花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

不用担心

2014年08月31日 | レース
《 水滸伝 》 を観るのに追われて(正確に言うと感想を書くのに追われて)

今月から月8枚(16集)→ 月4枚(8集)にしたところ...急に内容が退屈になって  

こりゃ~感想を書くまでもないか...ってな事になって普通に観て返すだけにしたら

今度は観終わったあとに時間が空きすぎて、続きが届くのを待つ感じになってます

10日も間が空くと、どこまで観たのか忘れちゃいそうです

あぁ...帯に短し襷に長し...月6枚ってのがあったらなぁ...

そんな訳で、最近水滸伝の事を書いてなくて対不起~ (って...誰も待ってないか


さて、今日はSUPER GT 第6戦鈴鹿 決勝です

ZENT号は、まだリストリクターハンデが効いていて...予選順位は9位とイマイチだったけど...

でも、今日のレースは1000kmの長丁場

173周も走るので、いつも色んな事が起こって終わってみるまで誰が勝つか全く読めません

ZENTチームは判断力、団結力共に素晴らしいモノがあるし

ドライバーも2人とも安定して速いので、後方からのスタートでも全然心配していません

最後まであきらめないで走り切って、絶対に表彰台に乗ってください  

距離が長いので、今日はいつもより早い12時15分スタート...

終わった頃には日が暮れて、チェッカーで花火が上がる...夏の終わりのお祭りを楽しみま~す


...おまけ...

なんかカッコいい動画が Youtube に上がっていたので貼り貼り(笑)

これ...『 Sony ActionCam × LEXUS TEAM ZENT CERUMO 』 というコラボ企画で

ピットの中や、チームクルーや、マシンのあちこちにActionCamを付けて撮影をしたみたい

特にマシンのタイヤ横に付けたカメラの臨場感がカッコいいんです~

ま...SONYのCMですが(笑)雨の富士スピードウェイを疾走するZENT号をご覧くださいませ


コメント (2)

天天有喜 其之三十六・三十七

2014年08月30日 | 譚耀文
と、いう訳で(どういう訳で?(笑))天天有喜の続きを鑑賞~


劉楓は、九妹がキツネの化身だった事をお母ちゃんに言えないまま

屋敷中を道士にお祓いしてもらっていたけど...別に悪霊なわけじゃなし...



ヒドイよ...あんなに愛し合ってたのに... キツネの化身だっていいじゃん

その道士のお札を触った采蝶は手が焼け焦げていたけど...

意外や意外...インチキくさい道士かと思いきや(笑)お札...効くんだね

采蝶は聚魂丹(回復薬?)を飲んで事無きを得たけど...



キツネよりよっぽど怖い毒グモの妖怪がここにいますけど~(笑)

そしてまた、オッサンから生まれた子、正頴(あっという間に成長して、もう子じゃないけど...)

と、竜の卵から生まれた、九妹にそっくりな芷柔のお話に逆戻り...

芷柔は九妹そっくりだけど、頭の中身はまだお子ちゃまなので

卵を拾って芷柔を育ててるお父ちゃんとお母ちゃんに甘えっ放し



でも、かぐや姫のおじいさんとおばあさんみたいで、可愛い娘の出現に2人は幸せそう...

一方、山賊の頭だったオッサンは、お腹が大きくなって赤子が生まれた事を

今までしてきた悪事の報いだと思ったのか、急に改心して山砦を解散

町に出て今までの償いをしようとしては、恨みがある町民にフクロにされていたけど...



息子はそんなお父ちゃんが腰抜けに見えるみたい...性悪なのかなコイツ...

そして、九妹の本体はお父ちゃんの下で治療しているみたい



なんだかお父ちゃんが出て来るとホッとするな...早く本来のお話に戻らないかな~


また金不喚ちゃんが出てこなかったので、ヤケクソで(笑)37集も鑑賞~


オッサンから生まれた正頴は 「長い白髪して、あんた妖怪じゃないの?」 って言われてたけど...



