花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

寂しくてたまりません...(涙)

2009年08月31日 | 胡軍
本日...8月31日をもって「レッドクリフ3594」が終了してしまいます...

わかっていた事だけど...いざその日を迎えると寂しいですね...


2ヶ月間楽しみに観てきた「朱元璋」も先日終わってしまって...寂寞感でいっぱいなのに...

「三国志」ではちょうど...というか折悪しく...大好きな趙雲が亡くなって...もう昨日から泣きまくりです...

最後の最後まで見事な働きをして...趙雲はまさに「真の武人でした」一点の曇りもない「真の忠臣でした」
死ぬまでずっと真っ直ぐな心だったなんて...本当に人間として尊敬します

私なんか...すぐ楽な方に行こうとするし...すぐ寂しがって泣くし...情けない...

趙雲様の爪の垢でも煎じて飲みたいです...


なんかフー様が演じてた趙雲が亡くなったような...心にポッカリと穴が開いたような...

いろんな気持ちが入り混じって...なんだか寂しくてたまりません...


なのに...よりによって...こんな時に「天龍八部」も...もう少しで例の場面です...

「虚竹編」に入ってから...蕭峯が出てこなくて...ひたすらガマンの日々...

時にブチキレて(笑)...趙雲様に癒してもらったりしてましたが...

ようやく...待ちに待った蕭の兄貴が登場して...楽しくなってきた所だったけど...


ひたすらガマンしていた所を過ぎたら...いきなり色んな秘密がわかって来て...

(いきなり展開速すぎだろっ...ペース配分ってモノがあるだろうが~(笑))

とっても続きが気になってきた所だったけど...

でも...きっと...観始めたら...やめられない止まらない...「天龍八部」...

また...続けて観てしまうに決まってます...

いよいよ...残り2話...意気地の無い私は...ここまで来てまた一時ストップです

今観たら立ち直れなくなりそうなので...ちょっと間を開ける事にします...


こんな時はやっぱり「レッドクリフ」かな~?...観たら元気出るかな~?...

この前は趙雲様だけのピンポイントだったから...今度はちゃんと最初から観なくっちゃね...

そして...元気が出たら「天龍八部」頑張って最後まで観なくっちゃね...
コメント (2)

『戦場のレクイエム』

2009年08月30日 | 胡軍
昨日...『朱元璋』最終巻と一緒に借りていた『戦場のレクイエム』観ました...

(これも...「朱元璋」最終巻と同じく...内容が解っているだけに...ちょっと観るまでに引っ張っちゃいました...


...なんの説明もなく始まったので...「誰」を相手に「何のために」戦っているのかがよく解らないまま...

いきなり...かなり悲惨なシーンの連続でした......


(話はちょっと逸れますが...私...まず自分から戦争映画は借りないんだけど...

戦争シーンを観ていたら...だいぶ前にPAPAと「プレデター」を借りに行って...

間違えて「プラトーン」っていう戦争映画を借りてしまった事を思い出しました...(汗)

なんで間違えたのか?未だに謎です...「プ」しか合ってないし(笑)

しばらく観続けても「シュワちゃん出てこないね~」なんて言って気付かないお間抜けぶり(笑)

でも...借りた以上はもったいないので観ましたが...この映画も悲惨でした...)



「戦場のレクイエム」...観るまでは...どんな内容なのかも全く知らず...ただ戦争映画だと言う事で

観ていましたが...この映画のクライマックスは「戦争」じゃなく...「戦争後」だという事だったんですね...


(...話はまたちょっと逸れますが...直前まで「三国志」を読んでいて...「1万の精兵を授ける」とか...

「10万の軍を率いて」とか言ってたので...グー隊長のこの部隊...わずか48人しかいないという事に愕然...

いくら盾になるって言っても少なすぎる~「劉備軍」だってもっといたぞ~...って思っちゃいました...


そして...フー様の出演シーン...「少ないです...

「特別出演」だし...劉団長のシーンは1日で撮り終えたって聞いてたから...少ないだろうとは思っていたけど...

