花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

捜集哭鼻子的面孔 

2016年08月31日 | 譚耀文


“哭鼻子的面孔”= “泣きベソ顔”コレクションと書きましたが...

泣きベソ顔というか、タムさまの情けなくもカワイイお顔を集めてみました


これは何かのドラマなのか? 個人的趣味なのか?(← それは無い(笑))

まだウブいタムさまの、可愛らしいベソ顔です



赤いお衣裳だし...結婚がイヤで泣いてるの~?(笑)


《 笨小孩 》 @阿B 知的障害のある精神年齢6歳の阿Bの熱演ベソ顔



この映画...タムさまの演技派との評価がグンと上がった映画なので、ぜひ観てみたいんですっ


《 我們停戦吧! 》 @陳家强 窓から飛び降りようとした生徒を必死で止めるダサい先生(笑)



変顔全開らしいけど、この映画で賞を3つも受賞してるし...これも早く観たい~


《 救火英雄 》 @万所長 発電所の情けない所長さん(笑)



ニコ...タムさまにすがりつかれてうらやましいゼ~(笑)


《 失眠男女 》 @南哥 黒社会のボスにはとても見えない情けないお顔(笑)



たとえ評価が星1つでも(号泣)例のボクシングシーンがどうしても観たいゾ~

(けっ...決してタムさまのせみぬーどが見たいのではありません


《 雪山飛狐 》 @田帰農さま クールなワルという印象の田さまが



いつもあまり感情を出さないあの田さまがベソを搔いてる~ と萌えったシーンです(笑)

(う~ん...アレはやっぱりウソ泣きだったのかな?)


《 浣花洗剣録 》 @紫衣侯さま 侯風時代の可愛らしいベソ顔



江湖の英雄になってからは、大人で冷静で変顔なんてしなかったけど

まだウブかった頃の侯風は、お兄ちゃんの死を前にしてのベソ顔がカワイイ~(笑)


《 衝鋒車 》 @杜公子さま ベソというより泣いてます(笑)



↑ この辺りのセリフのニュアンスがイマイチ解らなかったので、ぜひ日本語字幕プリーズ


《 天天有喜 》 @金不喚ちゃん 劉楓に片足を斬られて井戸の底で泣く不喚ちゃん...可哀想に...



と思ったら、まんまと銅銭に釣られちゃって(笑)なんとも可愛い困ったちゃん顔



金不喚ちゃん...ワルにしておくにはもったいない(笑)可愛いキャラだったな~


《 王の後宮 》 @汪直さま ホームレス時代のボコられてるお顔(笑)



宮中に入ってからは、ワル顔か春華にだけ見せるけな気な優しい顔ばかりだったけど...

ホームレス時代には盗み食いして殴られたり蹴られたり...可哀想だったな


そして...情けない顔、変顔、ベソ顔の宝庫(笑)《 土地公土地婆 》 @土地公、張福徳ちゃん







コメディーなので、たぶんこれからも福徳ちゃんの変顔ベソ顔は増えて行くことでしょう


あ~キャプチャが出来たらもっと載せたいヤツがあったんだけど...残念

でも、普段はキリッとした男前のタムさまが、時折見せる情けないベソ顔...

あぁ...どれもこれも可愛くってたまら~ん

でも...これでは初めて見た人が 「タムさまって人は変顔の人なんだ」 と誤解する恐れがあるので(笑)

タムさまの名誉の為にも、すぐにカッコいいヤツのコレクションをやらなくちゃ~

コメント (4)

冠軍!!

2016年08月30日 | レース


昨日はブログをお休みしたので、1日遅れになってしまいましたが...

ここにこの報告を書くのをずっと夢見ていたので、どうしても書かせてください

チームZENTセルモ やっと優勝できましたぁ~

調べたらなんと 2014年7月以来、約2年ぶりの優勝という事で喜びもひとしおです


今年のレース...去年に引き続いてNISSAN GT-R 勢が絶好調で勝ちまくり

LEXUS RC F勢 は...う~ん...どうしたんだよ... という中...

ZENT号は...開幕戦は6位、現地観戦に行った第2戦はトップ争いをしていたのに

今年から導入されたレギュレーションのせいでピットに入れず、終盤にガス欠でストップ(14位完走扱い)

(第3戦は地震の影響で中止) 第4戦は3位表彰台、第5戦は7位...と、勝てそうで勝てず

ずっとモヤモヤした状態が続いていたので、もう嬉しくて嬉しくて~



今回のレースは『 SUPER GT 第6戦 International 鈴鹿1000km 』 という特別なレース

予選では、力が入り過ぎた立川くんが珍しくコースオフ!8番手という後方スタートになってしまって...

