阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

松下おさみ候補の東牟婁での挑戦

2015年04月10日 11時25分37秒 | 政治

 和歌山県会議員選挙は、投票日まであと2日。今日も早朝からにへい文隆候補の応援。午後は、岩出選挙区から立候補している山たけひこ候補(無所属。民主党推薦)の応援に入ります。沢山の応援要請、ありがたい限りです。

 先日は東牟婁郡から和歌山県会議員に立候補している松下おさみ候補の応援に入り、串本町、古座川町、那智勝浦町、太地町をまわりました。東牟婁に入るのはこの1ヶ月あまりで3度目です。

 万葉の時代から独自の歴史と文化を育んできた美しい熊野地域(東牟婁郡)を守りたい。そして、全国の人がこの地域で暮らし子供を育てたいと思える地域にしたい。その思いを実現するため立ち上がったのが松下おさみ候補です。

 現状の和歌山県は日本でもっとも人口流失の激しい県のひとつであり、その状況が一番深刻なのが東牟婁郡です。この状況を変えるため、松下おさみ候補は串本町議会議員として、教育、ふるさと再生等の問題に取り組んできました。しかし、本来は県民のために実施されるべき政策が、様々なしがらみで決められる状況が続いています。橋下市長が大阪で取り組んでいる改革、まずは身を切る改革を断行し、税金を無駄なく使える政治を和歌山で、そしてふるさと東牟婁郡でも実行したい。そのためには政策や予算の使い方を県議会で提案することが必要と挑戦を決意してくださいました。

 私自身も2007年に参議院選挙に立候補し、和歌山県南部は、改革を訴える候補にとっては全国でもっとも厳しい地域と実感しています。松下候補にも自民党現職の陣営から様々な圧力がかかっているらしく表立って応援できる方々は限られているようですが、徐々に雰囲気が変わってきたことを今回も実感しました。小雨が降り続く中でしたが、今回も人々の反応があればできる限り松下候補には車を降りて挨拶に走ってもらい、私はその様子を実況中継。さらに私も走って話を伺う活動を続けました。あと二日、全力で頑張りましょう。














コメント

中田厚仁さんと桜の思い出 再び

2015年04月08日 21時00分45秒 | ボランティア

 新しい生命が芽吹く季節がやってきました。その中でも桜ほど、春を迎える喜びを感じさせてくれる花はありません。きっと皆さんにも、桜と共に心に刻まれた多くの記憶があることでしょう。

 桜は私にとっても特別な花です。とりわけ22年前からは・・・。

 カンボジアで国連ボランティアとして共に活動した中田厚仁さんが射殺された日が桜の季節だったのです。22年前の今日、4月8日のことでした。

 酷暑のカンボジアに桜はありませんでしたが、知らせを聞いた厚仁さんの家族は桜の一枝を持ってプノンペンにやって来ました。厚仁さんが生まれた時に庭に植えた桜の一枝だったそうです。

 1995年、私自身も武装集団に襲撃されたことがあります。命の終焉を覚悟した恐怖。一瞬の後に実感した生きる喜び。それは自分にとって運命的な瞬間でした。自分の命が大切であると同時に、他人の命も同様に尊いのです。それが理不尽な戦争で奪われることがあるとすれば、何と悲しいことでしょうか。

 身近な人が命を奪われ、自分自身も命の危機に瀕した経験は、自分の使命を明確にしてくれました。平和の尊さ、戦争の悲惨さを伝え、平和構築に寄与すること-私の政治活動の原点は、全てそこにあります。

 「僕の夢は世界を平和にすることなんです」ルームメートだった厚仁さんは、幼い頃ポーランドで見たアウシュビッツの記憶と共に、彼を駆り立てた思いを話してくれました。

 その厚仁さんが亡くなって22年、彼は命を失った代わりに国際ボランティア活動に光を当て、間違いなく日本人の価値観にも変化をもたらしました。

 彼が渡してくれたバトンをしっかり繋ぐ責任。より多くの人々と共に果たしていきたいと思っています。

 今年の桜は、統一地方選挙の応援の中で沢山見ることができました。投票日には沢山の桜が咲くことを願いつつ、中田さんもこんな桜をもっと見たかっただろうなぁ・・・と、この間の22年に思いを馳せていました。彼の分まで中身のある人生を生きなければと思いを新たにしています。


















コメント

和歌山に維新をー平成の西郷どんとの闘い

2015年04月03日 10時47分35秒 | 政治

 いよいよ統一地方選挙が始まりました。和歌山県では県議会議員候補者として和歌山市選挙区の菅原博之氏、東牟婁選挙区の松下修巳氏、和歌山市議候補に林隆一氏と山野麻衣子氏と5人の公認候補を擁立していますが、今日は和歌山2区の海南・海草選挙区から立候補している県会議員候補・二瓶文隆さんの出陣式で挨拶しました。

 挨拶では私の叔父・阪口雄三が30年かけて調べ上げて書いた明治維新最大の功労者・西郷隆盛の伝記『巨眼さぁ往く』『巨眼さぁ開眼』を紹介。和歌山の西郷どん、二瓶さんとの不思議なご縁、自民党王国で立ち上がって下さった勇気、『ないものねだりよりもあるもの探し』と海南・海草に今ある良さに磨きをかける政策、また、この1ヶ月の精力的な活動で100キロ→93キロに激ヤセ中で、とてもスリムになったことなどをお話しました。今にも嵐がきそうな荒天でしたが、私自身は候補者本人以上にマイクを持って熱く訴える予定です。みんなで嵐を起こして二瓶さんを当選に導きたいと思います。

















コメント