花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

ホビット 思いがけない冒険

2013年07月31日 | 映画
一昨日くらいから左の肘が痛くて痛くて...

あぁ...ついに関節をやっちまったかな...年かな...哀しいな... と思っていたところ...

今朝鏡で見たら見事にデッカイ青アザになっていました......打撲だったのか...

だけど...ぶつけた記憶もないし...打撲なのにも気付かないって... やっぱり年かな...(号泣)


さて、昨夜はこの映画を見ました

《 ホビット 思いがけない冒険 》



「フロド、まだお前に話していない物語がある ――。」

111歳の誕生日、ビルボはある物語を書いていた。
それは60年前、若かりし頃の自分が体験した、遠い記憶の彼方の冒険談である。

ホビット庄の袋小路屋敷に魔法使いのガンダルフがやってきた。
彼は冒険好きで知られたトゥック翁の古い友人だった。
彼の血筋を見抜いていたガンダルフはビルボを冒険へと誘う。
だが元来ホビット族は旅を好まず、平凡な日常を愛する種族だ。ビルボはすぐさま断った。

その夜、袋小路屋敷に奇妙な客がやってきた。それは12人のドワーフ族。
ガンダルフが彼らの集合場所にビルボの家を選んだのだ。
困惑するビルボをよそに、ドワーフ達は飲めや唄えの宴会を始めて大騒ぎし、ガンダルフもこれに興じる。
そして最後にもう一人、ドワーフ族の王子トーリン。
彼らは邪竜スマウグに支配されたはなれ山の祖国・エルボールの再建を目指しているのだった。
ガンダルフは忍びの技と大きな勇気を持つものとしてビルボを14人目の仲間に選んだのだ。
見知らぬ土地で野垂れ死になんてごめんだと拒否するビルボにガンダルフは
真の世界は本や地図ではなく、あの窓の外にあるのだと説得するが、頑として受け付けなかった。
しかし、一行が旅だった翌朝、急に寂しさがこみ上げ、彼の心に眠っていた冒険心が浮かび上がる。
大急ぎでビルボは荷造りをし、一行を追って走り出した。

「ビルボさん、どこへ行くんです?」
「冒険だよ!」

かくして、ビルボの長い旅が始まったのだった

(「ホビット 思いがけない冒険」 Wikipediaより)


劇場公開時に観に行くつもりだったのに...体調が良くなくてグズグズしていて見逃した作品です...

前作 《 ロード・オブ・ザ・リング 》 3部作を全部劇場で観てDVDも揃えた身としては

チェックしない訳には行きません ...と言いつつ...やや出遅れてますが...



最近はすっかり中華電影漬けになって、そんなに洋画を観ることが無くなってしまったので

始まってすぐ懐かしさと共に...そういえば毎年友達と一緒に観に行ったなぁ...とか...

1・2作目を観てない子を3作目の 《 ロード・オフ・ザ・リング 王の帰還 》 に誘っちゃって

今更ながら 「あの時、意味不明だったんだろうな~」 なんて思ったりとか...

3作目を観に行ってすぐにPAPAが事故っちゃったんだよな~

なんて事まで思いだして、ちょっとしんみりしてしまいました


でも、面白かった~ やっぱり私はこの世界観が好きだな~ と改めて思いました

そして.........長かった~

面白かったのに長いと思ってしまうって...どんだけ~と思ってDVDを見てみたら

なんと170分だってぇ (3部作にしたのにこの長さってスゴイ

(ちなみに、一緒に借りた 《 狼牙~ライジングフィスト~ 》 は88分...約2本分ですね

そうそう...フロドやサルマン、エルロンド、ガラドリエルも出てきたけど、レゴラスさまは出てきませんでした

(あ...でも、3作目に出てくるらしいです

そして...ピータ・ジャクソン監督が出演してるらしいと聞いて探しましたが...見つけられませんでした

(もう返しちゃったので、DVDを買ったら探してみるつもりです(笑))


「ホビット」ってタイトルだけど...9割方がドワーフ族で占められてるこの映画...