んじゃ金不喚ちゃんがいくら人間バージョンに変身しても、妖怪ってバレバレだって事?



私は金のガマガエルだろうとイボガエルだろうと(笑)タムさまなら全然OKよ~

(あ...つい脱線してしまいました...

改心して腑抜けになったお父ちゃんに業を煮やした正頴は

また手下を呼び戻し自分が頭になって、山賊稼業を再開...やっぱり性悪だったか...

荷物の中身を透視したり、危険を予知したり...なんだか色んな能力を持っているみたい...

で、奇妙な縁で芷柔の義兄(?)と戦いになり、そこへ止めに入った芷柔は

九妹の分身だった時の記憶が蘇り、不思議な力で正頴を撃退してたけど...

う~ん...この本線から脱線(?)した(ツマンナイ)お話...いつまで続くんだろう...


...今回出てきた単語帳行きの言葉たちです...

少说(shao shuo)...少なくとも
平白(ping bai)...やぶから棒
別扭(bie niu)...そりが合わない
影响(ying xiang)...影響を及ぼす
地痞流氓(di pi liu mang)...チンピラ
洗手(xi shou)...悪事をやめる
喩)西北风(xi bei feng)...きびしい現実
成)阴错阳差(yin cuo yang cha)...偶然に間違いが起きる事

※ 洗“手”(悪事をやめる)が、日本語だと“足”を洗うになるところが面白いワ~(笑)


しかし...これで3集連続でタムさま@金不喚ちゃんが出てきませんでした...
ふざけんなよ 視聴者をナメてんのか~

こちとらタムさまだけを楽しみに、意味不明な中文と戦いながら観てるって~のにいぃぃ...(泣)

タムさま@金不喚ちゃんが出てこないと、ドッと疲労感だけが残ります
コメント

好消息

2014年08月29日 | 譚耀文
なんなんでしょう...昨日今日のこの寒さは...

起きてる時は動いてるから大丈夫だけど、寝てる間に急激な寒さで身体が堪えたのか?

今朝は寒くて目が覚めて、まだ6時前だったからもうひと眠りしようとしたら

未だかつて無いくらいの膀胱の圧迫感(笑)で、それ以上寝ていられなくなりました...

今まで汗に行ってた体内の水分が、汗をかかなくて膀胱に集合しちゃったんでしょうか?

トイレに行ったら目が覚めちゃって、意味もなく早起きする羽目になっちゃって...あぁ眠い...

涼しくなるのは大いに結構なんだけど、急激なヤツは勘弁してください


さて、ひとつ嬉しいお知らせがあります


譚耀文さまが、2013年度視聴率1位だった 《 天天有喜 》 の金不喚ちゃん役で

第27期、中国テレビの金鷹節の「观众喜爱的港澳台演员奖」にノミネートされたそうです
きゃ~ 恭喜恭喜~

「观众喜爱的港澳台演员奖」(漢字で書くと「観衆喜愛的港澳台演員賞」)

直訳すると 「観衆の好きな香港・マカオ・台湾の役者賞」 だそうですが...

“港澳台”で香港、マカオ、台湾なんだね...初めて知ったワ(笑)

でも、主役の2人を差し置いてタムさまがノミネートされたのはすごく喜ばしい事です


美人で、可愛らしくて、いつも涼しげな表情の金不喚ちゃんだけど





実は、グリーンバックの何もないところで演技したり...



ワイヤーに吊られたり...



真夏の撮影で熱中症になっちゃったり...



見えないところで一生懸命頑張ってたんだもんね...

受賞式典は10月だそうですが...どうかタムさまの努力が報われますように...
コメント (2)

加以修正

2014年08月28日 | Weblog
先日から、しばらく放ったらかしだったblogを少しずつ手直ししています

プロフィール画像も少々変更(って...どっちにしても姫ですが(笑))

自己紹介も簡潔にしました

そして、お気づきだとは思いますが、左サイドにツイートを表示できるようにしました

(これも大してつぶやいてなくて對不起~

あと、ブログタイトル下の、本来ならばblogの概要が書いてある部分を

以前の 《 非誠勿擾 》 のエンディング曲(だったと思うけど...自信なし(笑))の歌詞から

《 王の後宮 》 のオープニング曲 『 不悔 』 の歌詞(一部抜粋)に変更しました

『 遇見你 天意  更漏孤眠枕上听梧桐夜雨 』



(出逢いしは天意でしょうか?独り寝に寂しく雨音を聞くばかり)...意味深~(笑)


今日は朝から、なんだか居たたまれない気分で落ち着きません...

