花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

大祓式

2011年06月30日 | Weblog
夕べは夜になっても30℃以上あるし...湿度も高くてムシムシ

「冷え冷えジェルマット」に「アイスノン枕」プラス「冷風扇」というフル装備で寝ましたが

寝苦しくてなかなか寝付けず...寝返りばかりうって、夜中に何度も何度も起きてしまい...

眠りも浅かったのか...そのうちに新聞配達のバイクの音が聞こえ...猫のケンカする声が聞こえ...

隣の畑から作業する音がし始め...向かいの子供が起きて騒ぎ出し...

と...ほとんど眠れないうちに朝になってしまいました 

(※ 去年隣りの地面を掘り返してた騒音ジ○イは、空き地に畑を作って何かを育て始めました

畑の土なので音がしなくていいんですが...今朝は「カ~ッペッ 」とやる音で目が覚めました ...やめてよ

寝不足で頭が痛いし...もう...朝からフラフラです...



さて...今日は「御穂神社」の半年に1度の「大袚式(おおはらいしき)」です

組長なので...フラフラしながら 皆さまから預かった「形代」を神社に納めに行って参りました

「形代」とは...人型をした紙に名前と年齢を書き、身体をなでて3回息を吹きかけて...



これに少々の“気持ち”を付けて神社に収め、お祓いをしてもらう事により、

その人の身代わりに、罪や穢れを背負って行ってくれるというありがたいモノなのです

今日は「大袚式」なので、鳥居の先に茅の輪がありました



これをくぐって行くと右手の社に「神馬」がいます




浅間神社の火災でここへ逃げてきた2頭のうち、赤馬は浅間神社に戻り...白馬だけが残ったと言われています

有名な左甚五郎の作だそうですが...私は秘かに「白龍」と呼んでおります (やっぱりね...(笑))


そのすぐ先に本殿があります

ここの主祭神は「因幡の白兔」で有名な大国主命(おおくにぬしのみこと)と三保津姫命(みほつひめのみこと)です



大国主命は須佐之男之命(すさのおのみこと)の御子で、大変な色男だったそうで...

英雄色を好むの言葉通り、全国に大勢の妻(女神)がいるそうです

三保津姫命は大国主命の大勢いる妻のうちの1人です

(ですが...三保津姫命は大勢いる妻の中でも位の高い大后(おおきさき)だとか...)

天照大神(あまてらすおおみかみ)が、日本を貰ったお礼に

高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の中で一番の美人と言われる三穂津姫命を大后に定め

そこで大国主命は三穂津彦命と改名して、羽車に乗ってこの地に新婚旅行に来たという神話があります

(さすが神様 スケールが違います(笑)そして...なんだかロマンティック

色男(?)という点と...妻がたくさんいた点で、フー様@朱元璋陛下を思い浮かべたワタシ...

そうすると...三保津姫命は「馬皇后」でしょうか?


ちなみに...この神社は 縁結び・産業・旅・交通・健康・芸術文化にご利益があるそうですが...

ここの縁結びのお守りをどこかにやってしまったワタシには御利益はありませんでした...


でも...朝から汗だくで祈願して参りましたので...どうか今後とも良しなに~~ (← 必死(笑) )
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

「帝座の星」終了

2011年06月29日 | 三国志
《 北方三国志 》 第10巻を(ようやく)読み終えました...

関羽アニキが死んで...次は張飛の番なのはよ~く分かって読んでいましたが...

なんだか思いがけない死に方で、ちょっとビックリしています



そう来たか~北方先生~ って感じ(笑) ( ↑ この張飛とはちょっとイメージが違います

(ま...「寝首を掻かれる」という“武将にあるまじき”お間抜けな殺され方よりはマシかな?)

って言うか...北方先生って“手の者”によって暗殺する場面の描写に必ずオナゴを絡めてくるんですよね~

曹操(未遂)も、孫策も...ただ殺されるよりは萌え要素を散りばめてあって、よりリアリティーを感じられますが...

だからって...趙雲様の最期には絡めなくていいですからね (...って、今さら言っても遅いけど...

(10巻も婚姻の話以外に趙雲様の出番はありませんでした... やっぱり趙雲キライなのかな?)


