花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

ターミネーター・ニュー・フェイト

2019年11月21日 | 映画


《 ターミネーター・ニュー・フェイト 》



~あらすじ~

未来から来たターミネーターT800の自己犠牲によって、生き残る事が出来たジョン・コナー
人類滅亡の「審判の日」は回避されたはずだったが
実は再びT800が送りこまれてジョンは命を落としていた...
それから22年後の現在、メキシコシティーの自動車工場で働く21歳のダニーは
弟のディエゴと共に、ターミネーターREV-9に襲われる
彼らを守ったのは、同じく未来から送り込まれた強化型兵士のグレースだった
かろうじて工場から車で脱出するダニー、ディエゴ、グレース...
執拗に追いかけてくるREV-9はハイウェイで彼らを攻撃しディエゴは命を落としてしまう...
その激闘の現場に現れたのはサラ・コナーだった...
息子のジョンを失って以来、ターミネーターを宿敵として人生を送ってきた彼女は
REV-9の猛攻を防ぎ「i'll Be Back」と言ってその場を去って行った...(パンフレットより)

MOVIXデイ(誰でも¥1200)の昨日観に行ってきました

ターミネーターは全作品観てるけど、面白かったのはやっぱり1と2なので

2の正式な続編って言われたら、そりゃ~観たくなるってもんでしょ? (実際バリバリ続編でした

で...ひと言で言うと、最っ高に面白かった~

なんか久しぶりに映画を観てワクワクドキドキしました (以下、問題ない程度にネタバレしてます)

使い古された表現で言うと 『 血沸き肉躍る 』 って感じとでも言いましょうか?

ターミネーターの 「ダダッダッダダン」 は、スターウォーズのオープニングの 「ジャーン」 と同じ

一瞬で気持ちが高揚する効果があります

なんと言っても、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンがカッコよかった~




でも、初登場シーンで懐かしいより先に 「シワッシワだな」 って思っちゃうくらいシワシワで...

来日してインタビューを受けてる時はそんな風に見えなかったから...あれは役作り(メイク)なんでしょうか?

そしてもう1人、未来からダニーを護るために来た強化型兵士のグレースがこれまたカッコよくて 



背が高くてボーイッシュで強くて サラ・コナーと共に、とにかく男前のオナゴ2人が最高でした

敵は今までのターミネーター史上一番クソ強くて、バラバラにしても全然死なない(?)ヤツだったけど



敵が強ければ強いほど、戦いの過酷さが増してより面白くなるので

クライマックスが何回も来る感じで、中弛みすること無く2時間があっという間でした

あ、シュワちゃんの事を書いてなかったワ...

シュワちゃん@T-800は、人間の感情も芽生えて穏やかに暮らしてたけど、機械なのに年取るんだね



あのままカールおじさんとして平和に暮らしてて欲しかったな...

私は目が悪くて字幕を読むのが辛いので、ちゃんとした声優さんの時は吹き替え版を観るんだけど

サラ・コナーが 「i'll Be back」 って言うシーンが 「すぐに戻る」 って吹き替えられちゃったので

今回は頑張って字幕版を観ればよかったな~ とちょっぴり後悔...

これから観に行く人は、サラ・コナーの 「i'll Be back」 が聞ける(笑)字幕版をおススメします

そして、サラが言う 「運命なんて無い...あなたの未来は自分で切り開くもの」 のセリフでは

今この時も、自由と未来のために闘ってる香港の若者を思い出してボロ泣きしちゃいました


やっぱり私は、観終わったけど結局何が言いたかったのかさっぱり解らない...みたいな小難しい映画よりも

敵味方がハッキリしていて、何かを護るために命懸けで戦う...みたいなこういう映画が好きです


PS...前にも言ったけど、予告編を見て観たくなったのは

《 スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け 》 冬休みは混みそうだな...観に行くのは来年かな...

《 フォード VS フェラーリ 》 これはレース好きにはたまらないモノがあるので観に行きたいんだけど

Coming Soon になってて12月までの上映スケジュールに無いから来年早々くらいかな?