デカッ鼻だったり、ヒゲモジャだったりするドワーフ族の中で



ひとりだけカッコいいオーラを放っていたのがこの人



キーリー役のエイダン・ターナーさん

カッコいい~ とてもドワーフに見えな~い

(どんな状況に置かれても、その中で萌えを見出そうとする本能が...つい...(笑))

今後は気になる続きと共に、この人に萌えをもらって観て行けそうです~


続編 《 ホビット スマウグの荒らし場 》 は今年の12月13日公開です (今度は劇場で観るわよ~
コメント (8)

新仙鶴神針

2013年07月30日 | 映画
なにをどう間違ったのか?こんな映画を見てしまいました

《 新仙鶴神針 / THE MAGIC CRANE 》 (邦題 《 マジック・クレーン 》 )



太古戦乱の世の中国。多くの武術人たちが、全国制覇をたくらんでしのぎを削る中
超人的パワーを持った二人の女、白雲飛(梅艶芳 アニタ・ムイ)と藍小蝶(関之琳 ロザムンド・クワン)がいた
二人は血を分けた姉妹であったが、同時に宿命のライバルでもあった
そして、彼女たちのパワーを利用しようとする者、邪悪な力を操る者が二人の運命を変えていく...


この映画...制作・脚本が徐克(ツイ・ハーク) 導演が陳木勝(ベニー・チャン)という豪華タッグ

なのに...レンタルする時どこを見ていたのか...映画が始まるまで知りませんでした

20年前の映画なので画質は悪いです...そしてトニー大都督が若~い (笑)

梁朝偉(トニー・レオン)(@化粧濃いめ(笑))が、わずか2人だけの流派の弟子で

映画の初っ端からもう辞めたがってたり...



アニタ・ムイがデッカイ鶴に乗って空を飛びまくったり...



オナゴが琵琶をベンベン鳴らすと、あたりの物が真っ二つになったり...

(《 浣花洗剣録 》 の春華ちゃんの必殺技「七煞琴音」みたいなワザ)



下になにも穿いてないクセに足をおっぴろげる露出狂の姫が出てきたり...

武林大会に集まった野郎どもがそれを見て「幸せ~」って言うバカばっかりだったり...

やたらと爆発シーンが多くて、人も建物も吹っ飛びまくり...

登場人物は全員血反吐を吐きまくるし...でもなかなか死なないし(笑)

なぜか不必要なくらいお色気シーンがたくさん入ってるし...

トニー大都督の出てくるシーンは軽~いノリで、まるで 《 大英雄 》 みたいでしたが



オナゴ2人の闘いのシーンは、ワイヤーや爆薬を使いまくる武侠ドラマのノリ..

結局この映画のジャンルは最後まで解りませんでした

強いて言えば...『 エロティックアクション武侠ラブコメ 』 でしょうか? (...なんだそれ...

でも、何故か途中で寝てしまう事無く最後まで観ちゃったのは

面白かったからなのか?ツッコミどころが多くて目が離せなかったからなのか?

う~ん...自分でもよくわかりません(笑)

御用とお急ぎでない(そしてレンタル代払ってもいいと思える)お方は

最初っからツッコミどころ満載を覚悟で観てみるのもいいんじゃないでしょうか?

いろんな意味で笑える事は確かです


PS...観たい中華(香港)電影がいよいよ底を付いてきました... どうしよう...

面白くて、カッコいい漢が出ていて(←ココ重要(笑))観終わって元気が出るような映画をご存知でしたら

どうか教えてくださいませ~
コメント (10)

天天有喜 今晩完結

2013年07月29日 | 譚耀文
《 天天有喜 》 観ようと思えば、配信でほぼリアルタイムで観れるんですが...



PCの画面より小さい画面で中文字幕を読むのは(目が)非常に辛い事と...

今 《 王の後宮 》 を観てる最中なのに、もうひとつ連続ドラマの 《 天天有喜 》 も観るなんて...

そんなもったいない事なんか出来ない~

今は、譚耀文さま@汪直さまラヴに集中していたいの~(笑)

という理由で、あえて配信では観ていませんが...
なんと!!あれからもずっと視聴率トップを不動のものにしています (右端の1が視聴率順位)



全70集ということなので、今夜が最終回なのかな?

でも、何故か?表には89集まで書いてありますけどね... (勢いで作っちゃったのか?)


