阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

岡田克也・民主党副代表来たる!

2008年10月29日 21時50分08秒 | 政治
 11月1日、岡田克也民主党副代表が来訪し、橋本市および紀の川市粉河で演説を行います。

 15:40~ 橋本市・橋本商工会館8階大ホール

 17:30~ 紀の川市・粉河オークワ前


 鳩山幹事長に続き、同じく代表経験者の岡田克也副代表が来て下さるとは、本当にありがたい限りです。19日の事務所開きから10日あまりで3回目の大きなイベントですが、今回も成功させるために、全力で準備をしているところです。


 皆さん、是非、ご来訪下さい! (写真は昨年、海南で講演会を行った時の岡田克也副代表と私です)



 鳩山由紀夫幹事長と海南で行った演説会の記事が民主党のHPにアップされました。是非、ご覧ください! 

 http://www.dpj.or.jp/news/?num=14424


コメント

増えてきた対話集会

2008年10月27日 23時59分04秒 | 政治
 昨夜はかつらぎ町、今日は高野山で、対話集会を行いました。後援会組織つくり、そして空海の教えと世界遺産で世界的に有名な町の街づくりについて、深夜まで活発な意見交換ができ、本当に有意義なひとときでした。最近は連日のようにミニ集会に参加させて頂き、ありがたい限りです。

 上手く写真が撮れなかったので、昨日の、鳩山幹事長との海南演説会の写真を載せることにしました!

 
コメント (3)

鳩山幹事長を迎えての海南演説会

2008年10月26日 23時36分02秒 | 政治

 鳩山由紀夫幹事長を迎えての演説会は、雨の中、500人以上の方々に熱狂的に迎えて頂き、本当に素晴らしい時間を共有することができました。

 和歌山の政治が変わる手応えを強く感じました。

コメント (1)

カンボジアで芽生えた「農村観光」への興味

2008年10月23日 21時01分50秒 | 政治
 今日は10月16日に書いた「農村観光の可能性」について、三高さんが書いて下さったコメントに関して書くことにします。

 グリーン・ツーリズム(農村観光)、エコ・ツーリズム(自然を守り学ぶ観光)に対する興味は、1995年「新生カンボジア・3年目の現実」というNHKのドキュメンタリー番組でリポーター、インタビューアーとして取材チームに加わったのがきっかけです。

 私は1993年に行われたカンボジア総選挙に、国連ボランティアの選挙指導員として参加しました。多くの犠牲を出しながらも選挙は一応「成功」し、平和への道筋を作ることはできましたが、長年の内戦でインフラも人的資源も壊滅的な打撃を受けたカンボジア政府は、とても自力で経済復興を遂げる力はありません。そこで外貨獲得手段として期待したのが、世界的な文化遺産アンコールワットの観光開発でした。

 しかし、アンコールワットを訪ねた観光客を対象にカジノやナイトクラブなどの開発を行い、手っとり早く外貨獲得をしようとする政策は、政治家や政府高官の腐敗、貧富の差の拡大、売春宿などで働く少女たちの人権問題など、様々な負の影響を生み出していました。私は選挙指導員として、約1年間、山岳少数民族の村に住んでいましたが、この村は、おそらく何百年も前から続く風習が残っており、私は、自分の価値観が揺さぶられるような影響を受けました。ナイトクラブツーリズムではなく、農村の豊かな風景とともに生きるカンボジア人やカンボジア文化の希少性から学び、現代人の価値観を再構築するような旅行形態を提案してこそ、カンボジアの良さが生かせるのではないかと考えたのが、この番組作りに参加したきっかけでした。

 その後、旅行雑誌に連載を持っていた時期があって、世界のエコツーリズムや遺跡発掘などのワークキャンプの紹介をしていましたが、実際に経済の活性化に繋がるのか、アカデミックな視点で研究してみたいと思いました。当時は教員をしながら国際協力のボランティア活動を続けていたので、夜も通える埼玉大学大学院の修士課程で経済学を学び、修士論文も、グリーンツーリズム、エコツーリズムと経済効果について執筆しました。

 今、和歌山で、かつて研究したテーマを政策に活かせる場にいるのは嬉しい限りです。その意味でも何としても当選しなくてはなりません。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント

10月26日、鳩山幹事長、海南に!