本当に...「少なっ」...まさか...これでもう出て来ないとか?...と思ってたらその通りでした...

でも...出演シーンは少なくても...さすがフー様「存在感」は大でした...

グーの上官役だったから...ちょっとエラそうな物言いをした時...「朱元璋」の顔してましたしね(笑)


...こんなに出演シーンが少なくても...フー様が出てると聞くと観たいんですよね~



「(元)苦竹林」...「我的唐朝兄弟」でしたっけ?...(なんて読むんだコレ...)も...
「機器侠」も...「建国大業」も...「花木蘭」も...「十月囲城」も...み~んな観たいよぉ~~
コメント (5)

ランキング...「番外編」です♪

2009年08月29日 | レッドクリフ
前に「レッドクリフ」の...お気に入りキャラランキングの1位~10位を発表しましたが...

ここで...惜しくもトップ10入り出来なかった方々の「番外編」も紹介したいと思います...



11位...「孫叔材」...「甘興」の甘いもの大好き疑惑(爆)さえなかったら...トップ10入りを果たせてたのに...

...って言うより...彼も...愛すべき天然キャラなので(笑)本当なら「トップ10」どころか

「トップ5」に入っていてもおかしくなかったのに......なんで圏外かというと...

ひと言...「...かわいそうだから...」です...

架空の人物という事で...「甘興」と同じく「玉砕担当」という役割を担っています...でも...

「甘興」は「勇敢に戦って...敵陣の大門を破壊する」という功をあげての名誉の死...という感じがしますが...

「叔材」は...「尚香」が声を掛けたばっかりに「姫君を守れ~」ということで撃たれてしまったんでしょう...

大して功をあげたとも思えないし...だから...よけいにかわいそうなんです...


12位...「孫権」...ゴメンなさい...こんなに下位で...呉の君主なのに...

彼にしては...結構勇敢に戦ってたのに...「趙雲」のマネっこして(笑)篝火をひっくり返したり...

「趙雲」と「大都督」が2人の世界.....じゃなくて(汗)...2人でシンクロ攻撃したりしてる間も...

たった1人で「寄るな殺すぞ」とか言って頑張ってたのに...

(いえ...決してバカになんてしてませんよ(笑)ホントです...

ただ...よくよく考えてみると...「趙雲」が本来「わが君」を護らなきゃいけないように

「大都督」も「孫権」を護らなきゃいけないんじゃないでしょうか?...一応主君だし...(一応?(笑))

それなのに...「趙雲」と「大都督」ったら...2人だけで愛の逃避行.....じゃなくて(笑)...

曹操探し&小喬救出に行っちゃって......「孫権」......ひとりぼっち...

考えてたら...「孫権」...こんな下位じゃダメだ~面白すぎる~(爆)

急遽...順位入れ替えですなんとまさかの6位浮上です



...これによって...以下順番に順位が下がります...あぁ...主役のお2人...また下がってしまいました...

わが君...首の皮1枚で、かろうじてトップ10キープです


13位...「尚香」...女性2人のうち...なぜ「尚香」が上かと言うと...「オテンバ」な方が好きなんです

私...「尚香」にはぜひ...秘功の突き方を教えて欲しいんです...(爆)...

そして...趙雲様に忍び寄って秘功を突き...気を失わせて.....(...何をするつもりなんだ~~~


14位...「程普」...「朱元璋」以来...この人を見ると「郭子興」に見えて仕方がありません...

それも...上の着物をガバッと脱いで...前で縛って...老骨に鞭打ってソンダーヤと共に戦うあのシーンが...

...の...脳裏に焼きついて離れません......オェ~(爆)


15位...「牛泥棒3人組」...名も無きこの3人組...なんか...年齢も全く違って見えるデコボコトリオの

この3人が...どう結託して...牛を盗むまでに至ったのか?...気になります...(爆)

(えっ?...そっち~?...大活躍の方じゃなくて~


登場"人"物のランキングという事でこうなりましたが...もう...全てひっくるめたランキングだったら...

