阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

国際結婚

2006年03月28日 00時59分31秒 | 日常

 日曜日は友人の結婚披露宴に出席しました。

 花嫁はドイツ人でした! 彼女は妹の親友で弁護士なのですが、研修のため日本に来ていた時、3ヶ月ほど私の家に住んでいたことがあったのです。

 実は私の妹もドイツ人と結婚をしていて、ダルムシュタットという町で環境工学の研究職に就いています。妹と新郎とはダルムシュタット工科大学での研究仲間ですが、お二人の出会いは何と妹の結婚披露宴だったそうです。そんな経緯もあって、お二人とは、私の家族・親戚も交えたお付き合いをさせて頂いているんです。

 新郎・新婦がお互いの言葉を流暢に話すこと、また、相手の文化や考え方について深い理解を持っていることを知り、国際結婚における相互理解の必要性を実感しました。特に新婦は、以前はあまり日本語が上手ではありませんでしたが、激務の中、美しい日本語を使えるようになっていることに驚きました。

 私も外国人女性との恋愛経験がありますが、結婚は、お互いの家族、そして文化と永続的な関係を築くことでもあり、本人同士がコミュニケーションできるだけでは十分ではないのでしょうね。また、お互いが自己実現への強い意識を持っている場合、少なくともどちらか一方が、自国や特定の国以外でもそれを実現できるようにすること、つまり相手の仕事や生活に「譲歩」をしないと、長く関係を継続することは難しいようにも思います。今回の新郎新婦も、将来ドイツに住むのか、日本に住むのか、とても悩んでいるようでした。でも、そのどちらも可能になるよう努力をしていることに敬服しました。

 美男美女のカップルですが、赤ちゃんはどんな子供に育つのでしょう!? 妹の子供も、最初は白人の要素が圧倒的に強いように思えたのですが、成長するに従って妹にも似てきて、みんなの目を楽しませています。でも、どちらに似ようと、子供こそは、ふたりをつなぐ一番の力になるのでしょうね。
      
 末永くお幸せに。
 
コメント (3)

だから民主党候補に注目を!

2006年03月26日 09時45分05秒 | 政治

 今日は神奈川県で3つの選挙が実施されます。

 私が応援に入っていた逗子市議会議員選挙、さらに横浜市長選挙、横浜市議会議員選挙(補欠選挙)。私が応援に入っていた君島雄一郎候補にとっても、今日は運命の一日です。

 私が好感を持ったのは、君島候補が「民主党公認」であることを、しっかり伝えていたことです。

 地方議会は国会とは違い、政党政治ではありません。また、候補者は民主党の国会運営に影響を与える立場でもありません。しかし、今、民主党に対する逆風が強い時期に、正々堂々民主党公認候補を名乗り、批判も期待もしっかりと受け止める。それは勇気が必要だと思いますが、そんな努力の積み重ねこそが、民主党に対する信頼回復への最大の力になると思います。

 市民の声が届く健全な政治を実現するには、いつでも政権交代が可能な緊張感のある政治が必要だと私は思っています。今回のメール事件で民主党に失望していらっしゃる方も、ぜひ、個々の候補者の資質や姿勢もしっかり見極め、投票行動を行って頂きたいと思います。

 
コメント (1)

イチローがもたらした「誇り」

2006年03月25日 00時21分40秒 | スポーツ

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝の興奮、そして余韻は、当分収まりそうもない。韓国との因縁の対決、誤審問題、失点率0.01差の奇跡の準決勝進出などのドラマティックな要素が数多くあった上、素晴らしいアクターが、胸のすくような活躍をしたのだから、盛り上がったのは当然かもしれない。

 その主役は、間違いなくイチローだった。 

 卓越したリーダーシップ、決意を込めて熱く語る姿、口惜しさや喜びをストレートに表現する姿、そして活躍。観戦していた多くの人は、イチローと同時代に生きる喜びを感じ、日本が生んだ本物のヒーローとして、誇らしい気分を共有していたはずだ。メジャーリーグでも、歴史を塗り替える活躍だけでなく、3年連続でオールスターゲームのファン投票トップという快挙を果たしている。アメリカで活躍する日本人の中でも、ここまでのスーパースターはジャンルを超えてこれまで存在しなかった。

 私は彼を見たくて、オリックス時代から何度か球場に足を運んだが、どんな時にも球場の空気を支配するオーラを放っていた。極端に言えば、球場にいる人のかなりの人々は、試合ではなく、彼を観に行っていたようにさえ思えた。彼のサービス精神も際立っていて、例えば、イニングの合間のキャッチボールでも、センターを経由してライトのイチローに戻ってきたボールを、わざわざ、ポール際まで下がってからレフトまでストライク送球を繰り返したりしたりしていた。

 ビルマの民主化運動指導者であるアウンサンスーチー氏が一時的に軟禁を解除された1996年3月、彼女の家の前で実施された対話集会に何度も通ったことがある。彼女のオーラも、やはり参加者との「共同作業」で生み出されているのを感じた。命を懸けてその場に駆けつけた人々の痛いほどの期待、そして、そんな気持ちに応えるスーチー氏の固い決意が特別な空気を作っていた。

