花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

新 水滸伝 其之十

2014年06月30日 | 中華電視劇
感想を書かないでいるうちに溜まってしまったので、武松編...端折ります(笑)


みんな、人呼んで“母夜叉”の孫二娘の事を色っぽいとか別嬪とか言ってたけど...そうでもなかった件(爆)



夫から孫二娘の過去の事情を聞いた武松は、感服して2人と義兄弟の契りを結んだけど...

なんだか終始変なやり取りが多かったな...孫二娘編(笑)


そして、流刑地に着いた武松は、典獄の息子、施恩の為にひと肌脱ぐことになるんだけど...

施恩の話を要約すると...いきなり乗り込んできた蒋門神ってヤツにボコボコにされ...

無理やり奪われた自分のシマを取り返して欲しいという事らしい...

蒋門神...どっかで見たと思ったら 《 大漢風 》 の龍且でした



酒をしこたま飲んで、奪われたシマを取り返しに向かった武松は

得意の酔拳で蒋門神をボッコボコにやっつけるんだけど...

酔拳って、ジャッキーも金大侠もそうだったけど...動きがあり得な~い(笑)



無事にシマを取り返せたと思ったのもつかの間...

報復に出た蒋門神は、張郡監と組んで武松に盗みの濡れ衣を着せて捕え、死罪にしようとしたけど...

殺される前にワル3人をぶっ殺した武松は、当然お尋ね者に...



ハイハイ...この後はお決まりの、二竜山か梁山泊に身を寄せる展開ですよね?

(って先を読むんじゃな~い

武松...魯知深とかに比べたら断然イイ男なんだけど...でもタイプじゃないので、後半少々飽きました (笑)

そして、お話の舞台は再び宋江編へ...

劉高の妻の妄言で、またまた捕らわれてしまった宋江...

宋江の義弟で、劉高と対立状態にある花栄にも、山賊と結託したと言いがかりをつけ



2人を罪人に仕立て上げ護送する途中...山賊どもが無事奪還して、みんな揃って梁山泊入り~

ってコラコラ...いくらそこら辺の話に興味ないからって端折り過ぎだぞ~(爆)

でも、水滸伝って...いとも簡単にいい人が陥れられちゃう展開ばっかりで、いい加減ゲンナリ...

これじゃ、役人はみんなロクでもないクソ野郎ばかりで、山賊やお尋ね者はみんな義に篤いいい人ばかり

って事になっちゃうじゃん...ってかそうなんだけど...理不尽な事ばかりで生きにくい時代だな...


そして...ついに秦明が出てきましたが...う~ん...ブサ○クです (笑)



タムさまが主演の映画 《 霹靂火秦明 》 の秦明は、こ~んなにカッコいいのに~



私はこっちの凛々しいタムさま@秦明の画像を先に見たから...



てっきり秦明ってのは、趙雲さまみたいにかっこいいキャラだと思ってたので...ショック



おヒゲだけど、大好物のポニーだし(笑)タムさまのこの造型大好きです



え~...オナゴを抱き寄せちゃったりするシーンもあるのか~ (笑)



せっかくだから、自撮りのタムさま@秦明さまも載せておこう



しかし...同じ人物を演じてどうしてこんなにも違うのか...う~ん...う~ん...


たぶん...狼牙棒っていう棒の先にトゲトゲが付いた重たそうな得物を得意としてるし

“知”よりも“武”の人な感じはするから...ブサイク秦明の方がリアルなのかも知れないけど...

カッコいいタムさまが演じた為に、凛とした眉目秀麗で趙雲さま的な秦明になってしまったのね~

この映画...観たくてたまらないんだけど、どこにも売ってないんですよね~
まだDVD化されてないのかな~?だったら大至急DVD化希望~


ハッ...途中から 《 水滸伝 》 の感想じゃなくて、タムさまへの愛を語る場になってしまった...

でもどっちが楽しいかって言ったら...ねぇ~(笑)
コメント (4)

天天有喜 其之二十九

2014年06月29日 | 譚耀文
お父ちゃんの怪我がとりあえず落ち着いたので、劉家に帰った九妹と劉楓

劉楓のお母ちゃんを喜ばせるには、お料理を作ってあげるのが一番

でも...料理ができない九妹は出前を取って、自分が作ったと言って振る舞うことに...