董香(妻)を孫権の手の者に暗殺されて、だんだん酒に溺れていく張飛...ってのはよくわかる...

張飛と董香は本当に仲がいい夫婦だったから...

でも...

「董香の陰毛の束。 戦場での守りになるように、董香が自身で抜いて作ったものだ。張飛はそれを首にかけた。」

ってくだりはどうなんでしょう?

北方先生あんたスゲ~よ って思いましたよ(笑)

(フツーはそんなモノお守りにしようなんて考えもつかないし...首にかけてる張飛も張飛だし...)

しかもですね...「董香は大柄で腕の立つオナゴだ」と書いてあったから...

私は頭の中で無意識に「しずちゃん」をイメージしてしまっていたので...

それはもう...恐ろしい想像をしてしまったじゃないか~

はっ...早く 《 レッドクリフ 》 のカッコいい フー様@趙雲様を観て脳の洗浄をしなくっちゃ (笑)

架空の人物(汗)の快進撃で 《 北方三国志 》 第10巻「帝座の星」は終了しましたが...まだ残りが3巻あります...

果たして今年中には読み終わるでしょうか?



...おまけ...

ああぁっ... 胡さま がぁ~ぶった切られてるぅ~(笑)



夕べさっそくビールのお供としていただきました (笑)

手前味噌ですが...市販の胡瓜よりしっかり味がある感じで...とっても美味しゅうございました

次に美味しい胡瓜が食べられるのはいつでしょうか?



成長が待ち遠しい...胡さまJr2号と3号です
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

収穫♪

2011年06月28日 | お花たち
今日も朝から クソ暑い っス...

朝ひと働きしただけで...もう汗びっしょりでグタグタです...

(この辺りではもうずっと雨らしい雨が降らず...「もう梅雨明けたよね~?」が知り合いに会った時のあいさつとなっています)

連日の35℃超えの猛暑で、レディー女帝陛下もついに限界のようで...

「ハァハァハァ 」 がとうとう 「ゼーヒーゼーヒー」 とロバの鳴き声みたいになってしまったので

エアコン無しでは危険と判断 ...昼の暑さのピーク時だけエアコンを入れる事にしました

まだ6月なのに~...先が思いやられます...


さて...昨日はblogに「どれくらいの大きさで収穫したらいいかわからない」と書きましたが...

あれから色々と調べたところ...ミニ胡瓜なので12cm~13cmが収穫時期だとありました

んで...さっそく今朝測ったところ...すでに20cmありましたので

第1号 胡さまJr ...本日めでたく 収穫 となりました~



お皿に乗せられても、なにやら 神々しさ さえ感じる 胡さまJr (花つき)(笑)


わが家の 「胡さま」 ...5月26日に苗を植えて以来...



蔓が出て...



毎日グングン伸びて...

途中うどんこ病になったりしたけど...



それでも可愛い花が咲いて...



雌花には胡瓜の赤ちゃんが出来て...



毎日2cmくらいづつ大きくなって行って...



この辺からは毎日3cm以上成長して行って...


たった1ヶ月でこんなにも育ってくれたんだと思うと...あぁ...とっても愛おしい

毎日すくすく育って行くのを見守ってきたので...なんだかわが子のようで食べられな~い







でもせっかくなんで食べますけど (爆)



冷たく冷やしたら、まずは何も付けないで胡瓜そのものの味を堪能してから...

地元静岡で作られてる「わさびマヨネーズ」を付けていただきま~す (← 昼間っから (笑))
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

《 双雄~英雄捜査線 ヒロイックデュオ 》

2011年06月27日 | 映画
昨日「中華電影強化月間~延長戦~」の最後の1枚として

《 双雄~(英雄捜査線 ヒロイック・デュオ) 》 を観ました



これ...今まで観た香港電影とはちょっと違った切り口のお話でして...

なかなか面白かったので、張りきって感想を書きたいんですけど...

ちょっと...「えっ?そうだったの?」的などんでん返しや、知らないで観た方が面白いところがあって...

おバカな私にはネタバレしないようにうまく感想が書けませ~ん 

(なので...ネタバレしない簡単なあらすじはこちら...

