山梨百名山から見る風景

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。

越野の君を再訪する  平成31年3月21日

2019年03月22日 | 花・花・花
 本日は雨が降るだろうと思っていたのでお昼ごろまで布団の中に潜り込んで寝ていたが、外は雨が降っている様子は無くお昼近くになると陽が差し込んで来た。外を見れば青空が見える。折角の天候なのでちょっとだけ花を見に、10日ほど前に訪れてまだ蕾だった越野の君を再訪してみることにした。現地の林道脇駐車場に到着したのはもう午後4時を過ぎている。あまり時間は無いので真直ぐに現地に行く予定だったが・・・ついつい欲が出て、そちらにもあったと聞いている別の沢を登ってみた。


    落ちたら痛そうな沢の脇斜面をトラバースして行く。カタクリの葉はたくさんあったが越野の君は見つからず。


    滝の脇を通過する。


    ペンキマークがあるがここを登って行くのは結構大変そうだ。


    あきらめて沢から抜け出し登山道に登り上げる。お地蔵さんが立っていた。

 カタクリの葉がたくさんあったので同じような環境を好む越野の君が居ても良さそうなものだが、残念ながら出会えなかった。しかし、全く収穫が無かったわけでも無い。


    こんなところに固まって変な葉っぱが出ている。


    この季節にもう結実している花なんてそうは無い。


    散り残っていた花を見てみると・・・間違い無し、これはセツブンソウ。

 セツブンソウは石灰岩地に好んで咲くものだと思っていたが必ずしもそうでは無いようで、こんなところにも咲いていた。周辺の様子から見て自生のもので間違い無さそうである。範囲は狭いが密度が濃く、来年の花咲く頃が待ち遠しい。

 1時間ほどうろついたためにもう少し薄暗くなってきてしまった。急いで越野の君が咲く場所を訪問するが、薄暗いうえに風が吹いてなかなか撮らせてくれない。


    前回蕾だった株は満開。


    こちらも前回見た株。


    沢を見下ろして咲く花。


    幼弱な葉が何枚も出ている。


    下からのぞき込む

 ちょうど見頃の越野の君に出会うことが出来た。開花しているのは10株には満たなかった。幼弱な葉を含めても30株は無いだろう。限られた場所に限られた個体数しか無い大切な花である。 
コメント

鉄塔の尾根からのパール富士 富士宮市猪之頭  平成31年3月20日

2019年03月22日 | 月富士
 本日の夕方は富士宮市猪之頭の農道からパール富士が観察できる。天候を心配していたが午後になっても富士山は雲に巻かれることなく姿を現している。これならば夕方になっても富士山は見えてくれそうである。農道から撮影するのがいちばん楽であるが日没後に月が現われるので残照富士と月を撮ることは出来ない。そこでカシミール3Dと航空写真を使って場所を探してみると、猪之頭のさらにずっと奥にある送電線鉄塔の立つ尾根中腹から残照のパール富士が見られそうである。確か鉄塔巡視路があったはずだが登ったことは無い。まあ、なんとかなるでしょう・・・と安易な気持ちで登ってみることにしたが・・・そんなに簡単では無かった。


    植林帯から見上げる本日の目標地点。草地になって開けている場所に送電線鉄塔が立っている。


    林道のいちばん奥から登れば良いのだろうと思っていたがそこに道は無し。


    GPSを頼りに登り口を探す。ピンクテープがあったのでそれに従って登るが・・・道は無し。


    強引に尾根に取り付く。こんなところにエビネの葉が・・・。


    やっと見えてきた鉄塔。しかしその途中は茨だらけ。

 鉄塔巡視路があるはずだが取り付き口がわからずピンクテープを追ったがこれは道では無く林業作業の目印だったようだ。強引に尾根まで登り上げるがその尾根も倒木だらけ、さらに樹林帯を抜けて伐採地に抜け出ると今度はイバラだらけだ。痛い思いをしながらなんとか予定地の鉄塔尾根に到着した。登って来た尾根とは別の方向に細い道が付いていた。帰りのことを考えてルートを探ってみると、尾根沿いでは無くて枯れた沢沿いにルートが付いていた。


