花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

王の後宮 其之五

2013年06月30日 | 中華電視劇
《 王の後宮 》13集~16集を鑑賞...(毎度毎度、譚耀文@汪直さま中心の感想で对不起~(笑))



皇太后が先祖の廟で、妃を取らない陛下を(泣きの演技で)脅迫するシーンで...

お久しぶりの朱元璋陛下(肖像画)が登場しました(笑)



でも...どれが朱元璋陛下なんだ?...右側の人だっけ?(おい...

陛下に上奏しても、汪直さまLOVEの陛下は全く聞く耳を持たないと悟った袁放(右)は



官職を辞め、手っ取り早く世直しをしようと秘かに(変な)鉄仮面を付けて錦衣衛を襲い

無実の罪人を逃がしたりしてたけど...

これを聞いた汪直さまは 「徒党を組んで陛下に逆らう逆賊」 と陛下に誇大報告

まんまと錦衣衛500人増員と、資金1万両をGETしてワルイ顔してました(笑)



そうそうこの顔~ この上目使い~ 悪巧み以外のナニモノでもないこの顔が好きなのぉ~

どうやったらこのワル顔が出来るんだろ...ステキ (笑)

陛下の絶対的信頼を得た汪直さまは、妃を娶った事でお怒りの万貴妃をどうすればいいか陛下に相談され

ウブい陛下に 「静をもって動を制す...焦らすのが一番」 と、策を授けてましたが...

いつの間にか宦官の分際で陛下と並んで座るまでに...



おいおい...なんだか陛下より態度がデカイんですけど~(笑)


錦衣衛大幅増員で(笑)監視の目も行き届いてる西廠は

淑女(お妃候補)のひとりが宦官を通じ占い師から仙薬(媚薬みたいなモノ)を買い求め

陛下のお茶に入れた事を付き止め、危機一髪のところで陛下が飲むのを阻止していましたが 



汪直さま、これでまた陛下の信頼が篤くなった事でしょう

そして、仙薬を買った淑女と宦官は西廠によって処刑され...

この事件を目の当たりにした清姿は、自分に置き換え恐怖の余り気を失いますが...

この人...気を失ってばっかりです...

(もっと言うと 《 雪山飛狐 》(@南蘭) の頃から気を失ってばっかりです(笑))

いつもメソメソイジイジして泣いてばっかりだし...えぇ~い 梅雨時と相俟って鬱陶しいワ~



(オナゴには厳しいワタシ

この後汪直さまは、仙薬事件の事で万貴妃に...

「宮中では真に賢い者は言動を慎みます“身の程を知る”です 思い上がれば死を招きます」

って言ってたけど...
その言葉...そっくり汪直さまに返しますから~


とりあえず毎集出てきてくれますが...1集40分間中汪直さまの出番はほんの数分...(時に数十秒)

主演だった 《 浣花洗剣録 》 と比べて 《 王の後宮 》 は联合主演(共演)扱いだから仕方ないのかな...(涙)

でも、これじゃ完全に不完全燃焼です~ (日本語変ですか?)



...不完全燃焼だからオフショット載せちゃうぜおまけ...


汪直さま...真顔でお茶目な事しないでください(笑) カワエエ~



その笑顔...とても悪い宦官には見えませ~ん (春華はとなりでスマホいじってるし(笑))



宦官のお帽子を被る時は、テッペンにお団子(笑)が無いヅラを被るという事を初めて知りました
コメント (6)

様的定義

2013年06月29日 | Weblog


イヤ...有名人とかじゃなくて...(有名人だけど

私が好きになったお方は全員 “様” 付けで呼ばれます(笑)

(尊敬するあまり呼び捨てに出来なくなるもので...)

そして...そのお方が演じた人物ももれなく “様” 付けで呼ばれます

たとえその役が天下の大罪人でも...人殺しの大悪党でも...妖魔の類でも(笑)

私にとっては愛しいお方なので “様” 付けで呼ばれます

(そして...その場合、正義の味方(英雄だったり警察だったり)が 「このヤロ~」 呼ばわりされます(笑))

私が惚れたかどうかは “様” 付きで呼ばれてるかどうかですぐに判ります

逆に...惚れたかと思ったけどそうでもなかった人は “様” が除かれたりもします (さて誰でしょう?)


そして...今一推しの “様” は言わずと知れた “譚耀文様” @ “汪直様” です



あ...またワルイ顔してるぅ~


...おまけ...