そして 《 ムーラン 》 の予告編もやってたので、どうやら春頃近くのシネコンで観られそう

という訳で、この 《 ターミネーター・ニュー・フェイト 》 が今年の劇場収めになりそうです



コメント

犯罪現場 牛肉佬幕後花絮

2019年11月20日 | 譚耀文


《 犯罪現場 》 も、もうすぐ公開から1ヶ月...

最近は新しい話題も出なくなり、公式さまの顔本も更新されなくなっていたので

もう上映も終わっちゃったのかな?...と思ってたら...

ここへ来て導演さまの微博に、タムさま@牛肉佬ちゃんの記事が載っていました

(導演さまやキョンキョンは謝票に出たけど、お休み中のタムさまはとうとう一度も出ないままでした(泣))

これは雑誌なのか?パンフレットなのか?分からないけど

タムさま@牛肉佬ちゃんのプロフィールが載ってます



前に出た角色別海報と微妙にアングルが違います



プロフィールを超意訳で簡単に紹介すると...

「市場で肉を売っている、性格は粗暴、極度のプレッシャーを受けている

青年時には黒社会で刀を使い、若い頃から血飛沫にまみれていた

しかし彼は親孝行な息子でもあり、大病した母親の回復を祈り

母親が奇跡的回復をした後は悟って、人を斬っていた刀を牛肉刀に持ち替えて肉を売っている
  
母の誕生日にネックレスを買いに行った宝石店で強盗騒動に巻き込まれ母を亡くす...」

え?...“性格粗暴的蠻牛”(性格が粗暴な暴れ牛)...こんなに可愛らしいのに~?



黒社会で刀で人を斬りまくってたの?...こんなに可愛らしいのに~?(しつこい)



これは前に出た “その他の人々版” 海報の導演さま入りバージョンです

タムさまなんだか可愛い顔してる~ 腕の筋肉がたまりませ~ん



これは導演さまの演技指導中でしょうか?



《 犯罪現場 》...概ね評価も上々で興収も良かったみたいだけど、もう少しで上映も終わりかな?

寂しいけど、こっちとしては早く上映が終わってDVDを出してくれないと観られない訳で...複雑~

私が牛肉佬ちゃんを観られるのは来年早々くらいかな?

最近は辛く哀しいニュースばかりでやりきれない毎日だけど...それを楽しみに頑張って生きて行こう



コメント

廣府太極傳奇 其之二十三(前編)

2019年11月19日 | 譚耀文


《 廣府太極傳奇 》 第23集(前編)


念願だった厳家の拳館をオープンさせてニコニコの頑爺を優しく見守る王子



そこに玉英が来て王子を誘い出し 「私たちの結婚の条件の事、なんで言わなかったの?」 と王子を責め



王子は 「君の性格上、今は知らせずに結婚してからゆっくり父を説得するつもりだった」 と...

あら この王子なんかあどけない顔~



その頃、お祝いムードの頑爺の拳館に通應のクソヤロ~が突然殴りこんで来て

厳家の爺やが 「厳家の拳館開業のめでたい日になんて乱暴な!お帰りいただこう」 と言うと

「私は民団の団長だ!小物はすっこんでろ!」 と爺やをブッ飛ばし、爺やは1発であっけなく死んでしまう...



王子の事をいつも気に掛けてくれた、いい爺やだったのに...合掌

爺やを殺されて激怒した頑爺が、通應のヤロ~に詰め寄って抗議すると、通應のヤロ~は

「口で争っても仕方ない、ここは太極拳で勝負だ!それとも私が怖いのか?」 と煽り



頑爺は周りが止めるのも聞かず、お互い戦いで死んでも責任は問わないとの書面にサイン

そして、頑爺ともみあげクソタヌキ通應の一騎討ちに...

戦いは激しくて速いので撮れなかったけど、後ろ姿の頑爺...明らかに別人だな...