    登って来た尾根とは別方向にルートが付いていた。


    これが鉄塔巡視路。下山してわかったが、土手のところが崩れていて入り口が不明瞭になっており、土手を登ると小さな看板が立っていた。


    防火帯のようになっているこの尾根はイバラだらけで使えそうも無い。

 帰りのルートは確認した。さて、パール富士の時間まであと30分ほどある。担ぎ上げてきたカメラ2台をセットして月の出を待つが、薄雲が広がってしまい残念ながら赤く焼ける富士山は見られなかった。


    残照の時間だが西に雲が出て焼けず。右側の電線が邪魔だがズームをかけてこれをカットすれば問題無し。


    山頂に月が現われた。予定ではこの時間は富士山が赤くなっているはずだった。


    雲もほとんど焼けず。


    もう1台のカメラ。200㎜望遠。


    残照のパール富士にはならなかったが見られただけでも上出来。


    鉄塔尾根のパール富士


    月は間もなく雲の中に突入してしまう。


    雲に隠れる月


    再び月が現われる。空は焼けずここまでで撤退する。

 帰りは下見しておいた鉄塔巡視路を使う。途中の植林帯の中の倒木でやや分かりにくい場所があったが至ってまともな道だった。登りの苦労は何だったのだろうか?

 車での帰りの途中、月暈が現われた。位置的に朝霧アリーナあたりからだと富士山の真上で月が輝いてくれそうである。ついでにちょっと立ち寄ることにする。


    月暈現る。朝霧アリーナ駐車場から。


    富士山と月暈

 早朝からダイヤモンド富士を追いかけ、寝不足と体力不足で疲れ切った感がある。天候が良ければこのまま三浦半島まで移動して下見しておいた衣張山からパール富士を見る予定だったが、月暈が出ていて天候はこれから下り坂である。明朝のパール富士は諦めて、明日は存分に寝ることにする。
コメント

ミズバショウ咲く公園を訪れる 大窪いやしの森公園  平成31年3月20日

2019年03月21日 | 花・花・花
 笛吹市境側にある大窪いやしの森公園でミズバショウ祭りが開かれるらしい。山梨にもミズバショウがあることを最近知ったのだが果たしてどんなものだろうか?


    20台くらい駐車可能な駐車場が整備されている。


    藤垈(ふじぬた)の滝。滝というよりも庭園に引かれた用水のようだ。


    居ました、ミズバショウ。


    ちょうど見頃。


    それなりに数はある。


    しかし、整列して咲いているこの様子を見ると、どうやら植栽のようである。


    水際にネコノメソウ属の花。


    マクロレンズで覗いてみると、おしべが4本。これはネコノメソウだろう。


    ニリンソウが少し。


    オオイヌノフグリは近くの畑で満開。


    タネツケバナ。畑に普通に生えているが名前はすぐに忘れてしまう。


    見たかったのはミズバショウよりもこっちのスミレである。


    一見タチツボスミレのように見えるが花弁が波打っている。


    葉っぱもタチツボスミレよりも丸っこい。


    白っぽい花もありマルバスミレと間違えそうである。


    山梨にはエゾアオイスミレしか無いと思っていたのだが、これはアオイスミレ。

 アオイスミレが山梨県にもあることを花仲間のブログから知り、見に行ってみた。水際の土手にたくさん咲いているのを存分に楽しむことが出来た。高尾山や三毳山で見てきたが山梨県で出会うのは初めてである。

コメント

今度は少し左にズレた 朝霧高原ティアラ  平成31年3月20日

2019年03月21日 | ダイヤモンド富士
 それなりに寝たつもりだったが週末の疲れがまだ抜け切らない。この日も天気予報が晴れだったので懲りずに朝霧高原にティアラ撮影に行く。前回の3月18日撮影時は富士山との距離がやや遠いようで太陽と剣ヶ峰のマッチングが悪そうに見えたためもう少し距離を縮め、さらにポジションをやや左側に取ってみた。牧草地の農道脇でカメラをセットしていると2台車がやって来て皆ティアラ狙いだった。ほぼ私が計算した場所と同じ位置で5人が縦や横に並んでカメラを構える。他の人も同じ場所に構えているということは今度こそは・・・と思ったのだが。