2008年10月22日 23時11分17秒 | 政治
 今日は海南市の自宅前での早朝活動を皮切りに、街頭演説、そして、企業回り、支援者回りを行いました。

 夜は海南市で「政権交代が実現すれば、日本はこう変わる!」というタイトルで勉強会の講師を務めました。100人ほどの参加者が熱心に参加してくださいました。政策決定のプロセス、政治と行政の関係、税金の使われ方、そして具体的な政策が、実際にどのように変わるのか、じっくりお話しさせて頂きました。

 最近は10~15分程度のお話をすることが多いのですが、時間があればあるほど具体的な話ができるので、自分には向いているように思います。

 どちらにしても、1分間スピーチから、2分、3分、5分、10分、15分…そして1時間以上と、毎日あらゆる長さのスピーチの連続です。時間的制約の中でいかに政策を、自分を知ってもらえるか、全てが真剣勝負です。

 さて、10月26日、鳩山由紀夫幹事長が、急遽海南に来ることになりました。私と一緒に商店で歩行遊説を行い、その後、街頭演説を行うことになりました。


 10月26日(日) 

 15:00~15:45 海南駅前商店街 歩行遊説

 15:45~16:30 JR海南駅前 街頭演説


 弁士:

 民主党幹事長:    鳩山由紀夫

 和歌山2区総支部長: 阪口直人

   
 本当にありがたいことです。今回は皆さんとふれあう時間も多く取れそうですので、是非、ご参加ください。

 
阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (2)

1ヶ月で1000回の演説!

2008年10月21日 21時25分41秒 | 政治
 今日は昼過ぎまで紀の川市で訪問活動をした後、午後は海南市で街頭演説をしました。みかん畑や漁港など20ヶ所で演説をして、政権交代の必要性や民主党の農業・漁業政策などを訴えました。

 みかん畑の中で、そして路上で、本当に多くの方々が、熱心に聴いて下さり、終わった後は、握手をするのに走り回りました。また、沢山のみかんも頂きました。政治が変わることへの期待を、今日も痛いほど感じました。

 街頭演説はこれまでも続けてきましたが、とにかくこの1ヶ月はできる限りマイクを持とうと思っています。目標は大きく1000回に決めました! 盛り上がれば盛り上がるほど回数を稼げないのはつらいところですが、自転車で、そして街宣カーで、走り回っては演説という活動を続けます。皆さん、見かけたら、是非、声をかけて下さいね! 

  
コメント (2)

もう、ほっとけやん!

2008年10月19日 23時59分33秒 | 政治

 今日は事務所開きを行いました。早朝の実施、また、地域の行事やお祭りなどで難しい日程だったにもかかわらず、本当に多くの方々に参加して頂き、大盛況でした。心から感謝を申し上げます。

 「きれいに演説しててもアカン」「本来の熱さをもっと前面に出そう!」そんなご助言を多くの方に頂き、ひたすら熱く訴えました。

 さて、私のキャッチフレーズはこれまでは「変える勇気を!」でした。しかし、「国民の生活を守る」どころか、守るのは自分たちの利権だけで、国民を苦しめる政治は、もう、ほっとけやん! そんな思い、そんな声をそのままに使わせて頂くことにしました。つまり、「変える勇気を!」を進化させたのが、

 「もう、ほっとけやん!」

 なのです。もちろん、今日の決意表明でも何度も叫びました。

 皆さん、今度の衆議院選挙は、これまでの、どんな選挙と比較しても特別な意義を持つ選挙です。政権交代が実現すれば、税金の使い方が抜本的に変わります。そして、私たちの生活を、未来を守れる政治に変わります。私が和歌山2区で、小選挙区で勝てれば、政権交代は実現するでしょう。

 それは、皆さんの勝利、和歌山の勝利、そして日本の勝利なのです!

 力を合わせ、新しい日本の歴史を作りましょう!


 もう、ほっとけやん!

コメント (6)

「農村観光」の可能性

2008年10月16日 23時32分18秒 | 政治
 yoshiさん、コメントありがとうございます。

 昨日は農家を取り巻くお話を沢山聞くことができて有意義なひとときでした。後継者の問題は、本当にどこに行っても最大の悩みのようです。

 「農業だけでは食べていけない」現実を直視すれば、戸別所得保障の創設は勿論ですが、やはり、農業・環境に関連した産業を興すこと、また、「農業をやりたい」都会の方と、「農業を継がせたい。手伝ってもらいたい」地元の方々を効果的にマッチさせる政治・行政・NPOなどの仕掛けが必要になると思います。私がかつらぎ町において一番可能性を感じるのは「農村観光=グリーンツーリズム」です。「食の安全」「ふれあい」「癒し・安らぎ」に対する需要は、大変大きなものになってきていますから、大阪などから週末に来れる紀北地域は絶好のロケーションにあると思います。