って...策が安易すぎるんですけど...



案の定、出前を受け取るところを表哥に見られ、イジワル表嫂と共謀して

近所の噂好きなオバサンの目の前で全部バラされる羽目に...


う~ん...劉家の話はどうでもいいから(コラコラ )早く金不喚ちゃん出てこないかな~

という迷としては正しいスタンスで観ているワタシ...


九妹はもうすっかり劉楓の事が好きになっていて、お父ちゃんの為にも早く孫を...と思ってるのに

まだこの(仮)の夫婦は別々の寝床で寝たりしてる始末...

劉楓にどう迫ったらいいかわからない九妹は、八姐の助けを借りてようやく初夜を迎えることに...



って...だから劉家の話はど...以下省略(笑)


一方、劉家に潜入中の采蝶は、碧山寺の井戸水が子授けに効果絶大だとお母ちゃんに吹き込み

早く孫の顔が見たいお母ちゃんは、采蝶に朝イチで行って水を汲んでくるように言い付けたけど...

でも、実はこの子授け水の話は大ウソで...不喚ちゃんが仕組んだ九妹を陥れる策...

不喚ちゃんが渡した 「毒魂水」 という無色無味の水は、九妹が飲んだら狐の正体が露わになっちゃうらしい



采蝶が去ったあと、ひとり言を言って、ひとりで笑って、金蟾ちゃんにチュ~をする不喚ちゃん



キャ~ 金蟾ちゃんになりた~~い

まったくこの人は...「シュ~♪」 って言ったり、ガッツポーズしたり、「エヘヘヘ」 って笑ったり...

計画が上手く行きそうな時の行動がイチイチ可愛くて 私の萌えツボをジャストミートしてくれて(笑)

いつも危うく萌え死にそうになります


そして、こちら...めでたく初夜を過ごした九妹と劉楓は朝からイチャイチャ...



でも...コメディーのクセに、妙にナマナマしいんですけど...

たしかゴールデンタイムの放送だったけど...良い子のみんなは観てないんでしょうか?


そんな中、不喚ちゃんがくれたニセの子授け水(毒魂水)をスープに投入する采蝶

でも不喚ちゃん...たしか 「無色無味」 って言ってなかったっけ?



この色じゃ...誰が見たって毒にしか見えませ~ん (笑)

そして、この毒魂水入りスープを飲んだ九妹は、お母ちゃんの目の前で狐の正体が露わに



それを見たお母ちゃんは卒倒しちゃってたけど...果たしてこの後どうなっちゃうのか

ってところで次回に続く~ (笑)


~今回出てきた単語帳行きの言葉たちです~

厨艺(chu yi)...料理の腕前
酸软(suan ruan)...(疲れて)グッタリする
轻松(qing song)...気楽
成)打着灯笼都难找(da zhe deng long do nan zhao)...提灯を着けて探しても見つからない(極めて珍しい人)
成)添油加醋(tian you jia cu)...話に尾ひれを付ける
成)唉声叹气(ai sheng tan qi)...嘆いたり、ため息をついたりする
慣)刀子嘴豆腐心(dao zi zui dou fu xin)...口は悪いが気は優しい
(読んで字の如しだけど...「豆腐心」 って面白い表現です(笑))
コメント (2)

盛宴

2014年06月28日 | 譚耀文
今 《 后宮 》(《 王の後宮 》) を再放送中のあちらでは 《 盛宴 》 も絶賛再放送中だそうで...

日替わりで、古装タムさまとスーツタムさまをテレビで楽しめる...という羨ましい事になってます



この 《 盛宴 》 は、抗日戦争勝利後の国民党と共産党の争いを描いた諜報戦争モノで

時代的にもお話の内容的にも、フーさまの出ていた 《 風語 》 に似ています

(正確には、風語は抗日戦争真っ只中なので、時期はやや前後しますが...)

タムさまは 「秦宇」 という名前の上品で教養のある市長...でも実は国民党のスパイ



妻もいるけど、ご覧の通りカッコいいので(笑)才色兼備の女性編集者にも惚れられてしまう

という萌える役柄だそうで...非常に気になるので近いうちにDVDを買っちゃうでしょう(笑)

カタコトのオネエ日本語を喋る大野一雄ちゃんはいないけど(たぶん(笑)) 

矢野浩二さんという、あちらでは(抗日ドラマとかには欠かせない)有名な日本人俳優さんも出てます


短めの髪におヒゲというスタイルは、個人的にはあまり好きな造型じゃないんですが...