ホントは「白龍」が2位あたりに入っています(笑)(...スゲ~)...

だって...あんな戦乱の中...火にも巻かれず...敵の矢にも当たらず...きっと趙雲様の言いつけを守り...

合図があるまで安全な所に潜んでいたんでしょう...最期はちゃんと趙雲様を乗せて凱旋してるあたり...

そんじょそこらの歩兵よりもしっかりしてると思うし(笑)...何よりカワイイしネ...

あと...孔明の「白鳩」も5位くらいに入るかも...とっても役に立ってるし...キレイだし...


あっ...そうなるとわが君...トップ10落ちだ~~(笑) (...無...無念でござる...
コメント (10)

「蕭峯」をあきらめて「趙雲」に走る!(笑)

2009年08月28日 | 胡軍
最近...「フー様の来日」や「レッドクリフpartⅡDVD発売」や「朱元璋最終巻」等々で...

...ずっと止まったままだったから...「臥薪嘗胆」に取り掛かる前に...今のうちに少し進めよう...

と...「天龍八部」を観始めたのに...


..............イライラ...........イライラ..........イライラ..........イライラ...........


蕭峯がぜんっぜん出てこな~~い

物語は「虚竹編」に入って来たから...フー様の出番が減るのは覚悟してたけど...

でも...「段誉編」の時だって...1集に1~2回くらいはチョロッと出てきた喬の兄貴

せめて...それを期待して観てたのに.....

「22集」......「23集」......出てこな~い

阿紫と鉄丑のSMゴッコにも耐え...ひたすらフー様を待ちわびて...
クッソ~...こうなったらフー様が出てくるまで観てやる~と...ムキになって観続け...

「24集」.....グッ.....「25集」.....う~ん.....「26集」.....く~っ.....プルプル(怒).....「プチッ」

えぇ~いっ...一体主役を何だと思ってるんだ~このドラマは~...

もう1人の主役「段誉」は出てきてるじゃないか~っ

もうガマンの限界だ~.....ペイッ

と...「天龍八部」を取り出して「レッドクリフ」を投入~


「あぁ~~趙雲様~お懐かしゅうございます~


(...って言っても3日ぶりだけど...

蕭峯のいない「天龍八部」で時間を食っちゃったから...「レッドクリフ」はブラックホールすっ飛ばしコース(笑)

申し訳ないけど...関羽さんも、張飛さんも、すっ飛ばさせていただいて...

ひたすらピンポイントで「趙雲様」の勇姿だけを観て...ようやく落ち着きました


ホント...厄介な病気です(笑)「フー様を見ないと元気が出なくなる症候群...

.....「天龍八部」...次はいいかげん...フー様出てくるかな~?


(写真...上位と徐達の義兄弟...には見えないねぇ~...特に上位が...(笑))
コメント (7)

『三国志男』

2009年08月27日 | 胡軍
「朱元璋」最終話...もっと引きずるかと思ったけど...意外と大丈夫でした...

...志半ばで...若くして...あんな悲しい死に方をする「項羽」と違って...

何も無い所から兵を立ち上げて...皇帝にまでのし上がって...夢だった天下統一は果たした訳で...

上位の最期...満足そうな顔に思えたからでしょうか?


私も...欲張って...いろいろ手を広げ過ぎて(笑)中途半端なものがいっぱいある中で...

「朱元璋」を観終わって...ひとつの達成感を感じています...

そして...「三国志」は、まだ途中だけど...もうひとつの「三国志」?...

さくら剛さん著の「三国志男」も...ちょうど...時期を同じくして読み終わりました...


この本は...数ヶ月前に買ってあって...最近読み始めたんだけど...もう~すっごく面白いです

(知ってる人がいたらゴメンなさい...筆者が...中国語もあまり喋れないのに...

紙に「馬超墓」とか書いて見せるという手段で(笑)中国の「三国志」ゆかりの地や

武将の遺跡なんかを5ヶ月も掛けて巡り歩いた旅の記録です...