でも、1000kmという長丁場のレース...何が起こるか分からないし、最後まで諦めないで応援しよう

と...どこか完走&ポイントGETを願う感じの心境になっていたんだけど...

レースが始まったら、ここ数戦のじれったさを全部帳消しにする勢いで前車を抜きまくってくれて

最初の1周目で8位 → 5位に上がり、そこから1台、また1台と次々オーバーテイク

曇りで路温が低めだったのがタイヤとバッチリ合ったのか?オーバーテイクもキレッキレで

頭をグイッとねじ込んで、スピードが乗ってるのにコーナーをインベタでキュッと曲がる神業

見ていて、マシンもドライバーも調子がいいのがよ~く分かりました

解説陣にも 「鬼神の走り」 って言われてて 「キャ~カッコいい~」 って何回叫んだことか...

(この時はちょっと浮気したかも...あ...あくまでも走りの事なのでタムさま許してね~(笑))


立川くんの最初のスティントで8位から1位にジャンプアップして、石浦くんに交代

ピットの作業時間等で順位を落としても、すぐにまたトップに躍り出るZENT号 う~ん絶好調

そして、ずっと後ろにいてプレッシャーを掛けられてたマシンが自滅してくれて

2位とのマージンが15秒にもなって これは、今回はレースの神様が味方してくれてるかも

でも...そんな時に300のマシンがクラッシュしてセーフティーカーが入ることになって

せっかく築いた15秒のマージンがゼロに (ったく...何やってんだよ~ と、みんきぃさん絶叫(笑))

好事魔多しって、ホントイヤな諺だな...

でも、リスタートでもトップを守り、途中あわやペナルティーか?って事態も無事お咎め無しになったし

その後はドライバー交代してもずっとトップを譲る事なく

急に降って来たスコールのような2度の雨も、急に接近してきた2位のマシンも何とか凌ぎきって

1000km、5時間45分に亘る長い長いレースを、無事トップでチェッカーを受ける事が出来ました~


以下...テレビ画面を撮ったので画像が粗目ですが、表彰式の模様です

立川くんいい笑顔だ~ ずっとこんな笑顔が見たかったんだよ~



ちょっとブレちゃったけど、鹿の首に鈴が付いてる鈴鹿のトロフィーと



オートバックス賞



ベストパフォーマンス賞もGETしました~



レースが終わってもこんなに大勢の人が残ってお祝いしてくれていて



そして、優勝ドライバーのカウントダウンで花火が打ち上がり



最高の形で夏のお祭りレースを終える事が出来ました

優勝したので(しかも特別ポイントが付くレースなので)ポイントランキングも2位にUP

一時はちょっとムリかも...と思っていたチャンピオンも見えてキタ~



(上ではブレブレだった鈴鹿ちゃん(笑)こんなヤツです)

もう~全然気が抜けないレースだったし、12時に始まって終わったら6時と、半日リキ入れて応援してたので

終わったら、ホッとしたのと、うれしいのとで気が緩んじゃって

「よがっだよぉぉぉ~~ やっどがでだよぉぉぉ~うわ~ん 」 と声を上げて号泣しちゃいました(笑)



そして...祝杯でお腹を壊し(笑)両腕は筋肉痛...おまけに生◯痛という身体はボロボロの状態でしたが

昨日は介護認定の立ち合いで、じいちゃんの所に行かなくちゃいけなかったので

早起きしてヨロヨロしながら(笑)頑張って駅まで行ったのに...

どこかのバカが途中の踏切の非常停止ボタンを押しやがったらしく

点検のために電車が全部止まっちゃってて、再開のめどが立ってないとゆ~

結局、電車はいつ動くかわからなくて、立ち合いには間に合わないということで

私抜きで認定をやってもらう事になりましたが...

まったく...早起きしてバス代往復800円払って駅まで行って帰って来ただけとは...

こんな事ならもう少し寝かせて欲しかった...


でも...身体はヘロヘロだけど、ちょっと無駄足しちゃったけど...

