阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

新たな役割-民主党国際局と広報委員会での仕事

2010年11月21日 23時36分11秒 | 政治

 ずいぶん長い間ブログを更新できませんでした。国会での活動がさらに忙しくなってきたことに加え、知事選対応に全力投球していますので、時間を取るのが難しい状況でした。ツイッターでつぶやくと、何となくブログを書いたような気分になることも一因かもしれませんが…。

 (時間がある方は11月18日に出演した「スタジオ民主なう」をご覧ください! 前半は井戸まさえ衆議院議員ですが、30分50秒ぐらいから私が登場します!)
 
 「スタジオ民主なう」に出演(11月18日)


 さて、新人議員をに積極的に登用することは菅直人総理の約束です。新しい内閣になって、私も2つの正式な党の役職を頂きました。
 
 1.民主党国際局副局長

 2.民主党広報委員長補佐

 です。

 外務委員会に加え、環境委員会にも所属することになったため、それぞれの部門会議や関連の勉強会への参画も増えて格段に忙しくなりました。嬉しいことですね。  

 国際局の仕事は「交流」が中心です。民主党には毎日のように外国から来客があります。大臣クラスを含めた議員の方々、研究者や大学の先生、各国大使などが次々に来訪されるので、西村智奈美国際局長、中林美恵子、米長晴信、私の3人の副局長が対応します。(岡田克也幹事長が同席することもあります)真剣な意見交換に来られるので、日本の政治制度や、民主党が目指す方向性、これまでの政権との違いについて、かなり突っ込んだ質問をされます。私はアジア担当なのですが、アジアからの来客が圧倒的に多いので、出席する機会は一番多くなります。こちらのメッセージを正確に伝えること、そして、事前に先方の国について勉強することが必須です。民主党を代表して外国の方々と交流することで政治家として鍛えられるので恵まれたポジションだと思います。

 一方、広報委員会は「今、民主党が取り組んでいること」を正確に伝えることが目的です。ジャーナリズムの役割のひとつは政治権力を監視することですから、政権与党として常に批判の対象になることは避けられません。しかし、中にいると的外れと感じる批判も非常に多いので、党として正確な情報をもっと提供することで、正確な理解をして頂くことを目的にしています。

 具体的には、委員会や部門会議、ワーキングチーム等で取り組んでいることについて、積極的に情報発信を行います。政党の広報と言えば、「都合のいいことだけを都合良く書く」のが目的と思われますが、実は正反対の方向を目指しています。「無機質な事実をありのままに伝える」ことで、今、党内で何が議題になっているのか正確に伝える。これは、これまで政党がやってこなかったことだけに、この精度を上げることは民主党に対する信頼につながると思っています。


 11月18日に放送された「スタジオ民主なう」では、かなりこの点に留意して発言しました。

 「スタジオ民主なう」に出演(11月18日)


 

阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

阪口直人のつぶやき(ツイッター)

ブログ「もうひとりの阪口直人」




コメント (4)

外務委員会での質問-ミャンマーの総選挙について

2010年11月12日 23時10分36秒 | 政治
 今日は外務委員会で、前原誠司外務大臣になってからは初めての質問を行いました。基本的には臨時国会での締結を目指す原子力の平和利用や、自衛隊とオーストラリア国防軍の相互連携に関する協定の関連質問でした。従って、経済外交の推進、すなわち国益の地球が同時に地球益、人類益につながるように、また、人権や民主主義など人類にとって普遍的とされる価値を守ることと両立するための政府の方針について質問しました。その一環として、今、聞くことがどうしても必要だと思ったので、極めて短時間ではありましたがミャンマーの総選挙についても質問をしました。

 1990年の選挙ではアウンサンスーチー氏が率いる国民民主連盟(NLD)が485議席中392議席を獲得。しかし、軍政は選挙結果を認めず、20年かけて「規律ある民主主義への移行過程」としての軍政支配を確立してきました。今回の総選挙は、その総仕上げとも言えるでしょう。しかし、その過程は、アウンサンスーチー氏をはじめ、「政治犯」である反対政党の有力者が立候補できない選挙法を制定するなど、軍事政権の政党が圧勝する環境作りの過程でした。また、下院の4分の1、上院の4分の1を現役の国軍将校に割り当てており、国軍は将来的な憲法改正に拒否権を行使できます。また、国軍は立法と四方に拘束されないので、議会は国軍の活動に異議を唱えることも不可能です。