面白すぎてバスの中では読めません...絶対に吹きます(笑)

(食事をしながら読んだら悲惨なことになります...(←経験済み



この人...「趙雲」が一番好きと言う事でいきなり親しみが沸いたんですが(笑)

好きなだけあって...「趙雲」の事を実にうまく表現してるくだりがあったので...一部抜粋させていただくと...


『...趙雲は、歳なんて取らなかったんだよ。シワひとつない超ハンサムマンで、

豪快な中にも繊細さをあわせ持つ真の色男なんだ。

彼は決してドアのない中国のトイレなんかで用を足すことはなかったし、

いや、そもそも趙雲はトイレに行かないでも大丈夫な人だったのだ。

だってヒーローだから。そんじょそこらの人間と一緒にしないでくれる??』


これは...各地の「子龍祠」の「趙雲」が...みんな老人だったのに対しての怒りの発言ですが(笑)

...素晴らしい...(笑)実に見事に「趙雲様」のイイ男っぷりを表現してると思いません?...

まだ読んでいない人にはお奨めです...字も大きめだし(笑)写真もたくさんで...

ヒーヒー笑いながら...一緒に旅してる気分でラク~に読めます...



さて...「臥薪嘗胆」に入る前に...もうひとつの中途半端「天龍八部」にもケジメを付けなくちゃ...

はい...まだ全然進んでないんです...「天龍八部」......家にあるからいつでも観れるし...

「朱元璋」を返却している合い間に観ていこう...と思ってるうちに「レッドクリフpartⅡ」が発売になって

...つい...待ち焦がれた「趙雲様」に...フラフラ~っと......(笑)


...「天龍八部」...今日から続きを観たいと思います...

(「大秦帝国」は、掛け持ちしても...フー様が出てないから大丈夫でしょう(笑))

PS...写真...「三国志みくじ」で初めて趙雲様が出たのでうれしくて貼ってみました~(爆)
コメント (8)

『朱元璋』...観終わりました...(涙)

2009年08月26日 | 胡軍
今日は久々に「朱元璋」のお話です...(そして...いつものようにネタバレです...(笑))


「朱元璋」最終巻...日曜日には届いていたんだけど...大体の話の内容が解っているだけに...

いつものように「ワクワク」しながらすぐに観る...というわけにも行かず...

(「大漢風」の時と同じ状態です...う~ん...意気地が無いですね...私...


そして...PMSの症状が出そうな気配もあって...ちょっと観るのを延ばしていたんだけど...

昨日...とうとう観てしまいました...最初1話だけ...と思っていたけど...お話に惹き込まれるように...

最後までイッキに観てしまいました...(...これも「大漢風」の時と同じです...


危篤の馬皇后を見舞って...薬を飲ませてやるシーン...上位がやさしくて...泣けました...

上位...皇后には...なんだかんだ威張って...威厳を示そうと大声を出したりしていたけど...

唯一本音で話せる相手だったんでしょうね...甘えてたんですね...きっと...

朱元璋の事を「重八」って呼ぶのは、この人だけだったんだもん...(涙)

(「俺のことを「重八」と呼ぶものはもういなくなってしまった...」...で、また涙...


(ちょっと不謹慎ですが...皇后が亡くなって...陛下がご乱心のシーン...乱れた髪で

刀を振り回す陛下は...ちょっと若かりし頃の上位の面影が出ていて...カッコよかったです(笑))


そして...上位が朱標に「お前...「寂寞」がわかるか?喧嘩をする相手も...話をする相手もいない...

と...しみじみ語っていたシーン......私も身に染みてよ~く解っているから...

まるで...上位が私の心を代弁してくれてるみたいで...号泣してしまいました

(喧嘩する相手がいなくなっちゃうのは...ホントに淋しいんです...


...貧しかった子供の頃...托鉢僧の頃...紅巾時代の重八...旗揚げした頃...

...お願いだから...回顧シーンはやめてください~また泣いちゃうじゃないか~...うわ~ん


最後...上位が崩御する所は...不思議と涙は出なくて...