でもタムさま...なかなかいい身体をしてるので、スーツ姿がバッチリ決まっててステキ




まだ未見なので、詳しい内容は解りませんが...

画像を見ていたらやっぱり風語と似てるな~って思ったので、ちょっと比較してみました

(お遊びなので怒らないでね~


部下対決は...



タムさまの部下の方がカッコいいしデキる感じかな...

エラそう顔対決(笑)は...



う~ん...フーさまの貫録勝ちでしょうか(笑)

拷問対決(笑)は...



どっちが早く吐くかと言えば...責めがキツそうなタムさまかなぁ?

お仕事対決は...



ってか...バンカーランプお揃いだね(笑)


えぇぃ も~ こうなったら...

流し目対決させてみたりして(笑)



撃ち合いさせてみたりして(爆)


な~んて遊んでたら...

この2人が敵同士だったら萌えるのにな~ という妄想で頭がいっぱいになって

でもそうなったら、きっとどっちかが死んじゃうぞ... という事に思い至って

10分くらい悩んだ(笑)バカな胡思乱想小姐はワタシです
コメント (5)

喜愛的風景

2014年06月27日 | Weblog
新しいPC(tamtam)ちゃんにもだんだん慣れてきた今日この頃...

この子になって不便になったところも、便利になったところもあるんだけど...

まぁ...不便になったところは...

今まで使えていたブログ画像のお絵かき機能が Windows8.1に対応してなくて使えなくなったり...

うっかりパッドを触っちゃって(ノートにまだ慣れてない(笑))書きかけの記事が消えちゃったり...

と、いったところくらいで...あとは概ね便利になった事の方が多いかな?


中でも、DVD BD再生ツールの 『 Cyber Link power DVD BD 』 がいい子で...

旧PCちゃんは、シャットダウンしたらまた初めから再生になっちゃったけど

この子はシャットダウンしようが、DVDを取り出そうが、止めたところをちゃんと覚えてて

いつでも観ていた続きから再生ができるのですごく便利です

(え?...そんなの当たり前?...旧PCちゃんがダメダメだっただけ?)


そんな中...偶然発生した机上の風景が、今お気に入りです


本当は白が欲しかったんだけど、白はお取り寄せに数日かかるから待てない...

という経緯で不本意ながら赤になっちゃった、新しいPCちゃんですが...

机に置いて、いつものように使いやすいようにスタンバイしたら

偶然にも翻訳機の色とPCの色が見事にマッチして、素晴らしい統一感を醸し出してました(笑)



PCを買うときは、翻訳機の事なんかこれっぽっちも頭に浮かばなくて...

実際に並べてみるまでは、まったく気が付かなかったけど...

これも怪我の功名って言うんでしょうか?



この深みのある綺麗な赤を、私はZENTレッドと呼んでます(勝手に(笑))



机の上がおめでたい(笑)いい感じになったので、今後ここは赤で揃えて行くことにします


ってことで、まず手始めにコレを飾ろうっと (笑)(@《 捜神記 》)


コメント

忠烈楊家将

2014年06月26日 | 映画
《 忠烈 楊家将 》 (邦題 《 楊家将~烈士七兄弟の伝説~ 》)



なにもこの、PMSウツの時期にこういう悲しいお話を観なくても...と思うんですが

返却期限が近付いて来てたので慌てて観ました (最近このパターンが多いな...

前にドラマ版 《 少年楊家将 》 を観て、悲しいお話だって知っててなんでまた借りたのかと言いますと...

なんだかポスターの7兄弟がいい男揃いだったもので (← 不純な動機(笑))

とりあえず、映画版の7兄弟をご紹介


大郎 楊延平(鄭伊健 イーキン・チェン)


うん...とっても長男っぽい

二郎 楊延定(于波 ユー・ボー)


ちょっとヤムヤムに似てると思いました


三郎 楊延安(周渝民 ヴィック・チョウ)


実はワタクシ...これがヴィック・チョウ初見でございます

三郎が背中に背負ってる矢が射ても射ても無くならないのは何故~?(笑)


四郎 楊延輝(李晨 リー・チェン)


今回一番の掘り出し物(笑)でした 理由は後ほど...


