さ加減にプッツンと張り詰めた糸が切れてしまったようなのです。
今、自分が何を言っているのか判らなくなったり、普段なら数分で出来る仕事が全く手に付かない、パソコン画面が暗闇の海に見えて、そこへ入ると気持ちが良いのだと。(夜中に車を走らせて、暗い海を見に行ったりしていましたから)
病院の先生から、私のストレスの原因は『仕事と家庭』ということで、別居へと(ただし一人では無理)導いてくれ、「病院へ行きなさい」と言った姑から離れ、会社から離れ、社長の顔を見なくなってから6ヶ月、自分では良くなったと思っているのですが、病院で「自立」はまだまだだと言われます。
私の行動パターンが、自分を大切にするよりも、他人に対して良く思われたい。もっと自分を大切に思うまでまだまだ仕事は無理です。
と言うことなのだと思います。
旦那との離婚は私の中では決定済みです。
早く行動したい、早く自立したい。
でも私の年齢で自立するためには、私のスキルを生かした仕事に就かねばならない。そのためには、以前の事業に就く=以前の会社の妻であったとばれる。
それを乗り越えられるかどうか・・・不安と恐れ
就職活動において、自己アピールをすると必ずたどり付くのは、「前職をいつ退職できるのですか?離婚できていますか?離婚できたら、同じ職種の社長さんから旦那様へあなたの素性をばらされるかもしれませんよ。それに耐えられますか?」
就職活動において最大のネックです。
別の職種を選んでもいいのですが、●●の奥さんがスーパーで働いていた。なんて旦那に知られるのが怖いのです。(旦那に私の居場所を教えていないので)
子供たちも旦那に私の居場所を教えると、また私の精神状態がおかしくなると心配しています。
逃げているのでしょうか。
早く自立したい気持ちで、病院へ行き、先生の言葉に傷つき、友人へ電話しながら泣きながら帰る。そして、後で何で泣いたのか忘れてしまう。
そこから立ち直れるのでしょうか。
大丈夫です。 (kimochiさんへ)
2009-03-15 21:15:33
心理療法ハッピーライフ(管理人)の矢野裕洋です。
コメントをよく読ませて頂きました。
しっかりと論理的に書かれていてとても内容が良く分かりました。
そこから立ち直れるでしょうか?
との事ですが問題点もご自身でしっかりお分かりになっているようです。
良かったら、この問題を具体的に子供さんや親友に話されて意見を求めてはいかがでしょうか?
自分の答えありきではなく、意見を聞くだけですからまだ決断をする必要はないのですから、そういう見方もあるのかな、という自分と違う意見を聞き、紙に書きながら自分の考えと視点が違うとどういう風に考えているのかを参考にするのはいかがでしょうか?
慌ててはいけません。
必要な時間はどうしても掛かります。
大丈夫です。
大丈夫ですか。 (kimochi)
2009-03-16 04:08:09
>紙に書きながら自分の考えと視点が違うとどういう風に考えているのかを参考にするのはいかがでしょうか?
そうですね。
親友との会話、子供や子供の友人との会話、それでやっとここまでたどり着居たのだと思っております。
子供たちも、今 自分自身のことで『やっとこさ』なのに、母親のことで数ヶ月間心を煩わせたと自分を責めています。
私自身を責めるこの思考パターンが良くないのでしょうが、やはり子供たちのことは心配です。
社長と一緒に仕事をしている長男。今は私の替わりに社長のストレスのはけ口になっているにもかかわらず、私を責めて引っ張ってでも連れて帰らせようとする社長と私の壁となってくれています。
出産を間近にした娘の大切な時期。
そして来年、この氷河期に就職を控えた次男、就職活動に苦労しているようです。

今私の頼りになる人物は、友人と兄弟です。
>慌ててはいけません。
そうです。
いつもこの言葉を言われるのです。
そして落ち込むのです。
そんなに慌てているのでしょうか?
急いでいるのでしょうか?

同じことを言われるということは、やはり無理に急いでいるのでしょうね。
ありがとうございました。
kimochiさんへ (矢野裕洋(管理人))
2009-03-18 00:41:57
今日は、矢野裕洋です(笑)。

そんなに慌てているのでしょうか?
急いでいるのでしょうか?

本当に慌てている、急いでいるのかは短いコメントの中からは分かりませんでしたが、私はこの仕事を約15年しております経験上、ほぼ100%の人が急ぎますからおそらくそうだろうと思って書きました。

今は自分を客観的に見て整理をするのが良いと思います。
しかし、頭の中だけで考えるのは止めて下さい。
必ず紙に書きながら考えて下さいね。
頭の中だけで考えていると客観的に考えているようでもいつの間にか客観的ではなくなっている事が多いですから。
頼りになる人の見方や考え方を聞いて紙に書きながら自分の今までの見方や考え方と比べてみたりすると今まで気づかなかった事が見えたりすると思いますよ。
今は、休む事と客観的に心を整理する事(紙に書いて下さいね)が良いのではと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

心理療法ハッピーライフ」カテゴリの最新記事