「この人はきっと...誰よりも濃い人生を送ったんだな~」と...ジーンとしました...

なんか...ずっとこの人の近くにいて...この人の一生を見守ってきたような...そんな気分になって...

そして...あんなに大きな人が...最後は小っちゃく見えて...フー様の演技力にも感服しました...


「朱元璋」...「レッドクリフ」と並んで...フー様の代表作と言ってもいいと思います

とってもいい作品でした(観終わったばかりなのに...もういちど最初から観たいです...



今...寂寞感と...達成感が混ざったような...不思議な気持ちです...

コメント (11)

6位から10位も(ついでに)発表です!

2009年08月25日 | レッドクリフ
昨日...「レッドクリフ3594」のサイトにお知らせが出ていました...

8月31日をもって「レッドクリフ3594」終了だそうです...なんか...淋しいですね...

私は...思いっきり途中からの参加でしたが...ここのサイトのおかげで...

私のブログを見つけてくれて...遊びに来てくれた皆様と知り合えて...

「趙雲様だ~」「フー様だ~」と日々楽しく語り合えている事に感謝しています

今までありがとうございました~


あっ...このブログはやめませんよこれからも...フー様への愛を叫び続けますので(笑)

今後ともよろしくお願いいたします~



昨日『「レッドクリフ」の好きなキャラトップ5』を発表したら...

「どうして私のダーリンが入ってないんだ~」とか

「あのランキングはおかしいぞ~...きっと裏で何か貰ってるんだろう~

とかの苦情が100万件ほど殺到したので...(←大ウソ

今日は理由も添えて...6位から10位も発表しま~す



6位.....「関羽」...3兄弟の末っ子が...まさかの4位...にちょっと納得の行かない「関羽」次兄さん(笑)

張飛に比べて「落ち着いている為」に6位となってしまいましたが...(...なに?そんな理由で?...)

シブいです...たまらなくシブいです...(笑)...彼も...まさに「関羽」そのものに見えます...

自慢の青龍偃月刀を振り回し...敵をバッサバッサとやっつけた後の「見得」を切る所なんか...

シブ~~い(...関羽兄貴が見得を切ると...次は趙雲様の出番という法則...(笑))


7位.....「孔明」...私が唯一「三国志」の中で名前を知っていた人物なんだけど...

「トップ5入り」しなかったのは...あまりにも頭が良すぎて、スキがないからかな~...

ちょっと天然入ってるくらいの方が親しみが湧くんだけど...でも...

「孔明」がそんな天然だったら「赤壁」大敗しちゃいますしね~

わが「蜀」の大事な軍師殿なので...「呉」の司令官殿よりも上にさせていただきました


8位.....「周瑜」...ごめんなさい~主役なのに...こんなに下位で...

いいトコの子で...頭が良くて...美周郎で...音曲にも精通していて...投壺も上手い(笑)...完璧ですね~

「トップ5入り」しなかった理由は「孔明」と同じです...

決してキライじゃないんですよ~...ただ...あまりにも出来すぎなんですね...


不動の殿堂入りを果たした「趙雲」以外は...どこか憎めない所のあるキャラが上位に入ってます

私が「天然キャラ好き」&「サブキャラ好き」(「ワンピース」のサンジ...「ルパン3世」の五エ門...etc...)

という事も、かなり影響しています...だから...主役のお2人がこんなに下位になってしまったんです


9位.....「劉備」...あぁ~わが君......家臣の「趙雲」「張飛」「関羽」「孔明」...

全員に抜かされてコテンパンだ~...(..た...立つんだわが君~...

「三国志」の劉備は...もっと人徳のある立派な人物に描かれているのに...

「レッドクリフ」だと..どうして趙雲たちが命を掛けてまでこの人に尽くすのか?

が...イマイチ描かれていなくて......尚香に秘功を突かれた時なんか...

威厳も何もあったもんじゃない...って感じになってますし...あれじゃわが君が可哀想です...


