対人緊張症、神経症、うつ病、明るくなる等、認知行動療法(人生勉強療法)、既に3000話以上の具体的な話を書いています。

対人緊張、対人恐怖、神経症、うつ病、等の心理療法、認知行動療法、人生勉強療法。電話、スカイプでも通院と同じように治ります

洞察力4.過去、現在、未来 時間軸を使って洞察する

2008年02月29日 | 心理療法ハッピーライフ
洞察力4.過去、現在、未来 時間軸を使って洞察する


2008年2月28日(木)
心理療法ハッピーライフ、矢野裕洋
NO.12


今日は、心理療法ハッピーライフの矢野裕洋です(笑)。
引越しの片付けはまだまだですが、一段落をしました(笑)。
しかし、次は確定申告をしなければいけません(汗)。


今日は、洞察力4. 過去、現在、未来 時間軸を使って洞察する、というお話です。

以前このブログで5才の時に犬に噛まれた30歳の男性のトラウマの話を書きました。
覚えていらっしゃいますでしょうか?
簡単に内容の趣旨を書くと、
5才の時に犬に噛まれた事は本当に怖かった過去の出来事です。
しかし、終わってしまった過去の出来事です。
終わってしまった過去に力が有るわけがありません。
この30才の男性は今の30才の目で見なければいけないのに、犬を見る時は5才の目で見ているから、あたかも5才の時の体験がトラウマとなって今の自分を振り回していると勘違いしているだけなのです。

ですから、結果と原因の結果に焦点を当てる心理療法から見たらトラウマやPTSDは存在するように見えます。
しかし、原因に焦点を当てる心理療法から見ると、トラウマやPTSDは存在しません。
今の目で見なければいけないのに、過去の自分の目で洞察をしているから間違った未来予測が発生して自分自身が自分自身を怖がらせているのです。
症状は過去の出来事が起こしているのではなく洞察を間違えているから自分自身が自作自演で症状を出しているのです。
という趣旨です。
お分かりになりますでしょうか?

過去のいじめの問題も同じようなものです。
過去にいじめられた経験がトラウマになっているという人がそれなりにいらっしゃいますが、過去のいじめられた経験は嫌な記憶ですが終わってしまった事です。
終わってしまった事に力はありません。
過去、現在、未来の洞察間違いをしているから間違った未来予測が発生して次もいじめられるのではないかと気にしている人がいるだけなのです。
また、実際に今もいじめられているのでしたら過去のトラウマがいじめさせているのではなく、今のあなたに問題が有っていじめられているという事でしかありません。

対人緊張症の人は全ての人と言って良いのですが対人緊張をする場面では今の自分の目で見ないで過去の5~6才の自分の目で見ています。
もちろん本人は気づいていませんが、過去の5~6才の目で見ていますから対人緊張をすると怖いという気持ちになるのです。

この過去、現在、未来の洞察の仕方は主に二つの方法が有ります。
一つ目は上記しました通り、洞察している自分は今の自分の目で見ているかどうかのチェックです。
また、敢えて未来の自分から今の自分を見たり過去の自分から今の自分を見たりする事が良い場合もあります。
繰り返しますが、洞察している自分は過去、現在、未来のどの時点で洞察をしているのかのチェックをしなければいけません。

二つ目は過去の経験や知識を活用する洞察です。

例えば、赤面症の人が赤面をするととても怖いと一番目の、自分から見る、の洞察をしているとしましょう。
この人に過去に赤面をしてとても怖い思いをした事はありますか?と聞くと嫌な思いや恥ずかしい思いは有りますが突き詰めると赤面をして本当に怖い思いをした事はないのです。
また、赤面をして怖い思いをしたという人を見た等の経験はありますか?と聞くとこれも突き詰めるとないという結論になります。
という事は今までの人生の中で赤面をして本当に怖い思いをした事がないのですから、これから先も赤面をする事で怖い思いはしないだろうという洞察結果になりませんかという事になります。

今日の話、分かりましたでしょうか?

