阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

ついに政権交代が実現!

2009年08月31日 02時07分28秒 | 政治
 皆さんの力で政権交代が実現しました。この歴史的大事業を、皆さんと一緒に実現できたことに、大きなよろこび、そして責任と使命感を感じています。

 私自身も小選挙区で、予想以上の大差で勝たせて頂きました。しかし、これは決してゴールではなく、スタート地点に立ったということ。これからが本当の闘いです。

 紀の川事務所で、そして海南事務所で、熱い熱い歓声に迎えられた感動は一生忘れません。しかし、私は万歳はしませんでした。浮かれている場合ではありませんからね。代わりに「国会でもガンバロー!」と、声を揃えました。

 本当に、これからが勝負です。

 公職選挙法では「お礼」をしてはならないので、「政権交代のご報告」として書かせて頂きました。

 
コメント (22)

いざ、最終決戦へ。力を合わせればできる!

2009年08月17日 22時45分31秒 | 政治
 
 日本の未来を決める衆議院選挙が、いよいよ明日公示、そして8月30日に投開票が行われます。政権選択選挙、歴史的なこの一戦に当事者として参戦できること、そして皆さんと一緒に闘えること、燃え上がるような使命感と喜びを感じています。

 皆さんに改めて問いかけたいと思います。

 官僚の天下りを放置し、利権に近い人たちだけが甘い汁を吸う政治がいいですか? 

 それとも、税金の無駄遣いをやめさせ、公正で、ひとりひとりの暮らしを守る政治がいいですか?

 箱モノ建設に依存し、和歌山の経済を先細りさせる政治がいいですか?

 それとも、子育て支援、教育、就業支援に至る人づくりや、医療、年金などの社会保障、そして農業を中心にした地域コミュニティー再生のために税金を分配する政治がいいですか?

 これまで、8000キロ以上自転車で走り、限界集落や、農家、町工場など皆さんの生活と仕事の場を訪ね、会話を続けてきました。

 もう、ほっとけやん! もう、変えやなアカン! そんな皆さんの声に支えられ、志高いボランティアの方々と支援の輪を広げています。

 明日から選挙戦が始まります。これまで通り、自転車に乗って選挙区中を走って走って対話を続けます。明日は海南から橋本まで走り、途中、各市町で演説を行います。

 政権交代という歴史的事業に、私たちは挑みます。そして、必ず実現できると信じます。皆さんと力を合わせれば!

 
 公示日以降はブログの更新、コメントの掲載はできませんので、ご了承ください。
コメント (7)

鳩山代表、再び来援!(8月20日)

2009年08月16日 23時47分41秒 | 政治
 鳩山由紀夫代表が、再び来訪します。和歌山2区は、大接戦のため重点選挙区に指定されているのですが、選挙戦の流れを決める前半戦に代表が応援に入ってくれるとは、本当にありがたい限りです。

 日時:8月20日(木) 15:40~16:10 

 場所:紀の川市下井阪交差点

 皆さん、ぜひ、ご参加ください! 


 写真は紀美野町・毛原宮での集会(8月16日)です。



阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (1)

「ミスター年金」長妻昭氏を招いて

2009年08月13日 00時22分51秒 | 政治
 ここ一週間は正念場とも言うべき日々が続いており、今日は民主党のミスター年金・長妻昭氏を招いての演説会を行いました。

 500人以上が収容可能な貴志川生涯学習センターは、約8割の入り。平日の昼間とは言え、満員にならなかったこと、長妻さんに申し訳なく思います。演説会が続いたため、街宣活動とポスティング、そして新聞折り込み中心の集客でした。不便な場所にも関わらず、これだけ集まってくださったこと、ありがたい限りです。

 長妻さんの話にはとても感動しました。「年金」という切実な問題において政府が全く頼りにならない中、徹底的に調べ、終始一貫、受給者・被害者の側に立って、ひとりで官僚と闘う姿。政治家として、本当に尊敬します。ミニ集会で「目指す政治家」と聞かれた時、私が必ず名前を挙げるのが長妻さんですが、今日、その理由が一層明確になりました。

 演説、そして質疑応答を終えた後、「消えた年金が戻ったんです!」と、何人もの方が涙を流さんばかりに長妻さんに駆け寄っていました。自分も長妻さんのような政治家にならなければと、心から感じました。

 そのためにも、日々完全燃焼です!