ある日、一人の刑事が署内の資料保管庫から資料を盗み出し放火に及んだ後、取り調べ中に自殺する事件が起きた

その刑事は死ぬ直前、催眠術にかけられていたことをほのめかしていた

捜査を担当するリー刑事(鄭伊健(イーキン・チェン))は、その自殺者の言葉からこの事件を巧妙な心理犯罪と確信

心理学の権威で今はある事件のために受刑者となっている警察の元セラピスト、ライ(黎明(レオン・ライ))に捜査協力を依頼する

2人は犯人を追い、共に捜査を開始するが……。


この話...「催眠術」で人を操って犯罪に加担させる...という...「ちょっとそれってどうなの?」的なお話...

でも...黎明のあの冷静な目でジ~ッと見つめられたらありえそう (笑)

っていうか...フー様の目力なら私は簡単に操られますがなにか? (爆)

という事で...ま...仮に催眠術で人を自由に操れるとして...

「ヤツは催眠術を使うから気を付けろ」って言ってんのに...みんなコロッと引っ掛かりすぎです(笑)

(誰でも持っている“心にある傷”を利用して催眠術を掛けるそうな...)

なるほどそういう事だったのか...と思う所もあり...ところどころツッコミも入れつつ(笑)

アクションも適度に散りばめられていて...100分という長さも適当で...なかなか面白く観る事が出来ました~


しかし...呉鎮宇(フランシス・ン)は...やっぱりまたワルの役なのね~(だろうとは思っていたけどさ...)



それも...私が今までに観たどのマフィアよりも血も涙も無い極悪非道なヤツ...

しかもそんな極悪非道な彼ホイ...クライマックスのシーンでは主役の2人に...

「おまえは友達いないんだろ~ 彼女もいないんだろ~ や~いオマエのかあちゃんデ~ベ~ソ」と言葉で虐められます(爆)

(一部大ウソ(爆))

血も涙も無いマフィア、ホイの心の傷がそんな単純な事だったとは... ...と...

ワタクシ...止めどなくあふれ出る涙を禁じ得ませんでした... (またまた大ウソ(爆))

(観た事がある人はわかりますよね(笑))


振り返ってみると...今回の「中華電影強化月間」で観た映画たちって...

黄秋生(アンソニー・ウォン)、呉鎮宇(フランシス・ン)、鄭伊健(イーキン・チェン)さんの出演率が高かったな~

出演者で選んだ訳じゃないので、それだけたくさん映画に出演されてるって事ですよね~

さて...来月からはいよいよ...「中華電視劇強化月間」に突入です (笑)



...今日の 胡さま ...



あれよあれよという間に、もう全長9.5cm...フツーに胡瓜が生ってる感じになってきました

わが家の胡さまは「ピノキオ」という品種のミニ胡瓜で...お店で売ってる胡瓜より実も小さめなので...

どれくらいの大きさで収穫していいのかわかりませ~ん
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

黒室的英雄

2011年06月26日 | 胡軍
《 風語 》 第1集では、最初は軍服...



途中血だらけのシャツ(腕まくり)



のち中山服でしたが...



第2集からはフー様...パリッと着こなしたスーツ姿です



う~ん やっぱりフー様のスーツ姿は ス ・ テ ・ キ

「痴心妄想」(あくなき妄想だ)って連呼されてますけど...それって私の事ですか? (爆)


《 十月圍城 》 で閻孝国様は「报偿朝廷」(朝廷の恩に報いる)と言っていましたが...

《 風語 》 で陆从骏様は「报效国家」(国家の恩に尽力する)と言っています



どちらも反派だけど...自分の信じたものの為に尽くすという心意気みたいなモノは同じなのでしょうか...
(反派でも、殺人犯でも...私はフー様の味方ですからね~~


そして...例のあやしい(中国人演じる)日本人のシーンですが...



どう見ても変な仏壇が出てきました(笑)

畳に直に仏壇が置いてあるし...線香も線香のあげ方もなんだか中国的です

そして...写真入りの位牌(!)の戒名に「スピリット」とカタカナで書いてあるように見えます

なに人だよ...スピリットって...

(コレ...撮影する前に誰か日本人に相談する人はいなかったんでしょうか?)