今朝のブラッシングで、姫史上いちばん大量の抜け毛を記録しました



何故か?ドヤ顔の姫 でも...これだけ抜けてもまだまだボーボーです (暑い
コメント (4)

金色的魔術師

2013年06月28日 | 譚耀文
昨日の夜...HIRO嫁のお祖父さんが亡くなったと聞いてお通夜に行ってきました

通夜の席で初めてお名前とお顔を知ったお祖父さんは94歳で

亡くなる当日も普通にテレビを見ながらご飯を食べていたそうです

そして...ちょっとうたた寝をしてると思ったらそのまま亡くなっていたとか...

それって、みんなが願う素晴らしく幸せな最期...最高の大往生ですよね

(お通夜だけどご長寿祝いという事で、香典返しにおめでたい 「金の梅茶」 が付いていました)

大往生のお祖父さまのご冥福をお祈りいたします...



さて...先日譚耀文さま主演の電視劇 《 天天有喜 》 の制作発表会が行われました



タムさまの役 “金不換” が、金蟾(金のヒキガエル)の化身という事にちなんでか...



タムさまは、こんな (お笑い芸人のような(号泣)) 金のスーツ で登場



しかも...金不換はいろんな妖術を使うということでなのか...

2日間練習したという(笑)マジックを披露していました


(あうぅ~~ん...ますますお笑い芸人のようだ...(涙))

でも、劇中の金不換さまはとっても美しくて



ときに可愛らしく...ときに冷酷で...そして、とっても強いみたいです


あぁ...やっぱり気になるぅ~ ちゃんと観た~い

天天有喜片花 ?浩民再演人妖恋


この前、これとは違う36分という長~いダイジェストを見たんですけど...

(ここに載せようと探したけど、削除されちゃったのか見当たりませんでした

そのダイジェストによると金不換さまは、実のお父ちゃんも殺しちゃうくらいのワルで (上の画像)

いろんな所に混乱を巻き起こしてたみたいでしたが...

最後は金不換さま...金のヒキガエルの置き物にされちゃってました (号泣)

「贖罪も出来て財神にもなれて一挙両得じゃん  めでたしめでたし」...みたいな...

まさに神話どおりの終わり方だったけど...

あんなに元気に一生懸命暴れてた(笑)金不換さまが、あんなお姿になってしまうなんて...

金不換さまが可哀想で心の汗が止まりませ~~ん (ちょっとウソ(笑))


でも...まだ放映開始になってないのにそんなラストシーンまで見せちゃっていいのか...中国って...

《 天天有喜 》 6月30日放映開始です~ (中国で...
コメント (4)

黒白森林

2013年06月27日 | 映画
《 COLOUR OF THE TRUTH/白森林 》(邦題 《 ブラック・シティ 黒白森林 》)



~あらすじ~

刑事のファン(黄秋生 アンソニー・ウォン)は、同僚の7アップ(劉青雲 ラウ・チンワン)が
マフィアのボス、チュウ(呉鎮宇 ン・ジャンユー)と通じていることを知る
ある夜、7アップとチュウが一緒にいるところにチュウを逮捕しようとしたファンが現れ
3人はビルの屋上で対峙する...そして3発の銃声が鳴り響き
立ち尽くすファンの足元には7アップとチュウの遺体があった...
10年後、母親から父7アップはファンに殺されたのだと教えられてきたヤン(黄浩然 レイモンド・ウォン)は
刑事となり、ファンに復讐を考えていた...


今までに観た香港映画(主に香港ノワールと呼ばれるもの)は...4~5割の確率で

何の救いもない...何が言いたいのかわからない...観終わって虚しさだけが残る...

というモノにぶち当たっていましたが...

このところ、借りた香港ノワール映画が当たりばかりです この映画も期待を裏切る面白さでした

出演者もシブい シブ過ぎる

劉青雲(ラウ・チンワン)、黄秋生(アンソニー・ウォン)、呉鎮宇(ン・ジャンユー)



この3人が揃った図なんて...どう見たって THE黒社会(笑)(本当はデカが2人)

そして...香港の麻薬ディーラーウォンが謝賢(パトリック・ツェー)(あ...名前萌え (笑))

(大きい画像が無くて对不起~ 下の6コマ画像にちょっと写ってます)

ベトナム人麻薬ディーラーシクロが尹子維(テレンス・イン)



チュウ(ジャンユーさん)の息子ライが陳小春(ジョーダン・チャン)



7アップ(ラウチン)の息子ヤン(通称コーラ)が黄浩然 (レイモンド・ウォン)



(この人...ちょっとレスリーに似てると思ってしまいました)



って...シブカッコいい人ばっかりじゃないですか~


他には、シブい担当じゃないけど(笑)ファンのダメダメ部下が(杜汶澤 チャップマン・トゥー)



ウォンの(偽)娘が(鍾欣桐 ジリアン・チョン)でした

でも...実はこのチャップマン・トゥーが、緊張感を緩めるいい役目を果たしてましたけどね

そして...なんと言ってもアンソニー・ウォンがカッコよかったです

ちょっとキャストが 《 無間道 》 と被ってて、しかも役名がウォンとかヤンとかだし...

