花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

歓迎駕臨

2013年05月31日 | 譚耀文
「欢迎驾临」...直訳すると 「ようこそおいでくださいました」...でしょうか?

先ほど、楽しみに待っていた 《 浣花洗剣録 》 のDVDBOXが届きました~

お届けは6月に入ってからという事だったのに...発売予定日に届けてくれたAm○zonさま~多謝~


最近のどんよりジメジメした天気のせいなのか?...はたまたPMSのせいなのか?

ちょっと気分が落ち込み気味だったけど...これでイッキに元気が出ました (← ゲンキ~ン

あんまりうれしいんでちょっと中身をご紹介します (笑)


パッケージは 《 大漢風 》 と同じ大きさでした



MAXZAMさまの仕様は、いつもコンパクトで収納がかさ張らないので助かります

ⅠとⅡが外箱に収まるようになっていて、シンプルな人物相関図が付いています



ちなみに...ジャケットに紫衣侯さまは...いません

中身は初めて見る形態...



パタパタとめくっていく感じで、Ⅰ・Ⅱそれぞれ5巻づつ入ってます

そして、譚耀文さま@紫衣侯さまは9巻でした あ...カワイイ



そういえば...偶然にも 《 雪山飛狐 》 も、9巻がタムさま@田さまだったなぁ~

う~ん...お誕生日も9が付く日だし...なにか9に縁があるんでしょうか?


大陸発のブツも25日に発送しましたメールが来たのでそろそろ届く頃だし

昨日書いた譚耀文さまの新しいドラマもいよいよ始まるし

うきゃ~ 観たいDVDが目白押しだ~


明日はHIRO嫁の壮行会(?)&誕生日会で久しぶりの外でのお食事だし

あさっては友達と一緒に新幹線で名古屋まで行って、お久しぶりの友達と合流して女子会だし

5月に引き籠ってた分(笑)6月はいきなり忙しい感じです


ま...とりあえずモロモロのDVD関係は、名古屋から戻ってのお楽しみってコトなので...

早く帰って観た~い (...まだ行ってもいないのに...

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

后宮

2013年05月30日 | 中華電視劇
6月からHIRO嫁が単身東京の専門学校に行くので
その間(約半年間)HIROの夕飯を作らなきゃいけなくなりました...

最初は 「夕飯だけでいい」 との事だったのに...「お風呂もお願い」...「洗濯も頼むかも」...と...

だんだん図に乗ってきてやがります...

あぁ...私の自由気ままな生活も今週いっぱいか...

まぁ...文句言っても仕方ないので、食費倍額で手を打ってやりますが...

もうひとつ...来月から観始める中華電視劇も強制的に観ることになるから覚悟するように... (笑)


ヤツはこの前 《 雪山飛狐 》 購入後2順目 (え?...もう?(汗))を観ている時にやってきて

「福康安って、誰とそっくりなんだっけ?」 と...マニアックな質問をしてきたけど(笑)

ヤツには今までにも強制的に 《 天龍八部 》 や 《 朱元璋 》 や 《 雪山飛狐 》 を観せてたので

そこらへんの、ちょこっと中華映画を齧ってる人よりも詳かったりします

(夕食時に観てるので強制的だったけど...結構ハマって観ていました(笑))

そんなHIROが来月から強制的に(笑)観せられる事になる中華電視劇はコレです



《 后宮 》 (邦題は 《 王の後宮 》 )

一見韓国ドラマみたいなタイトルですが...れっきとした中華電視劇です

もちろん (笑) 譚耀文さまも出ております



「あ...ワルい顔してるぅぅ~ たまら~~ん 」(笑)

譚耀文さまが演じるのは、悪女と名高い万貴妃に取り入って皇帝を操るワル~イ宦官 汪直(おうちょく)

ダイジェストでは 「私欲に生きる宦官」 とか 「のし上がるためには手段を択ばない宦官」 とか...

相当な言われようですが...なるほどなかなかのワルのようで...
うっきゃ~ その冷たい目にゾクゾクする~ タムさま本領発揮~ (爆)

でも...ただのワルいヤツだけじゃない所がこの人の萌えるところな訳で...