結構毎回撃ち合いで人が死ぬし...緊迫感のあるシリアスなドラマなんですが...

唯一この “ニセ日本人” のシーンでは突っ込みながら笑わせてもらっています

(えっ?...愛国心のある日本人なら怒らなきゃダメ??)


そうそう...劇中でフー様@陆从骏が、部下の報告を聞きながら麺を食べるシーンがありました

前に何かの番組で「中国人は麺を食べる時に音を立てない」って聞いたんですけど

フー様はいつもズルズルといい音を立てて、日本人的に食べますよね

観ていて思わず...行儀の悪い食べ方(ウ○チングスタイル)でスゴイ量の麺をすする上位を思い出しました

これによって...私の脳内では...「酒=胡軍(笑)」 「団子=趙雲様」 「お焼き=重八」に続いて...

「麺=上位」という図式も出来上がっている事が判明いたしました~

あぁ...書いてたらなんだか無性にラーメンが食べたくなりました (爆)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

《 黒白道~インファナル・ディパーテッド 》

2011年06月25日 | 映画
なんだか...おととい辺りからフー様の着流し姿の妄想が頭から離れないワタシです(爆)


さて...今月分のレンタル残り2枚には 《 最強武将伝 三国演義 》 が2巻入ってたんだけど...

なんとなく観る気になれず... (蜀のイジワル軍師殿が、心理的に大きく関係してると思われます(笑))

ついつい後回しにして...香港電影を2巻入れてしまいました

先ず見たのが 《 黒白道~インファナル・ディパーテッド 》



《 インファナル・アフェア 》 シリーズとは全く関係ないお話ですが...

インファナル(地獄のような)と付くだけあって...やっぱり潜入モノです

(ま...《インファ》つながりで(?)「黄秋生(アンソニー・ウォン)」と「呉鎮宇(フランシス・ン)」が出ていますが...)


《 インファナル・アフェア 》 が、潜入捜査官と潜入マフィアのリアルタイムなお話なら...

《 インファナル・ディパーテッド 》 は潜入捜査官の潜入を終えた後のお話です...


潜入捜査官ホイサン「張家輝(ニック・チョン)」は



マフィアのボス、ダーク(フランシス・ン)を逮捕して8年間の潜入捜査を終え、警察に戻る事になるんだけど...



警察に戻っても、ホイサンはみんなからマフィアの仲間という目で見られ....

相棒となったロン(アンソニー・ウォン)のマフィアに対するヒドイやり方にも納得がいかず...

重要な会議にも出してもらえず...仲間であるはずの警察から跡をつけられる日々...


マフィアのボス、ダーク(フランシス・ン)は...ケガをして片手が不自由になった手下には店を持たせてやったり

子供を気遣ったり...義に篤くて人間味を感じる人...(マフィアだけど...

だから、みんなに慕われていたし、ホイサンもダークの事を好きだったと思えるふしがある...

そのアニキのようなダークを裏切った事の罪悪感を抱えながら、警察官として生きるホイサン...

8年間彼の居場所だった黒社会を懐かしく思って、昔の仲間に近づいても

当然裏切り者扱いされるし...味方だった彼女も離れて行ってしまう...

過去と現在が交錯する物語の中で...だんだん追い詰められて行くホイサンが切ないです...


《 インファナル・アフェア 》でルク様の使っていた潜入ロ・ガイ(ロイ・チョン)は殺されて焼かれちゃったし...
ヤン(トニー・レオン)も警察に戻れないまま死んじゃったし...やっぱり潜入捜査官は悲惨ですね...

今までは、警察に戻りたかったのに...戻れないまま死ぬのは可哀想だと思っていたけど...

たとえ戻っても栄光の日々が待ってる訳じゃないんだな...と気付かされた作品でした...


なんか救いのない作品で...ちょっと気持ちがダークサイドに行っちゃったので

これから 《 風語 》 の続きを観ま~す (...って...黒室で秘密情報を探る 《 風語 》 だって...充分ダークサイドですけど(笑))

いいのっ 心のオアシス...セクシーフー様さえ出ていればっ (← バカ



...今日の胡さま...

