阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

「ミスター年金」長妻昭氏を招いて

2009年08月13日 00時22分51秒 | 政治
 ここ一週間は正念場とも言うべき日々が続いており、今日は民主党のミスター年金・長妻昭氏を招いての演説会を行いました。

 500人以上が収容可能な貴志川生涯学習センターは、約8割の入り。平日の昼間とは言え、満員にならなかったこと、長妻さんに申し訳なく思います。演説会が続いたため、街宣活動とポスティング、そして新聞折り込み中心の集客でした。不便な場所にも関わらず、これだけ集まってくださったこと、ありがたい限りです。

 長妻さんの話にはとても感動しました。「年金」という切実な問題において政府が全く頼りにならない中、徹底的に調べ、終始一貫、受給者・被害者の側に立って、ひとりで官僚と闘う姿。政治家として、本当に尊敬します。ミニ集会で「目指す政治家」と聞かれた時、私が必ず名前を挙げるのが長妻さんですが、今日、その理由が一層明確になりました。

 演説、そして質疑応答を終えた後、「消えた年金が戻ったんです!」と、何人もの方が涙を流さんばかりに長妻さんに駆け寄っていました。自分も長妻さんのような政治家にならなければと、心から感じました。

 そのためにも、日々完全燃焼です!


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (6)