頑爺は通應に必殺技の点穴大法をお見舞い



でも通應は 「たしかにおまえの点穴大法は凄い、だが私はそれを打ち破る閉穴大法を習得した!」 と

頑爺を閉穴大法で突き、何度も蹴り上げて激しく攻撃し、頑爺は血を吐いて倒れてしまう...



そこへ戻って来た王子は、倒れてる頑爺を見て驚き、通應の仕業だと聞いて飛び出して行こうとしたけど



「落ち着け!今は父を救うのが先だ!」 と止められ、我に返った王子は急いで頑爺の元へ...

でも、もう手遅れな感じの頑爺は、泣きながら励ます王子に



「戦いの前に生死は問わないとの書面にサインした...くれぐれも復讐は考えるな...

オマエはひとり息子だ...私が死んだら厳家の拳館を守ってくれ」 と言い

玉英を呼ぶと 「死ぬ前に答えてくれ...我が厳家太極拳はまだ立ち上げたばかりだ...

女拳館は閉めて、どうか息子と力を合わせて厳家のために誠心誠意尽くして欲しい」 と最後の願いを...



でも、玉英が返事を出来ずに戸惑ってるうちに、頑爺は息を引き取ってしまう...

あぁ...頑爺まで死んじゃった... もう厳家は王子1人だけになっちゃったんだね...(涙)

王子が 「どうしてウソでもいいから父の最期の願いに答えてくれなかったんだ!」 と責めると



玉英は 「ごめんなさい...どうしても伯父さまを騙す事が出来なかったの...」 と...



でも悲しみでいっぱいの王子は 「言い訳は聞きたくない!出て行ってくれ!」 と玉英を追い出してしまう...


いよいよクライマックスに差し掛かって来て、や~っと面白くなってきました (遅い...)

今まで退屈な展開だったから(画質は悪いし、翻訳は大変だし)観るのが辛かったんだよぉぉ~

1集の前半だけで2人も主要人物が死んでしまい、通應は権力を得て悪辣さを隠さなくなり

王子は頑爺の死で玉英と仲違い...正義感が強い王子が復讐を考えない訳が無いし...

今後、王子は通應を殺すために危険な点穴大法の修行にのめり込むんじゃないか...と予想します

(先を読むんじゃな~い



コメント

譚哥版倩女幽魂

2019年11月18日 | 譚耀文



レスリー大好きなタムさまが、レスリーが演じた寧采臣(ニン・ツォイサン)に敬意を表して

コスプレして 《 倩女幽魂 》 (チャイニーズ・ゴースト・ストーリー)を唄ってる動画を見つけました

どんな番組かは分からないけど、出演者はみんな何かのコスプレをしてるみたいで...

最初に一瞬、この ↓ 謎のカワエエタムさまが映ったので、あの時のコスはこの番組だった模様です



とりあえず、趣味なので(笑)キャプチャ画像を貼っておきます

書生の格好で、例の日除け付き便利背負子(?)を背負って唄うタムさま...可愛い~



今目が合った~ (...合ってない合ってない...)




引きで見るとこんな感じ



やっぱり少し高めのタムさまの声好きだな~




この表情は、春華を見る汪直さまのような優しい眼差し



キャ~ 目を閉じるの反則~ (目を閉じたタムさまを見てるとイケナイ妄想をしちゃう病 (笑))



動画はこちらからどうぞ...譚哥版倩女幽魂 短めだからぜひ見て見て~

って...微博動画なので、ちゃんとリンクで飛べればいいんだけど...大丈夫かな?

(※PCからは飛べる事を確認済みです)



コメント (2)

秋的慣例活動

2019年11月17日 | Weblog



毎年この時期恒例となっている 『 ヤマメ釣り堀&紅葉狩りツアー 』 @オクシズに行ってきました


余談ですが...HIROが家を追い出されて来て、我が家に3ヶ月半居候してた事件(?)以来

HIRO嫁とは一度も会ってなくて(連絡もなくて)...毎年一緒に行ってるから今回も誘ったんだけど

HIROによると 「講演会に行くから行けない」 との事で来ませんでした

騒動時にHIROを追い出して放ったらかしにしてた事が気まずくて顔を合わせたくないのか...

