花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

心情複雑

2013年04月30日 | レース
昨日の SUPER GT第2戦 富士スピードウェイですが
我らが #38 ZENT CERUMO SC430は、優勝まであと一歩の2位でした...



クラッシュや接触も無く車はノーダメージで、表彰台にも上れたし、ポイントも取れたし

5位スタートで2位フィニッシュは、普通に考えたら上出来の部類に入るんだけど........けど...

昨日の500km(3時間)にも及ぶ長いレース...ZENT号はどんどん順位を上げて

ラスト5周ではトップに1秒以内まで追いついたのに...優勝も目の前に見えていたのに...と思うと...

よくやったという誇らしい気持ちと...惜しかったという悔しさが混ざり合って...

なんとも複雑な心境です



でも、やっぱりおめでとう~ ですね


私も声も嗄れよと声援を送りましたが...まだまだ応援が足りなかったようです

実際声が嗄れて今日は酒焼けの夜の蝶みたいな声になってますが...

これこそ修行が足りない証拠 1から修行して出直します


立川祐路クンのコメントが出ていました

今日はちょっと厳しいレースになるかなと思っていたので、それを考えれば良く戦えたと思いますね。
予選から36号車がずっと速かったし、作戦的には序盤を4番手で走り、その後逆転というか、
それを狙って最後はソフトタイヤで行ったんです。でもフロントタイヤが厳しくなっちゃって…。
追い付いたんですけど、抜くまでには至らなかったですね。
悔しさはありますが、たまには逆転できないレースもありますよ(苦笑)。毎回毎回うまくは行きませんよ。
今週のトムスはクルマが仕上がってたと思いますね。もうちょっとでしたけどね。
今回、表彰台に上がったし、次のセパンはテストにも行ってるし、いいとこ狙えると思います。

SUPER GT.net より~


悔しさの中にも潔く負けを認め、次回こそは!との意気込みも感じられるコメントです

優勝に手が届きそうで届かないもどかしさは、実際トップに1秒以内まで追いついたけど

あと一歩で優勝を逃した立川クン本人が一番身に沁みてわかってるはずですもんね...

次戦セパン(マレーシア)はテストを入念に行っていい手応えを掴んだコース
ぜひ勝って、今回の大溜飲を大いに下げてもらいましょう



さて...大きな音が死ぬほど怖い姫っ子ですが...

やっぱりエンジンに火が入った途端、爆音に驚いて逃げ出そうと暴れました

でも...「前代未聞 レース中のコースに犬が乱入 レースが中断」

なんて恐ろしい事になったら大変なので 必死で押さえ...

ちょっと使い方が違いますが(笑)持って行ったイヤーマフを付けたら、あら不思議 (爆)



これは素晴らしく遮音性のいいちょっとお高いイヤーマフなので

付けた途端全く音がしなくなったらしく...

こんな感じで大人しくいい子にレースを観ていました(笑)



なんだか佇まいが人間みたいなので、応援のお姉さんに笑われてましたけどね

姫ちゃ~ん このイヤーマフがあるから、また一緒にレース観に行けるね
コメント (4)

出陣!!

2013年04月29日 | レース
今日は富士スピードウェイに SUPER GT 観戦に行ってきます

(GW中唯一のお出掛けです)



ZENTセルモチームは5番グリッドからのスタートです

本当はポールポジションからスタートするのが一番いいけど...

そんな時に限って好事魔多し...ってな事態になる事が多いので、むしろ丁度いいかも

今日は5番手からグングン抜いてもらって、立川クンには最多優勝タイ記録を樹立してもらって

夜には美味しいお酒が飲めるように祈ってます


これは私のレース観戦七つ道具の一部です



富士スピードウェイは富士山の2合目なので、この時期でも午後はメッチャ寒くなるから

折り畳みクッションとひざ掛け...曇ってたらダウンジャケットも必要かも

そして急な天候の変化に備えてタオルは何枚あってもいいです

後はピットの様子や順位を観るための双眼鏡とカメラ(一眼レフ望遠付き)

音がすごくてそのままだと軽く難聴になるので、耳栓とイヤーマフは必需品

この他に姫ちゃんのご飯と水とおやつ(笑)ハーネスとリードも持って結構な大荷物です(笑)


でも、問題はそんな大荷物の事よりも...