後々...愛と嫉妬に苦しむ事にもなるようで...あぁ...また悶えながら観ることになるのか...


王の後宮 ダイジェスト (待ちきれなくて毎日観てます(笑))


こんな長いの観てられんわ~ という方には短い予告篇も

王の後宮 予告篇


あぁ...待ち遠しくてどうにかなってしまいそう~  早く観た~い(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

非誠勿擾

2013年05月29日 | 映画
《 非誠勿擾 》 (邦題は 《 狙った恋の落とし方 》 )



《 浣花洗剣録 》 を観終わってしまって...6月分までの間に旧作観放題で借りました


~あらすじ~

秦奮(チン・フェン)(葛優 グォ・ヨウ)は天才的な発明品を投機資産家に売ったことで、一晩で大金持ちになった
そして、適齢期で独身の秦はそれを元手に「理想の妻」を探す旅に漕ぎ出す
お見合いを通して、様々な背景を持っている人々や、考え方も違う人々に会ううちに
秦には喜劇的な面や悲劇的な面といった人間の様々な面が見え始める
秦奮(チン・フェン)の心はついに笑笑(シャオシャオ)(舒淇スー・チー)という一人の女性に決まった
しかし、その美しい女性は既婚男性(方中信 アレックス・フォン)と恋をしていたのである
チンはどのようにして、シャオシャオの心を惹きつけることができるのか?
また、彼女を追い求めている間に、何か劇的な展開が起こるのか?
さらに、最終的に彼女の心を開いて二人で新しい人生の章を開くという結末になるのか?

(公式HPより)


主人公が葛優(グォ・ヨウ)さんなので萌えはありませんでしたが...(真的对不起~

彼独特の雰囲気と、喋り方と、誠実な感じが伝わってきて...

観終わった後はなんだか寅さんを観た時のようなホンワカした気持ちに包まれました


お見合い相手がかつての同僚(ゲイ)だったり...どこかの少数民族だったり...お墓のセールスレディーだったり...

なんだか全然マトモな人がいなくて笑えましたが

そんなグォ・ヨウさんが、いろんな人とお見合いするお店がどれもこれもステキでした

(途中からはお話の内容よりもそっちばかり気になってしまって...(汗))

最初にスー・チーと会ったカフェは、まるで列車のボックス席みたい...



窓にはオリエンタルモダンな格子がはめ込まれていてステキ ここでお茶したい~

一旦別れた後追いかけて来たスー・チーと、成り行きで飲みに行ったお店は不思議な雰囲気で...



テーブルごとに違うソファーが置かれていて...1人掛けも背もたれが葉っぱみたいで面白いんですが

本当は対面のスー・チーが座ってた、背もたれの高いデッカイソファーがステキでした (没有图像对不起~

デイ・トレーダーとお見合いしたカフェは、オープンテラスでキレイだったし



台湾のお嬢様(徐若瑄 ビビアン・スー)とお見合いしたのはステキな中国風茶館



アレックスフォンと会った茶館は、専属でお茶を淹れてくれる人がいる高級なお店



う~ん...どのお店も行ってみたくなりました


でも、中国の人の目には北海道の景色やお店の方が興味深く映ったようで...

この映画で中国から北海道への観光客が激増で、チャーター便が増便されたとか...

前に先生が「中国に北海道ブームを巻き起こした映画がある」って言ってたけど、これだったんですね~


北海道も広々してて美しいし、阿寒湖が見下ろせる宿にも泊まってみたくなったけど...

私は杭州(西湖)の景色が大好きなので、こうして映画とかで見るたびに

いつか行ってみたいな~ ...と垂涎流水口でございます(笑)



PS...スー・チーの不倫相手がアレックス・フォンだったけど...

《 雪山飛狐 》 を観たばかりの私には苗人鳳にしか見えなくて困りました...