それとも、もうHIROの事がどうでもよくなったからHIROの親の私もどうでもよくなったのか?

それは知らないけど...

色々お騒がせしてすみませんの一言も無く、会ったら今まで通り接しようと思ってたのに避けてる風で

なんだか気分が悪くてバカらしくなったので、HIROとお義母さんと姫の3人と1匹で楽しみました

自分の機嫌が取れない人に気を使わなくてよかったからとっても楽でした  (あ、言っちゃった(笑))


毎年行ってみるまでは開いてるか分からないので、ちょっとドキドキだけど、今年もおばちゃんは元気でした

昨日はいいお天気で、そんなに寒くもなく絶好の釣り堀&紅葉狩り日和

魚もとっても肥えていて、適当にお腹を空かせてる感じで、よく引くけどうまくエサだけ取られるという

釣りをしていて一番いい感じで釣りが楽しめました (すぐ釣れちゃうのが一番ツマンナイ)





ここに来ると、空気がキレイで、静かで、本当にホッとします

私には実家が無いから、なんだか田舎のおばあちゃんの家に来たみたいでくつろぎまくり

釣ったヤマメの他に、下の店で買ったシイタケや里芋も焼いてもらったりわがまま放題(笑)




姫も、塩を付けずに焼いてもらったヤマメを1匹まるまる食べました

(お魚をほぐしてもらってる間いい子にお座り中(笑)期待でお目目がキラッキラ~



去年はダメだったけど今年は紅葉もドンピシャで、緑から黄色...赤へのグラデーションがとっても綺麗でした

たぶん来週だとだいぶ散っちゃってるんだろうな...紅葉の綺麗な時期って結構シビアです








そして、帰りに姫を走らせてあげようと、去年見つけた広場に行ってみたら

案の定だ~れもいなかったので、我が家の暴走お嬢さんを解き放ちました(笑)





顔が楽しそうで 「ヒャッホ~イ」 という心の声が聞こえる...気がする...(笑)


昨日は言いたい事が溜まってたのと、楽しかったのとで喋りまくりで起きたら喉が痛~い

普段は0(ひとり言か姫に話すだけ)→ 全開100だから声帯がビックリしてるのかも...

今日は加湿器&のど飴で喉の養生に務めます(泣)


コメント

ライフ

2019年11月16日 | 映画


《 ライフ 》



~あらすじ~

世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し
火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに
まさに神秘としか言いようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが
細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる
やがて地球外生命体に翻弄され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め
ついには命を落とす者も...助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは...



へ~ハリウッド映画にまた真田さん出てるんだ...というノリであまり期待せずに借りてみたら

これが、期待を裏切る面白さでした チラ見したレビューは賛否両論だったけど

私は脳細胞が単純に出来てるので 《 アド・アストラ 》 みたいな内面心理に迫った宇宙モノより

こういう敵がハッキリした分かりやすいパニックモノの方が好きです

全然知らなかったけど、こっちの劇場でもやってたのかな?出来れば劇場で観たかった...

全体的に、宇宙ステーション内も人物もリアルに描いてある感じで安っぽさは無し



火星で採取された地球外生命体も、怖さを狙った恐ろしい感じじゃないのが逆にリアルで

なんでそんな得体の知れないモノを育てちゃうかな~ って思いながら観てました



当然、私は真田さん中心に観ちゃいましたが、いつもの滲み出るオーラはどこへやら...

声も抑えめで、冷静な乗組員の一人をさりげなく演じている感じで、それが却って新鮮でした




若い頃のアクションバリバリな真田さんが好きで、彼が出演してる映画はもれなく観に行ってたけど

歳を重ねた真田さんも渋くてステキ (あ、タムさま~浮気じゃないですから~

(全く中華資本が入ってなくて日本人が出てるという映画を久しぶりに観て、ちょっとうれしかったりもしました)



ネタバレになるから言えないけど、ラストはかなり衝撃的でした

続編は作らないのかな?...怖いけどちょっと観てみたい...けどトラウマになる...かな?