胡さまJr1号...昨日は5.5cmだったのに...今日は8cmに成長~



一晩で2.5cmも その成長っぷりがうらやましいっ (笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

《 風語 》

2011年06月24日 | 胡軍
連続35℃超えの「猛暑日」で、すっかりグロッキー気味なワタシとレディー女帝陛下...

2階なんて38℃あるし...死ぬワ... 暑さにやられたのか全然食欲がありませ~ん (ワタシが

そんなクソ暑い中...胡さま はグングン成長してリビングの窓の上まで行ってしまったので...

ネットを2階のベランダまで延長しました



ネットにひもを結んでS字フックを付けて、脚立の上で背伸びしてベランダ下の出っ張りに引っ掛け...

2階へ行ってベランダから身を乗り出して布団叩き棒にフックを引っ掛けて釣り上げ...また下に降りて...を繰り返しながら...

何度も1階と2階を往復していたら、頭がクラ~ッとしてきました (危ない危ない

第1号の 胡さまJr ...トゲトゲも立派になって少しづつキュウリらしくなってきています


只今全長5・5cmです(笑) 果たしてデカくなるのか?このまま枯れちゃうのか?



さて...最近...陸毅(ルー・イー)さんだ...呉鎮宇(フランシス・ン)さんだ...譚耀文(パトリック・タム)さんだと...

やたらと浮気に走っているのは...きっと今の私には萌えが足りないんだ... それもフー様のセクシー萌えが...

なるほど...考えてみたら確かに...

《 大漢風 》 項羽様は、やたらと厚着だし 色っぽいシーンも無いし...

《 金婚風雨情 》 だってフー様@耿直は、人がいい感じで可愛くって微笑ましいけど...セクシー担当では無いし...

と...いう事で...セクシーフー様を求めるあまり...封印していた 《 風語 》 を観てしまいましたっ (大汗)

《 金婚風雨情 》 は出来るだけ細かい内容が知りたい...と...いちいちストップしては意味を調べて...をやって...

1集観るのに2時間も掛かって疲れちゃったので... (まだ5分の1...

《 風語 》 は、もう...“色っぽいフー様を堪能する事”に重点を置いて(笑)

大体の雰囲気だけで流して観て行く事にしました

(だから...内容は勘です(笑)細かい所は間違ってるかもしれません あしからず...)


例の傷だらけのフー様...やっぱり色っぽいです



痛みとタバコの煙で顔をしかめる...こういう滲み出る色気は若僧には出せませんよね~

いきなり連れ去られて、ボコボコにされて(残念ながら(?)ボコボコにされるシーンはありませんが...)

それでも吐かないフー様を連れ出して殺す...って時に「死ぬ前にタバコくれよ」みたいなシーンだったんですね~コレ...

(でも実は、本当に秘密を守れるかを試すお芝居だったと...本当に傷めつけといて「よく口を割らなかった」ってあんた... )



あぁ...手当てして差し上げたい...だから一度シャツを脱ぎましょうね (笑)

「室就仰仗你了」...と拳銃を渡された時のフー様の手です



大きな手ですが...もうこれだけでフー様だと判ります

反日的なドラマなので「要么杀了他 日本人」とか「打倒日本帝国主义」とかのセリフがバンバン出てきて...

日本人のワタシとしては...観ていてちょっとつらい所もありますが...そこは置いといて

(置いとかないと観れないドラマばっかりですよ フー様出演作って

しつこいようですが...“色っぽいフー様を堪能する事”に重点を置いて観る事にしま~す


日本人役も中国の俳優さんが演じてます...日本語はカタコト気味ですが、ちゃんと聴き取れます( 勉強したんだろうな~



でも...後ろの日の丸といい...着物の着方といい...やっぱりなんか変です(笑)

(この先も、きっとツッコミどころがいっぱい出てくるだろうと思われます...)

《 風語 》...まだ1集を観ただけですが...フー様のシリアスな演技がシブくてカッコよくて

(よく言葉も解らないクセに )とっても面白いです 早く続きが観たい~

そして...1集観終わったら セクシー萌え が充電されていました

下手なコラーゲンを飲むよりも効きそうです(爆)
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

中華版ランキング♪

2011年06月23日 | 胡軍


あぁ...またランキングに喰い付いてしまいました...