 イチローに象徴される日本チームがもたらしたもの、それは、「日本」に対する畏敬の念を内外に再認識させた点ではないだろうか。素晴らしい製品を生み出す豊かな国との認識の反面、スポーツにおける国際大会で、日本チームは決して勝負強いとは言えなかった。しかし、目的意識の高さ、応用力、気迫、さらにスピードと技術。日本人が、より体の大きな相手に勝つために必要な要素を、今回の日本チームは極めて高いレベルで見せてくれたような気がする。日本人は、実はすごいんだ! ということをみんなが実感した。そして、その象徴がイチローだった。

 今回の大会でイチローがもたらしてくれたもの、それは私たちが忘れかけていた「誇り」だったのだ。


 さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ
 
コメント (2)

逗子市議会議員選挙応援

2006年03月24日 00時52分16秒 | 政治

 皆さん、こんにちは。阪口直人です。

 私は今、逗子市議会議員選挙の応援をしています。定数22議席に対して25人が立候補しており、民主党公認としては3人が出馬しています。私の右腕でもある俵鋼太郎氏が君島雄一郎氏の選対本部に入っているせいもあり、私も君島氏の応援に入っています。

 市議会議員選挙は、衆議院選挙とは違う大変さがあります。
 
 神奈川17区では、自分自身が毎日駅に立っていても、他の陣営とバッティングしたことは数えるほどでした。しかし、今回の選挙では駅でも街頭でも何人もの候補が入り乱れ、声も交錯しているため、マイクを使っての演説を効果的に行うことができません。またビラを配ることもできません。従って、一対一の局面を作って存在を覚えてもらう作戦に出ています。

 つまり、タスキをかけた候補者が通行する方々に握手を求める背後で、「民主党公認・君島雄一郎をよろしくお願いします」などと、地声でひたすら「魂の連呼」を続けるのです。マイクを持って政策や政治姿勢、問題意識を熱く訴える私自身のスタイルからすれば違和感もありますが、今の状況では、これが一番有効な方法だと思います。

 今日は朝8時から夕方5時まで街宣カーでウグイス(男性の場合はカラスと言いますが・・・)を務め、その後は夜9時まで駅での挨拶を続けました。全ての瞬間が真剣勝負。だからこそ、有権者の方々の心の動きを感じた時は本当に嬉しく感じます。

 民主党の候補者にとっては、メール問題によって失った党への信頼は大きな逆風でもあります。しかし、目の前にいる人々との対話を通じ、ひとりひとりから信頼を獲得することが、結局は党の信頼を取り戻す唯一の方法なのだと思います。大きな試練と役割を背負った候補者を支えるべく、私も力を尽くします。

  
コメント

2度の敗戦を乗り越えて

2006年03月22日 23時21分12秒 | 政治

 皆さん、こんにちは。阪口直人です。

 昨日ブログを開設しました。私は民主党神奈川県第17区の総支部代表として活動していますが、政治について、私の専門分野である紛争地域の平和構築について、そして大好きなスポーツなど、様々なテーマでメッセージを伝えたいと思います。皆さん、宜しくお願い致します。

 私は1992年以降、カンボジアやモザンビーク、東ティモールなど紛争地における平和構築活動に取り組んできました。弱い立場の人の声が反映されない自民党中心の政治、政策に強い懸念を抱き、現場での問題意識を国政に反映させるため民主党の候補者公募に挑戦。衆議院議員候補として2度挑戦させて頂きました。相手は現衆議院議長の河野洋平氏。強敵を相手に、2003年は81900票、捲土重来を期した2005年は89901票を頂きましたが、残念ながら議席には届きませんでした。

 今、3度目の挑戦を目指し、活動しています。

 しかし、民主党には新人の挑戦は同じ選挙区からは2回までという規約があり、未だ公認は得ていません。この2年間、20000人以上の方々とお話し、岡田代表を招いてのタウンミーティングなど様々な対話を重ね、また、毎朝駅頭に立って政策を訴えてきました。この地域は長く政治的な変化がなかったが故に、変化を求める人々の気持ちは痛いほどです。神奈川17区での再挑戦を第一に考えていますが、どのような場所であっても志を果たすために頑張ろうと思っています。

 ところで皆さんは、昨日のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦、ご覧になりましたか? 

 韓国に2度までも惜敗し、大きなプレッシャーと闘いながら世界一へと駆け上がる過程、私も心を震わせながら見ていました。イチローの卓越したリーダーシップ、そして全員がスーパープレーを連発して勝利を掴むドラマには本当に感動しました。苦しんだからこそ、一気に突き抜けるエネルギーも大きなものになったのではないでしょうか。同じく3度目の挑戦を目指している私も本当に大きな勇気をもらいました。

 民主党にとっても今は正念場。メール問題で失われた信頼を取り戻すのは大変なことだと思います。しかし、国民の声を反映する健全な政治を実現するためには、野党第一党として果たすべき大きな責任があります。私も民主党の一員として、何よりも国民の心に響く政策作りに寄与できるよう、現場を歩き、皆さんの声に耳を傾けながら頑張ってまいります。

 阪口 直人


 さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ
 
  
コメント (1)