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (6)

公開討論会を終えて

2009年08月12日 22時19分19秒 | 政治
 今、公開討論会から帰ってきたところです。

 「知力、人間力の全てを賭けた決闘」という決意で臨みました。コーディネーターを通してお互いに質問することも可能だったので激しい応酬になりましたが、私自身は終始落ち着いて対応できました。日頃からミニ集会などであらゆる質問に対応しているので、余裕がありました。

 今日は岩出市での討論会でしたが、候補者の政策、そして品性や人格が露わになる公開討論会が選挙文化として根付くことには大きな意義があると思います。できれば、多くの場所で、少なくとも選挙区内の4市4町全てでやりたいと思いました。  

 内容については自己評価はしませんが、長妻さんの講演会が直前にあり、私の支援者はほとんど来ることができなかったにも関わらず、私が退席する時には、ひときわ拍手が多く、立ちあがって拍手して下さった方も多数いたこと、嬉しく思いました。

 候補者が全員揃ったのは和歌山県では2区だけでした。主催者の方々、出席して下さった候補者の方々、そして参加者の方々には心からお礼を申し上げます。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (2)

本日! ミスター年金・長妻昭氏の来訪と公開討論会

2009年08月12日 09時07分46秒 | 政治
 早朝活動の後、事務所に戻ったところです。

 今日は「ミスター年金」こと長妻昭・民主党政調会長代理が来援します。徹底的に現場主義で行動し、ひとりで官僚と闘える政治家・長妻さんは私がもっとも尊敬する政治家のひとり。この時期に来て頂けるなんて、本当にありがたい限りです。

 日時: 8月12日(本日!) 15:30~

 場所: 紀の川市貴志川町長原447番地1

     電車:わかやま電鉄貴志川線甘露寺前駅より徒歩10分
        貴志駅より徒歩15分

     バス:紀の川コミュニティバス「貴志川高校前」下車徒歩5分


 また、本日は、和歌山2区の立候補予定者の公開討論会も行われます。 

 
  場所:岩出市総合福祉センター(アイアイセンター多目的ホール)

     岩出市金池92

  日時:8月12日(本日!) 19:00~


 皆さん、是非ご参加ください。


 写真:私の活動に参加している青年チームです。全員極真空手の有段者で、全国ジュニア大会の優勝者が2人、準優勝が1人。さらに、2人は全日本選手権出場経験のある選手です。(東大生が初めて参加したとのことで話題になった選手です!)体力だけでなく、礼儀正しくやさしい心遣いで大活躍です。



阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (1)

藤川球児のような直球勝負で-橋本市での決起集会

2009年08月09日 23時33分06秒 | 政治
 今夜は橋本市で決起集会を行いました。かつらぎ町出身の平野博文役員室長、そして、私の指導教官でもある前田武志参議院議員が駆け付けてくださいました。

 連日集会続きなので、人が集まってくれるのか、とても不安だったのですが、橋本市民会館の大ホールが約550人の参加者で埋まり、いつものように熱い熱い声援を送って頂きました。

 今日は少し演出をしました。LINDBERGの every little thing every precious thing とともに入場したのです。甲子園球場で藤川球児投手が登場する時に流れる曲と言えば思い当たる方も多いかもしれません。

 時おり強い雨が降る中、一日中、自転車&演説、そして訪問活動をしていましたが、そのままの恰好で会場に飛び込みました。 

 曲が流れても、私がなかなか登場しないことを心配された方もおられたようですが、イントロが始まって約40秒後、「スタジアムに響き渡る歓声を吸い込んで、あなたはゆっくり立ち上がる♪」というフレーズの後に登場したのも藤川投手とタイミングに合わせました。駆け足で壇上に向かう私を、甲子園球場のような熱い声援で迎えて頂きました。

 球児にも負けない火の玉ストレートを参加者の胸に投げ込む。そんな決意を込めて、今日は民主党の政策よりも、和歌山再生への私の想いを中心にお話をさせて頂きました。

 最近の私の演説会は、本当に拍手や歓声があふれるようになりました。「もう、ほっとけやん!」「一緒に闘う!」「歴史を変える!」そんなメッセージを拍手や歓声に込めて頂いているのですね。「強制的な動員で集まる集会の雰囲気とはまるで違う!」そんな皆さんの声を心強く思います。

 しかし、闘いの本番はこれからです。皆さんの高揚感、そして温かい声援を力に、力の限り直球勝負を続けます。皆さん、ともに闘いましょう!