「うわ~ 苗人鳳がファーストクラスに乗ってカッコつけてる~」...みたいな...(笑)

(いつものことですが...脳内が故障していますのでお許しを~
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一味胡思乱想

2013年05月28日 | 三国志
今朝テレビでチラッと見掛けて、思わず手が止まったのがコレです



オンラインゲーム 『 三国志を抱く 』 のイベントで呂布に扮した中村獅童氏

今度は甘興じゃなくって呂布なんですね (ま...甘興は架空ですけど)

いかにもゲームのキャラっぽい造型ですが...さすが歌舞伎役者!サマになってます

カッコいい殺陣はこちらで...

『 三国志を抱くCM 中村獅童さん登場!「対決篇」』



金の玉璽...欲しい~ (← そっちかい~)(でも...もし当たったら即換金しそうな予感(笑))

そして、上のCMの所でこんなのも見つけました

『 三国志を抱く 貂蝉をめぐる闘い 』



入浴中の貂蝉をめぐって漢たちの闘いが勃発です(笑)

シルバーの鎧のイケメンが趙雲さまらしいですが...(でっかいヤツは誰なんだろ?阿斗さま?)

趙雲さま...貂蝉の着物を取りに真っ先に駆けだして、呂布の髪掴んだりしてかなり必死(笑)

趙雲さまって、けっこうスケ......ゲッフンゲッフン


ぜ...ぜひ実写版で見てみたいモノです(笑)


趙雲さまはもちろんフーさまで 呂布は何潤東(ピーター・ホー)で (← 他の実写版呂布を知らない)

他には 《 レッドクリフ 》 (妄想こと)...曹操 (張豊毅 チャン・フォンイー)

(あ 《 関雲長 》 版曹操 (姜文 チアン・ウェン) も捨てがたいなぁ...)

我が君 (尤勇 ヨウ・ヨン) 魯粛 (侯勇 ホウ・ヨン) 周瑜 (梁朝偉 トニー・レオン) は外せないし

《 新三国 》 版関羽 (于榮光 ユー・ロングァン) と、孔明も敢えて真面目そうな陸毅 (ルー・イー)孔明の方で...

そして 《 越光宝盒 》 夏候将軍 (譚耀文 パトリックタム)も...(笑)(← ムリヤリ紛れ込ませるあたり...


誰かこの豪華な出演者の面々で、入浴中の貂蝉を巡って熱いバトルを繰り広げるという...

「コメディー三国志」 撮ってくれないかな~ (ギャラが凄そうですが(笑))

こういうのはやっぱり劉鎮偉(ジェフ・ラウ)監督が得意そうですね

このメンバーが出てるなら東京だってどこだって観に行きますわよ~(笑)
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

決戦紫禁之城

2013年05月27日 | 譚耀文
『 譚耀文さま、うろ覚えでごめんなさい 出演作品全部確認するから許してね 月間 』 最後の1本は...

《 決戦紫禁之城/THE DUEL 》 (邦題 《 決戦・紫禁城 》 )



~あらすじ~

古代、中国。剣聖と呼ばれる皇族の葉孤城(イプ・クーシン)(劉徳華 アンディ・ラウ)は
自分の剣の腕を確かめるために、剣神と恐れられている西門吹雪(サイモン)(鄭伊健 イーキン・チェン)と
紫禁城での決戦を皇帝(譚耀文 パトリック・タム)に申し出て快諾される
皇帝の妹、飛鳳(フェイフォン)(趙薇ヴィッキー・チャオ)は、そんな葉孤城を密かに慕っていた
城下が決戦の話題に沸く中、宦官を巻き込んだ謎の連続殺人事件が発生
皇帝密使の009(張家輝 ニック・チョン)が捜査にあたるが
やがてそれは皇帝の座を狙う陰謀へと発展していく...

これも...2年前に観て、劉徳華や張家輝や趙薇の事は覚えていたのに...

譚耀文さまの記憶が全くなかった作品です... (ホントになんとお詫びしたらいいか...

