山梨百名山から見る風景

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。

山梨県のクサノオウバノギクを訪問する  平成30年9月24日

2018年09月25日 | 花・花・花
 昨日の毛無山山塊で見たかったのはスルガジョウロウホトトギスともうひとつがクサノオウバノギクだったのだが、後者は出発時間が遅かったうえに体調不良で現地まで行けず見ないで終わってしまった。ならば山梨県に咲くクサノオウバノギクはどうだろうか?毛無山塊に比べるとまだ歩く距離は短く訪問し易い。現地に11時到着して出発する。


    沢沿いに咲いていたシラネニンジン


    これはヤマハッカか、それともコウシンヤマハッカか?


    葉の先が尻尾のように伸びている。コウシンヤマハッカはカメバヒキオコシの変種とされている。


    この葉っぱの様子からするとこれはコウシンヤマハッカだろう。


    レイジンソウ


    シロヨメナだと思う。


    ダイモンジソウ


    岩場で近付けず100㎜マクロで撮影。


    目的の花、クサノオウバノギク。


    少し早いかと思っていたのだがちょうど見頃だった。


    奇怪な葉の形をした小さな野菊。


    可愛らしい花。


    そしてもうひとつ、是非とも見ておきたかったのがこの花。


    ミツバベンケイソウ


    あまり見かけない花だと思っていたのだが、岩の上にごっそりと咲いていた。


    クサノオウバノギクとミツバベンケイソウ


    クサノオウバノギク、トリカブト、コウシンヤマハッカ、シロヨメナ、シラネニンジンと豪華な花の揃い咲き。

 ピークを越えてその向こう側の森も探索してくる予定だったのだがこの場所を訪問しただけで十分に満足した。まだ体調もあまり思わしく無く、ピークの途中までで引き返して撤退してきた。苔と一緒に脱落して減少してしまった場所もあるのだが、この場所のクサノオウバノギクは個体数を維持するのに十分な数が確認された。さらには数は少ないだろうと思っていたミツバベンケイソウもかなりの数があるのがわかった。出来ればいずれの花もこの場所以外の場所で発見したいものである。
コメント

毛無山塊のスルガジョウロウホトトギス  平成30年9月23日

2018年09月24日 | 花・花・花
 前日は山梨県のスルガジョウロウホトトギスを見てきたが今度は静岡県のスルガジョウロウホトトギスである。山梨県に咲くもののほうが位置的に南側にあり静岡県に比べてやや遅く咲くので、もう既に遅いであろうが別の花も見ておきたかった。

 前日は当直の疲れが抜けないうちに早起きして出かけたことがあり、この日の朝も疲れが抜けずに寝床から起き上がるのが辛い。10時に起き出して出かけたので既に時遅くどこまで登れるか分からない時間である。歩き出してみるとやはり体調が思わしく無い。気温が上がったには上がったがそれにも増して汗がほとばしり、呼吸が苦しい。これはとてもではないが上まで行くのは難しいだろう。滝の脇に咲くジョウロウホトトギスを見たかったが難しそうなので比較的簡単に行けるほうの沢に入って観察することにする。


    何日か雨が降ったがあまり増水していない。


    こちら側にある滝の脇にも咲いているのだが数が減っている感じがする。真ん中下に見える葉はイワナンテンで、こちらのほうが目立つ。


    台風の爪跡か、倒木あり。


    倒木の脇に生えていたイワナンテン。まだ開花した花を見たことが無い。


    目的地はこのあたりだがあまり見当たらない。


    望遠レンズで覗き込むと遥か向こうの岩壁にぶら下がっている。


    スルガジョウロウホトトギス。ほとんどが結実しておりやはり遅かった。


    近くに咲いていた花。


    少し痛みかけている。種があまり付いていないところを見ると今年はあまり咲かなかったようだ。そのうえ株数も減っているように見える。


    下からのぞき込む

 あまり無理して遡上せず、双眼鏡と望遠レンズを使って観察してみたがやはり訪問時期が遅かった。さらには花付きがあまり良く無かったことと、全体的な個体数が減っているように見受けられる。盗掘は無いと思うのだが、こちらも自然の遷移と訪問者が増えたことが影響しているのかも知れない。