    距離を縮めた分だけ立ち位置も狭くなる。私の前方には4人がカメラを構えていた。


    予定通りに左側がチカリと輝く。


    さらに山頂付近が輝き出した。


    この位置で右からも光が出るはずだったが・・・


    山頂の光が融合した頃にようやく右から光が現われた。


    わずかにずれた。3~5mくらい右寄りのポジションだった。


    残念。


    こちらが200㎜望遠。


    左と山頂が輝く。


    一応割れるダイヤにはなっているが・・・


    全く満足できず。

 なかなか天候が晴れてくれないだけにそう何度もチャンスは無いだろう。かつ、立ち位置がまかいの牧場側に移動して行くため剣ヶ峰の横幅が次第に広くなって行くため距離も変わって来る。なかなかティアラの達人の領域には達せない。
コメント

多分割ダイヤモンド富士ティアラ 成功?失敗? 朝霧高原  平成31年3月18日

2019年03月18日 | ダイヤモンド富士
 3月にしては冷え込んだ朝となった。朝霧高原の気温は-4℃だった。前日の夜から空が晴れ渡り、月齢11の月に照らされた富士山がどこのライブカメラを見てもスッキリと浮かび上がっている。久しぶりにまともなダイヤモンド富士が見られそうな天候である。秋田往復疲れと車中泊の寝不足疲れも重なっているのだが、こんな日を逃すと次はいつチャンスが巡って来るか分からない。早朝5時起きで朝霧高原に向かうが、GPSに本日の撮影場所が登録されていないのに気付き、職場に立ち寄ってカシミール3Dで位置を計算してGPSに登録してから出発する。出足が遅れたので甲府昭和から甲府南インターの1区間だけ高速道路を使って移動する。


    1,140㎜超望遠。本日の立ち位置はほぼ登録した座標点通りである。センサーは自力で清除したがまだゴミが目立つ。


    剣ヶ峰左から光が出た。予定通り・・・と思ったのだが。


    想定していたよりも早く右から光が現われた。かつ、雪煙が出てしまった。


    割れるには割れて多分割ダイヤになってくれた。


    しかし、雪煙が邪魔して思ったよりは輝かない、かつポジションももう少し左だった。おそらく3~5mくらい。


    撮るには撮ったが・・・これでは気に入らない。また挑戦。


    こちらは200㎜望遠。剣ヶ峰左右からチカリと光が現われたところ。


    割れるには割れたが右が大きい。


    雪煙が邪魔して輝きもいまいち。


    最大の失敗だったのはカメラに挿入していたメモリの転送スピードが遅く秒速1.5コマくらいしか撮れていないこと。これでは動画にならない。

 残念ながら今回も満足な画像は得られず、再挑戦である。4月25日(木)にアウトドアショップエルクで上映会を行うことが正式に決定した。それまでに1,140㎜超望遠レンズで撮影した割れるダイヤモンド富士の画像が間に合えば良いのだが、かなり難しくなってきた。
コメント

春を迎える準備と咲き始めたシュンラン 湯村山  平成31年3月17日

2019年03月18日 | 花・花・花
 甲府市の桜の開花は3月25日あたりになりそうである。桜の花が咲き出すと他の花も咲き出して忙しくなる。その忙しい季節を迎える前に、設置してある保護柵の修復を行っておかなければならない。まずはいちばん近場の湯村山である。

