阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

沖縄県民投票の結果を受けて

2019年02月26日 21時20分23秒 | 政治

辺野古への米軍基地移設を進めるための埋め立てへの反対が72%を超えた沖縄県民投票。この結果を無視できる国家が民主主義国家と言えるのかとの沖縄の人々は問いかけているように思えます。

すでに埋め立てが始まり、県民投票の結果に関係なく工事を進めると菅官房長官が言い切るなど、安倍政権が沖縄の民意をないがしろにする姿勢に沖縄の方々は無力感も感じていたはずです。しかし、辺野古に移設したところで上空を米軍機が飛び回る状況が固定化されるだけで危険性が大きく変わるわけではないことに対して行動を起こさずにはいられなかったのが今回の結果だったと思います。

ただ、この問題に道筋をつけることができなかった民主党政権の責任に眼をつぶるのはフェアではありません。私自身は、辺野古、徳之島、嘉手納統合などの可能性を何度も足を運んで探った上で、北マリアナ州知事とテニアン市長へのヒアリングを行った結果、北マリアナ州テニアンへの移設がベストと考えるに至りました。また、仲間とともにその根拠を示す努力を続けてきました。今回の投票結果はこの可能性を探る最後のチャンスではないかと思います。
コメント

バーニー・サンダース氏が出馬表明ー大統領選挙の民主党候補者指名争い

2019年02月20日 01時23分52秒 | 政治

 アメリカの若者たちを熱狂させたバーニー・サンダース現象にふれたものとしてはとても興奮するニュースです。

 2016年3月、ミャンマーへの民主化支援についてワシントンD.C.で講演する機会を頂きました。その際にバーニー・サンダース民主党大統領候補の熱烈な若い支援者と接する機会がありましたが、政治における正義の追求を掲げるサンダース氏の理念、つまり、上位1%のお金持ちを大金持ちにする政治から、99%の人々に対して公平な政治を実現する政治姿勢に多くの若いアメリカ人が共感している姿に、アメリカは変わる。世界は変わると興奮しました。

 サンダース氏に感化された人々が生み出した草の根政治活動を我々も学び実践すべきと何度も講演していることもあって、私にとってはビッグニュースです。

 本当はサンダース氏の理想を引き継いだもう少し若い世代が出馬するのが理想とも思いましたが、期待して見守りたいと思いますし、再び時間を作って応援にも行きたいとも思います。
コメント