ZENT号の優勝で気分がいいので全然平気です(笑)今ならなんでも奢っちゃうわよ~ (← 出たよ(笑))

コメント

副食風甜点

2016年08月28日 | Weblog


先日、車で市役所や社会福祉センターを彷徨ってた時

前にテレビで見て気になってた “お惣菜風スイーツ” のお店に偶然出くわしました

(遠くてなかなか行けない所なので、これも天意だと思ってムリヤリ寄りました(笑))


ずっと前、ばぁばを送りに行ったついでに一度行ったことがあるんだけど

その時は時間が遅かったので 「たこ焼き風シュークリーム」 しかありませんでした

今回は昼間だったのでほとんど揃ってたんだけど...なにせ用事の途中だったし

これからどれくらい時間が掛かるか分からないし、それにこの暑さでは傷むのも心配

という事で、生クリームのケーキは止めて比較的大丈夫そうなヤツにしました


今回買ってみたのは...

「串揚げ」 と



「目玉焼き」



入れ物とかもお惣菜風で、なかなかリアルに出来てるでしょ?

串揚げは、実はエクレアで、お醤油の容器に入ったチョコソースを掛けていただきます



あ、中身を撮ればよかった...と気付いた時はもうお腹の中~(笑)

衣が苦めのカラメルソース風味で、サクサクで美味しかったです

アルミのカップのはカスタードクリームみたいだったけど、私カスタードは嫌いなので付けませんでした

(そして、例によって中身のクリームは絞り出して食べました(笑)← コラコラ~

目玉焼きはミルクプリン(?)だったようです(HIROが食べたので味は分からず...)



真ん中の黄身はシロップ漬けのアプリコットで

こちらも、バニラって書いてなかったらお醤油にしか見えないコレを掛けて食べたそうで



とっても美味しかったそうです (杏仁っぽいのかな?)


時間に余裕がある時にまた行くことが出来たら、今度は

イクラ丼にしか見えない 「いくら丼ケーキ」 と、そぼろ3色丼にしか見えない 「そぼろ3色丼ケーキ」

を買ってみようと思います...って...実は、甘いものはそんなに得意じゃないんだけど...

好奇心は旺盛なので(笑)何で出来てるのか味が気になるんです~

いつになるか分からないけど、またその時にはこちらでご報告しま~す


さて...今日は1年に1度のお祭り 『 SUPER GT 鈴鹿1000kmレース 』 決勝です

予選でちょっと失敗しちゃって8番手からのスタートだけど

いつもの3倍以上の長丁場のレース...天候も急に変わりそうだし、何があるか分からないので

最後まであきらめないで応援しようと思います ガンバレZENT号~


PS...明日は例の用事で朝から出掛けるので、ブログをお休みさせていただきます
コメント

土地公土地婆 其之十二

2016年08月27日 | 譚耀文

という訳で...ネタがないので(笑)《 土地公土地婆 》 第12集のレビューをば...


劉嘉は 「土地公が金貸しなんて」 と怒り、發財銭庄に行こうと弟に場所を聞いたけど

劉和も知らなくて...でも 「村長なら知ってるかもしれない」 と、さっそく福徳村長の元へ...



って福徳ちゃん、また踊ってるし~(笑)

福徳村長が 「私もよく知らないんだ...探し出すのはムリだろう」 って言ったら

村長が当てにならないので、自分で發財銭庄を探し始める劉嘉



しかし...こんなに可愛い村長さんがいる村なら、私もここの村民になりた~い

そして、毎日何かしら村長さんに相談に行っては、優しくされて泣くんだ~(笑)(← ウザいから


もし銭庄が見つかったら...と気が気じゃない秀文に、福徳ちゃんは

「心が善良じゃない人には絶対に辿り着けないようにしてある」 と言い、福徳ちゃんはジジイに変身~



福徳ちゃん...ってかタムさまって、ジジイになったらこんな感じになるのか~

でもよく見ると、このジジイ...お肌がピッチピチだわ~(笑)

福徳ジジイ(笑)は 「とっても貴重でお高い金の指輪を落としてしまった...探して欲しい」 と劉嘉に頼み

最初は無視してた劉嘉も、お高い金の指輪と聞いて探すことに...

そして、ワザと劉嘉の近くに指輪を投げて様子を見る福徳ジジイ(笑)



キャ~目ヂカラハンパねぇ~ カッコいいジジイだな~(笑)

案の定、見付けた指輪を懐に入れて 「見つからないな~」 とバックレる劉嘉

劉嘉の良心を試したけど、やっぱり善良じゃなくて福徳ジジイガッカリ~

一方の弟、劉和は善良なので請帖(發財銭庄に行ける招待状)をあげるという福徳ちゃん



なんでカメラ目線なんスか~?(笑)

發財銭庄が見つからなくて弟を疑い出した劉嘉は、突然分家をすると言い出して

揉める兄弟は、可愛い村長さんの元へ...