大きな音が怖い姫ちゃんをどう落ち着かせるか...という事と... (これは慣らすしかない)

「毎日1回は動く譚耀文さまを観ないと死んでしまう病」 のワタシ...

子龍号のナビは古くてDVDが観れないし...家に帰って来るまでに死ななきゃいいんだけど...(笑)

(今日くらいレースに専念しなさいよ

ストラップもZENT号仕様にしたし...



いざ 出陣 (...って...観るだけなんですけど...
コメント

給狗子洗澡

2013年04月28日 | 姫ちゃん
そろそろ予防接種の時期だし...

明日は富士スピードウェイにも出掛けるし...って事で

まだ少しフラフラする身体にムチ打って

また2ヶ月以上放置してちょっと汚なくなった(汗) 姫っ子をお風呂に入れました


最近パワーがあり余ってるのか?公園での暴れっぷり(例のグルグル走り)がスゴイし

ドッグランでも他のワンコに揉みくちゃにされたし...季節的にも埃っぽいので
汚れているとは思っていたけど...洗ったら泡が黒くなりました ...どんだけ...

濡れるといつもお年寄りチックになる姫さま(笑)の...


Before  


After

同じ犬とは思えな~い (笑)


シャンプー、コンディショナー、タオルドライ、ドライヤーのフルコースで2時間掛かりました



姫も疲れたのか、ソファーでウトウトし始めましたが...
でも、それ以上に疲れたのがワタシ...

ずっと中腰だったから腰も痛いし...ドライヤーが苦手な姫を押さえて乾かしたから腕も筋肉痛だし...

明日はいっぱい歩くのに、パワーゲージがほぼゼロ状態...

仕方がないので一旦封印を解いて、今一番元気が出る 例のヤツ を投入しま~す (笑)



...おまけ...

サラッサラふわっふわ の胸毛をアピールしたPV風流し目 (笑)



あぁ...でもまたすぐに汚れちゃうんだろな...
コメント (6)

浣花洗剣録 其之六

2013年04月27日 | 中華電視劇


《 雪山飛狐 》 が家に来てからというもの...毎日1巻(4集)づつ観ていたので

あっという間にお話は折り返しにきてしまいまして...

この勢いだとちょっと危ない(萌え死ぬ)と思い(笑)只今自主的ストップをかけております

その間ちょっと記事を書いていませんでしたが 《 浣花洗剣録 》 も、ちゃんと観ていました...っていうか...

自分の手は汚さない卑怯者で冷たくてワルな(でもなんだか妙にカワイイ(笑))田帰農さまと



江湖のいさかいに嫌気がさし、静かな海での暮らしに戻ろうとしているのに周りが放っておいてくれず

争いに巻き込まれてしまう...冷静でカッコイイ紫衣侯さまのギャップったらもう~



交互に観て死にそうになっております(笑) (結局何をどうやっても萌え死ぬ運命なのね~

同じ人とは思えません...改めてこの2つのお話がほぼ同じ時期に撮られていたって事がスゴイ

譚耀文さま...よく頭を切り替えられたな~と、その演技力に感心するやら萌えるやらでございます


自分の娘珠児(鍾欣桐 ジリアン・チョン)に蠱毒(入れられた人を操る虫)を入れて

呼延大臧(謝霆鋒 ニコラス・ツェー)を殺そうとする王巓...

愛する人に触れると傷つけてしまうし...解毒をすると愛する人の記憶が無くなってしまう...

という...めんどくさい事になってますが...私はそんな事よりも(コラコラ)

紫衣侯さまの今後の展開が気になって仕方がありません

宝玉に本当の事を打ち明けた時...親の仇と殺されてしまうんでしょうか...



(あえて宝玉に殺されるつもりの紫衣侯さま...死亡フラグ立ってるような...そうでないような...)

紫衣侯さまはいい人だから殺さないでぇ~~ と...6年前のドラマに祈ったりしてる今日この頃です(笑)



非常に解りやすい容姿の悪者2人(笑)王巓と白三空 (私は「ヒゲジイ、ハゲジイ」と呼んでおります(笑))

今後はこの2人 VS その他いい人たち軍団(笑)という展開になって行くんでしょうか?