わが君が悪いわけじゃありません......描かれ方に問題があっただけです

お詫びの意味を込めて...「阿斗ちゃんブン投げるだけじゃなくて...こうして可愛がってるんだよ~ワシ

の証拠写真を載せておきました...わが君~これで許して~~



10位......「甘興」...最初の頃はランク外だったのに...甘いもの大好き疑惑(爆)以降...

とっても可愛くなって来たキャラです...特大魚油爆弾でドカ~~ン...「ゲホッ」...もいい味出してます

ちなみに...このポジション...同じく玉砕組の「孫叔材」と争って...2転3転しました...つまり...

「孫叔材」は...僅差の11位でした~...(惜しい~



お~い....もしも~し...誰か大事な人を忘れてやしませんか~?...

俺が決心しなかったら...同盟は成立してなかったんじゃないかな~...アハハハ...

俺...結構デカイ国を治めちゃってるんだけど~...ほら...金ピカの鎧なんか着てさ~...

「寄るな殺すぞ」とか言って...結構ガンバってたと思うんだけど...ねぇ~...誰か聞いてる~?...(爆)




コメント (8)

突然ですが...トップ5の発表です!

2009年08月24日 | レッドクリフ
私が「レッドクリフ」の登場人物の中で好きな順に順位を付けると...トップ5はこんな感じです

(あくまでも...映画「レッドクリフ」での順位です...「三国志」にすると2位以下が大きく変わります...)



1位.....「趙雲」...ダントツです...2位以下を10000馬身以上引き離しての1位です

陸上で言うと...「ウサイン・ボルト」と魯粛が持っていた「亀」くらいの差があります...

理由は...今までに死ぬほど言って来ましたが(爆)...『カッコいいから』に決まってます(笑)

他に何があるって言うんですか??(笑)...「趙雲」という「最高にカッコいい」キャラを...

「胡軍」という「最高にカッコいい」俳優が演じたんだから...そりゃ~...

『史上最高にカッコいい趙雲』になって当然です...だから一目惚れしたんですよ(爆)



2位.....「魯粛」...「蜀」の皆さんを差し置いて...「魯粛」が2位になった理由は...人の良さ

ひと目見ただけで「いい人だなぁ~」と思わせる...何とも憎めないおじさま...

頭がいいのに...それをひけらかさない所もGOOD

様々なシーンでいっぱい癒していただきました...よって2位獲得


3位.....「黄蓋」...えっ?ここで~?...意外な伏兵が登場しました~

何がこの人を3位にのし上げたのでしょうか?...それは...ズバリ「目力」(笑)

あのデカイ体つきで...あのギョロッとした目...すごく存在感があっていいんですよね~

老将軍だけど...充分戦力になってる所もポイント高し...(素顔はもっと若いんですよね

(「黄蓋」...最初に見た時に「北大路欣也」に似てるな...って思ったんですけどね...


4位.....「張飛」...お~っと...ここで3兄弟の末っ子が...まさかのランクイン

今まで何にも言ってなかったのに...突然どうした事でしょう?(笑)...

「三国志」の張飛は...暴れん坊と言うよりも、殺人鬼(笑)「ちょっとやりすぎだろ」って感じだけど...

「レッドクリフ」の張飛は...出番こそ少ないけど...キャラが際立ってるんだもん...

(まさに...張飛のイメージそのもの

「partⅠ」の「素手での戦い」はいつも笑っちゃうし...「矢の2~3本くらい屁でもないワ」って所もツボ(笑)

ただ馬に跨っているだけでも...「お~張飛の虎ヒゲが風になびいてる~」と感動すら覚えるし...(←ウソ


5位.....「曹操」...「三国志」の「曹操」はトップ10にも入らないと思いますが...

...他にも魅力的な登場人物が大勢いるから...という意味です...)

「レッドクリフ」の「曹操」は丞相なのに...ただのスケベオヤジ(爆)っぽい所がいいです(笑)

特に「partⅠ」には...スケベ顔「曹操」が多発しています...