結果は見届けるつもりだけど、リアルタイムでの直視は辛いので

今日はテレビは見ずに過ごします これでちょっと 《 天天有喜 》 が進むかな?
コメント

天天有喜 其之三十五

2014年08月27日 | 譚耀文
劉楓に全部のパワーをあげて、キツネの姿に戻ってしまった九妹



う~ん...これは完全に死んでるね...瞳孔開いてるし(笑)

そこへまた、ウサギの化身のコイツが現れたけど...



この人ってあちらではどういった位置付けの人なんだろう...女装好きな男?...オネエ?

そこへ九妹の分身(幽体離脱?)まで出てきちゃって、外の世界を楽しんでる様子



九妹がキツネに戻った所を見た劉楓が 「妖怪と人では住むところが違う」 って言って去り...

このまま悲しい展開になるのかと思ってたけど...やっぱりコメディなんだね


九妹も十分子供っぽかったけど、分身はもっとガキでアホで性悪...

九妹の分身がふと立ち寄った所にいたこの女神(?)さまは、どうやら懐妊を司る神様みたいで



それを見た九妹の分身は 「面白そう!あれなら私も出来る」 と...

神聖な拂塵(下っ端宦官時代の汪直さまが持ってたような毛バタキ)をだまし取って

下界のいろんなモノを妊娠させまくり...オイオイ...やりすぎ...



九妹の分身の悪戯を止めようとしたオネエのウサギの精と揉み合いになって

下界の山賊の頭(ツルツル頭のオッサン)まで妊娠させちゃって

(オッサンは無事出産してたけど...オッサン...どこから産んだんだろう(笑))

このオッサンが産んだ男の子と、竜の卵から産まれた女の子(九妹そっくり)は



あっという間に成長して大人になっていたけど...今後お話に絡んでくるんだろうか?


金不喚ちゃんどころか、九妹も劉楓も...主役が一切出てこない集ってある意味すごいワ...

あまりにつまんなくて(笑)つい流して観ちゃったので、観終わるのが早い早い

そんな訳で、今回は単語帳行きの単語もありませ~ん (訳す気も起きなかったとゆ~(笑))


PS...これじゃあまりにツマンナイから、タムさま@金不喚ちゃんの自撮りショットを貼っておきます



おやつ(?)やポットが、なんだか中華テイストで好



おやつを撮ろうとして写り込んじゃったの?...それとも狙い?(笑)
コメント (2)

成熟魅力

2014年08月26日 | 譚耀文
この季節...いちばん怖いのが 死にかけのセミ です...

地面に落ちて動かないと思ってると、急に最期の力を振り絞って飛んで来たりしやがります

というのも今朝...動かないので、その存在にも気が付かないで近くを通ったら

死にかけのセミのヤローが急に 「ジジジジ~ッ」 と断末魔の叫び(笑)をあげて飛んできて

私の足に止まりやがりました (すみません...怒りのあまり言葉遣いがつい...おほほほ....)

そして 「キャァァァ~~~ッ」 と10里四方に響き渡る悲鳴を上げて飛び退った時に

腰をひねって、またギックリの場所を痛めてしまいました

日頃気を付けていて、せっかくだいぶ良くなってきてたのに~(泣)

セミのバッカヤロォ~~~ (怒) セミ...大っ嫌いだ...


...と...セミへの怒りばかりじゃつまらないので (...私が(笑))

先日タムさまが微博に載せてた画像の大きいヤツを見付けたので貼っておきます







いや~ん カッコいいぃ~

やっぱり雑誌の撮影だったみたいですが、記事には...