兄の劉嘉は分家したいと言い、弟の劉和は分家したくないと言い、困る福徳村長

そこで秀文がコッソリ 「分家した方が劉和を手助けしやすくなる」 って言ったので同意する福徳村長



劉嘉は 「オレは長子だから、父の仕事を継いで焼餅の屋台もオレが継承するのが筋だろ」 と言い

これには異存がない福徳村長と村長夫人

劉嘉は調子に乗って 「長子だからこの家もオレが貰う、劉和はとっとと出て行け」 と言い

これにブチ切れた秀文が 「とっちめてやる」 と劉嘉にキックをお見舞いしたら

庇った福徳ちゃんの大事なところにHIT (笑)



悶絶する福徳ちゃんがも~可愛くって 大爆笑しちゃってゴメンネ~



でも...ずっと股間を押さえてるタムさまってのも萌えるワ~(笑)



そして、兄ちゃんに家を奪われ追い出される劉和...



劉和はあんなダメ兄貴でも慕ってるのに...ヒドイな劉嘉

でも劉和は、兄ちゃんがただ1つくれた畑...って言うか荒地を耕して前向き

ボロ小屋を修理して、ここで寝泊まりするみたい...

その様子を見ていた福徳ちゃんは、またジジイに変身して、今度は劉和を試してみる事に...



お兄ちゃんと同じく、大事な指輪を無くしたと言って困ってたら

善良な劉和は、福徳ジジイを優しく労わってくれて、指輪も見つけてくれて



心が善良な劉和に福徳ジジイ感激~(笑)

そこで福徳ジジイは劉和に 「なにか悩みでもあるのか?」 と聞き



懐から取り出した請帖(發財銭庄への招待状)を劉和に渡す福徳ジジイ



しかし美しいジジイだわ...



ジジイ萌え発症~ (笑)
コメント (6)

胡思乱想

2016年08月26日 | 譚耀文

どうしても知らず知らず考え事をしてしまうので、脳内を通常モードにしようと

《 土地公土地婆 》 の続きを観始めたんだけど...ちょうど福徳ちゃんが全然出てこない所で...

例によって亀の歩みで観ているので、じれったくなって(笑)《 王の後宮 》 を投入~

(手っ取り早くタムさまを補充(笑)したい時は、これか 《 浣花洗剣録 》 を投入します 我的栄養剤(笑))

で...前にレビューを書いてる時には触れなかった事を少々...

どこにも年齢の記述はないけど...お話の最初、春華がまだお母さんのお腹の中にいる時

春華の家で雨宿りをしてた子供時代の汪直さまを仮に10歳だとすると...



春華が9歳のこの時は、ホームレスの汪直さまは19歳





という事に思い至って、ウキャ~ タムさまったら41歳で19歳の役を~?

な~んて事を考えて改めて萌えってたら、脳内がいつもの妄想モードになりました(笑)

さすがタムさまです(笑)私を一瞬で胡思乱想小姐にしてくれます (← だから小姐言うな~



さて、最近のタムさま関連の事と言えば 《 土地公土地婆 》 のレビューばかりだったので

ここらで、ここ数ヶ月のタムさまの近況をまとめて載せておきます


今年の上旬は、何本かの映画の公開やら金像獎やらで何かと露出も多かったんだけど...

「人生何があるか分からない...」 と激しく落ち込んでいた時期からこっちは本当に動きが無くって...

準備中だと言ってた映画について、あれからなにも聞こえてこないのは...

やっぱり撮影予定だった映画がポシャってしまったせいだったのかな~...と勝手に推測してます

あの時の落ち込みもそのせいなのかな~...

映画の為にスケジュールを空けていたとしたら、その穴は急に埋められない訳だし...

だからなのか? 最近のタムさまは、オペラを観に行ったり、どなたかの演唱会を観に行ったり

乗馬の練習に行ったり...




定期検診に行ったり...



アーロンの演唱会に招待されたり...



と...時折イベントに出席したりお歌を唄ったりする他は、ほぼオフのような感じに思えます...


まぁ...いつも楽しみを与えられるだけの身としては贅沢は言えないけど...

でも、撮影中のタムさまは生き生きとしてとても楽しそうなので

早く新作の撮影が始まってうれしそうなタムさまが見たいな~と、願って止みません
コメント (2)

土地公土地婆 其之十一

2016年08月25日 | 譚耀文

とりあえず、じいちゃんは昨日無事に退院しました

昨日はバス → 電車 → バスの乗り継ぎで、ずっと立ちっぱなしで行ったのと

何よりあの(平気で変な事を口走って周りを不快にする)オバサンと対峙しなくちゃいけなくて

周りに気を遣いまくったので、疲れ方がハンパなくて...