 また、国際選挙監視団の受け入れは拒否、外国人ジャーナリストの取材も認めないなど、外国人が選挙の実態を知ることもできませんでした。

 軍事政権は「勝利宣言」をしましたが、多くの国が厳しい反応を示しました。オバマ大統領は「国際的に認められた基準に値しない」と述べ、クリントン国務長官は「欠陥選挙を行うことで民政移管のチャンスを逃した。深く失望した」と声明を発表しました。また、欧州議会のビルマ議連は「EUはビルマの選挙結果を認めるべきではない」との立場を表明しました。一方、中国外務省は「穏やかに、上首尾のうちに終了した」とのコメントでした。

 また、多くの在日ビルマ人の方々が求めるタンシェ議長とアウンサンスーチー氏の対話実現に向けた後押しもお願いしました。(まずは、13日とも言われる解放が先ですが)

 そんな中、前原大臣に日本政府としての考え方を求めたのが、下記のやりとりです。 
 
 http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php(衆議院外務委員会インターネット中継。2010年11月12日)

 お互いの目を見ながら意見交換した私には、私たちは基本的な考え方を共有していることを感じました。批判のトーンは控えめながら、今回の選挙の正当性は認められないとの大臣の強い意思を感じましたが、皆さんの心には、どのように映ったでしょうか? 


 
コメント (8)

ふじ本まり子決起集会

2010年11月07日 00時57分21秒 | 政治

 ふじ本まり子決起集会を岩出市で実施。かつらぎ町に馬淵大臣を迎えて行った先週に続き、400人を超える熱い支持者が結集してくださいました。

 官僚的な行政を、庶民の目線、女性の感性で変える決意を語るふじ本まり子の演説には凄味が出てきました。県政の刷新により生みだした利益を景気対策、特に雇用の確保のために思い切って使うべきとの主張。和歌山を隈なく歩き、対話を続けているふじ本まり子の声だからこそ、政権与党として真摯に耳を傾ける必要があります。

 県民の心を心とし、共に泣き、ともに闘える政治家が今こそ必要です。知事選挙の投開票は28日(公示日は11日)です。今こそ、皆さん力で和歌山を変えるチャンスです。

 
コメント (3)

「ほんま 今せな あかんのよ!」ふじ本まり子決起集会

2010年11月05日 23時42分58秒 | 政治
 
 明日は、県知事選挙に向けたふじ本まり子氏の決起集会(和歌山2区)を行います。

 「ほんま、今せな あかんのよ!」皆さんの力で大きなうねりになってきた県政刷新の流れをより大きな確かなものにする! そんな決意を込めて全力で支持を訴えます。

 本来は前原誠司外務大臣に応援に来て頂くことになっており、岩出市、紀の川市を中心に5万枚のビラを配布・新聞折り込みを行い、私の後援会の方々を中心に、民主党の掲示板にも「前原大臣来援」の手作りポスターを貼って準備していました。しかし、日本を取り巻く状況の変化もあり、前原外務大臣のAPECでの役割が増大。決起集会への参加が不可能になってしまいました。本当に残念で、申し訳ないのですが、急遽お願いし、武正公一前外務副大臣(現在は民主党選挙対策委員長代理)と北神けいろう衆議院議員に来援頂くことになりました。

 週末の予定は各議員ともビッシリ入っており、直前に代わりに来て頂く議員を見つけるのは絶望的でした。地元で、国会で、精力的に活動している武正議員は特に難しいと思ったのですが、必死にお願いしたところ快諾を頂きました。昨日の衆議院本会議開始2分前のことだったのですが、地元での予定をキャンセルして来て下さることになりました。ありがたいことです。

 明日の決起集会の時間・場所は下記の通りです。


 日時:11月6日(土) 13:00~

 場所:岩出市中迫交差点

 
 明日も100名を超える方々がビラ配りにも参加して下さいます。皆さん、元気な和歌山の実現に向けて、ふじ本まり子とともに、私たちの力を、そして心を合わせましょう! 明日の決起集会、是非、ご参加ください。


 写真:馬淵大臣来援の時の街頭演説の様子です。雨の中、400人もの方に来訪頂きました。

コメント