コメント

廣府太極傳奇 其之二十二(後編)

2019年11月15日 | 譚耀文



《 廣府太極傳奇 》 第22集(後編)


王子たちが帰った後、突然黒ずくめのクセ者に襲われたお父ちゃん

戦い方で東桜だと分かったみたいだけど、そういえば前にお父ちゃんの娘とか何とか言ってたな...

このオナゴ...いつも怒っててお父ちゃんに敵意剥き出しだし、なにより顔が苦手なので(對不起~

ここら辺はサラ~ッと流すことにします

東桜はお父ちゃんに仲直りの敬酒を注ぐと見せかけて毒を飲ませ

「解毒薬が欲しければ楊家太極拳の奥義を教えろ!」 と脅迫



仕方なく東桜に奥義を教えていると、毒が回って血を吐いて倒れるお父ちゃん



そこに、見かねて止めに入った東桜の母親が 「あなたの父親の事を教えてあげる!

あなたの父親は楊天成じゃない!盗賊よ!私は奴らに凌辱されてあなたが生まれたの」 と泣きながら告白



勝手に楊天成を父親だと思い込み、母と私を捨てたと逆恨みしてたけど

真相が分かった東桜は土下座をしてお父ちゃんに平謝り、そしてお父ちゃんは東桜を養女にする事に...

(とりあえずめでたしめでたしになったけど...このエピソードって要らなくない?)


一方厳家では、頑爺が王子に 「我々の点穴大法は既に完成した!今こそ派を立ち上げる時だ!」

って話してたけど、王子は 「まだ一代宗師を名乗るには時期尚早だと思う...」 と、あくまでも謙虚



でも頑爺は 「我々の点穴大法は独創的で天下無敵だ!」 と自信満々で全く聞く耳を持たず...

そして、王子に点穴大法の奥義を見せる頑爺...(ジジイが無茶してまた倒れなきゃいいけど...)



それを真剣な顔で見つめる王子 カッコいい~ やっぱ功夫服似合うな~



その頃通應のクソタヌキも、棍棒を持った手下たちに相手をさせて太極拳の猛特訓中



全員をやっつけた所に部下が来て 「明日厳家が拳館をオープンさせるようです」 と報告

どうやらこの、もみあげクソタヌキ通應が特訓していたのは 「閉穴大法」 という技らしく

その技で頑爺の拳館に殴りこむつもりらしい...

そして翌日、念願の厳家拳館をオープンさせた頑爺...




珍しい...あのいつも苦虫を噛み潰したような顔しかしない頑爺が笑ってるよ(笑)


(廣府太極傳奇...残りあと3集です 頑張れワタシ (笑))




コメント

WALL DECORATION その後

2019年11月14日 | Weblog



先日ウォールデコシールを貼った壁に掛ける時計が到着しました~

最初は、シンプルで数字も書いてないような木で出来たヤツを探していたんだけど

オシャレな北欧風の時計はけっこうお高くて...

そのうち、中華風の時計ばかり見つけては萌えって(笑)こちらに載せたりしていましたが...

ようやく私の貼ったデコシールに、あまりにもピッタリすぎる時計を見つけました

見た瞬間天意だと思いました(笑) もう...これは私のためにあると言っても過言じゃな~い って(笑)

で、即 注文したらすぐ届きました (しかもメール便で(笑))

その天意の時計はコレです (※ 黒に見えますがダークブラウンです)



なんと、この前壁に貼ったデコシールと同じ、鳥と葉っぱのデコシール時計なんです



鳥は好きな所に貼れるので、こんな感じにしてみました 可愛い~

しかもとってもお安いんです(笑) (そりゃそうだ、ムーブメント以外はシールだから)

斜めから見るとこんな感じ...ムーブメント部分が少し出てます



電波時計じゃないけど、カチコチ音がしないので寝室にピッタリだし

最初から時計まで全部セットだったんじゃないか?ってくらいの統一感でお気に入りです



今、時計を見るたびニヤニヤしてます (笑)

あ、チェストの上の写真はデート帰りの汪直さまになってます



さて、12月に入ると大掃除と年賀状でカレンダーを作る体力が無くなるから...