五郎 楊延徳(林峯 レイモンド・ラム)


あ! 《 尋秦記 》 の趙盤だ~♪ 大人っぽくなったな~


六郎 楊延昭(呉尊 ウー・ズン)


やっぱり王道の王子様キャラです


七郎 楊延嗣(付辛博 フー・シンボー)


う~ん...7人の中で一番影が薄かったな...


いきなり六郎(呉尊)と七郎(付辛博)のムチ打ちシーンから始まり



もろ肌脱ぎの大サービスで、迷のつかみはOK(笑)(呉尊...いい身体してます


ドラマ版は、家族愛や兄弟1人1人の人となりや恋愛を描いて、時々ほのぼのとさせてくれましたが...

映画版は、いきなりクライマックスの金沙灘のシーンからなので...

もう~息つく暇もなく、畳みかけるように次々と襲い掛かる凶悪な遼軍...

どんどん追い詰められて、どんどん傷だらけになっていく楊家軍...
しかも、映画なので戦闘シーンもハンパなくお金とCGを使ってあって...より悲惨な展開に...

やっぱりウツ気味の時に観るお話じゃな~い


なので...観方を変えることにしました...

どっぷりと落ち込まないために、極力感情移入しないようにしつつ...

いい男が7人...髪も乱れてボロボロにやられて傷だらけの

“傷だらけ男子萌え” を堪能する方向に(笑)(← 邪道~


敵国遼軍の指揮官、耶律原は邵兵(シャオ・ピン)さん



う~ん...ワイルドだろぉ(古杉

ドラマ版耶律斜は、楊家軍の壮烈な最期に涙を浮かべ、敵ながら敬意を表するいいツでしたが...

耶律原は、ま~情け容赦の無い、復讐心だけに凝り固まった超悪いヤツに描かれてました


六郎の恋人、柴群主は春華(笑)(安以軒 アン・イーシュアン)



そして、お父ちゃんの忠実な家臣、呼延将軍が陳之揮(チェン・チーフイ)さんでしたが



《 大漢風 》 季布さまの頃から比べると、だいぶお顔がまあるくなりましたね(笑)

でも、やっぱり武将姿が似合うワ~


んで、上で掘り出し物と言いましたが...

ワタクシ...7兄弟の中で、四郎の李晨(リー・チェン)さんが気になりました

なんか...ちょっと影があるというか...儚げな感じがするというか...

闘ってる時のやられた顔(コラコラ)や、寂しげに微笑んだ顔がいいな~って...

気が付くと四郎ばっかり探してる自分に気付きました

(やっぱり、子供の頃からの “サブキャラ萌え” の体質は健在のようです

ちょっと気になるので、他の作品も観てみようかな~

あ!タムさま...こっ...これは浮気じゃありませんからね~ (笑)


いい漢満載の予告編も貼っておきます



でも、とっても悲しいお話なので、心が元気な時に観ることをお勧めします
コメント (2)

祝2000日♪

2014年06月25日 | Weblog
今日でこの拙ブログ 花日和 が開設から2000日を迎えました~

恭喜恭喜~ (って自分で言うな~

(前に 「2000日目の時は誰を好きになってるか楽しみです」 みたいなことを言われましたが

今もバッチリタムタムの事を好きですよ(笑)っていうか...前よりもますます好きになってます )


でも...2000日を迎えて改めて思うのは...blogっておもしろいな~ということ...

睡眠時間を削って、一所懸命3日掛かりで書いて(自分の中では)会心の出来だったのに...

そういう時に限って全く反応が無かったり... (@少々へこむ(笑))

かと思えば...ササッと1時間ほどで書いた記事に思いがけない反応があったり...

ま...blogってそういうもんなんでしょうけど...

また、そういう所があるから止められないんでしょうけどね...


そして...PCが壊れて書けなかった時の手持ち無沙汰感ったら...(笑)

もうすっかり日常のルーティーンに組み込まれてるんだな~ と、改めて実感しました


今までずっと、好きな事や、好きな人への想いをここで思いっきりぶちまける(笑)

というスタンスで書いてきましたが...