「クールなサングラス姿の譚耀文の太陽に照らされた壮健な体つきはセクシーで

成熟した男の魅力がたっぷり」...だそうですよ 成熟魅力...私の大好物です (笑)

あぁ...これでちょっと元気が出ました


PS...タムさまのお母様がご病気だそうです

最近微博の更新が滞りがちだったのは、新作映画がクランク・インしたせいかと思っていたけど

もしかしたらお母様の件があったからだったのかもしれません...



タムさまは末っ子なので、お母様も結構御高齢のようですし...心配です

私も他の迷さまのように、譚媽媽の早期のご回復をお祈りいたします
コメント (9)

掌上多寶格轉心瓶

2014年08月25日 | Weblog
観に行きたかったけど、行けなくなりそうな気配が濃厚だったので(結局行けなくなりましたが)

『 台湾故宮博物院展 』 で売られている“ 微型寶物組合系列之3 ” 『 轉心瓶ミニチュアセット 』を

ブロ友さまにお願いして買ってきていただきました



中身はこんな感じ みんなどれも小っちゃくて可愛い~



本当は、一部屋丸々中華な部屋にしてみたい ...という夢があるんだけど...

予算やら何やらで、なかなか実現は難しいので...ささやかにミニチュアで実現(笑)

箱に載ってるとおりにセットしてみました



あうぅぅ~可愛い~ 色々と萌えポイントがぁぁ~

古装劇によく出て来る本のミニチュア(全長9mm)



論語です(ウソ(笑))

轉心瓶のミニチュア(全長2.5cm)



小さいのに、中の瓶が回転して絵柄が変わります

中華卓子は、孫権が端っこをズバッと斬ったヤツみたいで萌えます(笑)



これも、芸が細かい事に引き出しが開くんですよ


他にも...これで寝たら首がどうにかなりそうだといつも思う(笑)高い枕や

鉄扇公主(羅刹女)が持ってたような芭蕉扇や、燭台や...も~萌えポイントだらけ



この寝台で寝ていたら誰かの気配を感じました(笑)



お約束 (爆)

せっかくの可愛いお部屋なのに、箱に入れて置いたら見られないので
キレイにセットした状態で留めて、透明のコレクションケースに入れて飾ろうと思います

(ちょうどいいケースが見つかるといいな...)
コメント (4)

救火英雄

2014年08月24日 | 譚耀文
邦題は 《 ファイアー・レスキュー 》 なんだけど...つい 《 救火英雄 》 って言っちゃう私(笑)

でもたぶん...これからも馴染んだ 《 救火英雄 》 で行くと思いますが

日本版のポスターと予告編が出揃ったので貼っておきます



思った通りタムタム...写ってません...(涙)

いいんだいいんだ...消防士さんじゃないからね...

こちら ↓ はポスターっていうか、日本版DVDの裏って感じですが


こっちには、ほんのちょこ~~~っとだけタムタムが写ってました (← うるうる(笑))

そして、昨日出た日本版予告編も貼っておきま~す



(あ!ナレーションが 《 王の後宮 》 のナレーターさんだ (笑))

やっぱりタムタムの名前は出てこなかったけど...

いいんだいいんだ...消防士さんじゃないから... (← しつこい(笑))


さて...シネマート六本木とシネマート新宿...

どちらも行った事がないので場所がよく解らないんだけど...

どっちの方がいいのかな?(行き易さというか分かり易さというか...)

今から無事にたどり着けるか心配です
コメント (4)

天天有喜 其之三十四

2014年08月23日 | 譚耀文
前回ほとんど金不喚ちゃんが出てこなくて不完全燃焼のままだったけど...
ちょっと色々と夏的玩儿で観れなくて2週間ぶりにやっと鑑賞~


八姐の術で声を出せなくされてた表嫂だったけど...



身振り手振りで、表哥に九妹の懐妊は嘘だと伝えることに成功

その話はお母ちゃんの知る所となり、お母ちゃんは医者を呼んで真偽を確かめることに...