じいちゃんを家に送り届けて午後2時頃に帰ってきて、買って来たお昼ご飯を食べようとしたんだけど...

知らないうちに寝ちゃっていて(!)気付いたら外は真っ暗でした...

アイツ...どんだけ人を疲れさせるんだ... 悪魔か?...


ここ数日振り回されて、全然自分のペースで生活出来てなくて...

このままでは(相談する相手がいないので1人で考え過ぎて)精神的に参っちゃうので

冷たいようだけど、ムリヤリにでも頭の中と生活を通常に戻します


ということで 《 土地公土地婆 》 第11集を鑑賞~


お父ちゃんの借金を返してもらおうと劉和の所に行った2人...

でも、物乞いに売り物を恵んであげたりしてる劉和には、とても100両なんてお金は返せそうにない...



そこで秀文が福徳ちゃんに 「たしか劉和にはお兄ちゃんがいたわよね?」 って聞いたら

「兄の劉嘉は無学で、働かないで遊んでばかりいて、どうしようもないドラ息子だ...

劉嘉が村のみんなに借金しまくった挙句バックレて 「金返せ~」 と押し寄せた村人を見て

お父ちゃんはショックで倒れて亡くなり...弟が焼餅を売って生計を支えてるそうだ...」

という話を、ご飯を食べながら秀文に説明する福徳ちゃん(笑) 食べ過ぎだってば



このドラマのタムさまは、よく踊るしよく唄うし、よく食べます (笑)

今までこんなにタムさまが何かを食べるところを見た事がなかったので、なんか新鮮~


何もやましい事がないから呑気な福徳ちゃんに秀文はイライラ

山神に 「今から城隍爺(秀文のお父ちゃん)に報告してくる、これで張福徳も終わりだな」 って言われて

「これで神仙としての日々もおしまいだわ~」 と泣く秀文



そして、山神はさっそく城隍爺の所に行って大袈裟に報告 お父ちゃんは話を聞いて激怒し

調子に乗った山神は 「張福徳と別れた方が秀文の為です」 とかなんとか言って帰ったけど...

実はこのお父ちゃんは、秀文が化けたニセモノでした(笑)

お父ちゃんに化けた事がバレたら殺される~ とビビる秀文



今回の件...福徳ちゃんは何も悪い事はしてないのに、秀文が1人でバタバタしてる感じだな...

秀文が早く借金を回収しようとしたら 「民を脅迫するのはダメだ」 と強く反対する福徳ちゃん

「そもそもなんで銭庄を開いたの?」 って聞く秀文に

「民の生活を改善して幸せな生活を送ってもらうためだ」 って答える福徳ちゃんは

「じゃ~劉和の生活はどう改善するのよ」 って返されてこの顔(笑)



だ~か~ら~45歳でそんな可愛いプンプン顔するのは反則なんだってば~ も~クッソ可愛い~(笑)


そして、せっかく福徳ちゃんたちがマジメな劉和の借金返済を手助けしようって時に

放蕩息子の劉嘉が村に帰って来ると知って、気が気じゃない秀文

そんな時に、村人に化けて妨害しようとする小石頭 (2人とも顔見て分かんないのか?)

「殺人事件だ」 って言うから急いで行ってみたら難産のネコの件で(笑)



それでも何とか助けようとする福徳ちゃんと、呆れる秀文...福徳ちゃん優しいな


その頃、村に妹を探しに来ていたオナゴが金持ちそうだと見て、さっそく近づく劉嘉

劉嘉はニセモノの金のネックレスを売りつけて逃げ、それを見ていた山神は

「これは使えそうだ...」 と何か悪巧みを考えてる風...



劉嘉は、弟の劉和から、自分が村を出ていた間にお父ちゃんが死んだことを知らされショック



お父ちゃんの墓の前で泣く劉嘉...こんな不良息子でも親孝行なんだな...って思ってたら...

「ところでオヤジの遺産はいくらある?」 って...ダメだこりゃ

そのお父ちゃんの遺産は...焼餅の窯と、家と、畑(という名の荒れ地)...

そして福徳ちゃんの發財銭庄で借りた100両の借金



さぁ、この不良兄と善良弟をどうする? 福徳ちゃん


コメント

精疲力尽

2016年08月23日 | Weblog


日曜の朝 「じいちゃん(父)が脱水症状で救急搬送されたので来てください」 と電話が掛かってきて

そこからちょっとバタバタ忙しかったので、ブログをお休みさせていただきました


私も直接話を聞いてないので、みんなに聞いた話を要約すると...