次は来年のタムさまカレンダーでも作ろうかな?楽しい作業でもしないと寂しくてやってられません



コメント

廣府太極傳奇 其之二十二(中編)

2019年11月13日 | 譚耀文


《 廣府太極傳奇 》 第22集(中編)


条件付きだけど、頑爺が玉英との結婚を認めてくれたのでウキウキな王子がさっそく楊家に行ったら

玉嵐たちに 「何かいい事あったの?」 って言われちゃうくらい喜びが顔に出ちゃってるんだな(笑)

そこに玉英が来たので 「玉英!ついに父が結婚を許してくれたよ!」 とうれしそうに報告




みんなに恭喜恭喜~ って言われて、王子も玉英もうれしそう

でも、王子に恋してる玉嵐だけはひとり浮かない顔...

そして2人はデートに出掛けてイチャイチャしてると

急に真剣な顔になった王子が 「嫁給我吧」 とプロポーズ  



キャ~ またタムさまの 「嫁給我吧」 聞いちゃった~

それを聞いた玉英は 「OKしてもいいけど条件があるわ...タバコはダメよ!...お酒もね!

それから妓楼もダメよ!あとは...家に帰ったら、食事の支度と、掃除と洗濯も手伝ってね」 って...

なんて贅沢なオナゴだ

こんなにカッコよくて、優しくて、逞しくて、頼りになるステキな人が一緒にいてくれるだけで最高なのに

王子にそんな事までさせるつもりかよ

(あ...つい取り乱してしまったワ...

そして王子は照れたように笑った後で、玉英にチュ~  



(微妙に唇が触れてないように見える(笑))



そしてハグ~ (このドラマでハグ何度目だ? あ ) (←(笑))



その夜、王子と頑爺は婚礼の品を持って楊家へ...(仕事早っ



おめでたい席なのに、ついつい嫌味な口をきいてしまう頑爺にハラハラしながら

なんとか挨拶を終えたけど...王子...肝心な話(玉英の女拳館を閉める事)してないよね...




コメント

修剪花園的樹木

2019年11月12日 | Weblog



今月は 『 大掃除の前に要らない物を捨ててしまおう月間 』 であると共に

『 寒くなる前に庭木を剪定してしまおう月間 』 でもあるので

この前から少しづつ庭木の剪定を始めています

まずはシマトネリコから...

最初は1mも無かったのに、今や2階の窓の高さまで大きくなったシマトネリコは

強剪定しないとどこまでも伸びてしまうので、毎年結構バッサリやってます

剪定前は葉っぱで隣の家が見えなかったけど...

before


剪定後はスッキリ見通しが良くなりました

after


before


after


ここまでで3日掛かり 続いてやっと少し黄葉し始めたノウゼンカズラを剪定...




黄葉してしまうとドンドン葉が落ちて、掃いても掃いてもキリが無くて掃除が大変なので

まだ緑のうちに全部葉っぱを落とす事にしてますが...

とは言っても、連日高枝切りバサミで硬い枝を切ってるので腕は筋肉痛でパンパンだし

刃の部分で指を切っちゃったし...気が付いたら力任せにレバーを握る指は内出血してるし...



とてもいっぺんには無理なので、ここを3つに分けて少しづつ剪定していきます

上の方はベランダから高枝切りバサミを最大に伸ばしてやるので、もれなく趙雲さまゴッコも出来ます(笑)

落とした葉っぱの量もすごくて、3分の1やっただけで45ℓゴミ袋で3袋



昨日は少しやったところで雨が降って来てあまり進まなかったので



今日で全部終わらせる予定です...でも腕と指が痛くて...今日中に終わるかなぁ...

いや まだキンモクセイと鉢植えたちの植え替えがあるから、終わらせねば

このままでは全然やる気が出ないので、神さま~何かタムさま関係のご褒美くださ~い...


コメント