あぁ~続きが気になるのに5月に入らないと観れないなんて~


...おまけ...


この 《 浣花洗剣録 》 は、どうやら暑い時期に撮影していたらしく

宝玉...肌着に咥えタバコです(笑)



と、思ったら紫衣侯さままで~



可愛いから紫衣侯さまが真顔でキャラクターとか持たないでください~



あぁ...たまらん (笑)
コメント (4)

成熟大气的型男魅力

2013年04月26日 | 胡軍
『 2012中国当代艺术权力榜年度颁奖典礼 』 by 《 艺术财经L’OFFICIEL ART 》 で

フーさまがプレゼンターを務めたそうです



一見シンプルなカジュアルスタイルだと思ったら...



よく見たらお襟が花柄ですぜ~ 奥さん~ (笑)

しかもシャツは水玉だし、ジャケットのサイドはチェックになってるとゆ~

やっぱフーさまはスゲ~な (← ど~ゆ~意味?)



フーさま...「一展成熟大气的型男魅力」 だそうですよ...成熟...



実は...昨日からちょっと体調を崩していまして...(風邪ではありませんが)

めまいもするし...ダルイし...ちょっと吐き気も...

季節の変わり目だからでしょうか?

それとも...最近ちゃんとご飯食べてなかったからでしょうか

あ...もしかして萌え疲れとか? (そんなのがあるのかどうか...

ちょっと最近突っ走り過ぎたので(反省) 今日は一日大人しく休んでいようと思います
コメント (4)

紫雨風暴

2013年04月25日 | 映画
《 PURPLE STORM/紫雨風暴 》



~あらすじ~

ある日、香港海上で貨物船が襲われた。テロ組織は化学兵器“リシン-X”を強奪
しかし、すぐさま香港警察が駆けつけ銃撃戦に...
テロリストのトッド(呉彦祖 ダニエル・ウー)はその激戦で頭部に傷を負い、身柄を拘束された
対テロ部隊のマー・リー(周華健 エミール・チョウ)はトッドが過去の記憶を全て喪失していることを知り
新たに潜入捜査官としての記憶を植え付けて組織に送り込もうとする
しかし、組織がリシン-Xを使って大量殺人を企んでいると判明した矢先
組織に攪乱させられトッドを連れ去られてしまった
そんな中、トッドは徐々に過去の記憶を取り戻し始めていく...

トッドはテロリストの父親(ちょっとマイク真木似)に小さい頃からテロリストとして育てられ



今までにも数々の凶悪テロ事件に加担していて...その犠牲者も数百人とも言われ...国際手配もされている

そんな根っからのワルが頭を怪我して、記憶を失った状態で警察に確保され...

精神分析医(?)の催眠療法で...

「自分はテロ組織に潜入していて事故に遭った警官」という...ニセの記憶をすり込まれ

警察の人間として働かせようとする...って.......ムリありすぎだろ...



時々襲ってくるテロリストとしての記憶と、すり込まれたニセ警察官の記憶の狭間で揺れ動くという

難しい役どころを演じた呉彦祖が、いつも悩んでるような、辛そうな顔をしていたのが気の毒でした

そして...あれだけ残酷に人を殺していたのに...洗脳(?)のせいで善人になりたいと思い始め

ついには父親であるテロリストと対決するって.......精神分析医の催眠療法...スゲ~な

最後は、組織の計画を阻止した後行方知れずになってたトッドに、マーがお金を渡して見逃すという...

警察としてあるまじき行為に出てたけど...(笑)

洗脳のおかげで生まれ変わって善人になったかも知れないけど...

航空機墜落させたりして、罪のない大勢を殺した罪は償わなきゃダメだろが~

とツッコんでおきました


しかし...なんでもこのリシンXとやらは...

「水に溶け熱にも強い生物兵器で、雲に混ぜると紫の雨を降らせ

体内に入ったら血液に溶けて全身に回り内出血を起こして死ぬ」

という(武侠ドラマに出てくる毒みたいな)恐ろしい代物だそうですが...