どうやらあのオバサンの妹の娘(?)の結婚式に呼ばれたけど、足の悪いじいちゃんは遠慮して

オバサンだけ横浜(?)まで行って結婚式に出席、その間じいちゃんはあんまり水分を摂ってなかったようで

オバサンが帰って来てぶっ倒れてるじいちゃんを発見!急いで救急車を呼んで搬送~という事らしいです...

電話で 「点滴をしたら元気になった」 と聞いてたので、そんなに心配はしてなかったけど

病室に行ったら、じいちゃんはベッドに座ってオレンジジュースを飲んでました

で、とりあえず、前の時のように10数枚の書類に必要事項を書き書き...

でも日曜なので事務手続きは明日じゃないと出来なくて...

ちょっと退院後の事も相談したかったので、月曜日にもう一度病院へ...


じいちゃん自身は、点滴をしたら(看護師さん曰く驚異の速さで(笑))元気になったので

特に付き添っていなくちゃいけない状態じゃないから、とりあえず病院にお任せして

その間に出来ることをやっておこうと、昨日1日あちこち駆けずり回ってきました


まず、このままでは退院後の生活が大いに不安なので、病院のソーシャルワーカーの人と相談して

社会福祉協議会の方を紹介していただき、後で支援センターに行くアポを取り


そして、どこかに行っちゃって見つからなかった、じいちゃんの健康保険証の再発行をしに市役所へ...

そしたら、代理人でも大丈夫だけど、じいちゃんの苗字のハンコが必要だと言われ

当然無いので文房具屋を探してようやく買い求め(ちょっと珍しい苗字なので1軒目で売っててよかった)

そして、書類を書いて再発行...そこでついでに、後期高齢者の医療費減額認定証も作ってもらう事に

でも、再発行してもあのカオスな家に送ったら、またすぐにどこかに行ってしまうに決まってるので

私が持ってる事にしようとしたら、それには私の苗字のハンコも必要だと言われ、また再度文房具屋へGO...

あぁ...市役所自体どこにあるのか知らない状態なので、勝手がわからなくて無駄にウロウロ...


そして、今度は退院後の生活の相談に地域包括支援センターへ行って

とりあえず私の知ってるあの家の惨状や、オバサンの問題や、モロモロ複雑な事情を全部話したら

今から一緒に病院に行きましょうという事になって、すぐ来てくださり(ホント迅速な対応ですばらしい)

看護師さんと一緒に、じいちゃんと話(耳が遠いので筆談も交え)をしたところ...

家に帰りたがってるし、どうやら(あんなオバサンだけど)お互いが支えになってる様子だから

ここで引き離すと、環境が変わって認知症が進んでしまう恐れがあるということで...

とりあえず主治医と呼べる人がいないので、今回の担当の先生に診断書をもらって

後日認定員さんに面会してもらって介護認定をして、食事やゴミ出し等の当面の支援を受ける

という事でなんとか話がまとまりました


(偶然、今日までHIROが夏休みなので、昨日は車で行ってもらえてホント助かった~

あんなに市内をあちこちウロウロするとは思わなかったので、バスやタクシーだったらムリだったかも)


そして、ランニングシャツだけで搬送されて、退院時に着る服がないので

服一式と、靴と、タオル、バブラシセット、髭剃り等々の必要なモノを買いにもう一度出掛け...

病院に戻ったらすっかり真っ暗に... あぁ...今日も何にも食べてなかった

でも、この2日でいろんな事があって、いろんな人といろんな話をしたので、変に脳ミソが興奮状態で...

そして、ずっと気を張っていたので、お腹はペコペコなのにご飯が喉を通らず...

ここ3日くらい、1日おにぎり1個くらいで生きてます


今までに何度もみんなで話をしようとしたのに、他人の干渉を極端に嫌うオバサンなので

家に行ったら2人でどこかへ逃げてしまって留守...みたいな感じで話は先に進まず...

社会福祉士の人も何度か家を訪問してくれてるけど、あのオバサンが入れてくれなかったそうで

まったく みんな心配して少しでも生活の援助をしようとしてるのに...ク◯ババアめ

(あ...つい心の声が(笑))


家に入れない(オバサンが入れてくれない可能性がある)以上、入院してる今がチャンス

ということだったけど、明日の退院が決まってしまったので...

来週抜き打ちであの家に行って、何とか介護認定にこぎつける予定だけど...