当時の感想はこちら (うわ~自分で書いておいてメッチャ辛口だ~

記憶に無かったくらいだから、譚耀文さま出演シーンはもの凄く少なかったに違いない...と思い

あまり期待もせずに観始めましたが...これが意外とオイシイ作品でした

(ここから譚耀文さま中心の感想です)


いきなり登場のタムさま@皇帝ちゃん(笑)



あ...カワエエ



ニコニコして気さくな感じの皇帝ちゃんは 「面白そう」 とイプとサイモンの紫禁城の上での決戦を快諾



「8枚しかない入場券(金牌)の配分は009...そちに任せたぞ」...のポーズ(笑)

あうぅ...可愛かったのにこれで出番は終わりかな...と思ってたら

中盤に再登場して、妹(趙薇)に「誰か好きな人が出来たのか?」 「言わないと墨塗っちゃうぞ~」

な~んて微笑ましい兄妹愛や、優しいお兄ちゃんっぷりも見せてくれて...

あぁ...思ったよりも出てきたからよかった ...と...これで概ね満足していたら...

終盤に一番オイシイシーンが待っていました



皇帝の血を引く(私生児)イプが、決戦のドサクサで皇帝ちゃんの寝所に忍び込み...

「私が本物の皇帝だ」 と皇帝ちゃんを脅し、自分がその座を乗っ取ろうと画策するシーン

姿勢も正しく(笑)寝台に寝ていた皇帝ちゃんは、クセ者の気配に寝間着で起きてきて

謀叛を企むイプ、そしてイプとグルだった(殺されたはずの)宦官ラウと対峙するんですが...

この時のタムさまの立ち居振る舞いが、まさに 育ちのいい皇帝ちゃん そのものなんです

イヤ...この時はなんだか威厳があるので、とても“皇帝ちゃん”なんて呼べません

(今まで散々呼んできましたが...

取り乱さず、落ち着き払った堂々たる振る舞い...



時に微笑みまで浮かべて終始冷静な物言いで...



イプに暗殺されかかっても動揺を見せない立派なお姿



序盤の可愛い皇帝ちゃんとは違う気品あふれるお姿に萌え萌えしました



そして...イプが勝手に着た皇帝の衣装が、なんだか全然似合ってなかったのは...

エセ皇帝を演じたアンディーの役作りだったのでしょうか? (...という事にしておこう(笑))



皇帝はイプの企みの全てを見破り、イプの最後の決戦を認め、そこでの潔い死を言い渡すのでした

そして...イプ(劉徳華)とサイモン(鄭伊健)は最後の決戦へ...

この決戦で2人は紫禁城の屋根に大穴を開け(笑)皇帝の玉座の間を瓦礫だらけにし

挙句に死ぬ間際のイプが皇帝の玉座に座る ...という暴挙に出てたんですけど...いいのか?(笑)


しかし...この譚耀文というお方の品の良さ...気高さは...いったいどこから来るんでしょうか?

露店の兄ちゃんや、ワイルド系造形の時はそれなりに見えるのに(笑)

いいお召し物を着ている田さまとか、品のある紫衣侯さまとか、皇帝のような衣裳を身に付けると

本当にしっくり来て とても似合っていて 品があって美しくて素敵~


この 《 鳳凰牡丹 》 も日本語字幕版希望します~ MAXAMさまぁ~ (とりあえず言っておこう(笑))


でも...この最後のオイシイシーンを観てて思ったんですけど...

ここは皇帝の寝室だし...皇帝もラフなお寝間着姿だし...もし忍び込んだのがワタシだったら...

そんな無粋な事してないで...ねぇ... (脳内の胡思乱想が止まらないぃ~~(笑))

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小梅子

2013年05月26日 | Weblog
先日、めずらしくこの時期に花が咲いたと書いたノウゼンカズラですが

あれから晴れの日が続いているので、例年にはないこんな事になっています



最初は30㎝位の苗だったのが...10年でいい日陰を作ってくれるまでになりました



梅雨前に咲いてくれてよかった~

さて...この木陰の下で今日は花の植え替えをやってしまおうと思います


そして、こちらも梅雨入り前に済ませて置きたかった事ですが...

久しぶりに梅酒を作りました

まだPAPAが生きていた頃に一度作ったことがあるけど...

作っておいてナンですが...その頃は梅酒の美味しさがわからなかったので全然飲まず...