金髪タムさま@金不喚さまの造型がとっても気に入っちゃったし



カッコいいタムさまと



可愛らしいタムさまが両方拝めるし



なんだか気になるシーンもあるし~



しかも主題曲まで唄ってるとあって、自分の中でDVD購入はもう決定しています

早く発売にならないかな~~

でも...向こうで連続視聴率トップになっちゃうくらい人気なんだから

日本の会社の方でも食指が動いて、日本版も発売にならないかな~? なんて下心が最近ムクムクと...(笑)

MAXAMさまとか...SPOさまとか...どうかよろしくお願いします~

(誰かの目に止まるかもしれないし...とりあえずなんでも言っときますワ~(笑))
コメント (2)

解除精神圧力

2013年07月28日 | Weblog
昨日はお友達とお街(笑)で待ち合わせして、ちょっと豪華ランチをしてきました

ブッフェスタイルのお店は(土日は)100分で¥1580なんだけど...

早めに行ったら 「先着10組まで¥300引き」 というのに入れたので

ちょっとお得にランチを楽しめました やったね

数種類のサラダやピクルスや...野菜メニューが豊富でうれしい~



ジャコのパスタは美味しかったし、ピザも好吃~ (家じゃなかなか何種類も作れませんから)



このあとモヒートを飲んで気分が良くなって(笑)お酒とデザート(フルーツ)を撮り忘れました(笑)



いつも淋しくひとり飯を食ってる身としては、友人と楽しくお喋りしながらのランチは格別です

たまにはちょっと贅沢もいいよね?

でも、お昼が豪華だったんで...夕食はジャンクフード(焼きそば)にしましたけど(笑)

昨日は花火大会だったので(行かないけど)一応気分だけお祭りっぽくって事で...

(余談ですが...昨日は隅田川も花火大会だったので、HIROは今東京にいる妻と花火を観るため

わざわざ東京まで泊まりで出掛けたけど...豪雨のため30分で中止になったんだとか...

朝車を洗って、着替えを持って、ウキウキと出掛けて行ったのに...ご苦労様でした

ま...2人なら中止だろうがずぶ濡れになろうが楽しいんでしょうけど...(← イヤミ~(笑)))


先日香港のガイドブックを買っちゃったばかりなのに...

今度はこんな本を買ってしまいました 



(コレの中国版も持ってますが こちらは使い込んでヨレヨレ~

しかし...ホント広東語って難しいです

中には北京語と同じような読みもあるのに...ほとんどは独自の進化をした全く違う言語だし...

(「日本」 = リーベン(riben)が、ヤップン (yatbun) になっちゃうんだもんな...)

北京語も全然ダメなのに、広東語もなんて...頭がこんがらがってかなり無茶ですが

愛しいお方が普段使ってる言葉かと思うと、その片鱗だけでも知りたいと思うのがオトメゴコロ
(あ~? 誰がオトメだって?

暇を見つけてチョイチョイ覗いては、地道に覚えま~す(汗)

※ この本の中の有名人の所にこんなモノが載っていました...



...ってか...誰~??(笑)



PS...今日はSUPER GT第4戦 SUGOです

ZENT号...前戦はトップ争い中に接触 一転最後尾 ...というウップン溜まりまくりのレースだったから

今日は予選5番手からの怒涛の追い上げを期待します

今日の宮城県のお天気はどうなのかな~?

朝はチョイ濡れ状態だったみたいだけど...出来れば午後の決勝はドライで行って欲しいな~
コメント (2)

狼牙~ライジング・フィスト~(日文版) 

2013年07月27日 | 呉京
昨日放送の 《 るろうに剣心 》 けっこうぶった斬られてましたね~

剣心が...じゃなくて本編が... CM入ってるから仕方ないけどさ...

ちゃんとした完全版が観たくなったけど...

たぶん...来年の2部作と合わせて3枚組でコレクターズパックとかが出るだろう...

と勝手に期待を込めて DVD購入はもう少し待ってみます(笑)


さて、昨日はもうひとつ 《 狼牙 ~ライジング・フィスト~ 》 を観ました



8月3日に家に届くってのに...待ちきれなくて借りてしまいました(笑)

前に中文字幕で観た時の感想はこちら

今回日本語字幕付きで確認しましたが、内容は中文版で観た時とほぼ合ってました (よかった~

前回感想を書いてるので、今回は端折りますが...(@手抜き(笑))

見どころの(違)大食いシーンや...



迷へのサービスシーン はもちろん



100人相手の大立ち回りシーンもじっくり堪能しました



しか~し...なんと!今まで散々観ていたってのに、今回初めて気付いた事が...

呉京哥@阿布がやっつけちゃう悪党3人組のボスって...盧惠光(ロー・ワイコン)さんだったんですねぇ~
今頃気付くなんて...ワタシったら今まで一体なにを見ていたんでしょう...