 前日の3月16日、止むごと無き用事で日帰りで秋田往復を強行してきた。予定通りに夜11時に東京まで戻って来たのは良いが、想定外だったのはJR中央線が架線断裂のために止まってしまったことだった。一部復旧して新宿から先は豊田までは運行されていたが車は高尾に止めてある。京王線で高尾まで行くことにしたのだが、11時以降に高尾まで行く電車は無く八王子止まりだった。止む無し、八王子からタクシーで・・・と思ったのだが、タクシー待ちの行列は40人は軽く居ようかという長蛇の列だった。しかもほとんどタクシーが来ない。1時間ほど待ってあと20人ほどになったが、深夜1時を過ぎてからは極端にタクシーが少ない。順調に行ってもあと1時間は待つだろう、いや、下手をすると始発の電車の時間になってしまうかも知れない。ここでまさかの山用のGPSを使うとは思わなかった。おそらく八王子から高尾まで歩いたほうが早いだろう。意を決してGPS片手に未明2時から高尾駅まで歩くことにする。1時間45分ほどで高尾駅に到着したが慣れない革靴を履いてのアスファルト歩きで足首が痛くなった。車に乗って中央道で談合坂サービスエリアまで行き休憩と食事にする。朝霧高原のダイヤモンド富士を撮りに行きたかったが空模様がいまいち、かつ疲れ過ぎた。時刻はもう朝の5時を過ぎてあたりが白々と明るくなってきた。あきらめて談合坂で車中泊することに決める。そして目が覚めたのは10時、片付けておかなければならない湯村山に行く。


    1ヶ所目は一部ポールが倒れかけていたのみだった。柵内には笹が伸びてきている。


    笹を鎌で刈り取る。昨年のキンランの柄が残っていた。


    無事に種を実らせてくれたようである。


    キンランと一緒に囲い込んだシュンラン。


    今年は花芽を付けている。


    柵の外ではシュンランが咲いていた。少し笹を刈り取ってあげたことが功を奏したようだ。


    2ヶ所目は倒木でポールが折れていた。破損がひどい。


    向こう側にあった木が朽ちて倒れたらしい。


    昨年の秋に撤去した保護柵の一部が近くに置いてあったので、それを使って仮修復した。時間が許すなら後日新しいポールに換えたい。


    さらにもう1ヶ所は柵が撤去されていた。理由はわからないが柵の設置をあまり良しとしない人も居るのだろう。草刈りだけしておく。

 柵が倒れてしまう最大の原因は風では無くて倒木や木の枝が落ちてくることである。丈夫な金網の柵では無くて家庭菜園や畑作で使うポールとネットなのでこれは止むを得ないだろう。これからも毎年修復に行かなければならないのかと思うと、すこし荷が重い気がしなくもない。

 今年はシュンランが当たり年のようで例年に無く花芽がたくさん付いていた。スミレも少しだけ咲いており散策してみた。


    シュンラン


    ほとんどがまだ蕾だったが咲き始めたものがポツポツとある。


    まだ蕾のシュンラン


    こちらはたくさんの花芽を付けているが・・・気になるのは葉がちぎれていること。おそらく食害だろうと思う。花芽が食われなければ良いのだが・・・。


    咲き始めたスミレ。葉がまだ展開していない。


    エゾアオイスミレ。


    タチツボスミレもまだ咲き始めたものが少しだけ。


    気の早いニオイタチツボスミレが一輪。


    センボンヤリは日当たりの良い斜面で咲き始めていた。

 ひょっとしたらゲンジスミレがもう咲いているのではないかと探し歩いてみたがまだ葉も見えなかった。

 ラン科植物は増殖に時間がかかるため、キラキラキンラン保護作戦と称したこの保護柵設置がどの程度の効果があるのかまだ結果が出ていない。ただ、目に見えて減少している湯村山のキンラン、ギンランはこのまま放置しておけばいずれは見られなくなってしまうことはほぼ確実である。鹿の食害だけでなく手軽に入れる山だけに盗掘も著しい。保護柵の設置は在り処を教えているだけだという意見もあるのだが、何もせずに無くなってしまうよりは遥かに益しだろうと思っている。今年はどれくらい咲いてくれるのか、期待して開花を待ちたいと思う。それにしても、JRのおかげでクタクタになった1日だった。

コメント (2)