7年も寝かせた挙句お義母さんに全部あげてしまう...という勿体ない事をしました

今は梅酒を好きになり、買ってまで飲むんなら自分で作ってみようと思った訳です


私には 「庭の梅の実がたわわに実って 」とか...「実家から大量の梅が送られてきた」

な~んて事はないので...スーパーで買って来るしかありませんが...

今年の梅はなんだか小振りでした

(久しぶりなので、まずはオーソドックスな梅酒で...)

梅1㎏ 氷砂糖300g~(お好みで) 果実酒用焼酎1.8ℓ



梅をよ~く洗って、5~6時間水に浸けてアクを取ります



ひとつひとつつまようじでヘタを取り除いたら、布巾で拭いて梅の水気を取り

熱湯消毒したビンに氷砂糖と梅を交互に入れて、ホワイトリカーを注いで完成

後は時々ビンを回して氷砂糖を拡散してやり、早ければ半年で飲めるようになります

(寝かせれば寝かせるほどいい色になって旨味も増します)



一晩おいたら氷砂糖がだいぶ溶けていました

うおぉ~~もう飲みた~い (← 気が早すぎ...) 

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無間道

2013年05月25日 | 胡軍
昨日はBSジャパンで連続放送した

《 インファナル・アフェア 》 《 インファナル・アフェア 無間序曲 》 を連チャンで観ちゃいました



Ⅱ は、DVDを持ってるので今までにも何度も観たけど...Ⅰは、もしかしたらこれが2回目かも?

副音声にするやり方がわからなかったので、仕方なく日本語吹き替えで観たら
超~気持ち悪かったです (笑) (...特にジャンユーさんの声が...

そして...「ン・ガイ家」 のことを 「ウンガイ家」 って言うのがどうしても耳に引っ掛かってイライラしました(笑)


初めて Ⅰ・Ⅱ を通して観たけど 《 無間序曲 》 の方が後から撮影したのに、過去の話なので

サム(曾志偉 エリック・ツァン)やウォン(黄秋生 アンソニー・ウォン)が微妙に若い造形になってたり

さっき死んだ(笑)ウォンやキョン(杜汶澤 チャップマン・トゥー)がⅡではピンピンしてたり...

なんとも言えない変な感じでしたが...面白くてつい続けて観てしまいました



ラフすぎる出演者の面々...(笑)

他には、この正面のオッサンが...



《 野獣刑警 》 で、譚耀文さま@ワーにエッグタルト食わせてたオッサンだと気付いたり...

ハウ(呉鎮宇 ン・ジャンユー)のお家の本棚に...



「金瓶梅」 の本がある事に気付いたりしました(笑)(...ど~でもいい


んで...久しぶりのフーさま@ルク警視を見た感想ですが...



 顔が細い(爆)



う~ん...フビライ様以来...やっぱりちょっとアゴのラインが...



久しぶりなんで大サービス(笑)



そして、お約束...



ルクさま乗っちゃダメ~(笑)



PS...昨日 《 インファナル・アフェア 》 を観ていたら突然HIROが来て...

まぁ...熱が下がって身体が動くようになったから車を洗いに来たんですが...

その顔を見てビックリ!!もう~顔中思春期の重症ニキビみたいにボツボツがいっぱい

なんと風疹と診断されて家に帰ったら、血液検査で水疱瘡だった事が判明したそうです

あまりの惨状に 「うおぉ~~汚ったねぇ~ 傍に寄るな~うつる~」と、(半分マジで)からかったけど...

大人がやると重症になるって本当のようです...
コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

胡思乱想

2013年05月24日 | Weblog
今年もパーゴラに這わせているノウゼンカズラがつぼみを付ける季節になりました

毎年今頃につぼみを付けるんですが...梅雨の走りのような日が続くと次々につぼみが落ちて...

いつもはこの時期に花が咲く事はありません

(夏の終わりごろに第2期のつぼみを付けて、そっちは次から次へと咲きます

今年も毎朝ウッドデッキにたくさんつぼみが落ちていて...

いつもの事なので気にも留めずお掃除していたんですが

今日2階のベランダから覗いたら、上の方で花が咲いていました



今年は晴れの日が多いからでしょうか?

他にも落ちずに咲きそうなつぼみがたくさん...