 登山道が途中で崩落したと聞いたので野次馬根性でその場所まで行ってみた。


    もともとロープが張られて通過しにくかった場所が崩落していた。向こう側の崩落地を登るのは困難で左側の大岩の下を巻いて登るとなんとか通過できる。


    河原に咲いていたフジアザミ。毛無山の山頂には雲が巻いていた。

 この日は毛無山の山頂からやや大見岳寄りの付近にかけてパール富士が見られるはずだった。天候が良ければ頑張って登る予定だったのだが天候も悪く富士山は見えず、さらには体調も不良で途中でリタイアしていたかも知れない。バリアンスルートの沢の中に咲くクサノオウバノギクも見たかったのだが今年は叶わなそうである。
コメント

秋の恒例となっている山梨県県南部のスルガジョウロウホトトギス  平成30年9月22日

2018年09月24日 | 山梨無名山
 当初は9月初旬に行く予定だったのだが夏が暑かったために秋の花は若干開花が遅れると予想して日程を変更した。山岳連盟の希望者とともに総勢7名で観察に出かける。林道を少し奥まで車で入って時間短縮を目論んだが入り口からわずかのところで道がえぐれているうえに倒木が横たわっておりほとんど距離を稼げずに歩くことになってしまう。しかも雨が降ったばかりで道が湿っており、車を下りた林道脇からもうヤマヒルが襲ってくる。


    ホトトギス満開


    シラヒゲソウは若干時期を過ぎていた。


    川の対岸のシラヒゲソウ群落


    シラヒゲソウ群落


    白い髭が可愛らしい花


    現地に到着して唖然。この場所は岩壁の苔ごと脱落してしまっていて株数が激減していたうえに咲いた花がほとんど見当たらない。大ピンチ!


    さらに沢の奥の自生地に行ってみる。こちらはいつもと変わらず綺麗に咲いていた。


    岩壁に垂れ下がる姿が美しいスルガジョウロウホトトギス。ちょうど見頃。


    鮮やかな黄色、花の中には茶色い斑点がある。


    別の場所。


    イワシャジンと一緒に咲いていた。


    この場所もたくさん咲いていた場所は苔と一緒に脱落して激減してしまっていた。


    しかしずっと上のほうに咲いている株は増えているように見える。

 岩壁に咲くジョウロウホトトギスは岩や苔の脱落とともに落ちてしまう運命にあるのだろう。着生植物と同様にこのような植物の宿命なのだと思う。これは自然の遷移で起こるものなので防ぎようが無いように思う。長い間そのような遷移を辿って来たのであろうから、このまま消滅ということはそう簡単には起きないであろうと考えている。今後も見守りつつ経過観察が必要であろう。

 帰り際にちょっと立ち寄りした。


    サルオガゼ?櫛形山のものとはちょっと違うように見えなくもない。


    ムギラン


    マメヅタラン

 一人でヤマヒル20匹撃退が目標だったがわずかに及ばず。足元はメンバー同士で気を付けながら歩き、ヤマヒルが付いたらすぐにアルコールスプレーで撃退したので誰もやられなかったが、ストックから昇って来たのか一人だけ手首に吸い付かれた人が居た。上半身に着くヤマヒルは防御が困難なのではないかと考えている。



コメント (2)

星はいずこへ?霧と強風の北岳  平成30年9月17日

2018年09月20日 | 花・花・花
 北岳山荘に宿泊させていただき、前夜は7時半に眠りについた。目を覚ましたのはほぼ予定通りの未明2時半、3時に目覚ましをかけたがその前に目が覚めた。外に出てみると霧が深くて視界は10mほどしか利かず、かなりの風が吹いている。これで星が見えるのか?しかしスマホで天気予報と雲画像を見てみるとさほど悪い天気でも無さそうである。どうやら山の上にかかった雲のようだ。ひょっとしたら一瞬だけでも星が見えるのでは?夜明けには雲を纏った北岳が姿を現すのでは?という期待を抱いて3時過ぎに北岳山荘を出発して撮影予定地の中白根山に向かう。霧が深くてルートがわからず、一度は間違えたがGPSを頼りにルートに戻って登る。私を追い越していった若者4人組もその先でルートを間違えて戻ってきて、修正して先に進む。