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (12)

若い力と新しい発想で未来を守る-前原副代表来援

2009年08月06日 21時09分37秒 | 政治

 今日は前原誠司副代表を迎えての演説会を海南で行いました。

 平日の昼下がりという時間帯、また中心地から離れた事務所前での開催だったので人が集まるかどうか心配だったのですが、約600人もの方々が集まってくださいました。前原副代表を含めた自転車11台を連ねて事務所前に着いた時には、まるでマラソン競技で優勝したかのような熱狂的な出迎えを受け、本当に感動しました。

 若い力での、新しい発想での政治というテーマでお話ししましたが、途中何度も熱い拍手を頂いて、度々演説を中断したほどでした。

 それにしても、私のまわりは本当に熱い感動で溢れているのを実感しています。
夜の紀美野町での集会も温かく、熱い雰囲気でした。ボランティアの方々、そして聴衆の方々との自然な共同作業で作りだしているこの雰囲気、間違いなく、熱く力強く多くの方々へ伝播しているのを感じています。

 正々堂々、徹底的に闘い抜いて勝つ。そして、約束した政策はやり切る。皆さんの後押しに応える決意に奮い立つ思いです。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (1)

やっぱり地元の人々!

2009年08月05日 22時24分43秒 | 政治
 今夜は海南市・野上地区での演説会を行いました。海南市では小学校の校区ごとに100人程度の演説会を続けてきましたが、今日はその最終の演説会でした。

 この地域は、私にとってのルーツの地。阪口家が代々住んでいた地域でもあり、多くの親戚が住んでいるところでもあります。自転車屋をしていた私の祖父・直次郎から一字を受け継いだ私が、自転車に乗って活動しているのも不思議なご縁です。「直さんのお孫さんかえ? 世話になったよぉ」と言われたことも一度や二度ではありません。私の渾身の演説に、参加者の方々も渾身の拍手と温かい雰囲気で応えてくれました。やっぱり地元の人々は温かい! と改めて実感しました。

 私の陣営の方々は、本当に手弁当で駆け付けて下さる方々ばかりです。自分自身、見返りなどは考えもせず長年ボランティア活動をしてきましたが、今、本当に必要としている時に、こんなにも多くのボランティアが協力して下さることにも運命を感じます。ボランティアの方々は「一緒に政治を変える」という高揚感にあふれ、その思いはまわりにも伝わります。強制的な動員や、利権を守るための集会の雰囲気とはまるで違うこと、参加者の方々はみんな感じてくださっていると思います。

 私にとっては偉大な先輩であり、兄貴のような存在でもある和歌山1区の岸本周平さんともよく話すのですが、本当に、日本が変わろうとしている総選挙に和歌山から立候補できるよろこび、そして責任、使命感には、本当に身震いするような思いです。民主党系の議員がひとりもいない唯一の県、自民党王国和歌山だからこそ、挑戦の意義がさらに大きくなっていると思います。

 自分のことなどはどうでもいいのです。ここまで応援して下さる方々のためにもも勝ちたい。今の政治によって苦しめられている方々のためにも勝たなければ! その一念で突っ走ります。 


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (2)

前原誠司副代表が来訪

2009年08月04日 22時11分33秒 | 政治
 
 公示日、そしてお盆休みを控え、今は一番忙しい時期かもしれません。

 早朝活動から日中の自転車活動、連夜の集会、さらに戦略会議など、一日中予定がビッシリです。一方でビラやポスターの作成、政見放送の収録やマスコミ各社からのアンケートや取材に応じながら、懸命に政策の勉強をしています。ブログの更新はどうしても後回しになってしまいます。

 さて、8月6日、前原誠司・民主党副代表が来援します。演説会を行うとともに、海南市内を自転車で一緒に走る予定です。

 日時:8月6日(木) 15:20~

 場所:阪口直人・海南事務所(海南市井田146-3)

 電話:073-482-1851


 また、明日は橋本・伊都事務所の開設を行います。


 日時:8月5日(水) 10:00~

 場所:阪口直人・橋本・伊都事務所(橋本市高野口大野265-3)

 電話:0736-43-1225 

 夜は海南市野上地区での演説会を行います。場所は沖野々住民センター(19:00開始)です。

 皆さんとお会いするのを楽しみにしています。
 

阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (1)