どうかこの子たちが咲くまでは梅雨入りしないでください~


この 『 ノウゼンカズラ 』 ...漢字で書くと 『 凌霄花 』 と書き...

ノウゼンというのは凌霄の字音によるといわれる。
古くはノウセウカズラと読まれ、これがなまってノウゼンカズラとなった。
霄は「空」「雲」の意味があり、空に向かって高く咲く花の姿を表している。

~Wikipediaより~

な~んてステキな謂れがあったりするんですが...

“霄”の字を見ては...「そういえば 《 浣花洗剣録 》 に 『 赤霄 』 って剣が出てきたなぁ~」 なんて思ったり...

別名が 『 紫葳 』 という事を知っては...「あぁ...紫衣侯さま素敵だったなぁ~」 なんて思ったり...
近頃、胡思乱想小姐っぷりが暴走しています...


さて...《 浣花洗剣録 》 は返してしまったし...

新しい中華電視劇は来月に入らないと送られてこないし... つまんな~い

海の向こうからお取り寄せ中のDVD4本もまだこないし...

(アカウントチェックしたら4本中3本は発送準備に入ってましたが、まだ1本が入荷待ち...)

この前買った、とっておきを観てしまおうか...でも、観るのがもったいない

(...イヤ...観ない方がもったいないから(笑))

今ちょっと体調崩してるから...身体がしんどい時は中文字幕だとキツいし...と...グズグズ迷った挙句...

また 《 雪山飛狐 》 を1集から観始めるという暴挙に出ております 



愛おしい姫の寝顔を撮ったら、姫の向こうにも愛おしいモノが...(笑)
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

浣花洗剣録 看完了

2013年05月23日 | 中華電視劇


《 浣花洗剣録 》...ついに最終集まで看完了しました~

あ~ぁ...ず~っと楽しかったのに... とうとう終わってしまいました (涙)


結末は概ね私が思い描いていたとおりでした  (ネタバレあり)

(ま...こういうお話の場合 「悪」 が勝っちゃいけない訳ですしネ(笑))

でも、きっと最後の戦いで誰か一人くらいは犠牲になるかもしれない...

それが艶燭や奔月を身を挺して庇った紫衣侯さまじゃなければいいけど... と...祈ってましたが...

犠牲になったのは金大侠でした

紫衣侯さまが奔月の救出に手を貸して欲しいと頼んだ時は断ったのに...

あとで男気を見せて来てくれたけど...なんだか金大侠にしては無謀で無駄死にみたいでした...阿弥陀仏~



紫衣侯さまたちは、処刑される寸前の奔月の救出に成功したけど...

艶燭は実の父 ハゲジイこと白三空(春華ちゃん)にやられ...(寸前に娘だと気付いたみたいですが)

紫衣侯さまも艶燭を庇って木郎に一撃を食らわされ...2人とも怪我を



あ~ん...前の傷もまだ癒えてないでしょうに...また弱ってる男子萌えじゃないスか~ 萌え殺す気?(笑)

艶燭を心配してるところにハゲジイが入ってきて、ヨロヨロしながら剣を向ける紫衣侯さまはカッコよかった~



ハウッ 目にっ...その目に殺られるっっ (笑)



その後はもう~ 艶燭はずっと紫衣侯さまの胸の中で心配されてるという 超うらやましい 展開
(実は艶燭役の女優さんはあまり好きじゃないんですが...出来る事なら代わって欲しかったぜっっっ (笑))




この辺り 「いいなぁ~~~~」 しか言ってません(爆)

そして最終巻は、宝玉(孫)や艶燭(娘)への情に目覚め...急にいい人になった(笑)

ハゲジイこと白三空(春華ちゃん)にマンマと泣かされました



木郎から宝玉を守り...ケガをさせた娘の艶燭に薬を届け...過去の過ちを詫び...紫衣侯さまに艶燭を頼み...

「木郎はワシがなんとかする」 と、1人で木郎と対決するなんて...

ク~ッ...ハゲジイ漢だねぇ~ 泣かせるじゃないのさ~


木郎は、ワルだってわかった時から最期が読めていたけど (...それを言っちゃ~



木郎を殺したのはやっぱり脱塵でした...
この2人は泣いてばっかりで最後まで幸薄かったなぁ.......どうか天国でお幸せに...