どうか1回で無事に片付くように祈っていてください  


という訳なので、少しの間は不定期での更新になると思いますが、どうかご了承くださいませ
コメント (2)

おしらせ

2016年08月21日 | Weblog

更新を楽しみにしてくださってる皆さま...お知らせが遅くなってしまってゴメンナサイ

ちょっと諸事情で2~3日ブログをお休みさせていただきます

取り急ぎお知らせまで...みんきぃ

コメント

在河辺玩儿

2016年08月20日 | Weblog

台風の影響もなくいいお天気だった昨日、恒例の川遊びに行ってきました

しかし暑かった 車からバーベキューの道具を運んだだけで、もう汗だく

普段エアコンの効いたところに引き籠っているので(汗)久しぶりに全身ずぶ濡れの汗をかきました

でも、河原に降りると時々涼しい風が吹いてきて、上よりも数℃気温が低い感じ...





そして、お腹が空いたときに買い出しに行ったので、やや買い過ぎた具材を早速焼き焼き

(出掛ける前の日に点火がメッチャ早い燃料の事を知ったので、今回は間に合わなかったけど...

次回はそれを買って、焼き方(HIRO、HIRO嫁)が楽になるようにしようと思います

焼き上がったモノを食べるだけの身としては(笑)せめてそれくらいはしないとね...

エビもネギ間もデカいので、呑みながら食べてたらお腹がいっぱいになっちゃって



メインのちょっとお高い肉やトウモロコシやイカや、超デカいモモが食べられませんでした

なんだかとっても贅沢~

そして、お腹がいっぱいになったら川で至福の時間

「くつろぎのテラス」 (照) と名付けた川の中の特等席で、下界では聞けないミンミンゼミの声を堪能



水は冷たいし、川面を渡る風は涼しいし...極楽極楽~




サワガニも出てきてくれました(この後すぐ脱走(笑))



そしてコレを忘れちゃいけない、恒例の姫ちゃんダイブ~

川には入れるけど、顔は濡らさないであげようと思ってたのに

自分で(誤って)飛び込んで、頭までずぶ濡れになってしまった姫(笑)水しぶきが涼しそう~



飛び込んでしまった以上泳いだけど、だんだん沈んでくるので必死の犬かき(爆)



つくづく、泳ぎには向かない犬種です(笑)

毛が水を吸って重くて、陸に上がってヨロヨロする濡れそぼった姫(笑)

なんだかみすぼらしいぞ~



ってか...だ...誰?(笑)



ドボ~ンは災難だったけど(笑)味ナシ肉や、焼き芋や、スイカが食べられたし

大好きなHIROにいっぱい遊んでもらったし、よかったね

そして、背中が暑くないように...と、水に濡らして着せたピンクのお洋服を見て



「春日」 というありがたくない異名を頂きましたとさ(笑) トゥ~ス


今日は、起きたら全身筋肉痛で動けませ~ん(笑) 片付けが山ほどあるのに...

姫もいっぱい遊んで疲れたのか?寝てばかりいるし...

という訳で、今日はどうにも使い物にならないのでダラダラして過ごします(汗)


そして、一昨日、昨日とタムさまに会えなくてもう限界なので、今日こそは 《 土地公土地婆 》 を観~ようっと
コメント (2)

神話 其之二

2016年08月18日 | 中華電視劇


《 神話 》 第3集 ・ 第4集 ・ 第5集を鑑賞~ (あら..2枚目からは3話入りなんだ)

(※ PCがDVDを受け付けずキャプチャが出来なかったので、ようつベからキャプりました

なので、少々画質が悪くて文字が入っていますが、どうかご了承くださいませ...って...

ようつベで観られるんならレンタルしなくてもいいんじゃね?...と思ったら日本語字幕が無いんでした(笑))


現代の北京...突然姿を消したシャオチュエンの行方を探す、お兄ちゃんと恋人の高嵐(ガオラン)

謎の組織のヤツラもシャオチュエンと宝盒...そして虎の首飾りの行方を追う...

こちらは現代版尋ね人の貼り紙



そして、秦の時代でもお尋ね者になってるシャオチュエン(と、項梁と項羽)



その割に、簡単な変装だけで堂々と出歩いてるのは、似顔絵がこのクヲリティだから?(笑)

秦の時代を楽しんでる風のシャオチュエンは、町で売ってた首飾りで携帯ケースを作ったりして



そこに登場したのが、なんと范増!う~ん...イメージよりも若いな...