笠雲ダイヤモンド富士 朝霧高原  平成31年3月13日

2019年03月13日 | ダイヤモンド富士
 本日も好天になる・・・はずだった。昨日に続いて本日も早朝5時起きで朝霧高原に向かう。この日の撮影地も牧草地の中であまり行き易い場所では無い。どこかに道が付いているだろうと探すが見つからず森を横切って現地に到着する。道は車を止めた道路とは反対側の道路から農道が延びていた。本日もティアラ狙いだが、精進湖を通過した頃から山頂には雲が湧き始めていた。これはまずいのでは・・・と思っていたが現地到着した頃から山頂に湧いた雲だけでなく富士山の真上にもモヤモヤとした雲が湧き出した。かと思うとあっという間に成長して笠雲になった。こうなるとティアラ撮影は困難である。セットした三脚を担いで位置を左に移動して笠雲の上に出るダイヤ狙いに切り替える。


    牧草地越しに見る富士山。山頂の上にモヤモヤした雲が現われた。


    彩雲になりそうな雲だったが・・・


    あっという間に成長して・・・


    笠雲になった。


    もう1台の200㎜望遠。


    単焦点レンズなのでこの画角でしか撮れない。


    雲が無ければダイヤになっている時間。光が放射する。


    笠雲の上に現れた太陽


    ダイヤモンド笠富士


    狙っていたのはこれでは無いが、撮れただけ良しとしよう。


    笠雲の中の太陽


    1,140㎜超望遠レンズでのティアラはまたしてもおあずけ。

 なかなか撮らせてくれないティアラだが、春霞が増えてなかなか空が晴れない季節になっただけにそう簡単には撮れないだろう。かつ、軌道の修正もまだ不十分なうえに微妙に起伏のある場所からの撮影であることも難しさの一因になっている。もう少し朝霧高原に通ってみたいと思う。    
コメント (2)

完全敗退 朝霧高原ティアラ  平成31年3月12日

2019年03月13日 | ダイヤモンド富士
 この季節に好天となる日はあまり多く無い。雨雲が通り過ぎた後の衛星画像を見ると雲がほとんどかかっていない空が広がっている。これはティアラ撮影のチャンス!と早朝5時起きで朝霧高原に向かう。先日撮影地の下見をしておいたがこの日の撮影地は牧草地の中であまり良い場所とは言えず、他の場所も探してみたがやはり良い場所が無く、森を突っ切って牧草地の中の撮影地でカメラを構える。ところが、目的地に到着する直前からあっという間に雲が湧き上り富士山は見えなくなってしまった。山頂が見えないのでとりあえずはわずかに見えている富士山の裾野でピントを合わせておくが画角は合わせられずほとんど諦めていた。ところが、ダイヤのほんの10秒ほど前から突然剣ヶ峰が姿を現す。あわててカメラを向けるが・・・セッティングが間に合わず画角のみならずシャッタースピードの設定も間違っていて全くまともな写真にはならなかった。


    ずっと雲隠れしていた富士山剣ヶ峰がダイヤ直前に突然姿を現す。あわててセットするが・・・


    連写に切り替える際に位置がずれたうえにシャッタースピードがいつもは1/2000~1/4000のところが1/10になっていた。


    完全に露出オーバー、さらにシャッタースピードが遅いためにブレてしまう。


    太陽の現れた位置も完全に左寄り、おそらく5~10mくらい立ち位置が左にずれている。


    なんとか2つか3つくらいには割れただろうとは推定される。


    いろいろとミスが重なり今回は完全に失敗。


    もう1台のカメラはシャッターを切った時にはもう太陽が昇ってしまっていた。


    しかしこの雲ではチカリと割れるダイヤは難しかっただろう。


    かつ、この位置だと剣ヶ峰の湾曲よりも太陽の大きさが大きすぎるのではないかと予想される。

 撮影は完全敗退だったが撮影位置からの軌道データは取れた。先日太陽が右から現れた軌道を元にして軌道修正して撮影に臨んだが今度は左に寄り過ぎである。おそらく、前回撮影時は撮影地の高度が道路を通すために低くなった分だけずれていたことが予想される。もう一度軌道修正してやり直しである。天候に恵まれることを期待する。
コメント