 私がかつてリサーチで訪ねた長野県飯田市は、バブルの時代のリゾート開発、スキー場開発に乗り遅れ、長野オリンピックの恩恵もなく、経済的に停滞が続いていました。しかし、だからこそ残った農村風景や、名古屋などからの距離の近さを活かした「農村観光」→定住に向けた仕掛けが大きな支持を呼び、今では日本の「農村観光」のメッカになり、関連して農作物の加工なども活況を呈しています。私は、かつらぎ町、九度山町、紀の川市などは、同じようなコンセプトで農村観光を開発する大きな可能性があると考えています。

 それにしても昨日の月は本当にきれいでしたね。大きな見事な夕陽が沈んだ後に、もうひとつ太陽が昇ったのかと思うほど、柿畑の向こうに見えた月は見事でした。私は和歌山で見る月や星空、夕陽の美しさは、都会とは比較にならないほど美しいと思います。これも立派な観光資源です。

 明日は橋本市で早朝活動です。毎日毎日日の出の美しさも味わえるなんて、本当に幸せなことですね!




阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」
コメント (4)

柿農家は収穫真っ盛り!

2008年10月15日 23時33分44秒 | 政治
 毎日毎日、自転車で地域をまわっては農家の方々とお話をしています。今日はかつらぎ町の柿農家の方々と話しました。今は柿の収穫の真っ盛りです。

 私は世界の多くの国で生活・仕事をした経験がありますが、和歌山の農村風景の美しさは際立っていると思います。

 和歌山の大きな財産は、農村であり農村風景。農村を中心とした和歌山の自然、文化を活かして人とお金が動くように仕掛けること、和歌山に今ある良さを活かして開発を行うことが活性化のポイントでしょう。

 農業については、戸別所得補償制度を実施し、流通過程を効率化することで小規模農家も「食べていける」ようにします。また、後継者作りのため、果物の加工、さらに輸出に力を入れることで和歌山の産品のブランド化を進めます。農業や農村での生活を経験できる「農村観光」も活性化します。また、全国屈指の日照時間を活かし、太陽光エネルギーなど、持続可能な自然エネルギーの拠点にします。

 和歌山は「日本の環境首都」になれる可能性があります。農業、環境、観光を一体化して発展させることで、誰もが住みたい、行ってみたい場所になる! 今日は、農家の方々とこんな話をしました!


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」



コメント (1)

「事務所開き」のご案内

2008年10月10日 09時36分14秒 | 政治

 今朝は岩出市の風吹峠で早朝活動を行いました。今、事務所に戻ってきたところです。

 さて、衆議院選挙に向けて後援会事務所を新たにつくりました。下記日程で事務所開きを行いますので、奮ってご参加下さい。

 日時:10月19日(日) 10:00~

 場所: 〒649-6551 紀の川市上田井(こうだい)46

 国道24号線沿い。旧粉河町の打田町との境界近くです。正面に上田井バス停があります。レストラン「ジョイフル」が目印です。カラオケ「ごじらくん」の跡地です。

 一人でも多くの皆様と「政権交代」への思いを共有させて頂きたく、来場をお待ちしております。


 阪口 直人  


 
コメント

ミニ集会と「連れ回し」

2008年10月07日 23時57分00秒 | 政治
 連日、早朝から深夜まで、ギッシリ予定を入れて活動しています。印刷物や事務所設営の準備などにも追われる今の時期が一番大変なのかもしれません。

 さて、最近、支援者への「連れ回し」やミニ集会をしてくださる方が増え、ありがたい限りです。挨拶回りは、基本的には自転車に乗ってひとりで行ってきましたが、キーパーソンになってくれそうな方々を紹介して頂ければ、本当に助かります。

 あ、今日の連れ回しでは、前にもブログで紹介した藤原紀香さんと遠縁にあることがわかりました。親戚が増えていくのもこの活動の楽しみですね。

 
 明日の早朝活動は、岩出市の国道24号線沿いで行います。


コメント (2)

最近の活動

2008年10月04日 08時09分17秒 | 政治
 皆さん、こんにちは。ブログの更新が滞ってしまいましたが、ご心配なく! 解散・総選挙を睨み、早朝から深夜まで毎日全力疾走しています。

 政権交代を賭けた次期衆議院選挙は日本の歴史上、もっとも意義のある選挙ですし、そんな闘いに当事者として参加できることのやりがい、そして責任の大きさを日々痛感しています。そのための準備に全力を尽くしています。

 最近は、夜遅くまで「連れまわし」やミニ集会で対話する機会を頂き、ありがたい限りです。今日は沢山の運動会が行われる秋の休日。紀ノ川筋を自転車でワイドに展開し、できる限り、多くの方々と対話を行ってまいります!

 では、行ってきます!



 
コメント (1)