でも、こっちのアンソニー・ウォンの方が断然カッコいいです

普段は部下にも厳しく凄腕の刑事なんだけど...



家には脳梗塞で身体が動かなくなった父がいて、ご飯を食べさせたりピアノを弾いて聴かせたり...



甲斐甲斐しく父の世話をするファンを目の当たりにして、ヤンの復讐心は揺らぎ始めるんですが...

でも、ファンに復讐心を抱いてるのはヤンだけじゃなく...

チュウ(ジャンユーさん)の息子ライは、もっと執拗にファンを付け狙っていて...

命日に7アップの墓参りに来たファンを待ち受け...一触即発状態



そして、ファンの家での派手な撃ち合いでは、アンソニー・ウォン渾身のアクションシーンが拝めます

(この人がこんなに動いてるトコを初めて見ました(笑))

動けなくて口もきけないファンのお父ちゃんも、なかなかいい味を出していたし...

パトリック・ツェーはグラサンに葉巻咥えたマフィアのボスが超似合っていて悪さ全開だし(笑)

終盤でのいろんなどんでん返しもなかなか面白かったし...

とにかく、カッコいいアンソニー・ウォンを観たい方にはオススメです




PS...そして...(たぶん初見の)尹子維(テレンス・イン)さんが...

なんて言うか...影がある感じでなかなかステキなんですけど~

(あ...浮気じゃありませんよ...たぶん .....え?)

上の画像では髪の毛で顔がよくわからないので、もう一つ画像貼っときます



やっぱりシブカッコいい

《 奪命金 》 に出てるらしいので、DVDが出たら観てみようと思います

(う...浮気じゃありませんからぁ~ )(←必死(笑))
コメント (6)

劉家良

2013年06月26日 | 華流
香港アクション映画の始祖と言ってもいいかも知れない

劉家良(ラウ・カーリョン)さんが亡くなられました


最初に彼を知ったのは1994年にジャッキーと共演した 《 酔拳2 》 でした



ジャッキーより10才も年下の(故)梅艷芳(アニタ・ムイ)がジャッキーの母親役をやるという

ちょっとオイオイなところもありましたが... 私の大好きなこの映画で劉家良氏は

序盤ジャッキー@フェイフォンと黄色い包みを巡って激しく闘い...

後に協力者となったジャッキーと共に、皇帝の印章を取り戻すべく敵と闘って散る...という

正義感あふれる福文祺(フク・マンケイ)役を好演されていました

当時はお名前も存じ上げなかったけど 「このオッチャンなかなかやるな」 と思った事を覚えています

(※ 本当は劉家良氏が 《 酔拳2 》 の監督をやる予定だったけど...彼のアクションが古臭いという理由で

途中降板させられてジャッキーが撮り直したというエピソードがあります)


その後 《 七剣 》 で傅青主として再会



お顔は当時のままだったのですぐにわかりました 「あ!酔拳2の先輩だ~」 って(笑)



えぇえぇ...あの頃はちょうど陸毅さん萌えを発症してたんだっけな...(遠い目)


そして去年 《 超酔拳 》(醉猴)で京さまと共演してるのを発見



京さま@タクの師匠として、面白い修行のやり方でタクを鍛え(お酒も飲ませ(笑))



クライマックスでの全員揃って(お酒を飲んでの)闘いは超カッコよかったです



京さまも共演して氏から得るモノが多かったのではないでしょうか?


私が氏の作品で観た事があるのはこの3作品だけですが

どれもこれも劉家良氏は、刺されたり斬られたりして血だらけでボロボロ...でもなかなか死なない(笑)という...

それだけやられててもそんなに強いんだ...という...素晴らしいアクションを見せてくれました

もっと長生きして...もっともっと後輩にお手本を見せて欲しかったです......惜しい人を亡くしました



謹んでご冥福をお祈りいたします
コメント (4)

帥叔風潮

2013年06月25日 | 胡軍
フーさま...今度 『 OURS 』 という雑誌の表紙を飾るみたいで...

とってもダンディでジェントルマンな画像がUPされておりました



あえてノーネクタイでベストのボタン開けてちょっと着崩してるけどバッチリダンディーなフーさま 



これは、胸元のボタンをあと2つほど開ければ完璧ですワ (笑)



朝起きてパパがこんなに新聞読み散らかしてても怒れないその顔(爆)


この画像たちの所に 「胡军彰显霸气硬朗的大哥范儿掀起“帅叔风潮”」 って記事があったんですけども...

翻訳サイトで直訳したら...

「胡軍は横暴な気質の丈夫な長兄の範が“立派なおじさんの騒動”を巻き起こすことを明らかに示します」

と出ました

“横暴な気質の丈夫な長兄” ってトコで...(あまりに言い得て妙で)朝から吹いたんですけど...

その後の...“立派なおじさんの騒動” って...

“帅(帥)叔” は、たしかに “立派なおじさん” だけどさ...

せめて 「カッコいいおじさま」 とか... 「センスあるおじさま」 とかさぁ...

いくら電脳とは言えもう少し空気読みなさいよね~...とツッコミを入れときました(笑) 


PS...前に 《 王の後宮 》 の記事を書いた時に...

タムさま@汪直さまに毒酒飲まされて殺されちゃった、このイエ~してるオッサン...



どこかで見たんだけど...どこだったかな~と言ってましたが...思い出しました

《 像火花像蝴蝶 》 の画像を探してた時に見たんでした



王建新さん...フーさまとも共演されてるんですね~
コメント (6)

煩悩是擺脱不開的

2013年06月24日 | Weblog
(※ 煩悩是擺脱不開的 = 煩悩の犬は追えども去らず)


昨日は世界3大レースのひとつ...ル・マン24時間レースでした

(他の2つは 「INDY500」 と 「F1モナコGP」 )

去年は契約チャンネルの関係で観られなかったんですが...今年から観られるようになったので

一昨日の夜は、スタート(日本時間22時)から2時間だけ観て寝て (寝たんか~い(笑))

生中継の無い間は、ネットで随時途中経過をチェックして...

昨日の夕方(日本時間16時)からゴール(日本時間22時)まで、結構みっちりとル・マン三昧でした

しかし...今回のル・マン24時間は荒れた展開...

レーススタート直後には悲しい死亡事故が起こってしまい...

天候もコロコロ変わり、突然激しい雨が降って来たかと思うと急に晴れたり...

クラッシュでセーフティーカーが何度も入ったり...

24時間中、通算セーフティーカーランが5時間を超えたという目まぐるしいレースでした

そんな中応援していたのはトヨタTS030ハイブリッドの2台 (7号車、8号車)



この日本チームに、3台体制でメッチャ強いアウディーの牙城を崩して欲しいと祈りつつ

夏の祭り的ノリでちょっと呑みつつレースを見守っていました
結果...優勝こそアウディーに持って行かれましたが、なんとか2位に食いこむ健闘を見せてくれました~



で...応援してたトヨタTS030とはクラスが違うんですが...

77号車 デンプシー/デル・ピエーロ・レーシング(ポルシェ911GT3 RSR)も応援していました

でも私...このチームの事は今回初めて知ったので何も知らないんですが...

この素性もよく知らないチームをなんで応援していたかというと......ドライバーに...

パトリック・デンプシーと、パトリック・ロングという...2人の “ パトリック ” がいたからです(爆)

「キャ~ パトリックが2人もいる~」 というノリ(笑) (そ...それだけかい

えぇえぇ...レースに集中してると思いきや...脳内の煩悩はこういう事を無意識にやってのけたりするんです

(※ 後で知ったんですが...この 「デンプシー/デル・ピエーロ・レーシング」 というチーム...

サッカー界のレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエーロがチーム運営に加わったチームだったんですね~

サッカーには疎いので...そっちにはトンと気付かず...对不起~


そして...もうひとつ...レースの中継が無い間ちょっと車で買い物に出たんですが...

買い物を終えて家の近くに来た時、私の好きなメタリックブルーにカラーリングされた

ちょっと派手めなデカい車に追い越されたんですが...よく見たらその車が

『 ホビーショップTamTam 』 の車でした (タムタム...家では秘かにそう呼んでたりして



静岡にはショップが無いのに、何故あんなところを走っていたんでしょう?

私の煩悩を呼び覚ます為なんでしょうか?(違うワ

でも...これらの事から 「煩悩是擺脱不開的」 って本当なんだな~と身に染みて理解しました(笑)

私には当分悟りは開けそうにありません...
コメント (2)

一个接一个開始

2013年06月23日 | 華流
はじめに...

富士山の世界文化遺産登録決定~  

可喜可賀~

三保の松原も除外一転登録となり、地元も大喜びでございます

今朝の新聞(地方紙)も、もちろん1面にド~ンです



あぁ...兎にも角にも良かった良かった~



さて...呉京さまの出演している 《 不二神探 》 は6月28日改め6月21日から上映開始され





内容はよくわからないけど...ホールドアップ京哥や(笑)



リンチェイと闘ってる京哥が拝めるみたいなので、出演シーンは短くても当然観てみたいし


フーさま主演の 《 像火花像蝴蝶 》 も、昨日からめでたく放映開始になり...





こんなちょっとレトロな雰囲気のダンディーフーさまや



ちょっと贊化さまっぽい長袍フーさまのメロドラマ(?)って聞いたら

そりゃ~どんだけ色っぽいか気になるってもんでしょう


そして、譚耀文さま出演の 《 天天有喜 》 も近々放映開始になり...





やっぱりスゲ~...けど綺麗な金不換さまは、果たしてイイもんなのかワルもんなのか(笑)



手からなんか発射しちゃってるけど(笑) いったい彼はなにモノなのか?

非常に気になるのでぜひ観てみた~~い



と...次から次へと気になる作品の公開目白押しで、スゴイ事になってます

私にとってはウハウハ状態です テレビに映画にと毎日大忙しです

もし中国に住んでいたら........の話ですが........

はぁ...こんな時はやっぱりどこでもドアーが欲しいっっ (← 必死(笑))
コメント (8)

有好消息♪

2013年06月22日 | 譚耀文
譚耀文さま...最近の 《 王の後宮 》 でのセリフ回しとか...

《 天天有喜 》 撮影中のインタビューとかを聞いても

日常的な会話は、普通話でなんの問題もなく行えてる様子なんですが...

(これがドラマとなると、少々広東語訛りがあって吹き替えられてしまうのかも知れませんけど...)

でも、中国語万年初心者の私が聞いても 《 雪山飛狐 》 の頃よりも格段に普通話が上手になっています

数々の中華ドラマに出てるうち鍛えられたんでしょうか?


そんな譚耀文さまが、なんと 近々広東語ではなく普通話でアルバムを出す話が持ち上がってるとか

谭耀文首张国语专辑筹备在即 王牌嘉宾神秘助阵

記事はこちら

うきゃ~ホントにぃ~?

譚耀文さまは、もともと歌手のオーディション番組での歌手デビューだったけど...

唄い方が張国栄の真似をしてる...とか...色々批判を受けたりしたらしく...

(元々の声質が似てるだけだと思うんですが...)

可哀想に...歌手としてはちょっと不遇の時代を過ごしてきたんですよね

でも...その後俳優として認められても、たくさんの映画やドラマに出ても...

心の中には、また歌い手として唄いたい...という思いがずっとあったようです...


私が知ってるタムさまが普通話で唄ってる曲はこれ ↓ だけだし...

不枉此生 (Not A Life in Vain)


(ヘビロテの甲斐あって、歌詞を見ないでほぼ完ぺきに唄えるようになりました

その後も 《 越光宝盒 》 の制作発表会で唄ってるらしき画像は見たけど...(何唄ってるんだろ...)



せっかくいい声をしてるのにもったいない もっと唄って欲しい...といつも思っていたので...

どうか近々本当に...タムさまと私の希望が叶う日が来ますように...


...雌性激素補充おまけ...


譚耀文 《 生命中不能言喻的愛 》 MV


タムさまが、まだウブくて超カワエエのよぉぉ~~ ハァハァ...

母性本能をくすぐる上目遣いに、観るたびに悶えて死にそうになってます(笑)

コメント (2)

感冒了

2013年06月21日 | Weblog
今年はカラ梅雨かな~...なんて思ってたら昨日からけっこうな量の雨...

今日は夏至なのに、肌寒くて鼻風邪を引いてしまいました

そのせいなのか?この天気のせいなのか?昨日あたりから頭も痛くて憂鬱です...

そしてもうひとつ頭が痛い出来事が...

最近ちょっとだけ大人になってイタズラが収まって来たかな~と思っていた姫っ子が

またやらかしてくれました...



今度は階段横です だ~か~ら~ 家を喰うんじゃな~~い

ただ本能の赴くままに齧っただけの姫...反省感ゼロ



一応叱ったけど、現行犯じゃないし...たぶんわかってないだろうな...コイツ...

ハァ...またパテで修理しなくちゃ...



...ちょっと気になっちゃったおまけ...




フ~ンそうだったのかぁ...逆輸入みたいなもんですね

で...私は2番ですがなにか?(笑)(...もう開き直るしかない...)

3番は...精神的にそうならないように気を付けま~す
コメント