頭に華陀の針を刺しながら...小喬の肖像画を見てニヤけてる所とか...

驪姫を見て...小喬の事を妄想してる顔とか......いい味出してます(笑)

もちろん.....「あ~~~っ」と「りゅうびぃぃ?」.....も大好きです(爆)


トップ5はこんな感じです...(...なんか...趙雲様以外はオジサンばっかだなぁ~

(最初...もったいぶって下位から発表しようと思ったけど...そう言えば1位がバレバレだった(爆)...

ということに気付いて止めました...バカですね~私...


おや?...そう言えば...主役のお2人がトップ5に入っていません...

こうなると...5位以下が気になってきますね~(←引っ張る気ですね...(笑)...)



コメント (6)

三国志ロマン

2009年08月23日 | 三国志
『三国志』を読んだり...『レッドクリフ』を観たりしてると...いつの間にか...ボ~っと...

遠い昔...1800年前に想いを馳せています...


そもそも...何でこんなにも「レッドクリフ」にハマッたのか?というと...

強くて...男気にあふれてて...カッコいい「趙雲」を天意によって...

これまた...男気あふれて...カッコいい「フー様」が演じてくれたから...

なのは...今さら言わなくても、わかりきった事だけど...


でも...それだけじゃなくて...この「レッドクリフ」の登場人物が、実際に1800年前に

生きていた」ということが...とてつもなくロマンを感じさせるのでしょう...

そして...いつも...自分がもし...その時代に生きていたら...と、考えてしまいます...


ものすごくリアルに考えると...劉備を慕って、ひたすら逃げている「民その1」か...

民の盾となって死んでいく「兵卒その1」...せいぜい「侍女その1」くらいが関の山なんだろうけど...

それじゃ~あんまりにもロマンがない~


どうせだったら...この時代...虐げられている女じゃなくて...武将になってみたいな~

それも...強くて...真っ直ぐで...金や権力で絶対に寝返ったりしない真の武将に...

...って...ひと言で言うと「趙雲」そのものですね......


戦で先鋒を命ぜられた時や...功を上げた時...喜び勇む「趙雲」の様子が描かれているけど...

戦をしていない平和な時...「趙雲」はどんな事が楽しかったんでしょう?

関羽や張飛と酒を酌み交わしたりしたのかな~?

調練が終わって...汗をかいた白龍を...川に連れて行って洗ってあげたりしたのかな~?

その時に...夕暮れの空を見上げて何を想ったんでしょう...

故郷の事や...母親の事なんかを思い出したりしたんでしょうか...

...考えていると...いつも泣けてきます...

(レディーちゃんのお散歩で空を見上げて...泣いている私......ちょっとアブナイ人ですね...(笑))


でも...孔明が大勢の南蛮人を殺して「社稷の為には多少の功はあろうが...自分は必ず寿命を損ずるであろう。

...いかにとはいえ、かくまで殺戮をなしては...」と嘆いた時...

趙雲は「生々流相、命々転相。象をなしては亡び...亡びては象をむすぶ。数万年来変わりなき

大生命の姿ではありませんか...」と言って孔明を慰めています...

とすると...この真の武人には...私が想ったようなセンチな感情は無かったのでしょうか?...

(もしあっても...自分の弱さだと自分で嘲笑して、心の奥にしまっていたのかも知れません...)

て...いうか...人を殺すたびに感傷的になるようでは武将なんてやってられないですよね...

主君を守るため...国を守るため...生涯自分の命を捧げて戦う...

まるで...悟りを開いたかのような解脱ぶり...


やっぱり...軟弱者の私には...武将は立派すぎて務まりそうもありません...

「民その1」で充分です...一生懸命畑を耕して...お国の為にせっせと税を納めます

それによって趙雲様たちが思いっきり戦えるのならば...本望です



なんか...今回いつになく感傷的になってしまったのは...ちょっと止まっていた「三国志」を再開したら...

「趙雲」が老将軍となっていたからです......それでも...敵将の首を取ったりして頑張っていますが...