マッサージをしてあげると九妹を騙し、隙を見て脈を診るという作戦なんだけど...



九妹...気付けよ...

これによって九妹の懐妊がウソだったとハッキリして、大激怒するお母ちゃん

「劉楓と離縁しろ 」...「こっちだって結婚したくてしたんじゃない 」 と大揉め

その騒ぎを早速不喚ちゃんに報告する采蝶...

揉めてるお母ちゃんと九妹の様子を見て、すんごく嬉しそうな不喚ちゃん(笑)



いや~ん 不喚ちゃんニッコニコで超カワイイ~~

手下の前でこんな可愛い顔見せちゃったら、ボスとしての威厳も何もあったもんじゃな~い(笑)


今度こそ計画がうまく行きそうな展開に気を良くして

ウキウキと劉楓をやっつけるために下界に降りた不喚ちゃんたちは

ガラの悪そうな野郎どもに変身してたけど...


変身前  


変身後 

え~ こんなオッサンの顔見ててもツマンナ~~イ  

美しい不喚ちゃんに戻せ~~(爆)

そして、巻き物から例の梼杌(とうこつ)を出して劉楓を襲わせ...



劉楓は情けない顔をして逃げ回った挙句怪我をしてしまう...



梼杌は危険なので、一旦はその場から逃げたんだけど...

「五魔のボスなのに逃げる訳にはいかない...九公主もまだあそこにいるのに」



と、知画が止めるのも聞かず、ひとり梼杌の元に戻る不喚ちゃん...なんだか男らしい~ (笑)

でも、急いで戻ったのに、キツネの姿で梼杌と戦う九妹をただ見守るだけ(笑)

と言うのも...怪我をした劉風に梼杌の内丹を飲ませるという八姐の話を聞いて

梼杌の内丹(肝)は万能薬で、飲めばどんな怪我でも治っちゃうという事を思い出したらしい(笑)

だけど、もし九妹が梼杌を倒して内丹を取って劉楓に飲ませたとしても

劉楓は凡人だから薬の効き目が強すぎて死んでしまうと...



つまり、このまま放っておけば大丈夫と読んだ不喚ちゃんたちは五魔洞に帰ることに...

(う~ん...いつもその、あと一歩の詰めが甘くて失敗してるのに...学習しろよ~五毒~


八姐の案で、全部飲ませたら危険だから...と、半分だけ飲ませたけど

劉楓の意識が全然戻らないので、二姐に診せるために狐界に行く事にした九妹たち

二姐によると、意識のない劉楓を治すただ一つの方法は、九妹の全内力を劉楓に与える事...

でも、それをやると力が弱くなって九妹は元のキツネの姿に戻ってしまうらしい

しかも、500年は功力が戻らないし、最悪死んでしまう危険もあるらしい...

そんな危険も顧みずに劉楓を助けることにした九妹...劉楓のことホントに愛してるんだね...

また寒冰洞で悲しいエンディング曲を掛けて~の、お涙ちょうだいの演出だったけど...

2回目なので今度は泣きませんわよ~(笑)


命がけで劉楓に全内力を与えた九妹...それなのに...やっと意識が戻った劉楓は...

「キツネになる所を見たぞ、この妖怪め よくも騙しやがって 」 とひどい事を



九妹はドSでガキで、あんまり好きじゃないけど(コラコラ(笑))
今度ばかりは九妹に同情~ 劉楓 アンタヒドイぞ~


...今回出てきた単語帳行きの言葉たちです...