その割には、強奪した後海に沈めてあったり...(万が一海に溶けだしたらどうすんのさ)

安易に持って走ったり...銃撃戦したり...落っことして転がしたりしてたけど...危ないっつの

そして最後にはトッドの父がふたを開けて、下水に流れてさあタイへ~ンになっていたけど

下水道の出口で扉を閉めて、なんだか消毒らしきものをシュ~って撒いて終わり...

扉の下から最恐生物兵器入りの水がチョロチョロ流れてたんですけど...

あんなんで市民の安全は守られたんか~い


あぁ...けっこうツッコミどころがいっぱいだ~


譚耀文さまは、オドロキのイイモン役でした(笑)(最近観たのが全部黒社会の人だったもので...

警察の対テロ組織の1人で...名前は...出てこなかった...



ちょっと序盤でトッドを拷問する時には(お得意の(笑))悪い顔もしちゃうんですけど

現場大好きな(笑)対テロ部隊の隊長が現場に行ってる時は、本部を任されたりしてました



陳徳森(テディ・チャン)監督こだわりのショットで、ドアップもありましたが...

でも...お話の序盤に出てきてからはパッタリと出てこなくなって...後は最後にちょこっとだけ...

あとでエンドロール見たら 「友情出演」 ってなってたからこんなもんなのかな...

まぁ...初めて彼が警察の人間として拳銃持ってたのを見れたので良しとしよう(笑) (死ななかったし


そういえば...エンドロールではお名前が譚耀文(Tam Yiu Man)となっていました...

この頃は歌手の時は譚耀文(Patrick Tam) 俳優の時は譚耀文(Tam Yiu Man)と使い分けていたのかな?


でも...これじゃ私の雌性激素補充には全然足りなかったので

このあと 《 雪山飛狐 》 を3集続けてガッツリ観たのは言うまでもありません (笑)
コメント (2)

2013年04月24日 | 譚耀文
今単品で借りてあるDVDが...

《 超速伝説 ミッドナイト・チェイサー 》 《 パープル・ストーム 》 《 スー・チーin トラブル・セブン 》

定額レンタルしてるDVDが...《 浣花洗剣録 》

購入して観てるDVDが...《 雪山飛狐 》

私の中で、怒涛のPT(パトリック・タム)週間...いや...PT月間と化している昨今...

どのDVDの感想を書いても譚耀文さまの記事になってしまいます~

皆さま...もうしばらくのご辛抱を~(笑)


そんな今日この頃...個人的にハマっているのが だったりします

例えば...野菜ジュースにしても...お部屋の香りにしても...入浴剤にしても...

色々ある中から、ついつい紫色を選んでしまう...という有様...



昨日の買い物の一例(笑)

実は...これも譚耀文さま@紫衣侯さまの影響が大かと... (やっぱりか(笑))



「うふふ 紫衣侯さまの色だ~ワ~イ」という能天気な理由で無意識に選んでるんだと思われますが...

実は紫にはこんなデータもあって...

交感神経の赤・副交感神経の青を混色すると紫色になりますが
これら二つの神経バランスが乱れている人(体調の悪い人・ストレス)がより紫色を好む傾向があります
これは、先出の波長の効果と共にニュートラルな状態に戻ろうとする自然治癒力が働いて
無意識にこの色を選択すると言えます。つまり、癒しの色でもあるのです
江戸時代、体調を悪くした殿様が「紫紺」と言う薬効成分のある植物で染めた紫色の鉢巻をしていました
また、古代ローマ時代では紫貝の汁が消毒液として用いられていました
これらは薬効成分と共に癒しの色の効果があるとも考えられます

~Wikipediaより~

う~ん... 知らないうちに神経バランスが乱れていて、無意識に癒しを求めてるのかなぁ?

て事は...紫衣侯さまを観ていたら癒しになるって事?...でも 《 浣花洗剣録 》 は今返却中だから...

偶然にも今借りてある 《 パープルストーム 紫雨風暴 》 を観ることにします (紫つながりって事で(笑))

《 孫文の義士団 》 陳徳森(テディ・チャン)監督作品で...生物兵器を巡るテロリスト映画みたいなんだけど...

それでも癒しになるかな? (笑)
コメント (2)

雪山飛狐 第二関門突破

2013年04月23日 | 譚耀文
自分の物になったんだからゆっくり観ればいいものを...