結果と原因、対人緊張症や神経症、性格由来のうつ病は結果から見ると病気のように見えますが、原因から見ると病気の原因ではなく勘違いが原因なのです。
正しい洞察力を身に付ける事で楽になり病院に通う必要もなくなります。

大丈夫です(笑)。大丈夫(笑)。
コメント

引越し完了

2008年02月23日 | 心理療法ハッピーライフ
今日は、心理療法ハッピーライフの矢野裕洋です(笑)。

引越しが完了いたしまして、先ほどやっとパソコンがインターネットにつながりました。

予定より遅れましたが、近日中にブログも再開する予定です。

よろしくお願い致します。

ちなみに、新しい住所などを再度記載しておきますね(笑)。

〒794-0005愛媛県今治市大新田町5-6-22コーポラスやましたⅡ 202号 電話、ファックス0898-22-3755 携帯電話090-2233-6654(ソフトバンク)

注、完全予約制ですからメールや電話で、まずは無料の資料を請求して下さい。
コメント

引越し

2008年02月16日 | 心理療法ハッピーライフ
今日は、心理療法ハッピーライフの矢野裕洋です(笑)。

ごめんなさい。

今後もブログは続けて行く気持ちは十二分にありますが、引越しに思わぬほどに時間を取られています。

ブログの更新は2月20日までは出来ないと思います。

よろしくお願い致します。
コメント

「どれ位の回数で治りますか?」

2008年02月08日 | 心理療法ハッピーライフ
最近の質問 
「どれ位の回数で治りますか?」への回答

2008年2月8日(金)


今日は、心理療法ハッピーライフの矢野裕洋です(笑)。

「どれ位の回数で治りますか?」
「どれ位の時間で治してくれますか?」
というような質問をたまに受けます。

心理療法を病院と同じように考えている、とても困った質問なのです。

例えば、本当の病気でしたら、原因は細菌やウイルス、老化、生活習慣等になります。
ここでの例題での病気の原因を細菌にすると、
「この病気の原因の細菌はこの薬を一週間ほど飲み続ければ消滅するから、一週間くらいで治ります。」
などと医師は言う事が出来ます。

しかし、対人緊張症や神経症、性格由来のうつ病の原因は、当たり前ですが、細菌やウイルス、老化、生活習慣等ではありません。
対人緊張症や神経症、性格由来のうつ病の原因は、誤認知、間違った考え方です。
ですから、誤認知、間違った考え方を修正すれば、自然に治ります。
しかし、誰も治せないのです。
ですから、
「あなたが私の言う事を早く受け取って誤認知、間違った考え方を修正したら早く治りますし、あなたがいつまでも受け取らなければいつまでも今のまま、治りません。」
と言うしかありません。
過去の経験で何回で終わった人がいるなどと言う事は出来ますが本当の答えは、あなた次第、という事になります。

以前も書きましたが、私は医師よりも予備校の先生に近いです。
予備校の生徒は予備校の先生に
「何回くらい授業を受けたら○○大学に受かりますか?」
と質問をしませんよね。

再度書きますが、
対人緊張症や神経症、性格由来のうつ病の原因は、誤認知、間違った考え方です。
ですから、誤認知、間違った考え方を修正すれば、自然に治ります。
しかし、誰も治せないのです。
あなたが受け取って誤認知、間違った考え方を修正すれば、治ります。
予備校の生徒と一緒、あなた次第なのです。
コメント

訂正、電話番号を修正します。

2008年02月05日 | 心理療法ハッピーライフ
訂正、電話番号を修正します。
昨日、発表いたしました電話番号はNTTさんとの行き違いで変更になりました。
正しい電話番号は下記の通り、0898-22-3755になります。
宜しくお願い致します。


今日は、心理療法ハッピーライフの矢野裕洋です(笑)。

新しいセラピールームは、

〒794-0005 愛媛県今治市大新田町5丁目6-22
コーポラスやましたⅡ 202号室(1階)
電話、ファックス0898-22-3755
携帯電話090-2233-6654(ソフトバンク)

です。

新しいセラピールームでの営業は2月21日以降になります。
電話は固定電話、携帯電話共に留守番機能がありますのでセラピー中などで電話に出られない時は留守番電話にメッセージを入れて下さい。
こちらから掛け直しますので。

尚、従来通り、完全予約制ですのでまずはお電話をお願い致します。
コメント

二月下旬に移転します

2008年02月02日 | 心理療法ハッピーライフ
二月下旬に移転します


2008年2月2日(土)
心理療法ハッピーライフ、矢野裕洋


皆さん、今日は(笑)

突然ですが、諸事情でセラピールームを今月下旬に今治市大新田町に移転致します。

最近、ブログを更新できなくて申し訳なかったのですが、物件、引越しの手配、など等色々多忙でしたが、ほぼ目途も立ちましたので最低一週間に一回は更新をして行こうと思います。

まだ、電話番号は決まっておりませんので電話番号が決まり次第、ブログとホームページに正式に発表させて頂きます。

取り急ぎ、ご連絡まで。

ハッピーライフ、矢野裕洋でした(笑)。
コメント