花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

趙雲伝 其之二

2020年05月23日 | 中華電視劇

《 趙雲伝 》 (武神趙子龍)第3集・第4集


まだそんなに強くない趙雲(ケニー・リン(林更新))は、父の弟弟子(?)の孝全(コリン・チョウ(鄒兆龍))

の元に行き、弟子にして欲しいと頼み容赦なく吹っ飛ばされて血を吐いたりしてますが

このコリン・チョウ@孝全が、強くて飄々としていて渋カッコいいんです



コリン・チョウの古装って初めて見たけど、とっても似合っていてステキ



今のところ登場人物の中で一番萌えます (あれ?趙雲は??)



そうそう前回言い忘れちゃったけど...趙雲の殺されちゃった父、趙安は于荣光でした



う~ん...私的にはこっちの方が関羽っぽいんだけどね~

そして今回、後に趙雲が身を寄せる事になる公孫瓚が出てきましたが...やっぱりド派手です

このドラマはセットが派手なうえに、やたらとお花やら葉っぱやらが色鮮やかで、おとぎ話のようです

(※ 上のコリン・チョウの画像を参照)



この公孫瓚の娘、宝月が趙雲と出逢って2人で見つめ合いながらクルクル回ったりしてましたが(笑)



宝月といい、幼なじみの妹の擎児といい...出て来るオナゴはみ~んな趙雲に惚れてしまうようです(お約束)



そして、趙雲の持つ星紅の剣を狙う常山郡真定県の県令、高則...



青い鎧を着た目立ちたがり屋なイヤなヤツかと思ったら、なかなか聡明で正々堂々としていて

今後趙雲のライバル的な感じになるのかな?(史実にいましたっけ?この人?)

こうしてると時々ちょ~っとだけ中村倫也に似てる感じがしなくもないような?(笑)



(ファンの皆さま~私も中村倫也好きだから怒らないで~

今のところ、まだお馴染みの三国志の面々があまり出て来ないので、全然三国志っぽくありません
コメント

趙雲伝 開始看

2020年05月14日 | 中華電視劇

レンタルの予約リストを確認しないまま返却したら

リストに(仮)で入れてあった《 趙雲伝 》(原題 《 武神趙子龍 》)が届いてしまいました



う~ん... これは通常通りタムさまが活動してる時に、余力があったら観ようと思ってたんだけど...

今はこんな状態でタムさまが不足気味だから、時間があったら 《 王の後宮 》 とかを観たいんだよな~

と、たかがドラマ如きでグズグズしてしまいましたが(笑)

届いてしまった以上観ずに返すのも勿体ないし...という貧乏人根性で観てみることにしました

タムさまを愛しすぎて、タムさまが出ていない古装劇は受け付けない身体になってしまったので(笑)

もし無理そうだったら途中下車するのを前提で観始めたら...ツッコミどころの宝庫でした


とりあえず、1~2集で出てきた主な登場人物を...

まずは主役の趙雲さま...

まだキンキラキン(というかギンギラギン)の甲冑は着ていないどころか

旗揚げ前であまり本格的に武芸をやってないので、どこぞの公子然とした趙雲ですが



この趙雲が星紅の剣を持つ身分を隠すために、銀の仮面を被っちゃったりするんですよ...



そして、この仮面...一部が外れて暗器になっちゃったりもするんですよ...



ソレ...ほとんど顔見えちゃってるけどいいの?


そんな鉄面侠趙公子とはまだ出逢っていませんが、これが劉備です...



劉備と言えば...耳たぶが肩に着きそうに長くて、手も膝よりも長くて(笑)ちょっと人間離れした姿で

品を漂わせつつも、どこか胡散臭そうな腹黒そうな雰囲気を持ってるイメージなんだけど(ヒドイ)

この劉備はカッコよすぎです 秦歌さま...もしくは水滸伝の燕青にしか見えません(笑)



張飛はちょっと小太りさんなら付け髭で誰でも張飛っぽくなれるから置いといて(笑)(ヒドイpart2)

関羽アニキはかなりメイク濃いめです...が...ちょっと小さいんですよね~ どう見ても劉備の方が大きい...



あの小さい関羽ではせいぜい5kgくらいの青龍偃月刀しか振り回せないんじゃないかな~

そしてこれが呂布です...見た途端 「え~?これが呂布~?」 って言ってしまいました



なんじゃその格好は...頭についてるバギーの赤鼻みたいなのはナニ~?(よく見たら関羽にも付いてる!)

やたらと造型が派手だし、知らない人が大勢出て来るし、戦う時は空を飛んじゃったりするし...

これは史劇と言うよりも三国志っぽい武侠ドラマですね

でも...(私の中の趙雲像とは掛け離れてるけど)一応趙雲さまが主役だし、林更新も好きだし

キャプチャをせず、レビューは時々書く感じでゆる~く観て行こうかな?

とりあえず、このドラマの我が君が阿斗さまをぶん投げるのか気になるしね(笑)(← ソコ~?)

コメント

金庸逝世

2018年10月31日 | 中華電視劇



昨日、中国の著名な武侠小説家の金庸先生がご逝去されました(享年94歳)

日本では全然話題になっていませんが、あちらではトップニュースで報じられています

これを受けて、タムさまも微博に追悼のコメントを出されていました



金庸先生と言えば、私が中国のドラマにハマる切っ掛けとなったのが 《 天龍八部 》 (胡軍版)で

その流れからタムさま出演の 《 雪山飛狐 》 に出逢う事になったという事で...



私からも追悼を...金庸先生、一路走安 天堂里安詳

原作とかけ離れてるせいか?Twitter民には総じて不評の 《 雪山飛狐 》 ですが (涙)

誰がなんと言おうと、私はタムさまの田さまが大好きです





そして、まだ未見なんですが、これも金庸作品の 《 小宝与康熙 》 (《 鹿鼎記 》)では

タムさまは康熙帝という皇帝ちゃんを演じているんですが...



なんと タムさまと小ラッパ(張衛健)@小宝は親友という萌える設定となっています (笑)




小宝 、皇帝ちゃんに 「我愛你」 なんて言ってますけど、そういう話なの?(どういう話だよ)



まぁ...なんて可愛らしい



頭もお肌もツルッツルしてますよ ゆで卵みたいだわ (笑)




画質も悪くて古臭い感じだし、タムさまもあまりにも可愛らしいから、デビュー当時の辺りかと思ったら

なんと2000年の作品でした (当時タムさま31歳

このピチピチしたウブ可愛らしさで三十路だったとは...なんて恐ろしい... (笑)


今ちょうど、タムさまの天岩戸期間のお供(笑)何十回目かの 《 王の後宮 》 を観終わったところなので

金庸先生を偲んで 《 雪山飛狐 》 を観ようと思います

そして 《 小宝与康熙 》 で小宝とイチャイチャしてる可愛い皇帝ちゃんも近いうちに観なくては...


コメント

2017射鵰英雄伝

2018年02月03日 | 中華電視劇




2017版 《 射鵰英雄伝 》...金曜夜7時...ちょうど地上波でロクな番組をやってない事もあって

今のところ第8話まで、毎回リアルタイムで観ちゃってるんですが...(観ちゃってるって(笑))

(※ 以下、ちょっと辛口なので、大好きな方はここから先は見ないでください(笑))


切れ長の二重まぶたの人がタイプで、色気のある殿方に萌えるワタシには

この一重まぶたで童顔の郭靖には残念ながら全く萌えません...



(ま...胡歌@郭靖よりも“うつけ”っぽさは勝ってると思うけど(笑))

そして、悪役好きで、冷たい目をしたカッコいいワルに萌えるワタシには

この楊康では全然モノ足りません...



そして、どのシリーズでもキザでカッコつけで苦手なキャラの欧陽克ですが...

2017年版の欧陽克が今までで最高に超絶キ〇いです...



彼が出て来るたびに 「ゾゾゾゾ~」 ってなります (冬は鳥肌が立って寒い寒い

ま...いけ好かないキザ野郎って意味では役作りが上手いって事になるんでしょうか?

黄蓉と穆念慈は、可愛い系だった2008年版よりも美人だと思いますが...ま、オナゴだし...(笑)




つまり...主役2人に萌えないうえに、他に目ぼしい萌えの対象もいない厳しい修行(笑)の中

それでも観続けているのは、李宗翰@楊鉄心が出てるからです

顔にアザはあるけど 《 新・水滸伝 》 の呉用さまに似たお髭の造型で

普段からどこか少し影のある感じのお顔立ちも相俟ってか...

18年間片時も忘れた事の無い妻が、自分を分からない時の淋しそうなお顔とかがたまりません



よく見たら、彼も切れ長の二重まぶたでした (笑)



お髭はあまり好きじゃない私ですが、この人に限ってはお髭がある方が好きです



そんな唯一の希望の鉄心がいなくなった後は観続けられるかどうか...

ま...NECOを観られるのも、モータースポーツがオフの間(3月いっぱい)だけなので

どっちみち最後までは完走できないと思われますが...

どうか鉄心の最期を無事見届けられますように...

とりあえず、昨日は鉄心のいい所で終わったので次回が楽しみです
コメント (4)

2017 今年欣賞的電視劇総括

2017年12月19日 | 中華電視劇


2017総括シリーズ(シリーズ?)第3弾は、今年観た中華系ドラマの総括です


まずは去年から引き続き観ていた

《 土地公土地婆 》 第29集~第55集(最終集)



こんなに素敵な土地神さま、福徳神君・張福徳ちゃんが繰り広げるドタバタコメディー



明るくて...ゆるくて...可愛らしくて...安心して観られて...張福徳ちゃんは私の心のオアシスでした

花嫁姿(笑)や...



可愛い道士さまや...



お肌ピチピチジジイや...



カッコいい先生や...



美しいホームレス等々...



タムさまのいろんなコスプレが見られて眼福なドラマでした
2年に亘って私を楽しませてくれてありがとう~福徳ちゃ~ん


《 捜神記 》 第1集~第24集 (ただ今絶賛中断中(笑))



金不喚ちゃんも、福徳ちゃんも美しかったけど、このドラマの夙違さまは、クールで妖艶でたまりません





哀しい生い立ちのせいで、いつも孤独で寂しそうで...ワルなのに同情しまくりですよも~(笑)

タムさまがクールな兄とウブい弟の2役を演じる、というオイシイ展開も拝めたし



仮面を被っても、目元や唇から溢れ出る色気もステキだし あぁ...色っぽい...





早く続きを観たいけど...まずは 《 A計画 》 を見届けないと

王子の復讐を見届けたら、また再開しますので、もう少々お待ちを~


《 A計画 》 第10集~第36集(最終集)



最終集と書きましたが、今細切れでクライマックスのラス前(35集)を観てる真っ最中です

たぶん今年中には観終われると思いますので、総合的な感想はその時に書きますね~


タムさまの中文オンリーのドラマもこれで5作品目...少しずつだけど分かる単語が増えてきました

カッコいいタムさまを堪能しながら中文も学べるなんて、最高の開心中文学習です

でも 《 A計画 》 が終わったら次は 《 縦横四海 》 を観る予定だったのに、また全部消されてしまって...

次のドラマ...どうしようかな...
コメント

2016 今年欣賞的電視劇総括

2016年12月09日 | 中華電視劇


忘備録として毎年書いている総括シリーズ (← シリーズ化されていたとは...(笑))
今度は、今年観たドラマたちを総括~ (鑑賞順)


 《 岳飛伝 -THE LAST HERO- 》 28集~69集(最終集)



長かった...とにかく長かった 《 三国志 》 や 《 水滸伝 》 の方がもっとずっと長かったのに

これの方がやたら長く感じたという事は...やっぱり面白くなかったという事なのかな...



黄暁明は確かにイケメンだけど、イケメンだから萌える訳じゃないという事を改めて実感

終盤は 「ここまで観たんだから最後まで観てやる」 と半分意地で観ました


《 フビライ・ハン 》 1集~50集(最終集)



これも、序盤はフビライが入浴中に服を盗まれて胸元ユルユルで飛び出したり(笑)



放浪の時にお腹を空かせてイモをむさぼり喰ったり(笑)



いろいろと勢いがあって面白かったのに...途中で段々と失速してきた感があって...

お話が深刻になるにつれ、登場人物がどんどん死んでいく終盤はちょっとキツかったです


《 THE MYTH 神話 》 1集~17集



これを観始めた頃、YouTubeで見つけたタムさまの 《 A計画 》 をうっかり観始めてしまい

王子のあまりの可愛らしさにやめられなくなり(笑)

そしてこちらも中文only の 《 土地公土地婆 》 との掛け持ちでいっぱいいっぱいになったので

今、思いっきり途中で(しかも面白いところで)お休みしています...ゴメンナサイ

途中下車はしません!あくまでもお休みです...余裕が出来たら続きから観始めますので少々お待ちを...

(って誰も待ってないか...たぶん休んでる事にも誰も気付いていまい...(笑))



そしてレンタル以外...購入して観たものとYouTubeで観たドラマ@タムさま主演のヤツは...

 《 鳳凰牡丹 》 24集~46集(最終集)



タムさまは、そのお顔立ちや立ち居振る舞いがとっても気品があって陛下っぽくてステキだったけど...



でも、終始まわりの宦官どもの陰謀に陥れられて、敵の捕虜になって虐げられたり
弟に帝位を乗っ取られたり、軟禁されたり...タムさまがイジメられてる所を見るのは辛かったです

気の触れたフリをして馬フンを食べ仲豪の疑いを晴らす、ウ◯コ騒動の所が一番面白かったって...



ラストが切なすぎてウツになりました(泣)



 《 土地公土地婆 》 1集~28集



《 鳳凰牡丹 》 が、あまりに酷いラストだったので落ち込んでしまい

気分を変えようと、一転超明るいコメディーのコレを観る事にしました(今ちょうど半分まで観たところです)

タムさま@土地公さま張福徳ちゃんは、コロコロ変わる表情がとっても可愛らしい元気なキャラで

お話ごとに変わる、神さまバージョンと村長バージョンの衣装やヘアスタイルも楽しみだし

可愛い道士さまや...



ジジイや(笑)



胸元ユルユル肌着等々...
 


毎回色んなコスプレも見せてくれるので、今私が細々と生きる糧となっております


《 A計画 》 1集~9集



そして福徳ちゃんと共に、今私の生きる支えとなっているのが、王子こと賀定国さまです

こんなに王子服(笑)が似合う人が他にいるでしょうか? も~本物の王子さまだワ~



陸警の制服も、とっても凛々しくてお似合いだし



スーツ姿もステキ



時には、いきなりぬ~どやバスローブ姿も見せてくれるし...


いろんな意味で、とってもオイシイドラマです いつも萌えをありがとう~


下の2つは、まだ今年中に時間を見つけて数集観て行くつもりだけど...
あ~ 大掃除なんてしてないで、ず~っとタムさまを見ていたい~

コメント

神話 其之七

2016年09月30日 | 中華電視劇

《 神話 》 第13集を鑑賞


お兄ちゃんたちをつけ狙うワルの親玉...こんな真っ黒尽くめなんだけど...いったい何者?



宝盒を返して指輪も地図も探させて、お父ちゃんたちに宝盒を開けさせる魂胆みたい...

そして、お父ちゃんたちはとりあえず持ってる指輪を宝盒に挿してみたら...



オイオイ...これも秦時代のからくりじゃね~ゾ

そして秦...すっかり友達になった金将軍とシャオチュアンが酒を酌み交わしてると

「姫が来た」 との知らせが入り、姫を見に行く2人...

携帯で姫を隠し撮り(?)するあたりはやっぱり現代っ子だね(笑)



そんな時、姫が政略結婚で秦の皇帝に嫁ぐことになり、どうにかして止められないかと思案する2人


でも非情にも出発の日が来てしまい...迎えに来た秦の将軍が 《 岳飛伝 》 の皇帝ちゃんでした



そこへ、姫を奪い返そうと襲いかかる金将軍とシャオチュアンたち...この辺は映画版と同じだな...

と、思ったけどやっぱり違うワ...姫...奪いに来た金将軍を突き落としちゃってるし(笑)



そして、崖から落ちたシャオチュアンと玉漱(ユシュウ)姫と秦の蒙恬(モンティエン)将軍...

え? 姫...気を失ってる2人を1人で洞窟まで運んだの~?...スゲ~力持ちだな
そして、あられもない格好で魚を獲る姫...た...たっくましい~



この姫...山で薬草を獲ったり、ご飯を作ったり...野生でも生きていけそうです(笑)



映画版では、崖から落ちたのが姫とモンイー将軍(ジャッキー)の2人だけだったから

秦まで送る間、ちょっとラブラブな感じになったんだけど...3人だとどうなるんだろ?

目を覚ましたシャオチュアンと姫はいい感じだったのに...コイツ...ジャマだな(笑)



崖から落ちたのに元気な2人は(笑)姫を巡って取っ組み合いになり

揉み合ってる時に、シャオチュアンの虎の首飾りの焼き印を見た蒙恬は



「その印は、俺の生き別れた弟、蒙毅(モンイー)だ!」 って...え~?シャオチュアンがモンイーなの~?

あぁ...下手に映画版を知ってるだけに複雑~(笑)

そして、自分にもある焼き印を見せる蒙恬...