ボキャブラリーが無いのでマジメな話をしても上手く伝えられないし...ガラじゃないので...

たぶん今後もこんな感じで...好きな人の事や、妄想話や、映画の感想や、しょ~もないこと(笑)を

大いなる自己満足で、つらつらと書いていくことになると思いますが...

皆さま...どうぞ生暖かい目で見守ってやってくださいませ~


とりあえず...3000日目を目指して頑張りま~す (笑)
コメント (12)

譚耀文現場表演

2014年06月24日 | 譚耀文
今回のPMSはしぶといです...いつもなら2~3日で治まるのに...

眠気の方はだいぶ良くなりました(ご飯中に寝てしまうような事は無くなった程度だけど(笑))

でも、頭がボ~ッとしていて集中力が落ちてる感じ...

こういう時はblogを書くのも時間が掛かるし、ミスも多くてせっかく書いたヤツを全部消しちゃったり...

そうすると余計イライラして悪循環なので、こういう時は極力細かい作業はやめて

外で例の根っこ掘り(笑)をして体を動かすようにしてます

サプリメントを飲んで、食事を少量ずつ5回くらいに分けてとったり、お風呂に長めに浸かったり...

対処法と言われてる事はひと通りやってるので、もう少し辛抱して付き合うしかないですね...


今回初めてPMSの症状の一つに 「妄想症」 ってのがあると知りました

私...この症状はPMSじゃない時もしょっちゅう出てますが...大丈夫でしょうか?(爆)


その、妄想症の原因となるお方のライブが、先週あちらの某所で行われたみたいです



ピンクとか違和感なく着こなしちゃうところも好き~ (笑)

しかし...距離がすっごく近いんですけど~



でも、タムさまとっても楽しそうです やっぱり唄うのが好きなんだな~



なに唄ってるんだろう...いいな~ この空間に居たかったな~

(せめて早く 《 我不是反派 》 のMVを出してくれ~


うん...やっぱり萌え人を見てると元気が出ます 

私にとっては、今いちばん効くお薬です
コメント

あかりともるよる

2014年06月23日 | Weblog
三保のこの地は、常世の神様が「羽衣の松」を目指して海を渡り
「神の道」を通って「御穂神社」に来るといわれる神様とつながった場所
この神様の通り道が世界遺産登録の決まった6月22日にあかりでつながります
波音を感じながら家族で夜のお散歩しませんか

というコンセプトで行われたイベント 『 あかりともるよる 』 に行ってきました



点灯式の前には御穂神社の舞台で雅楽が舞われ、とても厳かな雰囲気



灯籠が飾ってある三保の松原までは “神の道” という木でできたステキな参道を歩いていきます

(人が多くて立ち止まれなかったので、以前撮った神の道の風景を参考までに...)



まだ明るくて灯りがキレイに見えないので、少し暗くなるまで時間をつぶそうと海まで行ってみました

(う~ん...雨上がりの夕方で海が全然キレイじゃな~い



姫ちゃん...川では泳いだ事があるけど、海を見るのはこれが初めて

大きな波音にビビるかと思ったら...足が濡れるまで近づいても全然平気でした やっぱり肝子大?(笑)



余談ですが...観光客はみんな波打ち際まで出て、よくある松原越しの富士山を見て行きますが...

私は、松原に登りきった時、松原の中から見える海の景色の方が好きです

(晴れた日の昼間じゃないと青い海と緑のコントラストが伝えられないので、写真はまたの機会に...)



海辺で遊んでたらいい感じに暗くなってきたので、松原に戻ると

少しづつ点灯されて行く灯りが幻想的でなんともステキ



このイベント...1人200円の参加費を払えば、だれでも自分で作った灯籠を飾れるんだけど...

ちょっと気分的に落ち込んでいて、灯籠を作る精神的余裕がなかったので

今回は見に行くだけの参加となってしまいました



もし来年も行われたら、ボランティアの竹灯籠作りとかにも参加したいな



誰の灯籠かわからないけど、味のある天女さまだったので掲載させていただきました




6月はどこへも出かける予定もなく、観たい映画もこっちじゃやらないし...

天気も悪くて少し気分もウツ気味でしたが...ステキな灯りたちを見て心が癒されました


帰りに道もステキな灯りを見ながら神の道を通って御穂神社に戻り...