全体的に若僧が多いな...という印象ですが...みんな鉄砲玉なのでしょうか?

そして...中村獅童がなぜ3位に?



ま...これを見た瞬間すぐに「中華版ランキング」に置き換えて考えたのは言うまでもありません...

という事で...

「暴力团角色相配的演员呢?」 トップ10 (キャリアや年齢は関係なく...私の頭に浮かんだ順です(笑))


胡軍 (フー・ジュン)

黄秋生(アンソニー・ウォン)

任達華(サイモン・ヤム)

張耀揚(ロイ・チョン)

呉鎮宇(フランシス・ン)

譚耀文(パトリック・タム)

于榮光(ユー・ロングァン)

孫紅雷(スン・ホンレイ)


キャ~ 誰かこのキャストでギャングもの撮ってくれないかしら~

フー様の他に浮気相手が2人も出てたら...もう~私は最低10回は観に行きます

そして...観に行く度にきっと萌え死にします

ハマって、フー様と同じ拳銃(モデルガン)買ったりするかもしれません...イヤ絶対買うな(爆)


フー様はデカもマフィアもどっちでもいける口だと思うんですが...

ルク様で刑事役は観たので、今度はクールでワルなフー様で萌え萌えしてみたいです




アンソニー・ウォンは 《 インファナル・アフェア 》 では刑事だったけど...本当は絶対こっちサイドでしょう



サイモン・ヤムもマフィアのボスが似合ってたから、すぐに頭に浮かびました

ロイ・チョンとフランシス・ンは文句なしに即決 (笑)

パトリック・タムは目力の強さがワルっぽい感じだし...

ユー・ロングァンも関羽アニキ以外は悪役が多いので想像が付くし...

スン・ホンレイは《 七剣 》の風火連城のイメージでイケそう...


しか~し トップ10とか言っといて...8人しかいないじゃないのさ...

あとは...ド兄さんを入れようかどうしようかと考えたんですけど...

どうしても品行方正な葉問師匠のイメージが記憶に新しくて...

ワルよりも、対立する刑事役の方が合うんじゃないかな?と思って...一応保留です(笑)

う~ん...残る1人は誰がいいかな~?

妄想で申し訳ありませんが、どなたか推薦するお方がいましたら教えてください~

ちなみに...ギャングは「暴力团」...マフィアは「手党」と言いますが...どう違うのかわかりません
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

《 西遊記リローデッド 》

2011年06月22日 | 映画
今日は二十四節気のひとつ「夏至」です

確かに夏に至ったと見えて...朝から蒸し暑いです...

中国では「夏至到、鹿角解、蝉始鳴、半夏生、木槿栄」と言います

この節気に鹿角を刈り、セミが鳴きはじめ、カラスビシャクが生え、ムクゲの花が咲きはじめるという意味です

半夏(カラスビシャク)も木槿(ムクゲ)も中国から伝わってきた花です...

見掛けたらフー様に思いを馳せて萌え萌えしましょう~(笑)

山東では夏至に冷やしそばを食べる習慣「冬至餃子夏至面」があるという事で...

私もマネして今日はおそばにしま~す (日本の(笑))



さて...今日は、レビューに「西遊記だと思って観ない方がいい」とあったので

そのつもりで観始めたら、ホントにそうだった(笑) 《 西遊記リローデッド 》



序盤こそ、悟空たちが妖怪と戦ったりして西遊記らしかったけど...

三蔵が如意棒で飛ばされてからは、ほとんど三蔵(とも思えない(笑))謝霆鋒(ニコラス・ツェー)のドタバタラブストーリーです

ハッキリ言って何でもアリです(笑)

如意棒も何にでも変身しちゃうし...UFOから宇宙人(地球人?)も降りてくるし...

《 カンフーサイボーグ 》 を思い出しちゃうCGロボットも出てくるし...

スパイ○ーマンもどきだって出てきちゃいます



ダンスしたり...泣いたり...グレたり...ニコラス・ツェー弾け過ぎです(笑)

(しかし...許可取ってあるんでしょうか?コレ ↑ ...でも本家も怒らないか...これじゃ...