それから私...今まで阿布の事をずっと (abu) だと思っていたんですけど...

舞台が香港(大澳)だから阿布も広東語読み (abou) だったんですね...

字幕で 「ボーさん」 って言われてるのでちょっと違和感が...

そして...日本語字幕で一番確認したかったのが、阿布がお参りしていたお墓の中の人の事なんですが...

結局...日本語字幕版を見ても、阿布とどういう関係の人だったのかは分からず仕舞いでした...

(そこだけがちょっと歯がゆい感じです...)


PS...前に感想を書いた時、呉京哥の監督2作目について

「そろそろもう1本どうですか?(笑)...もちろん自分主演で (出来れば古装で)」なんて言ってたけど...

今ちょうど呉京哥が2作目監督作品を撮ってる最中ってのも...天意でしょうか?(笑)

コメント (2)

るろうに剣心

2013年07月26日 | 映画
2014年夏に2部作で連続公開される事が発表された

《 るろうに剣心 京都大火編 》 (前編) 《 るろうに剣心 伝説の最期編 》 (後編)



前作に続いて 佐藤健、武井咲、蒼井優、青木崇高、江口洋介が続投するほか

剣心の宿敵、志々雄真実(ししお まこと)役を藤原竜也が演じることが明らかとなっています(敬称略)

(まだ未定のキャラが誰になるのか楽しみ~♪)

詳しくはこちら↓

《 るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編 》 公式HP

ワタクシ...今、メガホンを取っている大友啓史監督(大友組)と

アクション監督の谷垣健治さんをフォローさせていただいているんですが...

7月1日から撮影に入っていて、クソ暑い中での撮影風景が連日アップされていて

なんだか妙な臨場感で萌え萌えしながら見ています

(あ!今朝 『ZIP!』 でメイキングとかを放送したらしいけど見逃したぁ...

どうか年内いっぱい掛かるという撮影の間、事故や怪我がありませんように...


という訳で...今夜9時から日本テレビ系「金曜ロードショー」で 《 るろうに剣心 》 地上波初登場です

劇場で観た当時はなんとも思わなかったんですけど...サブタイトルが~明治剣客浪漫譚~っていうんですね

“譚”って付いてたんだ (ホント...バカですいませ~ん



前作を劇場で観られなかった方...まだDVDを観ていない方...劇場で観たけどもう一度観たい方

谷垣監督仕込みのアクションがスバラシイです

コレを見たらあなたは絶対本編を観たくなる~(笑)



今夜はご家族お友達お誘い合わせのうえ、ぜひご覧くださいませ~

中華演員さま好きでしたら...前に私が書いたみたいに中華演員さまで妄想鑑賞するもまた良し です

でも...当時未定だった鵜堂刃衛役(吉川晃司飾)は、ワルい役を演らせたらこの人をおいて他にいないと思う



譚耀文さまで(妄想)よろしくお願いします~ (笑)(って...誰に言ってるんだ...

コメント (2)

王の後宮 其之八

2013年07月25日 | 中華電視劇
いや~ ついこの間感想を書いたばかりなんですけども...

あの後すぐ届いた29集が、最初っから譚耀文さま@汪直さまが出まくりで

今まで散々虐げられてきたから(大げさ)そりゃ~もう~うれしくて~

でも...急にたくさん出てきたので(慣れなくて(笑))ドキドキオロオロしています


厄介事の後始末(堕胎薬の処方箋すり替え)をしたご褒美に、万貴妃に金糸のゴージャスな鎧をもらったり...

盛大にお誕生日を祝ってもらったりして、終始ご機嫌な汪直さまは

結婚式みたいなステージに奉られてる姿が妙にカワイイ~



最近は、万貴妃が勝手に太医や下っ端のジジイ宦官に命じて悪い事させてるので

汪直さまが直接手を汚さずに済んでいるのはうれしいんだけど...
でも、悪い事をやらないと汪直さまの出番が減るという... ジレンマでどうにかなりそうです~(笑)


お誕生日に屋敷に楽師たちを呼んで演奏させたのが縁で楊永と親しくなり

何度も西廠に呼んで演奏させたり、汪直さまが簫の吹き方を教わったりしてるうちに

西廠の裏にある汪直さまの書斎にも、顔パスで通してもらえるようになったけど...

でも、楊永は冤罪で殺された兄の事件を解明しようと宮中に入り込んだヤツ...