范増のもとに身を寄せて、項羽アニキに武術の指南を受けているうちに季節は巡り

すっかり髪も伸びて、古装ヘアになったシャオチュエン



(余談だけど...人間の髪の毛の伸びる速さは、平均で1ヶ月に1cm...年に12cmだとして

背中の真ん中くらいまで伸びた所を見ると、2~3年は経ってると推測されます(笑))

満月を見て中秋節だと思い至り、月餅を作るシャオチュエン...スゲ~ プロ並み~(笑)



項羽に月餅を振る舞いながら、家族を思い出して帰りたくてたまらない様子...


その頃現代では...シャオチュエンの家で中秋節を祝うお兄ちゃんと高嵐...

そこへお父ちゃんも来てシャオチュエンの事を話してるところへ、離婚したお母ちゃん登場~

このお母ちゃん...なんだかただモノじゃ無い感じ...

(《 ナショナル・トレジャー 》 のベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ) のお母ちゃんにイメージが似てる)

このお母ちゃんは、宝盒を調べて5つの鍵で開くことを突き止めていたけど...凄すぎて意味わかんない(笑)


一方、秦のシャオチュエンは、宝盒に書いてあった3つの文字が解れば未来に戻れるかもしれない

と、勉強中なんだけど...篆書体でも秦と楚では文字が違う事を知ってガ~ン...



六国で全部文字が違うって...メンドクサイな... 始皇帝がそれを統一したって言うけど...

それが全国に行き亘るのにどれくらい掛かったんだろう...

必死で調べた結果、その3文字が 「湯巫山」 だと判ったシャオチュエンは項羽の元を去ろうとするけど

シャオチュエンのことが気に入った項羽は行かせたくない様子...



そして、どうやら師父の元を去るには、3つの関門を突破しなければいけないらしい...


第1の関門は 『 兵法の試験 』

でも、毎日テレビの歴史番組を見ていたシャオチュエンは孫子兵法を丸暗記していて(笑)

第1関門を楽々パス~

第2の関門は 『 力くらべ 』

項羽との鼎持ち上げ対決で、長く持ち上げていた方が勝ちというモノ...

そっか~項羽のコレ 『 覇王挙鼎 』 って言うんだね...また勉強になりました



力では敵わないと思ったシャオチュエンは突然、湯川教授のように(笑)地面に方程式を書き始め

なんと速攻でこんな物を作り、テコの原理で鼎を楽々持ち上げてみせて、またもや関門突破~



(そっか...ここで、武にばかり頼って策を軽んじた項羽の人となりを描いてる訳だ...)

そして、そんなシャオチュエンを見るにつけ、ますます手放したくなくなる項羽

敵に回したら手強い相手になる...もし第3の関門を突破したらヤツを殺れと言う項梁...

そして第3の関門は 『 一騎打ち 』

日本っぽい景色の所で戦う2人だったけど...シャオチュエンが本気で勝って帰ろうとしてるのを見て

ワザと落馬して負ける項羽 (いいヤツじゃん...項羽(泣))

そして2人は義兄弟の契りを交わし、項羽の元を旅立つシャオチュエン



でも、旅立ったと思ったら、すぐに襲われてる一行に出くわし、助けたのがなんと呂公一行

ふ~ん 《 天天有喜 》 の八姐(陳紫函)が呂薙なんだ...



ひと目でシャオチュエンのことを気に入っちゃったみたいだけど...ややこしい事になりそう

そして、樊噲(画像省略(笑))の犬肉屋でご飯を食べてたらやって来た、胡散臭いコイツが劉邦??



チンピラ臭は 《 大漢風 》 の劉邦よりスゴイけど(笑) 将来大物になるオーラは皆無だな...

ここでシャオチュエンの携帯の充電が切れたけど...むしろ今までよく保ったと思うゾ(笑)

充電するために、発電機を作ろうとしてるシャオチュエン...頭いいんだね



銅線が必要だと言うシャオチュエンに、大切にしていた着物の金糸を解いて提供する呂薙

それを見たシャオチュエンは、思わず現代風にハグしてオデコにチュ~ しちゃったけど...

あ~あ...呂薙...完全に惚れちゃったぞ どうする?歴史が変わっちゃうぞ~


やっぱり時空超越モノは面白~い おなじみの項羽や劉邦が次々と出てくるし

現代っ子のシャオチュエンの、月餅から発電機までなんでも作っちゃうところもGood
今後、なにやらあちらでラブロマンスも持ち上がりそうだし...これは続きが楽しみです


PS...明日はちょっと朝から出掛けるので、blogをお休みさせていただきます
コメント (2)