《 雪山飛狐 》 が止まりませ~ん



1巻に4集入ってるもんだから、つい4集続けて観てしまう...という...

いや...正確には譚耀文さま@田さまが出てこないと、出てくるまで観てしまう...と言った方がいいかな...

2集に入っていた、譚耀文さまの超カッコいい武将姿で死にかけたけど...

なんとか死なないよう踏みとどまって続きを観て行ったら...

2巻の 5 ・ 6 ・ 7 集が、まるで私の萌え死の限界を試すかのような展開でした 



胡一刀(黄秋生 アンソニー・ウォン)の妻はとっても聡明で



田帰農のことを 「狡猾で悪だくみをしてる軍師のような目をしている」

と言って、一目で田帰農の本質を見抜いていたけど...

苗人鳳(方中信 アレックス・フォン)の妻で、ワガママ放題育てられた南蘭の目には

田帰農は 「上品で優雅で女心の分かる人」 と映ったんですよね...

(そう仕向ける田さまの罠にコロッと引っ掛かった訳なんですけど

南蘭が世間知らずだった...と言ってしまえばその通りなんだけど...

ド田舎で、周りに何もない(お金も無い)むさくるしい家に...

これまた「その髪はいつ洗ったんだい」...てな感じのむさくるしい苗人鳳とずっと暮らしてたら



気の効いた愛のセリフなんて言えない苗人鳳に、すっかり雌性激素も出なくなっていたら...

いきなり衝撃的に飛び込んできた、清潔そうで上品で美しい(しかも譚耀文さまのルックスの(笑))田帰農は



それはそれは 「私が探し求めてた理想の人」 と映っても仕方ないよな~

っていうか...私だって絶対 苗人鳳を捨てて田さまについて行くに決まってるし~(爆)

背徳感も手伝って、そりゃ~もう~盛り上がるズェ~ ビバ駆け落ち~~ キャ~ (笑)



........失礼しました.......


しかし...苗人鳳に追いつかれないように、夜通し馬車で駆けに駆けた田さまに...

若蘭を手押し車に乗せて徒歩で追いかけた苗人鳳があっけな~く追い付いちゃったのは...何故?(笑)



商家に大勢が集まってる中で、妻を奪われた苗人鳳と、妻を奪った田さまと、南蘭が...

田「大哥~俺を殺してくれ」 苗「シャキ~ン」 蘭「不要~彼がいないと生きて行けないの~

みたいな痴話喧嘩を晒していたけど...

あれも田さまの狙いだったんだろうか?(「妻に逃げられた情けない苗人鳳」みたいなダメージ戦略とか?)

そして、田さま...南蘭と駆け落ちしたのは密書を手に入れるためだけだったんだろうか?

南蘭の事を愛していたんだろうか?...それとも大哥へのあてつけ?...人のモノが欲しくなった?

田さまには色々と聞いてみたい事があります(笑)



そういう意味でも、この三角関係オフショットはちょっとスゲ~な (田さま...頭が寒そうですっ


あぁ...譚耀文さま@田さま中心に観ると、前に観た 《 雪山飛狐 》 とは違った楽しみがいっぱいあります~


しかし...最初に皇帝が田帰農に密命を下してから、すでに十数年...

まだ生まれていなかった胡斐が(小生意気にも(笑))田さまに説教垂れるくらい大きくなってるのに...

まだフビライ(!)の財宝のありかを記す密書を見つけられない田さまって...



そして...田さまを廃したりせずに辛抱強く密書が届くのを待ってる皇帝って...

「朕は目の黒いうちに財宝が見たいのだ 」なんて言ってたけど...

そんな悠長な事やってたら死んじゃいますゼ~皇帝~(笑)
コメント

比較一下

2013年04月22日 | 中華電視劇



《 項羽と劉邦 》 時間の都合で1話だけ観ました

(にしても...「加入すればこのメッセージは消えます」ってヤツがジャマだったゼ...

当たり前だけど、新しいので映像もキレイで明るく 《 新三国 》 っぽい感じ...