このお話は登場人物ほぼ全員、出生の秘密とか...隠し事とか...何かしら心に抱えるモノがあって

みんなそれぞれ乗り越えてきたわけですが...

宝玉は、このお話の中で一番色々あった人なんじゃないでしょうか?



育ての親でもある祖父(春華ちゃん)を殺され、殺した相手の呼延大臧(ニコ)を祖父の仇と思って生きてきたら

実は祖父は生きていて、しかも朝廷(金衣衛)の手先になっていて...

身柄を預けられた紫衣侯さまは、実は父を誤って殺してしまった人だとわかり...

白水聖母だと思ってた人が実の母で...しかも仇と思っていた大臧とは兄弟だった...なんて...

最初は武芸も出来ないボンボンだったけど...短い間にこんだけいろんな事があったら

そりゃ~悩んで大人にもなるワな...

主役はニコという事みたいだけど...なんとなくこの人の方がキャラが目立っていた気がしました


呼延大臧(謝霆鋒 ニコラス・ツェー)と珠児(鍾欣桐 ジリアン・チョン)



方宝玉(喬振宇 チャオ・ジェンユー)と奔月(楊蕊 ヤン・ルイ)



この2つのカップルは、色々あったけど収まるところに収まってめでたしめでたし

そして、最後は出てこなかったけど...紫衣侯さま(譚耀文 パトリック・タム)と白艶燭(周莉 ジョウ・リー)も



やっと紫衣侯さまの20年来の想いが叶って幸せになれそうだし...

ホント...いい終わり方でよかった~


返却しちゃった今は...なんだか祭りのあとみたいな寂しさに包まれてます......でも心配はご無用

とっても面白かったし...何よりこの作品は譚耀文さまと出会わせてくれた大切な作品...という事で...

買ってしまいました(爆)

今月末に発売になるので、届いたらさっそく...

紫衣侯さま以外をすっ飛ばし鑑賞とか...一時停止で萌え顔堪能しまくりとか...

色々邪道な(でも迷にとっては正常な)観方で楽しみたいと思います
コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小小的熱潮

2013年05月22日 | Weblog
HIROが今流行の風疹に罹りました...

昨日 「オレって水疱瘡やったっけ?」 とメールが来て...

よくよく聞いてみたら水疱じゃなくて赤いブツブツだと言うので

「それって風疹じゃないの?」 って言ってたらビンゴ 見事に外出禁止になりました...

ヤツは小2の時に風疹やってるんだけど...もう免疫が切れていたみたいです

子供の頃罹ったから安心という訳ではないようですので、どうぞ皆さまもご注意を...

(小2の時は熱も出ないで元気だったのに...大人になって罹ると結構ダルイようです)


かく言う私は中1の時に風疹に罹ってますが...

もう時効だから言っちゃうと...友達が風疹に罹り...その子とはそんなに仲良かった訳じゃないけど

仲間うちで 「風疹に罹ると、大して熱も出ないのに学校は強制的に休める」 との悪知恵がまとまり

他の友人と 「うつしてうつして~」 と、その子に触ったり手をつないだりして故意にうつしてもらいました(笑)

先生...小ズルい手で学校サボってゴメンナサ~イ (懺悔)


さて...風疹じゃなくて...

私の中で今密かに流行ってるマイブームは 『グリーンスムージー』 です

これは家にある葉もの野菜(小松菜とかサラダホウレンソウがお薦め)とフルーツを

刻んでミキサーに入れて混ぜるだけなので簡単~ (水分の少ないフルーツの時は少量の水を入れます)



毎朝飲んでますが、心なしかお肌の調子も良くなったみたい
皆さまもどうぞお試しあれ~

(ただし...紫、赤色系のフルーツを入れると、恐ろしくマズそうな色になるのでご注意を(笑)) 

もうひとつ、今年に入ってマイブームになったバーニャカウダーもまだ続いてます

“ 坚持就是胜利力量 ” (継続は力なり) です
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする