花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

土地公土地婆 其之二十七

2016年11月30日 | 譚耀文

《 土地公土地婆 》 第27集を鑑賞



具合が悪いからと言って、義父のご機嫌うかがいに来ない素素にイヤミを言う崔妤

(この人もけっこうイジワルなんだ...)

そしてこの素素の夫...やっぱりどっから見てもおじいちゃんだワ(笑)



その日崔妤が急に産気づいて、それを侍女から聞いた素素は

「崔妤が先に男児を生んだら、この家の財産を全部持っていかれてしまう」 って焦っていたけど

怒って血圧が上がったせいか?素素も続いて産気づいてしまう...

でも、素素の生んだ子は女の子で 「ウソよ!土地婆は男の子だって言ってたわ」 って取り乱す素素...

久本雅美に似てるワ(笑)



山神はこれを利用して福徳ちゃんを追い落とすことにして、素素の前に姿を現し



「崔妤は子供を生んですぐ気を失ったから自分が生んだ子が男か女か知らない...

今のうちにすり替えてしまえば誰にもわからないゾ」 と悪知恵を授け

素素は、渋る産婆さんを 「知事の妻が不義密通して出来た子を堕胎させたことを知ってるのよ」 と脅迫



そして、とうとう自分の子と崔妤の子をすり替えてしまう...

(へぇ~女の子の事を“千金”っていうんだ..初めて知ったワ)

気が付いた崔妤と夫は、子供が女の子だと分かってガッカリ...



この夫...あんなに 「元気ならどっちでもいい」 って言ってたクセに、やっぱりお金が大事なんだね...

その頃、福徳ちゃんはまだ怒っていて、秀文の事を 「胡思乱想だ」 って...あら 私のことだわ(笑)



張単はなんとか2人を仲直りさせようとしてたけど...

どうせすぐイチャイチャし出すんだから放っとけばいいと思うゾ~ (笑)

一方、孫2人が入れ替わってるとも知らずに、2人の孫を見てご機嫌な爺爺

爺爺が、男児が生まれた弟の方に財産を全部譲るって言ったので

兄は 「私がこの家の長子なのに」 と怒り、弟とケンカになってしまう...



弟に家督を取られ散々バカにされた兄は、飲んだくれて大荒れ...



そして、酔っ払って帰る途中で井戸に落ちてあっけなく亡くなってしまう...

あくる日、秀文の買い物につき合わされ、荷物をたくさん持たされた福徳ちゃんは

程家の前を通りかかり、葬式をやってるのを見てビックリ

さっそくお悔やみに行った福徳ちゃんの、このマント姿カワイイ~



夫の死で気が動転したのか?崔妤は侍女が抱いてる赤ん坊を見て 「この子は私の子じゃない」 と言い...

(ま...厳密に言えばそのと~りなんだけど...)



素素は、生まれてからずっと泣き止まない息子に付きっきりで困り果てていて

医者にも見せたけど、原因がわからないと...



今度のお話は子供の一生を左右する問題だけど...どうする?福徳ちゃ~ん

コメント (4)

愚蠢

2016年11月29日 | Weblog


検索避けのため、また主語抜きで書かせていただきます

(事情を分かってる人だけに伝わればそれでいいです)


2年前...もうここではこの件について触れないって言ったけど...

昨日の件以来、心がザワザワして落ち着かないので

今度こそ、ここで吐き出して終わりにします


あの時...いっぱい怒って、いっぱい悲しんで、いっぱい嘆いて...

あんなにリスペクトしてた人を軽蔑するようになった自分は薄情なんだろうか?って葛藤して...

さんざん悩んだあげく、自分の中ではキッパリ決別をしました


あれ以来、時々出て来る記事も、だいぶ客観的に見られるようになっていたし...

復帰とかじゃなく...ただ、人として残りの人生を穏やかに大切に歩んで欲しい...

それだけを望んでいたのに...

好きな曲の中に月が出てくる曲が多くて...月を見ると無意識に口ずさんでしまうくらい...

一時期大好きで、生活の中心で、心の支えだった人だから...

こんな形でどんどん壊れていく様を見るのは、やっぱり辛いです...

天然だけど正義感が強くて真っ直ぐだった人が、平気で嘘をつくようになってしまって...
自業自得だけど本当に残念です...もう腹も立ちません... ただ心からガッカリしています


まだちょっと動揺していて文章が上手くまとめられませんが...

それも今の私の正直な気持ちなので、そのまま上げる事にします...どうかご容赦を...
コメント

紮職

2016年11月28日 | 譚耀文

タムさま出演の映画 《 紮職~TRIAD~ 》 の撮影技師さんWade Kenさんが
オーストラリアの撮影技師会の最優秀賞を獲得したそうです  恭喜恭喜~




なんで2012年の映画で今頃賞を獲ったのか?その辺の事情はよく分かりませんが...

この 《 紮職 》 と、新作映画 《 風不止 》 の導演さまは同じ陳翊恆さんなので

撮影技師さんも同じ人だったらいいな~

最優秀賞を獲る腕前の人に、タムさまをカッコよく撮ってもらいたいな~と願って止みません



その 《 紮職~TRIAD~ 》 は、バリバリの黒社会モノで

抗争シーンも激しくて柳葉刀でバッサバッサ人を殺しまくったりするんだけど...

タムさまは主役の若手3人組の良き相談相手で、今も黒社会に身を置いてはいるけど

ちょっと第一線からは身を退いてる感じの普段は穏やかなアニキなので、抗争シーンには出て来ません



でも、こういう格好するとやっぱり迫力あるワ~



睨まれたら何もしてなくても謝ると思います(笑)




だけど、こんな時でも自撮りを忘れないお茶目なタムさまが好きだ~(笑)



そんなタムアニキが、大事な舎弟がボコボコにされたと聞いて助けに駆けつけ

相手の坊主頭の刺青ヤローに一切手を出さず、気迫と三寸の舌だけで言い負かすシーンが好きです

ちょうど、そのシーンだけの動画があったので貼っておきます



この時...ブチ切れてる耀文哥が、すんごく怒ってるのに一瞬だけ笑うんです(0:35)

その後また怒鳴って、言い負かされた相手がぐうの音も出なくなるんです

コレ...《 王の後宮 》 で、鉄仮面を取り逃がした部下を叱り飛ばす時にもやるんだけど...

ワタシ...あれが大好きなんです  「笑った!今一瞬笑ったよ 」 って大興奮するんです(笑)

タムさまが怒ってる時に一瞬笑ったら、それは本当~に怒ってる時です 要注意です

皆さま気を付けましょう (← そんな使えない情報要らんワ~(笑))


PS...《 風不止 》 の方は、只今編集作業中だそうです 楽しみ~

コメント (4)

不完全燃焼

2016年11月27日 | Weblog

昨日は、毎年恒例のヤマメ釣り堀&紅葉狩りに行ってきました

この釣り堀は、HIROが幼稚園の頃から毎年欠かさず紅葉の時期に行っていて

行くメンバーはPAPAの弟夫婦とだったり、PAPAの会社の人とだったり、家族だけだったり...

その度いろいろ変わったけど、前の釣り堀経営者のおじいさんが亡くなって新しい人になっても

ここの、田舎のおばあちゃん家に行ったような、ホッとできる雰囲気は変わらなくて...

HIROが池に片足突っ込んじゃったり、急に雨が降ってきて傘を差しながら釣ったり

私が入院してた時2人部屋で同室だった人のお母さんと偶然会ったり

猟で獲れた猪汁を振る舞ってもらったり、なかなか釣れないPAPAが不機嫌になってケンカしたり(笑)

20年以上毎年通い続けてたから色んな想い出があって...

PAPAがいなくなった今も、大事な場所として毎年お義母さんを連れて行ってるんだけど...



なんと、昨日行ったら閉まっていました... 20数年通い続けていて閉まってたのは初めてです

下の売店で聞いたら、釣り堀のおばちゃんの90を超えるお母さんが肺炎を起こして看病中との事で...

おばちゃんに何かあった訳じゃなく、春からまた開けるって聞いてホッとしたけど

ヤマメを釣る気満々、食べる気満々で行ったので 「どうしようか?」...って事になって

仕方ないので、少し山を登ったところにある 「うつろぎ」 に行ってお昼を食べました

いつもは、釣りを楽しんで釣った魚を焼いてもらって食べながら飲んで、その後で行くので

お腹一杯で(笑)ここではお土産にワサビ海苔を買うくらいなので(@ワサビ発祥の地)

午前中に行ったのは初めて~

こんなキレイな景色の中、川沿いの外のテーブルで



ワサビの葉の天ぷら(&おろし生ワサビ)入り天ソバを食べたり



あんこ苦手な私でも食べられる、いつもは売り切れのお餅を買ったりした後



山の上まで紅葉を観に行ってみましたが、ちょっと時期が遅かったようで残念な感じでした...






う~ん...釣りが出来なくて、美味しい魚も食べられなくて、紅葉も残念で...

今年の恒例の釣り行脚はいろいろと不完全燃焼だったけど...ドライブは楽しかったからま、いっか

でも...あ~ 釣りしてぇぇぇぇぇ~ (@PAPAがいた頃は月2くらいで釣りに行ってた人)


PS...お土産にムカゴと柚子を買ってきました



冬至まではまだちょっと日があるけど...今夜柚子湯にして入ろうっと
ムカゴは...初めて買ったので、煎るの?蒸かすの?...どうしたらいいの~?
コメント

土地公土地婆 其之二十六

2016年11月26日 | 譚耀文

《 土地公土地婆 》 第26集を鑑賞


26集からは、また新しいお話 《 計謀算尽 》 がスタート

福徳ちゃん、今度は楊柳村という村の村長さんらしい...

村人に 「土地公さまのおかげで村民がみんな安泰だ」 って言われてうれしそうな福徳ちゃん

でも 「土地婆のおかげ」 って言ってもらえなくてむくれる秀文(笑)



あぁ...こんな近距離でこんなオトコマエにこんな顔で見つめられたら...確実に死ぬ (笑)

福徳ちゃんは 「成功する男の陰には、いつも偉大な女がいるもんだ」 って言ってたけど...

内助の功よりも自分が目立ちたい妻(笑)のご機嫌を取るのも大変だね~(笑)

そして、福徳ちゃん@新しい村長さんのお衣裳は唐草模様でした

毎回色んな衣装が見られてうれしいけど...ヘアスタイルは前のポニーの方が好きだな

と、ここまではいつもの夫婦漫才で(笑)本題はここから~


街で突然倒れた妊婦、崔妤を助けた福徳ちゃんは、顔色が悪い崔妤の脈を診てたけど...



やっぱりタムさま、指も爪もキレイ~ (私も触発されてネイルケアを開始(笑))



脈を診た福徳ちゃんは怪訝な顔をしてたけど...崔妤が帰ったあとで秀文に

「彼女の脈を診た時、彼女とお腹の子は縁が無い...母子は別れる運命だと感じたんだ」 って...

崔妤が家に帰ったら、もう1人若奥さまと呼ばれる妊婦、素素がいたけど

使用人に威張ったりしてなんだかイジワルそう...ってか...この人どこかで見たんだけど...って思ったら

《 鳳凰牡丹 》 の伯建さまのお母ちゃんじゃないスか...



そりゃお年の割にはキレイだけど...61歳っスよ...ご懐妊中の若奥さまってのはちょっとムリが...

もっと他に適当な人は居なかったんか~い



どうやら崔妤がこの程家の長男の嫁で、素素が次男の嫁...

そして男の子を生んだ方が程家の財産を継ぐことになる...という事で揉めてるみたい...

そこに程兄弟が帰ってきたけど...え?右が弟??...老け過ぎだろ...って思って調べたら67歳でした...



もっと他に適当な人は居なかったんか~い (2回目(笑))

そして兄は 《 鳳凰牡丹 》 で、何度も伯建さまの首を刎ねようとした白狄の可汗でした...

(今回のお話...伯建さま、蕴儿、皇太后、可汗と...《 鳳凰牡丹 》 率高し

その頃、土地公廟で一杯やってる福徳ちゃんと張単

タメ息を付く福徳ちゃんは、朝助けた妊婦の事が気になってるみたい...

張単に 「いくら神さまでも、世の中の人全員を助けることは出来ないんだぞ」 って言われたけど

「オレだって彼女の運命を変える方法は無い、でも手助けしたいんだ」 って言って

取り出したのは 「母子連心果」 という、母と子の感情を深める果実だそうな...



「これを崔妤に食べさせる」 って言ったら秀文が 「天気もいいし私が行ってくる」 って

酸梅子売りに化けて程家に入り込んだ秀文...でも 「酸梅子」 ってなんだろ?梅干し的なモノ?

崔妤は 「妊娠8ヶ月になってもまだつわりがあるでしょ」 とか 「左足が痒いでしょ」 とか



ズバズバ言い当てる秀文@神医をすっかり信じて、秀分の勧める連心果を食べ

それを見て安心した秀文は、ついうっかり 「お腹の男の子は元気よ」 って言っちゃってたけど

お腹の子の性別まで分かるんだ...さすが神さまだわ(笑)

帰ろうとした秀文は、話を聞いた素素の侍女に呼び止められ

素素の所に行ったら、庭に祭壇を作って土地公土地婆に祈っていて信心深い様子...

でも 「男の子が生まれますように」 って祈る素素のお腹の子は残念ながら女の子らしい...



(この場所...《 王の後宮 》 で、清姿がセクシ~衣装で踊って皇上を悩殺した湖心亭でした)

秀文が 「もしお腹の子が女の子だったらどうするの?」 って聞いたら

「そんな事になったら生きていけない...どうしても男の子を生まなくちゃいけないの」 って必死

そして、福徳ちゃんと張単が将棋を指してる所に帰ってきた秀文は、素素の事を話し



「信心深い彼女を助けたいからお腹の子を男の子に変えたい」 って言いだして

あまりに突拍子もない話にビックリする福徳ちゃん



「そんな事をしたら世の中は大混乱になる」 と強く反対する福徳ちゃんとケンカになる秀文



間に入ってオロオロする張単がカワイイぞ~(笑)

(こうやって見ると、今度の福徳ちゃんのヘアスタイル...ちょっと複雑なんだね)

秀文が何かというと 「山神」 って言うのも気に入らない福徳ちゃんは

つい 「おまえを嫁にもらった事を後悔してる」 とか言っちゃって...

怒って飛び出した秀文は、勝手に素素の夢枕に立って、お腹の子を男の子に変えちゃったけど...

そんな自然の摂理に反する事しちゃって大丈夫なの~?

その頃、土地公廟が突然揺れ出して、外に飛び出した福徳ちゃんと張単は

赤い花が白く変わるところを見て 「この花は胎児の性別を表してる...まさか秀文の仕業か?」 って...



それを隠れて見ていた小石頭は、さっそく山神に報告

山神は、今度はこれを福徳ちゃんの仕業って事にして陥れる計画らしい...

そして翌日、ホームレスにお粥の炊き出しをする福徳村長たち...

あ~福徳ちゃんスンゲ~怒ってるぅ~(笑)



冷戦状態の2人の間に入った張単も大変だ~



今回は張単がいっぱい出てくるので、福徳ちゃんと張単のBL...じゃない じゃれ合いが楽しみです~
コメント (2)

慾望面前~完整版~

2016年11月25日 | 譚耀文


タムさまの 《 風雲5D音楽劇 》 挿入曲 《 慾望面前 》 ですが

歌詞を見なくても完璧に唄えるようになりました 私の唄える初の広東語曲です

(他にも数曲耳コピで覚えた阿譚曲がありますが...テキト~なのでたぶん間違ってると思われ...

唄っていてちゃんと頭に漢字も浮かびます (歌詞の意味もなんとな~く分かります)

~忙記心裡的慾望時~ の所の 「裡的慾望時(ロイテッヨッモウシ)」 とか発音してると

あ~ワタシ広東語の歌唄ってるぅ~ ってキュンキュンします (← バカ

でも、広東語って鼻濁音が難しい~ 自分が普段いかに鼻濁音を使ってないかがよく分かりました

と...そんな事より 私が完璧に唄えるようになったのと時を同じくして、ずっと切望していた

《 慾望面前 》 だけの単独完整版MVが出ました~

ありがとう言霊さま~ (...とアップしてくれた人~

とっ...とにかく、もったい付けずに貼っておきます



最後の部分の余韻がブチ切れてるのがちょっと残念だけど

やっとこのカッコいい曲をフルで聴けました

今まで観ていた所も少し画像やアレンジが違うけど、終わった後に追加されてる部分がカッコいい~

オーケストラバージョンで、少しだけスローでコーラス付き...最後は壮大な感じのエンディング

「えぇ~い 雄覇なんかやっつけちゃえ~」 って感じですね (← なんだよソレ(笑))


そしてお約束(笑)オリジナルバージョンで初めて見た部分もキャプっときました

あぁ...大きな背中がステキ~








これからはこっちを見て一緒に唄います 明日車で聴~こうっと


コメント (2)

西遊記之孫悟空三打白骨精

2016年11月24日 | 映画

《 西遊記之孫悟空三打白骨精 》 長いタイトルだ... (邦題 《 西遊記 孫悟空VS白骨夫人 》)



~あらすじ~

暴れ者の猿族の王、孫悟空(郭富城 アーロン・クォック)が五行山に閉じ込められて500年後
天竺へと向かう三蔵法師(馮紹峰 ウィリアム・フォン)はその道中
虎に襲われるが孫悟空の封印を解き危機を回避する
観音菩薩(陳慧琳 ケリー・チャン)により頭に金の輪をはめられ
三蔵法師の護衛として旅のお供をするよう命じられた孫悟空は
猪八戒(小瀋陽 シャオ・シェンヤン)、沙悟浄(羅仲謙 ヒム・ロー)らと同行
だが、永遠の命を手に入れようと三蔵法師の命を狙う白骨婦人(鞏俐 コン・リー)が近づいてくる
謀略にはまり三蔵法師から遠ざけられてしまった孫悟空であったが
観音菩薩の助言により自らの宿命を思い出す
やがて孫悟空は、三蔵法師を救い出すために白骨婦人が棲む洞窟へ最後の戦いに向かうのだが...

大陸作品っぽかったのに(実際は中国・香港の合作)広東語だったので

最初はちょっと違和感がありましたが、観て行くうちにだんだん慣れました

本格的なVFX作品という事で、スケール感がデカくて面白かったです

(CGがショボいとワザとらしくてドン引きするけど、しっかりしたCGは惹き込まれます)


アーロンの悟空はド兄さんの悟空よりも、まだ誰だか分かる感じかな?(笑)



でもちゃんとサルっぽくて(笑)アクションもカッコよかったです

三蔵法師役は馮紹峰だったけど、線の細い感じが似合ってると思いました

白骨夫人を改心させようと説得するシーンでは、不覚にも(笑)美しいと思ってしまって

タムさま@汪直さまの恋敵に一瞬でもそんな事を思った事は万死に値しますっ

(そして、この映画で初めて広東語で 「阿弥陀仏~」 って言うのを聞きました(笑))



でも 《 道士下山 》 の悟りを開きまくったアーロン道士を観た後だったので

孫悟空じゃなくて三蔵法師を演るアーロンもちょっと観てみたい気がしました (意外と似合う気がする)

そしておなじみ、猪八戒と沙悟浄も出てくるんだけど...



沙悟浄が、青塗りの山田孝之氏に見えて仕方なかったです(笑)



なんでだろう?ヒゲのせいかな?

ちなみに、日本だとすっかり沙悟浄=カッパの妖怪で定着してるけど(@岸部シロー(笑))

もともとは天界の高官で、過失で下界に落とされ流砂河で人を喰らう妖怪になったそうで

流沙河(流砂の起こる砂漠)の河という記述で水の妖怪という誤解が生まれたとか...

ちなみに、中の人はこんな可愛らしい風貌でした(全く沙悟浄の面影なし(笑))



チラッとメイキングを見たけど、特殊メイクにものすごい時間をかけていたので

そりゃ~誰だかわからなくって当然だ~

そして猪八戒は例によって(自分がイイ男だと思ってる)スケベキャラだったけど...

人に化けたバージョンがノンスタ井上氏に見えて仕方なかった事も付け加えておきます(笑)



私って 《 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 》 とか 《 ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪 》

《 西遊記~はじまりのはじまり~ 》 等々の...どれもタイトルが長い(笑)

どこか似たような匂いがする、こういう作品が結構好きなんだな~

さて...寒くて出掛ける気がしないから、これから一緒に借りたもう1本を観ま~す

コメント (6)

A計画 其之八

2016年11月23日 | 譚耀文



《 A計画 》 第8集を鑑賞

(※ レビューが前後編になってないって事は、タムさまの出番が少ないという事です

なので、王子が出て来ない後半は、端折りが甚だしい事をご了承ください(笑))


王子が自分を取り調べようとした事をまだ怒ってる小ラッパは

水警にやって来た王子に 「陸警さまがいらしたぞ、傘をさして差し上げろ」 とかイヤミ全開

でも、小ラッパの扱いをちゃんと心得てる王子は(笑)小ラッパの大好きなお菓子を取り出して



大マジメに 「新界にその名を轟かせる、出来立てホヤホヤの沙琪瑪だ」 って(笑)




王子...目を閉じた横顔がとってもステキだけど...

だんだんやる事が水警のアホどもに似てきたような...(笑)

(ちなみに、気になって調べたら、この沙琪瑪(シャーチーマ)というお菓子、Amazonでも売ってました

これ美味しいのかな?買おうかな~?どうしよっかな~?...でも王子の好物じゃないしな~(笑))



お菓子ひとつであっさりと機嫌を直した小ラッパ...単純~(笑)

王子は誤解から曼妮とケンカした事を小ラッパに相談、落ち込む王子を小ラッパが慰めてたけど...

王子の手をポンポンして



王子の肩をポンポンして



王子に手を伸ばして、その手を王子が掴んで...え?小ラッパの手にチュ~しちゃうの?



ってドキドキしてたら...小ラッパの服の匂いを嗅いで 「クサい」 って(笑)

も~ちょっと期待しちゃったじゃん (← なにを?)

小ラッパ...洗濯女だった小慈がいなくなって寂しいんだ...

今度は王子が小ラッパの頭をポンポン...っていうかバシバシ叩いて 「早く忘れちまえ」 って



いいな~男の友情って...なんならチュ~くらいしてもいいわよ~(笑)


再び街に戻って来た小慈は、崩牙婆に死体になってもらって(笑)

売身葬母の可哀想な娘を演じて、小ラッパをおびき寄せる計画らしい

この 「売身葬母」(自分を売って母の葬式代を出してもらう)ってヤツ...

古装劇では時々出て来るけど、この時代にもあったのか...

そして、小ラッパと再会する小慈



今まで散々騙された小ラッパは、また小慈が何か企んでると疑い

疑われた小慈は、崩牙婆を墓に埋め!空気を吸うための竹筒を地面に刺していたけど...

まるで 《 雪山飛狐 》 の最終回みたいだな~ と、田さま妄想に突入するワタシ(笑)

そして、どうもこの集は小ラッパと小慈のお話みたいだな...と、またタイムゲージを遡ってみたら

今後王子が全く出て来ない事が判明したので、ここからはサラ~ッとストーリーだけ追います

小ラッパに買われた小慈が 「これで私はあなたのモノ」 って言ったので動揺する小ラッパ(笑)

墓に埋められてた崩牙婆は、空気棒を引っこ抜かれ(笑)苦しくて墓からゾンビのように脱走

崩牙婆を死体に仕立てて小ラッパを騙した事がバレた小慈は

「お母さん!生き返ったのね~」 みたいな、かなりムリがある小芝居を...



しかし...崩牙婆って、名前どおりのスゲ~インパクトのあるお顔だワ(笑)

そして、小ラッパのお母さんの店で働く事になった小慈...これで大好きな小ラッパと一緒にいられるね

一方の阿花こと小莉は、戻ってからずっと部屋で本を読んでるらしい...

王子に言われた通り勉強を始めた小莉に、古彪は 「海賊に勉強は必要ない」 と言い



言い争いになった古彪は小莉を引っぱたいてしまう...

そんな時、小ラッパにお見合い話が持ち上がり、やって来たのは超重量級のオナゴ(笑)



それでもヤキモチを焼いた小慈に 「頭を冷やしてあげる」 と水をぶっ掛けられる小ラッパ



小ラッパもワザと小慈にヤキモチを焼かせるような事ばっかり言うし...