始皇帝の乗る馬車(輿)なんか、中に寝台と机まであって豪勢で大きくて

衣裳やセットに金掛かってんな~ という第一印象でした

そして、始皇帝の末子胡亥(こがいと書いてバ○と読む)は

またしても 《 新三国 》 メンバー(曹丕)の于濱 (ユー・ビン)さんでした



(よく知らないけど...もしかして他にも 《 新三国 》 メンバーが続々出てくるのかもしれません)

この于濱@胡亥...バカ息子っぽさは出ていたけど、そんなにアホ顔ではありませんでした(笑)

だって... 《 大漢風 》 版胡亥って...

         ・
         ・
         ・
         ・   
         ・


ブブ~ッ (爆)


よくぞこの人が演ってくれたと拍手したいようなア○顔(笑)(ぜひ阿斗様もやって欲しかった)

「胡亥ア○顔選手権」 では 《 大漢風 》 の圧勝~ (笑)

しかし...「項羽さま鼎持ち上げ選手権」 では...



あぁ...鼎の大きさで 《 項羽と劉邦 》 の勝ちです~

(そこを比べてどうする~

《 項羽と劉邦 》 の方がキャストが豪勢で、セットもお金がかかっていてキレイだけど

劉邦もまだ樊噲たちとゴロツキやってた割に、なんだか妙に大物に見えちゃうし...

1話だけしか観てないけど...上記ランキングのように 「なんか違うな~」 という印象を受けました



私はやっぱりこの項羽さまが好きです




唐突ですが、ここで一首...

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを 

今日は朝からボ~ッとして全然仕事になりませ~ん
コメント (6)

雪山飛狐

2013年04月21日 | 譚耀文
先日落札した 《 雪山飛狐 》 を観始めました



えぇ...皆さまもご存知のように...走り出したらもう止まりませ~ん


前に全編ちゃんと観たはずだったのに...オープニングとかはすっかり忘れていて(汗)

オープニングに出てきた譚耀文さま@田帰農と南蘭のキスシーンを観たら

いきなり記憶がよみがえってきて悶絶するワタシ ハァハァ...(爆)

そうだった...田さまは苗人鳳(方中信 アレックス・フォン)から南蘭を奪っちゃうんだった...

でもって、2人で駆け落ちしちゃうんだった...
どどど...どうしよう~ 超萌えるじゃないのよ~その展開~~(← バカ

当時は全然タムさま萌えじゃなかったから...

「苗人鳳~そんな小汚い髪型してっから南蘭が田さまに走っちゃうんだよ~

なんて言いつつ観ていたけど...今となっては苗人鳳に同情してる場合じゃないっつの

まだちょっと先だけど...そのお話の時まともに観れるんだろか...ワタシ...


ま...それはひとまず置いといて(笑)


100年前にさかのぼる、胡・苗・范・田の四家の祖先のお話の時のタムさまが...

うわ~~んカッコいい~~ (← 泣くほど(笑))



今激ラブな紫衣侯殿ともまた違う、男らしい武将姿に撃沈



やっぱり身体が大きい人は鎧を着てもサマになります~



いっその事...このお姿のままずっと出ていて欲しかったなぁ~

このタムさまの武将姿だけでご飯3杯はイケます~(笑)


あ、前にちょっと話した 「田さまの時の譚耀文さまがあまり大きく見えなかった件」 ですが...

黄秋生(アンソニー・ウォン)181㎝ 方中信(アレックス・フォン)182㎝ と回りも大きかったからですね...きっと


でも...このお話って...胡・苗・范・田 の四家のお話だったのね~ ...と今さら言うのも...



今まで 「胡」 (黄秋生 アンソニー・ウォン) 「苗」 (方中信 アレックス・フォン) 「田」 (譚耀文 パトリック・タム)

の、三家の100年に亘る因縁のお話だと記憶していて... 「范」 の記憶が全然無くて...

あれ?そういえば 「范」 はどうしたんだっけ?...と気にしながら観ていたら...

田さまが序盤であっけな~く殺しちゃってたんでした(笑)(どうりで...



クゥ~その非情な冷たさがたまら~ん

でも...こうやって譚耀文@田さま中心に観ていると...

田さま...強いんだか弱いんだか...大物なんだか小物なんだか...用意周到なんだか詰めが甘いんだか...(笑)

そんなトコも妙にカワイイです

この 「田帰農」 という役って...今思うと 超美味しい 役なんじゃないでしょうか?
コメント