ほころび始めた越野の君  平成31年3月10日

2019年03月12日 | 花・花・花
 甲府市積翠寺の梅の花はそろそろ満開である。残念ながら今年はあまり花付きが良くないように見受けられる。桜はまだ蕾も見えないが暖冬だった今年ならばひょっとしたらもう咲いているのでは?朝霧高原で星空、吊るし雲、ダイヤモンド富士と撮影した後、1時間ほど仮眠してから立ち寄ってみた。


    自生地に行く前にちょっと別の場所を探索。カタクリの葉が出ていたのでこのあたりにもあるのではと斜面を登る。


    道に出た。


    先に進むと崩落地。ほとんど歩かれている様子は無い。


    さらに進むとヒノキの植林帯に入り、その先の沢に合流して道は無くなっているようだ。これは林業作業道だろう。

 まだ花の時期には早かったこともあるのだが、ほとんど収穫無く道を戻って林道に抜け出る。そして目的地に進むと・・・


    ヨゴレネコノメはまだ固い蕾。


    カタクリの葉(左)と越野の君の葉(右)


    まだ蕾だがもう越野の君がほころび始めていた。


    あと3日もすれば咲きそうな花に数輪だけ出会うことが出来た。

 今年から越野の君は新たに山梨県の指定種に加わった。数少ない貴重な花なのでこれからも大切に見守って行きたい。
コメント

吊るし雲のダイヤモンド富士 朝霧高原  平成31年3月10日

2019年03月12日 | ダイヤモンド富士
 朝霧アリーナで星の撮影を行った後、金星が富士山山頂と同じくらいの高さまで昇って来たところで切り上げて場所を移動する。富士山左側に格好の良い吊るし雲が現われており朝焼けで赤く染まりそうだったのでもう少し吊るし雲が見やすい位置に移動する。


    山梨県との県境まで移動する。東の空に出た雲が赤く焼けたが吊るし雲はあまり焼けていない。


    うまくすれば焼けた吊るし雲と富士山の上に輝いている金星が一緒に撮れるのではないかと目論んだ。


    しかし・・・


    期待するほど焼けずに終わってしまった。

 朝焼けの吊るし雲は辺縁が染まっただけであまり焼けることなく終わってしまった。

 さて、これからダイヤモンド富士を狙うのだが、予定していたティアラは富士山後ろ側に出た薄雲のためほぼ絶望的である。狙うならば山頂の真ん中付近から出るダイヤか、あるいはダイヤをやめてこの付近から吊るし雲を貫いて昇って来る朝日を狙うか、ということになる。山の上からダイヤを狙うと移動が困難なので選択の余地が無いのだが、下から狙うと車での移動が可能なのでいろいろな選択肢が出てくる。これが山上とは違う良さである。考えに考えて、真ん中から出るダイヤ狙いのために移動する。


    吊るし雲はいろいろと形を変えて行く。


    山頂が輝き出した。


    後ろ側に出た薄雲のためにチカリとしたダイヤにはならなかったが、吊るし雲の端から昇るダイヤモンド富士を見ることが出来た。


    吊るし雲のダイヤモンド富士。なかなかの力作かと思うが・・・。

 速攻で三脚をたたんでまた移動する。今度は吊るし雲の上で輝く太陽を撮るために車を運転しながら横目で雲と太陽の位置を見ながら移動し、再び山梨県の県境まで戻ってきた。


    吊るし雲を抜け出た朝日が輝く。雲の辺縁が彩雲になっている。


    彩雲吊るし雲と朝日。こちらもなかなかの力作かと・・・。


    吊るし雲のおかげで存分に楽しめた朝霧高原だった。

 ティアラ撮影はならなかったがなかなか見ることが出来ない吊るし雲ダイヤモンド富士や彩雲吊るし雲が見ることが出来た良い朝を迎えることが出来た。写真撮影は足だけでなく経験と頭も使わなければならないと感じた。
コメント