 稜線は強風吹き荒れ、先に進むのも大変だったが4時過ぎになんとか中白根山に到着した。その後も次々に間ノ岳を目指す登山者が暗い霧の中を登って来た。皆それなりに大変そうだった。私は中白根山までだったのでそこで一応は三脚とカメラを取り出すが、周辺の景色どころか空を見上げても星は全く見えない。ほぼ絶望的な中を日の出の5時半ごろまで待ったがとうとう何も見えずに撤退となる。


    霧の中を登って来る登山者たち。向こうには北岳がみえるはずだったが・・・


    こっちには富士山が見えるはずだったが・・・


    夜明け前の中白根山。星空も景色も絶望的。夜明けの5時半に撤退して北岳山荘に戻る。

 残念ながら星空も景色も見ることは出来なかった。さらには恐れていたレンズの結露が起こってしまい、結露を拭き取らないと撮影が出来なくなってしまう。さらに悪いことにレンズの内側にも結露が起こりそのレンズでは撮れなくなってしまった。Eos80Dはザックにしまい込みもう1台のEosM2を取り出すがこちらもすぐに結露が始まり使い勝手が悪い。


    霧に巻かれる北岳山荘。中に入って弁当をもらいながら、小屋主さんとしばし情報交換させていただいた。

 北岳山頂を越えて下山するか、それとも八本歯を下りるか?稜線は風が強いのでとりあえずは中腹の分岐点まで行って天候の様子を見て決めることにして出発する。


    途中でシコタンハコベの群落に出会う。強風とレンズの結露でうまく撮れず。


    ブレまくりのシコタンハコベ。


    霧と強風の北岳稜線。


    分岐点まで来た。ここから山頂までは20~30分くらい、山頂を越えても八本歯に下りてもコースタイムはさほど変わらない。

 山頂側の稜線は強風と霧だが八本歯側の斜面は風が少ない。山頂に行く意味もあまり無いのでここは八本歯のコルに下りて下山することにした。ひょっとしたらもう1種類、探していたアカイシリンドウがあるのではないかと思ったのだがどうやらもう終わっているようだ。


    八本歯のコル。風は弱くて稜線に比べると歩き易いが霧は深い。


    二又から見る鳳凰山。ここまでの途中はレンズが結露して全く撮影出来ず、別のレンズに変えた。


    北岳を見上げる。思っていた通り雲がかかっているのは上のほうだけだ。

 二又からは御池小屋経由で下山することにした。途中にオヤマボクチの群落があったので撮影しようとすると・・・??シャッターを切った後にエラーが出る。レンズを変えても電池を変えても同じ現象が起きてしまい、どうやらカメラ本体が霧で故障してしまったらしい。再びEos80Dを取り出すが1本のレンズは結露したままで使えず、残るレンズは星撮り用の超広角レンズしか無い。広角なのは良いがもともと星用なので接写が出来ないという難点があり思うようには撮れないがこれも止む無し。近付けるところまで近付いて花を撮ることにする。


    オヤマボクチの群落


    葉に切れ込みが無いのが特徴。山梨県では絶滅危惧種。


    トリカブトだが葉の切れ込みが深い。しかし幅は比較的広い。ホソバか、それともヤマか?標高2,200mなのでホソバトリカブトで良いのではないかと思う。


    セリバシオガマの群落


    登る時からずっと気になっていたのがこのアザミ。葉の切れ込みが深いものとあまり切れ込んでいないものの2種類があるように見受けられた。


    こちらは葉の切れ込みが浅いほうのタイプ。総苞片が長く先が尖っておりセンジョウアザミと思われる。


    御池小屋のお花畑もアザミがいっぱい。


    葉の切れ込みがやや深く葉が細めだが、総苞片の形は先ほどのものとほぼ同じで毛が生えている。おそらくは同じくセンジョウアザミと思われる。


    こちらは前日撮影したアザミ。葉の切れ込みが深くて幅が細い。


    総苞片の形はほぼ同じに見えるが茎に毛が生えていない。ミヤマホソエノアザミではないかと思う。

 北岳界隈で普通に見かけるアザミはセンジョウアザミ、ホウキアザミ、ミヤマホソエノアザミの3種類があるらしい。ホウキアザミは総苞片が細めで外皮片が短いのが特徴らしく、今回撮影した写真にはそれらしいアザミは写っていなかった。しかしミヤマホソエノアザミとの区別が難しくもう少し観察を繰り返さないと判別は難しいのではないかと考えている。今回はシダを含めて予習が足りなかったことは否めない。