言わば西廠と汪直さまの敵なんだから、気を許しちゃダメだからね

(...と...心の中で思いつつ観るワタシ(笑))

しかし...楊永に簫を教わる汪直さまは可愛かったなぁ~



都で一番恐ろしいヤツ...なんて言われる西廠の長官とは思えない可愛らしさ(笑)



ちょっと照れつつ、素直に先生の言う事を聞く生徒みたいで可愛らしいったら (← しつこい



西廠の長官のマント姿も豪華でステキだけど...プライベートの時のこの格好が一番好きです


そんなある日、汪直さまが留守の時に書斎に入った楊永を偶然見掛けた汪直さまは

ちょっと楊永に疑いを抱いた様子...(そうそう...それでよし...と心...(以下省略))



タムさま...こういう時は見事にワルイ顔になるのがスバラシイです(笑)


思いっきり汪直さま目線で...汪直さまを付け狙うヤツはこの私が許さないからね...という

(ある意味迷的には正しい)スタンスで観ているので(笑)

正しい事をしてる楊永がまるで悪人扱いですが...悪役LOVEの時はどうしようもありませ~ん

今後もこの2人(+春華)から目が離せません

なんとなく流れで、この後も汪直さまが出てくる気配がビンビンするんですが...

今月分はこれで終わりなので、残りの1巻がもったいなくて観れませ~ん

でも...もうガマンの限界だけど...



PS...昨日美容院に出かけたついでに、ちょっとショッピングしていたら...

なぜかフラフラ~っと香港のガイドブックを買ってしまいました



今、すごく行きたいんです 香港に

姫っ子が若いうち(健康面の心配がないうち)に絶対に行きた~い

誰か一緒に行ってください (← 無茶(笑))
コメント (6)

日本人的情趣

2013年07月24日 | Weblog
先日 blueash さんのblog を拝見して

そこに載っていた 「吊りしのぶ」 を見たら、昔の思い出がよみがえりました

昔、一度おまつりで見掛けて和風のモノが大好きなPAPAが購入

帰ってさっそくウキウキと軒先に吊るしていたんですが...

前に住んでいた家は日当たりが良すぎるくらい良かったので

直射日光にさらされて、毎日水をあげていても枯らしてしまいました...

(猫の額ほどの庭は、どんな植物を植えても枯れてしまうので“砂漠”と呼んでいたっけ...

でも、今のお家はノウゼンカズラが棚に這ってくれて、いい感じの木陰が出来てるので

今度は枯らさずに済むかも...と思いまた購入してみました



(blueash さんの blog に載っていたモノみたいにオシャレじゃないけど...これはこれでいい感じ



ガラスの風鈴も可愛いですが...これには南部鉄器の風鈴が付いていました

(音は南部鉄器の方が断然音色好 です)

昔買った吊りしのぶについていた風鈴も取ってあったので、それも吊るしたら...

2つの風鈴の音が低音と高音で微妙に重なり合って、ステキなハーモニーを奏でてくれています



和風のお庭じゃないので、似合うかどうか心配でしたが...

なんだかウッドデッキにいい感じに似合ってたので、ついうれしくなって写真撮りまくり~(汗)




脚立に乗って上から撮ってたら、姫ちゃんがガン見していました(笑)




ワタシ...中華的なモノも大好きですが...暑い夏を涼しく過ごす日本人の知恵も大好きです

この下で蚊取り線香を焚いて (残念ながら蚊が多い) 自作の萌えうちわ片手に

風鈴の音を聴きながら飲む麦茶は最高です (← それは麦茶じゃな~い(笑))

コメント (12)

暑伏的丑日

2013年07月23日 | Weblog
縁起物というか...昔の人がそう言うんだからやっとけば間違いないだろう...的な感じで

一応、季節毎の大きい行事は出来るだけやってみようと思っているので (←安易な発想~

毎年 「土用の丑の日」 にはうなぎを食べていましたが...
今年はうなぎが高い高い...

あんまり高いので今年はやめようかと思っていたら...

数週間前からHIROの 「す○家のは安いから絶対中国産だよね...」 とか...

「は○寿司のはキレイな水で育てたって書いてあるけど中国産だってさ」 とか...