あ~じれったい...お互い好きなんでしょ?

アホな事ばっかりやってないで、とっととくっ付いておしまいなさ~い(笑)


今回が小ラッパのラブラブ話だったから、次回は王子の恋愛話なんじゃないかとビクビクしてます...

今回出番が少なかったから、もっとカッコいい王子が観たいけど...でも恋愛話は観たくない...

あ~メンドクサイわ~ 自分~
コメント

律己

2016年11月22日 | Weblog


今朝早く東北地方で大きな地震があったのを全く知らずに

目覚ましが鳴るまでぐっすりと寝ていました(滝汗) (ちなみにこちらは震度1か2でした)


昨夜寝たのが遅くて、しかも夜中古DVDを漁ってる時に「ソウ(SAW)」シリーズを見付けたHIROが

グロくて気持ち悪い内容を事細かに話した事が頭に残っていて...

「外で麻酔もナシに電ノコで腕を斬り落とす」 みたいな夢でうなされて4時くらいに起きて(笑)

それから少し怖くて眠れなかったので、朝6時くらいが一番眠りが深かったんだと思われます


夜1時から朝7時まではスマホを 「おやすみモード」 にしてあって、ニュース等が入っても鳴らないので

朝起きてスマホを見たら 「津波警報発令中」 とか 「今すぐ高台に避難してください」 とか

ゾロゾロと恐ろしいメールが10何通も入っていてイッキに目が覚めました

(ま...この辺りに警報が出たら同報無線が鳴るのでさすがに起きると思いますが...)


でも、最近少し気持ちが油断してたところだったので、これがいい戒めになりました

姫さまのごはん(定期便で届く)が足りなくなって、非常用から拝借したりしてたけど

それじゃ非常用の意味がないから、さっそく予備のごはんを注文したり

非常用のお水や食料の賞味期限をチェックしたりしています (← 泥縄方式(笑))


巷の噂じゃ明日11月23日に大きな地震が来るそうな...(そして今日のが前震だそうな)

頭から信じてる人、根拠を上げてデマだと言う人、色々ですが...

あまり気分のいい噂じゃないですし、海抜5m地帯に住んでる身としては、噂であっても怖いですが...

明日はどうか分からないけど、いつどこで大きな地震が起きてもおかしくない事は確かなので

必要以上に怖がらずに、備えだけはしておこうと思います

ま...高さ120mの津波が来たらどこへ逃げたって死にますしね(笑)

コメント (2)

虚脱中

2016年11月21日 | Weblog


タムさまは新電影の方が一段落ついて、またちょっと更新が途絶えちゃってるし...

タムさま以外では、唯一と言っていいくらいの数少ない楽しみだったモータースポーツも

最終戦を終えてシーズンオフになっちゃったし...

なんだかいろいろと虚脱感で元気が出ません...

そんなこんなで食欲がなくて、ちゃんと食べてないせいなのか?顔に湿疹まで出来ちゃって...

ただでさえ引き籠りなのに、この顔じゃますます外に出られなくて...

外に出られないから、ますます気分転換が出来なくて...さらに落ち込むとゆ~ 

キャ~負のスパイラル~ 誰か助けて~


さて今月は...「寒くなる前に外回りを片づけちゃおう月間」 ですが...

最初に剪定をした時、体調もよかったので調子に乗ってイッキにやり過ぎて(汗)

3日くらい筋肉痛で重い物が持てなくなって不自由したので...

次からは少しづつに分けてやってます (← 一応学習した(笑))

毎日落ち葉の掃除が大変だったノウゼンカズラは、ほぼ葉っぱを落とし終えました

before


after


でも...チビの私には一番高いところがどうやっても届かなくて、ここだけ残っちゃってます...



あぁ...背が高くて眉目秀麗で、ぽってり唇がチャームポイントの歌の上手い神様が手伝ってくれたらな~



(※ 神さまイメージ@美麗的画像加工済み(笑))

な~んて、妄想でもしなきゃやってらんないワ~

今日も落ち込み解消の意味も込めて、雨が降ってくるまではガンバリマス
コメント