    御池と鳳凰山。こちら側は晴れたが北岳は相変わらず暗い雲の中だった。


    白根御池小屋。登山者がたくさん、おっさんは少なく若者が多い。

 バスは2時半のはずだったので最後はちょっと急いで2時20分に広河原に到着した。ちょうど乗り合いタクシーが待っているところだったので乗せてもらう。同乗したグループが前日見学させていただいた北岳山荘の向かいにある北岳診療所の学生さんと看護婦さんたちだった。山の話や診療の話をしながら楽しく会話しながら帰って来ることが出来た。学生さんたちの熱心さと接客態度の良さにはとても感心させられ、こちらも大いに刺激を受けた。出来るならば山の診療所で一緒に仕事をしてみたいとも思わされた。

コメント (2)

雨は止んだ、いざ北岳へ  平成30年9月16日

2018年09月19日 | 花・花・花
 前日小雨の降る中を広河原まで移動して、広河原山荘に泊めさせていただいた。3連休ということもあり思っていたよりも小屋は混雑していた。未明に目を覚すとまだ小雨が降っていたが霧雨程度だった。天気予報では次第に天候が回復して晴れ間が見えてくるとのことである。足が遅いうえにゆっくり花散策したいので早朝4時半のまだ暗いうちに広河原山荘を出発してまずは八本歯のコルを目指す。


    朝焼けの空が広がった大樺沢の谷


    大樺沢二又。上のほうはまだ霧が巻いているが頭上には青空が見えてきた。


    アザミがたくさん咲いている。おそらくはホウキアザミ、ないしはミヤマホソエノアザミと思われる。


    こちらは別のもの。ヤハズヒゴタイ、ないしは高山型のミヤマヒゴタイ。


    咲き残りのミソガワソウ


    チシマヨモギ、別名エゾオオヨモギ


    八本歯のコル直下のハシゴ


    八本歯コルの直下から見下ろす大樺沢の谷と鳳凰山。緩そうに見えるが結構な傾斜、かつ沢沿いは石がゴロゴロで歩きにくい。


    紅葉が始まった北岳バットレス


    八本歯のコルから見る八本歯の頭と右に富士山

 予報通りに天候は回復し青空が広がった。北岳山頂はずっと雲が巻いていたが一時ではあるが雲海に浮かぶ富士山も姿を現した。これくらい天候が回復してくれれば上出来である。時刻は10時40分、この八本歯のコルから先が花探しの本番である。おそらくもう終わってしまっている花が多いであろうが咲き残りを期待して、時折ルートを外れて岩の間や岩の下の隙間を覗き込みながら久しぶりに訪問する初秋の北岳の花たちを存分に楽しむことにする。


    キンロバイがまだ咲き残っていた。


    イワインチン。これも咲き残りの株。


    ちょっと期待していたキタダケトリカブトだったが残念ながらほとんどが結実していた。来年の山岳レインジャー説明会で使う写真が撮りたかった。


    キタダケヨモギ


    ミソガワソウと左の赤っぽい葉がヤナギラン。北岳の標高2,800m付近に咲いているヤナギランだからキタダケヤナギランだろうと思っていたのだが全くの別物。


    タカネイブキボウフウのブーケ。紅柴色の蕾が美しい。


    初夏に見かけるミヤマシオガマよりも株が小ぶりでちょっと違う。


    タカネシオガマ


    見たかったのがこの小さなリンドウ。


    初めて出会う花、サンプクリンドウ。まだだいぶ咲き残っていた。


    こちらはほぼ満開状態。


    ヒメセンブリ


    想定していた以上にかなりの数に出会うことが出来た。


    岩の間や下を覗き込んでいたのはこんなシダを探すため。


    これこそ探していたキタダケデンダだと確信して撮影してきたのだが・・・


    胞子嚢。帰って来てから調べてみるとこれはタカネシダ(別名クモマシダ)。しかしこれでも山梨県絶滅危惧種ⅠB類の稀少なシダである。


    こんなところにタンポポが・・・何タンポポ?


    高度感があって怖そうに見えるトラバース道だが歩いてみるとさほどでも無い(と思う)。


    ウラシマツツジの紅葉が始まっている。

 北岳山頂近くまで探してみる予定だったのだが霧が多くなったことと4時半から歩き出した疲れも出てきて3時半に北岳山荘に入り受付をする。既に満室状態のようで1つの布団に2人で寝ることになりそうな気配だった。夜中に星の写真を撮りに行きたいことを話すと入り口の近くの寝床を確保してくれた。かつ、幸運なことにひとつの布団に一人で寝ることが出来た。

 夕食は5時40分からで少し時間があり、水場のあたりまで下りてみようかとも思ったのだがそんな元気は出ず、食事まで布団に横になって休み、夕食後は消灯前の7時半には眠りについた。明日は未明に中白根山まで行って北岳の上で廻る北天の空を撮影する予定だが・・・就眠の頃には空は雲に覆われ何も見えず、風も強くなってきた。さて、どうなりますか?
コメント (2)

小雨の広河原を散策  平成30年9月22日

2018年09月18日 | 花・花・花
 9月1日、2日に登る予定を立てて日程調整していた北岳だったが雨のため中止となってしまった。9月中旬の3連休も休みがとれたのは良かったが秋雨前線の影響でまたしても天候が思わしく無い。果たして登って大丈夫なものかどうか?山頂に行くだけの目的ならば行けるのだが、目的のひとつはまだ見ていない花を見ること、そしてもうひとつは星空の撮影である。後者はかなり難しい問題で、天候が悪いと撮影は困難、さらに雨が降るとカメラの故障やレンズの結露が起こるので花の撮影もままならなくなってしまう。とりあえずは天候を見ながら登るかどうか決めることにして、小雨の降る中を午後のタクシーに乗って広河原まで移動する。


    だいぶ小降りにはなったが北岳は全く見えそうもない。


    傘を差しながら広河原界隈を散策する。コウシンヤマハッカ。


    こちらは白花。


    目的の花はこれ。


    菌従属栄養植物 アオキラン


    盛期は若干過ぎていたがまだ十分に見られる。


    そこそこの個体数も確認できた。


    トラキチランと同じように半透明の不思議な植物。

 かつては登山道沿いでもかなりの数が見られたのだが草が茂るようになりだいぶ数が減ってしまっていた。鹿の食害では無く環境の変化で、これからも減少して行くのではないかと心配である。

 この日は広河原山荘に泊めていただき、明朝の天気を見ながら登るかどうか決めることにする。5時に夕食をいただき、7時には早々に眠りにつく。
コメント

実はあまり知らない普通に生えている草花 甲斐市矢木羽湖界隈を散策  平成30年9月13日

2018年09月18日 | 花・花・花
 高山植物や絶滅危惧種の花は図鑑やネットで調べるのである程度の知識が付いたが、実はほとんど知らない盲点になっているのが最も身近な道端や草地に生えている草花である。敷島町運動公園に隣接する矢木羽湖という貯水池があり富士山の眺望もあり桜の季節には良い撮影地となることを知り周辺の散策に出かけてみた。


    矢木羽湖。池越しに富士山が見えるのだがこの日は曇り空で見えず。池の周辺には桜の木が植えられている。


    池のほとりに生えていたガマ


    こんなところにこんなものが生えている。


    イヌハギ。これは絶滅危惧種。


    道端や荒れ地で普通に見かけるこんな草も実は名前を良く知らない。


    まさしく雑草。オオブタクサ(キク科ブタクサ属)。北アメリカ原産の帰化植物。ブタクサよりも大型で葉の切れ込みが少ない。


    これも普通に見かけるが名前は知らない。


    アレチウリ(ウリ科アレチウリ属)。北アメリカ原産の帰化植物。


    これも大群落を形成している。クズ(マメ科クズ属)。


    これも荒れ地で普通に見かけるが名前は知らず。コセンダングサ(キク科センダングサ属)。帰化植物。


    ノビル(ユリ科ネギ属)の花


    ウド(ウコギ科タラノキ属)。畑で栽培されているものらしいがほとんど放置状態だった。


    普通に生えているが何だか全くわからない。


    ほとんど知らないマメ科植物。たぶんトキリマメだと思う。


    これも良く見かけるが名前は知らず。


    コマツナギ。


    普通に見かけて何度も花の名前を耳にしているはずだが?


    ヤマホロシ(ナス科ナス属)だと思う。


    こっちはちょっと大型で花の色も濃い。葉がギザギザしているように見え、おそらくワルナスビだと思う。


    何じゃこりゃ?種になったナツトウダイ?


    マクロで花を見ると種の他に小さな白い花が付いている。調べてみるとオオニシキソウ(トウダイグサ科トウダイグサ属)という北アメリカ原産の帰化植物。


    エノコログサだと思うが色が黄色っぽい。


    キンエノコロ


    こっちは茶色っぽい。ムラサキエノコロ。


    草むらで良く目にするが?マルバルコウ(ヒルガオ科ルコウソウ属)。熱帯アメリカ原産の帰化植物。

 近場の野原や畑に行って草花を見ると、実は知らない植物ばかりでその多くは帰化植物であることがわかる。絶滅危惧種を追いかけるのも良いのだが、その前に身近にある植物の知識も付けておかなければいけないと感じさせられる。このような場所を歩くと自分のレベルの低さをしみじみと感じさせられる。

コメント (2)

確定出来ていないヒゴタイが咲く頃  平成30年9月12日

2018年09月14日 | 花・花・花
 大蔵高丸界隈のヒメヒゴタイとセイタカトウヒレンが見たくて湯ノ沢峠に至る林道を進んだが、台風の影響で崩落があったらしく林道は閉鎖されていた。ならば行く先変更、そろそろ咲き始めた頃であろうコウシュウヒゴタイと思わしき花を見に御坂山系の山に行ってみることにする。


    以前に比べて林道脇のススキがだいぶ茂ってきたように見受けられる。


    鹿の踏み跡と食害の跡も見られる。


    ここには貴重な秋に咲くハハコグサが生育している。


    茎と花の周辺にクモ毛が多いこと、枝分かれすることが特徴である。残念ながらまだ咲いていなかった。


    小さな株は咲き始めていたが、これだけだと遅咲きのハハコグサとの区別が難しい。

 林道を進んで登山道に入ればすんなりと山頂に行けるのだが・・・気が変わった。GPSを持って来ていることだし、尾根に取り付いて直登してみよう。何か変わった発見があるかも知れない。


    適当に尾根に取り付く。カラマツ植林帯とアカマツ、広葉樹林の混合林で、尾根は刈り払われて作業道が付いていた。


    岩がゴロゴロしている場所もあるが巻いて通過すれば問題無し。ついでに岩質をチェックしたが全て玄武岩だった。


    カラマツ植林帯は鹿除けの保護処置が施されていた。


    アキノギンリョウソウ


    標高1250m付近の小ピークにあった三角点(ないしは境界見出し標)

 山頂目前のところで斜面をトラバースするような細い道(獣道か?)があったのでそれを進んでみると、いつものごとく途中で道は消失していた。目指すヒゴタイが咲く場所はその斜面をトラバースした先の尾根にあるので、強引に斜面をトラバースして進むと途中の斜面にもヒゴタイがあったが花は咲いていなかった。ついでに他の植物も探しながら斜面をジグザグに歩きながら進んだが目ぼしいものは見つからなかった。


    まだ咲いていなかったヒゴタイ。


    幸運に1本だけ咲いていた。葉には少し切れ込みがあるがバイオリン型とは言えない。


    上から花を見る。


    総苞片は針金状に開出。数えてみるとおそらく6列だと思う。蜘蛛毛はほとんど生えていない。

 確信は持てないのだが、これらの葉の形や総苞の様子から見て、この花はコウシュウヒゴタイと見て良いのではないかと思う。他の場所の花ももう少し見歩いて比べてみたいと思っている。


    山頂に登り返す。ここは単なる通過点。帰りは普通のルートを下りる。


    ママコナ


    花の根元に付く托葉に棘があるのがママコナの特徴。棘が無ければミヤマママコナになる。


    キバナアキギリ


    シモバシラの花

 別の重要な花を探して何度か歩いているこの山域だが、どの場所を見ても玄武岩質で石灰岩らしき岩は見つからない。石灰岩地を好むその花はおそらくこの山域には生育していないのではないかと思う。
コメント (2)

『山と花と星の奏でる音楽会』を開催します

2018年09月10日 | 番外編
 音楽機器担当者が職場復帰したので上映会が開催できるはこびとなりました。

 下記日程で『山と花と星の奏でる音楽会 ~Autumn 2018~』を開催します。皆様お誘いあわせのうえご来場ください。



 天候不順のためまだイメージ通りの撮影が終了していない画像があり、天候と日程と仕事の都合を照らし合わせながら山の上に撮影に出かける算段をしているところです。本格的な映像編集は10月に入ってから行う予定です。
コメント

隣県の山(森)を散策に出かける  平成30年9月9日

2018年09月10日 | 圏外編
 本日予定していた花散策が予定変更となり午前中で散策は終了となった。残りの時間を利用して先日情報をいただいた隣県の森に咲くという稀少植物を見に行くことにする。全く予定していなかったのでその山域の地図は持ち合わせておらず行ったことも無いので全く土地勘が無い。情報をいただいた花仲間とこのあたりを良く歩いている花仲間に連絡をとり、詳細な情報をいただいてから現地に入るが・・・やっぱり初めての場所での花探しは難しい。


    これは山梨の草原でも普通に見かけるアザミ、トネアザミだと思う。


    こちらは?葉が披針形で切れ込みがあまり深く無い。山梨ではあまり見かけたことが無い。おそらくナンブアザミだと思う。


    コシオガマが咲いていた。さほど珍しいわけでは無いが見られると嬉しい花。


    ヒキオコシ。これは草原で普通に見られる。


    良く見ると可愛らしい花を付けている。


    驚いたのがこの黄色い花。こんな感じで普通に咲いているものなのか?


    ナガミノツルキケマン。山梨県ではほとんど見られなくなり絶滅危惧ⅠA類からDD(情報不足)に変わってしまった花。


    さらにこんなのも咲いていた。


    ミツバベンケイソウ。葉が3枚輪生する。山梨県でも稀に見ることが出来る。絶滅危惧種に指定されている県が多く、山梨県もいずれは指定される花だと思う。

 さて、お目当ての花はかなり詳細に場所を聞いたはずだが全く見つかる気配なし。何度も2人の花仲間に電話して聞くがどうにも見つからず、あきらめた頃に・・・斜面にちらりと変なものが生えているのが目に付いた。恐る恐る近付いてみると・・・あった。花期は若干過ぎていたが見られただけでも幸運である。


    探していた甲斐のサカネラン。


    甲斐の名前が付いているが最初に見つかったのが山梨県でその後山梨県内でこの花を見た人は居ない。いつか発見してみたいと思っている。

 本来は石灰岩地に咲くはずの甲斐のサカネランであるが、転がっている岩を見る限りではこの場所は石灰岩で構成されているわけでは無いように見受けられる。一部石灰岩を含んでいるのか、それとも石灰岩地では無い場所にも生育するのかは不明である。訪問者が何人か居るようで斜面の一部が写真撮影のための踏み台のようになってしまっており、花にとってあまり良い環境のようには見えない。他の場所には無いのかと周辺を探してみたが見当たらず、10個体に満たない個体数で生育を維持するのは難しいのではないかと思える。囲ってあげてあまり人が近付けないようにしてあげたほうが良いのではないかと思うのだが、山梨県外なのでそれも出来なそうである。

コメント