老いには勝てない様子で...読んでいて切ないんです...

「趙雲」...第1次北伐の翌年亡くなるんですよね......もうすぐです...

1800年前に亡くなってる人だって解ってても...つらいですね......



コメント (4)

愛すべき総参謀

2009年08月22日 | レッドクリフ
私が『レッドクリフ』の中で...趙雲様以外で一番お気に入りなのが「魯粛」です

いままで「蔣幹」や「曹操」について触れておいて...「魯粛」を取り上げなかったのは..

決して忘れていたわけじゃなくて...勝手に想像して...深く掘り下げて...ってやってみたけど...

この真っ正直な...愛すべき人物に「裏」なんかあろう筈もなく...

結局...見たまんまの感想になってしまったからなのでした...


でも...やっぱり「魯粛」は好きなので...まんまの感想で行かせていただきます(笑)


「PartⅠ」でも...「孔明」と「孫権」「周瑜]の間に入って、何かと気を揉んだり...

「尚香」に、いらない口を叩いて(笑)馬の急所を突かれたり...

戦(いくさ)のシーンの合い間の...箸休め的な役割を担ってますよね...この人...(癒し系


(解説によると...とっても頭がよくて...事によると孔明以上だったんじゃないか

と言われてましたが...「レッドクリフ」では...いい感じのユルさが出ていていいと思います

「PartⅡ」では...なかなか矢を調達しない孔明にハラハラし...

訳も解らないまま孔明と船に乗り...でも孔明に口を聞いてもらえなくて...(かかし殿~(笑))

あの時の...魯粛の「何か言いたそうな顔」が、何とも言えずいいんですよね~

(...気付いたら私...魯粛と一緒に口開いてました...(笑))

事情が飲み込めてからは...満面の笑顔だし...

矢をごっそり頂いて「謝謝~謝謝~...」って言う時のうれしそうなこと...(笑)

総参謀なのに...憎めなさすぎですから~


もしも三国志の時代に「ドッキリ」があったら...いつも見事に引っかかるタイプですね...この人...

あと...「蔣幹」と「張飛」も...(笑)...あっ忘れてた...「叔材」もだ...(尚香を男だと信じるくらいだから...)

(でも...張飛の場合...ダマされたと分かった後...ダマした方が絶対に血を見ますけどね...

「孔明」と「大都督」と「曹操」は、ダマす方.......「尚香」もか...


「関羽」は冷静に看破して「なにを今さら...」とか言いそう(笑)

「わが君」はみんなに「お気を付け遊ばせ...」と護られてるからセーフ


そして...「趙雲」は奇跡的にドッキリを回避出来そうなタイプ(笑)に思えます...

(...落とし穴の直前で、何か思い出してUターンしたりしそう...(爆)ウフフ...)


ハッ...いつのまにか...また妄想の世界に迷い込んでしまった...


...えっと...魯粛でしたね...
「孔明」と「周瑜」には完全におもちゃにされ...黄蓋と共にオロオロさせられるし...


尚香がスパイから戻った時...目のやり場に困っている魯粛もカワイイですし...

いちいち顔に出るんですね...この人って(笑)...浮気したら速攻妻にバレますね...(爆)


最後...曹操を追い詰めた時...あの場所に魯粛もいましたね...最初観た時にビックリしました


あの戦渦の中を...よくぞご無事で...と...


...きっと...驪姫さんを救出したみたいに......敵と戦って大活躍をしてたのかもしれません...

.........想像できませんが........(笑)


実は...最近「フー様来日」や...「レッドクリフPartⅡDVD発売」で盛り上がって...

ブログで取り上げてなかったけど...「朱元璋」...あと1巻で終わりになります...(...さみしい...

その後は...引き続き「臥薪嘗胆」に行くつもりだったんですが...

その前に...ちょっと気になってた「大秦帝国」を挟む事にしました...(全部で5巻だしね...)

ホウ・ヨンの“癒し系魯粛”じゃない演技...楽しみです
コメント (9)