放松(fang song)...リラックスさせる
支离破碎(zhi li po sui)...支離滅裂
竟敢(jing gan)...大胆にも
溜达溜达(liu da liu da)...ブラブラする
差不多(cha bu duo)...だいたい、ほとんど
记恨(ji hen)...恨みを抱く
绝佳(jue jia)...ずば抜けて優れている
捣鬼(dao gui)...悪巧みをする

気が付けば、タムさま@不喚ちゃんが可愛くて悶えながら観ていた 《 天天有喜 》 も

もう折り返しを過ぎてました ...これからは段々と切ない展開になってくるのかな~?
コメント

警察故事2013

2014年08月22日 | 映画
《 警察故事2013 》 (邦題 《 ポリスストーリー/レジェンド 》)



東京ではとっくに公開済みのこの映画ですが...ようやくこちらで公開になったので(今頃

昨日友達とクソ暑い中観に行ってきました

いつも 《 新・少林寺 》 とか 《 捜査官X 》 とか、中華系映画はこの劇場なんだけど...

古いし、駅からは遠いし、スクリーンは小さいし、上映はいつも全国で最後の方だし...

不満はたくさんあるんだけど...でも、上映してくれるだけでありがたいと思わなきゃね

昨日は、その中でも地下にある試写室みたいな小さなホールでした

(なんと映画館にあるまじき柱があるという

しかも、ガンガンに冷房が効いてるんだけど、なぜかすごく湿度を感じるという(笑)

冷たくてじっとりした中で人質気分を味わいながら観ました (これが噂の4DXか

(違うし...お話の舞台も冬だし...(笑))

~あらすじ~

ベテラン刑事ジョン(成龍 ジャッキー・チェン)は、一人娘のミャオ(景甜 ジン・ティエン)に会うため
約束の場所として指定された繁華街にある怪しげな雰囲気のナイトクラブにやってくる
父娘は半年ぶりに対面するが、突然ジョンは何者かに殴り倒され、そのまま拘束されてしまう
気が付くとクラブの出入口は封鎖され、ジョン親子を含む十数人の客が閉じ込められていた
事態は警察も手が出せない大量人質籠城事件へと発展
犯人であるクラブのオーナー・ウー(劉 リウ・イエ)の要求は、ある囚人の解放だった...



ジャッキーも今年還暦なので、やっぱり年取ったなぁ~とは思ったけど...

でも、封印したはずなのにアクションシーンは普通にやってましたね

(そりゃ~全盛期のような「頭蓋骨骨折」みたいな無茶なアクションはしなくなったけど...)

もう全く“ポリスストーリー”とは別のお話なんだから、この邦題はどうかとは思うけど

派手なアクションの見せ場が減った分、ヒューマンドラマで魅せる感じの内容になっていて

掴みもOK 途中で中弛みもしないで最後まで面白かったです

リウイエ@ウーは “情” があるワルでした



情があって兄弟思いのワルってとこで、ちょっと 《 男児本色 》 の呉京哥@養生を思い出したけど

結局、このウーのおかげでジャッキーと娘のわだかまりが解けた訳だし...人質を殺さなかったし...

ド派手に警官を殺しまくってた養生よりも、情状酌量の余地が大いにある切ないワルでした

最後地下に脱出トンネルまで掘ってあった用意周到さには脱帽しました(金掛けてんな~って

于榮光は珍しく(?)悪役じゃありませんでした



私...どうしてもこの人にはワルのイメージが強くて...

いつジャッキーを裏切るのかと、なにかどんでん返し的な事を期待してたら

最後まで普通の上司だったとゆ~(笑)ゴメンよ~疑って

あ...そういえば呉越もちょこっと出てたけど、ヘアスタイルで最初誰だかわかりませんでした(笑)


全国廻り尽くした後じゃきっと無いんだろうな...って覚悟してたパンフレットですが



普通に売っててビックリ~(笑)


PS...

エンディングのNGシーンを観て、ジャッキーも少々のケガはしたみたいだったけど

出演者のみんなとの、なんだか楽しそうな撮影風景が垣間見えて思わず笑ってしまいました



お話がシリアス展開だったから、エンディングでホッと和んだ感じだったんだけど...

その後でジャッキーが言った 「ジェイシーがいるから頑張らないと」 の言葉でドキッ

この映画を撮ってる時は、まさかこんな事になるなんて思ってなかったんだろうな...(涙)

ワタシ...なんて皮肉なタイミングで観に行っちゃったんだろう...
コメント (2)