もはや遠回しとは言えない(笑)直球の 「国産うなぎ食わせろ~」 圧力が掛かってたので

お店の商法に乗せられた感もありますが...大奮発して昨夜はうなぎにしました

(※ 前にテレビで中国のウナギ養殖の実態を見てからは、怖くて怖くて...
HIRO共々中国産のウナギは食べられなくなりました

だから当然国産モノです...2人前で¥3600也



当分お目にかかれないので写真を撮っておきました(@貧乏人)

昨日散財しちゃったから、今日はカレーだよ (爆)


セ○ンイレ○ンでは、こんなのを見つけて店で大爆笑しました



土用の丑の日にちなんだ 「うなぎパン」 だそうです...

大爆笑しちゃったので責任を取って買ってみました(ご丁寧に「うなぎは入ってません」と書いてありました)

普通に美味しいチョコパンです  


とりあえずうなぎを食べて、ちょっとパワーが出た気がするので (← 思い込む事が大事(笑))
今日はクソ暑いですが、頑張って大仕事を片付けま~す



PS...気が付いたらこんなモノで1位になっていました



う~ん...トニー大都督の記事って最近あんまり書いてないんだけどな~

あいかわらず blogram のやることは謎です...
コメント (6)

王の後宮 其之七

2013年07月22日 | 中華電視劇
あまりにも譚耀文さま@汪直さまの出番が少ないので〈泣)

2週間分(21集~28集)をまとめても上手く感想が書けませ~ん


汪直さまが出てこない → 次こそはと次々DVD投入 → ちょっとだけしか出てこない → すごく物足りない...
急いで返して次に期待 → 届いた続きをいそいそと観る → ほとんど出てこな~い → ブチ切れてグレる...

あぁ...そんな事してたから今月分があと2巻しかな~い (ペース配分が...)


汪直さまは、自分の子供時代の事で罪の意識に苛まれてる様子...

子供時代から貧しくて、餓えに苦しんでいたガキンチョ汪直さまを

春華の両親は雨宿りさせてくれて、温かい食事を食べさせてくれたりしたのに...

ガキンチョ汪直さまが懸賞金欲しさに密告して、処刑されることになってしまった...

だから春華を見ると罪の意識で気持ちが揺れ動くんだ...と自己分析(笑)

鏡を見ながら 「あの女に情をかけるんじゃない!わかったか汪直」 なんて言い聞かせてましたが...

汪直さま...よくひとり言を言います(笑)(私とおんなじだ~

その後は救援物資を横流ししたり...万貴妃が太医に命じて他の妃に堕胎薬を飲ませた証拠を隠滅したり...

鉄仮面の男を捕えるのにまた陛下から資金をせしめたり...と...せこい事ばかりやってます(笑)


早くもっと大きい悪事をやってバンバン出てきてくださ~い

(あれ...ワタシ...なんか変な事言ってます?(笑))


イジイジしていた清姿は、起死回生の色仕掛けで陛下の寵愛を受け邵賢妃になったけど...

イジワルな七巧が側にいていろいろ吹き込みもんだから



気位が高くて超エラそうなイヤな妃になってしまいました...

(《 雪山飛狐 》 の南蘭もけっこうワガママなヤツだったけど...この人..こういう役が似合うワ~


汪直さまが出てこない間(ヒマだから)いろんな事を考えながら観てたけど...

(このドラマの)皇帝陛下がそこそこいい男でよかったよね~



これが...デップリ太った董卓みたいなオッサンだったり...ア○な阿斗さまみたいなのだったら...

いくら陛下の寵愛を受けたら妃になれるとしても...ねぇ...

それから...妃の位が...宸妃→賢妃→貴妃とランク付けされてる事も初めて知りました

(皇子を産んだりしたらランクアップもあるらしい)ふ~ん...勉強になります(笑)


汪直さまと皇帝陛下(蒋毅)は 《 鳳凰牡丹 》で共演しています



(観ていないのでよく分かりませんが)どうやら(義)兄弟で跡目争いになるみたい

(お着物の感じだとタムさまの方が格上っぽい)

そして...汪直さま(西廠)の目の上のたんこぶ...鉄仮面の袁放と、イジワル七巧は

《 天天有喜 》 で共演しています (ワルイ方軍団(笑))



左端が七巧(劉娜萍)...右から2番目が袁放(陸霖)

《 天天有喜 》 には、皇帝陛下付きの二喜も出ているし...

こうして好きな人を通して、だんだんと知ってる演員さまが増えて行くのがうれしい~


PS...今日の 「365日シェルティーカレンダー」 の子って...姫に似てません?
コメント (2)