阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

和歌山総支部、スタート!

2013年10月28日 22時15分46秒 | 政治

 昨日は、日本維新の会・和歌山総支部の設立イベントを行いました。設立総会、中田宏国対委員長代理を招いての記念講演会、さらに総支部事務所開所式を行い、和歌山での維新が本格的にスタートしたことをアピールする機会を作りました。右でも左でもなく真っ直ぐ前に進む改革政党であること、改革勢力を結集させて自民党に対峙していくこと、地方選挙には積極的に公募を行い、候補者を擁立していくことなどをお話しました。中田宏国対委員長代理には、横浜市長時代に行った改革についてお話頂きました。横浜市の借金を何と1兆円も減らした中田市長。改革を本気で進めようと思えば、とことん嫌われ、政治家として殺されるほどの途轍もない抵抗に遭うこと、それでも維新は既得権益を打ち破り、自民党に先回りして本当に必要な改革を進めて行くことなどを熱く話して頂きました。



写真上:設立総会にて。私が代表として正式に承認され、山下大輔前和歌山県会議員には幹事長を引き受けて頂きました。


写真上:記念講演会では、私自身の政治的価値観について、そして、全く新しい発想で社会正義の実現と自立できる個人を後押しするのが私たちの目指す政治と訴えました。


写真上:本当の改革がいかに困難であるか、横浜市長として自分自身の体験に基づくお話は、テンポが良く説得力があり、30分近く時間をオーバーしてもまだまだ聞きたいと思わせるものでした。


写真上:常任幹事会のメンバーの方々です。3人の議員・首長経験者と、和歌山1区から3区にわたる支援者に快諾して頂き、充実したメンバーになりました。



写真上:まずは海南市議選挙で必ず候補者を立てられるように働きかけていきます。
コメント

第13回和歌浦ベイマラソンwithジャズ

2013年10月27日 23時59分16秒 | スポーツ

 昨日は午前中はハーフマラソンに参加。その後、私の後援会「咲かそう会」の総会、和歌山総支部の設立総会、さらに中田宏前横浜市長を招いての講演会、そして総支部事務所開所式と、多忙な一日でした。ハーフマラソンの記録は1時間46分26秒。40~59歳の男子としては1652人中311位でした。今回は1時間40分台でゴールしなければ午後の予定に遅れる可能性があったので、間違ってもオーバーペースでつぶれるわけにはいかず、あまりチャレンジできませんでした。実は10キロのつもりだったのですが、ハーフマラソンと知ったのが直前でした。10月に入ってジョギングしたのは5回だけでしたから、足も作れていなくて、ひたすら耐えて走った苦しいレースでした。次回はもう少しチャレンジできるレースを楽しみたいです。和歌浦や雑賀崎など和歌山市の景勝地を走るレース、景色は最高です。



写真上:スタート地点で。この後、来賓として挨拶させて頂きました。


写真上:ゴール直前の様子。来賓の花をつけたまま走りました!


写真上:ゴール後、すぐに午後のイベントの会場に向かいました。
コメント

日本維新の会・和歌山総支部設立記念講演会&開所式のお知らせ

2013年10月19日 18時28分45秒 | 政治

 10月27日(日)、中田宏・前横浜市長(日本維新の会・国対委員長代理)をゲストに日本維新の会・和歌山総支部設立記念講演会を行います。地方から改革の力を結集し、既得権益を打開して自民党にはできない改革を実現する日本維新の会。私たちが目指す社会について、お話させていただきます。

 日時:10月27日 15:15~16:00
 場所:海南商工会議所(住所:海南市日方1249-18)


 その後、16時30分からは日本維新の会・和歌山総支部(海南市藤白170-13)の開所式を行います。

 日時:10月27日 16:30~17:00
 
 お問い合わせ先:

 Eメール:ishinwakayama@gmail.com
 日本維新の会・和歌山総支部(電話:073-482-1511)
 日本維新の会・和歌山2区支部(電話:073-78-2844)






今日は、案内を持って出席のお願いに歩きました。
コメント

「よく走る馬はいい馬!」台湾・馬英九総統とマラソンと人生を語る

2013年10月09日 15時37分25秒 | 政治

台湾の馬英九総統と総統府で昼食を頂き、今、ホテルに戻りました。「よく走る馬はいい馬と私も思いますが、最近は激務の中でジョギングや自転車で走る時間は確保できていますか?」と質問したところ。30分近く、マラソンに関する話題で盛り上がりました。高橋尚子選手を例に、「不調の時もじっと耐えて最後は勝った姿から学びました」と話されたり、訪日時には皇居や大濠公園でジョギングをしたこと、福岡ドームでダイエー・西武戦の始球式の機会を頂き、王貞治監督の助言を参考に大濠公園で投球練習を積んだら本番ではストライクだったこと(議会からはデッドボールを当てたりしたら予算は通しませんよ!とプレッシャーをかけられていたそうです)、また、尊敬する王監督からもらったボールは総統府の執務室に飾ってあること、マラソンを通した日台交流を進めたいと思っていて、東京マラソンで抽選に外れたランナーにチャンスをもらえるように石原都知事(当時)にお願いしたことなど、表情豊かに目を見て話して頂き感激でした。最初の総統選挙の時は自転車で台湾を一周した馬総統、ストレスを感じる時ほど体を動かすことが大切ですよ!と言っていましたが、私もまったく同感です。今、台湾でも「倍返し」が流行語になっているとか。台湾から日本への旅行者は増えているけど日本から台湾への旅行者が減っているとのこと、是非、仲間を募って台湾のレースも走ってお返ししなくては!!

台湾には昨夜入り、立法院の方などとビジネス連携などについて意見交換をしました。中国や東南アジアを結ぶ物流・販売、生産、さらに研究開発のハブとしての台湾の役割について、また、健康増進も含めた社会を良くするための事業展開の在り方など、有意義な意見を聞くことができました。



(この写真は2011年5月8日、八田興一が建設した烏山頭ダムと記念館を視察した時に撮影したものです。)
コメント (1)

ワシントンD.C.でボランティア支援機関を訪問

2013年10月01日 09時45分24秒 | ボランティア

 超党派のNPO議連で米国に来ています。今朝ワシントンD.C.に到着。すぐに訪問活動を開始し、今、ホテルに戻ったところです。500万人以上にボランティア活動の機会を提供している連邦政府機関である全米コミュニティーサービス局、海外援助を行う政府機関・米国開発庁(UAAID)、国際NGO団体の連合体であるInter Actionを訪問。ヒアリングを行いました。

 米国では医療保険改革法を巡って与野党が争っており、新年度予算案が成立しないため、明日10月1日から政府機関が閉鎖される見込みです。非常事態への対処に追われる超多忙な一日でありながら、米国社会におけるボランティアの現状と未来について丁寧に質問に答えて頂きました。

今回のミッションは、民主党の江田五月元参議院議長と辻元清美衆議院議員、自民党の中谷元元防衛大臣と阿部俊子外務政務官、公明党の谷合正明参議院議員、みんなの党の山内康一衆議院議員と維新から私が参加しています。NPOを支援し、市民社会を進化させる目的に党派は関係ありません!


写真上:米国開発庁(USAID)前で


写真上:USAIDは援助の6割をNGOを通して行っています。その理由についてヒアリングしました。


写真上:InterActionでは、NPO/NGOをどのようにして強化すべきか、日米の現状をもとに話し合いました。
コメント