《 十月圍城 》 の2人です(笑)



范 冰冰(ファン・ビンビン)咥えタバコでやさぐれた姫ですが...よくこういう役受けたな~と思いました


全然 《西遊記》 じゃないけど、香港的娯楽電影としては面白かったです(謝霆鋒が (笑) )

ちょっと気分が落ち込みがちだったので、ラクに観れてよかったかな?

でも...最近観たのがみんな「香港電影」で、広東語ばかりだったので...普通話が恋しいです(笑)



そして...また 譚耀文(パトリック・タム)が出ていました...(今度はすぐ判りました

《 西遊記~》では、ワイルド系でカッコいい役です(妖怪だけど(爆))



ツルツル頭の田様(田帰農)しか見た事なかったので、髪が長いと若く見えるし、カッコよくてちょっと萌え...

はっ いけない...私ったらまた浮気的発言を...

最近浮気しまくりなのは...フー様があまり姿を見せてくれないからですね...きっと...

そろそろ...セクシーで、カッコよくて 萌え萌えしちゃうような “ひとり主役で” 映画に出てくれないかな~~
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

「三国志」再開...

2011年06月21日 | 三国志
ドラマ「新三国」が終わってから...なんとなく淋しくって...

なんでだろう?...と考えたら...

そうだ「三国志」の無い日々が続いているせいだ...との結論に達しました(笑)

なので...(趙雲様の婚礼話で)止まってしまっていた 《北方三国志》 を再開しました~

止まっていた理由はもちろん...“趙雲様は生涯独身で通した説” を信じたいのに...

勝手に結婚させてくれちゃって 夢を壊されて続きを読む気力が失せたのと... (← 大げさ )

北方三国志の中で、張飛が朱鳳という名の趙雲の妻にあった時の記述が気に入らなかったからです...

そう...「朱鳳に引き合わされた、趙雲と並んでいると娘のようにしか見えない...」という一文...
永遠の若武者趙雲様が急にオヤジのように感じられて、なんだかイヤなんです (イヤって言われても(汗))

せめて「趙雲は25歳の朱鳳と並んでも違和感なく夫婦に見えた」くらいの事書いて欲しかったワ

(巨匠北方先生にとんでもない暴言の数々...お許しを~

そして...止まっていた理由のもう一つは...そろそろ張飛もヤバそうだからです...

北方版の張飛は、一見乱暴者に見えて、実は思慮深いというカッコいいキャラに描いてあって...

“徳のあるわが君像”を守るために...怒りっぽいわが君がキレる前に、あえて率先して乱暴者を演じるという

空気が読めて、強くて、妻にも優しい...カッコいい張飛です




だから(?)どちらの張飛ともイメージが違います...

「演義」でも「新三国」でも...「寝首をかかれる」という...実に情けなくも勿体ない死に方をする張飛ですが...

北方先生は張飛大好きなのか?...張飛の最期の辺りにはとてもページ数を割いています...

「新三国」の張飛だったら...もうとっくに首になって、たらい回しにされてる事でしょう...

張飛の最期はまだですが...きっとカッコいい死にざまを用意してあるんだろうな~

という伏線を感じながら読んでいます

それに引き替え...趙雲様の活躍は(今のところ)本当~~ に少ないんですけど...

北方先生...みんながカッコいいヒーローキャラに描くから、趙雲キライなんでしょうか?



北方三国志...残り3巻とちょっとです この先の趙雲様の活躍やいかに?



...おまけ...

近くのお店の駄菓子屋でキャンペーンをやってたので買ってみました



左から「ひやしあめ」「杏仁ラムネ」「富士山サイダー」「赤いしげき」です

右の2つは飲みましたが、普通のソーダでした

「杏仁ラムネ」は静岡の工場で作ってるんですが...

この会社「カレーラムネ」「わさびラムネ」等の変わりラムネをたくさん出してる会社でちょっと有名

ちょっと中華色入ってる「杏仁ラムネ」...果たしてお味はどうなんでしょうか?

「ひやしあめ」は関西の方なら知ってますよね?

私...幼少の頃は関西に住んでたんですけど、飲んだ事がありません どんな味なんだろう~?ドキドキ~(笑)


コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加