そっか...“胸の焼き印を見せる”みたいな展開があれば、タムさまの胸元ユルユルが見られる訳か...
どうかどちらかの導演さま...タムさまにそんな展開をプリ~ズ~ (@変態妄想)

姫を皇帝の元に連れて行かなくちゃいけない蒙恬...姫を行かせたくないシャオチュアン...

自国の民の事を思い泣く泣く行く覚悟を決めている玉漱姫...それぞれの想いが交錯して複雑~

ケガが癒えるまでの束の間の平和なひと時...川で魚を獲る3人...なんだか楽しそう~



蒙恬は、上手く捕まえられないシャオチュアンに 「蒙家の技を見せてやる」 と言って

“游龍十八式”という“降龍十八掌”をパクったような(笑)技で大量に魚を捕まえて見せたけど...



ウソ臭いけどスゲ~(笑)

蒙恬もシャオチュアンも姫のことが好きで、2人ともいい男で...なかなか萌える展開です



どうでもいいけど、ちょっと思った事を1つ...

主役の易小川(イー・シャオチュアン)は、中国読みのカタカナ表記なのに

(お兄ちゃんのダーチュアンやガオ・ヤオ、ガオ・ランもそうだけど...)

なんで姫は玉漱(ユシュウ)じゃなくて(ぎょくそう)って仮名が出るんだろう...

なんだよ 「ぎょくそう」 って ...ゴツゴツして可愛くな~い

原作もユシュウだし...シャオチュアンみたいに、みんな中国読みのカタカナ表記でいいのに...

だったらシャオチュアンも(おがわ)(笑)って仮名出しなさいよ~

と...見るたびに感じてた事をちょっと書いてみました(笑)

ひとり言なのでお気になさらず~


コメント

神話 其之六

2016年09月24日 | 中華電視劇

《 神話 》 第12集を鑑賞

(お話によって、レビューが1集分だったり2集分だったりしますが

お話が大きく動く時は2集分をまとめるのが難しいので、どうかご了承くださいませ)


图安国から逃げ出したシャオチュアンたちは、图安の将軍に見つかってしまい

殺されそうな所に駆けつけた姫は一生懸命シャオチュアンを庇ってくれたけど...

姫...やっぱり惚れちゃったのか?

結局、将軍とシャオチュアンが1対1の3本勝負をして決着を付けることになったんだけど

この图安国の金将軍...どこかで見た事があるんだよな~...って思ってたら...



思い出した レッドクリフの蔡瑁だ (あ~スッキリした(笑))

でもこの将軍...奴隷相手なのに殺さず、ちゃんと武器も与えて1対1で勝負して、いいヤツじゃん

金将軍は男らしく負けを認めて、1回戦はシャオチュアンの勝ち



2回戦は弓対決...5人に的を持たせて順番に射抜くというモノ



これは、シャオチュアンが射る時に的を持ったヤツが動いて、シャオチュアンの負け


そして現代...昔图安国があった場所で、その3回勝負の事を語るおじいさん...

トラを組み伏せた英雄にちなんで 「伏虎村」 って名前になったって言ってたけど...

え?...って事は、その伏虎の像ってシャオチュアンなの~



再び秦...3回戦に臨む日の朝、突然気を失ったシャオチュアンが目を覚ますと、そこには姫がいて

「3回戦は戦ってもムダよ...全員殺されるからあなただけでも逃げて」 と説得され



姫の言いつけなので、一旦は逃げるフリをして、すぐに戻って来たシャオチュアン

助けてくれたお礼だと言って、花束を渡してたけど...



そういう事をするから誤解されて、いろんなオナゴに惚れられちゃうんだってば~

そして 「逃げずに戦う」 と言うシャオチュアンに 「これが3回戦よ」 と言う姫...



実は、シャオチュアンの勇気と智謀に感服した金将軍は、姫と相談して

シャオチュアンの人柄を確かめることにして、もし自分だけ逃げ出したら殺すつもりだったらしい...

そして、無事3回戦に勝ったシャオチュアンは2勝して勝者となり

民たちとシャオチュアンの身柄は姫のものに...

これで自由の身になったシャオチュアンたち...そして一緒に捕らわれた秦の将軍は

シャオチュアンに包挙礼をして 「お側に仕えさせてください」 と...



項羽にしろ、コイツにしろ、金将軍にしろ...卑怯者の劉邦(笑)以外の漢はみんな

真っ直ぐで純粋で、漢気に溢れてて、気持ちいいヤツばっかりだな...

秦に戻っても万里の長城の労役に就かされるだけの民たちは、姫の元で暮らしたいと言い

美女に弱い(笑)シャオチュアンも一緒にこのまま图安国に残る事に...


なんかこの辺りからシャオチュアンは現代に帰ることにあんまり執着しなくなったような...

必死で探してるガオ・ランとは対照的に、秦での生活を楽しんでるようにも見えるんだけど

それは...秦では数年経ってるのに、現代では数週間しか経ってないというタイムラグのせいなのかな?

でも、廟に神像まで建てられるくらい歴史に影響を与えちゃったら、もう戻れない気もするし...

先が全然読めないけど、なかなか面白いので引き続きゆる~りと観て行きます
コメント

神話 其之五

2016年09月19日 | 中華電視劇

《 神話 》 第10集・第11集を鑑賞



ガオ・ヤオは料理人になりたがっていたけど、募集してたのは宮中の料理人で...

宮中に入るには、ナニをナニしなきゃいけなくて...

つまり...ガオ・ヤオが卵の黄身ばかり食べさせられたのは

オシ◯コを出なくして、ナニをちょん切る為の準備だったみたい...ヒェ~



一方シャオチュアンは、ずっと虐げられてた将軍と1対1の勝負をして

戦いっぷりを気に入られ、今後シャオチュアンは足枷をしなくていいことに...



そして、ナニをちょん切られたガオ・ヤオは、一番高い所に(切ったナニが入ってる?)竹筒を掛け

「チクショウ...宦官の中で一番になってやる」 と、汪直さまのような事を言ってたけど(笑)



ガオ・ヤオ...酷い目に遭った事で深~い暗黒面に入っちゃったみたい...

そして、料理がマズイと殺されるので誰もやりたがらなかった胡亥皇子の料理人に志願し

誰も知らない現代風の料理を作り、胡亥皇子のお気に入りに...



この胡亥 《 大漢風 》 の凄まじいアホ面胡亥 ↓ (笑)と違って、そんなに暗愚には見えないけど



でも、やっぱりアホのボンボンなんだろうな(笑)


そして現代...例のテーブルから出てきた書物は 『 湯巫記 』 という医書で

中から一枚の謎の地図が...そして地図にも 「湯巫山」 の場所が...



古代のお話になるとテンションが上がるけど、現代になるとダダ下がりになるのは

現代のお話の方には萌え要員が全くいないのと、やっぱり古装好きなせいなのかな?


秦...シャオチュアンたちの所に敵が襲ってきて、応戦したけど将軍ごと捕らえられてしまい

どこかに連行される途中、そこにあった石碑に 「小川(シャオチュアン)ここに参上」 って

観光客のようないたずら書きを彫るシャオチュアン(笑)



現代でシャオチュアンを探してたガオ・ランが偶然この石碑を見つけ

篆書の横に現代の簡体字が書いてあるのを見て不思議がるお父ちゃんたち...

そして、シャオチュアンのお母ちゃんは、実はすごいご先祖様を持つ末裔で

秘密を知る5家の一族が持つ指輪を集めれば、宝盒が開きシャオチュアンたちを助けられるという...

なんだかお話がスペシャルロールプレイングゲームみたいになってキタ~



指輪を集めて宝盒を開けたら、秘密のダンジョンの鍵が出てくるんだわ...きっと(笑)


そして秦...さらわれたシャオチュアンたちが連れて来られたのは图安国という国

ここの姫が成人を迎えるお祝いで、神にささげる供物にされるらしい...



そして、シャオチュアンたちは闘場に閉じ込められ、そこに凶暴なトラが放たれたけど...



トラちゃん...よく見たら首輪してるね(笑)

闘場に放たれたトラが襲いかかって来た時、シャオチュアンの着けてる首飾りが光を放ち



すさまじい覇気にトラは驚いて逃げ去ってしまって...シャオチュアンもビックリ~(笑)



そして、それを見たみんなはシャオチュアンの事を 「生き神さま~」 って(笑)



まさか...この姫もシャオチュアンに惚れちゃったの?

シャオチュアン...行く先々で偉丈夫に気に入られて義兄弟になるし

出てくるオナゴには次々と惚れられてややこしい事になるし...

いろんな人と深く関わり過ぎ...そんな事してると歴史が変わっちゃうんだってば~


コメント (2)

神話 其之四

2016年09月12日 | 中華電視劇

《 神話 》 第8集・第9集を鑑賞

疫病に罹った呂素は、1つしかない治療薬をシャオチュアンに譲り

愛するシャオチュアンに見守られながら亡くなってしまう...



呂素...一途でけな気で可愛かったな...(涙)

呂素を荼毘に付したシャオチュアンは、ガオ・ヤオと一緒に現代に戻るべく

宝盒に書いてあった 「湯巫山」 のある燕国を目指すことに...

その頃現代でも 「湯巫山」 を探すお兄ちゃんたち...

でもお兄ちゃん、歯医者で悪いヤツが化けた歯科医に歯の中に盗聴器を仕掛けられちゃって

ワルたちに全部行動が筒抜け...も~お兄ちゃん...ダメじゃん

(てか...そもそも歯の中の盗聴器なんて音が籠って聞こえそうにないんだけど(笑))


そして 「湯巫山」 に辿り着いたシャオチュアンは、知恵者が住んでるという庵に案内されるんだけど...



え?ここって...《 浣花洗剣録 》 で、紫衣侯さまと艶燭が隠れてた庵じゃない?

と思って早速調べてみたら、門といい真ん中が盛り上がった橋といい...やっぱり同じでした



ここで紫衣侯さまは悪党3人を相手に戦って手傷を負うんだよな~



あの時艶燭は、お着物の上から包帯を巻いていたけど...

やっぱりちゃんとお着物は脱がせてお手当てしてあげるべきだと思うの

あ...また話があさっての方向に...え~となんだっけ?...あ...知恵者だった...(笑)

孔明が住んでいそうな庵には、やっぱり諸葛均みたいな弟子がいて

「師匠は2人の来訪を1ヶ月前から予知していた」 と...ますます孔明みたい...本人いないけど(笑)



その頃、現代でも同じ場所に辿り着いたお兄ちゃんたち...

タダモノじゃないお母ちゃんの知恵で、庭にあるテーブルの謎を解明していたけど



秦時代の仕掛けじゃね~な...コレは...

テーブルの中からは謎の地図が出て来て、それを奪いに来た賊と争いになるお兄ちゃん

そして秦...孔明みたいなヤツの弟子に 「60年後にまた来るように」 と意味不明な事を言われ

現代に帰れなくなったと落ち込む2人...でも単純なのですぐ立ち直り(笑)



シャオチュアンに始皇帝や胡亥について色々教えてもらうガオ・ヤオ

「詳しいな」 って言うガオ・ヤオに 「テレビドラマで覚えた」 って...あら私と同じ~(笑)

その頃劉邦は、連行していた荷役人が2人逃げ出して途方に暮れていて...

そこにシャオチュアンたちが追い付いて来て、死んだと思ってたシャオチュアンを見て驚く劉邦



そしてシャオチュアンが 「オレの義兄弟...劉邦だ」 って紹介したら

「あの漢の高祖の劉邦か??」 と驚くガオ・ヤオ ...そりゃそうだ(笑)

でも劉邦は2人を見て、逃走した2人の穴埋めにちょうどいいと考え

酒を飲ませて酔い潰してる隙に、荷役人名簿に2人の名前を書いてしまう...

(やっぱり血も涙もないヤツだな...コイツ

翌朝、生きては戻れないという万里の長城の労役に行かされるシャオチュアン



官奴にされたガオ・ヤオは、ご飯もロクにもらえずボコボコにされて死にそう...

そして、こういう小ズルイ事ばかりする劉邦がますますキライになるみんきぃさん(笑)(@私は項羽派)

ガオ・ヤオは、腹が減り過ぎて焼餅を盗み食いしてる時、宮廷料理人募集の話を耳にし...

この状況から抜け出すため 「料理人をやりたい」 と志願したら

とっ捕まって縛りつけられて卵の黄身だけを食べさせられるという変な刑に...



なんだコレ?


あぁ...これでやっと8月分を観終わりました

こんなに追われる展開なのに...つい、福徳ちゃんと可愛い公子の2本立てにしちゃって...

中文onlyを2本...しかもどちらもタムさまが可愛すぎてキャプチャの嵐で全然進まないとゆ~
あぁ...私は一体どうしたらいいのぉ~~

(誰も頼んでないのに勝手に追われてるだけなんだけども...(笑))
コメント (2)