お参りをして、おみくじで今年後半の運勢を占ったら 「中吉」 でした 

注意して時の来るのを待ちなさい
最初は心配ごとが絶えませんが
あとになって何ごとも望み通りになり幸福が続きます
正しく生きることです


(最後の1行を誰かさんに聞かせたいです...(涙))


今年の前半は、思い通りにならない事や、やるせない悲しい事が多かったから...
おみくじの言葉通り、後半はいい年になりますように...


スタンプラリーに参加したので、帰りに竹で作った灯籠を貰いました



ウッドデッキに置いたらなかなかいい感じ

これからも時々灯して癒されようと思います
コメント (2)

想要2冊雑誌

2014年06月22日 | 譚耀文
先日(あちらで)発売になった、おじさま(誰?)が表紙のこの雑誌

(なんて読むんだろ?コレ...《 @曼谷 》 (アットManGu) でいいのかな?)



この雑誌に、先日タイロケ終了後に行われた 《 泰恋 》 発布会の模様が載っているようです

せ...せくし~な胸元に鼻血が出ちゃった(笑)タムさまがこの本に...



欲すぃ~

そして、ちょっと前に発売になってるこの 《 飲食地圖 》 も、やっぱりまだ欲しいし...





某中華DVDを取り扱ってるお店で 「輸入代行サービス」 ってヤツをやってるので

ダメもとで頼んでみようかな?

分かってるのは、表紙とあいまいな雑誌名だけだけど...探してくれるかな?



PS...タムさまの新作映画 《 我們停戦吧! 》 まだ撮影開始までには間があるけど

もうシナリオの読み合わせが行われたようです



タムさま 初夏にふさわしい爽やかな出で立ち (やっぱ若いワ~



このオナゴ...タムさまがブレイクしたきっかけとなったドラマ 《 縦横四海 》 で共演してたみたいです

まだ未見なこの 《 縦横四海 》 というドラマ...(99年製)

タムさまが、主役よりインパクトのある悪役で注目を浴びた...ってのが気になってます

このドラマが、のちの汪直さまにも繋がってるんだろうな~...観たいな~
コメント (2)

反派角色萌系

2014年06月21日 | 譚耀文
あちらで今 《 王の後宮 》(原題 《 后宮 》 )が 《 好女春華 》 というタイトルで再放送されてるので


私も再放送にあやかって また1集から(スッ飛ばさずに(笑))観始めました

(えぇ...《 水滸伝 》 だけじゃどうしても萌えが足りないもので...

今1巻(3集)を観終えて、前に観てた時には出来なかったキャプチャで

お気に入りの汪直さまのワル顔(笑)を集めて楽しんでます

(※ 感想は以前散々書いたので、今回は省略します)

万貴妃付きになったその日に、さっそく手柄をあげた汪直さま



事の成り行きを楽しそうに陰から見守るこの顔...いいワ~

この頃は、まだあまり万貴妃の腹を探ったりせず素直に仕えていた頃...お目目がキラキラ (笑)



下っ端の頃は、ホームレス時代の名残りなのか?歩き方もややガサツな感じなのに

出世するにつれて堂々としてきて、所作にも品が出てくるんだけど...

そこら辺の演じ分けが、さすがタムさま でも、この頃はまだ品はありません



皇后の食事に毒を入れる時のこの顔も好っき~ (笑)



汪直さまって...まだ西廠の長官になる前、万貴妃付きになったばかりの頃は

出世の為なら、自ら手を汚してなんでもやってたんですよね...

この後、汪直さまにビンタを喰らわした五皇叔を陥れて殺っちゃうところも

なかなかステキなワル顔が炸裂するのでたまりませ~ん

(また好みのワル顔が撮れたら、第2弾やっちゃいます(笑))


再放送記念に(笑)予告編も貼っておきます




PS...タムさま...今度は 《 我们停战吧! 》 という映画を撮るみたいなんですが...

主要演員が、譚耀文、艾威、林文龍...8月15日にクランク・インという他は、まだちょっと詳細が不明です

よくわからないんだけど...コミックかアニメが原作なのかな?

タムさま...カッコいい役だといいな~ (← こればっかり(笑))
コメント (2)